ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『NANA ーナナー』

2005-06-22 00:15:13 | 新作映画
------おっ、今日は迷いが見えるニャ。
確かこれって、原作がベストセラーでは?
「矢沢あい。
う~ん、何が困ったかって、
自分の映画へのスタンス上、
原作のある物語をえんえんと書くわけにもいかない。
映画を観る限り、これは宮崎あおい扮する小松奈々の回想。
しかも回想の現実の中、さらにナナの回想が入ってくるばかりか、
『あのときナナは...』って、
まるでもう彼女がいないかのような語り口。
何かに似てるな.....って思ったら、
これは野島伸司がTV版「高校教師」でやった手法。
だからって大崎ナナ(中島美嘉)が死んでるわけもなく、
現に、原作の漫画はまだまだ続いているし...」

-----歯切れ悪いなあ。で、結局何が言いたいの?
「つまり脚色については、この脚本がよく練られたものか、
それとも原作どおりのものなのかが、ぼくには分からず、
なんとも判断ができなかったってこと。
ま、これについては、もしかしたら原作を読んでからまた書くかも。
いまこの時点でぼくが強く感じたのはふたりの<女優>、
その<資質>の違い」

-----おっ、そっちの方がオモシロそう。
「いや、そうでもないからあまり期待しないで(笑)。
中島美嘉演じるナナは、
一緒にバンドを組んでいた好きな男が
引き抜かれて上京すると聞いてもあとを追わない。
そこには彼女の自立心とプライドがあり、
やがてはナナ自らも音楽の道へヴォーカリストとして舞い戻ってくる。
中島美嘉はいまでも女性に人気あるけど
これをきっかけにさらに人気が出そう。
クールでアツい。奈々のナナへの言葉を借りれば『男の人みたい』。
だけど、これって彼女の地なのかも。
そう、中島美嘉の演技って『偶然にも最悪な少年』の時と、
ほとんど変わらないって気がする」

------ニャるほどね。一方の宮崎あおいは?
「宮崎あおいは『EUREKA・ユリイカ』を始め、これまで暗めの役が多かった。
ところがこの映画の奈々というのは男を追って上京。
恋を最優先とする普通の女の子。
しかも自分の思いに一途なあまり、周囲がまったく見えてなく、
いわゆる、かわいいけど“めんどうくさい”と思われる、
これまでとは正反対の役だ。
でも、そんな奈々に扮する宮崎あおいの演技プランがスゴい。
舌っ足らずな甘い声で(天然ぶりっ子)奈々をキュートに演じ、
こんな女の子って同性に嫌われるんじゃ...と思わせるスレスレの演技を
なりきりでやっているんだ。
確かに“映画に愛された少女”と言われるほどのことはあるね」

-----他に見どころは?
「監督が『とらばいゆ』の大谷健太郎。
もともと独特の会話劇スタイルには定評ある彼だけど、
ふたりの女優の<声質>の違いを生かした
テンポのいい映画に仕上げている。
ふたりが住む707号室も室内の造作がユニークなのも
『とらばいゆ』を思わせる」

-----肝心の音楽はどうニャの?
「これは、人それぞれ好みがあるからね。
でもライヴ・シーンは、ホール・コンサートも含め、
臨場感はたっぷりだったよ」

     (byえいwithフォーン)

『NANA』 image flower suported by haljion

原作も読みました

ナナとフォーン イチゴのコップも買いました

※夢歩く度人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『霊ーリョンー』 | トップ | 『クレールの刺繍』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナナand奈々最高 (小山翔子)
2005-08-08 18:16:52
こんにちわ。私は、nanaがだいすきすぎてこまるぐらいnanaが大好きです。それなのに映画化がきまって、すごくうれしいです。おうえんしているので、がんばってください。かならず見ます。そして、13巻もたのしみにしています。

原作 (えい)
2005-08-09 18:30:26
小山翔子さん。



はじめまして。

この映画を観た後、実はコミック全部読みました。

で、分かったこと。

映画はコミックにめちゃくちゃ忠実。

ふたりのナナ&奈々も、完全になりきっていました。

歌もカッコいいですね。
トラックバックありがとうございます (まつさん)
2005-08-28 04:32:12
むむむ・・・確かに歯切れが悪い。

「NANA」ファンの僕にとってこの映画は期待作でありながら不安がいっぱいなのは当方ブログに書いたとおりです。

てなわけで、もしよろしければ、また来週の公開以降にえい氏の新たな記事のアップを熱望いたしております。
>まつさん (えい)
2005-08-28 17:36:21
コメントありがとうございます。



まつさんのご覧になってからのコメントを

また読みに伺わせて頂きたく思っています。

実はこの映画を観た後、

原作13巻を一気に読みました。

感想といえるほどのモノではないですが、

もしよかったらご覧になって下さい。

http://plaza.rakuten.co.jp/durhum/diary/200506240000/
原作通りってことですね。 (あかん隊)
2005-09-06 11:54:24
こんにちは。原作通りなんだな、というのは映画を観ていて感じました。上手に映画化されてましたが、宮崎あおいは別として、それだけ…のような印象でした。なので、多くは語れないかな。21歳になったばかりの、実際ドラムでバンドをやっている息子をみているし、小さなライブ会場にもよく出かけますけど、どうだろうな、実際「彼ら」「彼女ら」は、もう少し現実的だったりしてますね。
Unknown (Ageha)
2005-09-06 14:37:29
女の子はもちろんバンドやってる男の子たちも

見に行ってるようです。

映画館は9割がたキャピキャピの女子でしたが。



原作崇拝者はキャスティングにどうしてもシビアになるでしょうね。

カッコはそこそこ作れたとしても。

奈々のモデルが珠緒?・・・ってのは

納得してしまいました。(笑)



全くタイプの違う女の子の友情ってことで

「下妻物語」とどっちがよかったですか?



NANA原作は正直恋愛模様がドロドロしてきて、

10巻以降は重いんですけど。

奈々ひとりで2つのバンドを良くも悪くも

振り回しちゃって彼女に悪気がなくても

・・・なんかやっぱりこういうタイプの子って

苦手です。

コメントありがとうございます。 (えい)
2005-09-06 19:21:46
>あかん隊さん。



ぼくもこの映画を「現実的」とはまったく思いません。

というよりも、映画を観るとき、

あまりそれが「現実的」かどうかは考えないんです。

漫画を読んだりアニメを観る時と同じで、

その世界の中に、いかに自分をいざなってくれるかが

重要だったりします。

この「おとぎ話」は、

ある作られた世界の中で、

ぼくの心を楽しく遊ばせてくれたと言う気がします。

(「暗くなるまで待てない」へのコメントもありがとうございました。そちらにもお返事書きますのでよろしくお願いします



>Agehaさん。



珠緒の名前が出てくるとは、「暗くなるまで待てない」も読んでいただけたんですね。

原作も読みましたが、奈々(ハチ)はどうしようもないですね。

ただ、驚いたのは、あそこまで

中身よりもイケメンやカッコいい男が好きだと言うことを

堂々と主張している漫画って読んだことがなかったので、

ある意味、新鮮でした。

これって現代の女の子の本音なのかなあ?

そこが受けている要因の一つかもと思ったほどです。



『下妻物語』と比べて、どうかという点で言えば、

ぼくは圧倒的に『下妻』派です。
語弊がありました。 (あかん隊)
2005-09-06 19:58:42
すみません。「現実的」という表現は、うまくありませんでした。映画もマンガも現実的である必要はありませんし、むしろ現実的ではないから良いことの方が多かったりしますね。おっしゃる通りです。

ただ、この映画の予告やプロモを観た息子たちバンドの連中は「これを観たらバンドをやりたくなくなる」と言いました。それもひとつの見方(感じ方)かな、と思ったのです。自分も『下妻』になら共感します。
TBありがとうございました。 (naomi-0604)
2005-09-14 18:39:22
ライブシーン、良かったですね。もう少し多くても良かったかな。でも、そうなると物語が・・・
naomi-0604さん。 (えい)
2005-09-14 23:08:44
こんばんは。



コメントありがとうございます。

あのライブシーン、原作がそうなってるからではあるのですが、

地方でのコンサートというのが、リアルでした。

もし、武道館とかだったら撮影も大変ですよね(笑)。



ステージを見つめるナナとハチの顔が鮮やかによみがえります。
感想おなじ!? (がちょ~ん)
2005-09-17 11:10:01
漫画読んだことないですが・・・



宮崎あおいは、玉緒ちゃんみたいでした^^;

あおいちゃんに終始魅せられたネ



母親役が市毛良枝でなく宮崎美子もイイ!



うんうん「高校教師」と似てる、とエンドシーン見ながら思った。。。



しかし、男優たちはナントカならんかったのか。。。
>がちょ~んさん。 (えい)
2005-09-17 18:24:57
こんにちは。



「玉緒ちゃん」でなく「珠緒ちゃん」ですよね?

「玉緒ちゃん」だとカツシンがあの世から飛び出して怒りそう。

でもこの話が出てくるということは

「暗くなるまで待てない」も目を通していただいたんですね。

ありがとうございました。



宮崎あおい、蒼井優と並び、日本の映画を背負う

「二大あおい」です。



あれっ蒼井そらは?   mmmm_____
TB、ありがとうございました (mina)
2006-03-12 07:44:43
原作が超人気コミックを実写版で映像化する場合は、本当に難しいですよね。コミックの場合は、ビジュアル面で確立してしまっているから、どうしてもそれと比較することになる。わたしの場合、幸運?にも、原作を読む前にDVDを観たから、失望することなく、この作品を堪能できました。むしろ、映画のイメージでコミックを・・・実は、続きが知りたくて、結局14巻全部揃える羽目に・・・読んだ感じです。この順番だと、生身のNANAの方が、コミックのNANAよりも文字通り「生々しく」迫ってきます。

日本のコミックは、本当に水準が高いと思います。ストーリー性、ビジュアル性、どこをとっても、世界最高水準です。まして、数千万部発行の大ヒット作ともなると・・・。小学生の甥っ子にねだられまして、先週は「ワンピース」、昨日は「北斗の拳」を観てきました。いずれも数千万部の発行部数を誇る超大作。来月は、1億部突破の世界記録を持つというコナンを観に行くことになっていますが、ホントに凄いですね、日本のコミック・・・。
■minaさん (えい)
2006-03-12 11:27:56
おはようございます。



ぼくもこの作品に関しては

「映画」→「コミック」の流れでした。



『北斗の拳』観ましたよ。

けっこうオモシロかったのですが、

遠い昔に原作を4巻まで読んだだけなので、

うかつなことは書けないと思って

ここには載せませんでした。

今後もコミックの映画化は増えそうですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

67 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
とらばいゆ (シネマ日記)
あんまりご存知の方はいないですかね。瀬戸朝香主演の日本映画です。「とらばいゆ」とはフランス語で「仕事、労働」という意味。ま、みなさん聞いたことある言葉でしょう。表記方法が違いますけどね。 このお話なかなかに設定が個性的です。瀬戸朝香はスランプを迎えている
『NANA ーナナー』待望のコミックス13巻 (アフィリエイト de Pingpoint)
ファン待望のコミックス13巻予約開始!! 2005年8月12日発売 NHK連続テレビ小説主演(来年前半)が決まった宮崎あおい。 9月から公開の映画版『NANA ーナナー』のハチもかわいい。 NANA 13 (13)posted with amazlet at 05.08.07矢沢 あい 集英社 (2005/08/12
NANA (まつさんの映画伝道師)
第39回  このブログは基本的に「既に見た作品」のレビューなのですが、今回はトリビュートアルバム発売を記念して、変則的に今秋公開される「NANA」についてひと言書く蔵ノ介。 【「NANA」と漫画原作映画化作品の考察】  ミュージシャンとして成功を夢
『 NANA 』 (やっぱり邦画好き…)
『 NANA  』 [ 試写会鑑賞 ] 2005年:日  本 【9月3日ロードショー】 監 督:大谷健太郎 原 作:矢沢あい「NANA」(集英社クッキー連載) 脚 本:浅野妙子、大谷健太郎 主題歌:中島美嘉「GLAMOROUS SKY」 GLAMOROUS SKY
NANA (メルブロ)
NANA 完成披露記者会見動画 上映時間 1時間54分 監督 大谷健太郎 出演 中島美嘉 宮崎あおい 成宮寛貴 松山ケンイチ 松田龍平 玉山鉄二  現在バカ売れ中の少女漫画が映画化。13巻発売の宣伝を電車でもやるほど。漫画のほうは、丁度コンビニに1,2巻あった
「NANA」@ヤマハホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
あーちゃん「NANA」を全巻持ってるんです…ちょっと前、理恵子に「NANAもってたら貸して」と頼まれた時、持ってませんでした。結構じゃかすかマンガを買っちゃうほうなので理恵子は持ってると思ったんでしょうねぇ・・・。結局1冊買って面白かったら全巻買うね。と
NANA ナナ (It\'s a Wonderful Life)
原作読んだ事ありません。もし原作やこの映画がとても好きな方 ゴメンなさい!もう自分は全然ダメでしたこれ。 原作マンガもこんな感じなのかなぁ。 バンドメンバーのイメージがものすごくマンガっぽい(笑)というか ウソ臭いし、せっかく音楽をやる女の子を主...
「NANA ナナ」 初日に鑑賞 (わたしの見た(モノ))
「NANA ナナ」 公開初日に鑑賞するのは久しぶりかな。 待ちに待った本作は、とっても良かった。 今年観た中では上位、オススメの作品。 矢沢あいの同名コミックの映画化。 監督は「約三十の嘘」(こちらもオススメ)の大谷健太郎、 中;島美嘉と宮崎あおいが二人のナナ
NANA (ネタバレ映画館)
 観終わった瞬間、二つのバンド名を忘れてしまった。相変わらず記憶力が弱いなぁ~と嘆く一方で、別れの列車がキハ40-816だと覚えていた・・・  コミックが原作なのにしっかりしたストーリーだ。そして、音楽もいいのに、中島美嘉、松田龍平、そして平岡祐太の演技によっ
NANA (ペパーミントの魔術師)
見てきちゃいましたよ~~。 でね、ネタバレも何も原作どおりなんで。 ホントに限りなく忠実に再現してましたね。 アパートの雰囲気も彼ら一人一人のキャラも髪型や服装、小物に至るまで。 予習としては、5,6巻あたりまでのストーリーとだけ 言うときましょか。 個人的に.
NANA-ナナ- (のんびりぐ~)
作品:NANA 監督:大谷健太郎 主演:中島美嘉、宮崎あおい、成宮寛貴、平岡祐太、丸山智己、松山ケンイチ 公開:2005年 日本 映画館 NANA-ナナ- あたしは運命とか かなり信じちゃうタチだから、 あたしたちの出会いは 運命だったと思うんだ。 笑ってもい
NANA 【A面】 (まつさんの映画伝道師)
第200回 【A面:NANAファンサイド】 ★★★★(劇場)  人は楽しい思い出を語るとき、同時にあることを脳裏に甦らせる。  それは楽しい思い出につきまとう「後悔」や「反省」だ。 「楽しい」ということには、常に比較対象がある。人がなぜ「辛いと.
NANA 【B面】 (まつさんの映画伝道師)
第201回 【B面:映画ファンサイド】 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「ロックよ、静かに流れよ」(1988)、「So What?」(1988)、「ロッカーズ」(2003)、最近では「リンダリンダリンダ」(2005.
NANA (cococo)
良くも悪くも、少女マンガらしい。原作がマンガだとキャラクタにも当然、違和感のなさ
「NANA(ナナ)」 (赤ヘルと音楽とわたくし)
映画〈NANA〉フォト・メイキングブック 最近話題ですね! 「NANA」 自分は詳しくは知らないんですけど、 面白そうですね。 元はコミックスで、 映画化されたようですね。 ストーリーは、 東京行きの電車でたまたま出会
NANA-ナナ (HR BLOG)
観る前はめっちゃ不安やってんけど(未読なもんで)楽しめた☆
『NANA』を観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年9月6日 NANA ナナ 2005年9月3日(土)全国東宝系ロードショー 2005年/日本/1時間54分 製作:TBS、東宝 セディックインターナショナル 集英社、トゥループロジェクト IMJエンタテインメント MBS、アニプレックス #17 (2005.7月か
NANA (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ねぇ、ナナ。 あたしたちの出会いを覚えてる? あたしは運命とか、 かなり信じちゃうたちだから、 これはやっぱり運命だと思う。 笑ってもいいよ。 矢沢あい原作で、現在連載中(コミックは、ただ今13巻まで発売中)の超人気漫画「NANA」の映画化。 小松奈々
『NANA』 (Rabiovsky計画)
映画版『NANA』公式サイト 監督:大谷健太郎 原作:矢沢あい 出演:中島美嘉 、宮崎あおい 、成宮寛貴    松山ケンイチ 、平岡祐太 2005年/日本/114分 『NANA』をなぜ見たかと言うとちょうど見る映画がなかったから なんですが流行っているし.
NANAのドラマ化 (子供と英会話)
矢沢あい原作の人気コミック『 NANA 』が 宮崎あおい、中嶋美嘉主演で映画化。 ますます話題を呼んでいます。 “ NANA占い ”やってみました。 生年月日と血液型で『 NANA 』に出てくる どのキャラか占えます。 私の結果は……。 朱猫さんは タクミ
NANA☆独り言 (黒猫のうたた寝)
漫画原作かぁ~^^;;;矢沢あい 知らなかったです(笑) 最近少女マンガとか読んでないしなぁ~ 東宝が結構力入れてるらしい『NANA』観てきました たまたま同じ名前・・・そして一緒に暮らし始める奈々とナナ とっても・・・ラブリィで、まさに女の子で、...
「 NANA 」 (MoonDreamWorks)
監督 : 大谷健太郎  原作 : 矢沢あい主演 : 中島美嘉 / 宮崎あおい / 松田龍平 /      / 成宮寛貴 / 玉山哲二 /公式HP:http://www.nana-movie.com/ NANA 累計2700万部を突破し3週連続でコミックスランキング1位を記録した全13巻の矢...
NANA (In my opinion・・・)
近頃多い、コミックから映画化というパターン。この作品もコミックの大ヒットから映画化すればヒット間違いなし!と関係者は思ったのでしょうね。そして、その関係者にまんまと乗せられ観てしまった「NANA」です。 原作未見で観た訳ですが、いやいや、良くできたストーリー.
NANA-ナナ- (欧風)
9月3日、世の中の人が誰も知らない中ひっそりとT-JOY大泉で行われてた、勝手に「INDYデー」(映画3作品6時間耐久鑑賞レース)、1作品目「サマータイムマシンブルース」、2作品目「奥さまは魔女」と、面白かったんで途中寝ることもなく順調にこなしたINDYですが、
NANA(映画館)   (ひるめし。)
夢を歌う。夢に恋する。そして、二人は夢を奏でていく。 CAST:中島美嘉/宮崎あおい/松田龍平/成宮寛貴/玉山鉄二/松山ケンイチ/平岡祐太 他 最初に言っときます。私は原作を読んでます。てゆーか持ってます。毎回読むたんびに感動させられてます。感動けどそんな熱狂
大崎ナナの魅力に参った◆『NANA』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月8日(木)TOHOシネマズ木曽川にて 大人気のコミックの映画化ということは知っていたが、私は原作を読んでいない。だから、原作と比べてキャラがどうのとか、ストーリーがどうのとかいうことは一切書けないし、素直にこの作品を「1本の映画作品」として感想を述べてみよ
NANA (おいらブログ)
 誰が検索したかは知らないけれど、表示されると確かに見たい。瞬!ワード ウォッチ
「NANA」がもたらすシドの影響を憂う・・・ (闘え!ナチュラルキラー(モリゾー☆NOW))
「NANA」を読んでませんから分かりませんが、 「シド&ナンシー」の結末になったら、これは大変です! きっと「シド&ナンシー」をご存知でない方の方が多いと 思うので、ここで紹介します! アラン・パーカー シド・ヴィシャスの全て VICIOUS―TOO FAST TO LIV
そして私は大人になっていく《NANA》 (アロハ坊主の日がな一日)
『交渉人 真下正義』『容疑者 室井慎次』に続いて、東 宝が仕掛ける今年の目玉作品が「NANA」。『踊るシリー ズ』はご存知フジテレビで、この『NANA』はTBS。マス メディアをちゃんと押さえている。押さえているという かテレビ局からすると、TVだけでは収入が稼げない
映画「NANA」を観てきました。 (私でもいいですか?)
「NANA」を観てきました。サービスディを利用して。 原作、読んでないんですよね。流行に疎いなぁ・・・・(笑 子供がもし読んでれば、読んでいたかもしれないけど。
中島美嘉、黒柳を「徹子!」と呼び捨て (陽光燦爛的日子~a diary of Worldwalker)
「映画「NANA」が絶好調の中島美嘉が黒柳を「徹子!」って呼び捨てしたらしいな(笑)」 「上の画像を見ても明らかに言ってます「徹子!」って(笑)」 「白黒時代のテレビの黎明期から活躍してる大先輩に向かって呼び捨てかよ、中島美嘉、大物だな(笑)」 「まあ悪気が
映画のご紹介(39) NANA (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(39) NANA やっと『NANA』を観ましたよ、とうとう。 いやあ、感動でした。 ファンタスティック・フォーを午後9時に見終わって、それから、11時までレイトショーで観
日本はNANA一色!! (人間とは考える葦である)
NANA続編製作決定ですって! ってか今やってるNANAも今月19日までの公開17日間で興収23億円、動員176万人を突破らしいですよ! いやいや別にいいですけどね。 昔からコミックス読んでる人はどう思ってるんでしょう? 少なくとも僕は映画は嫌だな。 いや、アニメならいいんで
NANA (aRt de ECO [アール・デ・エコ])
ナナって子と、「NANA」って映画を観た。 奈々って同じ名前の二人が、上京する話。 前みても、ナナ。横見ても、ナナ。 ナナめを観たら、間違いなくナナな訳で。 ナナ×3人で21になるわけで・・・(意味不明) さて。この映画の原作は「ご近所物語」で有名な? 矢
NANA (すりむいた傷は、いつか治る。)
考えてみたら、今週末から上映されるものもいくつかあって、んで、レディースデーは、3度目の正直でもある某ジョニーデップセンセのを観たいと思ってたりもしてて。 そすっとなーーに、みよっかなぁ・・・と思ったときに思いついたのは メゾン・ド・ヒミコか、これ
NANA -ナナ- (Akira\'s VOICE)
人間はいつだって一人じゃないよとするメッセージが嬉しい!
「NANA」 (月影の舞)
映画「NANA」を観る。 けっこう大のオトナの男も観て来て「よかった」と 言うし、小学生女児までもが「エッチだけどよかった」 というので、ちょっと観にいかねばと観てみる。 原作漫画を読んでいないので、キャラへの思い入れや 思い込みがなく素直に見られた。
NANA [NANAを観ていた私の2時間の戦いの記録] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
スマヌ。 この映画全然ダメ。受け付けない。 映画鑑賞中、何とかして楽しんで鑑賞しようと、心のモードを次々と切り替えまくる格闘を続けていた。 この文章はその記録である。 火曜日。仕事を早めに切り上げ、映画館に向かう。公開中の映画で見てないもの、かつ仕事が終わっ
「NANA」バデイ・ムービーの面白さ! (新作映画ピンポイント情報)
 「NANA-ナナ-」(東宝)は、早くも続編製作が決定した、夢を追い続けるふたりの女性を描いた物語! 中島美嘉が演じるキ
映画『NANA -ナナ-』 (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
NANA http://www.nana-movie.com/ ★★★☆☆ 映画 少女漫画 バンド 恋愛 中島美嘉、宮崎あおい主演。マゼンタをテーマ色に蓮や鎖などのモチーフをアクセントに。 ...
日替ランチ124 (★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog)
国分直行です。 NANA~ナナ~の映画見てからハマまくりです。 日替ランチ114で書いた通り一人で見に行ったのですが・・・。 NANA オリジナル・サウンドトラックの完全生産限定盤もGETしたくらい。 映画を観た翌日は、カラオケにて『GLAMOROUS SKY』を一人でみっちり練
NANA―ナナ―  (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
原作、矢沢あい。 メガヒット大人気少女マンガの映画化。 実は私、矢沢あい先生のマンガは 1~4巻くらいまでしか見てなく このマンガに対してはっきりいってしまうと 思入れも何もないし、特にファンというわけでもありません(ぇ でもやっぱり、あの素敵な服や小...
NANA -ナナ- (Matsuno-FC Blog)
7日に『NANA -ナナ-』を観に行った。(ダジャレじゃないよ!)自分は原作の漫画を読んだことがなかったので、物語の内容や登場人物のキャラクターに対する先入観が全くないことが逆に良かったのかもすんなりと映画に入り込めました。『タッチ』がさわやか度100%.
NANA (いつか深夜特急に乗って)
「NANA」★★★★(中劇2) 2005年日本 監督:大谷健
NANA (toe@cinematiclife)
この映画ね、見ないつもりでいたんだけど、大谷監督が監督していると最近知りまして。 大谷監督の作品は、劇場デビューの『アベック モン マリ』も、『とらばいゆ』も見ていたし、実は、遠い知り合いの知り合いぐらいの位置にいる方で、『アベモン』のときはシネアミューズ
映画「NANA」見ました! (どうせ誰も見てませんからっ☆★)
本日いろんな映画最終日。見残した映画はいくつもありますが「NANA」を選びました。わたしはこの映画については、原作も情報誌も一切読んだことがありません。したがって、単なる一本の映画として見たわけですが・・・予想以上に気に入った!という評価です。東京にいる彼氏
「オンナの友情、パンより薄い」っていうフレーズが気になってしょうがない今日この頃。(NANA) (音・楽・喫・茶[muse-cafe])
こんにちは() 本日は、最近社会現象を巻き起こしていると評判のこちらの映画から、 「オンナの友情」(でで~んっ☆) について、思うことをつらつらとしゃべっていきたいと思います。最後までお付き合いのほどをm(_ _)m        ↓ NANA 最近わたく
映画「NANA」原作ファンは見るべし!! (ブログで音楽を。)
集英社「クッキー」誌上で、現在も好評連載中の矢沢あい原作の超人気少女マンガ 『NANA』の映画版、 今更ながら観ました。ヾ(´囗`)ノ ネタバレになるとアレなので細かくは書きませんが、 原作を読んでる人は、間違いなく
NANA-映画を見たで(今年155本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:大谷健太郎 出演:中島美嘉、宮崎あおい、松田龍平、成宮寛貴、玉山鉄二、松山ケンイチ、平岡祐太 評価:80点(100点満点) 公式サイト 40歳目前のオヤジが見る映画ではないのかもしれない。 それでもやっぱり、青春映画ってええもんじゃ
【日本映画】NANA(ナナ) 中島美嘉 矢沢あい 大谷健太郎 主演 (あるある人気アイテム紹介隊)
コミックのNANAより、内容は、どうしても薄くなりますが、映画としては、なかなか
『NANA』 (ストーリーの潤い(うるおい))
私、ロックをはじめ、音楽にはそれほど興味ありません。 ただ、ロックミュージシャンを目指す若者を描いた日本の映画、大好きです! それほど数は観てませんが、『アイデン&ティティ』という映画に、心の奥がしびれる感覚を。 『アイデン&ティティ』、何がいいって、家.
NANA・・・・・・・・・・ (サクっと)
NANA -ナナ- スペシャル・エディション 劇場公開時、観にいこういこうと思っていていけなかった (とゆーか行かなかった?) 「NANA」 もぅレンタルされているんですねぇ ってことで早速借りてきちゃいました
JCBカードNANAversion http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10004141273「NANA」がクレジットカードに (クレジットカード比較ニュース  - 無料クレジットカード紹介、比較、業界ニュースやお得情報など -)
NANAがクレジットカードになった!! 映画NANAがクレジットカードになりまし...
NANA (Extremelife)
累計発行部数2300万部を超える矢沢あいの同名人気コミックを、人気歌手・中島美嘉と「EUREKA」などで注目の若手女優・宮崎あおいの共演で映画化した青春ストーリー。偶然同じ電車で上京してきた対照的な性格の20歳の女の子“ナナ”と“奈々”の恋と友情を瑞々しく描く。監...
おはようございます。 (ここだけの秘密・・・・)
矢沢 あい, Cookie, 明星編集部 movie『NANA』 photo making book     ちょっとおそいですが、ナナを観ました。ずいぶん前   から話題になっていた映画(~o~)    なんでも人気コミックの映画化とのこと。       だけど男なので少女コミック
映画 『NANA』 (ものづくる)
『NANA』 監督・脚本: 大谷健太郎 原作: 矢沢あい 出演: 中島美嘉/宮?あおい/成宮寛貴/平岡祐太/丸山智己/松山ケンイチ/玉山鉄二/松田龍平 映画公式サイト:NANA 原作公式サイト:NANA online 東京に住む彼氏の元へと向かう"小松奈々"。 夢の為に東京へと
NANA -ナナ- 06年46本目 (猫姫じゃ)
NANA -ナナ- 中島美嘉 大好き!あたしがもっとお子ちゃまなら、彼女に傾倒しているでしょうね。今ちょっと、関西方面に潜伏ちうなんだケド、クルマの運転中は、常に中島美嘉ガンガンです!本日のカラオケ、中島美嘉 特集でした!! もちろん原作、全く知りません。原作フ
NANA (minaの官能世界)
 原作は読んだことがない。 DVDが初見だ。 劇場公開になった時、観に行こうと思いながらも、一緒に行ってくれる適当な人がいなくて、とうとう行かずじまいになった。 考えてみると、わたしにはこういう映画を一緒に観に行ってくれるような同性の友人がほとんどいない
NANA -ナナ- (色即是空日記+α)
原作は全く知らないけれど良かった!! これは 社会現象を起こした というのもわかるよ。 私がもっと若かったらかなりはまっちゃってたよw   しかしナナはよしとして、ハチ!!!! あんな女が彼女だったら逃げたくなるのもわかる・・・(;´Д`) 天真爛.
NANA (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2005/09/03監督:大谷健太郎原作:矢沢あい    『NANA』(Cookie/集英社刊)出演:中島美嘉    宮崎あおい    成宮寛貴    松山ケンイチ     平岡祐太 他 東京に向かう新幹線の中で偶然出会った小松奈々と大崎ナナ。何よりも恋を優先.
映画『NANA』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
矢沢あいのコミック「NANA」の映画化ということで大変に話題になったこの映画、公開時に見逃したので待ってましたよ、ナナとハチの恋と友情の物語 ナナ(中島美嘉)と奈々(宮崎あおい)、上京の途中で偶然出会った二人は部屋探しでまたも偶然鉢合わせする。 ...
映画vol.77☆『NANA』※TV (Cold in Summer)
 『NANA』  監督: 出演: 紹介HP 本当に偶然なんですが、77本目の映画は『NANA』! ◇ストーリー 東京に向かう列車内で同じ歳・名前の「ナナ」が出会う。 一人は地元では有名なバンドのボーカル、もう ...
「NANA」2005年映画版 (雑板屋)
矢沢あいセンセの原作も大好き、現在放映中のテレビアニメ版も毎夜リアルタイムで観賞・・・そんな自分は「NANA」が結構好きだと公言していても、あまり周囲が相手にしてくれない。 映画版を観るのに、長く時間がかかった気がする。 多少なりとも勇気が必要だ ...
NANA-ナナ ~ 正反対なのに似ている2人の信頼関係 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 正反対なのに似ている2人の信頼関係 ~ 矢沢あいの超人気漫画を実写化したこの作品。主演は2006年10月公開予定の映画「ただ、君を愛してる」、そして、2008年NHK大河ドラマ「篤姫」にも主演が決定している宮崎あおい、そして歌える女優・中島美嘉の2人で、 ...
NANA (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  原作のマンガは全く読んでいないので、マンガとの比較は出来ないが、映画の中に少女マンガチックなムードは十分感じたな。 NANA -ナナ- スタンダード・エディション 販売元:東宝発売日:2006/03/03Amazon.co.jpで詳細を確認する
映画「NANA」(★★★☆☆) (新・ぴゅあの部屋)
2005年 大谷健太郎監督 「NANA」(★★★☆☆) 「てめーの男だろ! てめーで取り返せ!」 彼氏を追って、上京する女の子。 そこで同席した2人のナナは、 相部屋で同居することになる。 明るくお喋りで、天真爛漫なナナと、 クールでニ ...
NANA (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『同い年の 同じ名前の女の子 あたしは運命とか かなり信じちゃうタチだから、 あたしたちの出会いは 運命だと思うんだ。 笑ってもいいよ ナナ――』  コチラの「NANA」は、矢沢あいの大ヒット同名コミックを実写映画化したシリーズの第1弾で、若い世代を中...