ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『300 <スリーハンドレッド>』

2007-04-15 16:07:33 | 新作映画
(原題:300)

----『300』ってなにが300ニャの?
「うん。これはね。
侵略を目論むペルシャ帝国軍100万に対して
王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに集まったスパルタの屈強な男たちが
壮絶なバトルを挑んだと言う
ヘロドトスの『歴史』にも記されている
テルモビュライの戦いを描いたもの。
そのときの男たちの数がわずか300人。
まあ、こういうわけだね」

----へぇ~っ。
なぜそんなに少ないの?
「開戦するには神々の許しを得なくてはならない。
ところが欲と妄執にとらわれた司祭たちは、
託宣者(オラクル)のお告げであるとして、
スパルタ軍の出兵を禁じたんだね。
そこで王は、彼らは王の親衛隊であって兵隊ではないと言う形で、
300人の精鋭をつれて海岸線の狭い山道であるテルモビュライに
兵を進めたと言うわけだ」

----ふうん。
でもこれって『シン・シティ』
フランク・ミラーのグラフィック・ノベルが
もとになっていると聞いたけど?
「そうだね。
画像の黒い部分を弱め、
彩度を高めて色のコントラスト比を変えた
斬新な映像が話題になっている。
観た感じは『ウルトラヴァイオレット』が近いかな。
ただ、スケールは圧倒的にこちらが上。
それと画のタッチは違うけど、
『ロード・オブ・ザ・リング』を
思い出す人も多いんじゃないかな。
ペルシア兵によるモブシーンは言うまでもなく、
スパルタを裏切るエフィアルテスの容貌はゴラムを思わせるし、
オリファント並みの巨大象も出てくる。
あっ、不死軍団なんてのもいたな。
それと空一面を真っ暗にしてしまう
投擲された矢の写し方は
ジョン・ウーの『HERO』だね」

----じゃあ、なかなかよかったってわけだ?
「う~ん。ただね。
この選民思想がどうかな?
子供の頃スパルタの話を読み聞きして、
震え上がったことがある。
たとえば体が五体満足でない者はすぐに殺され、
生きることを許された子供たちは7歳で母親と決別し、
教練所で集団生活。
殴られ、打たれて一人前の戦士として育てられる」

----ニャんでそんなことを?
「つまり男は戦士として
国を守ってこそ意味があるというわけだね。
この映画でも僧侶たちは病で顔がただれ、
先ほどの裏切り者は体まで常態ではない。
不憫に持った親が殺すのが忍びなく
こっそり育てたと言う設定。
映画史上、最大ではないかと思われる
切り落とされる首の多さ----。
その残酷な血なまぐささもさることながら
このあたりが最後まで引っかかってしまったね。
もっとも最後まで目をスクリーンに引きつけるだけの力はあったけど…」


    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「血は見たくニャいニャあ」もう寝る


※ちょっとやりすぎだ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャルの壁紙です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『舞妓Haaaan!!! まいこはー... | トップ | 『スパイダーマン3』 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
筋肉芸術 (ノラネコ)
2007-04-16 23:39:04
こんばんは。
スパルタ教育の語源ですものね。
私も子供のころ、こんな国には生まれたくね~と震えあがった事があります。
その一方で今見ても驚くほどの先進的な社会制度などを持っていたり、地中海世界の中でもかなり独特な興味深い社会です。
映画の方はとにかく画と筋肉ですね(笑
それだけしかないとも言えますが、スプラッターすら美しいと思わせてしまう絵画性は凄いものがありました。
政治性も含め、突っ込みどころも多いですが、比べるものの無い独創の作品でした。
■ノラネコさん (えい)
2007-04-17 10:04:47
こんにちは。

そうそう、キン肉マンばかり。
確かに画も素晴らしかったですね。
その彩度を高めた画調から思わず
『ウルトラヴァイオレット』を引用してしまいましたが、
あのキメの構図は
さすがグラフィック・ノベルを
映像化しただけのことはありました。
見ました (シャーロット)
2007-04-20 19:04:11
こんにちは。
結構血なまぐさいと噂では聞いてましたが、映像処理のおかげで劇画タッチ風に変えられていたことが、私にはリアル映像ではない寓話的に思えて、最後まで独創的な映像を堪能しきってきました。
映像と音楽ははっきりいって好みです。
いや、本当はこういうのダメだったのですがね・・・。どうも最近免疫がついてきたらしいです。笑
それに男の人の程よい肉体美には弱いかもです。笑
シン・シティの方がどちらかというとグロさを感じたかもしれません。


■シャーロットさん (えい)
2007-04-20 23:47:44
こんばんは。

レビュー拝見しました。
いつもと少し違う文体のような感じがしました。
ある意味“ノリノリ”で書かれたのでは?
音楽についての言及も詳しく
うなずくことしきりでした。

>男の人のほどよい肉体美……
いや、あれは“ほどよい”ではなく、
“完全”ではないでしょうか(笑)。

史劇 (kazupon)
2007-05-30 18:47:23
えいさん
こういうスペクタクル映画もついに
CGと実写の融合版化が進んでいくのかって
印象を受けました。
この映画と「ベンハー」なんて比べて観たら
時代の変化をすごく感じそうな気がしてます(笑)
フォーンは血はダメですかぁ
ザック・スナイダーなんでそっちに重きを置いて
作ってる感じがしますよね~^^
■kazuponさん (えい)
2007-06-01 10:02:43

こんにちは。

こういう映画を観るたびにぼくも思います。
たとえばウィリアム・ワイラーとかが、
50年遅れて生まれていたらどうだったんだろう?
まったく違う『ベン・ハー』が生まれたのだろうかと…。
セシル・B・デミルだったら、
喜んでCGを取り入れていたかもしれないですね。
レオニダス (にゃんこ)
2007-06-03 00:05:56
猫の好きなレオニダスのチョコレート
そうか、名前の由来はここからなのかな?っと
全然違うこと思いながら観始めてました^^;;;
画的には、面白いんだけど、『ウルトラ・ヴァイオレット』が
やっぱり映像的に近いにならば・・・寝たのも納得モノなのかも、、、汗
■にゃんこさん (えい)
2007-06-04 18:01:48
こんんちは。
レオニダスのチョコって、
ベルギーじゃないですか。
まったく違うと言いながらも、
肌の色がほどよく焼けて
チョコ色だったりして(笑)。

このビジュアル、評価高いですね。
『ウルトラ・ヴァイオレット』と
そう変わりはないと思うんだけど……。
最近、斬新だと思ったのは
やはり『ベクシル』。
これは寝ないと思いますよ。
こんばんは (とらねこ)
2007-06-08 22:23:14
選民思想、おっしゃる通りでしたね。
そして、悪者に当たるのが、エフィアルテス、というところも、私的には疑問を感じましたね。
しかし、117分もあったとは、知りませんでした。
せいぜい、80分くらいかと思いました
血生臭い映像を抑えるために、血が、地に着く前に、全部消えてなくなっちゃってました。
■とらねこさん (えい)
2007-06-09 18:54:22
こんばんは。
そうなんですよ。
この映画、よく映像の斬新性が語られますが、
それ以前に、その内容が肌に合わず、
後味の悪さが残った映画でした。

でも80分くらいに感じたと言うことは、
とらねこさん的には、
けっこうのめり込んで観ていたってことなのかな?
血飛沫までグラフィカル (TATSUYA)
2007-06-09 23:33:32

えいさん、達也です。

斬新な映像に、ただビックリ。
排他的でグロな部分もありますが、
ここまで徹底してグラフィカルに描かれると、
リアリティよりアートとして受け取ってしまいます。
いろいろ物議を醸している映画ではありますが、
単純にスーパーリアルな劇画として楽しめました。
ただ、同じように多くの血が流れる
『アポカリプト』とは、似て非なるモノ。
アポのラストの恐怖の方が、遥かに恐いですね。


■TATSUYAさん (えい)
2007-06-11 22:58:23
こんばんは。

この映画、自分的には「う~ん」でした。
なんというのか
動くグラフィックにしか見えなかったんですね。
ドラマとして突き動かされるものがなく、
芯がないという感じでした。
確かに『アポカリプト』とはまったく異なるものでした。
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2007-06-12 23:25:15
ちょっと書いちゃいますケド、
あたしはこれ、選民じゃなくって、
自然淘汰という解釈です、、、
■猫姫少佐現品限りさん (えい)
2007-06-12 23:50:49
こんばんは。
お久しぶりです。

「選民」という言葉を安易に使いすぎたかも。
さっきgoo辞書で調べたら
「神から選ばれた民族。イスラエル民族が自らをさしていう語。その理念はキリスト教にも受け継がれた。」
となっていて、
だとしたら、この映画の背景となった時代には
まだ、そういう理念は影も形もなかったことになるわけで…。

ただ、映画の中では子供を谷から突き落としたりとかしてたから
「自然」に淘汰されたわけでもないという気もします。
TBありがとうございましたm(__)m (mezzotint)
2007-07-01 10:36:07
えいさん
いつもありがとうございます
TB削除の件、了解しました
「ゾデァック」鑑賞しましたが、まだ
記事の方書けておりません。また載せましたら、
TB宜しくです
■mezzotintさん (えい)
2007-07-01 23:19:05
こんばんは。
朝、ボ~ッとしてたようで、
ほんとうにご迷惑おかけしました。
『ゾディアック』のときは
お待ちしています。
こちらこそよろしくお願いします。
意外な皮肉 (ペトロニウス@物語三昧)
2007-10-13 20:58:22
TBありがとうございました。こういう問いかけの文章は読み易いですね。参考になります。映画を見に行っておったのですが、なかなか記事か書けず…。ちなみに、この映画あまりに陳腐過ぎて逆に裏があるのかな?と思いつつも、主軸はやっぱり民主主義万歳だし…・とても不思議な映画でした。ただバトルシーンは、物凄いかっこよかったですよね。
■ペトロニウス@物語三昧さん (えい)
2007-10-13 23:48:32
こんばんは。

こちらこそ貴重なご意見を拝読させていただき、
感謝しております。
この映画、陳腐と言うか
いまどきなぜ?感が強かったのですが、
ペトロニウス@物語三昧さんのレビューを読み、
やっと得心した気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
300 [スリーハンドレッド]・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
開場30分前に行ったのに、もう既に劇場の前は長蛇の列。 古代ギリシャとペルシャ帝国が戦ったペルシャ戦争の激戦地、テルモピレーの戦いを基にしたグラフィックノベルを映画化した「300」は、オスカーシーズン明けで、
「 スパイダーマン3 /spiderman3  (2007) 」ワールド・プレミア・in・TOKYO (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : サム・ライミ 出演 : トビー・マグワイア  /キルステン・ダンスト /ジェ
300 ~試写会にて (シャーロットの涙)
300人VS100万人!?
「300<スリーハンドレッド>」試写会で見てきた映画感想 (Wilderlandwandar)
まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ
スリーハンドレッド (300)クールで芸術的な映像美! (映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記)
先日「スリーハンドレッド」(300)観てきました。 『シン・シティ』のフランク・ミラー監督ならではの独特の映像美を誇る、 実写とバーチャル背景を融合させた独特の映像スタイルで描き出したスペクタクル大作です。
300 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:300) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) フランク・ミラー原作のグラフィック・ノベルを実写映画化した歴史スペクタル映画。 歴史上もっとも熾烈な闘いのひとつとして語られている【テルモピュライの戦い】がモチーフにされている。 紀元前480年...
ジェラルド・バトラー:キャスト (300[スリーハンドレッド]を観に行こう!)
ジェラルド・バトラー(1969年11月13日生)は、スコットランド・グラスゴー生まれの俳優。 グラスゴー大学で法律を学び弁護士を目指しましたが、途中で俳優を志します。ロンドンのコーヒーショップでスティーブン・バーコフと偶然出会い、バーコフの次回作「コリオレー...
「 300 <スリーハンドレッド>(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・脚本 : ザック・スナイダー 出演 : ジェラルド・バトラー  / レナ・へー
絵画的美しさに惚れ惚れ。。。☆ 『300 <スリーハンドレッド> 』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
キャストをみても私の見知った人が誰一人いなかった本作。 なのにU.S.A ボックス・オフィスでは、何週も連続して上位に入るという大ヒット フランク・ミラーのグラフィック・ノベルが原作だからなのかなと想像しつつ、何となく気になってた。 観た感想は、斬新な映像...
アンドルー・ブレビン:キャスト (300[スリーハンドレッド]を観に行こう!)
アンドルー・ブレビンは、英国出身、南アフリカ育ち。96年にロンドンのドラマ・センターを卒業し、俳優活動を開始。主な映画出演作には、独立系映画「Re-inventing Eddie」(02)、「Playground Logic」(04)、「アウト・オブ・タイム」(04/監督デイビッド・カ....
300 <スリーハンドレッド> (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
スパルタ戦士300人の戦いがすごいっ! 300人の腹筋がすごい! 300人のパンツ姿がすごいっ!(爆
アンドルー・ティアナン:キャスト (300[スリーハンドレッド]を観に行こう!)
アンドルー・ティアナンは、英国出身の俳優。ロンドンのドラマ・センターで学び、演技の学位を取得。以降、数多くの名監督と組み、映画・TV両方で活躍。駆け出しの頃にヘレン・ミレン主演のTV映画「第一容疑者」に出演。その後クリストファー・マーロウの原作をデ...
ロドリゴ・サントロ:キャスト (300[スリーハンドレッド]を観に行こう!)
ロドリゴ・サントロは、ブラジルでもっとも人気の高い俳優の一人であり、国際的にも急速に認知度を高めている。米国で初めて知られたのは、ヘレン・ミレン、アン・バンクロフトと共演した03年のショータイム制作TV映画「The Roman Spring of Mrs.Stone」で、その後、....
スパルタの対外関係 (300[スリーハンドレッド]を観に行こう!)
スパルタを知ることで、映画300[スリーハンドレッド]をより楽しむことができます。被抑圧民の反乱を鎮圧するためにも、勇猛果敢な市民兵軍団を組織する必要があったスパルタは、前6世紀半ばまでにはギリシア屈指の強国へと成長し、周辺のエリス・テゲアなどとペロポ....
300 (メルブロ)
300 上映時間 1時間57分 監督 ザック・スナイダー 出演 ジェラルド・バトラー レナ・ヘディ デヴィッド・ウェンハム ドミニク・ウェスト ミヒャエル・ファスベンダー 評価 7点(10点満点) 会場 中野サンプラザ(試写会)  二日連続、中野サンプラザで...
300 <スリーハンドレッド> (It's a Wonderful Life)
「オペラ座の怪人」のファントムことジェラルド・バトラーの新作ってことで ちょっと楽しみにしていた作品。 「シン・シティ」のフランク・ミラーのコミックが原作。 マンガともCG映画とも言えない独特のタッチと銀がかかったような 淡い色調にスパルタ軍の赤い...
映画「300 <スリーハンドレッド>」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「300 <スリーハンドレッド>」に関するトラックバックを募集しています。
『300/スリーハンドレッド』 (映像と音は言葉にできないけれど)
相変わらず日本では遅い公開となっている本作品。世界の殆どで3月と4月に公開されたのにも関わらず出遅れた出走場の如く6月公開となっているようです。
300<スリーハンドレッド> (悠雅的生活)
100万のペルシャ軍を迎え撃つ、スパルタの300人の裸の男たち。
300(スリーハンドレッド) (2007年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★★☆ 映像表現に大きな影響を与えそうな映画である。...
映画「300(スリー・ハンドレッド)」・・・ギリシア対ペルシア... (システムエンジニアの晴耕雨読)
 「紀元前480年、スパルタ王レオニダスはわずか300名の軍勢で100万のペルシア軍を向え討つ。」 映画「300」が、もうすぐ公開ですね! 古代ギリシア・・・というか、プラトンさんにはまっているので、楽しみです。 プラトンの訳者、岩田靖夫さんの「ヨーロッパ思想....
映画:300<スリーハンドレッド>試写会 (駒吉の日記)
300<スリーハンドレッド>試写会(中野サンプラザ) 「スパルタ戦士は服従しない退却しない降伏しない」 海パンに赤マント(盾と槍・剣・弓もですが)・・・街中ウロウロしてたら通報されます。こんな人が300人、男臭そう。腹筋が6つに割れてるのは全員CG処理なし...
【映画】『300』筋肉馬鹿? それともシニカルなアメリカ批判? (Badlands 映画・演劇・音楽レビュー)
300/スリーハンドレッド (そーれりぽーと)
なんだか北米ではスマッシュヒットを飛ばしていたらしい『300』が先行上映されていたので、何も考えずに観てきました。 ★★★ 腹筋バキバキのマッチョな男達がパンツにマント姿でわんさか登場。 華も洒落も無いけれど、ゲイムービーにも観えてしまうくらいに、腹筋の動...
映画「300 <スリーハンドレッド>」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年40本目の劇場鑑賞です。先行レイトショーで観ました。「ドーン・オブ・ザ・デッド」ザック・スナイダー監督作品。無謀なる壮絶な戦いに生身の屈強な男たちが立ち向かう迫力の歴史スペクタクル。100万のペルシア大軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的...
『300 スリーハンドレッド』先行上映 (となりのケイコさん)
えー・・300スリーハンドレッドを語る前に。 映画館でとても嫌な目に合いました{/face_ang/} 隣に座ってきたおじいさんが、暗くなったとたん、 怪しい行動をし始めたのです(゜Д゜lll)エー!! もちろん隣で我慢できるわけもなく、即外に出てスタッフに言って、 払い戻...
映画「300」(スリーハンドレッド)がR-15な訳 (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
久しぶりの試写会だ。 ギリシャ彫刻そのものの、鍛えられた肉体をもつ戦士たちが、古典の絵画のような美しい画面で戦う姿は、スローモーションとストップモーションを駆使した映像が、その動きを優雅なダンスのように見せ、飛び散る血しぶきでさえ、美しいと思わせる・・...
300の腹筋【300】 (犬も歩けばBohにあたる!)
血が飛び交う、 首がすっ飛ぶ、 槍が身体を貫く、 剣が胴を切り裂く、 闘いの後に
「300」:永代二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}おや、こんな都心にアスレチックがあるなんて。 {/kaeru_en4/}よーし、体を鍛えてスパルタの軍団に入るぞ。 {/hiyo_en2/}あなた、ついこの間、「ザ・シューター」観てスナイパーになるって言ったばかりじゃない。 {/kaeru_en4/}いやいや、「300」なんてい...
300<スリーハンドレッド>  (ふぴことママのたわ言)
6/9の戦闘開始前に行った試写会は、 アナウンスがあり、映像効果の点から 非常灯も消しての観賞でした。 どこの試写会もそうだったのかしら? スパルタの300人が、1,000,000人のペルシャ軍に 立ち向かう史実を基にしています。{/v/} 鑑賞前から私の頭に浮かんだのは、...
#82.『300 <スリーハンドレッド>』 (レザボアCATs)
いやぁ、もう、何と言うべきか。偏差値40以下の肉体派映画。これ見たら、体を作らないといけない、という気になるかもしれません・・・多分。
300(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
初の試写会で観てまいりました。 就業のチャイムがなる5分前からPCの電源を落とし、書類を片付け、検査室の点検を済ませ、チャイムがなると同時に部屋を出て観てまいりましたよ。 古代ギリシア+300人のマッチョを見逃す訳にはいかねぇーっ!! と口走っては...
『300 <スリーハンドレッド>』 (Sweet* Days**)
監督:ザック・スナイダー CAST:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー 他 STORY:紀元前480年、ギリシャのスパルタ。その国の兵士達は、幼い頃から厳しい戦闘訓練によって鍛え上げられていた。そんなスパルタの王、レオニダス(ジェラルド・バトラー)はペルシアの...
300 <スリーハンドレッド> (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&歴史劇  監督:ザック・スナイダー  出演:ジェラルド・バトラー      レナ・ヘディ      デヴィッド・ウェンハム      ドミニク・ウェスト 【物語】 紀元前480年、千もの国々を征服してきた大帝国...
斬新!『300スリーハンドレット』。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
  正に劇画ムービーだ。  今日からロードショーが始まる『300スリーハンドレッド』を試写会で観た。  かなりグラフィカルで斬新な映像だとは予備知識で知っていたが、想像を上回る斬新な映像に正直驚いた。しか
「300(スリーハンドレッド)」 を観る (紫@試写会マニア)
世界各国で興行収入記録を塗り替え、舞台となった民族の一部が怒り心頭だ、という報道あり、・・・ある意味物議をかもした「ダ○。ンチ・コード」より世界的に有名で影響力のあるストーリーなのでは?と思う、古代ギリシャが舞台の「300(スリーハンドレッド)」 を観...
300 (kazhik.movie)
ペルシアからやってきた100万人の軍団を300人のスパルタの兵士が迎え撃った戦いを描く。 彼らは狭い山道にペルシア軍を誘い込むことに成功。幼いころからの「スパルタ教育」で育てられた肉体を使い、俊敏な動きで死体の山を築く。しかしペルシア軍は内通者が教えた道を通...
300 (eclipse的な独り言)
 一番の疑問は何故あんな格好で戦うのか?というところです。裸に近い格好。すぐに
300 (黄昏ミニヨン想録堂)
 This is Sparta!!!!
映画『300』見に行きました (have a heart to heart talk)
ギリシャ歴史戦記映画「300 」を見に行きました。   紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬...
300<スリーハンドレッド> (利用価値のない日々の雑学)
年頭での筆者の期待度としては、ベスト30に入るかどうか程度の作品であったのだが、正直、こんなに周囲でも人気が高いのは驚きだった。シアターの予告編効果も大きかったのかと思う。又、筆者が子供の時分にはよく「スパルタ教育」なんて言葉も耳にしたし、実際、小学校...
300(スリーハンドレッド) (徒然日記 300(スリーハンドレッド))
公式サイト:300[スリーハンドレッド]先行上映会があったので行って来ました。この映
300/スリーハンドレッド (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
人類史上最強300人からなるスパルタ軍団。肉体や映像など感銘するシーンはあったが、物語としてはどうなの???                               評価:★6点(満点1...
「300(スリーハンドレッド)」物量に負けても内容で圧勝した戦略にも優れた300のスパルタ神兵 (オールマイティにコメンテート)
「300(スリーハンドレッド)」(R-15指定)は紀元前480年のギリシャを舞台にスパルタ軍300とペルシャ軍100万という圧倒的な不利な状況下でペルシャ軍と戦ったスパルタ軍の猛者達の奮闘を描いたストーリーである。物量では確かに敵わない相手でも戦い方次第でその状...
300 (O塚政晴と愉快な仲間達)
久しぶりの映画レビュー。 まずは最新作から小出しにしていきます。 300 <スリーハンドレッド> ★★★★☆ 実際に歴史上起こった(とされる)スパルタvsペルシアの戦い、いわゆるテルモピュライ(テルモピレー)の戦い(ウィキペディア参照)を描い...
300 07130 (猫姫じゃ)
300 スリーハンドレッド 300 2006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナム ドミニク・ウェスト ビンセント・リーガン マイケル・フ...
300〈スリーハンドレッド〉 (Diarydiary!)
《300〈スリーハンドレッド〉》 2007年 アメリカ映画 - 原題 - 30
300  スリーハンドレッド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジェラルド・バトラーの肉体美を堪能しに劇場へ―【story】紀元前480年。スパルタ王レオ二ダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国からの遣いがやってきた。国を滅ぼされたくなければ、ペルシャの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従しろと使者は言う。...
300 [監督:ザック・スナイダー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
歴代映画&テレビ、多勢に無勢、それでも戦うランキング・・・  1位・・・ウルトラマン(1対2030000000)  2位・・・ランボー(1対500000)  3位・・・スパルタ(1対3333)
300 <スリーハンドレッド>(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
すんごい筋肉の集団だな。 「300<スリーハンドレッド>」を観ました! ( →公式HP  ) 出演:フランク・ミラー、デボラ・スナイダー、クレイグ・J・フローレス、トーマス・タル 上映時間:117分  紀元前480年、スパルタ王(ジェラルド・バ...
【劇場映画】 300<スリーハンドレッド> (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げ...
300 スリーハンドレッド (C'est Joli)
300 スリーハンドレッド’06:米 ◆監督・脚本:ザック・スナイダー「ドーン・オブ・ザ・デッド」◆出演:ジェラルド・バトラー 、 レナ・ヘディー 、 デイビッド・ウェナム 、 ドミニク・ウェスト、 ビンセント・リーガン ◆S...
【2007-82】300<スリーハンドレッド> (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
戦えない子供は谷底へ突き落とされ、 男たちはとてつもない国を育てた。 スパルタだ・・・ そこに侵略軍が現れた 人類史上── 最強の300人 VS侵略軍100万人 史上最大のとてつもない真っ向勝負が幕を開ける。 300人VS1,000,000人、真っ向勝負!...
300 <スリーハンドレッド> (300) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ザック・スナイダー 主演 ジェラルド・バトラー 2007年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★★★ もう評価も付けたことだし、余計なことをウダウダと書かずに一言「これがスパルタだ!!」とだけ書いて終わらせるのが一番良い気もするので、こっから先は無駄話...
300/スリーハンドレッド (2007 映画観てきました♪)
もう、ぐったり疲れちゃったよ~
映画「300<スリーハンドレッド>」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:300 スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波が...
「300<スリーハンドレッド>」 伝説という抑止力 (はらやんの映画徒然草)
画面から感じるエネルギーのポテンシャルがすごいです。 原作はフランク・ミラーのグ
真・映画日記『300〈スリーハンドレット〉』 (          )
6月13日(水)◆470日目◆ 夕方、虎ノ門の「チケットフナキ」で東急レクリエーションの株主優待券を800円でゲット! 終業後、上野東急へgo! 『300〈スリーハンドレット〉』を見る。 いやぁ~、実に斬新な映像体験である。 実写とCGを織り混ぜ、 時折絵画...
★「300 <スリーハンドレッド>」 (ひらりん的映画ブログ)
全米で興行収入2億ドルを突破したというヒット作。 ギリシャやペルシャの戦士ものはヒットしない・・・という今までの常識を覆したそうで。 主人公はスパルタ教育で有名なスパルタの王。 300人対100万人の対決・・・というのがウリ・・です。
300 スリーハンドレッド!! (銅版画制作の日々)
世界各国でNO.1ヒット記録 6月10日、MOVX京都にて鑑賞。300人vs1,000,000人のバトルえぇ~そんな戦い、勝てっこないじゃん。しかし彼らは100万人相手に戦うことを望んだ。弱い者は生きることさえ許されないスパルタの男たちはそのようなところに生まれ、そ...
300~スリーハンドレッド~ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
血、血、血、飛びまくる血明らかにCGで作った血だったので 不思議と結構観れるもの。リアルに吹き出ていたら とても最後まで観れやしないっ紀元前480年 ここでは最強のスパルタ兵を育てる為に、男の子は生まれた時から選別される戦士になれない者は育てられずに ...
300 スリーハンドレッド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』  コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-15指...
300[スリーハンドレッド] (Yuhiの読書日記+α)
紀元前480年の話。スパルタ教育とかの語源となったっていう話を、世界史の授業で習った気もしますが、遠い昔の事なのですっかり霞の彼方で・・・。これから観ようと思っている方は、前もってこの時代のことを知っていた方が、より映画の世界を楽しめると思います。 ...
300 (日々徒然ゆ~だけ)
“300人VS1000000人、真っ向勝負!”なんだから,屈強なスパルタ兵の真っ向勝負を観ればいいのである。グラフィックノベルとはよくぞいいけり。
HERO ~ 熱き想いと絶妙の脱力加減に拍手 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 熱き想いと絶妙の脱力加減に拍手 ~ 2001年に放送された木村拓哉主演の人気テレビドラマ『HERO』の映画版。検事という職に就きながら、中卒・皮ジャン・茶髪で通販好きという型破りな検事・久利生公平が、ドラマ同様の熱い想いで事件の真相を追う。 作品ではシリ...
『300-スリーハンドレッド』 ザック・スナイダー監督 ギリシア・ローマ史の教養が欲しいね (物語三昧~できればより深く物語を楽しむために)
? ワーナー・ホーム・ビデオ 300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組) ? 評価:★★★星3つ (僕的主観:★★★★星4つ) ? ■ギリシア・ローマ史の教養のあるなしで見えるものが違ってくる ? 塩野七生さんが、『ユリウス・カエサル ルビコ...
映画DVD:「300(スリー・ハンドレッド)」 (時評親爺)
今日の話題は映画DVD「300(スリー・ハンドレッド)」である。お値段は3,980円とお高い(笑)。特典ディスク付版しかなかったので仕方なく買った。本編は117分と、この手のいわゆる「歴史スペクタクル巨編」?にしては、若干短いかもしれない。時代はギリシ...
300<スリーハンドレッド>…期待しすぎたの?私が?? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は、地元のお金かからないイベントのひとつ“勝山橋ホクホク食堂”ってのに出かけました。 オクサンの知り合いが“九州手打ち蕎麦愛好会”ってので出店。 十割手打ち蕎麦ってのを食べてきました。お安い値段なのに美味しくて、追加でもう一杯って感じで...
mini review 07084「300 スリーハンドレッド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
解説: 『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー。屈強なスパルタの王レオニダスを『オペラ座の...
『300』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。わずか300人の精鋭たちとともにペルシアの大群に立ち向か...
映画評「300<スリー・ハンドレッド>」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ザック・スナイダー ネタバレあり
『300<スリーハンドレッド>』 (『映画な日々』 cinema-days)
300 紀元前480年 テルモピョライの戦い スパルタ軍300人 VS ペルシヤ軍100万人 を描く。 個人評価 ★★ (自宅鑑賞)
300 スリーハンドレッド (inuhiko.ism)
 フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを映画化したゴリゴリの男子たちがぶつかり合うアクション・スペクタクル作品『300(スリーハンドレッド)』。たった300人の兵士で100万とも言われるペルシア軍に立ち向かうスパルタ軍の戦いを描く。...