ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ハンティング・パーティ』

2008-03-08 13:33:09 | 新作映画
(原題:The Hunting Party)

----「アメリカを出しぬいたのは、
わずか3人のジャーナリストだった」。
思わず観たくなるキャッチコピーだニャあ。
この映画、実話に基づいているんだって?
「うん。
紛争終結後、2000年のボスニアで
実在のジャーナリスト3人が
『民族浄化』の名の大虐殺を行なった戦争犯罪人カラジッチを追跡。
その過程で、彼ら3人はCIA工作員に間違えられたというんだね。
そこでのいきさつは『エスクワィア』誌に掲載。
映画は、この事実に裏打ちされたドラマがスリリングに進行。
伝説の戦場レポーター、サイモンにリチャード・ギア、
カメラマンのダックには、テレンス・ハワード。
そして放送局の副局長の父を持つ若い青年ベンにジェシー・アイゼンバーグ。
おそらく実際は、
こんなうまく3人のバランスは取れていないんだろうけど、
この組み合わせがいかにも映画的にドラマに絡み合っていく」

-----どういうこと?具体的に言ってよ。
「戦場レポーターの頂点に立つサイモン。
ところが彼は、ある生放送でのレポートの最中、
たったいま目にしたばかりの悲惨な光景のショックから立ち直れず、
放送をめちゃくちゃにしてしまう。
以後、坂道を転げ落ちていくサイモンに対して、
彼の相棒のダックは対照的に出世街道を駆け上っていく。
そんなダックの前に5年ぶりに現れたサイモンは
『ぶっ飛ぶようなネタがある』と、
重要戦争犯罪人フォックスの潜伏先をダックに教える。
NATOやCIAが500万ドルの賞金をかけて
必死になって探しているフォックスに
単独インタビューすることで
サイモンは自分の再起を賭けようとするんだ」

-----ニャるほど。そこに野心的な若者もついていく…。。
「うん。ベンは自分を子供扱いしている父親を見返したいわけだね。
一方、いまは裕福な生活を送っているダックも、
もともとは戦場カメラマン。
最初は『ギリシャで女と待ち合わせしている』と渋る彼を
誘うサイモンの言葉が実にいい。
『危険に命をさらすのが生きるってこと。
それ以外はテレビドラマだ』」

-----おおっ。渋いニャあ。
「しかし、さらなるサイモンの目的が明らかになるにつれて、
ダックもベンも唖然。
その目的とは、なんとフォックスを生け捕りにすること」

-----そ、それは…?
「まあ、おそらくここはフィクションだろうね。
でも、それによって映画は
社会性を持つ反面、かつての第二次世界大戦を舞台にした映画同様、
アクション・エンターテイメントの側面を見せ始める。
そう、ナチを相手にした特攻作戦ものという感じかな。
ただ、そういう映画の場合、
ユダヤ人差別のような問題にはあまり言及せず、
純粋な戦争アクションとなっていた。
この映画、実は
フォックスのモデルとなったセルビア人指導者カラジッチは
まだ捕まっていない。
ムスリムやクロアチア人に対する虐殺、民族浄化。
これらは『あなたになら言える秘密のこと』
『サラエボの花』でもその傷が深く描かれているだけに、
このようなカタチでエンターテイメントに仕上げているのは
少々複雑な気がしたね。
ネタバレになるから詳しくは言及しなかったけど、
サイモンがフォックスを捕まえようとするのも個人的な動機だし。
映画では、彼ら戦争犯罪人が捕まらない理由を
『オサマ・ビン・ラディンで忙しいから』と揶揄はするものの、
明確な答は出していないからね。
ただ、終幕近くで
<事実>と<フィクション>を明らかにすることで
ある意味、作家たちの真摯な姿勢を示してはいたけど…」

----でも、もしかしたら
そういう大物戦犯をかくまう社会に対する
これは告発映画ニャのかもよ。


        (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ニャんて悪い人なのニャ」ご不満

※オモシロいけど、ちょっと複雑な気持ちになる度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


「キタ顔」キャンペーン実施中!※フォーンを探せ!
きた~っgif

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『銀幕版 スシ王子!~ニュ... | トップ | 『映画 ドラえもん・のび太... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お邪魔しま~す♪ (ひろちゃん)
2008-04-22 00:23:53
私にしては珍しく早い時期に試写会で
観れました^^
内容は詳しく知らなかったものの半実話と
あったので、また戦争を扱っているので
シリアス・ヒューマンドラマと勝手に思って
しまい、なんかふざけた感じだなあと
ちょっと思ってしまいました(^^ゞ

ですが、3人トリオがキャストが魅力的で、
面白く(と言うのも変ですが)観る事が
できました!えいさんが言われるように
実際の3人はこんなに上手くバランスとれて
いないですよね(^^ゞ

エンドロール前のこれ実在の人・・・と明かして
くれたのを見て、あの人が実在人物?とか
驚いて見ていました(笑)
■ひろちゃんさん (えい)
2008-04-22 10:04:39
こんにちは。

この映画、戦争アクションのたぐいなのですが、
現在進行の実話とシンクロしているので、
微妙な気持ちにさせられました。

でも、リチャード・ギア演じるサイモンが
放送中にあそこまで突っ走ったわけが
後で出てくる構成とか、
けっこう好きでした。
Unknown (mig)
2008-04-22 10:17:11
えいさん☆
おはようございます

こちら、現実の話としてシリアスなのに、映画としてうまくエンターテイメント作品に仕上がってました、
絶妙なキャスティング、3人の組み合わせがすごく良かったし、シニカルな笑いがあるのも好みでした~。
チャックノリスが沼から現れるシーンもおかしかったです
■migさん (えい)
2008-04-22 11:03:27
おはようございます。

そうですよね。
まさにエンターテイメント。
リチャード・ギアもいい味出していました。

チャック・ノリスのあのシーンは最高でした。
話題になるでしょうね。
エンタメ度満点 (たいむ)
2008-05-12 21:31:09
これほどまでにエンタメで仕上げているのに、ちゃんと根底にある様々なものが見えてくる作品で、面白かったです。

>明確な答は出していないからね。
そこも含めてw
■たいむさん (えい)
2008-05-13 23:05:08
こんばんは。

リチャード・ギアのブチ切れに始まって、
すぐに彼が一線から退く。
果たして何が起こったのか?----
その謎が映画を牽引してゆく。
そして、ドラマは主人公の再起と共に進む…。
見応え十分な映画でした。
フォーンに同意します (となひょう)
2008-05-17 18:16:11
こんにちは。
ちょっと遅い登場ですが、お邪魔します。
時々、乗れない部分もあったのですが。
見た事ないタイプの作品だなーと思って、最終的には映画として楽しめました。
そうそう、フォーンが仰るように、これはきっと告発映画なのニャ。

私は自分のブログ運営で精一杯で、余り色々な方のところにお邪魔できていないのですが。
何となく、この作品は盛り上がっていない印象があります。まぁ、盛り上がるタイプの作品ではありませんが、閑古鳥だったら淋しいなと思いまして
個人的には、リチャード・ギアより断然テレンス・ハワードが好きです。
■となひょうさん (えい)
2008-05-17 21:57:49
こんにちは。

そうですね。
この映画、
同じくテロ&ジャーナリズムが素材になっていた
『バンテージ・ポイント』のときのような
盛り上がりはないですね。
映画自体は、そう見くびったものでもないのですが…。

早く仕事を終えて
プライベートを楽しもうとしている
エグゼクティブなジャーナリストたちを
見せてくれたところが、
なんとも…。

世界の嫌な現実を観た気がしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
1 ブログ小説『ハンティング・パーティー』好評。第4話まで公開中。 (世田谷のProducer)
先日、3月14日にリリースさせていただいた ブログ小説『ハンティング・パーティー』 おかげさまで、好評です。 Yahoo!ニュースにも取り上げていただきました。 映画「ハンティング・パーティ」を公開前にブログで公開。書籍化も予定
【小説】 第1話 サイモンとダック (ブログ小説『ハンティング・パーティ』)
… この物語は 「まさか」と思う部分が真実である。…
映画『ハンティング・パーティ』試写会の感想 (ブログ小説『ハンティング・パーティ』)
おはようございます。管理人のせたPです。
これが事実だとすると…【ハンティング・パーティ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
久々、リチャード・ギア主演の映画で面白い作品、「ハンティング・パーティ」を見まし
★ハンティング・パーティ(2007)★ (CinemaCollection)
THEHUNTINGPARTY狙った獲物は《最上級》上映時間103分製作国アメリカ/クロアチア/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ公開情報劇場公開(エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2008/05/10ジャンルサスペンス/アクション/アドベンチャー【解説】雑誌『Esquire』に掲載さ....
ハンティング・パーティ/The Hunting Party (我想一個人映画美的女人blog)
1990年代、深刻な内戦を引き起こし、多くの死者を出したボスニア紛争。 その中で国際的にも大きな問題になったのが8000人が殺害された「スレブレニツァの虐殺」 その虐殺の首謀者であり、ラドヴァン・カラジッチをモデルに、 実際にカラジッチの居所を突き止めるためボ...
『ハンティング・パーティ』(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
シネトレで公認映画ブロガーになってひと月余。その恩恵として、公認ブロガー限定として試写会に招待され参加してきました♪それだけでも嬉しいことなのに試写当日には映画と同名の小説本までプレゼントがありました!   (C)2007IMFilmproduktionsGmbHAllRightsRe...
真・映画日記『ハンティング・パーティー』 (          )
JUGEMテーマ:映画 4月18日(金)◆779日目◆ この日は天気予報通り一日中雨。 それでも黙々と仕事をこなし、 午後6時前には終業させる。 さあ、映画だ! 試写会だ! 「シネトレ」さん、ありがとう! 会場は有楽町にある「よみうりホール」。 あれ?今回...
『ハンティング・パーティー』 (・*・ etoile ・*・)
『ハンティング・パーティー』@よみうりホール(試写会) 実はこのブログ映画情報サイト、シネトレ公認ブログになっているのです。といっても映画の感想を書くだけなのですが(笑) というわけで活動第1弾として『ハンティング・パーティー』試写会に行ってきた。ちなみに...
ハンティング・パーティ (アートの片隅で)
「ハンティング・パーティ」の試写会に行って来ました。 シネトレ公認ブロガーをさせて頂いているので、有り難い事に「王妃の紋章」に続いて御招待して頂きました。 更に、文庫本まで頂いて、どうもありがとうございました。 映画鑑賞後に読ませて頂きました。 この小...
ハンティング・パーティ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『狙った獲物は《最上級》 アメリカを出しぬいたのは、 わずか3人のジャーナリストだった・・・』  コチラの「ハンティング・パーティ」は、実在のジャーナリストと重要戦争犯罪人の驚愕の追跡劇を映画化した5/10公開のヒューマン・サスペンスなのですが、早速観...
『ハンティング・パーティ』 (Sweet*Days**)
監督:リチャード・シェパード  CAST:リチャード・ギア、テレンス・ハワード 他 かつて著名なジャーナリストだったサイモン(リチ...
人がキレるには理由がある。『ハンティング・パーティ』 (水曜日のシネマ日記)
2000年のサラエボを舞台に、実在ジャーナリストの体験を描いた作品です。
2008-31『ハンティング・パーティ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-31『ハンティング・パーティ』(更新:2008/05/10) 評価:★★★★★ こんな実話を基にした社会派映画を待っていた。 面白い、かなりの風刺ではないかと思うし、上映館も少ないかもしれない...
ハンティング・パーティ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
戦争犯罪人=ラドヴァン・カラジッチ。ボスニア紛争中、セルビア人指導者として大量虐殺を指示した罪で起訴。500万ドルの賞金を懸けられ、CIA、国連など諸機関が捜索するも、2008年現在、いまだ逃走中。世界はなぜ、捕まえられない?その疑惑に迫る! 命知...
「ハンティング・ハーティ」みた。 (たいむのひとりごと)
”ありえない”と思う部分こそが、この映画の”真実”である。・・冒頭はこの言葉ではじまった。しかし私には、まったく”ありえない”と思えないどころか、”ありそ~”と思ってしまったのは、映画の見すぎ??(笑
ハンティング・パーティ (映画鑑賞★日記・・・)
【THE HUNTING PARTY】2008/05/10公開(05/13鑑賞)製作国:アメリカ/クロアチア/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ監督・脚本:リチャード・シェパード原案:スコット・K・アンダーソン出演:リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・...
ハンティング・パーティ (eclipse的な独り言)
 Yahoo!Moviesによりますと、リチャード・ギアは2007年に5本も映画
[映画『ハンティング・パーティ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆誰も誘えなかったので、久し振りに一人で映画を観に行った。 閉店間際の昭島の<エスパ>で、値引きしていた海鮮丼を購入し、開演間近の<MOVIX昭島>になだれ込む。 本当は、館内で買った飲食物しか飲み食いしてはいけないのだが、予告の間に内緒で食った^^ ...
ハンティング・パーティ (映画通の部屋)
「ハンティング・パーティ」THE HUNTING PARTY/製作:2007年、
ハンティング・パーティ The Hunting Party (いい加減社長の映画日記)
ミーティングが遅めに終わったので、その足で平日のレイトショーに。 このあとも、観たい映画が続々公開されるので、観ておかないと詰まってしまいそうなので、「ハンティング・パーティ」を選択。 「UCとしまえん」は、普通の平日レイトショーの感じ?(人はあんまりい...
「ハンティング・パーティ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Hunting Party」2007 USA/クロアチア/ボスニア・ヘルツェゴビナ アメリカのジャーナリストが体験した実話を元にしたあっと驚く社会派サスペンス・アクション。 元敏腕TVレポーター サイモンに「綴り字のシーズン/2005」のリチャード・ギア。 サイモンとコ...
「 ハンティング・パーティ / THE HUNTING PARTY  (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【ハンティング・パーティ】2008年5月10日(土)公開 監督 : リチャード・...
ハンティング・パーティ☆サラエボでの現状をリアリティに描いた作品 (銅版画制作の日々)
   何と、現地サラエボでの撮影。かなりのリアリティ作品です。 5月16日、京都シネマにて鑑賞。この作品も字幕は戸田奈津子さん。確か、リチャード・ギアとは親交が深いとか・・・・。彼は日本が好きな俳優さん、しかも京都が好きだということ。仏教にも興味を持っ...
「ハンティング・パーティ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ハンティング・パーティ」 監督:リチャード・シェパード 出演:リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ、ダイアン・クルーガー、ジェームズ・ブローリン、ジョイ・ブライアント、マーク・イヴァニール、ゴラン・コスティッチ、ディラン・...
たった3人でキツネ狩り!~「ハンティング・パーティ」~ (ペパーミントの魔術師)
映画なんだから、話がうますぎる部分はある。 それを言っちゃうとおしまいなので そこはスルーして話をすすめるんですが、 いや~、ハラハラドキドキ。 生きてるほうが不思議でしょってくらいムチャクチャ。 で、男ってのはこういう もうイヤだ~と思いながら危険なこと...
映画『ハンティング・パーティー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
49.ハンティング・パーティー■原題:TheHuntingParty■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:103分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:5月21日、シャンテ・シネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:リチャード・シェパード□原案:スコ...
「ハンティング・パーティ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
一流戦場レポーターとして活躍したサイモン(リチャード・ギア)は、ボスニア紛争の生中継に 感情的になって解雇される。以来消息を絶っていた彼が、かつての相棒である戦場カメラマン、 ダック(テレンス・ハワード)の前に突然姿を現わし、最大級のネタを持ちかける。そ...
映画評「ハンティング・パーティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督リチャード・シェパード ネタバレあり
「ハンティング・パーティ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
フジテレビの開局50周年記念作品になってて、 8月8日のフジテレビの日に公開初日を迎える「HACHI 約束の犬」。 主演のリチャード・ギアがプロモーションで来日・・・ 「笑っていいとも」にご出演してたので、 彼の出演作を観ることに・・・。
ハンティング パーティ (2008) (voy's room)
  2000年、サラエボ。かつて戦場リポーターの頂点に立ちながらも破滅し、どん底から再起のチャンスを伺うサイモン(リチャード・ギア)。彼とともに戦火をくぐり、いまや出世街道まっしぐらの元・戦場カメラマンのダック(テレンス・ハワード)。そして新米TV...