ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『彼女を信じないでください』

2005-03-07 23:07:06 | 新作映画
------これってこの前、話に出た『オオカミの誘惑』の人だ。
「そう、カン・ドンウォンね。
でも、こっちの映画の方が先に撮影されてたんだってさ」

------また、少女漫画風のお話?
「う~ん、そう言えないこともないけど、
タイトルからも分かるように、こちらはラブコメディ。
乙女チックな憧れで観に行くと調子が狂うかも」

------なるほどまた“彼女”だ。
まさかヒロインはチョン・ジヒョン?
「いやいやそうじゃないよ(笑)。
『リメンバー・ミー』で
ヒロインを演じたキム・ハヌルっていう女性。
あの映画では70年代の女子大生役だったこともあり、
とてもシックなイメージだったけど、こちらは現代の女詐欺師。
見事なコメディエンヌぶりを見せてくれる。
顔も、余貴美子を若くしたような感じ。
ときどき天地真理にも見えた(笑)」

------女詐欺師?------と言うことはコンゲーム?
結局、観客もダマされてましたという手合いの…。
「いやいや、そこまで凝った映画ではないよ。
物語はと言うと------
詐欺罪で服役中のヨンジュ(キム・ハヌル)は
ウソツキの才能をフルに発揮して仮釈放に成功。
ところが姉の結婚式に向う途中、
偶然向い合わせの席に座った
ヒチョル(カン・ドンゥオン)の指輪がスリに擦られるのを目撃。
追いかけてどうにか取り戻すものの、その間に列車が動きだしてしまう。
ところが列車には姉へのプレゼントが入った大切な『彼女』のバッグが…。
バッグを取り戻そうとヒチョルの実家へ向かった『彼女』は
そこで自分のことをヒチョルの「新しい嫁」と、
口からでまかせの紹介をしてしまったために
騒動が大きくなっていく----と、こういうお話さ」

------典型的なコメディ・パターンだ。
なんかバカバカしそうな感じもするけど…。
「うん。最初のうちは、なぜこんなに嘘が膨らむの?とか、
どうしてだれも『彼女』を信じて疑わないの?とか、
呆れながら観てたけど、途中であることに気がついた」

------と言うと?
「これは『彼女』をそのまんま信じるような
純朴な人ばかりが住むのどかな田舎でのお話。
そんな暖かい環境の中、『彼女』は再生していくわけだ。
しかも、その本質である『彼女』自身の優しさも自然に表面に出てくる。
そう、このカントリーっぽさと人情こそがこの映画の最大の特徴だね。
そういえば後半のクライマックスで
『Mr.唐辛子コンテスト』というのが出てくるけど、
ここのタッチは韓国でも人気のあるという
井筒監督の『のど自慢』を思い出したね。
こちらもやはり田舎の人情話だった」

------カン・ドゥオンはどうだった?
「『オオカミの誘惑』とは正反対の冴えない男を演じてるけど、
劇中、いろんな人に殴られたり、
本物の唐辛子を大量に口にして鼻水まみれになったりと、大熱演。
それでもブレッドの「Aubrey」をギターでつま弾き歌うシーンなんかは
ファンにはたまらないと思うよ」

 
     (byえいwithフォーン)

※心ぴょんぴょん度}人気blogランキングへ}
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『PTU』 | トップ | 『チャレンジ・キッズ 未来... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに (asa)
2005-03-08 00:23:52
彼、大熱演(?)でした…って言うか、頑張ってましたが、下手でした(苦笑)。あのコンテストは一体…。
いやいや (えい)
2005-03-08 00:57:59
いま読み返すと、

持ち上げすぎで恥ずかしい(笑)。

でも、なんか憎めないです。



ただ、あのオチは

一昔前のトレンディドラマみたいで

これまた恥ずかしかったです。
20年前 (asa)
2005-03-08 01:11:49
まではいかないかもしれませんが、韓国映画ってちょっと前の日本に戻ったような感じですよね。

TBありがとうございます (韓流商店)
2005-03-08 12:33:38
tbありがとうございます。

きれいなブログですね^^

またよらせていただきます。
>韓流商店さん (えい)
2005-03-08 18:23:29
お越しいただいた上、

コメントまでいただきありがとうございます。



「きれいなブログ」とおほめいただき嬉しいです。

テンプレート、ときどき変えてるのですが、

なぜかいつもこのブルー系に落ちついてしまいます。



これからも韓国映画、どんどん書きます。

さしあたってはウォンビンの『マイ・ブラザー』かな。

これからもよろしくお願いします。
はじめまして (cheap)
2005-03-08 18:58:56
ご訪問&TBありがとうございました。

私もTBさせていただきました。

これからも宜しくお願いします。

>cheapさん (えい)
2005-03-08 19:34:52
こちらこそありがとうございます。



よろしかったら、これからも遊びに来て下さい。

よろしくお願いします。
はじめまして!! (starfish)
2005-03-08 22:06:56
はじめましてstarfishです。トラックバックありがとうございました。まだまだ立ち上げたばかりで、ブログも初心者なので、、、、実はトラックバックのやり方わかりません。。。記事がとっても素敵でおもしろかったです!ちなみに、彼女を信じないで下さいは、もちろんファンにはたまらない映画です!オオカミの誘惑とほんっとに正反対な感じの役柄で、、でも、カン・ドンウォン君がやたらとおばかさんで素直な感じがよかったです。演技はちょっと?みたいな韓国での批評もありますが、、表情がコロコロかわったり、映画の中ではちょっとダサイ?感じだけど、普段は元モデルでいろんな洋服を格好良く着こなしちゃうところのギャップがよいですよぉ~

ではまた来ますね! 
>starfishさん。 (えい)
2005-03-08 22:14:35
コメントありがとうございます。

starfishさんはURLにも「ドンウォン」が入ってられる

コアなファンの方ですね。



またいらしてください。

これからもよろしくお願いします。



どうも (blue-ryan)
2005-03-08 22:50:05
トラバありがとうございます。

私はキム・ハヌル(今作限定)がふと青木さやかに見えて仕方ありませんでした ^_^;

全然似てないのに不思議です~。
>blue-ryanさん (えい)
2005-03-08 23:18:35
こんばんは。



キム・ハヌル、よくここまで変わりました。

今後が楽しみですね。
こんにちは (take_aruji)
2005-03-09 15:35:49
はじめまして!

訪問&トラバ ありがとうございました。<m(__)m>

ハヌルちゃんのくるくる変わる表情が気に入っています。

こちらからも、トラバさせて頂きました。

よろしくお願いします。
>take_arujiさん (えい)
2005-03-09 22:37:22
コメント&トラックバックありがとうございます。

キム・ハヌルいいですよね。

ぼくはやはり『リメンバー・ミー』ですが....。
Unknown (悲しい目)
2006-02-03 13:58:12
「彼女を信じないでください」の中で、カン・ドンウォンさん(ヒチョル)が歌う曲がありますね。アメリカの4人組ロクグルプ「Bread」の 「Aubrey」という曲



こちらで、ドンウォンさんの歌が聴けます。

http://www.fabian.pe.kr/mall/m_mall_detail.php?ps_ctid=02080000&ps_goid=219



ドラマ「1%の奇跡」では、プロポズの時、ピアノを引きながら、歌う場面があります。



こちらで、プロポズ場面の動画とCFが観れます。

http://www.fabian.pe.kr/mall/m_board.php?ps_db=kangdongwon

■悲しい目さん (えい)
2006-02-04 00:15:58
こんばんは。



「Bread」の 「Aubrey」はぼくも好きな曲です。

サイトのご紹介、ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
3月7日(月) 『彼女を信じないでください』 (映画の胃袋 Живот киноего)
★★ 『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』…そして、『彼女を信じないでください』…。最近の韓流恋愛映画は「彼女」という言葉を入れるのが鉄則か?! まあ、それはいいとして。詐欺罪で刑務所に入っていた女と純朴な薬剤師の男が、列車の中で向かい合わせに座ったのが
彼女を信じないでください (cheapの日記)
囚人番号1719、詐欺師のチュ・ヨンジュ(キム・ハヌル)は、天性の嘘つきの才能を発揮して見事審査をパス。晴れて仮出所となった。 姉の結婚をお祝いするためにプサンに向かう。同じ列車に乗り合わせた薬剤師のチェ・ヒチョル(カン・ドンウォン)。恋人ジェオンにプロポ
『彼女を信じないでください』 (偏屈小姐)
この作品で初めてカン・ドンウォンを拝見。髪型がなんか変だし、情けない役なんだけどなんだか可愛くて憎めない(憎む必要もないが)。コメディエンヌとしてのキム・ハヌルが好きなので期待して視聴したもののそれに違わず面白かった! 以下、ネタバレ!!
彼女を信じないでください (韓国 カンドンウォン キムハヌル) (おいらは韓ドラマー)
公約どおり(笑)、カン・ドンウォンモードに入りました。  キム・ハヌルやってくれます。同い年の家庭教師以上に見事なまでにはっちゃけています。HappyTogeter、秘密、氷雨、は、なんだったの~~。キム・ハヌルも引き出しの多い女優さんだんだなぁ…。{/hiyo_en2/} しか
彼女を信じないでください(5月28日公開) (映画の花道)
最近低迷中だった韓国映画の得意ジャンル(ラブ・コメ)が完全復活! 最高の仕上がりで日本でもヒット間違いなし?! 観て、笑って、泣いて、じんわり幸せ感じよう~!! ●特にこんな人にお薦め -うそがつけない人 -うそをつくのがうまい人 -韓国映画ののラブ・
【韓国】本日公開!『マイ・ブラザー』 『彼女を信じないで下さい』... (☆ Asian entertainment and sports ☆)
{/new_color/}本日より公開です! 「マイ・ブラザー」 日本HP 韓国HP 出演:ウォンビン シン・ハギュン キム・ヘスク イ・ボヨン キム・テウク チョン・ホビン監督・脚本:アン・クォンテ(\'04韓/UIP)113分 MovieWalker   「彼女を信じないでください」 
『彼女を信じないでください』 (京の昼寝~♪)
 “嘘つきは恋のはじまり”   ■監督 ペ・ヒョンジュン ■キャスト カン・ドンウォン、キム・ハヌル、ソン・ジェホ、キム・ジヨン、イ・ヨンウン  詐欺罪で服役中のヨンジュ(キム・ハヌル)は、ウソつきの才能をフルに発揮して仮釈放に成功。 姉の結婚式に向かう列車
関西系韓国コメディ◆『彼女を信じないでください』(2回目) (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
7月13日(水) THE HALLにて 前回のレビューで書いたが、1度目の鑑賞の時は不覚にも眠ってしまい、私の中で、途中15~30分くらいのシーンが欠落していた。 それなのに目が覚めてからの展開がものすごく面白くて、途中眠ってしまったことを公開したほどだった。 だから
彼女を信じないで下さい Too beautiful tolife カン・ドンウォン キム・ハヌル主演☆韓国映画 (韓韓ドラドラ!!)
彼女を信じないでください  彼女を信じないで下さい・・・カン・ドンウォン キム・ハヌル主演のロマンティックラブコメの映画です。 カン・ドンウォンと言えば・・・韓国では、恋人にしたい男優No.1に選ばれ!日本では、映画「オオカミの誘惑」に主演!韓国ドラマ「
彼女を信じないでください (ネタバレ映画館)
 「嘘」は頭脳ゲームなんです。記憶力も瞬発力も持ち合わせてないので、完全にひっかかりそうです・・・  キム・ハヌル、今まではそれほどいい女優だとは思わなかったけど、あの涙は本物ですよ。詐欺師の役なので、表情も豊か。嘘をつくときには見破ることは難しいけど、
彼女を信じないでください (Alice in Wonderland)
これが今日三本目の映画です。頭空っぽで見れる映画だったのででした。 刑務所で服役中の女詐欺師ヨンジュは、天性の嘘と演技で委員会の同情を買い、保釈を勝ち取って列車の中へ。そんな彼女の向いに座ったのが、真面目な薬剤師の青年ヒチョル。彼が大切にしていた婚約...
【韓国映画】彼女を信じないでください  キム・ハヌル カン・ドンウォン主演 (あるある人気アイテム紹介隊)
詐欺師のヨンジュは、列車で前に座った男性ヒチョルの婚約指輪がスリに盗まれる瞬間を
「彼女を信じないでください」このカン・ドンウォンはアリなのか (soramove)
「彼女を信じないでください」★★★ カン・ドンウォン、キム・ハヌル主演(DVD) ペ・ヒョンジュン監督、2004年、韓国 最新作 「デュリスト・刑事・ヒョンサ」@過去記事へジャンプ← を昨年9月に見た後では この映画のカン・ドンウォンは 信じられない気...
彼女を信じないでください 06年2本目 (猫姫じゃ)
彼女を信じないでください これは、、、あたしの評価が、悪い訳無いじゃない!もう、大好きyo! こういうの。 といっても、ごめんなさい、カン・ドンウォン ファンという訳ではありません、、、しかし、キム・ハヌル 、気合い入れると、きれいねぇ、、、で、気を抜く
彼女を信じないでください (映画君の毎日)
ハピネット・ピクチャーズ 彼女を信じないでください (通常版) 「猟奇的な彼女」の流れである韓国のラブコメディ。 前半中盤までのドタバタコメディを、 後半でホロっとさせるいつものパターン。 女詐欺師というのが目新しくどうかと思っていたが、 面白お
彼女を信じないでください (映画、言いたい放題!)
昨年末に、脚本のゼミのクラスメートに 2005年に観た映画で№1は? と聞いたら、この作品を勧められました。 「うん!じゃあ、観てみるよ!(^^)v」と愛想よく言ったものの 韓流があまり好きではない私。 すっかり忘れてしまってて、はや三月。( ^ _ ^; 先日、ま
彼女を信じないでください (Kio -朔北-)
칠월팔일(チルウォルパリル)…7月8日 토요일(トヨイル)…土曜日 『彼女を信じないでください。』見ました。 キム・ハヌル[金荷娜]김하늘さんの映画、 2つ持ってましたので、 まず ...