ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『MW -ムウ-』

2009-04-30 08:48:04 | 新作映画
----この映画って手塚治虫の原作だよね。
新しくなった新宿ミラノでの完成披露で観たんだって?
舞台挨拶が盛り上がっていたみたいじゃニャい?
「うん。ゲストが沢山。
ステージ前から吹きあがるドライアイスで一瞬あたりは真っ白に。
白い霧が晴れるとそこには出演者たちが
司会の坂上みきとともにいるって寸法」

----出演者って玉木宏山田孝之だっけ。
「そう。ファンも多かったようで黄色い歓声が上がっていた。
玉木宏はこの映画のため7kgも体を絞ったらしい。
しかし、彼の顔は小さいね。
同じく出演者の山下リオと、さして変わらないくらい。
一方の山田孝之は相変わらずワイルド。
今撮影中の映画のためかな、
もう、信じられないくらいのロングヘア。
あとは、『タイのくそ熱い中を走り回ってばかりいた』と発言。
坂上にあきれられていた石橋凌
もっとも『世界を変えることができるのは?』というお題に、
いちばんスマートな答を出していたのは彼」

----それって、どうせ“愛”とかいうんでしょ?。
「いや、それはひとりもいなかったね。
石橋凌は『イマジン』。
玉木宏は『他の映画の宣伝じゃないです』と断りつつ『相棒』。
笑えたのが、時間が余ったとかで裏に落書き(?)していた山田孝之。
答は『むり』で、
『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』のジャックの似顔絵付き。
あれ、欲しがる人多いんじゃないかなあ」

----あっ。ネットで見かけた画像ってそれのことだったのか。
「山田孝之はとぼけたりふざけたり。
坂上から『扱いにくいなあ』と言われ、
即座に『いい声だ』(笑)」

----それはそれは…。
ところで映画の方は?
「この原作は読んだ記憶がないんだけど、
いま映画で観てみると、
時代がすっかりその内容に追いついたって感じで
当時騒がれたほどの衝撃があまりない。
物語は、米軍の神経ガスが漏れて島民が次々と倒れ、
生き残った人々も皆殺しにあった中、
ふたりの少年だけがその島から脱出。
ひとりは神父・賀来(山田孝之)となり、
ひとりは復讐鬼・結城(玉木)となり世界を道連れにしようとする。
ざっと、こういうお話だね。
今回、最大の見どころとなっているのが
玉木宏演じる初の悪役。
まるで香港映画あたりに出てきそうな感じ。
いや、もっとシャープかな。
髭生やしてサングラスかけている姿は彼とは思えない。
冒頭、タイでのアクション・シーンがあって、
そこで『フレンチ・コネクション』を思わせるカーチェイス、
そして『フレンチ・コネクション2』『最も危険な遊戯』などを彷彿させる“走る”アクションがある。
このあたりは日本映画のロケではできない迫力で
なかなかオモシロかったんだけど、
島への潜入を経て、米軍基地に入ったあたりから緊迫感が薄れたのが残念。
やはりCGでアクションを描くと空気感までは描けないね。
あと思ったのは、
漫画で読むのと映画とはやはり違うということ。
たとえば、海に何度落とされても死なない賀来。
これは紙の上ではありえても映画ではちょっと…」

----あっ、だから『むり』ってことか。
ニャるほど。
「いや、それはちょっと違うだろうけど…」


  
         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「原作が書かれたころはみんな驚いたんだろうニャ」もう寝る

※うん。原作が読んでみたくなる度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『60歳のラブレター』(@「... | トップ | 『ベルサイユの子』ほかゴー... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2009-07-06 23:43:51
設定の根本的なところを切ってしまったために、全体に何を言いたいのかわからない作品になってしまった様な。
これ原作は「ダークナイト」を30年先取りしたような超へヴィーなピカレスクロマンなのですけど、映画はB級サスペンスという感じですね。
やはり手塚漫画の映像化は敷居が高いのか、残念な作品でした。
「どろろ」よりは多少マシでしたけど・・・。
■ノラネコさん (えい)
2009-07-07 00:38:49
こんばんは。

ノラネコさんのところを拝見して驚きました。
ほんとうに、基本的な設定を変えていたんですね。
まさか、結城が脳を侵されて
絶対悪となっていたとは?

ぼくは、本文で
時代が追いついたと書いてしまいましたが、
結局、時代はいつまでも
手塚漫画に追い付けないですね。
祝!6周年 (となひょう)
2009-07-24 20:15:33
6周年おめでとうございます。
もう今更な感じなので、映画のレビューにお邪魔いたします。
先日、原作を購入して読みました。他の名作に比べると短いのですが、内容が濃密すぎちゃってビックリです。
アトムやレオ君しか知らない子には見せられないと思ってしまいました。
でも、凄く面白かったです。
常に時代の先を描いていた手塚さんは、まるで預言者みたいですね。
ちなみに、原作の賀来は山田孝之くんのように美しくなく。見た目だけだと「ゴルゴ13」のデューク東郷みたいでした。同性愛だったり、結城が女装したりとか。(結城の飼っている大きなメス犬が結城に懐き過ぎる描写とか、ちょっと嫌な想像力が湧いちゃって気持ち悪かったです。)映画ではカットされていた部分が強烈でした。
手塚治虫の作品を実写化するのって難しいと、改めて思いました。本作は、まぁ健闘してたかなって。
■となひょうさん (えい)
2009-07-25 10:37:26
こんにちは。

ありがとうございます。
ぼくは原作を読んでいないのですが、
既読者の評判がここまで悪い映画はあまりないのではないでしょうか。
ほんとうにびっくりです。

その、映画でカットされている部分こそ、
おそらく手塚治虫さんがもっとも言いたかったところなのかも。
なんか残念ですね。
禁断の愛 (ノルウェーまだ~む)
2009-08-05 22:27:09
えいさん、こんばんは☆
いかにも‘禁断の愛‘を全面に押し出した大型ポスターを観ていたので、ちょっと引き気味だったのですが、観てみるとぐっと抑えてあったので、私は結構よかったです。
でも、肝心の設定は、やはりなければその深い苦悩振りが伝わってきにくいですね。
■ノルウェーまだ~むさん (えい)
2009-08-06 01:07:07
こんばんは。

あっ、もしかしたらそのポスター、ぼくは見ていないのかも…。
実は、その「設定」は後で知ったくらいに
この原作については無知で、
でも、その禁断の愛が底辺に流れているんだったら、
そちらに重点を置いた作りの映画も観てみたい気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「MW-ムウ-」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「MW-ムウ-」公式サイト手塚治虫 禁断の問題作「MW(ムウ)」を映画化。原作は未読です。大量虐殺から生き残った子供二人、一人は神父に、一人は殺人鬼に・・ていう設定からして わくわく。玉木宏は殺人鬼だけど、事件に関与した者への復讐だか...
劇場鑑賞「MW-ムウ-」 (日々“是”精進!)
MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手塚治虫生誕80周年を機に実写映画化したサスペンス・エンタテ...
MW-ムウ- (さとうれおはオレだけか)
MW-ムウ- 37点 なにが問題作なのかわからない。これなら適当なハリウッド映画のストーリーと大して変わらないのでは? 子供の頃の描写も少ないし二人の関係がなんとなく察していくしかないのも腹立たしい。 玉木寄りの内容で多少喋りが固い気がしたが水から上がって来た...
MW-ムウ- [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/07/04製作国:日本 PG12上映時間:130分鑑賞日:2009/07/04監督:岩本仁志出演:玉木宏、山田孝之、山本裕典、山下リオ、風間トオル、鶴見辰吾、林泰文、石田ゆり子、石橋凌世界を変えるのは、破壊か、祈りか。+あらすじ+16年前、ある島の島民全員が死亡した...
MW-ムウ- (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/日本監督:岩本仁志出演:玉木 宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋 凌
[映画]MW -ムウ- (落とし穴には気をつけろ!)
玉木君が悪役 ということで、早速見てきました。 毒ガスの隠ぺい工作で島民が虐殺された島から逃げ延びた二人の少年。うち一人が悪魔になって復讐を繰り返し、もう一人はそれを止めようとする。原作を上手く膨らました派手なクライムサスペンスになっていて、なかなかよ...
MW-ムウ- (アートの片隅で)
手塚治虫原作の漫画を映画化したさくひんですね。 前半30分の誘拐事件は、日本の映画とは思えないスリリングな雰囲気で、引き込まれます。 撮影監督がハリウッドで活動している日本人だそうで、この前半は見応えがありました。 しかしその後は、イマイチ、、、 漫画の...
MW-ムウ- (だらだら無気力ブログ)
巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの事件を隠蔽。さらに出稼ぎに島から出ていた島民にも この件にか...
MW-ムウ- (いい加減社長の映画日記)
玉木宏さんが、悪役に挑戦し、原作は手塚治虫さん、楽しみにしていた「MW-ムウ-」を、いつもの土曜日のレイトショーで鑑賞。 テレビで、第0章もやってたけど、うとうとしていて、よくわからずじまい^^; 「UCとしまえん」は、普通の人出かなぁ。 「MW-ムウ-」は、小さ...
「MW-ムウ-」見てきた★ (+++turbo addiction+++)
「MW-ムウー」見てきたよー!! :*:・。,☆゜'・:*:・。,ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ ,。・:*:・゜'☆,。・:*: http://mw.gyao.jp/ なんだか映画館混んでたけど、なに? エヴァのせいなの・・・?
MW/ムウ (そーれりぽーと)
手塚治虫の原作は読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから『MW』を観てきました。 ★★★ しまったなぁ、原作本読むんじゃなかった。 知らずに観た方が先入観無くて楽しめたのかもしれない。 原作の面白いところは、当時の漫画にしては過激過ぎる悪役主人公の邪...
映画「MW-ムウ」初日舞台挨拶 (山田孝之さんの非公式ファンサイト)
映画「MW-ムウ」初日舞台挨拶 「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「どろろ」「ブラック・ジャック」・・・ 世界中から愛され続ける、漫画界の...
MW-ムウ-・・・・・評価額950円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「MW-ムウ-」は、手塚治虫が大人向け作品に傾倒していた、1976年に発表したピカレスク漫画の映画化である。 膨大な著作を残した手塚だが、実...
★「MW-ムウ-」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりに邦画だよーーー。 最近ずっとヨーロッパものが多かったけど。
【MW -ムウ-】ダークサイドのヒーロー (映画@見取り八段)
MW -ムウ- 監督:  岩本仁志 原作: 手塚治虫 出演:  玉木宏、山田孝之、石橋凌       公開: 2009年7月 先日テレビドラマで「エピ...
MW-ムウ- 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
「MW-ムウ-」復讐の限りを尽くそうとした先に待っていた救った親友の復讐阻止劇 (オールマイティにコメンテート)
「MW-ムウ-」(PG12指定)は手塚治虫原作の映画で映像化不可能と言われた作品で、16年前にある島の住人600人が忽然と消え、その仕業は政府によってもみ消された。そしてその島には2人の少年が生き延び16年後に青年となっていた。青年となった2人の青年は対照的な生...
MW-ムウ- (Peaceナ、ワタシ!)
- 世界を変えるのは、破壊か。祈りか。 - 『MW-ムウ-』を観てきました! 先月放送のスピンオフドラマ『MW-ムウ-第0章 悪魔のゲーム』が、意外とおもしろかったので、つい映画館へ・笑 原作は70年代の作品だそうですが、過激な描写で他の手塚治虫作品とは一線を画して...
目的が分からない。『MW-ムウ-』 (水曜日のシネマ日記)
手塚治虫原作の漫画を実写版映画化した作品です。
エンドロールで縦ノリ第2弾(コラ)~MWムウ~ (ペパーミントの魔術師)
MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~ / 夏Dive (初回盤)flumpool 山村隆太 玉井健二 Amuse Soft Entertainment = music = 2009-07-01売り上げランキング : 91Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 『How did we feel then?』~flumpool Tour 2009 "Unreal" Live at Shibu...
『MW-ムウ-』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握る...
MW(ムウ) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
日本が誇る天才・手塚治虫の生誕80周年を機に、圧倒的映像力と、緊張感あふれる多彩なアクション、これ以上ないキャスティングによって、日本映画史に新たなサスペンス・エンタテインメント超大作としてスクリーンに登場! 物語:16年前、ある島の島民全員が死亡す...
【MW-ムウ-】 (日々のつぶやき)
監督:岩本仁志 出演:玉木宏、山田孝之、石橋凌、石田ゆり子、鶴見辰吾、風間トオル    世界を変えるのは、          破壊か。祈りか。 「16年前、島民全員が死亡する事件が起こった。 しかしそれは政府によって闇に葬られ表ざたにはならなかった
「MW」 (再出発日記)
二度店で探したけれども、原作は既に売り切れ。もう一回細部を確かめて映画に望みたいと思ったけれども、まあ原作と比べるのも酷な話だったのかもしれない。監督:岩本仁志脚本:大石哲也原作:手塚治虫出演:玉木宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌、山本裕典見た感想とし...
MWムウ 映画 (粋な提案)
手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...
「MW -ムウ-」 存在し続ける陰 (はらやんの映画徒然草)
実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、
『MW(ムウ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「MW(ムウ)」□監督 岩本仁志 □原作 手塚治虫 □脚本 大石哲也、木村春夫 □キャスト 玉木宏、山田孝之、石橋凌、林 泰文、石田ゆり子、鶴見辰吾、山本裕典、山下リオ、中村育二、半海一晃、品川 徹、風間トオル ■鑑賞日 7月1...
MW-ムウ- (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[MW‐ムウ‐] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年68本目(63作品)です。 16年前。米軍が極秘に開発していた毒ガス兵器「MW」が開発場所の島で漏れ、それを世間に知られないようにと政府が島民を虐殺。 その島を...
MW -ムウ- (映画通の部屋)
「MW -ムウ-」 製作:2009年、アメリカ 129分 PG-12指定 監督:
『MW -ムウ-』 (『映画な日々』 cinema-days)
16年前の離島の惨劇 隠蔽された真実の公表と復讐にはやる青年と それを見守る青年。生き残った二人の運命は... 【個人評価:★★】 (劇場...
No.076 「MW-ムウ-」(2009年 130分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 岩本仁志 出演 玉木宏    山田孝之    石田ゆり子 この日2本目の映画は同じく邦画の話題作「MW-ムウ-」! コンビニで見つけたこの映画の原作本を思わず手に取って買ってしまいました。 手塚治虫原作のこの漫画、いままで読んだこと無かったけど今回...
「MW-ムウー」胸騒ぎの2時間 (ノルウェー暮らし・イン・London)
原作ファンには酷評だったという、手塚治虫生誕80周年記念映画 「MW-ムウー」 渋谷のキュー2の巨大ポスターを見ては、「やっぱ、腐女子ねらいなんじゃ?」と、見ようかどうしようかずっと迷っていた。 ところが!! 私が原作を知らないからだろうか? 2時間め...
●「MW」 (月影の舞)
久しぶりの映画館。 「MW」を観る。 原作のマンガとは設定など、いろいろな面で 違っていたので、別モノとして観るのがいいね。 主人公は冷酷非情な殺人者として、描かれていたけど、 なぜ、彼がそうなりえたのかというような 本質的な深い部分は...
「MW-ムウー」感想 (Kanataのお部屋へようこそ)
 キャスト 玉木宏 山田孝之 山本裕典 山下リオ 石田ゆり子 石橋凌   2009年の夏公開の作品。  あらすじ  16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が発生した。しかし、この事実は政府によって隠匿される。この時 、二人の少年が奇跡...
映画評「MW-ムウ-」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・岩本仁志 ネタバレあり