ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(@「シネマのすき間」)

2009-01-20 21:54:07 | 新作映画
-----今日はちょっと
紹介するの恥ずかしいニャあ。
なぜってフォーンの顔が
あのディカプリオケイト・ウィンスレットと並んでいるんだもの。
えっ、ニャンの話かって?
火曜日恒例の
カタログハウス「シネマのすき間」
今日の映画は『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
で、キーワードは
「こんないい朝食は初めてだ」。
さあ、フォーンが聞いたお話とは?
ちょっとテレちゃうけど、見てね。

          (byフォーン)

「フォーンもご飯食べたいニャあ」ぼくも観たい

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (27)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『悲しいボーフレンド』 | トップ | 『7つの贈り物』 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供 (ともや)
2009-01-20 23:14:22
こんばんは、えいさん♪
大人になりきれないカップルが結婚するとこうなるって映画でしたね。
こんな2人にまったく感情移入ができず、ともやは的にダメ(映画の内容がダメとかでなく、あの2人の性格がダメ・笑)だったんですが、あのオチ(終わり方)と音楽だけは素晴らしかったです♪
■ともやさん (えい)
2009-01-21 00:22:35
こんばんは。

あのオチは秀逸でした。
カメラが耳元にズームしていったときには、
ブラックな笑いが
場内を包みました。
Unknown (うめ)
2009-01-21 23:07:42
こんばんは。
【シネマのすき間】見ましたよ。
フォーンちゃんもお仕事してますねぇ。

えいさんは、「月間シネマグランプリ」で
この作品のディカプリオを個人賞に挙げていらしたような・・・。

と、言うわけで、ほんとはスルーしそうだったんですが、
えいさんの個人賞選出と、おふたりのコメントを見て、興味沸いてしまいました。

余裕があったら観てみます。

こんにちは。 (ミスト  (MOVIEレビュー))
2009-01-22 16:34:52
私は、まだこの映画は観ていないのですが、観る予定にしています。何か、ラストが面白いんでしょうか!?ディカプリの映画は、最近私はアクション系の映画『ディパーテッド』、『ブラッド・ダイヤモンド』、『ワールド・オブ・ライズ』と、全て映画館で観ていますが、おっしゃる通り、童顔なのがちょっと気になりますが、そこは演技力で乗り切っていたと思います!この映画では、どんな演技をみせてくれるのか楽しみです。
■うめさん (えい)
2009-01-22 21:49:24
こんばんは。

「シネマのすき間」に「シネマグランプリ」まで
見ていただいたんですか。
とても嬉しいです。

この映画のディカプリオは一見の価値あり。
映画そのものはかなりヘビー。
気楽に構えると、火傷しちゃう。
そんな感じです。
■ミストさん (えい)
2009-01-22 21:53:36
こんばんは。

この映画は、ディカプリオが
最近の映画の中で封印していた
「童顔」の魅力を
思いっきり解き放った、
そんな感じです。

いやあ、凄まじい演技でした。
彼はやはり実力ありますね。
レオ (たいむ)
2009-01-24 16:05:25
えいさん、こんにちは。
ケイトも素晴らしかったけれど、レオの感極まった演技も素晴らしかったです。

>少年のまま大人になった男
ホントですね。レオだから・・という気がしました。
■たいむさん (えい)
2009-01-25 08:35:12
こんにちは。

レオの表情、すごかったですよね。
一気に感情を爆発させるときの変化とか…。
彼はもとより演技派だということを
改めて思い出させてくれました。
Unknown (mig)
2009-01-25 11:47:08
えいさんこんにちは♪
エイプリルには全く共感できないで観てたけど、
ラストシーンがとても印象的でした
結婚願望 (にゃむばなな)
2009-01-25 14:23:34
私は年々結婚願望が薄れていっているのですが、この映画を見てさらに消えそうになってしまいました。
ここは自分の人生も考えて来週『マンマ・ミーア!』で再燃させねば!

いやそれ以前に恋人を探さねば!
■migさん (えい)
2009-01-25 17:43:46
こんばんは。
エイプリルに共感ができないという
女性の意見よく聞きます。
(あたりまえか)
でも、映画としては見応えありました。
ほんと、怖かったです。
■にゃむばななさん (えい)
2009-01-25 17:44:58
こんにちは。

これは、結婚願望を
完膚なきまでに打ち砕いてくれる映画ですよね(汗)。
日本では少子化がさらに進むかも(笑)。
フォーンはオスです?この作品はメンデス (亜蘭真 主美士)
2009-01-27 16:31:10
メンデスのロード・トゥ・パ~の頃が良かったのに・・・・

フォーンちゃんのコメントで、きっと
「夫婦喧嘩は(犬ならぬ)猫も喰わないにゃ~」と絶対に書くとおもっていたのに、食い気に走るりやがった!!
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2009-01-27 20:57:55
ぼくも『ロード・トゥ・パーディション』好きです。
ロングに引いて撃ち合うシーン、
カッコよかったです。

「夫婦喧嘩は(犬ならぬ)猫も喰わないにゃ~」

なるほど、その手があったか。
冬は、フォーンは食べてばかり。
あっ、あと寝てばかり。
こんばんは (ノラネコ)
2009-01-28 23:46:23
えいさんのコメでかなり期待を煽られましたが、なるほどこれは良かった。
気分の良い話ではないですけど、個人的には感情移入しまくりでした。
この映画のディカプリオは確かに素晴らしいですね。
しかし、宣伝でラブロマンスだと思って観に来るカップルが不憫です・・・
ヤケドもなく無事です (うめ)
2009-01-29 16:29:34
観てきました。

や、よかったです。ほんとに。
感情移入するとかっていうより、
様々な環境や状況での人の感情(焦燥・不安・葛藤・嫉妬・・などなど)がひしひしと伝わってきて・・・。
なので、どの行動も「あるのかもね・・・。」と。

フランクが爆発するシーン、朝食のシーン(双方の感情が痛いくらい)、・・・涙が出ました。
(かわいそうとか辛いとかじゃなくて。)

確かに『愉快なシーバー家』のレオとは違う。

けして楽しいものではないでしょうが、
私的には「アメリカンビューティー」よりも
解りやすかったように思います。

夫婦としてのコメントをするとしたら、フランクは相当いい旦那さんだと思います。
エイプリルも、ナニーやシッターが充実してる時代環境だったら違ってたのかも。

最後のシーン、
あの対応は私もよくやってますよ。(他人に)
本日鑑賞しました! (のりちゃん)
2009-01-30 00:58:29
はじめまして!ネットで検索してたどりつきました。
この映画、ケイトは絶賛されているのに、レオを褒めているコメントは滅多に見ないので、
ファンとしてうれしくなって、書き込みさせていただいています。

私は果敢にも?夫婦(結婚10年+α・子供二人)で鑑賞しました。
夫は「いや~、どっちの感情もわかるよ。男の弱みがリアルに描かれていてつらかったし、奥さんもかわいそうな人だ。」
との感想で、二人で大いに語り合えたので、とりあえず安心(笑)です。

鑑賞中、ケイトの演技は、役柄が強烈という旨みもあるとはいえ、もはや大女優の貫禄とすごみを漂わせていて、
対するレオは役がやや小さく受身なせいもあって、かなわないのも致し方なし、そもそもケイトが発掘した企画だしね...
なんて思いつつ観ていたのですが...

最後の激しいバトルで、レオが理性を失って決定的な言葉を吐くシーン!!
突然、自分の感情がぴたっと彼に同化してしまったかのように、
体がガクガクブルブル震えて、涙が出てきてしまったのです。
映画は結構見てますが、ここまでの経験は初めてのことで、このシーンだけでレオにKOされました...。
彼以上に上手い俳優、かっこいい俳優は、いくらでもいますが、感情表現のリアルさ・明確さ・瞬発力において、
やはりレオは特別な俳優だなぁと改めて思った作品でした。
見応えはありましたが・・ (ひろちゃん)
2009-01-30 02:13:39
作品としては好きではなかったです(^^ゞ
皆さんが言ってますが、やはりエイプリルには
共感ができなかったです・・・

えいさんがお薦めのレオの演技を楽しみに
観に行きました。いろんなことを我慢して
最後言ってはいけないことを口にしてしまう
感情が爆発するレオとその後の切なそうな
レオが心に残りました(T.T)
ラストのほうで、公園で遊ぶ子どもたちを観ているレオの表情が切なかったです(T.T)

好きな作品とは言えませんが、いろいろなことをか考えさせてくれた映画でした^^
■ノラネコさん (えい)
2009-01-30 23:38:34
こんばんは。

そんなに煽ってましたか?
やばいやばい。
でも気に入っていただけたようでなによりです。
観るのがつらい映画ですが、
引き込まれました。
本当によくできている映画だと思います。
■うめさん (えい)
2009-01-30 23:50:21
こんばんは。

ご覧になられたんですね。
あの朝食のシーン、
あれこそ映画ならではの演出だとぼくは思います。
この映画、その中身よりも
「映画を観た」という気にさせてくれたのが
何よりの収穫でした。

内容的な部分でいえば、
ぼくも、
相手からすると放ってほしくて
黙っていなければいけない時に、
あせって問題点をなくそうとしゃべってしまい、
かえって傷口を広げ、
嫌がられているような…
と、これは反省。

そうか。あのラストの方法は一般的なんですね。
あまり真剣に物事をとらえないほうがいいのかも。

■のりちゃんさん (えい)
2009-01-31 00:04:37

こんばんは。
はじめまして。

おこしいただけて本当にうれしいです。
しかし、素敵なご家族ですね。
この映画をご覧になったあとで、
そのような夫婦の会話ができるなんて。

ぼくもディカプリオは天性の才能を持っていると思います。
『ギルバート・グレイプ』に、
すでにそれは表れていました。
なぜ、ここまでオスカー会員に無視されるのかわかりません。
まあ、アカデミー賞がそれほどのものとも思わないのですが、
やはりお祭りは楽しみたいです。

これからもまたよろしくお願いいたします。

■ひろちゃんさん (えい)
2009-01-31 00:09:56
こんばんは。

共感できるできない以前に、
映画として見ごたえがありました。

だけど、
こういう映画を作る人の気持ちがよくわからないです。

最近『スラムドッグ&ミリオネア』を観たのですが、
これぞまさに
映画はこうあってほしいというお手本のような作品でした。
お勧めです。
でもオスカーは『ベンジャミン・バトン』なんだろうなあ。
Unknown (うめ)
2009-01-31 15:57:21
お返事ありがとうございました。

》この映画、その中身よりも
「映画を観た」という気にさせてくれたのが
 何よりの収穫・・・

ほんとに、感情移入も共感もしないのに、この充足感は何だ?と思ったのですが、そういうことなんですね。
予定外に観る事ができ、ラッキーでした。

映画案内、ありがとうございました。(笑)
こんばんわ (キング)
2009-02-02 00:03:23
この映画はデートに不向きな映画でしょうね~
でもあの2人の共演ってだけでカップルで見にいっちゃうんでしょうね。
タイタニックとのギャップの驚くでしょう・・・

正直期待してなかったけど、なかなか面白く見れましたね。
お爺さんの補聴器の音量しぼるのがよかったです
■キングさん (えい)
2009-02-02 09:51:44
おはようございます。
そう、これほどデートに不向きな映画も珍しい(笑)。
配給、宣伝も罪なことするなあ。
しかし補聴器にはぼくもやられました。
50年代 (aq99)
2009-02-09 23:19:39
「いい朝食だ」というわりに、ものすごいホラー映画みたいな、ただならない空気が画面中漂ってましたよね~。「ディカプリオー、仕事に行くな~~」と思ってたんやけど。。。
■aq99さん (えい)
2009-02-10 18:01:04
こんにちは。
この戦慄はただごとではなかったです。
こういう監督がスティーヴン・キングとか撮ったらどうなるんだろう?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ともやの映画大好きっ!)
(原題:REVOLUTIONARY ROAD) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★☆☆☆) 1961年に発表されたリチャード・イエーツの処女小説「家族の終わりに」を映像化。 「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、11年ぶりに競演するヒューマンド...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (MOVIE レビュー)
1月24日(土)公開予定の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の 主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。 ちなみに、ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞...
「レボルーショナリー・ロード~燃え尽きるまで」 (たいむのひとりごと)
”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ    ケイト・ウィンスレット    キャスリーン・ハーン    マイケル・シャノン    デビッド・ハーバー    キャシー・ベイツ そうだ!パ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (そーれりぽーと)
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップル...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (利用価値のない日々の雑学)
ディカプリオとウインスレットの共演だからやはり映画史に残るあの作品「タイタニック」を思い出してしまうのは仕方が無いことだと思う。当のディカプリオですらその類の発言を何度もしているのだから。しかし、あの作品の呪詛を取り除くが如くのウインスレットのゴール...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
  = 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  (2008) = 1950年代、半ば。 富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は、二人の子どもにも恵まれ、幸せに暮らし...
[映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作といえよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/Revolutionary Road (いい加減社長の映画日記)
ここんところ、観たい映画が目白押し。 困ったもんです。時間的にも、お金的にも^^; まずは、「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」を選択。 ディカプリオ、ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演。 そして、アカデミー賞候補になったことでも話題に...
レボリューショナリー・ロード ~燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD (我想一個人映画美的女人blog)
『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演と 色々な映画賞でもケイトの演技力に注目が高まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ました~ 初日の夜なのにガラガラ~{/down/}{/face_sup/} 皆 007の方に流れた...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (Sweet*Days**)
監督:サム・メンデス  CAST:ケイト・ウィンスレット、レオナルド・ディカプリオ、キャシー・ベイツ 他 ゴールデングローブ賞 主...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (めでぃあみっくす)
本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映画でしたが、見終わった後、年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうに...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (to Heart)
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008・アメリカ/イギリス) (白ブタさん)
タイタニック以来の共演というレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。 恋愛物かと思ったのですが・・・
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (心のままに映画の風景)
1950年代のコネチカット州。 “レボリューショナリー・ロード”と名づけられた新興住宅街に暮らすフランク(レオナルド・ディカプリオ)とエ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road (映画!That' s Entertainment)
●「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road」 2008 アメリカ Dream Works SKG,BBC Films,119min. 監督:サム・メンデス  原作:リチャード・イェーツ「家族の終わりに」 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャ...
映画 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説を原作に、『アメリカン・ビューティー』のアカデミー賞受賞監督サム・メンデスが映像化。1950年...
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】★レオナルド・... (猫とHidamariで)
それは-誰もが逃げられない≪運命の愛≫あなたの最愛のひとは  あなたを愛していますか―。 レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまでHPレボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで英題:REVOLUTIONARYROAD製作年:2008年製作国:アメリカ/イギリス日本公開:...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ~ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました~ (お客さんが6~7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・...
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 (日々のつぶやき)
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ あなたの最愛の人は あなたを愛していますか ―。 「田舎のレボリューショナリー・ロードに住む夫婦フランクとエイプリルと二人の娘。誰もが認める理想的な
映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008年、米・英) (富久亭日乗)
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (悠雅的生活)
すれ違う心。愛しているはずなのに…   
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで(08・米・英) (no movie no life)
「タイタニック」の主演2人が、今度は夫婦の危機を演じる・・・という触れ込みは、ファンでなくても注目するだろう。 ところが、ふたを開け...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
待望の、と言っていいだろう。 「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、映画史上空前絶後のヒット作「タイタニック」の主演コ...
レボリューショナリー・ロード (Peaceナ、ワタシ!)
- あなたの最愛の人は あなたを愛していますか-。 レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、「タイタニック」以来の共演となる2人の主演作ともなれば、当然話題性抜群。しかも監督はサム・メンデス(ケイトの旦那様!)です。 結婚の理想と現実の狭間にゆれ...
★レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで(2008)★ (CinemaCollection)
REVOLUTIONARYROADそれは──誰もが逃れられない<運命の愛>あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。<↑そう言う感じの映画ではなかったような・・・>上映時間119分製作国アメリカ/イギリス公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2009/01/24ジャンルドラ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (ももママの心のblog)
タイタニックで競演したあの二人が11年後にまた競演する。あの恋は悲劇で終わったけれど、理想的に見える家庭を築いたウィーラー夫妻を描く。虚しい日々の中でもがく二人が、次第に追い詰められてい行く様は、必ずしも共感を得ていないようだけれど・・・。
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 (+++ Candy Cinema +++)
【REVOLUTIONARY ROAD 】【監督・制作】 サム・メンデス   【原作】 リチャード・イェーツ『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊)    ...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャ...
レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで (Diarydiary!)
《レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで》 2008年 アメリカ/イギリ
婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (水曜日のシネマ日記)
夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで-★★★★- (not simple.)
  英題: REVOLUTIONARY ROAD 製作年: 2008年 製作国: アメリカ/イギリス 日本公開: 2009年1月24日 (丸の内ピカデリー1 ほか) 上映時間: 1時間59分 配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン 公式サイト スタッフ 監督・製作: サム・メンデス 原作: ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは──誰もが逃れられない<運命の愛> あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。』  コチラの「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、不沈の大ヒット作「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの再共...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (小部屋日記)
Revolutionary Road(2008/アメリカ=イギリス)【劇場公開】 監督・製作: サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/キャシー・ベイツ あなたの最愛のひとは あなた...
No.012 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年 119分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 サム・メンデス 出演 レオナルド・ディカプリオ    ケイト・ウィンスレット    キャシー・ベイツ    レオナルドディカプリオとケイトウィンスレットがタイタニック以来の久々の共演作品。 11年ぶりの共演らしいけどあれから二人は人間的にも役者として...
『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』 (『映画な日々』 cinema-days)
 アメリカの作家リチャード・イエーツの小説   『家族の終わりに』('61)を映画化。    個人評価 ★★☆  
レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで■この脇役がすごい! (映画と出会う・世界が変わる)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの熱演・好演に異論はないが、この主人公ふたりを引き立たせて、この映画の核心をついている脇役はキャシー・ベイツ演じるヘレンの息子ジョンである。心を病む人物であるが、二人の実体を見事に顕在化していくのである。...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (pure's movie review)
2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の終わりに』( CAST レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット  キャシー・ベイツ マ...
多くは覚悟でなく愚鈍と慣れでこれに耐える。 (This Must Be the Prace)
Plenty of people are onto the emptiness, but it takes real guts to see the hoplessness. 誰もが地に足をつけざるを得ない。だからこそ飛翔しようとする人間に対して周囲は嫉妬を隠せない。しかもそれは、無意識の皮を被った嫉妬だ。遠くへ行ってしまう二人に自ら訳...
映画鑑賞記「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.02.06 鑑賞場所:シネマイクスピアリ それは─誰もが逃れられない<運命の愛> <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  1950年代のアメリカ。エイプリル(ケイト・ウィンスレット)とフランク・ウィーラー(レオナルド・ディカプリオ)の夫婦は...
★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 働くヨメさん (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
おっ!なんか浜田省吾かTHE ALFEEの曲みたいなタイトルやなぁ~。 ケイト・ウィンスレットが、ゴールデン・グローブ賞主演女優・助演女優のダブルノミネート、主演女優賞をこの映画で受賞したんやけど、アカデミー賞では助演の方の映画で主演にノミネートされとる。 よう...
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード   レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:サム
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
映画史上永遠のカップル―― レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット待望の再競演。 運命のふたりがたどり着く、愛の終着点。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Memoirs_of_dai)
結婚は人生の墓場 【Story】 1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Addict allcinema 映画レビュー)
あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONARY ROAD) (シネマ・ワンダーランド)
オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマン・ドラマ「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きる...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (make myself just as hard)
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」(2008年・アメリカ/イギリス)フランク(レオナルド・ディカプリオ)にとっての父親の存在の大きさが、印象的に描かれていた。DVDの特典映像を見ると、フランクが父親と過ごした時間の回想シーンがもともとは含ま...