ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『キサラギ』

2007-10-07 22:53:37 | 映画
----えっ。どうしていまごろこの映画?
『恋空』とか、ほかにもあるじゃニャい。
「だって、話題にはなっていたけど、
ぼくが観たのがつい最近。
フォーンも一緒に行って笑ってたから
まあ、いいじゃない(笑)」

----いや、笑ってたのはえいの方でしょ?
「それは確かにそうだね。
もう、笑いすぎて涙が出ちゃったもの。
だけどさ。
フォーンも、観ながら横で次の展開を
予想しながら囁くことないじゃない」

----あれっ。そんなことやったかニャあ。
「やった。やった。
『お父さんだ』とか『地震だ』とか。
まあ、この映画のオモシロさは、
思わずそう口に出ちゃうほど、
観る者を引きずり込むところにあるけどね」

----でも、あんまり評論家筋には受けていなかったよね。
映画館ではロングランしていたけど…。
「それは分かる気がするなあ。
この映画は、なんと言っても
凝りに凝った脚本と、
それを喜々として演じている役者とが
幸せな出会いをしたところにある。
これってお芝居でもよくて
映画である必然性はあまり感じなかったからね。
(ここでgoogle)
いま調べて分かったけど、もともとはお芝居だったんだね」

----う~ん。それなのに、えいは気に入ったわけだ。
「だって、オモシロいという事実に間違いはないんだもの。
しかも最後はきちんと泣かせてくれる」

----えっ、泣いたの。
だれのエピソードで…?
「やはり、小栗旬かなあ。
自分だけ如月ミキとのつながりが薄いことが分かり、
仲間はずれというか疎外感を感じていた彼が、
最後に報われるというか、救われる。
この映画、主要人物5人の誰に対しても
やさしく温かい視線を送っている。
まさか、こういうハッピー・ミステリーだったとはね…」

----ニャルほど。フォーンはやはり香川照之だな。
そういえば振り付けはラッキィ池田だったでしょ。
「そして如月ミキの歌の歌詞がサエキけんぞう。
これもよかったね。
みんなほんとうに楽しそう」

----そういえば、この映画にも小出恵介出てたよね。
『恋空』のお話をしてくれるのはいつになるのかニャあ?

         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「もう、笑ったニャあ」もう寝る

※文句なしに楽しかった度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『サーフズ・アップ』 | トップ | 『人が人を愛することのどう... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今頃ろは限らない ()
2007-10-08 01:55:59
確かに今頃?と思う人がいると思いますが
埼玉、草加のシネマサンシャインでは上映
開始ですね。

息が長いのかな?
■谷さん (えい)
2007-10-08 10:31:08
こんにちは。
ぼくも近くのシネコンで始まったということで行きました。
チケット売り場には
「古い映画なのでフィルムに傷があることをご了承ください」の旨の貼り紙が…。
そうとう、回したということですね。
ロングラン、その人気のほどがうかがえます。
おおおおお、ご覧になりましたか (となひょう)
2007-10-08 19:56:12
こんにちわ。
そうか、コレってプロの評論家さん達の間では評判良くもなかったんですね。
でも、ブロガーさんの間では、かなり盛り上がってましたよ~
笑いアリ涙ありと、色色と忙しいようでバランスが良かったと思います。
5人とも良かったし。
私は香川さん目当てで行きましたが、あの中で一番印象的だったのは意外とユースケでした。意外は余計でした
拾い物でした (くまんちゅう)
2007-10-08 20:04:52
当初見る気が全く湧かなかった作品でしたけど、ブロガーさんの評判が余りに良いので見てみたら、無茶苦茶面白かった、まさに拾い物。
評論家より映画ブロガーさんの方が頼りになるっていう見本みたいな出来事でした。
■となひょうさん (えい)
2007-10-08 23:33:34
こんばんは。

ぼくも最初はユースケが珍しい役をやっているな…と。
でも、最後に泣かされたのは小栗旬でした。

小出恵介のモヒカンもおかしかったです。
彼って古い時代を描いた映画に出ることが多かったので、
こういう弾けた役もやれるんだなって
改めて見直しました。
■くまんちゅうさん (えい)
2007-10-08 23:35:09
そうですね。

この映画にリピーターが多い理由がよく分かりました、
やはり百聞は一見にしかずです。
今日会った美容師さんも「2回観た」と言っていました。
邦画のハードルあげてくれた・・・。 (Ageha)
2007-10-10 01:15:03
コレとそれから「アヒルと鴨のコインロッカー」。
この2本を見て以来、今年の邦画は
何を見ても物足りないと感じてしまう。(うわ~)

それくらい満足というか
自分好みというか・・・。

大阪でもまだ見れるとこありますよ。
たしか5月くらいにやってたはずなんだけどな・・・。
■Agehaさん (えい)
2007-10-10 23:38:16
こんばんは。

ぼくの今年の(いままでの)邦画のベストはなんだろう?

昨年の『ゆれる』『フラガール』のような
飛び抜けた作品が見当たらないです。

『河童のクゥと夏休み』かなあ。
リピーター割引 (にゃんこ)
2007-10-13 08:13:28
おはよーございます。
なつかしいな~8月に東京で観ましたが
東京の友達からリピーター割引のステッカー
いただいて観にいきましたっけ。
みんなそのステッカー回しあって観にいったんですって。
地元で3日間くらい公開したときに、使えるかなぁ~って
友人に試してもらったけど、こっちじゃ駄目でした(笑)

■にゃんこさん (えい)
2007-10-13 23:42:15
リピーター割引の使い回しですか。
それはスゴい(汗)。
でも周りにも何回も観たという人もいますし、
映画館も元が取れたことでしょう。

地元では使えない…。
なるほど、配給サイドではなく
その映画館だけの企画だったんですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
キサラギ (ネタバレ映画館)
あんたのHNはなんでオダ・ユージなんだ?共演してたから?でも、嫌いなのか・・・
キサラギ (映画通の部屋)
「キサラギ」 製作:2006年、日本 108分 監督:佐藤祐市 出演:小栗旬、ユ
SHOW ME!(映画:キサラギ) (美味!な日々)
何だかんだで2度目の『キサラギ』を渋谷シネクイントで見てまいりました。試写会で応援ステッカー(これを窓口で見せると5人まで1000円で鑑賞可&何度でも使用可なんですぅ。)を貰ったしね
キサラギ (そーれりぽーと)
予告編を観た印象「なんて面白いキャスティングw」 何故か単館での上映がメインなのに、ホームスターとコラボって限定機種発売? 何なのこの映画、狙いがさっぱりわからないけど、でもなんだか面白そう。 久しぶりに前売り券を買ってまで楽しみにしていた『キサラギ』を...
『キサラギ』 (映画館で観ましょ♪)
「シアターキノ」での公開終了間際になって、やっと次女と観に行った。 良く笑うお客さんと一緒に楽しく鑑賞。 ワンシチュエーション・サスペンス 最後までひとつの部...
キサラギ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
東京で観た最後の映画は『キサラギ』でした。結構評判のいいこの作品友人からリピーター割引のステッカーいただいたので余裕の1000円鑑賞(笑)ありがとーございました!1年前に亡くなった如月ミキの追悼会が某所で開催されることになった。主催は通称”家元”そしてミキ...
「キサラギ」(日本 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
家元、オダ・ユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。 D級アイドルの熱狂的ファンの男たちが繰り広げる ワン・シチュエーションサスペンス&コメディー「キサラギ」。
『キサラギ』 (描きたいアレコレ・やや甘口)
イチゴ娘...HNもヒドイが、怪しい、いかにも怪しい。 怪しいおっさん、アブないおっさん、キモイおっさん、演じるのは、香川照之! いや~、香川さんは凄いです。 凄すぎて、香川さんの深さをまだ描ききれてないの
「キサラギ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2007年・東芝エンタティンメント/監督:佐藤 祐市) 「ALWAYS 三丁目の夕日」の古沢良太の原案・脚本を、「シムソンズ」で注目された佐藤祐市が監督した、ワンシチュエーション
キサラギ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】売れないグラビアアイドルが自ら命を絶って1年、彼女のファンサイトの常連である5人の男が追悼会に集まる。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、いちご娘(香川照之)は、思い出...
【映画】キサラギ (新!やさぐれ日記)
■状況 109シネマズ佐野にてレイトショウで観賞 ■動機 シチュエーション映画というのを見てみたかった ■感想 圧巻。参りました。お奨めです。 ■あらすじ C級アイドル・如月ミキの1周忌に、彼女のファンサイトの常連、家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユース...
「キサラギ」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'07年製作 監督佐藤祐市  原作・脚本 古沢良太  出演 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之ほか(敬称略) 清純派アイドル如月ミキが亡くなって一年。ファンサイトを通じて知り合った5人の男が、追悼会と称し、某所で顔を合わせた。...
観ました、「キサラギ」 (乙女千感ヤマト)
出遅れましたが、12日に九段会館にて観賞致しました。劇場で観れなかったことすっっ
真・映画日記『キサラギ』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月29日(火)◆700日目◆ 700日。 ついに700日続いた。 あと30日もすれば 丸2年である。 で、700日たってから見たのが『キサラギ』である。 去年、邦画の話題作を何本か見落としている。 その中の1本。 脚本は素晴らしい。グイグ...
『キサラギ』 (Sweet*Days**)
キサラギ スタンダード・エディション(2008/01/09)香川照之、ユースケ・サンタマリア 他商品詳細を見る監督:佐藤祐市  CAST:小栗旬、ユー...
キサラギ ─ それはまるでジグソーパズルのように… ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ それはまるでジグソーパズルのように… ─ 登場人物はたった5人。ひとつの部屋の中で繰り広げられる“密室劇”を絶妙の脚本で作り上げたワンシチュエーション・サスペンスドラマ、『 キサラギ 』(2007年/日本/ドラマ)。 劇場公開時から気になっていた作品だ...
キサラギ (Yuhiの読書日記+α)
アイドル如月ミキの死の謎を描いた作品。監督は佐藤祐市、脚本は古沢良太、キャストは小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之ほか。 <あらすじ> 知る人ぞ知るアイドル如月ミキが亡くなって一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち・・...
映画評「キサラギ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・佐藤祐市 ネタバレあり