ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『NOEL(ノエル)』

2005-10-31 23:22:59 | 新作映画
----この映画、タイトルから女性映画ってイメージがあるけど…。
「女性映画って言葉もどうかとは思うけど、
まあアクションやSF、ホラーじゃないことは明らかだ(笑)。
ただ、甘い恋愛映画かと言うとそうでもないし、
だからってファミリー・ムービーってわけでもない。
一言では説明しにくいタイプの映画だね」

----スーザン・サランドンが主人公ということから見ても、
青春映画の路線もありえないしね(笑)。
「そうだね。いわゆるクリスマスのイヴからクリスマスにかけて起こった
いくつかのドラマを一つに紡いだ一種の群像ドラマ。
一人ひとりの人生が他の人の人生と微妙に関わり合ってくる」

----わかった。『ラブ・アクチュアリー』みたいな感じなんでしょ。
「あそこまで登場人物が多くはないけどね。
重病の母親の看病に明け暮れるバツイチ女性ローズ(スーザン・サランドン)、
誰もが見ほれる美しいニーナ(ペネロペ・クルス)と
彼女に常識を超えた嫉妬心を抱いてしまう婚約者マイク(ポール・ウォーカー)、
そのマイクに「君は妻の生れ変りだ」と言って近づくアーティ(アラン・アーキン)、
子供の頃に病院で体験したクリスマス・パーティが忘れられず
自傷によって入院しようとするジュールズ(マーカス・トーマス)。
この4つのエピソードが中心だね」

----あれっ、ホラーじゃないと言ったけど、
リーインカーネーションのエピソードがあるじゃニャい。
「さあ、これはどうかな。
この映画のオモシロいところは、
現実の向こうに
クリスマスならではの<奇跡>をかいま見せながら映画が進んでゆくところ。
実はある大物スターがカメオ出演しているんだけど、
このエピソードもやはり<奇跡>がらみだしね」

----だれよだれよ?そのカメオって?
「うん。プレスにも書かれていないばかりか、
エンド・クレジットにも出てこないから、
これは伏せておいた方がいいんだろうね。
カメオってもともとは
「クレジットされた俳優には最低補償額を支払わなければいけない」と言う
ユニオンの規定を逃れるために始まったようなものだけど、
いまでは<サプライズ>による話題作りの意味合いも多いからね。
ま、ヒントとしてはよくカメオ出演するスターと言うことで…」

----う~ん。だれか分かったような気もするニャ。
でも、カメオ出演するからには監督の方も気になる。
なんか理由がありそうなんだもの。
「いいところ突いているね。
俳優のチャズ・パルミンテリの第一回監督作品。
最近、あんまりスクリーンでは見なかったけど、
ここでは出演者としてもチラリその姿を覗かせている」

----チャズ…あ~、あのデ・ニーロの監督作品
『ブロンクス物語/愛につつまれて』で主役を務めた人だ。
「うん。あの作品でも実は脚色を担当していた。
ここではそれぞれのキャラクターを脇に至るまで丁寧に描き込んでいる。
たとえばローズにアプローチする男。
その口説き文句とムード作りなんてお手本にしたいくらい(笑)。
でもそれに『ごめんなさい』のローズ…。
いやあ、しみじみうまいなあと思ったね」

----出演者で印象に残ったのは?
「やはり出てきたなのポール・ウォーカー。
『イントゥ・ザ・ブルー』の灼熱のバハマから雪のニューヨークへ。
ああいう男はどこにいても絵になるね」

----ひがまない、ひがまない。
あっ、それ以前の問題か。
「mmmm………」
              (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「今年のクリスマス・プレゼントは何かニャ」バレました?

※心温かくなる度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はイギリスのオフィシャル・サイトのwallpaperです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ハリー・ポッターと炎のゴ... | トップ | 『同じ月を見ている』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2005-11-01 01:08:15
これワタシ、早く観たい映画リストに入ってマス

えいさんのレビューは、さらっとだけ読んで

12月公開を待ちます~
■migさん (えい)
2005-11-01 11:03:38
こんにちは。



観るまで<奇跡>ってなんだろうと思っていたのですが…。

タイトルを安易に

「クリスマスの奇跡」とかしなかったところがいいですね。

ご覧になったら、またお越しください。

楽しみに待っています。

スーザン・サランドン (ななな)
2005-12-07 13:48:18
今まで彼女を意識して見たことなかったのですが彼女が出ているのは今年3本目でどの役柄も違っててどれを見ても素敵だなぁと思ってしまいます。

クリスマスならこういう奇跡が起きてもおかしくないなと思えるところは良かったです。

■なななさん (えい)
2005-12-08 00:35:36
こんばんは。



スーザン・サランドンはよかったですね。

今年は『Shall We ~』もありました。

あっ『アルフィー』もか。

個人的には『テルマ&ルイーズ』がおススメです。

クリスマスは奇跡が起こってほしい。

そんな願いを叶えてくれる映画でした。
今日観て来ました! (Puff)
2005-12-16 19:20:39
こんにちは♪



ストレートな「奇蹟」映画かと思いきや

単純なだけで無く、捻りが効いていましたね。

まさにクリスマスに観るべき心温まる映画でした~♪

スーザン・サランドンは凄く良かった!

あの中で一番心情がよく伝わって来ましたです。

ペネロペ・クルスも相変わらずキュートでカッコイイですね。

あれでは男が心配するのもよーく分かります
■Puffさん (えい)
2005-12-17 00:09:46
こんばんは。



スーザン・サランドンは今年、ノリにノッてましたね。

そう言えば『テルマ&ルイーズ』のテルマ、

ジーナ・デイヴィスは

どこへ行ってしまったんでしょう?



ペネロペは、もう存在そのものが罪ですね(笑)。
こんばんは (chatelaine)
2005-12-19 21:47:12
「彼」は、カメオ出演だったのですね。クレジットで見逃したのかと思っていました。

あの泣き出しそうな表情に、今回もやられました。本当に心あたたまる映画でしたねぇ。

■chatelaineさん (えい)
2005-12-20 23:27:26
こんにちは。



「彼」はほんとうに『病院」や『学校』が似合います。

『レナードの朝』『パッチ・アダムス』・・・・・・

こう核とバレてしまいますね。(笑)
観ました★ (mig)
2005-12-22 02:59:56
こんばんは★

やっと観てきましたー。

サランドンやっぱりよかったです。

クリスマスならではの

奇跡の、あったかい映画でした。
■migさん (えい)
2005-12-22 10:47:52
こんにちは。



この手の映画、おそらく20年ほど前だったら、

冬休み興行の一翼を担ったものと思われます。

でもいまはイベントムービーが多すぎて、

どうしても埋もれてしまいますね。



もったいない気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

36 トラックバック

FUN×2 1/2 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
「Welcome Winter Day だそうです…ブルブル」
NOEL-ノエル- (キャバ嬢このはの気まぐれ日記)
今日試写会行ってきました。                                                          NOEL-ノエル- って映画です ????????? ? 内容は クリスマス・イヴのニュ‐ヨ‐クで起きた、    
『NOEL ノエル』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『NOEL ノエル』公式サイト:http://c.gyao.jp/movie/noel/原題:NOEL製作:2004年米監督:チャズ・パルミンテリ出演:ペネロペ・クルス/スーザン・サランドン/ポール・ウォーカー/アラン・アーキン 《公開時コピー》 すべての人に幸せが降る夜がある。 クリスマス
「NOEL/ノエル」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は会社をお休みしました。このお昼の試写会をこまったちゃんに譲っていただいたので、Mさんと一緒に見てきました!GAGAの株主総会の後の試写会だったので、いつもとはちょっと雰囲気の違う試写会でした。ちなみにあーちゃんも秀君におねだりして、GAGAの株を購
「 NOEL 」 (MoonDreamWorks)
監督 : チャズ・パルミンテリ 脚本 : デヴィッド・ハバード 主演 : スーザン・サランドン / ペネロペ・クルス / ポール・ウォーカー   公式HP:http://c.gyao.jp/movie/noel/index.html* すべての人に幸せが降る夜がある ☆ あなたはささやかな奇跡を...
NOEL (毎週水曜日にMOVIE!)
かれこれ1ヶ月前の東京国際映画祭で見てきた作品。そのあとジャパン・プレミア続きで非常におそいレビューになりました。 東京国際映画祭なんだから、舞台挨拶にひとりぐらい来ても・・と思いましたが、監督のチャズ・パルミンテリが来るはずなのに来られなくて、ビデ
NOEL ノエル (映画を観たよ)
もうすぐクリスマス。 でも寂しいこと言ってる人へ。 多分そんな人への映画かな。 イマイチでした。 上手く言えないけど感情が見えにくかったです。 クリスマスイヴの中で少しだけ寂しくなっちゃった人たちが奇跡に出会うんだけど、どうもその奇跡の内容がイマイチ伝わって
NOEL (ハイジのシネマパラダイス)
NOEL 監督:チャズ・パルミンテリ 出演:スーザン・サランドン ペネロペ・クルス ポール・ウォーカー アラン・アーキン マーカス・トーマス  配給:ギャガユーセン ペネロペがキライではなくなる度 80点    スーザンバンザイ度 100点 ★★★★★★
映画: NOEL ノエル (Pocket Warmer)
邦題:ノエル 原題:NOEL 監督:チャズ・パルミンテリ 出演:スーザン・サラン
「NOEL ノエル」 (Puff\'s Cinema Cafe Diary)
公式サイト AMC、公開7日目金曜ファーストショーです。 うぬ、見事に女性ばかり、男性はカップル以外はあまり観ないかもね。 今年もやって来る、人恋しい季節。 クリスマス、ニューイヤー、バレンタイン… 恋人の優しい瞳や、家族の温かい微笑みがなけれ
「NOEL」観賞 (Cafeアリス)
アンアンのMoviesで、稲垣吾郎氏お奨めの映画 NOEL観賞してきました。 やはり、今の時期にぴったりな映画ですね。 クリスマスイヴと、クリスマスの2日間が、舞台なんですが、 94分という長さで、ちょうどいい感じの作品。 いくつもの、物語が交差しながら、...
『NOEL』レビュー/天使ふたたび (西欧かぶれのエンタメ日記)
クリスマスのイルミネーションで輝いている銀座の大通りを歩いて、東銀座の劇場まで、『NOEL』を観にいった。 まったくタイムリーな公開日設定!さらに、観終えてから、なにかクリスマスのオーナメントを買いたくなること必至なので、それには銀座という場所は最適。(お財
「ノエル」孤独の心に奇跡が起こる (soramove)
「ノエル・NOEL」★★★ スーザン・サランドン、ペネロペ・クルス、ポール・ウォーカー主演 チャズ・パルミンテリ監督、2004年アメリカ クリスマスの魔法といっても スーザン・サランドン主演なので かなり辛口。 大人の魔法は 甘口では信じられないからね。 ...
NOEL (ヨーロッパ映画を観よう!)
「NOEL」2004 USA 舞台はニューヨーク、クリスマス・イヴ、素敵な人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。主演ローズはオスカー女優(デッドマン・ウオーキング/1995)のスーザン・サランドン。偶然に彼女と知り合うニーナにペネロペ・クルス(赤いアモーレ/2004)。ニ
クリスマスは奇跡が起こる日?◆『NOEL(ノエル)』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
12月19日(月)ゴールド劇場にて クリスマス・イヴのニューヨーク。40代の独身女性ローズ(スーザン・サランドン)は、病院で認知症の母親の看病に明け暮れていた。年下の同僚にデートに誘われても、あまり乗り気にはなれない。彼女には、忘れることが出来ないクリスマス.
NOEL ノエル (spoon::blog)
クリスマスのイルミネーションが美しく飾りつけられたニューヨークに、それぞれに悩み...
映画:「NOEL(ノエル)」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。クリスマスイヴのニュー・ヨーク。街中にはツリーが飾られ、聖歌隊
ノエル / NOEL (我想一個人映画美的女人blog)
NYは今最高の季節(それはクリスマスの時期だから★) 去年のクリスマス映画は「ポーラーエクスプレス」 今年は、コレだ!と楽しみにしていた作品。 東京国際映画祭招待作品だったけど、やっぱりクリスマスに観なくちゃ♪ NYのクリスマス、スーザンサランドン、ペネロペクル
観るなら今だけど・・・ 「NOEL」 (平気の平左)
評価:60点 NOEL 凡作でした。 ストーリーは、アルツハイマーの母の世話に追われ、自分の幸せを考えられないローズ(スーザン・サランドン)と、婚約者マイク(ポール・ウォーカー)の嫉妬深さに辟易するニーナ(ペネロペ・クルス)たちに起きるクリスマスの奇跡と
NOEL(ノエル) (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
クリスマス・イブのニューヨーク。一人で過ごすには寂しい夜に、ふとしたことから幸せから弾き飛ばされ、孤独を抱えた人たち。母の介護に疲れたバツイチ、独身、40代のローズ、嫉妬深い婚約者を愛しながらもその嫉妬深さに耐え切れずケンカしたニーナとその婚約者のマイク。
[  NOEL(ノエル) ]神様からのメッセージ (アロハ坊主の日がな一日)
[  NOEL(ノエル) ]@東劇で鑑賞。 もうこれだけ映画を観ていると、泣くなんてこともないだ ろうと思いきやラスト大泣きしてしまった。 年老いたウェイターに若い警官が「許す」と言ったシーン と何も反応しなかったアルツハイマーの母が娘の手をぎゅ っと握ったシーン
NOEL ノエル (toe@cinematiclife)
クリスマスは終わってしまったのに、NOEL(ノエル)(フランス語でクリスマスを意味する)。 なぜならば~、スーザン・サランドン、ペネロペ・クルス、ポール・ウォーカーというキャスティングが気になったっから。 監督が俳優のチャズ・パルミンテリだと知ったのは、観る直
ノエル (Alice in Wonderland)
絶対に見たいなって思ってたこの映画ですが、なんと関西では梅田ブルグでしか上映してなくて諦めていたのですが、梅田に行くついでに見ることが出来ました。もう少しクリスマス近くに見たかったなぁ。 イヴという特別な日に、それぞれの事情で孤独を抱えた人々にささや...
ノエル (八ちゃんの日常空間)
よくある、クリスマスの奇蹟を描く出会いと感動もの。それだけだった。スーザンの演技に魅入られるだけで、ちょっと何か足りない。期待はずれなのは、クリスマス前に観なかったから?やっぱりカップルが幸せなひと時を味わう映画なのだろう。
【劇場映画】 NOEL(ノエル) (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ クリスマス・イヴに一段と華やぐNY。しかしそんな日に、幸せからはじき飛ばされてしまった人々がいた。認知症の母の看病に明け暮れる、バツイチの独身女性ローズ。婚約者の異常な嫉妬深さに悩む、美しいニーナ。彼女を愛するがゆえ、つい嫉妬深くなってしま
NOEL ノエル (ネタバレ映画館)
 クリスマス映画は時期をはずすと面白さが半減するものですが、この映画はクリスマスを一人で過ごすことが多い人ならばいつ観ても感動できる作品・・・
ノエル (いつか深夜特急に乗って)
「NOEL ノエル」★★★★ (盛岡フォーラム3)2004年
ノエル (cinema note+)
ノエルNOEL 2004年 アメリカ  期待せずに観たら、結構良かったです。 クリスマスに起こる一風変わった出来事で、登場人物が幸せになるために背中をちょっと押してもらうようなストーリーです。 私の場合、最
NOEL-ノエル- (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 何とな~く、地味で盛り上がりに欠ける映画なのかなぁ~なんて勝手に思い込ん でいたので、ず~~っと観るのを躊躇してました。 が、ワタクシのお世話になっているいくつかのブログ様で「良かった ...
NOEL-ノエル 星降る夜の奇跡 (琴線~心のメロディ)
【2005年12月10日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★ 癒し系? う~ん、ぶっちゃけ何も印象に残らなかったです。( ̄ロ ̄;)ガーン 観てから数日が経ってしまっ ...
「NOEL ノエル」 (ひらりん的映画ブログ)
まだまだ続きました・・ペネロペ特集第四弾。 主演は、スーザン・サランドンおばさん・・っぽいけど、 メインキャストで頑張ってます。 DVDにはサブタイトルがついていて、 「NOEL ノエル -星降る夜の奇跡-」というタイトル。
NOEL ノエル 星降る夜の奇跡(DVD) (ひるめし。)
すべての人に幸せが降る夜がある。
Noel (Color My World)
Noel スーザン・サランドン,ペネロペ・クルス,ポール・ウォーカー,ロビン・ウィリアムズ ストーリー クリスマスイヴのN.Y. 予定もないバツイチのRose(スーザン)。 友人のホームパーティに行って惨めになるよりはと、アルツハイマーの母のいる病院へ行く。 ...
NOEL ノエル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すべての人に幸せが降る夜がある。』  明日はクリスマス・イヴですねっ♪  というワケでこちらの映画を以前からあちこちで予告してました通り、観て来ましたぁヽ(´ー`)ノ  こっちゃんの感想で、「大停電の夜に」を引き合いに触れていたので、あたしもちょっ...
映画評「NOEL ノエル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2004年アメリカ映画 監督チャズ・パルミンテリ ネタバレあり
ノエル (映画に耽溺)
「NOEL」 そうクリスマス映画です。 な~んかさほっこりしたかったのよ~ いろんな人が出ていていろんなエピソードが絡まってそして幸せに着地・・・ってのは ラブアクチュアリーあたりからの人気のパターンかしらんね わたくしも物語の「幸せな着地」を期待してこの作品...