ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼』

2008-03-17 21:58:05 | 新作映画
(原題:Mr. Brooks)

----これって“指紋の殺人鬼”って呼ばれている男の話だよね。
どこから、そんな名前がついたの?
「うん。この映画の主人公ブルックス(ケビン・コスナー)は殺人を犯すと、
その現場に被害者の指紋を意図的に残すんだ」

----普通はそんなことしたら
証拠が残りそうなものだけど?
犯人の特定にも結びつきやすくなるし…。
「まあ、そこが映画たるゆえんだね。
リアリティよりもアイデアによるオモシロさが先。
殺人鬼ブルックスは
成功したビジネスマンにして寛大な慈善家。
でも、殺人の衝動が抑えきれないでいる。
数年前に最後の殺人を犯して
しばらく鳴りを潜めていたんだけど、
“内なる声”が
またもや彼を犯行へと駆り立てていく」

----ケビン・コスナーと言えば、
ミスター・アメリカってイメージが強いけど、
これは意外なキャスティングだニャ。
「そうだね。
しかもその“内なる声”を
『バンテージ・ポイント』で大統領に扮したウィリアム・ハートが
喜々として演じている。
ほら、漫画でよくある
天使の声と悪魔の声が耳元で囁くヤツ。
その悪魔の方だけがビジュアル化されていると思ったら
これは分かりやすいかも」

----ふうん。じゃあ、その犯人の内面を
ずっと見せていくわけ?
「いや、この映画は
そこに、さらなる物語を用意する。
ブルックスの犯罪を向いのアパートに住むカメラマンのスミス(ディーン・クック)が目撃----」

----ありゃりゃ大変だ。
彼は警察に通報?
それともブルックスを強請るのかニャ?
「強請る方。でもそれだけじゃないんだね。
ブルックスに自分の目の前で
もう一度殺人をやってくれというんだ」

----ニャに、それ?
「普通は“なに?”って思うよね。
覗きの常連者でもあるスミスは、
殺人を目撃したときにこれまでにない興奮を感じた----
まあ、こういうわけだ。
そこにこの事件を追う女性刑事アトウッド(デミ・ムーア)が絡んでくるんだけど、
実は彼女にも私生活上の悩みがあった…」

----混み入ってるニャあ。
「そこがこの映画の長所でもあり欠点でもあるかな。
大詰めで行なわれる殺人が
あまりにも作りこまれている。
本来、ブルックスは“内なる声”に逆らい、
足を洗おうと努力しているという設定。
それまでの彼の行動から見ても
この殺人はちょっと計画的すぎる…」

----でも、映画としては
それくらい凝ったストーリーにした方がいいのかもニャ。

           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「何度も言ってるニャ、殺人鬼はいやニャ」もう寝る

※ウィリアム・ハートが楽しそうだ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(ダウンロードサイト)ウォールペーパーより。

きた~っgif
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『イースタン・プロミス』 | トップ | 『休暇』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
指紋は誰だ? (亜蘭真 主美士)
2008-03-20 17:29:59
ブルレイディスクのジャケ写真に指紋の絵が付いているんだけどコスナーのだろうか?
コスナーよりも、ハートさん、ノリノリで、愉しんで
ましたね。
ハサミのシーンのプロップ(以前レッドドラゴンのクライマックスでつかわれたナイフをもっていますが、刃の部分が紙で出来ていました。多分これも)紙でできているんでしょうね。
なんか、コスナーは悪役は、似合わないニャ~っ。
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-03-21 10:19:59
こんにちは。

指紋がコスナーだと
映画との整合性がつかないですよね。
やはり殺された人のじゃなくちゃ。

ウィリアム・ハートは
『バンテージ・ポイント』の大統領よりもこちらの方が似合ってましたね。

あのラストは、どうなんだろう。
入れた方がいいのか、どうか?
というか、あのオチ、
いまどきありなのか?
指紋は (miyu)
2009-05-21 20:21:31
被害者の親指の指紋をつけてましたよ~。
確かにラストの心変わりは、
あまりに計画的でしたね。
でも、なかなか面白い映画でしたね。
■miyuさん (えい)
2009-05-23 09:32:14
こんにちは。

コメントだけ読んで、
最初、何のことかなと思ったら、
ブルーレイディスクのジャケットという
流れでしたね。
そうでしたか。被害者の親指の指紋でしたか。
いやあ、助かりました。
ここ、謎のまま、問いかけのまま終わっていました。
ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 (Memoirs_of_dai)
“悪”と“ちょい悪” 【Story】 成功したビジネスマンとして、誰もがうらやむ人生を送るブルックス(ケヴィン・コスナー)。しかし、彼の...
mini review 08353「Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
ケヴィン・コスナーが、抑えられない殺人衝動を持て余す連続殺人鬼を怪演するサイコ・スリラー。監督は『スタンド・バイ・ミー』の脚本家ブルース・A・エヴァンス。殺人鬼ブルックスを追い詰める女性刑事をデミ・ムーア、ブルックスにかかわるカメラマンを『噂のアゲメン...
Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『富も名声も手にいれた男 彼が殺人鬼であることは、誰も知らない』  コチラの「Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼」は、これまで完璧なるアメリカのヒーローを演じることの多かったケヴィン・コスナーが、自身初となる完璧なる悪役に挑んだR-18指定のクライム・サスペ...
Mr.ブルックス~完璧なる殺人鬼~ / 64点 / MR. BROOKS (FUNNY GAMES?)
案外悪くないんやけど、ラストのムリヤリなドンデン返し風味は何なん? 『 Mr.ブルックス~完璧なる殺人鬼~ / MR. BROOKS 』 2007年 アメリカ 120分 監督 : ブルース・A・エヴァンス 出演 : ケビン・コスナー、デミ・ムーア、デイン・クック、ウィリ
Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 (RISING STEEL)
Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼 / MR.BROOKS 2007年 アメリカ映画 監督:ブルース・A・エヴァンス 製作:ケヴィン・コスナー  ジム・ウィルソン  レイノルド・ギデオン 脚本:レイノルド...