ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『歩いても歩いても』

2008-06-04 21:57:35 | 新作映画
----これって是枝裕和監督の『誰も知らない』以来となる現代劇。
けっこう話題を読んでいるよね。
「うん。彼はドキュメンタリー現場が長く、
その後に作られた最初の劇映画が『幻の光』。
それ以降も『ワンダフルライフ』とか『ディスタンス』とか…。
正直言って、
どちらもぼくにはあまりピンとこなかったんだけど、この映画は別。
もう彼独自の世界を確立していると思ったね」

----どういうところが?
「この映画、最初のうちは何が起こっているのか皆目分からない。
で、見ているうちに、次第に、
『ほほ~っ、今日はある人の命日で、
家族が集まってきているんだな』と分かってくる。
徐々に状況を説明するという、その構成からしても
あまり中身を明かさない方がいいという気がしないでもないんだけどね」

----???????
「でも、まったく説明しないと
映画の観どころについても触れられないから
少しだけ。
舞台は、ある老夫婦が住む高台にある家。
その夫婦の長男の命日にやってきた次男夫婦との会話によって
映画は進んでゆく。
ところがその会話というのが、普段の人間関係ではありえないような
皮肉で辛辣な言葉が飛び交うんだね。
表面的には、ぼくらはそれを笑って観られるけど、
中にはかなり残酷な言葉も出てくる」

----ふうん。そうか、
つまるところ、これは一種の家庭劇ニャんだね。
「そういうこと。
この映画を観る限り、
是枝監督はかなり周囲の人々を観察しているね。
その昔、環八のファミレスで
カップルたちの会話に耳を傾けてそれを歌にした
ユーミンのように----」

----なるほど、それだけリアルなんだ。
「うん。ちょっと辛くもある。
しかし、逆にこうも考えたんだ。
たとえば小津安二郎の映画を
いまの人が受け入れているように、
この映画の中の辛辣な笑いは30年後、50年後も
同じように受け入れられるのではないか…と。
いや、受け入れられてほしいなと」

----どうして?
「辛辣で残酷ながらもそれを口にすることが許しあえる、
“素敵に不思議な”関係。
それはある意味、家族だけが持てる特権。
これはもしかしたら、
日に日に殺伐としてゆく人と人の交わりの
最後の希望なのかもしれない……。
と、ぼくはそう思ったわけだ」

-----ZZZ……人間ってヤツは……むにゃむにゃ。

(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「フォーンはお母さん覚えてないのニャ」悲しい

※タイトルは“いしだあゆみ”だ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『きみの友だち』 | トップ | 『風が吹くとき』(デジタル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2008-07-25 01:23:43
私は是枝さんの映画、デビュー作から大好きなんですけど、ここへ来て一段と深化したなあという気がしています。
ドキュメンタリストならではの視点と、物語としての洗練さが上手い具合に融合してきていると思います。
この映画もどこにでもあるようだけど、しっかりとテーマを組み込んで描いていますね。
なんだか身につまされるような描写ばかりでした。
今年の盆はちゃんと実家に帰ろうと思いましたもの(笑
■ノラネコさん (えい)
2008-07-26 22:55:31
こんばんは。

ぼくは是枝監督、かつては肌に合わなかったんです。
特に劇映画デビューの『幻の光』がダメで…。
この映画もドキュメンタリー出身作家ならではの
独特の間の捉え方を持っていると思いますが、
当時に比べて
映画として「見せる」ことの「余裕」が出てきた気がします。
そのターニングポイントは、やはり
『誰も知らない』からではないでしょうか?




コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
自分ち?(映画/試写会:歩いても歩いても) (美味!な日々)
是枝裕和:監督・原作・脚本・編集(役割多すぎ!!)の映画『歩いても歩いても』の試写会に行ってきました。映画美学校の試写室で行われた試写会、80ちょっとの席数&座り心地のいい椅子だったので、ミニシアター気分を満喫しました。
『歩いても 歩いても』プレミア特別上映 2008-No31 (映画館で観ましょ♪)
是枝裕和監督と阿部寛さんを かなり上の席から見てきました。 遠くからでも顔が小さくてスタイルの良さが分かる阿部さん。 少し間を取...
「歩いても歩いても」舞台挨拶試写会 (アートの片隅で)
「歩いても歩いても」の舞台挨拶試写会に渋谷CCレモンホールに行って来ました。 舞台挨拶の割には、並んでいる人が少なめで、ちょっと驚きました。 以前、この会場で同じシネカノンの「歓喜の歌」舞台挨拶試写会が、もの凄い人だったので、拍子抜けしましたが、考えてみ...
「歩いても歩いても」プレミア試写会 (まぁず、なにやってんだか)
昨日、C.C.Lemonホールの「歩いても歩いても」プレミア試写会に行ってきました。 招待ハガキには、阿部寛さんが舞台挨拶されると書いてあったので、もう何日も前からワクワクしていました。 当日の舞台挨拶は、昭和の雰囲気をかもし出している部屋のセットに、阿部寛...
「歩いても 歩いても」:月島駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}月島にもこんな高いタワーがあるのか。 {/hiyo_en2/}歩いて登ったら大変でしょうね。 {/kaeru_en4/}歩いても歩いてもてっぺんにつかない。映画の「歩いても歩いても」みたいに。 {/hiyo_en2/}って、映画の「歩いても歩いても」ってそういう話じゃないでしょ...
「  歩いても 歩いても (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【歩いても 歩いても】2008年6月28日(土)公開 監督・脚本・編集 : 是枝裕和 ...
『歩いても 歩いても』 久しぶりに実家へ帰った気分 (ketchup 36oz. on the table)
『歩いても 歩いても』を観てきました。 場所は、シネカノン有楽町1丁目。 初日舞台挨拶ということで、是枝監督、阿部寛、夏川結衣、田中祥平、YOU、樹木希林、原田芳雄、高橋和也が上映前に登壇。 なんたって“青い鳥”以来の夏川結衣ファンなもので、初の‘生’結衣...
歩いても 歩いても (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。是枝裕和原作、監督。京浜急行三浦海岸駅前の不二家で一息つく横山良多(阿部寛)、妻ゆかり(夏川結衣)、息子あつし(田中祥平)。普通なら一気に実家へのはずだが、心の準備ができておらず、いつまでもうだうだするところが痛い。
歩いても 歩いても (映画通の部屋)
「歩いても 歩いても」製作:2008年、日本 114分 監督、原作、脚本、編集:
『歩いても 歩いても』 (音次郎の夏炉冬扇)
前作がカンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞して世界中から注目された是枝裕和監督の新作。『誰も知らない』は実際にあった「巣鴨子ども置き去り事件」をモチーフにしていて衝撃的でしたが、その後にダイハツのミラのCMで母親役のYOUが「お母さんは今日同窓会だから♪」...
『歩いても歩いても』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「歩いても歩いても」□監督・原作・脚本・編集 是枝裕和 □キャスト 阿部寛、樹木希林、夏川結衣、原田芳雄、YOU、高橋和也、田中祥平、寺島進 ■鑑賞日 6月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0....
『歩いても 歩いても』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督・原作・脚本・編集:是枝裕和出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<Story>ある夏の終わり。横山良多(阿部寛)は妻・ゆかり(夏川結衣)と息子・あつし(田中祥平)を連れて...
『歩いても 歩いても』 (カエルノセカイ)
ある夏の日。 赤い電車に乗って、横山良多(阿部寛)たち三人は、良多の実家へと向かっていた。 同行する妻のゆかり(夏川結衣)の表情は、ややこわばっている。 ゆかりはつい先日、良多と子連れで再婚したばかり。 亡夫との間の子あつし(田中?平)は、良多に懐いていな...
【歩いても 歩いても】 (日々のつぶやき)
監督:是枝裕和 出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、樹木希林、原田芳雄、高橋和也 「兄の15周忌に久しぶりに実家に戻った良多。再婚の妻とその息子も一緒、しかも失業中の身で、両親・・特に元医者で厳格な父には知られたくない。 姉家族も一緒で、母の得意料理も並び賑...
「歩いても 歩いても」家族劇の名作 (ももたろうサブライ)
監督 是枝裕和少しあらすじ 横山家では母(樹木希林)と娘ちなみ(YOU)が料理をしていた。ちなみは家族と一緒に両親と同居することを申し出ていた。 そこへ横山良太(阿部寛)が妻(夏川結衣)と子どもを伴って帰省する。この日は良太の兄で後継ぎとして期待されていた...
『歩いても歩いても』 (めでぃあみっくす)
この映画は是非お盆までに見ていただきたい、できれば夏休みに入ったばかりのこの時期に是非!そう言いたくなるような、見終わった後にじわじわと心に入ってくるような映画でした。静かで地味で何も起こらない映画なんですが、死というものを直接描かずに雰囲気として匂わ...
歩いても 歩いても (ゆるり鑑賞 Yururi kansho)
映画「歩いても 歩いても」サウンドトラック(2008/06/11)ゴンチチ商品詳細を見る 監督:是枝裕和 (2007年 日本) 【物語のはじまり】 夏のある...
「歩いても、歩いても」ありふれた坂道 (再出発日記)
ありふれた家庭の、長男の命日に集まった妹夫婦と二男夫婦と父母の2日間。監督・原作・脚本・編集:是枝裕和出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平、樹木希林、原田芳雄それだけを映すことが果たして映画になるのかと言うと、十分価値のある一作になった。...
是枝裕和監督の「歩いても 歩いても」を観た! (とんとん・にっき)
新宿武蔵野館で、是枝裕和監督の「歩いても 歩いても」を観てきました。阿部寛、YOU、樹木希林、原田芳雄など、芸達者な俳優が数多く出ているので、普段はあまりこのような映画は観ないのですが、なぜか観てみたくなり、行ってきました。チラシに、「家族のことを想う時
歩いても 歩いても (to Heart)
人生は、いつもちょっとだけ間にあわない 製作年度 2007年 上映時間 114分 原作・脚本・編集・監督 是枝裕和 音楽 ゴンチチ 出演 阿部寛/夏川結衣/YOU/高橋和也/田中祥平/寺島進/樹木希林/原田芳雄 長男の命日のために、老いた両親に家に久々に顔を揃えたある一...
【2008-174】歩いても 歩いても (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その日、家族は久しぶりに集まった──。 長男の15回目の命日 人生は、いつもちょっとだけ間にあわない
「歩いても 歩いても」 (俺の明日はどっちだ)
『人生は、いつもちょっとだけ間にあわない』 親子、兄弟、従兄弟、姑…、さまざまな家族の係わり合いを通じて人間同士の距離感や結びつきを改めて考えさせてくれ、個人的には今年一番心に染み渡った家族ドラマの秀作。 長男の命日のために開業医として働いていた老いた...
歩いても 歩いても・・・・・。 (銅版画制作の日々)
 歩いても~♪歩いても~ このタイトルは、これだったのだそう、あのいしだあゆみが歌った「ブルーライト・ヨコハマ」。懐かしい~~ 8月8日、京都シネマにて鑑賞。何が凄いって、樹木希林の演技だ漂々としていて、彼女の口から吐き出す言葉は結構怖いものがある。ま...
「歩いても 歩いても」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・シネカノン/監督:是枝 裕和) 「幻の光」、「ワンダフル・ライフ」、「誰も知らない」、「花よりもなほ」と、1作ごとに違うジャンルに挑戦しつつも、着実に実力を高めて来た
歩いても歩いても (シネマ大好き)
冒頭、母(樹々希林)が娘(YOU)と料理の仕度をする場面。皮を剥かれるにんじんや、包丁で切られるミョウガ、ざるで水を切られる枝豆が瑞々しく、「パフューム」を思い出した。海辺に続く階段も、家の内も外も、強すぎない光と影が微妙に交錯して、つつましい何気な...
【映画】歩いても 歩いても (新!やさぐれ日記)
▼動機 是枝裕和 ▼感想 面白かった ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 夏のある日、横山良多(阿部寛)は妻のゆかり(夏川結衣)と息子のあつし(田中祥平)とともに実家に帰省した。この日は、15年前に他界した兄の命日。しかし、キュレーターの仕...
歩いても 歩いても (悠雅的生活)
 百日紅。剥がれたタイル。おばあちゃんち。
『歩いても歩いても』@ギンレイホール (たーくん'sシネマカフェ)
シネカノン配給でよい作品そうなのはわかっていたけど待ち。やはり名画座へ来てくれました♪(もちろんギンレイ)「歩いても歩いても」(C)2008「歩いても 歩いても」製作委員会監督・原作・脚本・編集:是枝裕和出演:阿部寛、夏川結衣、YOU、高橋和也、田中祥平....
「歩いても 歩いても」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ある家族のリアル。たった二日間、正味丸一日の彼らの会話と日常で、ここまで表現できるなんて!
mini review 08357「歩いても歩いても」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『誰も知らない』『花よりもなほ』の是枝裕和が、家族の情景を鋭くとらえ、しんみりと描いたホームドラマ。15年前に死んだ兄と比較されて育ち、実家に居心地の悪さを抱いている男を阿部寛がユーモアと悲哀を込めて演じる。そのほか、夏川結衣、樹木希林、原田芳雄などが家...
歩いても歩いても (こんな映画見ました~)
『歩いても歩いても』 ---STILL WALKING--- 2007年(日本) 監督:是枝裕和 出演:樹木希林原田芳雄 阿部寛、夏川結衣 、YOU、田中祥平、加藤治子 長男の命日のために、老いた両親に家に久々に顔を揃えたある一家の一日をスケッチしたホロ苦くも温かな家...