ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『マイマイ新子と千年の魔法』

2009-11-09 13:38:30 | 新作映画
----マイマイってカタツムリのことだよね?
「フォーンもそれを思い出したか。
ぼくも、どういう意味かなって思っていたんだけど、
これは“つむじ”のこと。
この映画=アニメの主人公、小学3年生の新子(福田麻由子)は、
ふつうのつむじとは別に、おでこにももうひとつつむじを持っている。
そのためか、いつも前髪が跳ね上がっていて…。
でもそれが風にそよぐのが、なんとも素敵なんだ」

----新子って、あまり最近では耳にしない名前。
時代はいつニャの?
「昭和30年代の初めの方かな。
舞台は、山口県防府市・国衙(こくが)。
平安の昔、この地は“周防の国”と呼ばれ、遺跡や当時の地名がいまだ残っている。
この新子は、おじいちゃんから千年前のこの地の話を聞かされ、
“想う力”を存分に働かせ、
平安時代の小さなお姫様のやんちゃな姿などを想像して楽しんでいる。
そんなある日、東京から転校生・貴伊子(水沢奈子 )がやってくる。
都会暮らしに慣れた彼女は、それこそ周囲から浮きまくり。
いじめと言うほどではないけども、からかわれたり…。」

----分かった。で、新子は彼女と仲良くなる。
ニャあんだ。たいしたお話じゃないニャあ。
「いやいや。ところがこの作品が不思議な魅力をたたえている。
その最たるものが、
この麦畑や青い空といった日本の原風景とは似ても似つかないスキャット…」

----スキャットって、♪ダバダバダみたいなヤツ?
「そうなんだ。
そして、その合間に
新子が思い描く平安時代のお話が挿入される。
このお姫様は、清少納言新子(森迫永依)がモデルらしいけど、
その思考、振る舞いがまた昭和30年代の女の子って感じ」

----ニャるほどね。でも肝心の物語が平坦じゃあ…。
「それだって、まんざら捨てたもんじゃないよ。
実は、新子たちは金魚を見つけて、
それを先輩のタツヨシや同級生たちと一緒に
川をせき止めて作った大きな池の中で飼う。
しかし、あるちょっとしたミスで金魚は死んでしまうんだ。
命というものを子供たちに考えさせるこの事件が、まず第一のポイント。
で、この金魚に似た金魚を仲間の一人が見つけたということで、
明日、探そうということに。
ところがその夜、思いもよらぬ事件が起こる。
この事件についてはあえてその中身はここでは話さないけど、
それがきっかけで新子は夜、家出を決意。
タツヨシとともに町に向かう。
ここは見どころだったね。
高倉健と藤純子の子ども版といった趣。
さて、その帰り道。
銀河が夜空いっぱいに広がって……。
このシーンだけでも、この映画は十分に観る価値がある」

----へぇ~っ。確か、これって原作があるんだよね。
「うん。芥川賞作家の(高樹のぶ子)。
監督は(『アリーテ姫』)の(片渕須直)。
あと、エンディングを(コトリンゴ)が歌っているのも注目かな。
劇中で使われている(「Sing」)もよかったけどね」


         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「思っていたのと、かなり違うようだニャ」ぱっちり

※こういうアニメは貴重だ度


blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『曲がれ!スプーン』 | トップ | 『イングロリアス・バスター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マイマイ新子と千年の魔法 (シネマDVD・映画情報館)
芥川賞作家・高樹のぶ子が、自らの幼少時代をモデルに描いた自伝的小説を映画化。空想好きで多感な少女・新子が豊かな自然の中で毎日を真剣に生き、時にヒリヒリとした苦い思いをしながら、仲間たちとゆっくり成長していく姿が描かれている。監督は、TVアニメ「名探偵ホー...
マイマイ新子と千年の魔法 (かりんのつれづれなるblog)
試写会を見てきました。 今年はサマーウォーズ、ホッタラケの島と面白かったので、
[映画『マイマイ新子と千年の魔法』を観た(少女万歳!^^v)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆休みがないと言いつつも、本日は雨で現場作業は中止、現場監督の私は、事務所に数時間、顔を出すだけでOKの日だった。  故に、夜勤前にMOVIX昭島に行き、『マイマイ新子と千年の魔法』を観ました。    ◇  全くノーマークの作品であったが、そして、それ...
マイマイ新子と千年の魔法 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「マイマイ新子と千年の魔法」監督:片渕須直原作:高樹のぶ子 声の出演:福田麻由子、水沢奈子、森迫永依、本上まなみ配給:松竹概要:美しい自然が残る昭和30年代の山口県防府市・国衙。戦争の傷跡から立ち直りつつあるこの町で、小学3年生の少女・新子は、お爺ちゃ....
【映画評】<!-- まいまいしんことせんねんのまほう -->マイマイ新子と千年の魔法 (未完の映画評)
妄想癖のある少女・新子と都会からの転校生・貴伊子が体験するファンタジックな心の交流を描いたノスタルジック・アニメーション映画。
【映画評】<!-- まいまいしんことせんねんのまほう -->マイマイ新子と千年の魔法 (未完の映画評)
妄想癖のある少女・新子と都会からの転校生・貴伊子が体験するファンタジックな心の交流を描いたノスタルジック・アニメーション映画。
「マイマイ新子と千年の魔法」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:マッドハウス=松竹/監督:片渕 須直) 高樹のぶ子の自伝的小説「マイマイ新子」を、「アリーテ姫」の片渕須直が監督(脚本も担当)した、本年屈指の秀作アニメ。 昭和30年の山口県防府市。空想
マイマイ新子と千年の魔法 (単館系)
公開されたのは2009年11月21日 本日2010年3月28日 渋谷アンジェリカにて鑑賞。 当館ではまだ舞台挨拶が予定されているとか・・・ 以前よりク...
マイマイ新子と千年の魔法 (だらだら無気力ブログ)
芥川賞作家・高樹のぶ子の自伝的小説『マイマイ新子』を「時をかける少女」 「サマーウォーズ」のマッドハウスがアニメ化した感動ストーリー。 昭和30年代の山口県防府の美しい自然の風景をバックに、空想好きの少女が 都会から転校してきた少女と友情を築き、仲間たち...
『マイマイ新子と千年の魔法』('11初鑑賞1・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月1日(土・祝) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
映画評「マイマイ新子と千年の魔法」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・片渕須直 ネタバレあり