ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『花よりもなほ』

2006-02-11 21:35:25 | 新作映画
----これは『誰も知らない」で
一躍時の人となった是枝裕和監督の新作。
時代劇と言うことでまたまた注目を集めているんだよね。
もうできあがっていたんだ。
でもこのタイトルどういう意味?
「『忠臣蔵』のお話は知っているよね。
これは、その中で浅野内匠頭が読んだ辞世の句
『風さそふ 花よりもなほ 我はまた
春の名残を いかにとかせむ』から採っているんだ」

----ふうん。ということは赤穂浪士のお話?
「いや、確かに彼らも幾人かは出てくるけど、
主人公は父の仇討ちをするべく、
上京して仇を探すために長屋に潜んでいる青木宗左衛門(岡田准一)。
映画は、彼とその周りの長屋に住む市井の人々の人間模様を描いていく。
当時は仇討ちが江戸幕府によって法制化され、
合法的な殺人として認められていた。
藩によっては
報奨金を出して仇討ちを奨励するケースも見られたらしい」

----へぇ~。信じられない話だニャ。
長屋の映画と言うと山中貞雄の『人情紙風船』が有名だよね。
「うん。あと黒澤明にも『どん底』がある。
この作品には、
その黒澤や溝口健二の時代劇で現場に携わった馬場正男が
美術に加わっているだけあって、
あまりにも完璧な長屋のセットには目を見張ること間違いないよ」

----ニャるほどね。で、その仇役は?
「浅野忠信がやっている。
実は、宗左衛門はずいぶん前に
この仇・金沢十兵衛を見つけているんだけど、
腕に自身がなく、しかも血を見るのも弱いものだから、
なかなか仇討ちの踏ん切りがつかないんだ。
そこで彼は長屋では、そろばんや読み書きを教えている」

----キャスティングを見たところ喜劇色が強いようだけど?
「うん。脚本的には笑いを取ろうとしている箇所が
いくつも見受けられたね。
いわゆる緊張感やサスペンスで描くのではなく、
恋あり、笑いあり、涙ありのドラマになっている」

----恋もするの?
「主人公がいわゆるヒーロー・タイプでないだけに、
はっきりとした意思表示は見られないけどね。
彼が密かな思いを寄せる相手は未亡人で子連れの、おさえ。
これは宮沢りえが演じているんだけど、
長屋のおのぶを演じる田畑智子と二人で、
普段は絶対に口にしないような言葉『●○』を連発するのには、
少々驚いたね」

----へぇ~っ。
ところで、その腕が弱い主人公は仇討ちどうするの?
「そこがある意味、
スピルバーグ『ミュンヘン』で残された課題の回答にもなっている」

----こりゃまた大胆な…?
「つまり仇討ち=復讐の連鎖を
『貧しく。剣が弱く、逃げ足が速い』宗左衛門が、いかにして止めるか……?
だって、ここで彼が仇討ちに成功しても
また自分がその縁者に仇として狙われるわけだからね。
おさえが呟く言葉の中にも
『お父上の人生が宗左さんの残したものが
憎しみだけだとしたら、寂しすぎます…』というのがある。
もちろん、これは寓話だから
現代の世界情勢にピッタリ当てはめるのは無理があるけど…」

----ふうん。そうか意外と現代的なテーマになっているわけだ。
「そう。この映画は
『武士道とは死ぬことと見つけたり』の『葉隠』とは対極にある。
いわゆる、主義や思想に殉ずるのではなく
『どんなことがあっても生きていようよね』という考え方」

----70年代にはよくそういう歌があったっけ。
加川良、北炭夫、早川義男……。
「フォーンはいくつなんだ(笑)。
そう言えばこの映画は、
これまでの是枝作品と違ってアップがとても多い。
それも個人主義を強く打ち出したそのテーマゆえんかもね」

               (byえいwithフォーン)

※生きていようよね度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (57)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『玲玲(リンリン)の電影日記』 | トップ | 『映画 ドラえもん・のび太... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (mambotaxi)
2006-06-10 22:22:44
弊ブログにコメントいただきましてありがとうございました。

『SPIRIT/スピリット』との関連など興味深く読ませていただきました。

「暴力のむなしさ」について共通する部分がありそうですね。

残念ながら未見ですので、こちらのエントリーなどで勉強しました。



>どんなことがあっても生きていようね

という、自分が死なないことと同時に

どんなことがあっても殺生はいけないというか

自分と同時に相手をも尊重するというところに

ポイントがあるような気がします。



ではフォーンさんによろしく?
■mambotaxiさん (えい)
2006-06-11 10:08:18
こんにちは。



コメントありがとうございます。

(フォーンへのご伝言も)



そうですね

確かに「自分が死なない」ことばかりに目が行ってしまっていました。

ただ「殺生はいけない」……これは『SPIRIT/スピリット』の方が

強く出ていたと思います。

それはやはり腕に自身がある者とない者の違いかもしれませんね。
人情紙風船・・・ (ノラネコ)
2006-06-15 00:07:57
これは現代的なテーマ性もありますが、オールドファンもニヤリとさせられる秀作ですね。

久しぶりに市井の人々が主人公の、良質な時代劇を観た気がします。

美術、衣装などビジュアルを支えるスタッフの仕事は、実に素晴しい物でした。

こういう作品はもっと作られて欲しいですね。
■ノラネコさん (えい)
2006-06-15 23:05:02
こんばんは。



『人情紙風船』は何度観ても戦慄が走ります。

あれに比べたら、これはのどかな作品とは思いますが、

この時代、こんな長屋ものが生まれたことだけでも嬉しいですよね。
美術と衣装 (パフィン)
2006-06-18 15:42:33
えいさま、こんにちわ。

何の知識もなく見たので、えいさんの解説で

なるほど~と思いました。



役者たちはもちろんのこと、美術と衣装の

センスの良さに目を見張りました!

書店でも、映画のメイキング本を立ち読みし

欲しいなと思っております。
■パフィンさん (えい)
2006-06-18 19:26:52
こんばんは。



日本映画にはやはり素晴らしい伝統があると思います。

新しい世代の監督たちが

その伝統を自らの映画に取り込んでいくさまを見るのは

とても嬉しいですよね。
黒沢組の仕事。 (TATSUYA)
2007-07-16 17:00:57
えいさん、達也です。
『花よりもなほ』、やっとこ観ました。
えいさんが書かれている様に、
復習の連鎖への警笛として観れました。
黒沢明の『どん底』風の長屋話しも、
きっと黒沢レスペクトなのだなと思っていたら、
衣装美術は黒沢和子さんでした。納得。

もう一つの一分を語る時代劇も良いものですね。
■TATSUYAさん (えい)
2007-07-16 23:33:51
こんにちは。

こういう長屋ものを作ろうという
その発想が常人とは違いますよね。
周りも彼に作らせちゃう。
でもこれもカンヌ効果なのかも?

パターン化されずに
いろんな映画が生まれてくるといいですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

57 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
6月3日公開!是枝監督最新作「花よりもなほ」 (映画好き集れ!!)
6月3日公開!是枝監督最新作「花よりもなほ」ストーリー時は元禄十五年、今からさかのぼること三百年。仇討ちんに藩が賞金を出していた時代。父の仇討ちのために信州松本から江戸に出てきた宗左衛門だが、実はこの男、剣の腕がからきし立たぬときた。貧しいながらも人情あ...
感想/花よりもなほ(試写) (APRIL FOOLS )
『誰も知らない』の是枝監督が時代劇を撮りました! しかも主演は岡田君&宮沢りえってことで話題の1本。6月3日公開の『花よりもなほ』。 『花よりもなほ』オフィシャルサイト 青木宗左衛門(岡田准一)は、父の敵を討つために江戸の長屋に身を潜める。が、こ ...
映画vol.62『花よりもなほ』※試写会 (Cold in Summer)
『花よりもなほ』(2006年公開)*試写会 岡田准一 改メ 青木宗左衛門 監督:是枝  出演:岡田准一 宮沢りえ 『花よりもなほ 公式HP 』 06.05.26 博多百年蔵の試写会で観てきました。蔵なだけに、雰囲気はぴったり。 ...
『 花よりもなほ 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 花よりもなほ 』 [試写会鑑賞] 2005年:日本   【6月3日ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:是枝裕和 脚 本:是枝裕和 原 案:是枝裕和 [ キャスト ] 岡田准一 宮沢りえ 古田新太 國村準 ...
「花よりもなほ」 (てんびんthe LIFE)
「花よりもなほ」ル・テアトル銀座で鑑賞 是枝監督のオリジナル脚本で描かれた時代劇。今回は限りなくネタバレ。父の仇討ちに執念を持つ若武士が江戸貧乏長屋で暮らすうちにそこで暮らす人々との交流の末、仇討ちにどういう意味があるのかを悟っていく。登場人 ...
花よりもなほ (GOING MY WAY!)
今週末公開の 花よりもなほ の試写会に行ってきました。 感想は・・・、まずは長い!! 最近は、なんで2時間を越えるものばかりなんだろう??? 観ていて疲れてしまったYO[:ムニョムニョ:] 全体としては、まぁ面白い[:おはな:] 江戸時代も安泰な時代という ...
花よりもなほ (しんのすけの イッツマイライフ)
実は映画が始まった序盤、 あ、なんかこの世界感だいじょうぶかな~、 ついていけるかな~、、なんて危惧しちゃいましたが、 なんのなんの!! そんな心配した序盤がうそのようにドップリはまり、 とても楽しめました(^▽^)
『花よりもなほ』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   6/3公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】是枝裕和 【脚本】是枝裕和 【 ...
花よりもなほ (そーれりぽーと)
「誰も知らない」の是枝裕和最新作「花よりもなほ」を観て来ました。 実は「誰も知らない」は重そうなので未見。 ★★★ お犬様が闊歩していた元禄時代の江戸を舞台に、長屋に潜みながら父の仇を探す侍の倅(岡田准一)が、長屋の住人達と暮らすうち本当に重要な ...
花よりもなほ (Saturday In The Park)
 日本   時代劇&ドラマ&コメディ  監督:是枝裕和  出演:岡田准一      宮沢りえ      古田新太      浅野忠信 時は元禄15年徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の 世。巷では赤穂浪士が切腹させられた浅 ...
映画 「花よりもなほ」 (ようこそMr.G)
映画 「花よりもなほ」 を観ました。 あの「誰も知らない」に続く、是枝監督の最新作を観ることが出来ました。 前作「誰も知らない」は、こうしてタイトルを記すだけで、見終わった後の 打ちのめされたかのような気分がいまだに甦る、衝撃的な作品で ...
花よりもなほ (ネタバレ映画館)
 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残をいかにとやせん
花よりもなほ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  新感覚の時代劇かもしれない。ことに主人公青木宗左衛門が、剣術師範の長男でありながら『喧嘩に弱い』というところが変わっている。 逆に彼が弱いということの「裏の意味」を、きっちり理解しないと、バカバカしい期待外れの作品で終ってしまう可能性 ...
花よりもなほ (sigh.)
久し振りに映画を見てきましたっ 今日の一本は 本日初日「花よりもなほ」です。 監督は「幻の光」「誰も知らない」の是枝裕和監督。原案や脚本も手がけていらっしゃいます。 主演は岡田准一・宮沢りえ。 脇には古田新太・浅野忠信・香川照之・寺島進…等等渋い面 ...
花よりもなほ (Kinetic Vision)
武士は支配階級に所属している印として腰に刀を差している。それは、命を一瞬にして断ち切ることのできる道具だ。戦国時代には戦場で生き残るために必要な血なまぐさい道具であったも
花よりもなほ(2006/日本/是枝裕和) (CINEMANIAX!)
【新宿ジョイシネマ】 時は元禄15年、徳川5代将軍綱吉の時代。生類憐れみの令が幅を利かせた泰平の世。巷では、赤穂浪士が切腹させられた浅野内匠頭の仇を討つのかどうかが大きな関心事となっていた。そんな中、父の仇を討つため、信州松本から江戸に出てきた若 ...
花よりもなほ。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
是枝裕和監督、岡田准一主演、『花よりもなほ』、Tジョイ久留米にて鑑賞。 ここだけの話、是枝監督の前作『誰も知らない』は正直好きではありません。 母親に見捨てられた子供たちが大人に頼ることなく、自分たちだけの力で生きていくというお話はどう考えても ...
花よりもなほ (シャーロットの涙)
ちょっとリアルでない、日本昔話~の世界で、300年も前の出来事のようにはどうも見えませんでしたねえ。 どこでもドアを開けたら、そこは長屋だったという印象…笑 カッコいいヒーローでなく弱くて逃げ足が速い普通の人を取り巻く、臭くて可笑しくて、ちょっとほ ...
花よりもなほ/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年06月03日公開の岡田准一、宮沢りえ出演の映画「花よりもなほ」を見た。 テンポも悪く、画も暗く、登場人物もわかりずらく「あれ~?失敗だったかなぁ」と思った序盤。それにも
映画『花よりもなほ』 (Wisp)
剣の腕はからきしダメ、逃げ足だけは天下一品な侍の仇討ちを描く、是枝裕和オリジナル脚本による時代劇。 是枝裕和監督といえば、前作の『誰も知らない』で、2004年カンヌ国際映画祭に
映画:花よりもなほ (駒吉の日記)
花よりもなほ@丸の内ピカデリー 「く○を餅に変えるんですよ」 「風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残を 如何とかやせん」 (風が花を散らしてしまうのをどうすることもできないように、私もまた自分自身をどうすることもできないものだ)赤穂浅 ...
【劇場鑑賞61】花よりもなほ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
てぇへんだ、てぇへんだぁ! あだうちだぁ~!! 時は元禄十五年 舞台はお江戸の貧乏長屋 若侍の抱える使命は 父の仇を討つことだとさ ところがこの侍 えらく弱えときたもんだ
『花よりもなほ』 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
かな~り期待していた作品。 今日は札幌から約20km離れた 江別のワーナーマイカル・シネマズ江別に遠征。 現地に着くまでは『(遠いから)もう2度と来ない獵』と 思っていたのですが...訂正<(_ _)> 設備が素晴らしい囹&a ...
映画「花よりもなほ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
松の廊下の刃傷沙汰から1年後、時は元禄15年、五代将軍・綱吉の生類憐みの令は、お犬様のその時代、仇討ち男と長屋に暮らす人々と人情話。 吉良上野介とも浅野内匠頭とも、全く関係のない男、道場の息子でありながら剣がからきし駄目な青木宗左衛門(岡 ...
花よりもなほ・是枝裕和監督と葛西薫さん (映画雑記・COLOR of CINEMA)
現在公開中の是枝裕和監督・岡田准一・宮沢りえ主演の「花よりもなほ」(仇討ちという
花よりもなほ (吾輩はナマケモノである。)
なかなか感想の難しい作品で、自分の中で咀嚼するのに時間がかかりました。 時代劇、歴史もの好きとしては「うん~ん」と首を捻りたくなりますが、競争や争いの現代に問題提起した作品とみると、新しい試みです・・・・たぶん。 TV時代劇の小奇麗な長屋を見慣れた ...
花よりもなほ (5125年映画の旅)
ターラーラータタ、タラタタターララターラーラータタ、タラタタター ああ!あのメインテーマが頭から離れない! 『誰も知らない』の是枝裕和監督最新作。父親の仇を探す侍と、彼の暮すオンボロ長屋の住人が織り成す人情物語です。 仇討ちのお話なんですが、血 ...
花よりもなほ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
配役ですでに鑑賞決定(笑) だって、宮沢りえに岡田准一・・・好きなんだなぁ~ (面食いなんだもーーん(爆) 時代劇って、はまるか、はまらないか・・・すっごく微妙なときがあるんだけど この作品は、感覚的には、はまり!です。 でもね、ちょっと尺が長 ...
「花よりもなほ」何となくいいのだ (小生の映画日記)
ストーリー: 仇討ちに藩が賞金を出していた元禄十五年に、田舎侍の宗左衛門(岡田准一)は、父の仇討ちのために江戸に出てくる。しかし、剣の腕がからきし立たない宗左衛門は、貧しいながらも人情味あふれる長屋で暮らす間に、仇討ちをしない人生もあることに気 ...
意外にハードなテーマが「花よりもなほ」 (That's the Way Life Goes)
[:映画:] 「花よりもなほ」 「誰も知らない」の是枝監督作品とはいえ、V6の岡田准一くんが出ていなかったら観に行かなかったであろう作品。 元禄時代の貧乏長屋を舞台にした人情時代劇。  喧嘩も剣術もからっきし弱い青木宗左衛門が父親の仇討ちをしよ ...
花よりもなほ (It's a Wonderful Life)
この作品、ほんわかしててとても気に入りました。 あまり何も起こらない時代劇。登場人物がどれも魅力的。 のんびりと可笑しく過ごす彼らの日常を見て行くうちに、 なんだか自分がボロボロの長屋の住人となって 一緒に見守っている気になってくるから、 ...
『花よりもなほ』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
時は太平、元禄の世。 お犬様が持てはやされ…、ポツリを呟かれる、「俺たち人間も生き物なんだけど…。」 そんな時代を生きる人々の小さいな希望と、過ぎ行く日常を淡々とした描写で見せきった作品「花よりもなほ」 その時代に住む人々の小さな変化や、日常にス ...
「花よりもなほ」 文系侍、先輩パパに学ぶ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
宮沢りえが慣れた手つきでたすきがけをするシーン(しかも2度も!)は、いやでも「たそがれ清兵衛」を思い出すのですが、あちらのお父さんは、いくらバカにされても腕におぼえありな侍で、それを演じるのはかつてのマッチョスター真田広之。 それよりはぶっさんか ...
花よりもなほ (映画をささえに生きる)
ゆるゆる~っとした人間達がゆるゆる~っとした時間を紡ぎだすゆるゆる映画です。
あだ討ちって何だろう「花よりもなほ」 (再出発日記)
監督:是枝裕和 出演:岡田准一、宮沢りえ、古田新太、國村準、中村嘉葎雄、浅野忠信、原田芳雄、香川照之、田畑智子、上島竜平、千原靖史、木村祐一、加瀬亮、平泉成、絵沢萠子、夏川結衣、寺島進、石橋蓮司、あだ討ちは必ずしも「恨みを晴らす」行為ではない。 ...
花よりもなほ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
是枝裕和監督のデビュー作、「幻の光」は衝撃だった。 能登の漁村を舞台に、心に傷を負った一人の女が、たゆたうような穏やかな時間の中で、徐々に癒されてゆく物語。 ドキュメンタ
花よりもなほ(映画館) (ひるめし。)
仇討ちだよ、全員集合! CAST:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/加瀬亮/中村嘉葎雄/浅野忠信 他 ■日本産 127分 仇討ちがテーマだけどゆるゆるな感じの時代劇でした~。 つまらなくなかったけどこれと言って何かひっかかるでもなかった映画だった。 へっぴりだ ...
花よりもなほ (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
原案・脚本・編集・監督=是枝裕和。美術=礒見俊裕、馬場正男。衣装=黒澤和子。音楽=ラプラトゥーラ。 時は元禄15年。信州から父の仇討ちのための仕送りを受けながら、江戸の貧乏裏長屋に住まい、長屋の住人たちと交流するうちに、元々イヤイヤだった仇討ちと ...
【劇場映画】 花よりもなほ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。仇討ちに成功した暁には、名誉の回復だけでなく藩からの賞金も手に入るはず ...
花よりもなほ (とりあえずな日々(仮))
父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門はおんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇・金沢十兵衛の所在を探っていた。 仇討ちに成功した暁には名誉の回復だけでなく藩からの賞金も手に入るはずだ。 ところがこの ...
花よりもなほ (パフィンの生態)
あだ討ちのため松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)。 長屋に住む風変わりな連中と親しくなり、父の仇の素顔を知った彼が 決めたのは・・。2006年、是枝裕和監督、脚本、編集の秀作。 ”弱い侍”が”侍の後家”(宮沢りえ)の心境を知り、 あだ討 ...
映画『花よりもなほ』★★☆ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  見どころは宮沢りえや田畑智子に“クソ”台詞を連発させたところでしょうか。 一生懸命に頑張ったお笑い時代劇ですけど、抑制が効きすぎて素直に楽しめなかったです。 キャストは多彩ですが、全員が小粒。主役も含めて大役が誰もいない軽さを ...
花よりもなほ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
監督:是枝裕和出演:岡田准一/宮沢りえ/古田新太/國村準/中村嘉葎雄/浅野忠信/原田芳雄 物語父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門は、おんぼろ長屋で実家からの仕送りだけが頼みの貧乏生活を送りつつ、憎き仇、金沢十兵衛の所在を探 ...
花よりもなほ (銅版画制作の日々)
水曜日はレディスーディーまた映画を一本観てきました!「誰も知らない」の監督、是枝裕和の最新作『花よりもなお』です。主演はV6の岡田准一君、脇を固めるのは古田新太・宮沢りえ・香川照之・田畑智子等々お笑い人やベテラン俳優もいっぱいすべて書くのは大変な ...
花よりもなほ (日々徒然ゆ~だけ)
 この根っこにある物は,極めて日本的な発想で,感性であるのだけれど,時代劇の生き死にの緊迫感とは程遠い,ある種の理想論のような話である。
花よりもなほ (シネマ de ぽん!)
花よりもなほ公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆
「花よりもなほ」 (Tokyo Sea Side)
時代劇とは言ってもコメディタッチのなので抵抗はありませんでした。コレと言った山場はないものの、見終わった後には心が温まる、そんな作品でした。仇討ちの為に上京してきた宗左が、長屋の住人達と交わるうちに、仇討ちとは何なのか考え始める。その成長の過程 ...
花よりもなほ (CinemA*s Cafe)
http://www.kore-eda.com/hana/ 岡田くん。すてき♪かわいいし、かっこいい(*^O^*) ちょっとジーンと来てしまうシーンがあったのは岡田くんの表情だからこそだと思う私。 脇役達もなかなか良い味を出していて
仇討ちは儲かる (藻、たくさんの日々。)
昨日の続きです。 新文芸座で観たもう一つの映画は、「花よりもなほ」。 父の仇討ちを決意する主人公を中心に、貧乏長屋の日常を描いた作品。 基本的にほのぼのとした生活がコミカルに描かれていますが、 シリアスな場面もたくさんあります。 加瀬亮 ...
へっぽこサムライでもええやん。~「花よりもなほ」~ (ペパーミントの魔術師)
余談になりますが。 おそらくは「トンマッコルへようこそ」の映画に 私が望んだものは こういうコメディだったんだと思います。 建前があって、譲れないもんがあって、 でもそれを全部解決しちゃうような一芝居ってのも あってええんとちゃうん?って。 どうして ...
DVD『花よりもなほ 』 (みかんのReading Diary♪)
花よりもなほ 通常版 (2006/日本) 仇討ちに藩が賞金を出していた元禄十五年に、田舎侍の宗左衛門(岡田准一)は、父の仇討ちのために江戸に出てくる。しかし、剣の腕がからきし立たない宗左衛門は、貧しいながらも人情味あふれる長屋で暮らす間に、仇討ちをしな...
mini review 07039「あかね空」★★☆☆☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : その他 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 120分 公開日 : 2007-03-31~ 監督 : 浜本正機 出演 : 内野聖陽 中谷美紀 中村梅雀 勝村政信 泉谷しげる 石橋蓮司 江戸は深川蛤町。職人たちが多く暮らす長屋が並んだ裏町で、井戸...
『花よりもなほ』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ父の仇を討つため信州松本から江戸に出てきた青木宗左衛門(岡田准一)は、おんぼろ長屋で憎き仇、金沢十兵衛の所在を探っていた。ところが、この宗左、剣の腕はからっきしで・・・。感想『誰も知らない』の是枝裕和監督が打って変わって時代劇打って変わって明る...
『花よりもなほ』のチカラ。 (TATSUYAのレンタル映画レビュー)
桜は、来年また咲くことを知っているのか…。 花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産)岡田准一 (2006/11/24)バンダイビジュアル この商品の詳細を見る  今回レビューの異色時代劇『花よりもなほ』は、前作『誰も知らな
花よりもなほ (playt* cinema* art* )
花よりもなほ監督 是枝裕和出演 岡田准一 宮沢りえ 古田新太 香川照之 平泉成 加瀬亮 浅野忠信制作 日本/2005年時間 127分story元禄15年、江戸。生類憐れみの令が出ていた泰平の折、青木宗左衛門は父の仇を討つべく上京して3年が経っていた・・・感想「隠し剣....
映画評「花よりもなほ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・是枝裕和 ネタバレあり
『花よりもなほ』 (『映画な日々』 cinema-days)
花よりもなほ 岡田准一が父の仇討ちを使命に 赤穂浪士共々、貧乏長屋に潜伏... 個人評価 ★★★ (自宅鑑賞)