ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『今度は愛妻家』

2009-11-13 22:28:41 | 新作映画
----確かこの映画、
観る前は「かなり、きつそう」って言っていたよね。
「うん。
白髪の豊川悦司 がカメラを構え、
横には寂しそうな顔をしている薬師丸ひろ子
そこにキャッチコピーが
『夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある』。
このメインビジュアルを見てぼくが抱いたイメージは
“離婚”、そして“病死”」

----フォーンも、そういう映画と思ってた。
最近で言えば 『象の背中』みたいな…。
「だよね。
さて、映画の中身に入る前に、もっとも大きなぼくの勘違いを告白。
トヨエツのこの髪は白髪じゃなく、カラーリング。
ということで、年齢設定からして、思っていたのとまったく違っていた。
物語の方はこうだ。
かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介。
仕事をしなくなって久しい彼は、妻・さくらと、どことなくぎくしゃく。
しかも、妻が友だちとの旅行に出かけた隙に
オーディション用の写真を撮ってもらうためにやってきた女優志願の蘭子(水川あさみ)と、
いいムードになる。
ところが電車を乗り過ごして戻ってきたさくらに
彼女の靴を見られたことからHは取りやめに。
写真も助手の誠(濱田岳)に任せてしまう。
あれやこれやあって、妻はようやく出かける。
最初のうちは、独身生活を楽しんでいた俊介だったが、
次第にさくらがいない生活に苛立ちを感じ始めて…」

----ニャるほど。身勝手な男の心理だね。
「そう言われると返す言葉もないけど…。
この映画を観た後の
ぼくの気持ちはプレスに書かれている解説の中の一文がうまく言い表している。
≪女性は共感、男性は反省≫。
この映画の宣伝に関わっている、ある男性が
『妻には見せたくない』と言ったとも聞くけど、
それもよく分かる。
ついでに、もう一言プレスから引用。
『失ってから初めて気づく、
いつも当たり前のものとして受け取っている日常のささやかな幸せ――。
観終わった後は、愛する人や愛してくれる人が隣にいることの幸せを、
しみじみとかみしめたくなる』」

----いやあ、いい言葉だニャあ(しみじみ)。
「でしょ。ぼくの言うことなんか何も必要なくなる。
映画案内じゃなくて、
プレス案内になってしまったけど…(笑)」

----でも、これだけで終わっちゃ、
さすがにまずいんでは?
「そうだね。
じゃあ、感想を交えながら解説を…。
最初はずっとコメディ・タッチ。
どことなくお芝居みたいと思ったら、
これは2002年に上演された同名の大ヒット舞台。
脚本家・中谷まゆみによるオリジナル脚本を、
伊藤ちひろが映画用に脚本化。
この女性目線というのが、映画を味わい深いものにしている。
もし、男性が書いていたら、
≪女性は共感、男性は反省≫の感覚はここまでは出せなかったんじゃないかな。
あと、注目したいのは俳優たちの演技。
夫を前にポーズをとる薬師丸ひろ子。
その可愛らしさは“ポーズ”繋がりで『Wの悲劇』を思い起こさせる。
対するトヨエツは、彼言うところの“表情そのものでキャラクターを表現していく”演技。
あとは濱田岳。彼も、パッと見にはモテナイ男という
独自のポジショニングを獲得。
『フィッシュストーリー』『鴨川ホルモー』と、今年は大活躍だね。
あとは、オカマ役が
これ以上はないほどに板についている石橋蓮司
これは一見の価値ある。
本人も演じることを、すこぶる楽しんだのではないかな。
ほかにも、井川遥の“あるセリフ”など、
伏線の張り方の巧さなどについても、いろいろ語りたいところだけど、
実はこれまた、かん口令がいくつも敷かれているんだ」

----監督は行定勲だよね?
「うん。彼は『遠くの空に消えた』 『クローズド・ノート』を手掛けた2007年以来、久しぶりの登板。
でも2010年はこの後、『パレード』も続くし、
その復活(?)は大いに喜びたいね」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「かん口令なんて言われると、よけい気になるニャ」小首ニャ

※最後は泣ける度

blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『新しい人生のはじめかた』 | トップ | 『バッタ君 町に行く』 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オカマのぶんちゃんは素敵なキャラでしたね (にゃんこ)
2009-12-30 10:23:26
こんにちは
伏線の張り方が、すごくよかった、面白い作品でしたね。
途中から、実はこういうことなんじゃっていうこと察することができましたが(笑)
オカマのぶんちゃんって、何者?っと思いつつ、正体が判明したときには
キャラ設定がうまい!っと心の中で拍手してしまいました。
蘭子に対して言った台詞に、さりげなく伏線が張ってあったのが
見事だなぁっと。
そこまでは、ただの知り合いのオカマのママさんとしか思えなかったし(笑)
石橋さん楽しそうに演じていらっしゃる感ありましたね。
■にゃんこさん (えい)
2009-12-30 22:07:46
こんばんは。

この映画、観終わって、
あ~あ、あそこはそういことだったのか…
と、分かる映画ですね。
オカマのぶんちゃんも、ビックリしましたが、
ぼくは、井川遥の演じた役の設定にうなりました。
でも、つらい映画だなあ。
配役が絶妙 (たいむ)
2010-01-17 21:49:14
やっぱりもとは舞台でしたか。
小道具で何気に演出しているところが多くって、もしやと思っていました。

「失って初めて気が付く・・・」というのはみんなよく知っているはずなのに、人間ってすぐ忘れちゃうんですよね。

「正気」だというところが逆にリアルで、「想像以上のことを言ってくれ」に泣けました。
■たいむさん (えい)
2010-01-19 21:57:25
こんばんは。

行定監督の次回作『パレード』も観たのですが、
この監督は、表現方法の幅が広いですね。
ドラマチックに作ることも、淡々と描くこともできる。
この作品は、そのドラマチック路線の
いわば最右翼でしょうか。

「想像以上のことを言ってくれ」
これはオリジナルにもあるのでしょうけど、
うまい(と言っちゃいけないか)
胸を突く言葉ですね。
こんばんわ (maru♪)
2010-01-27 01:19:52
とっても切ない映画でした。

見ている間はさくらがかわいそうで仕方がなかったのですが、
見終わってみると俊介もかわいそうです(涙)

気持ちをきちんと伝えるって難しいですね。
特に男性は照れくさいんだろうなというのは分かります。
でも、女性もベタベタ言って欲しいわけではないのですが・・・

キャストが良かったです。
特に石橋蓮司さん!
■maru♪さん (えい)
2010-01-29 13:22:55
こんにちは。

ほんとうに切なかったです。
どなたかのところで、
maru♪さんと一緒に試写に行かれた方が、
maru♪さんが「薬師丸ひろ子がかわいそう」と泣いてられたというのを読みました。
ぼくは、同じ男目線で、もう豊川悦司に感情移入しまくり。

泣かされました。
こんばんは (ノラネコ)
2010-02-04 22:53:42
本当は書かないつもりだったのですが、オフ会の話で感動が蘇って書いてしまいました(笑
私はもう、最後の方は号泣でした。
しかし、これ主人公は男ですけど、女性ライターならではのホンですね。
男のライターではちょっとこのキャラクターは恥ずかしくて書けないでしょう。
オリジナルの舞台もちょっと見てみたいですね。
どの辺りを脚色してるのか、興味があります。
■ノラネコさん (えい)
2010-02-06 20:43:45
こんばんは。
オフ会の時、
この映画については書かないと
おっしゃっていたのでビックリ。
やはり、書かずにはいられない特別な作品だったんですね。
あの、お芝居風の出入り。
これが映画でも違和感なく見せているところはさすが。
まだアップしていませんが、
行定監督、この次の『パレード』と続けて観たこともあり、
引き出しの多さが改めてうかがいしることができました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今度は愛妻家 (シネマDVD・映画情報館)
中谷まゆみ脚本の大ヒットを博した舞台「今度は愛妻家」を映画化。監督は『OPEN HOUSE』『GO』の行定勲。近年、話題作を次々と発表し、ヒットメーカーの地位を確立した行定が、本作ではカラッと笑えて、心温まる夫婦の感動作を描く。主演・北見俊介を演じるのは豊川悦司。...
今度は愛妻家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
試写会に誘っていただいてノーチェックで観に行った『今度は愛妻家』は行定監督作品でした。うっわ、、、当たりかはずれか?どっちだろうっと期待感低めで鑑賞開始(笑)だって、結構この監督さんの作品大作系はずしまくっているんですもの、、、こどものいない夫婦。気持ち...
今度は愛妻家 (なりゆき散策日記)
 テレビ東京主催の試写会にあたったのでいきました。 今度は…って離婚でもなにかする展開なのかと意味深なタイトルですね。ホームページは ココ 会場は年配のご夫婦、女性同士の組み合わせが多かった。この作品は、結婚していれば夫婦でみてほしい。まだ結婚していな...
今度は愛妻家 妻と一緒に見ても大丈夫なのかっ・・・( ̄ω ̄;)エートォ... (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=2 -1-】 今年最初の試写会当選がこの映画。 あらすじを読んでいて、この映画を妻と見に行ったら、立場がやばくて隣でどんどんちっちゃくなっていかなくてはならないのではないかと不安で胸が潰れそうだった・・・(T∇T)アハハ・・・(|||_ _)ハハ・・・ ぎ...
『今度は愛妻家』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:行定勲原作:中谷まゆみ出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、城田優試写会場 : 東商ホール公式サイトはこちら。<Story>かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介(豊川悦司)。しかし、今ではなぜか1枚の写真も撮る事ができず、ぐうたら....
今度は愛妻家(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[今度は愛妻家] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年2本目です。 【あらすじ】 かつては人気のカメラマンだった北見俊介(豊川悦司)は、今は仕事をせずに、気ままに生きる典型的なダメ亭主。 そんな夫に文句を言い...
『今度は愛妻家』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介は、健康マニアの妻さくらに日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさくらに...
今度は愛妻家★★★☆劇場10本目:号泣しちゃいました(T_T) (kaoritalyたる所以)
今日も予定外の映画鑑賞ですが、早めに晩ご飯とワインをいただいてから観に行けそうな映画・・ってことになって変更したのですが、見に行けて良かったです。ただ、前半はもっさりして進行が悪く、早送りしたい気分になりました。だからこそ、後半が生きてくるし泣いちゃう...
今度は愛妻家 (いい加減社長の映画日記)
予告編で気になっていた作品。 公開初日の午前中に行こうと思ってたけど、ネットで空席を見ると少なめ。 不安になりながらも、なんとか通路側の席を確保して、「今度は愛妻家」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、土曜日の午前中としては、かなり少なめ。 「今度は愛妻家」...
「今度は愛妻家」みた。 (たいむのひとりごと)
泣いた~~[E:weep]原作は読んでいないから、知っているところは劇場予告編の部分のみ。だから冒頭の明るさからてっきりラブコメだと思っていたのだけど、何気に感じられる違和感が中盤で種明かしされた時に
「今度は愛妻家」失って知る大切な人と愛されていた日々 (オールマイティにコメンテート)
「今度は愛妻家」は亭主関白で自由気ままなダメ夫と健康オタクの妻が離婚寸前までいってしまい沖縄へ離婚旅行へ行くがそこから1年の月日を経て妻が出て行ってしまうストーリーである。確り内容を辿っていくと冒頭のストーリーの意味を確り理解できるけれど、人は失って知...
『今度は愛妻家』 (『映画な日々』 cinema-days)
1年間写真が撮れずにいるカメラマン そんな仕事もしないぐうたら亭主に 愛想を尽かした女房は... 【個人評価:★★★☆ (3.5P)】 (劇場鑑...
『今度は愛妻家』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫 薫■鑑賞日 1月16日(土)■劇場 チネチッタ■c...
今度は愛妻家 (映画君の毎日)
<ストーリー>かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る俊介(豊川悦司)は、健康マニアの妻さくら(薬師丸ひろ子)に日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、二人は沖縄旅行に行...
今度は愛妻家 (まてぃの徒然映画+雑記)
邦画で久しぶりに涙をこらえました。元売れっ子カメラマンだけど、今は仕事もせずぐうたらと貯金を食いつぶしている北見俊介(豊川悦司)。妻のさくら(薬師丸ひろ子)は人参茶を作って新聞記事は必ずスクラップにする健康オタクで、俊介の身の回りの世話をかいがいしくや...
*今度は愛妻家* (Cartouche)
{{{ かつては売れっ子カメラマンだった北見俊介。しかし、今ではなぜか1枚の写真も撮る事ができず、ぐうたらな毎日を送っている。妻のさくらはそんな俊介に文句を言いつつも世話を焼くのだった。しかしある日、女優志望の蘭子を家に連れ込んでいる俊介をさくらが目撃。彼...
『今度は愛妻家』 今度とは今年のことだ! (映画のブログ)
 劇中でニンジン茶の不味さが繰り返し語られるが、ニンジンの皮にはβ-カロチンが豊富に含まれるので、ニンジン茶を飲めば白内障予防になる...
今度は愛妻家 (銅版画制作の日々)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 おぉ~こういう話しだったとは。。。。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。新年2作目の邦画です。あの豊川悦司と薬師丸ひろ子が2度目の共演となる作品だと思います。(1992年の「きらきらひかる」以来だと...
映画「今度は愛妻家」 (FREE TIME)
映画「今度は愛妻家」を鑑賞しました。
「今度は愛妻家」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「今度は愛妻家」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・中谷まゆみ 監督・行定 勲 ネタバレあります。 不思議な作品ですな。 観終わって、どれが夢か現かよく判らなくなる・・。 しかし、やがてそんな事...
『今度は愛妻家』 (・*・ etoile ・*・)
'10.01.09 『今度は愛妻家』(試写会)@東商ホール いつもお世話になってるrose_chocolatさんのお誘いで、試写会に連れていっていただいた。rose_chocolatさんありがとうございました! *ネタバレしてます! 映画の性質上ネタバレしない方がいいかと思いますので、未見の...
今度は愛妻家 (to Heart)
夫婦には「さよなら」の前に、やらなければならないことがある。 製作年度 2009年 上映時間 131分 原作 中谷まゆみ 監督 行定勲 出演 豊川悦司/薬師丸ひろ子/水川あさみ/濱田岳/城田優/津田寛治/奥貫薫/井川遥/石橋蓮司 脚本家・中谷まゆみ原作の同名舞台劇を豊川悦司...
「今度は愛妻家」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2010年:東映/監督:行定 勲) 中谷まゆみ原作の同名の舞台劇を、若手実力派の行定勲監督により映画化。 世話好きで美しい妻・さくら(薬師丸ひろ子)との結婚生活も10年目、かつては売れっ子カメラマン
今度は愛妻家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
・゜゜(ノД`)゜゜・ウワァァァァァァァァァァァン!! 予告編を見て、離婚した夫婦の話なのかなあと思っていたら、完全に騙された。 まさか、...
今度は愛妻家 (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。  どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。  この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。  一つめは、戯曲の映画化という点です。  映画の設定場所が雑司ヶ谷の鬼子母神近くと酷...
【映画】今度は愛妻家 (★紅茶屋ロンド★)
<今度は愛妻家 を観ました> 製作:2009年日本 ランキング参加中 ちょっと久しぶりの邦画です。 公開してたときから観たかった作品。大ヒットはしてなかったと思うけど、ちらほら聞く評価はとても良いものばかりで、すごく気になっていました。レンタル新作だ...
mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が涙と笑いが交互に訪れる感動ドラマとして演出。夫婦を演...
映画評「今度は愛妻家」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・行定勲 重要なネタバレあり。出来れば未鑑賞の方は採点だけ参考にしてください。それでもどうしてもこの駄文をお読みになりたいという方はどうぞ。
今度は愛妻家 (A Day In The Life)
劇場にて鑑賞 豊川悦司×薬師丸ひろ子×行定勲監督が贈る 大人のラブファンタジー。 解説 仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を 献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦 のドラマ。 大ヒットを博した中谷まゆみ...