ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』

2008-11-24 11:25:55 | 新作映画
(原題:Tropic Thunder)

※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。


-----これ、まだ観ていなかったんだよね。
誘われて、フォーンも一緒に行ったけど、
のっけから驚いちゃったね。
「うん。 『プラネット・テラーinグラインドハウス』も顔負のCM&大予告編大会。
しかもありフォックスサーチライトとか、
よその映画会社まで堂々と出しちゃって、
いったいいつ始まるのかと…」

----ベン・スティラー、ジャック・ブラック、
ロバート・ダウニー・Jr.
だよね。
それぞれ“落ち目のアクション俳優”スピードマン、
“下ネタ主義のコメディ俳優”ジェフ、
“やり過ぎオスカー俳優”ラザラス。
「そう。戦争大作『トロピック・サンダー』に出演した彼ら。
ところがクランクイン5日目で予算オーバーに。
あきらめ切れない監督は
東南アジアのジャングルで撮影を強行しようとする」

----で、実際にそこは麻薬を扱う紛争地帯だった。
「うん。
もしかしてここはホンモノの戦場では?と疑うラザラスに対し、
スピードマンは、撮影と信じている。
このあたりは奇しくも 『ザ・マジックアワー』と設定が似ていたね。
で、彼らを捕まえるゲリラたちが
まるで『キリング・フィールド』クメール・ルージュか
はたまた『ブラッド・ダイヤモンド』かといった感じ。
リーダーが少年なんだから恐れ入る」

----予告編でも流れていた、
小さな子供を橋から振り落とすシーンは
ビックリしたニャあ。
「まあ、そのあたりが
タブー破りのベン・スティラーの面目躍如ってところかな。
同じくコメディの過激派ジャック・ブラックも出演しているし、
ロバート・ダウニー・Jr.は
わざわざ皮膚整形で黒人に成りすますという、
こだわりを見せる“役者バカ”の設定。
ただ、思ったよりも話が普通の流れで、
もう一つ弾けてない感じがしたね」

----でも、けっこう横で笑っていたじゃない。
「うん。映画ネタ、
しかもアカデミー賞を茶化したものが多かったからね。
たとえば、知的障害者の役を“完璧”に演じながら
オスカーを逃したスピード万に、
“完璧”はダメだと、
なぜ『I am Sam/アイ・アム・サム』のショーン・ペンが
オスカーを受賞しなかったかを
『レインマン』のダスティン・ホフマンや
『フォレスト・ガンプ/一期一会』のトム・ハンクスを引き合いに出して説明。
このあたり、なかなか痛烈だったね」

----そういえばカメオ出演も多かったね……。
「カメオ以前に
脇役が豪華。
ニック・ノルティがこんなコメディに出るというのも楽しかったし、
マユー・マコノヒーなんか、
ほんといい役をもらったって感じ。
この映画の底に流れている、
ハリウッド映画業界批判の核になっていたしね。
カメオでは、アカデミー賞授賞式のジョン・ヴォイトの表情が秀逸。
でも、いちばん驚いたのはやはりトムさま。
終った後、向こうのポスターでクレジットを確かめていたカップルもいたけど、
その気持ち分かるなあ」



           (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「フォーンもトムさまにはビックリ!ニャ」身を乗り出す

※このタイトルはもったいない度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『40歳問題』 | トップ | 『その男ヴァン・ダム』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-11-25 01:30:52
えいさん、珍しくまだご覧になって
なかったんですねσ(^◇^;)
昨日、探しに来て、あれ?って思って
以前、えいさんが、酷評になるものは書かないって
言われていたので、ちょっとあせってました(笑)

あせったと言えば、トムさま(笑)
最初に出て来た時は、気がつきませんでしたσ(^◇^;)
2度目に出て来た時の、目を見て・・・
うっそ~~と思いました(笑)

子供をなげちゃった過激なベンですが(笑)、
その後にちゃんと子供の笑顔のシーンが
あったのでホッとしました^^

ロバートのショーンペンについてのお話も
面白かったです^^
なるほどって思ちゃいました(笑)

ハリウッド映画業界批判を痛烈に感じましたが
その一方でベンの映画を愛する気持ちも感じて
しまった私でした(^^ゞ
プラトーンについて 書かなかったのは何故か? (亜蘭真 主美士)
2008-11-26 02:32:36
トムさま、この作品が本当の姿(ノーメーク)で、いつものトムさまがメークとヅラでイケ面だったら・・・と思いながら観てました!
そうだったら、カップル(今時は使わないと思うけど)の気持ちが、もっと複雑に分かるなぁ!
■ひろちゃんさん (えい)
2008-11-26 11:06:32
こんにちは。

そうそう、本文では書ききれませんでしたが、
映画「業界」への批判はあるものの、
「映画」への愛はいっぱいの映画でした。

あの子供を投げるシーンは、
オチがあるだろうなとは思っていたので、
「やるな!」という感じでニヤリでした。

前情報を入れていなかったので、
トム・クルーズにはまったく気づかなかったです。
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-11-27 00:43:51
こんばんは。

『プラトーン』、観ているときは
書こう書こうと思っていたのに、
他のこと書いているうちに忘れてしまいました。(汗)
Unknown (mig)
2008-11-27 23:57:09
えいさん、こんばんは。

この作品、期待してましたが裏切られずでお気に入りの一本になりました
細かい所までギャグが効いてて、キャストもいいし♪
当初予定されてたオーウェンウィルソンがダメになったのが残念だったけど、
代役のマコ様、良かった
ペネロペの元彼対決で掛け合いが面白かったです。
■migさん (えい)
2008-11-29 16:49:23
こんにちは。

ペネロペの元カレ対決か-----。
そういえば、『スパイダーマン』&『アイアンマン』というのもありましたね。
チャッキーのパロディとか、
この映画、他にもいろりろあって、
好きな人にはたまらない作品かも。
マジックアワー (JK)
2008-11-29 22:53:18
えいさん、こんにちは。
たしかに『ザ・マジックアワー』と似てますよね。役者が映画か現実か分からなくなるところに
放り込まれるところや火薬(爆薬)の担当者が活躍するところも共通しています。
比べてみると『ザ・マジックアワー』は脚本家というより舞台人の作品、
『トロピック・サンダー』は俳優の映画という感じがしました。
主人公が捕まってから、仲間たちが救出するまでは並のアクション映画よりうまく出来ていて
監督してのベン・スティラーの面目躍如といったところでしょう。
ここ数作で復活の兆しが見えていたとは言え『アイアンマン』直後の
ロバート・ダウニー・Jr.のキャスティングもタイミングばっちりでした。
面白かったです~ (ノルウェーまだ~む)
2008-11-30 17:21:24
えいさん、こんばんは☆
ただのお下品ハチャメチャコメディかと思っていたら、しっかりハリウッド映画業界批判になっていて、ピリリとした笑いが最高でしたね。
映画を愛するが上に、批判もできる、そんなベン・スティラーすごいです。
■JKさん (えい)
2008-12-02 00:30:02
こんばんは。

ベン・スティラー、
才人だとは思っていましたが、
なかなかやりますね。
おっしゃるとおり、
俳優目線の映画になっていたような気がします。
キャスティングがハマっているのも、
同じ俳優業だからということでしょうか?
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2008-12-02 00:49:20
こんばんは。

そうそう、この映画は
業界諷刺と映画愛が一緒になったところが魅力。
本文では書き忘れましたが
序盤の大爆発は
あれは『地獄の黙示録』ですよね。
最高でした (となひょう)
2008-12-05 20:14:50
こんにちは。
私は、たまたま見たベン・スティラー監督作品に乗れないことが多かったので。『ケーブル・ガイ』とか。
今回は、想像していた以上に楽しめちゃいました。
11月に観た作品の中では一番楽しめました。
アカデミー賞授賞式の場面なんて、かなりグッときてしまいました。
アカデミー賞授賞式って毎年必ず生中継バージョンをチェックしているので、すんなり入っていけちゃいました。
こういう映画ネタが満載な作品だと、なかなか一般受けはしにくいかもしれませんね。
丸の内で見た割には、ちょっと空いてましたもの。
ここについでに書くのも何ですが、『私は貝になりたい』のえいさんとノラネコさんのやり取り、妙に納得してしまいました。
何か腑に落ちなかった理由がわかった気がします。
ありがとうございました。
■となひょうさん (えい)
2008-12-06 14:28:24
こんにちは。
世評の悪い『ケーブル・ガイ』、
ぼくは意外と好きなんです。
それまでのジム・キャリーから
まったく違うイメージを引き出そうとした点、
そそいて音楽の使い方などが
自分にあっていました。


アカデミー授賞式シーンは、
発表の瞬間、
「おっ!」という顔のジョン・ヴォイとが好きです(笑)。


『私は貝になりたい』、
まともに論じ始めると、
今の時代とは?----にまで行くような気がします。
ぼくはとにかく
高知で猛吹雪が、
普通つっこまないけど、
こりゃないだろうと思って
シラケてしまいました(汗)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トロピック・サンダー 史上最低の作戦 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そこまで演るか!?』  コチラの「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」は、ベン・スティラーが監督、脚本、主演、製作をこなした11/22公開のPG-12指定のアクション・コメディなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪共演は、ジャック・ブラック、ロバート・...
映画鑑賞記「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:08.11.22 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ ロケ地が戦場!? そこまで演(や)るか? <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  演技派への転向に失敗した落ち目のアクションスター・スピードマン(ベン・スティラー)、下ネタ専門のコメディ俳優...
★トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008)★ (CinemaCollection)
TROPICTHUNDERそこまで演(や)るか!?上映時間107分製作国アメリカ公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2008/11/22ジャンルコメディ/アクション映倫PG-12【解説】「ナイトミュージアム」のベン・スティラーが監督・主演を務め、様々な戦争映画のパロディーを織り....
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (Memoirs_of_dai)
本編よりも予告CMでやっていた映画を観たい 【Story】 落ち目のアクション俳優スピードマン(ベン・スティラー)は、戦争大作『トロピック...
トロピック・サンダー 史上最低の作戦 /Tropic Thunder (我想一個人映画美的女人blog)
ベン・スティラーの監督第4作目は 『ダークナイト』の連続首位を破った、注目のおバカコメディ{/m_0137/} 前回監督した『ズーランダー』同様、自ら主演の他にプロデュース、原案、脚本も務める。 仲良し俳優からベンの憧れ{/hikari_blue/}のあの人まで起用して、気合...
【トロピック・サンダー/史上最低の作戦】 (日々のつぶやき)
監督:ベン・スティラー 出演:ベン・スティラー、ロバート・ダウニーJr.、ジャック・ブラック 「ベトナム戦争映画の撮影でベトナムにきている豪華俳優陣たちだが、監督が新人で俳優をまとめられない。大掛かりな仕掛けを失敗し損失を出し撮影中止かということにな
『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を試写会で観賞 (エミー・ファン!ブログ)
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 Tropic Thunder 2008/11/22公開 公式:http://www.shijosaitei.jp/ ベン・スティラーが監督・脚本を兼ねる最新主演...
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
何気に楽しみにしていた映画【story】 落ち目のアクション俳優スピードマン(ベン・スティラー)は、戦争大作『トロピック・サンダー』での返り咲きを目指すことに。コメディー役者のジェフ(ジャック・ブラック)や演技派のラザラス(ロバート・ダウニー・Jr)とと...
「トロピック・サンダー」 サイッテーが最高な映画! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
こーりゃ、ひでぇ~~っ!!と、最高の誉め言葉をあげたくなっちゃう。 これでもか!と繰り出される下品な言葉の応酬 人種差別発言もバリバリ とても夜は韓国焼き肉屋へ行けないようなグロイ映像。 なるほどPG-12だけど、子供には見せられない~~ しかし、映画...
史上最低にして最高にクールな内幕もの―「トロピック・サンダー/史上最低の計画」 (豆酢館)
いろいろおかしい表現があったので、全体的に書き換えてみました(笑)。
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (スワロが映画を見た)
原題:TROPIC THUNDER 製作年度:2008年 製作国:アメリカ 上映時間:107分 監督:ベン・スティラー 原作:―― 脚本:ベン・スティラー/ジャス...
トロピック・サンダー◇史上最低の作戦↑↓ (銅版画制作の日々)
 3人3様のキャラがいい味出している?! 11月25日、MOVX京都にて鑑賞。11月末で会員割引ディーが終了するので、急いで鑑賞してきました。豪華絢爛なキャスト、この3人を見れば、面白い作品が期待できそうな??それに何とあの有名な○ム・○ルー○もカメオ出演...
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (映画通の部屋)
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 TROPIC THUNDER/製作:2
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」誰が主役やねん? (シネマ親父の“日々是妄言”)
 “世界No.1おバカ俳優”ベン・スティラー監督・製作・脚本・原案ア~ンド主演!「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。『バカ映画史上世界最強の作品がやって来た~!』と、大爆笑を確信して観に行ってまいりました...
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 まさか、彼・・・? (はらやんの映画徒然草)
本作は数多ある戦争映画と、そしてハリウッドの映画産業自体をパロってるコメディ映画
トロピックサンダー/史上最低の作戦 (メルブロ)
トロピックサンダー/史上最低の作戦 233本目 2008-39 上映時間 1時間47分 監督 ベン・スティラー 出演 ベン・スティラー ジャック・ブラック ロバート・ダウニー・ジュニア ニック・ノルティ トム・クルーズ トビー・マグワイア マシュー・マコノヒー 会場...
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 (或る日の出来事)
えーと、困ったなー。お友達ブロガーさんなど周囲では、これ好きっぽい方が多いみたいで。 決してコメディー嫌いじゃないと思っている私だが...
★「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 中居くんの「私は宍戸開になりたい」とか・・・ スティーヴン・キング原作の「1408号室」とか・・・ 伊勢谷友介と木村佳乃のインチキ臭いカップルも出てる「ブラインドネス」とか・・・ 色々観たいのはあったけど、やっぱり最初に...
映画 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
おバカ映画大好きな我が家、観て来ましたよ~o(゜▽゜o)(o゜▽゜)o PG-12指定なおバカ映画ってどんなのかと思ったら、グロだった…(ノ∀`)...
トロピック・サンダー (映画君の毎日)
○ストーリー○落ち目のアクション俳優スピードマン(ベン・スティラー)は、戦争大作『トロピック・サンダー』での返り咲きを目指すことに。コメディー役者のジェフ(ジャック・ブラック)や演技派のラザラス(ロバート・ダウニー・Jr)とともに撮影に臨むが、クランクイ...
『トロピック・サンダー』とベトナム戦争映画 (Days of Books, Films)
この映画、アメリカで見るべきだったなあ。 日本へ帰る直前の8月、ブルックリンのア
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (大発狂!マッドシネマ-映画天国-)
落ちぶれたアクションスターのダグ(ベン・スティラー)、下ネタが得意なコメディアン
Tropic Thunder / トロピック・サンダー・史上最低の作戦 (表参道 high&low)
Judd Apatow(ジャド・アパトー)「例え嘘でも彼を発掘したのは俺だと思わせて映画に出演させる方法はないか?」、Ben Stiller(ベン・スティーラー)「オーウェン・ウィルソンとヴィンス・ヴォーン以来のユニークで面白い奴」。 Tropic Thunder(トロピック・サンダー/...
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (いやいやえん)
冒頭の予告CMすらも本編です。これが微妙に良くできていて(それっぽくて)笑えますよね。この予告CMで登場人物である俳優達を紹介しているんですよね。そう、これは「トロピック・サンダー」という戦争映画をとる、という映画なんです。でもさーこのCMの…「悪魔の小路...
「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
すんばらしく豪華なキャストでしたわ~~~
【映画】トロピック・サンダー/史上最低の作戦…の記事&ETC装置付けました (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}は徹夜のつもりで仕事に挑んだ私ですが{/hiyo_do/}…蓋を開けてみればそんな事も無く{/face_ase2/}、普通に勤務したのち帰宅できました{/face_nika/} …とはいえ、前の工程(他社)のスケジュール遅滞{/ase/}が昨日比較的忙しくなかった要因だから喜ん...
トロピック・サンダー 史上最低の作戦 (Addict allcinema 映画レビュー)
そこまで演るか!?
映画評「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ベン・スティラー ネタバレあり