ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ、アカデミー賞主演女優賞受賞)

2012-03-03 21:11:09 | 新作映画
(英題:The Iron Lady)



----ニャんだか難しい顔をしているニャあ。
「うん。
どこから話そうか。
この映画、題材からしてちょっと不思議だったんだ。
マーガレット・サッチャーという
いまも存命中の女性政治家を描くことの意味が
まずよく分からなくて…。
それ以前に、このサッチャーという人は、
ぼくの知っているいくつかのイギリス映画での
これまでの扱われ方からしても
あまりいいイメージはなかったし…
“鉄の女”と呼ばれているように、
彼女の取った新自由主義政策は徹底していて、
結果、福祉は削減され、失業者を増大させた」

----えっ。でも人気があったと聞くけど…?
「それは、フォークランド戦争での勝利が大きい。
『聯合艦隊司令長官・山本五十六』でも描かれていたように
不況のさなかにおける、
こういう強気の外交政策は受け入れられやすいからね。
ところが、欧州統合(後のEU)には反対の態度を取り、
イギリスの孤立を深め、
ついには、収入の多少に関わらず
同じ税額を収める人頭税の導入により支持率は降下していく」

----ほんと“鉄の女”だ。
でも、映画としてはオモシロくなりそう…。
「う~ん。
まあ、これはぼくの先入観がダメだったいい例として聞いてほしいんだけど、
まさか、さっきも言ったように
存命中の、しかも女性政治家を描くんだから、
その功績を美化するんだろうと思ったワケ。
ところがところが…。
なんと、この映画は、
それはそれとして、
子どもの頃から『食器を洗って一生を終えるつもりはない』という、
サッチャーがいかに家庭を顧みず、
ただただ、政治に邁進していったかが描かれる。
幼いふたりの子どもたちは、
議会に向かうサッチャーを泣きながら追いかけるし、
その子たちが年頃になっても、
彼らの声にまったく耳を傾けない非情な母親の姿も描かれる。
ここにいたって、家庭ではやさしいという描き方かな?
と思った第二の予想も覆される」

----ニャるほど。政界だけでなく家庭でも鉄の女だったわけだ。
ご主人はよく我慢できたよね。
「う~ん。それもどうだろう。
この映画は、実は晩年の、
しかも認知症になったサッチャーの回想として描かれる。」

----サッチャーって認知症ニャの?
「そう。
ということは、そこに描かれる回想も
映画製作サイドの作り上げたものということ。
サッチャー自体がほんとうに
そんなことを考えたかどうかまでは分からない。
とりわけ、ご主人デニス(ジム・ブロードベント)は既に死んでいて、
彼女の妄想の中の人として描かれる。
映画は(ちょっとネタバレ)、
その家庭よりも政治という仕事を選んだサッチャーが
いま、それについてどう思っているかを描くわけだけど、
これが切ない。
人生は一回きり。
その彼女はこの政治人生を選んで、いま後悔しているとも取れなくない描き方。
ただ、それが徹底していない。
サッチャーを演じるメリル・ストリープは、
アカデミー主演女優賞受賞を見ても分かるように、
さすがの演技なんだけどね…」


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「そうか、どんな有名人でも老いからは逃れらないのだニャ」ぱっちり

※ロナルド・レーガンもアルツハイマーになった度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はイギリス・オフィシャルより。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『別離』(アカデミー賞外国語映... | トップ | 『長ぐつをはいた猫』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-03-16 14:27:49
そうなんですよね。作り手の存命中の元政治家に対する評価が定まっていないままの映画って感じで、「で、何が言いたいの?」で終わってしまう映画でしたね。
サッチャーを美化するか批判するか。それともその判断を観客に委ねるか。
作り手は「鉄の女」になりきれてませんでしたね。
流石の演技・・・ (悠雅)
2012-03-16 17:04:53
なんだけど・・・で感想が止まってしまう作品でした。
メリル・ストリープが受賞するのは納得なんですが、でも、これまでのどれでも納得した気もします。

>その彼女はこの政治人生を選んで、いま後悔しているとも取れなくない描き方。
>ただ、それが徹底していない。
そこなんですよね・・・
■にゃむばななさん (えい)
2012-03-24 21:46:37
対象者に対して、愛の感じられない映画だった気がします。
こういう人に、国を任せていたんだ…と、
少し他人事ではない気もしました。
■悠雅さん (えい)
2012-03-24 21:51:35
どんな生き方をしても、所詮、人間なんて…。
そんなペシミスティックな感じも無きにしも非ず。
でも、監督の本意が見えにくい映画でもありました。
サッチャーにも いろんな面がある (zebra)
2013-02-15 08:45:44
サッチャーの政治家としての実績は すばらしいが あくまで それは 彼女の"光"の面

 孤独な面は彼女の"影"の面。あまり知られない部分 あるいは知られたくない、知る価値がない部分だってあるから・・・

ストリープ演技は さすが女性版デニーロと言われるほど役のリサーチ振り。彼女の演技にデニーロも認めるのも 当然だなと 思いました。

 とある偉大な親を持つ七光り子ども特集で
サッチャーは 双子の息子と娘で 息子"マーク"を溺愛して "娘"キャロルは そっちのけのえこひいき愛情だったそうです。

息子のマークは甘やかし放題が災いしたのか
アフリカ大陸の 「パリ・ダカール レース」で行方不明になった際 サッチャー首相は あわてふためき、国家予算の日本円で2億円つぎこんで捜索したら レースを勝手にリタイヤして  砂漠の中 テント張って のほほんと待ってたそうです。 そして 母マーガレットに対し、

 「SORRY、MOMMY」 (ママ、ごめんな~) と新聞の見出しになっちゃいました・・・・
アホ・・・・(><)

 この騒動が きっかけで、イギリス中が マークのろくでなしぶりが表面化し、サッチャー首相にイギリス国内中から非難を浴びたんです。
 
 育て方を間違えた サッチャーの汚点・・・
でも、そういうのも ひっくるめて "サッチャー"なんです。
■zebraさん (えい)
2013-02-20 22:44:26
こんばんは。

サッチャーと息子のエピソードありがとうございます。
親は誰しも、自分の子供だけは偏愛するモノですが、
こと政治家にはその傾向が強いようですね。
とりわけ日本はそれが顕著。
二世政治家が増えるのもやむなしかも…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/The Iron Lady (LOVE Cinemas 調布)
第84回アカデミー賞で主演のメリル・ストリープが3度目のオスカーを獲得した作品。イギリス初の女性首相として“鉄の女”と呼ばれるほどの強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの首相時代と晩年の姿を交互に描き出す伝記ドラマだ。共演に『家族の庭...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/ THE IRON LADY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 主演のメリル・ストリープが英国女首相、マーガレット・サッチャーをそっくりに演じ アカデミー賞主演女優で3度目のオスカーをとった事でも話題。  おめでとー 監督は、ミュージカル映画「マンマ・ミーア....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】サッチャーさんの首相になるまでの道の
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』: 何を考えて制作したのだろう? (マスコミに載らない海外記事)
wsws.org Chris Marsden 2012年1月10日 監督:フィリダ・ロイド、脚本:アビ・モーガン 元イギリス首相マーガレット・サッチャーの栄枯盛衰のフィクション物語『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は、少なくとも興味深かったはずで、重要な作品でさえありえたろう。...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (こねたみっくす)
メリル・ストリープ、アカデミー賞ノミネート17回を誇る女優の演技。 英国史上初の女性首相となったマーガレット・サッチャーの伝記映画としては全く深みも面白味もありませんが、 ...
劇場鑑賞「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (日々“是”精進! ver.A)
マーガレット・サッチャーの、人生の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203160004/ マーガレット・サッチャー―鉄の女の涙 (リンダブックス) 白石 まみ 泰文堂 2012-03 売り上げランキング...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (悠雅的生活)
今は昔。真珠の首飾り。Shall we dance?
メリル・ストリープ主演『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(The Iron Lady) 行動は性格である。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。英国史上初の女性首相の生涯(ある一面)を描いた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』監督はフィリダ・ロイド。出演は本作によってアカデミー主演女優賞を受賞したメリル・スト
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE IRON LADY】 2012/03/16公開 イギリス 105分監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、ニック・ダニング、ニコラス・ファレル、イアン・グレン、リチャード・E・....
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」観に行ってきました。 イギリス初の女性首相であるマーガレット・サッチャーの豪腕政治と知られざる素顔にスポットを当てた、メリル・ストリープ主演の人間ドラマ作品。 2008年に長女のキャロル・サッチャーにより認知...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) ドラマよりもメリルの老けメイクに唸ってしまう。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Iron Lady監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド・・・「鉄の女」を見たかったのよ!
映画・マガレット・サッチャー 鉄の女の涙  (読書と映画とガーデニング)
原題 The Iron Lady2011年 イギリス 1979年から1990年まで11年という長期に渡り英国を率いたヨーロッパで最初の女性首相「鉄の女」としてあまりにも有名なマーガレット・サッチャーの人生を描いた映画です 認知症を患い、夫が他界したことも忘れるようになった晩年...
現代社会のパイオニア。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (水曜日のシネマ日記)
イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの物語です。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (A Day In The Life)
劇場にての観賞 解説 イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮した マーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』 『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。 1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (FREE TIME)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を鑑賞しました。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (心のままに映画の風景)
英国初の女性首相となったマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)は、80歳を過ぎ静かに晩年を送っていた。 夫デニス(ジム・ブロードベント)は既に他界したが、今もまだマーガレットの幻想の中...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/THE IRON LADY (いい加減社長の映画日記)
メリル・ストリープが、「鉄の女」を、どう表現するのかに、興味があって・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。 勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘...
メリル専用映画。 【映画】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャーを メリル・ストリープが演じる人間ドラマ。メリルがオスカー受賞。 【あらすじ】 1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリ...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ (映画のブログ)
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 / The Iron Lady (勝手に映画評)
『鉄の女』の異名をとった、第71代英国首相マーガレット・サッチャーを映画いた作品。本作品では、2012年アカデミー賞においてメリル・ストリープが主演女優賞を受賞した他、メイクアップ賞も受賞しています。 サッチャーの半生を描いているのは間違いないんですが、過去...
映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
11年もの間(1979~1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存....
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (千の天使がバスケットボールする)
背中がまがり、スカーフを巻いた老女がよろよろとおぼつかない足取りで牛乳を買いにいく。細かく皺のよった首、たるんだ肉体、小さくしぼんだ目。老いたマーガレット・サッチャー、そして現在、認知症を発症している彼女が回想する政治家として”鉄の女”というご本人お気...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 FeelingではなくThinking (はらやんの映画徒然草)
アイアン・レディ(鉄の女)と呼ばれ、チャーチルに並んでイギリスの名宰相と言われる
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (労組書記長社労士のブログ)
【=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。 で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。 しかしサッチャーという人に関し...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (風に吹かれて)
鉄の女も認知症公式サイト http://ironlady.gaga.ne.jp監督: フィリダ・ロイド  「マンマ・ミーア!」夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めて、マーガレット(
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (こんな映画見ました~)
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』---THE IRON LADY---2011年(イギリス)監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ 、ジム・ブロードベント 、オリヴィア・コールマン 、イアン・グレン、リチャード・E・グラント、アンソニー・ヘッド 、ハリー....
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しておりま...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
メリル・ストリープの演技にかける鉄の意志に圧倒される映画!! 彼女の気迫が全部を支配している。人工的なものとはいえ、女優が老残の姿をスクリーンに晒すには、かなりの覚悟がいるだろう。にもかか...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」□監督 フィリダ・ロイド□脚本 アビ・モーガン□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、       スーザン・ブラウン、ニック...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙   評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
その強い信念により強力なリーダーシップを発揮した英国史上初の女性首相“鉄の女”マーガレット・サッチャーの姿を描く「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド監督作。出演は「恋するベーカリー」のメリル・ストリープ、「家族の庭」のジム・ブロードベント。 あらすじ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (だらだら無気力ブログ!)
メリル・ストリープの演技が全て。
[映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観たけど、寝た^^;(超短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ここ最近では珍しい「一週間振り」の映画鑑賞であった。  あまり、『マーガレット・サッチャー』にはドラマチックな展開を期待していなかったが、それでも作り手が無難に、そして、ベタに盛り上げてくれることは期待しつつ、母親と映画館に赴いた。  最初、老境に入...
メリルストリープがすごい・・・でおわっちゃう?~「マーガレットサッチャー・鉄の女の涙」~ (ペパーミントの魔術師)
強いリーダーシップで国を率いた、イギリス初女性首相の半生。 と、思ってたら。 なんていうのかな~。 コレサッチャーじゃなくてもよかったんじゃね?(いきなり暴言) ゴーストになってしまったダーリンが 愛する妻を見守っているおはなし。 はたからは認知症といわ....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★”闘いのトラウマと亡き夫の幻に翻弄される老女の物語”この物語の主人公は、首相時代のマーガレット・サッチャーではなく、政界から引退し年老いて認知症を患っているマーガレット・サッチャーだと自分は思っています。 冒頭のストアのシーンでは、単に牛乳...
壮烈かつ無常な人生~『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (真紅のthinkingdays)
 THE IRON LADY  ロンドン。雑貨店でミルクを買い求める一人の老女がいた。彼女の名はマーガ レット・サッチャー(メリル・ストリープ)。帰宅した彼女が朝食の席で話しかける のは、亡...
マーガレット・サッチャー (映画的・絵画的・音楽的)
 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)クマネズミは、元来、伝記物は嫌いですが(取り上げる人物を美化するだけに終わってしまいますから)、この作品は、長年見続けてきているメリル・ストリープ(注1)がアカデミー賞主演女優...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (或る日の出来事)
晩年のサッチャーさんと、夫の「まぼろし」とのドラマが中心の映画とは予想してなかったよ。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 11:イギリス ◆原題:THE IRON LADY ◆監督:フィリダ・ロイド「マンマ・ミーア!」 ◆出演:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント ◆STORY◆夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマ...
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-32.マーガレット・サッチャー鉄の女の涙■原題:The Iron Lady■製作国・年:イギリス、2011年■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:フィリダ・ロイド◆メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー...
映画評「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督フィリダ・ロイド ネタバレあり
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (いやいやえん)
「教えて。あなたは幸せだった?」 政治に疎い私なので、当たり前ながら「しまったこれは調べてから観るんだった」と後悔。色々な世情が全くわからないです、ともすれば、主人公であるマーガレット・サッチャーって誰?からはじまってしまいます^;(英国初の女性首...