ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『理想の恋人.com』

2005-08-27 00:18:37 | 新作映画
----これまたヘンなタイトルだニャ…。
「うん。でも内容は、まったくこのタイトルそのまま」
----ということは恋人とネットで知り合うわけか。
それって『ユー・ガット・メイル』ですでにやってるのでは?
「ところが、この映画で主人公たちが出会うのは、なんと出会い系サイト」
----うわあ、時代は変わったね。でもあれってヤバいんでは?
「そういうイメージあるよね。
でも海の向こうアメリカではそうでもないらしい。
主人公は8ヶ月前に離婚したサラ(ダイアン・レイン)。
そんな彼女のため、家族は次々と新しいパートナーを紹介。
なかでも、やもめの父ビル(クリストファー・プラマー)は、
自分がハマっている出会い系サイトの活用を強く求める。
しかもサラの姉は勝手に彼女の名前で登録。
『グラマー、色っぽくてユーモア抜群、愛犬家に限るetc...』。
まもなく彼女は殺到する候補者とのデートに大忙し。
ミスマッチな相手が続く中、ついに出会ったのが
女性との別れで傷ついているジェイク(ジョン・キューザック)。
ところが一方で、ダンディな魅力を持つ
ボブ(ダーモット・マルロニー)がサラの前に現れる…」

----ニャるほど、『ユー・ガット・メイル』とは少し違うけど、
「ボーイ・ミーツ・ガール」ものだ。見どころはどこニャの?
「基本をラブコメに置いているところかな。
全編、洒落た言葉がぽんぽん出てくる。
あと、ジェイクがロマンスに対して『ドクトル・ジバゴ』的基準を持ち、
同じビデオを繰り返し観ているというのも、映画ファンにはたまらない。
ララのテーマが流れるだけでにんまり」

----映画の引用があると、えいはそれだけで甘くなるね。
「それはそうだ(笑)。
でもそういう意味じゃ、少し字幕に対して不満が...。
パートリッジ・ファミリーのヒット曲を家族で歌うシーンがあるんだけど、
『パートリッジ・ファミリー』と明らかに喋っているのに、字幕化されていない。
また、ビルのデート相手の一人ドーリーが自己紹介で
『ハロー・ドーリー!』と、バーブラ・ストライサンドのマネをした時も、
映画のタイトルが字幕に表されず、
彼女が一人でふざけているようにしか見えなかった。
こういう<引用>部分は、文字数の制限はあるにしても、
ちゃんと紹介してほしかったな」

-----でも、そういう細かい注文をするのは、
けっこうこの作品を、気に入ってるからでしょ?
「鋭いね。これはだれもが楽しめるハリウッドならではの
ラブ・アフェア・ムービー。
たとえばスーパーの肉売り場でのキス・シーン。
主人公ふたりの感情の流れからすれば、
ここでのキスなんて実際にはありえない。
でも観ている方は<映画>として納得してしまう」

-----なに言ってるのか、まったく分からないよ。
「(笑)まあ、観てみてよ。成熟したダイアン・レインもなかなかいいよ」
(byえいwithフォーン)

※すごいタイトルだけ度人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ヴェニスの商人』 | トップ | 『蝋人形の館』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (稲葉)
2006-01-16 23:48:15
TBとコメントありがとうございました♪

このサイト様にはいつもお世話になっております。



日本の出逢い系ってかなりヤバそうですけど…やはり何でもオープンのアメリカンはそんな事はないみたいですね。

『ユー・ガット・メール』もかなり好きな作品ですが、この映画も違う面白味があって楽しませて貰えました(^^)



ダイアンは最近益々綺麗になりましたね~。

運命の女の不倫に落ちる女役も良かったです。
■稲葉さん (えい)
2006-01-17 00:42:37
こんばんは。



こちらこそお礼を言わなくては…。

TBをいただくまで『運命の恋人.com』になっていました。

いやあ、お恥ずかしいです。



ぼくもダイアン・レインの『運命の女』には

かなりグッときました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「理想の恋人.com」やっぱり気になるダイアン・レイン! (新作映画ピンポイント情報)
 「理想の恋人.com」(ワーナー)は、出会い系サイトを通じて始まる、30代バツイチ女性の恋を描いた作品。 ダイアン・レ
理想の恋人.com (WILD ROAD)
『理想の恋人.com』 2005年アメリカ(98分) 監督:ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ 出演:ダイアン・レイン    ジョン・キューザック    エリザベス・パーキンス    クリストファー・プラマー    ダーモット・マローニー ★ス.
理想の恋人.com (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 全体的に地味(配給会社の扱いも・・・)ながらも、主役の二人の頑張りと 丁寧な人物描写のお陰でそれなりには楽しめました。 簡単に言ってしまえば『ブリジット・ジョーンズの日記』をアク抜きして もう少し落ち着
理想の恋人.com (cinema note+)
Must Love Dogs 2005年 アメリカ ダイアン・レインってなんでこんなに感じいいんだろ? 私の中でかなり好感度高いので、彼女が出てるだけで映画がすごく良く思えてしまう。 そんな
理想の恋人.com (色即是空日記+α)
女の賞味期限は短いのだ!!(爆 離婚したばかりで傷心のサラのために、家族は恋人探しに余念がない。そんな中、父親の提案で姉と妹がサラになりすまし出会い系サイトで恋人を募集する。まったりとしたラブコメ。  大笑いできるかと思ったら それほどではなかったけど、.
「理想の恋人.com」 (てんびんthe LIFE)
「理想の恋人.com」 東劇で鑑賞 本日2本目。「チャーリー~」はともかくとして、ずっとストーリーを考えながら見る作品が続いていたのであっさりと、それでいてちょっとオシャレな作品と思ってこの作品を選びました。ダイアン・レインはバツイチの役だけど魅力的ですね。
映画『理想の恋人.com』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Must Love Dogs お互いに、いい歳の男女がコンドームを求めて、閉店間際の夜の街を彷徨うなんて、方法はいくらでもあるだろうに・・サランラップというのには驚かされたが・・ 30代バツイチ子なしの幼稚園の先生サラ(ダイアン・レイン)、姉キャ ...
理想の恋人.com (Blossom Blog)
理想の恋人.com MUST LOVE DOGS 監督 ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ 出演 ダイアン・レイン ジョン・キューザック     エリザ...
「ONCEダブリンの街角で」(2007年、アイルラ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「理想の恋人.com」(原題:MustLoveDogs)は、2005年公開のアメリカのロマンティック・コメディ映画です。監督・脚本はゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ、出演はダイアン・レイン...