ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『メゾン・ド・ヒミコ』

2005-09-19 00:25:36 | 映画
(※注:けっこう辛口です。犬童監督や『メゾン・ド・ヒミコ』をお好きな方は
お読みにならない方がいいかも)


------今日は、立川のシネマシティ2に行ったんだよね。
映画は『メゾン・ド・ヒミコ』だっけ?
おや、なんかイライラしてニャい?
「う~ん。どこから喋ろうか?
先日、『タッチ』を観て思ったことにもつながるんだけど…」

------確か、あのときは「『死に花』は犬童監督向きではなかった…とか?
「うん。でも覚えてるかな。
『悪く言えばサプライズに乏しい』みたいなことも言ったんだけど…
今回『メゾン・ド・ヒミコ』観てみて
『タッチ』がものたりなかった理由が見えてきた気がするんだ」

------どういうこと?
「誤解を恐れずに言えば、
犬童一心監督にはデヴィッド・クローネンバーグのようなところがある。
大ヒットした『ジョゼと虎と魚たち』の
<せつない純愛>に思わず目がいきがちだけど、
犬童監督が取りあげる素材はいつも、ある種の不全さを伴っている。
『金髪の草原』の主人公、日暮里は自分が20歳だと思っている80歳の老人。
『ジョゼと虎と魚たち』のジョゼは脚の不自由な少女。
そしてこの『メゾン・ド・ヒミコ』は同性しか愛せない老人たちだ」

-----あれれ大丈夫?それって差別で言ってるんじゃないよね?
「もちろん。そういうつもりじゃない。
むしろ、犬童監督はそのような
日常ならざるものを持ってくることで、
視覚芸術である映画における
自分の世界の個性を造形しようとしている。
そこには、そういったいわばマイノリティ、
社会から阻害されている人々への共感さえ感じ取れる」

-----あ~あ、そういうことか。
「つまり、『タッチ』がなぜものたりなかったかと言えば、
あのような明朗青春映画は、彼の描く世界とは真逆の世界。
心の悩みはさておき、社会から欠損と観られる要素は全くない。
むしろ『死に花』ではなく
『タッチ』こそ、彼向きではなかったわけだ」

-----なかなか大胆な意見だね。
確かに『死に花』も老人たちが主人公だったけど…。
でも、今回の映画にも不満があるとか?
「うん。彼の描く世界をクローネンバーグに例えて敬意を表しても、
それでもどうもあの監督の描き方、
<予定された感動に向かって言葉で結論を出す手法>には納得がいかない」

-----と言うと?
「たとえば、
ゲイのみんなが街に繰り出し、クラブで踊るシーンで、
女装したゲイの一人が酔っぱらった昔の知人に会い、絡まれ侮辱を受ける。
そこで沙織(柴崎コウ)は「あやまれ!」と食い下がる。
『えっ、なぜ?昨日まであんた自身が差別してたじゃない...』と思ってしまった。
また、やはりゲイの一人が不治の病となり、
何も知らない実家に送り返された後のシーン。
そのみんなのやり方を見た沙織がゲイたちに意見すると、
彼女をここに連れてきた春彦は
『ここはゲイが幸せになるところだ。あんたには関係ない。帰ってくれ』と言い放つ。
これも、『でも、あんたが連れてきたんだろうに…』と
思わずスクリーンに向かって言いたくなってしまった。
こういった、本来なら感動的であるはずのシーンが、
途中の感情の動きの説明なしに突然出てくるため、かえってしらけてしまう。
クライマックスであるはずの父親(田中)の『あなたが、好きよ』もそう。
このセリフは、あたりまえすぎて読めてしまう。
それでいながら映画を観る限り
『でもいつ、そんな気になったの?』との疑問が拭えない。
いずれも<感動>のために作ったシーンという感じなんだ」

-----なんか、言い過ぎじゃない?
「それに、ぼくがこの監督を苦手なのは、その性愛シーン。
『金髪の草原』の初体験の後の朝、
『ジョゼ虎』のラブホに行く前のジョゼの台詞、
『死に花』の(かつての日活アイドル)松原智恵子のセックス...。
今回は台詞、キスを始め、生々しすぎてとても書けない」

-----でも、この映画、なかなか評判いいようだね。
「うん。そういう評判のいい映画について書くのは勇気がいる。
好きな人はそんな悪評、目にするのもいやだろうしね。
だから最初に断り書きを書いたわけだ。
ただ、試写で観ていたんだったらスルーするんだけど、
今回は映画館で公開後。思い切って書いてみたわけさ」


(ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
この作品はきついこと書きましたのでこちらからTBはいたしません。
TBをいただいた方のみ、こちらからもお返しをさせていただきたく思います)

       (byえいwithフォーン)

※う~ん納得いかない度人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『親切なクムジャさん』 | トップ | 『ティム・バートンのコープ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほどー。 (あかん隊)
2005-09-19 01:52:01
えいさんの気持ち、解るような気がします。

同じようなシーン、同じような台詞の箇所で、自分も「?」と矛盾を感じたり、「とってつけ」ではないか、と思ったりしました。

えいさんのレビュー、「きつい」とは思いません(笑)。

やたら意図的に「マイノリティ」をクローズアップしなくても、描けることじゃないか、、、とも考えます。犬童監督の写真をみて「ああ、こういう人では違うかもしれない」と感じた自分です。見た目で人を判断してはいけないかもしれませんが、「見た目」(特に写真)って意外と内側にあるものがあぶり出されていることって、ありませんか?

自分は、この映画好きです。『ジョゼ…』も観たくて注文したところ。

だけど、なんといったらいいのか…。うまく言えませんが、この監督さんが狙っているところとは、きっと違うところに気持ちが飛んで行っているような気もしています。

映像と台詞が、絶妙に絡み合って自然に感動が生まれる…「語る映像と見せる台詞」は、作為的に配置されるのではなく、全体を通して「監督の映画への根本的な愛情や偏向のない普遍的な真心」が、苦痛を伴って昇華されていなければ「嘘」なのではないか、と最近思い始めています。
>あかん隊さん。 (えい)
2005-09-19 11:31:12
コメントありがとうございました。

どこからお答えしていいのやら…。

ぼくは実はこの監督の高校時代のデビュー作

『気分を変えて?』を79年にリアルタイムで観ています。

そのとき、その斬新な映像センスにショックを受け

80年代の原将人、つまりは映画の天才出現?と思ったものでした。

しかし彼は、劇映画の方に彼は進まず、

97年に『二人が喋ってる。』でその名を目にしたときは

とても驚いたものでした。

で、2000年の『金髪の草原』。

これは自主映画時代の82年に撮った

『赤すいか黄すいか』以来の大島弓子原作。

なぜ、彼は数ある大島弓子原作映画からこれを選んだんだろう?

そのあたりから考えていくうちに、

本文に書いたような思考の流れが出てきたわけです。



なお本文では書きませんでしたが、

彼は映画とは別に、福祉や高齢化社会への関心が強いということも感じます。



コメントへのお答えにはなってないかもしれませんね。

そうそう、彼の『いぬのえいが』は好きですよ。

これは「人間と犬」との「不思議な愛」の物語です。
こちらへ失礼します。 (あかん隊)
2005-09-20 19:12:39
いつもお世話になります。『いぬのえいが』今度観てみます。大島弓子のマンガは、独特の世界観があって、かわいくて繊細なタッチの絵には、似合わないほどの「残酷」な面もきちんと内包されているように思っています。ただ、やはりマンガなのでイメージで読者をつかんで、ぱっぱっ…と展開するようなところ(詩のような雰囲気もあるのですが)や、脈絡がぶっとんでいる…と感じるところもなきにしもあらずかな、などと回想しておりました。



で、やっとのことで『うる星やつら-ビューティフルドリーマー』を借りてきました。ついでに『L.A.コンフィデンシャル』『エリン・ブロコビッチ』も。

あと「まつさん」のところでご推薦のあった『ユリイカ』を。これから観ます。
大島弓子 (えい)
2005-09-20 23:10:37
こんにちは、あかん隊さん。



大島弓子を語らせたら、大変ですよ(笑)。

『誕生』の頃からリアルタイムで読んでる大ファンですから。

『雨の音が聞こえる』『ミモザ館でつかまえて』『ジョカへ…』

『いちご物語』・…・語りだしたらキリがありません。



初期から中期にかけての彼女の漫画は、

まず伏線の張り方がうまく、

最後に、一気に<涙>へと持っていく。

でも犬童監督が取り上げているのは、比較的後年の作品。

おそらく、大島弓子に対して共鳴している部分が

ぼくとは違う気がします。



DVDいろいろ借りられましたね。

『ユリイカ』は3時間40分近くあったんじゃなかったかな。

いまごろ終わった頃でしょうか?
こわっ! (あかん隊)
2005-09-22 00:08:28
>大島弓子を語らせたら、大変ですよ(笑)。



怖そうデス。んー、題名には全部覚えがあるから、読んでいるのだと思います。小学校、中学校、高校とマンガにあけくれたもので。なのに、あんまり記憶が…。



『ユリイカ』レンタルではDVDの調子が悪くて字幕(英語)が消えなくて、弱りました。今日、購入してきました(笑)。
『ユリイカ』 (えい)
2005-09-22 23:43:18
これは青山真治監督の名を決定づけた作品でした。

3時間40分近くもありながら、

あっという間に時間が過ぎていきます。

役所広司が妻と博多のホテルであうシーンも印象に残ってますが、

やはりラストでしょうね。

阿蘇にはよく行ってたので、あのシーンはひとしお鮮烈でした。
こちらも辛口です (まつさん)
2005-09-25 10:56:13
かなり気を使われた記事になってますが、わたくしのブログでも同じようなこと(台詞の引用も!)書いてあるので、読んでみていただければ幸いです。相変わらず文章長いですけど(^^;
>まつさん (えい)
2005-09-26 20:58:57
こんばんは。



読ませていただきました。

いやあ、嬉しかったです。

この映画に対する自分の中の引っかかりを、

あそこまで論理的にまとめていただけるとは。

こえからもよろしくお願いします。
僕はゲイですが (akaboshi07)
2005-09-28 07:16:54
えいさんが指摘している部分については

特に物語り上、不自然さを感じませんでした。

しかし「感動的」だとも思わなかったので

それらの場面で感動もしませんでした。



人ってけっこう矛盾したことを平気でやるし

変化して行く生き物だと思っているから

僕はそれらのシーンを「唐突」だとは思わなかったのかもしれません。



この映画、語ることがいろいろ出てくるだろうし

ゲイと、そうでない人の捉え方の違いが面白いなァと思ったので

僕のブログで連載をしようと思っています。

よかったら遊びに来てください。



■akaboshi07さん (えい)
2005-09-28 19:03:28
コメント&TBありがとうございました。



>人ってけっこう矛盾したことを平気でやるし



なるほど、確かにその通りですよね。

「心では思っていないことを口にしてしまう」という描き方……

そう言われてみると、ふむふむそうかと……。



>僕のブログで連載をしようと思っています。



先ほど拝見しました。

深い洞察になりそうでこれからの展開が楽しみです。

連載が終わったら、またコメントしたく思います。

よろしくお願いします。
夢と現実? (Ageha)
2006-03-08 10:00:24
コメントははじめてでしょうか?

いつもトラバばっかで失礼します。



問題提起がいっぱい。

ゲイでなくっても家族から疎まれる老人はいるし、

親子の確執なんて当たり前にあるし、

考え方の違う人で接点のまったくないもの同士が

理解しようとするには

そりゃもう壁がデデンと存在するわけです。

・・でこの話はある種隔離された世界のお話で

まずなんかきっかけがないと

そこへ飛び込むことはないし。



ただ、中途半端な思いやりじゃなくって

正直にキモイといい、あやまれという

沙織のその場その場のせりふがリアル。

呼んどいて帰れの春彦も矛盾してるけどわかる。



でも最後には親子はなんとなく分かり合ってるし

ホームのみんなと沙織はいい感じ。

その辺はファンタジー。

反面ゲイが外の世界と折り合いつけるための

解決策もホーム存続の危機はどうなんも

丸投げ。

・・所詮現実はこんなもん・・なエンド???

まとめたわりにはどこか冷たい・・気がしましたよ。
批判 (kimion20002000)
2006-03-08 13:04:16
TBありがとう。

きわめて、まっとうな意見であり、批評であると思いますよ。ジョゼとこの作品に関して言えば、脚本の女性パートナーとの共同作品みたいなものですね。かなり、確執があったようですね。どの部分が、せめぎあいの中で、予定調和的な感動になったのかわかりませんが、映画として、どこまでのメジャー性(興行成績)を要求されているかというところとの兼ね合いかもしれません。「タッチ」は怖くて(そういうところが)まだ、見ていませんけど(笑)
■Agehaさん (えい)
2006-03-09 00:16:02
こんばんは。



なぜかこの映画、ノレないんです。

その理由がAgehaさんの書かれていることに

集約されている気がしました。

このシビアーな問題を一種のファンタジーのように描きながら、

そのファンタジーはやはりファンタジーであって、

現実にはありえないことを逆に知らされてしまう。

で、最後は「まあいいじゃない」という曖昧な終わり方。

日本映画ってときどきこういうのが出てきて、

それがまた評判がいいものだから、

ぼくは苦手と逃げるしかないです。
■kimion20002000さん (えい)
2006-03-09 00:21:44
こんばんは。



犬童監督と脚本家の間に確執のようなものですか?

なるほど。

予定調和にならなかったかも知れない

もうひとつの映画と言うのも観てみたかった気がします。

犬堂監督は『金髪の草原』『二人が喋ってる。』

それに『いぬのえいが』が好きです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
メゾン・ド・ヒミコ (cococo)
「あなたが、す・き・よ」 この言葉の重みが、たまらなく切なくさせる。自分の父親(
メゾン・ド・ヒミコ (まったりインドア系)
前々から楽しみにしていた『メゾン・ド・ヒミコ』を見た。「メゾン・ド・ヒミコ」とは、元高級ゲイ・バーのママ“ヒミコ(田中泯)”が開いた、ゲイのための老人ホームのこと。このヒミコの若い愛人・春彦(オダギリジョー)が、ヒミコの実の娘・沙織(柴咲コウ)を迎えにく
メゾン・ド・ヒミコ観たよ (わにわにしちょし)
ゲイの物語。 と言っても、今流行りのフォーーーーーーーではない。 淡々と進んでいく、ゲイの物語だ。 今年のゴールデンウィークに、新・文芸坐でジョゼと虎と魚たちを観て、非常
『メゾン・ド・ヒミコ』 (京の昼寝~♪)
私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は、父の恋人だった。 ■監督 犬童一心■脚本 渡辺あや■キャスト オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、歌澤寅右衛門、青山吉良、柳澤愼一、井上博一、森山潤久、洋ちゃん、西島秀俊、高橋昌也、大河内 浩、□オフィシャルHP 
『メゾン・ド・ヒミコ』★★★★★★ (晴れ、ときどき 三匹と一緒。)
私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は父の恋人だった--- 監督:犬童一心 脚本:渡辺あや 出演:オダギリジョー 柴咲コウ 田中泯 西島秀俊 歌澤寅右衛門 青山吉良、他   メゾン ド ヒミコ公式サイト《あらすじ》 家族を捨てゲイの道に走った父をゆるせな.
メゾン・ド・ヒミコ (まつさんの映画伝道師)
第221回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  数年前、仕事上で知り合った方が転居されることになった。  転居先を聞くと、こんなことを言っていた。 「岡山の山間部にね、夜の商売を引退した人たちで作った住宅地があるの」
メゾン・ド・ヒミコ(映画館)   (ひるめし。)
涙はきっと暖かい CAST:オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯 他 この映画ぢつは密かに観たかったんです。まさかチネチッタで公開するとは思ってもみてなかったから嬉しかった(涙) 今までオダギリジョーと柴咲コウってなんでかあまり好きじゃなかったのよね・・・。 でもね
メゾン・ド・ヒミコで未知との遭遇001●これって・・・事件!? (フツーに生きてるGAYの日常)
僕の彼はオダギリジョーのファン。 先日、ミニシアター系で公開中の「メゾン・ド・ヒミコ」に誘われました。なんでもゲイの老人ホームが描かれている映画らしいのですが・・・。 ふ~ん。 おっ、柴崎コウが出てる。 僕は彼女の不敵な目と、さばさばしたキャラクター
メゾン・ド・ヒミコ:視線と思惑のすれ違い (朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」)
★監督:犬童一心(2005年 日本作品) MOVIX京都にて鑑賞。 ★あらすじ 塗装会社につとめる沙織(柴咲コウ)のもとに美しい青年・晴彦(オダギリジョー)が訪れる。彼はとある老人ホームで沙織に働いてほしいと申し出る。 それはゲイたちが集う老人.
柴崎コウが「ブスな女」に見えない誤算◆『メゾン・ド・ヒミコ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月28日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 私が心から愛する映画『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督と脚本・渡辺あやのコンビの新作に、私の大好きなオダギリジョーが主演すると知ってから、ずっと心待ちにしていた映画だった。しかし、舞台はゲイの老人ホームだという。『
「メゾンド・ヒミコ」賑やかな祭のあと (soramove)
「メゾンド・ヒミコ」★★★☆ オダギリジョー、柴咲コウ 主演 面白そうなキーワード。 ゲイの老人ホーム オダギリジョー、 柴咲コウ。 劇場も公開1週間経った昼でも 7割の入りは上出来。 たぶん予告編も見ていない人が たくさんいたと思う。 普段はあまり...
メゾン・ド・ヒミコ (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
メゾン・ド・ヒミコ http://himiko-movie.com/ ★★☆☆☆ 映画 邦画 監督:犬童一心。主演:オダギリジョー、柴咲コウ。 ...
『メゾン・ド・ヒミコ』 (Rabiovsky計画)
『メゾン・ド・ヒミコ』公式サイト 『メゾン・ド・ヒミコ』オフィシャル・ブック 監督:犬童一心 脚本:渡辺あや 音楽:細野晴臣 出演:オダギリジョー 、柴咲コウ 、田中泯 、西島秀俊 、歌澤寅右衛門 2005年/日本/131分 おはなし Yahoo!ムービー
メゾン・ド・ヒミコ (toe@cinematiclife)
面白かった映画の3本目も、昨日に引き続き日本映画でございます。 『ジョゼと虎と魚たち』がお気に入りの私は、犬童一心監督作品、オダギリジョー主演と聞き、それだけで見たかった映画。 <STORY> 塗装会社で事務員をしている沙織(柴咲コウ)は、借金を抱えて生活しており
メゾン・ド・ヒミコ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気blogランキングに参加してます! 読み終えたら、ここを一度クリックしてください。 あなたの清き一票カにて、ご協力お願い致します。 母が私にこの歌を 教えてくれた 昔の日 母は涙を浮かべていたる 私を迎えに来たのは、 若くして美しい男。 彼.
メゾン・ド・ヒミコ ((ほとんど)シネマ日記)
ジョゼほどには引きずらないですけれども、それでも犬童マジックというのは確実に存在しますね。僕の場合は、ダンスホールのシーンで、カチッとラッチが掛かって犬童監督の世界に閉じ込められてしまうのが分かりました。たぶん、人によって様々な見方をする映画だと思います
メゾン・ド・ヒミコ (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
感想あげるの遅いですが、この作品は 公開終了ギリギリで観てきました! 「何か良かった」という友人の評判しか聞いていなかったんですが、 柴咲コウちゃんが出演しているし、「ジョゼと虎と魚たち」を撮った監督、 脚本家の強力タッグなこの作品。 「観なければ!!...
NO.120「メゾン・ド・ヒミコ」(日本/犬童一心監督) (サーカスな日々)
僕たちもそれぞれの「メゾン・ド・ヒミコ」を持てるだろうか? 「ジョゼと虎と魚たち」(2003年)で、僕たちを魅了した、犬童監督と脚本の渡辺あや子。「メゾン・ド・ヒミコ」は、当初、漫画の大島弓子「つるばらつるばら」を原作として、「ジョゼ虎」のだいぶん以前から、
メゾン・ド・ヒミコ (いつか深夜特急に乗って)
「メゾン・ド・ヒミコ」★★★★★ (盛岡フォーラム1) 20
メゾン・ド・ヒミコ(愛する事に性別は越えられるのか?) (オールマイティにコメンテート)
「メゾン・ド・ヒミコ」は借金で昼夜働く女性が、小さい時に離婚して別れた父親が余命わずかという事を恋人という”男性”が告げに来て側で手伝いをする事になり、父親の最期を見届けるストーリーである。同性愛というものを理解しなければこの映画を観るのは苦しいだけに、.
ピキピキピッキー!~「メゾン・ド・ヒミコ」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~~。 正直言うていいですか。 子供のいる前でDVD見るんじゃなかった。(笑) メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)オダギリジョー 犬童一心 柴咲コウ 角川エンタテインメント 2006-03-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools ヒミコに.
メゾンドヒミコ (東京には空がないと言う)
さぁて、メゾンドヒミコです。 この映画は『NANA』『リンダリンダリンダ』の後に見ました。 時間は夜中の3時~。 なかなか辛いものがありました。 でも犬童一心好きなので(金髪の草原が一番好きです)見てみました。 最初の何十分かは退屈なのではこれは・・・。 と思
メゾン・ド・ヒミコ (悩み事解決コラム)
{amazon}  『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心監督×渡辺あや脚本 コンビの第二弾は、五年もの時をかけて温め続けたオリジナル・ス トーリー『メゾン・ド・ヒミコ』沙織の父はゲイ。沙織は自分も 母も捨てた父を憎しみ記憶の中からも消去している状態であ
メゾンド・ヒミコ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  あら、いやだわこれって「オカマの養老院」の名前だったのね。・・・いけない、僕までゲイ言葉が移ってしまいました。 湘南の海に面して建つ、なにやら妖しげなムードの白い館。運営するのは、昔ゲイバーの凄腕ママだったヒミコ・・・ そのヒミコに捨てられた娘
メゾン・ド・ヒミコ (cinema note+)
メゾン・ド・ヒミコ 通常版 2005年 日本 「ジョゼ虎」が良かったので期待”大”で観た。 出来はいいと思うのだけど、なにぶんテーマがテーマだけに異次元ファンタジーな感じ。 ゲイの人がキャピキャピ騒いで
映画『メゾン・ド・ヒミコ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
オダギリジョーと柴咲コウが共演、ベッドでなが~いキスのあと、胸に持っていった彼の手が止まって沈黙、「触りたいとこ、ないんでしょ」と彼女の言葉・・ ゲイバー"卑弥呼"をたたんで、ゲイのための老人ホームを経営する照雄(田中泯)はガンの ...
DVD『メゾン・ド・ヒミコ』 (みかんのReading Diary♪)
メゾン・ド・ヒミコ 通常版(2006/日本) 美青年・春彦に誘われ、ゲイが集う老人ホームで働き始めた沙織。その施設の館長はかつて沙織を捨てた父親で、春彦は父親の愛人だった。やがてホームを嫌悪していた沙織の心に、微妙な変化が生じていく。(goo映画よ ...
メゾン・ド・ヒミコ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私を迎えに来たのは、 若くて美しい男。 彼は、父の恋人だった。』  コチラの「メゾン・ド・ヒミコ」は、こっちゃんのご紹介で、観させていただきましたぁ~♪  ゲイのための老人ホーム"メゾン・ド・ヒミコ"で繰り広げられる人間模様を描いているのですが、美...
【DVD】メゾン・ド・ヒミコ (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 これが面白かったら↓を見ようかなっと ▼感想 遥かなり「ブローバック・マウンテン」 ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(...
メゾン・ド・ヒミコ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
Movie Plusで鑑賞―【story】ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(オダギリジョー)という若い男から父がガンで余命いくばくもないことを知らされる。春彦は父が営むゲイのための老人ホームで働く、父親の恋人だった...
メゾン・ド・ヒミコ (のほほん便り)
ゲイの老人ホームという、とても、不思議ワールド。老い、マイノリティ、親子の確執といろんな要素が描かれてて深いです。 11年前の作品ゆえ、柴咲コウ、オダギリ・ジョー、西島秀俊が若くて美しい! それを愛でるだけでも、鑑賞の価値アリ 柴咲コウが、ブスのオボ...