ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『デイジー』

2006-03-22 19:00:48 | 新作映画
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。
なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、
『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。
しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。
そして舞台はオランダで、音楽が梅林茂というんでしょ?
スゴく贅沢な映画だね。
「うん。これはとてもおいしい映画。
冒頭から夢のように美しいデイジー畑が出てきて、
それだけで引き込まれてしまう」

----お話はどういうものなの?
「主人公は画家のヘヨン(チョン・ジヒョン)。
彼女の元には毎週だれからか、デイジーの花が贈られてくる。
贈り主は名乗りを上げないんだけど、
あるとき、街角で彼女に似顔絵を頼んでくる男がいて
ヘヨンはジョンウ(イ・ソンジェ)というその男こそが
デイジーの贈り主に違いないと思い込む」

----ふうん。でもなぜデイジーなの?
「このデイジーというのは、
ヘヨンが絵のモチーフとしている花。
以前、ヘヨンが展覧会用にデイジーの絵を描くために、
山間の村に滞在していたとき、
丸太橋から足を滑らせて川に転落してしまったことがあって、
彼女はそれ以来、橋を渡るのが恐くなっていた。
ところがあるとき、そこには小さな橋が……。
彼女は呼びかけても返事をしないその恩人に感謝の気持ちを伝えるため、
自分の描いたデイジーの絵を橋の手摺りに残していく。
彼女の元にデイジーが届き始めたのはそれ以来なんだ」

----うわあっ。それはまた大掛かりな愛の表現だね。
「ジョンウの職業はインターポールの捜査官。
実は張り込みに便利という理由からヘヨンに近づいたわけだけど、
次第に任務を超えて彼女に惹かれていく。
しかし、それを狙撃銃のスコープで見張っている男がいた。
それこそが、彼女のために橋を作り、
また絵のお礼にデイジーを贈っていたパクウィ(チョン・ウソン)」

---それは想像つくけど、なぜ狙撃銃?
「彼は実はプロの暗殺者だった!」
----おおおお~っ。さすが“韓流”(笑)。
クァク・ジョエンらしい二重三重の凝った構成だ。
「そう。しかも裏社会の掟、そして激しい銃撃戦が絡むことで、
このせつないラブストーリーを重層的なものに変えてゆく」

---香港ノワールの名手アンドリュー・ラウにぴったりだね。
「うん。これ以上、詳しいストーリーを語るのは止めるけど、
途中で主要人物の一人が姿を消し、
彼は果たして生きているのか死んでいるのか、
と言った<ミステリー的>な要素が、
なんと2度までも立ち上ってくる」

----ニャるほどね。
デイジーの送り主が実はパクウィであると、
いつヘヨンが気づくか----こっちも興味深いよね。
「そうなんだ。
その真実を知ったときのヘヨンの気持ちの変化もね。
ヘヨンを演じるチョン・ジヒョンにとっては
久しぶりにコメディ的な要素の少ない映画だけど、
<真実を知らない中での恋><幻の相手への恋>と言う難しい役柄を
見事にこなしていた。
男優の方はイ・ソンジェに軍配が上がるね。
チョン・ウソンは、恋に臆病で名乗り出られないという設定だけど、
彼の奥手ぶりを見ていると『あんた、それはないだろうっ』て感じ。
恋に弱気な男にしてはカッコよすぎる(笑)」

----アンドリュ・ラウの演出はどうだった?
「甘いラブストーリーの舞台であるオランダの広場が
急に惨劇の場と変わるところは圧巻。
また、階段を使った銃撃戦でも
凝ったアングルと短いカッティングによって
スタイリッシュに仕上がっている。
フェイドイン、フェイドアウトも多用されていたけど、
最大の見どころは
パクウィ、ヘヨン、ジョンウの3人が初めて顔を合わせるシーンかな。
友達としてヘヨンの部屋を訪ねるパクウィ。
そこに、それまで姿を消していたジョンウが姿を現す。
ヘヨンの肩越しに目を合わせるパクウィ、ジョンウの男ふたり。
ジョンウの突然の出現にドアを閉めて表で泣き崩れるヘヨン。
と、画面は縦3分割になり、この3人3様の姿を映し出す。
部屋の中では、取り残されて気持ちのやり場がないパクウィが
どうしていいか分からずおろおろしている。
一方、部屋の外では、ヘヨンとジョンウの間に重い沈黙が流れる。
果たしてこの張りつめた空気はいつ破られるのか?
息詰まる愛の緊張だったよ」

----う~ん。それはぼくも観てみたいや。
         (byえいwithフォーン)

※オランダ行きたくなる度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


※画像は韓国のオフィシャルより。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アダン』 | トップ | 『ビッグ・リバー』 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
階段の銃撃戦は (bakabros)
2006-05-24 01:02:53
凄かった! 珍しく「おおおーっ!」と驚いてしまいました。

なので、余計にメロドラマの場面についていけなかった気がします。

三分割の場面も驚きましたねー。そこまでしなくても……、と思いましたが、三人を公平に描きたかったからああなったのかな? とも思いました。

停電のバーでキャンドルライトに浮かぶデイジーがとても綺麗でした☆
■bakabrosさん (えい)
2006-05-24 23:07:40
こんばんは。



あの階段のシーンは久しぶりに楽しめた銃撃戦でした。

カーチェイスでもそうですが、

ただ派手にやればいいというモノではない。

その中から情感を引き出してほしいです。

そう言う意味でも、この監督には才気を感じます。

スクリーン分割も、ここまで大胆な使い方は

あまり観た記憶がありません。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-05-28 22:53:50
こんばんは♪

先日何かのコメントをさせていただいたときに「デイジー」に期待していますと書いたら、えいさんは「期待していいですよ」と仰ってくださいました。

本当にそのとおりで、とても私の好きなテイストの作品でとても楽しめました。

韓流に華流がプラスされて相乗効果をあげていたように思います。
■ミチさん (えい)
2006-05-29 18:51:43
こんにちは。



気にいっていただけてホッとしています。

映画のブログやっていて思うのは、

同じ一本の映画でも

ほんとうに人によって

感じ方がいろいろあるんだなあということです。

この映画、その嘘っぽさが

また、映画って感じでぼくは好きです。
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2006-05-31 15:20:57
いつもありがとうございます!

この映画、完全に「無間」していると思いました。

あの最後と最初、早く自分で確認したいなぁ、、、
■猫姫少佐現品限りさん (えい)
2006-05-31 22:55:44
こんばんは。



猫姫少佐現品限りさんのブログ、拝見しました。

ラストの展開にとても注目されていましたね。

もう一回、観てみたくなりました。
こんにちは^^ (heartstrings_movie)
2006-06-04 16:28:28
いつもTBオンリーで失礼しています。



いつもながら素晴らしい記事ですね。

ネタバレせずに、ここまで作品にポイントを絞って伝えてくれる記事は他にないでしょう。



今回、この映画に関しては私には珍しくパンフまで購入して読みました。

普段は買わないんですけどね。

それだけ、私にとって相性のいい作品だったんだと思います。



そんな事もありまして、今回初めてコメ入れさせて頂きました。

これからもヨロシクお願いします。

■heartstrings_movieさん (えい)
2006-06-04 22:31:35
こんばんは。



コメントありがとうございました。

ぼくは、

恥ずかしさなど気にせず、

かっこ良さを追求した映画が好きで、

その点、これは大満足。

デイジー畑や、広場・階段の銃撃戦……。

ふだんなら見られないところを見せてくれるこの映画は

感謝したいくらいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
DAISY (haljion_blog)
お花のデリバリーの時にドアが開く瞬間がとても好きです。お誕生日だったり、結婚記念
デイジー 2006年13本目 (気になる映画)
これは見たい!!! いや、絶対に映画館に見に行きたい作品の一つです~~~ だって・・・ 「私の頭の中の消しゴム」で美しさを放出していたチョン・ウソンが 主演ですよ(*^^*) あの美しさが、また大画面で見れるなんて!!! 絶対に映画館で見たいと思いま
DAISY(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  待つ愛・芽生える愛・秘める愛  
『DAISY』 (моя комната (私の部屋))
あり得ん。ロマンチックすぎる。でもまあそれが映画だ(笑)。そんな本作はラブストーリーと犯罪モノがうまく絡み合ったメロドラマで、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンが共演。監督は『インファナル・アフェア』シリーズの...
デイジー 2006年13本目 (気になる映画)
これは見たい!!! いや、絶対に映画館に見に行きたい作品の一つです~~~ だって・・・ 「私の頭の中の消しゴム」で美しさを放出していたチョン・ウソンが 主演ですよ(*^^*) あの美しさが、また大画面で見れるなんて!!! 絶対に映画館で見た ...
『デイジー』 (試写会帰りに)
『デイジー DAISY』試写。 香港マフィアと走り屋と、今、男くさい世界を描かせたら世界一なのでは? と思うアンドリュー・ラウ監督ですが、恋愛物は、ちょっと勝手が違ったか……!? デイジー PHOTO BOOK 『インファナル・アフェア』三部作、『頭文字[イニシャル ...
映画vol.60『デイジー』※試写会 (Cold in Summer)
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみ ...
DAISY (まぁず、なにやってんだか)
一ツ橋ホールの「デイジー」試写会に行ってきました。「私の頭の中の消しゴム」でチョン・ウソンのファンになったので、待望の新作です。 最初はヘヨン(チョン・ジヒョン)の日常が映され、彼女のかわいらしいこと。 オランダの美しい町並み、デイジーが一面 ...
感想/DAISY デイジー(試写) (APRIL FOOLS )
今までの韓流より随分スタイリッシュな作品と言ってよさそう、5月27日公開『デイジー』。\"わたけし\"のチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』&\"ボクカノ\"のチョン・ジヒョンというコンビに、アンドリュー・ラウ監督で全編アムステルダムロケ。なんだかえ ...
映画「デイジー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナ ...
映画~デイジー (きららのきらきら生活)
 「デイジー」公式サイト オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人 ...
デイジー■スナイパーはデイジーの歌を歌うのか (映画と出会う・世界が変わる)
デイジーといえば、「2001年宇宙の旅」である。HALが消え行く命の中で、歌うのがデイジーの歌である。そして、HALがボーマン飛行士を殺すきっかけとなったのが、読唇術であった。この映画「デイジー」でも読唇術が重要な役割を果たす。ドラマのきっかけ ...
「デイジー」 DAISY (俺の明日はどっちだ)
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を ...
デイジー DAISY (UkiUkiれいんぼーデイ)
たぁ~っ、こりゃまいった! すんごく良かった~[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良~し、の何拍子も揃った秀作でした。 ストーリーには、あまり触れないほうがいいと思い ...
デイジー 06年113本目 (猫姫じゃ)
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村 ...
デイジー (Alice in Wonderland)
お気に入りの監督に大好きな役者が出ていて面白くないはずのこの映画・・・ 期待通りに楽しむことが出来ました。映像が美しく三人のそれぞれの切ない表情が心から離れなかったです。こんなに切ない映画は久しぶりに観ました。もちろんいっぱい泣いてしまいました ...
『DAISY デイジー』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開   公式サイト(壁紙・スクリーンセーバーあり) 泣き度[:悲しい:] 映像美[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】アンドリュー・ラウ 【脚本】クァク・ジェヨン 【出演 ...
デイジー (シネマでキッチュ)
観ちゃった。韓国映画「デイジー」。 香港映画でひさしぶりに私がぐっさりやられた、あの「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督だから、やっぱり気になってね~。 「デイジー」。 アンドリュー・ラウ監督だったわ、やっぱり。 「インファナル・アフ ...
★「デイジー」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
【劇場映画】 デイジー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客 ...
「デイジー」 アムステルダム無情 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
日本のマンガを読んで育ったに違いないと思わせる脚本家あがりのラブコメ野郎クァク・ジェヨンと、正統派かつスタイリイッシュな香港アクションを得意とする撮影監督あがりのアンドリュー・ラウ。 少女マンガのような三角関係に、ジョン・ウー、リンゴ・ラムでおな ...
DAISY(デイジー) (C'est Joli)
DAISY2006年/韓国 ◆監督:アンドリュー・ラウ「インファナル・アフェア」シリーズ◆出演:チョン・ジヒョン/チョン・ウソン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン ◆STORY◆ ヘヨンは幻に恋していた。どこかで自分を見守りながら、デイジーの花を贈り続けてくれる ...
映画「デイジー」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で ...
デイジー (琴線~心のメロディ)
【2006年5月27日劇場公開】 【ジャンル:ラヴ・ストーリー】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{ ...
『デイジー』 (京の昼寝~♪)
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵 ...
デイジー (日々徒然ゆ~だけ)
 それなりに面白かったのである。あくまでもそれなり。監督・脚本両者のベスト状態を観て来ているだけに,「まだまだこんなもんじゃないっしょ」と思うのはイケない事だろうか。
「デイジー」■これがその真実・・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
映画「デイジー」で語られる物語は、ある人物の空想ではないだろうか。ある人物とは暗殺者・パクウィと刑事・ジョンウの二人。物語の発端はラストの雨宿りのシーン。実は、二人はお互いのことを「もしや」と感じていた。しかし、決定的な証拠がなくお互いに相手に ...
DAISY (夢見る小悪魔)
愛は、枯れない。公式サイトデイジー◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆何気ないこのシーンにも隠された秘密が・・・祖父の骨董店を手伝いながら画家を目指すヘヨン。麻薬ルートを捜査中のインターポール捜査官・ジョン ...
恋愛は、縁と運とタイミング。『デイジー』 (水曜日のシネマ日記)
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
「デイジー」 (雑板屋)
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは ...
「デイジー」監督の手法に満足できる (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン 「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン 「エンジェル・スノー」のイ・ソンジェ 演技派3人が 「インファナル・アフェア」三部作の アンドリュー・ラブ監督と手を組んだ 「デイジー」を観て来ました。 予告編を見 ...
映画 * 『デイジー』 (複数恋愛進行中)
絵筆を無心に動かして オランダの田舎町をカンバスに写しとる女性に、 殺し屋と刑事が同時に恋をする。 『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』につづく クァク・ジェヨン×チョン・ジヒョンのタッグは、 監督に香港のアンドリュー・ラウ(『インファナ ...
誰かは誰かの為に「デイジー」 (再出発日記)
「デイジー」監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェデイジーの花言葉は「秘められた恋」。典型的な片想いの三角関係を描く。なおかつ、鑑賞環境は93%がおば様方女性陣という居心地の悪さ。主演俳優には興味はない。 ...
『デイジー』は2本の映画 (Days of Books, Films)
『デイジー』は、まったく違う2本の映画を強引に1本の映画にしてしまったような印象
「デイジー」■香港映画式にキャスティング (映画と出会う・世界が変わる)
主演は当然、トニー・レオンとアンディ・ラウ。殺し屋と刑事。どっちがどっちを演じるだろうか?ポイントは、パクウィのストーカー的行動を魅力的に演じるのはどちらかということだろう。トニー・レオンかと思うが・・・・。
デイジー 公開初日&ジャパンプレミア映画鑑賞レポ (つぶあんのmy favorite things ★★★★★)
デイジー 鑑賞 公開初日&ジャパンプレミア @TOHOシネマズ六本木 ~ジャパンプレミア 2006.5.22 @有楽座 ~公開初日 2006.5.27 帰省から戻ってブログの更新がままならず デイジーのレポは初回、2回目と一緒にレポします。 27日はチョン・ウ ...
デイジー (映画評論家人生)
千日前セントラル 韓流ブームというが、おかしな言葉だと思う。韓流がブームだという。韓が流でブームなのかもしれない。意味がよくわからなくなってきた。韓国映画がやってきて、もう何年になるだろうか。長い。
『DAISY/デイジー』  愛を心に秘めた無垢な「花」 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
クァク・ジョエン, 入間 眞 デイジー SB文庫 (画像はノベライズ) 出演■チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン 監督■アンドリュー・ラウ 脚本■クァク・ジェヨン <ストーリー>  オランダ ...
目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』 (水曜日のシネマ日記)
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。
デイジー (オイラの妄想感想日記)
韓流映画の香港風味。 アンドリュー・ラウの演出が冴える。 妄想感想いきます!
デイジー (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
かなり前に試写会が当たって観てきましたー! 「私の頭の中の消しゴム」でソン・イェジンの相手役として 不器用な男性役を好演したチョン・ウソンが出演しているので 彼がフューチャーされがちですが、 私は断然チョン・ジヒョン!!!(そこまで強調しなくて ...
テイジ (よむよむ★ハングル)
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが、何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノ ...
デイジー ☆☆☆☆☆ 映像が綺麗♪^^ (疲れたサラリーマンの休憩所^^)
猟奇的な彼女のチョン・ジヒョンと、私の頭の中の消しゴムのチョン・ウソンのラブストーリー。 私の頭の中の消しゴムを観て号泣して以来、 韓国映画に抵抗感がなくなって、韓国映画を観てみたい!と思っているこのごろ^^
TAKE 41「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第41回目は「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」です。 この作品は掲載するかどうか最後まで悩みました。 1回観ただけではストーリーも心理描写を理解するのがとても難しかったからです。 でもTSUTAYAで「デイジー(ANOTHER VERSION)」...
「デイジー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
オランダ、アムステルダム。画家の卵、ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、名前も顔も知らない ある一人の男性を想い続けていた。それは彼女が絵を描くため山間の村に滞在 していた時、困っていた彼女を秘かに助けてくれた人。そんなある日、広場で肖像画を 描くヘヨンの前に...
デイジー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、枯れない。』  コチラの「デイジー」は、花に想いを託した悲しき暗殺者と、画家を目指すロマンティックな女性、そして暗殺者を追うインターポールの命がけの愛を描いた”超・韓流ラブストーリー”です。全編オランダ・ロケっちゅ~ことで、とても雰囲気のあ...