ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』

2010-04-07 23:16:06 | 新作映画
----おっ。これはみんなが待ち望んでいた、
あの映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』の続編だニャ。
スゴい人気があるだけに、下手なことは喋れない…。
「そうだね。
楽しみにしている人は多いし、
喋りすぎてもいけない。
でも、そんなことばかり言っていると前には進まないから、
ちゃちゃっとやっちゃおう。
前編は千秋(玉木宏)
のだめと一緒のアパートを出て行くところで終了。
千秋は、静かな環境でもっと勉強をしたいというのがその理由。
一方、のだめはピアノレッスンに励むも、
オクレール先生からコンクールの許可がなかなか下りない。
そんな中、のだめの元に
峰(瑛太)真澄(小出恵介)
ヴァイオリンコンクールに出場する清良(水川あさみ)
応援するために現れる…。
なんて、こういうサブエピソードは、
この映画のファンにとって、興味があるのかどうかも、
ぼくにはよく分からないんだけど、
ここで、峰と清良の関係、
さらにはターニャ(ベッキー)黒木(福士誠治)の関係にも、
ある発展がみられる。
さて、話を本筋に戻して、
のだめはコンクールのピアノ部門で聴いた『ラヴェル ピアノ協奏曲』に心奪われ、
いつか千秋と一緒に演奏することを夢見る。
ところが、それは、
千秋が孫Rui(山田優)と共演する曲だったことを後で知り、大ショックを受ける。
しかも、ふたりの共演は自分が思っていた以上の素晴らしい出来。
翌朝、のだめは千秋をまっすぐに見つめ、
ついに言う。
『結婚してくだサイ!』

----おおおっ! 
よく知らニャいけど…。
「(笑)。さあ、このプロポーズに
千秋はどう出るのか?
そこからが、この映画の見どころだね」

----ニャんだか、話聞いていると、
前作とずいぶん違う。
あまり、ふざけてないような…。
「そうなんだよね。
鍵盤の道路をのだめが踊るように駆けるといった、
ミュージカル風の楽しいシーンもあるとはいえ、
お話の中身に合わせるかのように
映画の作りそのものもシリアスに。
ポップ路線を期待していると肩透かしを食らうかも。
あのマングースだっけ?
今回は、劇中では登場しないしね」

----そういえば。のだめは、千秋と
『いつか二人でコンチェルトを!』という夢を抱いていたんだよね?
「そう。
そこが、この映画のポイントだね。
千秋とのコンチェルトは、
すでに孫Ruiがこれ以上ないベストのものをやっちゃってるわけで、
のだめとしては、もう意気消沈。
音楽よりも、千秋先輩との結婚を…と、なるわけだ。
だけど、おそらくファンとしてはそれじゃ満足しない。
なにせ、“天才のだめ”だからね。
そこで映画では、のだめの演奏シーンもちゃんと押さえている。
なんと彼女は、
あのシュトレーゼマン(竹中直人)の指名で
彼のプラハ公演でコンチェルトを…。
しかも、その曲は『ショパン ピアノ協奏曲』。
さあ、オクレール先生の気持ちは?
そして千秋は?
話は、まだまだ続いてゆく…」

----う~む。どうニャるんだろう?
「いやあ。
音楽にも恋にも、なかなか見事な決着を付けるよ。
これなら、ファンはみんな文句なし。
それも、テレビを最初から観ている人はね…」

----って、テレビは観ていなかったのに分かるの?
「うん。回想シーンを巧く入れ込んでいるからね。
つまりテレビでのエピソードが
今回のプロットの中に活かされているわけだ。
それも、おそらく名シーンとして名高いであろうエピソードがね。
監督もテレビを手掛けていた川村泰祐
そのあたりはツボを心得ている。
でも、映画としての楽しい部分もないわけでもない。
あの蒼井優が上野樹里と3度目の挑戦。
と言っても声だけだけど…。
さて、彼女が声を吹き替えているフランス人作曲家ヤドヴィが演奏している楽器。
これを当てられる人は、まずいないんじゃないかな。
僕なんかは、そういうところの方が楽しかったな」

----バカだねぇ~。
ヤドヴィは原作にも出ているの。
やっぱり、のだめファンに怒られそう(笑)。



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ありゃ、あの谷原章介は今回出ていないのニャ」なにこれ?

※これは大ヒット間違いない度


コトリ・ロゴお花屋さん/">もよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ゼブラーマン2 ゼブラシ... | トップ | 『タイタンの戦い』(2010年版) »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
瑛太と小出恵介、水川あさみ (@omiko_sapporo)
2010-04-08 02:48:48
ハイその通りです。ギャボ!原作コミック、テレビドラマからのファンは、彼等の出番が海外ロケということで非常に少なかったのが、前編の唯一の不満でした。海外にやって来るという出番増えるだけで、とっても嬉しいのでございましゅよ、先輩♪ むきゃぁー♪
■@omiko_sapporoさん (えい)
2010-04-08 09:50:04
おはようございます。

コメントありがとうございます。
なるほど。テレビだけでなく原作のころからの人気だったのですね。
今回、瑛太と小出恵介は、
パリ中を歩き回り楽しんでいます。
途中、横断幕を抱え、ビートルズ張りに
道路を横切るシーンも見モノです。
原作大ファンです (桃子)
2010-04-08 18:26:12
峰だけじゃなく真澄ちゃんまで来るんですね。
横断幕(笑)。ハズしてませんね(笑)。
原作とそう大きく変わらないとわかり
何だかε-(´∀`*)としました。
最後ののだめ演奏シーンは原作で読んでも
ドキドキしたので、映像ではどうなるのか
楽しみです。
とはいえ、全編すら見逃したのですが(笑)。

それにしてもやはり映画ブログは
えいさんのところが一番好きです。
フォーンとの掛け合いで語られるいろいろ…
お見事ですよね。
(〃∇〃) 今回思わず拍手しました(笑)。
あ… (桃子)
2010-04-08 19:03:50
全編ではなく前編です。失礼しました。
■桃子さん (えい)
2010-04-09 10:51:24
おはようございます。

いちばん好き…と言っていただき、
昨夜は、いい眠りにつけました。
例のお花のお仕事の方で、
仕入れに行き、
もう帰ってきています。

真澄ちゃんは、前回、
出番が少なかったのですが、
今回はパリにもやってきます。
しかも、物語の細かいところに
ちょこちょこ絡んでいましたよ。
原作は・・・ (まるねこ)
2010-04-15 10:07:24
なんだか慌てて終わらせてしまった感ありで、
ストーリーがあっという間に猛スピードで駆け抜けて行くのです。
作家さんのご出産も関係あるのでしょうか。

あれだけの作品を描かれて日本中を魅了してきたのだから
最後ももっともっと魅せてほしかったです。

そして劇場版もいつか観たいです。
■まるねこさん (えい)
2010-04-15 22:48:13
こんばんは。

原作は、あわただしく終わっちゃうんですね。
映画は、そこまでは感じませんでしたが、
おそらくそれは
もともと4時間ほどの中の半分だったからかも…。
長い原作だと、物語があっち行きこっち行き。
人気作だけに「まだまだ続けてくれ!」という出版サイドからの要求もあったでしょうし…。
映画は、最初から完結を狙っているので、
違和感ないかも。
いつかご覧になったら、またご観想よろしくお願いいたします。


さっそく (たいむ)
2010-04-17 14:38:29
こんにちは!
集大成として回想を上手くちりばめてあってと私も思います!

原作もドラマもアニメも大ファンなので、今は終わっちゃったなぁと感慨もひとしお。
近年では一番のドラマでした(^^)
■たいむさん (えい)
2010-04-17 15:55:10
こんにちは。

たいむさんのレビュー、拝見しました。
この分でいくと、
今後、ファンからの賛辞が増えそうですね。

しかし、これもひとつのイベント・ムービーですね。
クラシック好きとして (鉄平ちゃん)
2010-04-20 17:27:15
クラシック好きとして「のだめ」は大好きです。
原作コミックもドラマもよかったですが、
映画も素晴らしかったですね。
後編も期待以上の出来でした。
注目されていたラストですが、
将来に希望を持たせるものですっきり終わったのではないでしょうか。
演奏家としてさらなる高みを目指すものの孤独と不安もよく表現されていたと思います。

ただ、気になったのはのだめの吹き替えをしたラン・ランのピアノ。
すっごく個性的な演奏をする人なのに、
なぜこの映画に関しては変哲のない演奏をしたのでしょうか。
あれじゃのだめの弾くピアノの魅力がまるで伝わりません。
下手にビッグネームを読んできたために
製作サイドが注文を出せなかったのかもしれませんね。
もったいないことです。
■鉄平ちゃんさん (えい)
2010-04-21 08:53:00
なるほど。

のだめの演奏(その吹替え)が、
正統派すぎるわけですね。
さすがに、そこまでは気づきませんでした。
もうすこし、子供の頃、
クラシックに深く親しんでおけばよかったなあ。
こういう映画って、その音楽的経験や素養の違いで、
感じ取り方が全く違ってくる気がします。
少し残念。
Unknown (vic)
2010-05-06 21:38:12
私はファンじゃないからか
もうひとつ、楽しめないような気がしました。
前編の方が面白かったなあと。

本当に、音楽好きな人にはもっと楽しめるのでしょうね。
■vicさん (えい)
2010-05-08 13:18:17
こんにちは。
ぼくも似たような感じかな。
前作に比べて、
これは普通の青春音楽映画っぽかったです。
クラシックものとしては
『オーケストラ!』がよかったです。
優ちゃんの声は良い (ヤマト)
2010-07-16 21:47:10
えいさん、フォーンさん、こんにちは!

「鉄コン筋クリートのシロ」に
「いけちゃんとぼくのいけちゃん」に・・・
今度は「のだめのヤドヴィ」!

蒼井優ちゃんは女優さんとしても凄いけど、
声優さんとしてもすごい活躍ですね!

しかし、
自分がしたかったコンチェルトを
Ruiとされてしまう・・・
しかもその出来は最高・・・

これはツライですよね。
ちょっと低俗に言えば、
こっそりすごく楽しいデートされちゃうかんじ?
しかも一緒に行くことを夢見ていた場所で。

でもハッピーエンドで良かった。
のだめを失いそうになったことで、
千秋の気持ちもしっかり固まったようだし。

■ヤマトさん (えい)
2010-07-17 23:30:40
こんばんは。

ぼくも蒼井優は声優としても一流だと思いました。
いけちゃんと、このヤドヴィじゃ、
全然違うのに全く違和感ない。

>こっそりすごく楽しいデートされちゃうかんじ?
しかも一緒に行くことを夢見ていた場所で。

これ、見事な表現ですね。
納得です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」みた。 (たいむのひとりごと)
終わっちゃったなぁ~。月9連ドラからスペシャルを経て、実写版『のだめカンタービレ』の最後を飾る劇場版の後編ということもあり、実写版として綺麗にまとめてくれたことを嬉しく思う。予想以上に恋愛色が強くなっ
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」千秋に追いついたのだめに待っていた愛の協奏曲 (オールマイティにコメンテート)
4月17日公開の映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を観賞した。 この映画はこの映画は2006年に放送された ドラマ「のだめカンタービレ」の続編で 千秋先輩と別々に暮らす事になったのだめが 待望のコンクールに出場した事で自らの音楽を出し切ってしまう...
のだめカンタービレvol.56 映画<のだめカンタービレ最終楽章・後編> (美味-BIMI-)
  昨年12月に公開された『前編』に続き、『後編』見てきました!! 1日の舞台挨拶・観客動員数の最多記録(12,107人)も突破したそうですよ!! 凄い!^^! (→<のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編>>) (→<のだめカ...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (そーれりぽーと)
とういことで、これでおしまい! 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を観てきました。 ★★★ 抱腹絶倒のギャグと真剣風なクラッシックと、意外にも純愛のシリーズが遂に今回で終わってしまいます。 フツーに後編。 フツーに無難な映画化。 でも、ファンだからそれで...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (勝手に映画評)
大人気漫画「のだめカンタービレ」の完結編。2009年年末に『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』として、千秋がルー・マルレ・オーケストラに常任指揮者として就任するあたりまでが語られましたが、今回は、完結編としてそれ以降の千秋とのだめの物語が描かれます。 完結...
映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 (健康への長い道)
14:30頃、シネ・ピピアへ。劇場内のバグダッド・カフェにて、ホットドッグ、コーヒー、『星新一 1001話をつくった人 上巻(新潮文庫)』で、時を待つ。あぁ、寛ぐ・・・。 昨日から公開の『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』を鑑賞しました。 Story 音楽に集中し...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
のだめカンタービレ 最終楽章 後編’10:日本 ◆監督: 竹内英樹「のだめカンタービレ最終楽章 前編」「電車男」(TV) ◆出演: 上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人 ...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (いい加減社長の映画日記)
今週も、朝とレイトショーの変則ダブルヘッダー。 まず朝は、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」。「UCとしまえん」は、結構多め(「アリス」のせいか?)。 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」は、大きめのスクリーンで、4~5割。 【ストーリー】 離れ離れに...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (いい加減社長の日記)
今週も、朝とレイトショーの変則ダブルヘッダー。 まず朝は、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編 」。 「UCとしまえん 」は、結構多め(「アリス」のせいか?)。 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編 」は、大きめのスクリーンで、4~5割。 ...
劇場鑑賞「のだめカンタービレ最終楽章後編」 (日々“是”精進!)
映画 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」ガイドブック「のだめカンタービレ最終楽章後編」を鑑賞してきました二ノ宮知子の同名コミック原作、上野樹里、玉木宏主演の大ヒット...
2010_4/19 映画 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』 を觀た (仙丈亭日乘)
これが最後なんだらうな・・・寂しいなあ
映画「のだめカンタービレ」最終楽章後編~二人の未来に乾杯! (鉄平ちゃんのエピキュリアン日記)
前編ではほとんど「千秋カンタービレ」だったわけですが、 このラストでは千秋がのだめと住むアパルトマンを退去することになり、 雨の中をマーラーの「アダージェット」のメロディにのってさまよい歩くシーンで終わりました。 明るく飛び跳ねるのだめをイメージしてい...
のだめカンタービレ最終楽章後編 (単館系)
上野樹里と玉木宏のコンビはやはり素晴らしいということで! 前編ではコメディタッチだったのだめワールドは後編ではのだめの心 の葛藤が...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編☆独り言 (黒猫のうたた寝)
17日にのだめの前編をTV放送で観てしまったら後編が気になって気になって、仕事中もクラシックが頭の中でリフレイン~あ、これは行くしかないなっと仕事帰りに映画館♪でレイトショーと久しぶりにムチャしてきました。どんどん前に進む千秋に、焦るのだめ。オクレール先生...
◆のだめカンタービレ 最終楽章 後編 79点 (明日も晴れ)
2010年4月17日公開 公式HP 総監督: 武内英樹 監督: 川村泰祐 出演: 上野樹里 (野田恵) 玉木宏 (千秋真一) 瑛太 (峰龍...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (心のままに映画の風景)
のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。 オクレール先生のもとでレッスンに励むのだめは、 ...
『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の正しい見方 (映画のブログ)
 「特別版」というだけのことはある。  『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の公開初日にテレビ放映された前編のことだ。  劇場公開し...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (だらだら無気力ブログ)
二ノ宮知子の同名コミックを原作にしたテレビドラマの劇場版2部作のうち の後編となるラブコメディ。 挫折しつつも音楽的才能を伸ばしていくのだめと指揮者としての上を目指す 千秋との恋の行方を描く。のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距...
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (FREE TIME)
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」を鑑賞。
のだめカンタレービレ最終楽章後編 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  前半はちょっとドタバタで、ちょいとおバカ過ぎるかなと懸念していたら、後半は「のだめと干秋先輩」のラブストーリーに急展開。前作同様、のだめ役の上野樹理ちゃんが光りまくっていた。というより、この役は彼女にしか出来ないだろう。そして前編が玉木宏の...
映画鑑賞記「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.05.01 鑑賞場所:シネプレックス幕張 笑いと涙と感動を交え、 二人の恋の行方もついに、 『最終楽章(グランドフィナーレ)』へ!! <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  離れ離れに暮らすことになった、のだめ(上野樹里)と千秋(...
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/04/17公開 日本 123分監督:武内英樹出演:上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー、なだぎ武、伊武雅刀Story:のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)は、しばらくの間お互いに距離を置くことを決める。そんな折り、千秋の元にピアニストの孫Rui(山田優)との共...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (上野樹里さん) (yanajun)
◆上野樹里さん(のつもり) 上野樹里さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』に野田恵 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 祝!大団円 (はらやんの映画徒然草)
うん、しっかりとフィナーレを決めてくれました。 「音楽」って、その漢字をもう一度
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (せるふぉん☆こだわりの日記 )
やっと見てきましたよ~、のだめファイナル。 とうとう完結しました(とりあえず)
映画 ■■のだめカンタービレ 最終楽章 後編■■ (Playing the Piano is ME.)
前編の方が面白かったなあ。 やっぱりこれはマンガやドラマのファンには面白いんだろうけれど そうでない私が、ひとつの映画として鑑賞すると、もの足らなく感じてしまいます。
のだめカンタービレ最終楽章 後編 レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 音楽に集中したいという理由でアパルトマンを出て行ってしまった千
のだめカンタービレ(後編) (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら『のだめカンタービレ 最終楽章 後篇』を、渋谷の渋東シネタワーで見てきました。  勿論、本年1月にその『前篇』を見たからですが、それもかなり面白かったがために、今回作品も期待を込めてぜひ見てみようと思っていました。 (1)実際に見たところも、...
のだめカンタービレ最終楽章後編 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
昨年12月に封切られ、動員300万人超を記録した “前編”に引き続き、早くも本年4月に「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」がスクリーンに登場します。漫画連載スタートから足掛け10年。超人気シリーズがついに完結デス!のだめオールスターキャストもパリに集結!“の...
観ました、「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 (オヨメ千感ヤマト)
今この時期にまだ上映している映画館を見つけたので、やっと観てきました[E:das
のだめカンタービレ最終楽章 後編 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:のだめカンタービレ最終楽章 後編 制作:2010年・日本 監督:武内英樹 出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、山田優ほか あらすじ:離れ離れに暮らすことになった、のだめ(上野樹里)と千秋(玉木宏)。千秋には孫Rui(山田優)...
のだめカンタービレ 最終楽章 後編 (mama)
2010年:日本 原作:二ノ宮知子 監督:川村泰祐 出演:玉木宏、上野樹里、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、竹中直人、伊武 ...