ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『真夏のオリオン』(@「シネマのすき間」)

2009-06-16 20:10:58 | 新作映画
-----これ、実は第二次世界大戦末期のお話。
まさか、カタログハウス「シネマのすき間」
戦争映画の話が出てくるとは思わなかったから、
フォーンは最初、「戦争反対!」と
大きな声を上げちゃた。
でも、よくよく話を聞いてみると、
ちょっと違うみたい。
えっ、回りくどいこと言わずに早く
タイトルを言えって?
それはね。『真夏のオリオン』
最初、『真夏のマリオン』?って聞いたら、
「それは有楽町にあるデパートだろ」と
あきれられちゃった。
さてこの映画、人間魚雷という恐ろしい武器を
なんと、潜水艦の乗組員たちが生き残るための知恵として使うんだって。
いや、それに乗り込むなんて安易なものじゃないよ。
だって、あの中に全員はありえない。
それって、昔、テレビで
電話ボックスに人がどれだけ入るかというのをやっていたことより、
無理がある。
じゃあ、どうやって?
というわけで、いつものように
「シネマのすき間」も読んでね。

           (byフォーン)

「潜水艦映画としても見ごたえあるらしいのニャ」2009.4.7フォーン


人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『正義のゆくえ I.C.E.特別... | トップ | 『ナイト ミュージアム2』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (はらやん)
2009-06-20 22:11:29
えいさん、こんばんは!

やはり倉本艦長のキャラクターが良かったです。
国を守った英雄的な描き方でもなく、また悲劇として描くのでもなく。
戦争を国家レベルで語るとイデオロギーになっちゃうのですが、もっと身近なレベルで戦争というものとらえていたと思います。
回天乗員がイデオロギーに染まって命を捨てようとしたことに対し、イデオロギーで説得するのではなく、「もったいない」というとても実感しやすいところに落としている倉本艦長という人物が新鮮でした。
■はらやんさん (えい)
2009-06-21 21:15:17
こんばんは。

はらやんさんのレビューを拝見して、
この映画の意図が分かった気がしました。
これまでの類型的な軍人像を破ったこの映画、
ぼくには好感が持てました。
カレーも残さず食べました (にゃんこ)
2009-06-25 01:41:03
実は、えいさんとはらやんさんの記事に背中押されて観に行きました(笑)
倉本のキャラクターはほんとに魅力的です。
腹は減っては戦はできぬって、そのとおりだし
命はあってこそ…彼の言う”勿体ない”精神
そしてひとり、しっかり残さずカレーライス呑みこんだ姿も
とっても好感が持てました。
■にゃんこさん (えい)
2009-06-27 00:48:07
そうそう。
カレーのエピソードもよかったなあ。
さすが、にゃんこさん。(笑)

ああいう日本軍人たちのシーンが出てくる
太平洋戦争映画は
いままで観たことがなかっただけに新鮮でした。

で、それがまんざら嘘ではないということを後で知り、
感慨を新たにしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
真夏のオリオン (LOVE Cinemas 調布)
『亡国のイージス』、『ローレライ』の原作者・福井晴敏が監修・脚本。原作は池上司のデビュー小説です。主演は映画は『ミッドナイト イーグル』以来久しぶりの玉木宏、共演に『ハンサム★スーツ』の北川景子、CHEMISTRYの堂珍嘉邦、『ミッドナイト イーグル』でも一緒だ...
「真夏のオリオン」最後まで人間として生きるための戦いを続けた潜水艦艦長の生きる戦い (オールマイティにコメンテート)
「真夏のオリオン」は第2次世界大戦の終戦前夜まで繰り広げられた日本潜水艦とアメリカ駆逐艦との激しい攻防戦を描いた生きる戦いのストーリーである。1945年8月15日の終戦まで日本は潜水艦を投入し、人間特攻魚雷回天まで投入したが、その中でも最後まで回天を使...
真夏のオリオン (だらだら無気力ブログ)
池上司原作の『雷撃震度一九・五』を『ローレライ』や『亡国のイージス』、 『機動戦士ガンダムユニコーン』の原作者である福井晴敏が監修・脚色で 映画化。第二次世界大戦末期の太平洋上で日本海軍潜水艦と米海軍駆逐艦の 緊迫の攻防を描く。第二次世界大戦が終結して...
【真夏のオリオン】 (日々のつぶやき)
監督:篠原哲雄 出演:玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、吉田栄作、平岡祐太、吹越満、益丘徹、黄川田将也    きっと帰ると、オリオンの星に誓った。 「64年の時を超え、ある楽譜が日本に戻ってきた。 戦争を知らず祖父母から話も聞いた事がないいずみは、戦時
「真夏のオリオン」 理想の上司 (はらやんの映画徒然草)
本作の原案となっている池上司さんの小説「雷撃震度十九・五」はずいぶん前に読みまし
「真夏のオリオン」完成披露試写会 (アートの片隅で)
ブログパーツならブログデコ!! 邦画の試写会としては珍しい国際フォーラムAホールでの大規模な試写会でした。 座席はほぼど真ん中の前から十数列目というかなり良い座席でした。 周りは玉木宏と堂珍嘉邦が占拠していましたけどね。 MCは、テレビ朝日アナウンサーの渡...
真夏のオリオン (ダイターンクラッシュ!!)
6月22日(月) 18:15~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『真夏のオリオン』公式サイト 先ごろ俺の友人の友人であることを知った篠原哲雄監督作品。友人は、彼の映画を観ていない...
真夏のオリオン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
鑑賞途中で、いきなり千秋様(のだめの)になったかと一瞬ぷぷぷっと吹き出してましたが(ぉぃ)観た方は、わかりますか?この反応(笑)玉木くん主演の『真夏のオリオン』観てきました。終戦間近の、回天を搭載した潜水艦の艦長倉本はまだ若いものの、仲間とともに米軍の...
真夏のオリオン(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年60本目(55作品)です。 ついに60本に到達しました。 2009年に入ってまだ半年も経過していないのに、60本に到達するとは開始当初は考えもしませんでした…。 ...
真夏のオリオン(完成披露試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年46本目(42作品)です。 完成披露試写会の招待券を知り合いから譲ってもらったので、6月13日の公開に先駆けて見に行きました。 場所は有楽町の東京国際フォー...
真夏のオリオン (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:日本 監 督:篠原哲雄 勿体ない
真夏のオリオン (とにーのブログ)
「大将の器」という言葉があるが、日本海軍最後の潜水艦イ-77の艦長・倉本(玉木宏)は、正にその言葉が当てはまると思う。 戦争を美化す...
映画 真夏のオリオン (VAIOちゃんのよもやまブログ)
終戦記念日に合わせて地上波で放送されていた映画、「真夏のオリオン」。いつものようにX95で録画し、PSPに転送して鑑賞しました。既に秋になっているような気もしますけどね・・・ストーリー的には終戦間際のグアム~沖縄辺りの海域で、あの人間魚雷「回天」を積んだ伊号...