ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『BALLAD 名もなき恋の歌』

2009-08-21 22:12:14 | 新作映画
※ちょっと辛口な部分もあります。
※もうしわけありませんが、各ファンの方は公開されてからお読みいただくことをお勧めします。


----これって、以前、映画話していた
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』の実写版でしょ?
しんちゃんが泣いているチラシを観たことある。
でも、例の事件で公開がどうなるか、フォーンもハラハラ。
結局、公開されるんだね。
「そう、よかったよかった。
ただ、個人的にはその前作
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』の方が好きなんだけどね。
さて、この実写版、監督が『ALWAYS 三丁目の夕日』山崎貴
冒頭部分は小学生の下校風景。
彼のデビュー作の『ジュブナイル』みたいな小学生群像劇で行くのかと…。
でもなあ…」

----でも?
「確かに原恵一が監督を務めた一連の『クレしん』のコンセプトは、
『大人も子供も笑って泣ける映画』。
でも、それって、あのしんちゃん独特のギャグの中にあったからこそ、
より生きていたという気がするんだ。
今回の実写版は、このギャグがすっかり消えて
いわば普通のタイムスリップ。
主人公もしんのすけでなく真一。
つまりは、普通のSFの枠におさまってしまった。
もっとも『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を知らない人が観たら、
感動するとは思うけどね。
事実、ぼくの隣の人もすすり泣いていたし…」

----う~ん。でもこれって、そんなに泣ける話だったかニャあ?
「うん。話のベースとなるのは
真一(しんちゃん)がタイムスリップした戦国時代における
武将とお姫さまの身分違いの恋だしね。
アニメの方は、その設定に加えて緻密な時代考証がなされていた。
この実写版でも、たとえば合戦シーンなんかで、
長槍隊がまず槍で、しかも突くのではなく叩きあうようにして戦うなどという、
これまで大河ドラマなんかで描かれていたのとは一味違う斬新な描写があったけど、
それがかえって迫力を弱めている。
洋画だと、それに近いこだわりでは『ブレイブハート』があった。
でも、あちらは圧倒的な数の兵隊がいたわけだから…。
この場合、そこまで時代交渉にこだわったのがよかったのかどうか?
もとよりファンタジーの要素が強いわけだし、
もう少し開き直って
のびのびと描いた方がよかったんじゃないかなあ。
ファンタジーと言えば、
『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』以来、
定版となった感のある
“城壁よじ登り”も出てくるんだけど、
これが申し訳ないけど貧弱に見えてしまう。
資金、物量面では『ロード・オブ・ザ・リング』にかなうわけないんだし、
こちらも別のアプローチを観てみたかった気がする」

----役者の方はどうニャの?
「実は、主演の彼が
未来から持ち込まれたビールを飲んで気持ちよく酔うシーンがあって、
ちょっとドキッ。
しかもこれって後にもう一回出てくる。
ここはみんなびっくりすると思うよ。
ぼくのいちばんのお気に入りは、母・美佐子を演じた夏川結衣
その表情、ちょっとしたしぐさが
『クレヨンしんちゃん』の野原みさえそっくり。
これは、かなり意識していると、ぼくは睨んだね」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「“バラッド”と“バラード”は違うらしいのニャ」複雑だニャ


そういえば、三丁目じゃないけど、夕日が印象的に使われる度

blogram投票ボタン

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『カイジ 人生逆転ゲーム』 | トップ | 『ホッタラケの島~遥と魔法... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
貴違い (通りすがりのK)
2009-09-02 01:42:05
HINOKIOの監督は秋山貴彦さんでした。別人のようですよ。
■Kさん (えい)
2009-09-02 10:24:04
ごめんなさい。

ジュブナイル系のSFのためケアレスミスしてしまいました。
本来は『ジュブナイル』でした。
訂正させていただきます。

ご指摘ありがとうございました。
オリジナル (にゃむばなな)
2009-09-06 01:17:26
この映画が「クレヨンしんちゃん」の実写版だということを知らない方も多いんでしょうね。
個人的にはもっとオリジナルのことも宣伝してほしいですよ。
そうすればこの映画がいかにオリジナルをリスペクトしているかが分かってもらえるはずですから。
■にゃむばななさん (えい)
2009-09-06 13:18:38
こんにちは。

このティーザー・チラシは
しんちゃんのアップでした。
でもご覧になる方は
草弓剪ファンが多いのかも。
にゃむばななさんのレビュー拝見しました。
オリジナルを愛されている方にしか書けない深い洞察力。
なるほどです。
そうですね。 (オリーブリー)
2009-09-07 23:01:49
オリジナルで大号泣してしまったのは、ひとえにしんちゃんって言うキャラクターのお陰ですよね。
あのしんちゃんの目からポタポタこぼれるものが辛かった。

でもこの映画は、そんなオリジナルをリスペクトしているのは伝わります。
これはこれでとても暖かく良くできた作品でした。
こんばんは (ノラネコ)
2009-09-07 23:47:40
これ実は相当期待してたんですが、うーんやはり有名作品のリメイクって難しい。
個人的には、これ単体での出来はそれほど悪くないと思います。
ただ、オリジナルのまんまな部分と、新しく作り直した部分のマッチングが今ひとつ。
真一のキャラ設定を大幅に変えた事で、物語の視点がどっちつかずになってしまったのが残念でした。
■オリーブリーさん (えい)
2009-09-08 21:31:34
こんばんは。

あの「しんちゃん」の中に、
この「悲恋」を持ってきてこその世界だと、
ぼくはそう思っているので、
それがなくなったら、
普通のお話になってしまう。
そこに、タイムスリップを入れると、
こういう映画。

なんだか、あらかじめ予想した域を出なかったのがつらかったです。、
■ノラネコさん (えい)
2009-09-08 21:33:13
こんばんは。

けっこう、この映画評判いいようで、
またまた肩身の狭い思いをしています。
なるほど「マッチング」か。
ぼくがノレなかったのも、
そこに理由があるようです。
コメントありがとうございます。 (KLY)
2009-09-09 20:16:38
最近まれに見る熱のこもったコメントをありがとうございます。オリジナルが素晴らしいということは多くの方から聞いていましたが、あそこまで熱意をもって語ってくださるとは。
オリジナルの鑑賞、検討してみます。^^;

さて、この作品。当然オリジナル未見なので、映画そのものとして楽しませてもらいました。出演者も脚本もライトタッチな時代劇で、でもそのライトな部分のバランスがうまく取れていた気がします。故に作品として最高とは言いませんがなかなか良くできていたかなと。

ちなみに別にえいさんが肩身が狭いことないですよ。むしろしんちゃん嫌いって言った私がえらい肩身が狭いです。(苦笑)
■KLYさん (えい)
2009-09-09 21:50:10
こんばんは。

こちらこそ、熱くなりすぎてしまい、少々恥ずかしい思いをしています。
ただ、あれだけ多くの映画をご覧になられているKLYさんが
『オトナ帝国の逆襲』を未見というのが、
ほんとうにもったいなくって…。

以前、勤めていたオフィスでも映画好きの後輩が
「アニメはジブリしか観ない」と言っていて、
なんともったいないことを…と思っていました。

ぼくはその『オトナ帝国の逆襲』があまりにも強烈すぎて、
続く『戦国大合戦』自体がそれほどでもなくなったって感じ。
この映画に対して熱く語られる方との温度差はそこにあるようです。
おはつです (黒板六郎)
2009-09-11 00:06:25
私もオトナ帝国で号泣したひとりです。あまりの衝撃に大合戦のほうがかすんでしまいました。でもいい作品でした。
■黒板六郎さん (えい)
2009-09-12 22:59:50
はじめまして。
この映画で、いろんな方が
『クレヨンしんちゃん』という言葉を
ブログの中で使われている。
それだけでも、この映画が作られた価値があるのではないか。
そんな気さえしています。

しかし『オトナ帝国の逆襲』、これは奇跡の映画ですね。
同志として、これからもよろしくお願いいたします。
Unknown (かみぃ@未完の映画評)
2009-09-14 12:05:38
当ブログでのコメントありがとうございました。
こちらのブログは致命的なネタバレがない安心感もあって、いつも愉しく拝読させていただいていました。

この『BALLAD』評での、「ちょっと辛口な部分もあります」との注意書きに、「そう言うほど辛口でもないじゃん」と思っていたのですが、実際映画を観て、言わんとするところはわかりました。
結果的に自分の方が遥かにストレートに斬ってしまいましたが。

一方で『アッパレ戦国大合戦』のファンにすら意外と評判が悪くないのもわかる気がします。
この映画も『ごくせん THE MOVIE』でえいさんが言われていた「思考停止に陥らせる力」を持った映画のように思うのです。
この映画が『アッパレ戦国大合戦』をおおかた忠実になぞってみせたその結果、『アッパレ戦国大合戦』という名作の“お約束”を壊さなかったという見方もできるんじゃないでしょうか。
■かみぃさん (えい)
2009-09-15 00:04:17
こんばんは。

いつも読んでいてくださったんですね。
ありがとうございます。

この映画、ぼくの好みのテイストとはあまりにも違っていて、
どう書いたらいいのやらと、思っていたところに、
かみぃさんのレビュー。
まさに我が意を得たりでした。
で、思わずコメントさせていただきました。

オリジナルをなぞるだけでは映画にはなりません。
「代わりに実写であることを活かしたメリハリのつけ方があったはず」
という見解にまったく同感です。

今後ともよろしくお願いいたします。
こんにちはー (hito)
2009-09-15 11:53:45
クレヨンしんちゃんの実写化ってことで期待薄で見たのですがとっても良かったです♪

でもオリジナルの方がやっぱり感動的だったんですね~
クレヨンしんちゃんはテレビのイメージが強くて今まで見たことなかったのですが、甥っ子にせがまれ「カスカベ野生王国」見て意外に面白くてビックリしましたー
オリジナル見てみようかな♪
■hitoさん (えい)
2009-09-17 00:40:01
こんばんは。

そうですね。
この作品に限らず、オリジナルを超えるのは至難の業です。
『カスカベ野生王国』もエコを取り扱った野心的な作品でしたよね。
こんばんわ♪ (maru♪)
2009-09-24 01:59:19
●原作のおもしろさは"しんちゃんありき"であること
●『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』の影響
●時代考証が逆に迫力不足にしてしまったこと
など、感想があまりに似ていたのでビックリです!
誰でも感じることなのかもしれませんが(笑)

見に行った理由は戦国時代の本当の戦い方が見たかったからなのですが、
逆にそれが迫力不足に見せてしまっていたのが残念でした(涙)

全体的に小粒という印象でした。
■maru♪さん (えい)
2009-09-24 21:37:24
こんばんは。

最近、maru♪さんとは
感応の仕方が似ている気がして嬉しいです。

そうですね。小粒というか、
小さくまとまっていた感じは否めませんでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
BALLAD 名もなき恋のうた (めでぃあみっくす)
これぞ実写化のお手本となるべき映画です。あの感涙映画『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』の空気を安易に壊さず、かつオリジナルが持つ感涙要素もきちんと盛り込むという敬意の示し方に、『アッパレ!戦国大合戦』ほどの感動はありませんでしたが、それ...
BALLAD 名もなき恋のうた (Lovely Cinema)
2009/日本監督:山崎 貴出演:草なぎ剛、新垣結衣、大沢たかお・・・
[映画][劇場公開]BALLAD 名もなき恋のうた 53点 (さとうれおはオレだけか)
タイムスリップものですが目的があって過去へ行くわけでもないしあんまりおもしろくない。 もっと現代のアイテムを持ち込んで大暴れする映画なら笑えたが感動映画にしたいようだ。 オチも整合性合わせというかタイムスリップに意味があったっていうこじつけみたいで感動...
「BALLAD 名もなき恋のうた」時代を超えて叶わぬ想いが繋がった恋物語 (オールマイティにコメンテート)
5日公開の映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を鑑賞した。この映画は2002年に公開された映画「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写化した作品で現代に生きる少年が突然戦国時代にタイムスリップしてしまいそこで小国の姫とそれを守る侍との叶わぬ恋...
BALLAD 名もなき恋のうた (だらだら無気力ブログ)
「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズの中でも名作と言われる第10作目の 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を実写でリメイク した時代劇ファンタジー映画。 戦国時代を舞台に小国の姫君とその国に仕える武将との身分違いの叶わぬ恋の 行方をタイ...
BALLAD 名もなき恋のうた (心のままに映画の風景)
内気な小学生、川上真一(武井証)は、 ひょんな事から天正2年の戦国時代、春日の国にタイムスリップしてしまう。 真一は、“鬼の井尻”と...
BALLAD 名もなき恋のうた・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今年の9月は、まるで時代劇月間。 SF仕立てから伝説のコミックの映画化まで、様々なタイプの時代劇が連続して公開されるが、一連の作品の先陣...
映画『BALLAD 名もなき恋のうた』 (闘争と逃走の道程)
 『クレヨンしんちゃん』の映画版は、付き添いで行ったお父さんの方が泣いてしまう――。  そんなことを話として聞いたことがあったとはい...
「BALLAD 名もなき恋のうた」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2009年・東宝/監督:山崎 貴) 2002年に製作された感動の傑作アニメ、「クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」(監督・原恵一)の実写によるリメイク。 前述の「ク
[映画『BALLAD/名もなき恋のうた』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆原作となった「クレヨンしんちゃん」云々は別にして、非常に面白かった。  内容は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー3』の戦国版である。  主演の草なぎ剛がもっと面倒な演技をする作品かと思いきや、実に見事に、生真面目な戦国武士を演じていて、私は魅力を感じ...
【映画】BALLAD 名もなき恋のうた (新!やさぐれ日記)
▼動機 草彅剛ファンに誘われて ▼感想 宣伝部に足を引っ張られた映画。 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 時は1574年の戦国時代、春日という小国で“鬼の井尻”と恐れられ無敵を誇る侍・井尻又兵衛(草彅剛)は、春日の国の姫君・廉姫(新垣結衣...
BALLAD 名もなき恋のうた (LOVE Cinemas 調布)
大人気アニメ「劇場版 クレヨンしんちゃん」シリーズから「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写化。監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴、主演は草なぎ剛と新垣結衣の2人が務める。共演に『GOEMON』の大沢たかお、『ぼくとママの黄色い自転車』の武井証、夏...
BALLAD 名もなき恋のうた (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『守ることが、愛することだった。 祈ることが、愛することだった。』  コチラの「BALLAD 名もなき恋のうた」は、2002年の「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を実写リメイクした”戦国の世に引き裂かれた、侍と姫の身分違いの恋。誰もが涙する、...
実写版には不向き。『BALLAD 名もなき恋のうた』 (水曜日のシネマ日記)
「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を原案にした作品。戦国時代にタイムスリップした小学生を中心に描かれた実写版ファンタジー映画です。
BALLAD 名もなき恋のうた (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
それは、誰もが涙する究極の悲恋__。かつてこんなにも美しく強く、そして儚い物語があっただろうか。 物語:天正二年、戦国時代……。春日という名の小国に、無敵を誇る一人の侍がいた。侍の名は井尻又兵衛( )。“鬼の井尻”と恐れられるその男は、命をかけて春日の...
BALLAD 名もなき恋のうた (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[名もなき恋のうた] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:5.0/10点満点 2009年77本目(72作品)です。 【あらすじ】 テレビ朝日系アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を原案に作...
「BALLAD 名もなき恋のうた」 僕らが忘れているシンプルな生き方 (はらやんの映画徒然草)
大人も泣いたと言われる「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を
BALLAD 名もなき恋のうた (充実した毎日を送るための独り言)
・BALLAD 名もなき恋のうた(9月5日より上映 草なぎ剛・新垣結衣出演) これはもともとアニメの「クレヨンしんちゃん」の映画版を実写版として制作されたものである。「クレヨンしんちゃん」の方は見たことはないので、とりあえずそれとは切り離して感想を述べたい。...
【映画評】BALLAD 名もなき恋のうた (未完の映画評)
武将と姫の身分違いの悲恋が涙を誘う、名作アニメーション映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!アッパレ戦国大合戦』の実写版リメイク。
【97.6Kg】 「BALLAD 名もなき恋のうた」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
おはようございます。 {%笑いwebry%}
BALLAD 名もなき恋のうた☆独り言 (黒猫のうたた寝)
実はクレヨンしんちゃん劇場版の劇場鑑賞デビューがあの名作と呼ばれ、この映画の元となった作品なのです。予告観た時には、あれ?これって戦国大合戦じゃないの?実写になるの?っと当初びっくりしたものでした。まぁ、公開までいろいろありましたけどね、どんな風に仕上...
BALLAD 名もなき恋のうた (Thanksgiving Day)
映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観てきました!! この映画の元は「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズというこの映画、時代劇ものは少々苦手でもあるので、最初知ったときには、ほとんど観る気がなかったんですよ。 でもなかなか評判もいいようなので、せっか...
BALLAD 名もなき恋のうた (シネマDVD・映画情報館)
「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズ第10作で、名作と誉れ高い『クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を原案にした時代劇エンターテインメント。戦国時代にタイムスリップした小学生の主人公が小国の戦国武将や姫君と出会い、深いきずなで結ばれていく姿...
『BALLAD 名もなき恋のうた』 (ナナシ的エンタメすたいるNetプラス)
渋東シネタワーにて先週公開した『BALLAD 名もなき恋のうた』を観てきました。『クレヨンしんちゃん』の劇場版シリーズ第10作で、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』...
BALLAD名もなき恋のうた (にき☆ろぐ)
こちら映画公開まで色々ありましたがやっと見ましたよ私は先に原案である「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を見てますなので今回の感想についても原案と比べる部分もあるかと思いますまず映画として驚いたのは結構原案に忠実な展開だったことまぁもちろ...
BALLAD名もなき恋のうた (C'est joli~ここちいい毎日を~)
BALLAD 名もなき恋のうた’09:日本 ◆監督・脚本: 山崎貴「ALWAYS 続・三丁目の夕日」「ALWAYS 三丁目の夕日」◆出演: 草なぎ剛、新垣結衣、武井証、筒井道隆、夏川結衣、香川京子、中村敦夫、大沢たかお ◆STORY◆ひょんなことから戦国時代にタイムスリップした...
BALLAD 名もなき恋のうた (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月15日(火) 19:05~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1300円(シネマイレージ・デイ会員料金) パンフレット:未確認 『BALLAD 名もなき恋のうた』公式サイト 草ナギのフリチン事件で、一時期その公開が危ぶまれたクレヨンしんちゃんが原作の戦国時代劇。 「Alwa...
『BALLAD 名もなき恋のうた』をうたう? (映画のブログ)
 山崎貴(たかし)監督は、映画のタイトルを(ときに副題はあるものの)英単語1つに統一している。"juvenile"、"returner"、"always"、そして本作"ballad"であ...
『BALLAD 名もなき恋のうた』 2009-No34 (映画館で観ましょ♪)
「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズの名作、 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』を 原案にした時代劇。 TV...
『BALLAD 名もなき恋のうた』 (・*・ etoile ・*・)
'09.09.20 『BALLAD 名もなき恋のうた』@TOHOシネマズ市川コルトン なんだかとっても気になったので、連休中だし地元のシネコンへ見に行ってきた。 *ごめんなさい! 辛口です 「小学生の川上真一は最近、毎日のように美しい姫が湖のほとりで祈る夢を見ていた。あ...
BALLAD 名もなき恋のうた (新垣結衣さん&草なぎ剛さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆廉姫 役の新垣結衣さん(のつもり) ◆井尻又兵衛 役の草なぎ剛さん(のつもり) 映画『BALLAD 名もなき恋のうた』は、アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』を原案とした作品で、監督は『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズで有名な山崎貴さんで...
★「BALLAD 名もなき恋のうた」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
こないだ観た「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」の実写版。 主演の草なぎつよしの公然わいせつ事件後の大仕事でもあったし・・・ しんちゃんの原作者の死亡事故があったり・・・で、 劇場公開から数週間たった平日昼間でも多めの入りでした。
BALLAD 名もなき恋のうた マンガやん!ってマンガやったよね(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【 52 -12- 1ヶ月フリーパスポート=1 】 先輩んちで昨夜は飲んだくれていたんやけど、いつの間にか気を失ったようで(@ ̄ρ ̄@)zzzz、朝、布団の中で目を覚ましたときにはいったい何処にいるのか、いつの間に眠ったのか、どうやって布団にちゃんと入ったのか思い出せ...
BALLAD 名もなき恋のうた (悠雅的生活)
マウンテンバイク。記念写真。お礼の言葉。
BALLAD名もなき恋のうた(テレビ録画) (単館系)
2011年08月28日23時39分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場「BALLAD 名もなき恋のうた」 ※時刻は録画終了時間。 録画にて鑑賞。 原作はくれよんしんちゃん 原作は読んだことないです。 アニメも。 今回はそ...
映画 BALLAD 名もなき恋のうた (VAIOちゃんのよもやまブログ)
地上波で放送されていた映画、「BALLAD 名もなき恋のうた 」。何となく聞き覚えがあるなぁと思ってX95で録画し、PSPに転送して鑑賞したんですが・・・アニメ映画の「クレヨンしんちゃ ...