ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アメリカを売った男』

2008-02-06 21:40:09 | 新作映画
(原題:Breach)


「いやあ。この映画はオモシロかった。
こう言っては失礼かもだけど、
ほんと拾い物」

-----えっ?ということは
観る前はあまり期待していなかったってコト?
「そうだね。
ぼくの苦手な 『グッド・シェパード』タイプの映画かと…。
あちらはCIA、こちらはFBI。
その内幕を
渋く押さえた演出で描いているのではと、
そう思ったわけだ」

-----でも、違ってたってことだね。
「うん。ジョニー・デップの『フェイク』ほどの
シャープさと緻密さには欠けるけど、
なかなかサスペンスフルな作品に仕上がっていたよ」

-----『フェイク』が出てくるということは
囮捜査官ものニャの?
「いや、そうじゃなくてこれは、
20年以上に渡って
FBIのみならずCIA、ホワイトハウス、
国防総省、国家安全保障局の極秘文書を
大量にKGBに売り続けていたFBI捜査官ロバート・ハンセンが
逮捕されるまでの2ヶ月間を描いたもの。
彼の裏切りはアメリカを標的としたテロや
次々と発覚した不祥事に大きく関わっていると言われている」

-----20年以上ということは、
ソ連、ロシア両方ということだね。
「いいところに気づいたね。
この映画は、冷戦後、本格的なスパイ映画が
作りにくくなっている中にあって、
久しぶりに緊迫に富んだスパイ映画となっている。
しかも、オモシロいのは、
それだけの事件を起こした人物だけあって、
この映画の主人公は
自分の身に危険が差し迫っていることにも当然気づき始める。
『ついに自分も終わりか?』という恐怖と焦り。
最初は傲慢だったハンセンのその変化をクリス・クーパーが熱演」

----あれっ?ライアン・フィリップは?
「彼は、FBI訓練捜査官オニール役。
新しく創設された情報保護部で
ハンセンの下に就くことを求められる。
最初は、彼をマークせよと言われるものの、
その理由は明かされない。
仕事に燃える野心家のオニールは、
この任務を不服とするが…」

----ニャるほど。その葛藤もオモシロいわけだ。
「そう。妻には自分の仕事の内容は明かせない。
ところがハンセンは彼の家族にまで接近してくる。
ハンセンの勘も当然鋭く、
今回の辞令を疑い、
オニールを怪しんでいるわけだ」

----いやあ、事実は小説より奇なりだニャ。
「そういうこと。
監督は『ニュースの天才』の監督ビリー・レイ。
やはり“偽装”を描いたこの映画で彼は、
アナキン・スカイウォーカーのイメージが付きすぎそうになった
ヘイデン・クリステンセンから新生面を引き出している。
さて、簡単に他のキャストにも触れておこう。
オニールに指示を出す上司にローラ・リニー。
彼女とともにこの事件を暴くチームを組むブリザック役にデニス・ヘイスバート。
彼は『24 TWENTY FOUR』の大統領役でおなじみ。
そうそう、この映画、ラストのセリフと
それを口にするクリス・クーパーの演技もお見逃しなく」


        (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「おっ。これはいいかもだニャ」おっ、これは


※こういうのもっと観たい度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はアメリカ・オフィシャル(ダウンロードサイト)より。

※ヘイデン・クリステンセン『ニュースの天才』はこちらに少し書きました。

「キタ顔」キャンペーン参加中!※フォーンを探せ!
きた~っgif
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ガチ★ボーイ』 | トップ | 『ノーカントリー』 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (亜蘭真 主美士)
2008-02-11 00:23:24
ラストのエレヴェ-タ-が開いたときのライアンの表情もよかったですね。その後で、あの演技ですもの!
必見です。あのシ-ン、フレンチコネクションのラストに通じるものがありました。
囮(捜査)も口(を、開)がないと化けちゃうんだけど・・・。
あの高速の入り口の渋滞、他の車からクラクションがなっていなかったのは、不思議でした。と、つまらないことを、またか書いてしまった!!
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-02-11 15:32:36
おおっ。
ホラー以外でのご登場。
大歓迎です!

この映画、けっこう楽しめたんですよね。
エレベーターでの、表情、そしてセリフも決まっていました。
『フレンチ・コネクション』、
実は『2』の方が好きなんですよね。

ところでモンスター・パニック映画の
『フィースト』はご覧になっていますか?
まだアップしていないのですが、
どうしようか迷い中です。
エログロ (亜蘭真 主美士)
2008-02-11 23:11:58
ブリ-チのスレで、こんなB級の話が・・・いいのか?
「フィ-スト」って、荒野の場末の飲み屋にショットガン男が入ってきて、なぜか2階が売春宿で、そこへ突然得体の知れない(偽エイリアンみたいな)、凄い牙だらけの大口が襲ってきて、ばっきゅ---ん!ドッキュ~~~ン!!血まみれ大会になる、ベンアフレックとか、ウエス・クレヴンが製作に絡んでるヤツですよね。
低予算なのがバレバレですよね。って、こんな風に書くと、アップしずらいかもしれないので・・・。
ちなみにホラ-だと、頭をそんなに使わなくてみれるからです。それから、次世代のHD-DVDとかブル-レイとかだと、国内の機器で、海外盤がみれたりします。で、なかには、「つぐない」(もうじき公開)
とか、日本語に対応しているのもあります。ので、未公開(path finderとかsnow cakeとかはおすすめ)になりそうな作品を寄ってえらんでいるのですが、公開されるのが多いのが事実です。
ただ、善い作品は、劇場でみるにかぎります。
で、ホラ-に限らず気が向いたらカキコします。
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-02-13 10:21:19
こんにちは。

確かに、『フィースト』はここで…?という映画ですね。
もう、亜蘭真 主美士さんがご紹介してくれたみたいな感じなので、
この映画についてのレビューは止めようかな。
印象としてはグロの方が強かったですね。

そうか、やはり海外ディスクでしたか。
自分は語学力がダメなので、
無理ですね。

ホラー以外もご意見お待ちしています。
秀作でした (となひょう)
2008-03-13 20:35:55
こんにちは。
どうにかアップできたので、お邪魔します。
『ラスト・コーション』人気に追いやられて、シャンテシネでは一番小さいスクリーン3での上映でしたが。公開初のレディース・デイ・ナイトは、9割ほどの客入りでした。
私は、コレとても好きな作品です。
かなり地味で渋いけど、素晴らしいと思います。
ラストシーンが忘れられません。画としても印象的でし、クリス・クーパーの憔悴しきった表情も強烈に残りました。ラストシーンが忘れられない作品って、いいですね。

ところで、『フィースト』って例のヤツ・・・
「それでいいのか、マット」「大丈夫か、ベン」って予告も笑えるんですけど。何か見せ過ぎなんじゃないの?と疑っています。予告編映像が全てみたいな作品になりそうですが、個人的にはシアターN渋谷のこだわったラインナップは見ているだけで楽しいです。
いまいちでした、、、 (mig)
2008-03-13 21:29:52
えいさんは楽しまれたんですね~、
わたしはあまりノレなかったです。
ライアンくんは若造すぎる感じがしちゃって
クリスクーパーの相手には弱すぎるような、、、、
映画だから仕方ないかな??
Unknown (mig)
2008-03-13 21:31:33
あ、いまいちというのはいいすぎました☆5にしてるのに(笑)
普通だったかな
すみません細かいことで追記しちゃいました
■となひょうさん (えい)
2008-03-14 10:06:30
こんにちは。

『フィースト』は、微妙な映画でした。
エイリアン襲来閉じ込めものは、
最近、多いですね。
エイリアンじゃないけど
『ミスト』はなかなか怖いですよ。
■migさん (えい)
2008-03-14 10:09:17
こんにちは。

ぼくはライアン・フィリップがひ弱なところが好きでした。
こんな男が立ち向かえるわけない…
だから、どうするんだろう-----という感じかな。
そういう意味では、これまでの「VS.もの」とは
少し趣が違っていた気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Breach 「アメリカを売った男」 (表参道 high&low)
20年近くもソ連に情報を流していたFBI職員と部下となって調査を命じられた若いエージェントの話がBreach(アメリカを売った男)。 最初にFBI長官がハンセン氏の罪状について説明するニュース映像、敬虔なクリスチャンである彼が逮捕直前にオプス・デイの教会にいたシーン...
感想/アメリカを売った男(試写) (EDITOREAL)
えー、こんなもんなの? 『アメリカを売った男』3月8日公開。2001年、FBI捜査官ロバート・ハンセンが逮捕された。彼は、FBIの機密情報を25年にも渡りソ連・ロシアに流し続けていた男。その2ヶ月前、彼を逮捕するために送り込まれたのは捜査官志望の血気盛んな若者エリッ...
間もなく公開「アメリカを売った男」原題BREACH 緊迫感が凄い実話の映画化。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
アメリカでの評判を知り、すごく気になっていた映画。 原題の、BREACHとは、 SECURITY BREACHのことといえばピンとくるかもしれない。 2001年に起こった(つまり既に21世紀!)FBI内の緊迫した事件を早くも映画化している。 これほど内容について語りたくないし、知ら...
Breach (アメリカを売った男) (アリゾナ映画ログ - 砂漠から...)
2007年3月9日鑑賞Tagline:  Inspired by the true story of the greatest security breach in U.S. historyストーリーFBIの中でも下級捜査官のエリック・オニールは、突然、FBI本部で上級のエージェント、ロバー
映画、アメリカを売った男 (フクロウと大理石)
 事実は小説より奇なりという言葉がある。しかし映画に限って言うと事実に基づいた映画に面白い物は少ない。最近で言うと「マイティ・ハート」 であり「あるいは裏切りという名の犬」が事実に基づいた映画だ。これらは娯楽映画と言うには難があるし、何かを伝えたいのか...
アメリカを売った男 (映画通の部屋)
「アメリカを売った男」BREACH/製作:2007年、アメリカ 110分 監督、
アメリカを売った男/Breach (我想一個人映画美的女人blog)
いかにも裏でなんか悪い事してそうな、たくらみ顔したクリス・クーパー、珍しく主演{/shootingstar/}  2001年2月18日、FBI(米連邦捜査局)捜査官のロバート・ハンセンが逮捕された。 20年以上にわたってKGB(ソ連国家保安委員会)にアメリカの国家機密を売り...
「アメリカを売った男」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Breach」2007 USA FBI捜査官が20年にも渡って私利私欲のため、ソ連(ロシア)にアメリカの国家機密漏らすスパイ活動を行っていた衝撃の社会派サスペンス。 “アメリカを売った男”ロバート・ハンセンに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「カポーティ/2005」のク...
『アメリカを売った男』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
ライアン・フィリップのファンとしては見逃せない。彼の作品としては1年数ヶ月ぶりの公開作品となる、クリス・クーパー主演のスパイ映画『アメリカを売った男』を日比谷のシャンテシネに観に行ってきました。2001年2月にソ連/ロシアへの機密情報漏洩容疑で逮捕されたFBI....
*アメリカを売った男* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                2007年  アメリカ FBI訓練捜査官オニールは新しく創設される部署「情報管理部」で、定年間近のハンセン特別捜査官を密かに監視するように命令を受ける。無愛想なハンセンだが、オニールは次第にその信...
映画『アメリカを売った男』を観て (KINTYRE’SDIARY)
32.アメリカ売った男■原題:Breach,BasedOnATrueStory■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:3月29日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ビリー・レイ□特別顧問:エリック・オニール□製作:ス....
映画[ アメリカを売った男 ]史上最悪の裏切り者 (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ アメリカを売った男 ]を日比谷シャンテシネで鑑賞。 アメリカは広いと思わせるお話である。 だって日本なら絶対いねえよ、こんな奴。 それに、23年間も一人の男にだまされ続けるってのも なんか、スケールの大きさ感じません? FBI捜査官ロバート・ハン...
「アメリカを売った男」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
FBI捜査官エリック・オニール(ライアン・フィリップ)が上司のケイト・バロウズ(ローラ・リニー)に 呼び出され、組織内でもトップクラスの捜査官、ロバート・ハンセン(クリス・クーパー)の監視を 命じられる。しかし、オニールにはその真の目的は告げられなかった...
アメリカを売った男 (映画鑑賞★日記・・・)
【Breach】公開製作国:アメリカ監督:ビリー・レイ出演:クリス・クーパー、ライアン・フィリップ、ローラ・リニー、デニス・ヘイスバート
アメリカを売った男 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『職業・・・FBI捜査官 罪状・・・二重スパイ 史上最悪の裏切り者、逮捕までの二ヶ月間。』  コチラの「アメリカを売った男」は、”アメリカ史上最大の情報災害”と言われ、世界を震撼させた”ロバート・ハンセン事件”に基づき、犯罪に手を染めた捜査官ロバート...
アメリカを売った男 (Addict allcinema 映画レビュー)
史上最悪の裏切り者、逮捕までの二ヶ月間。
映画評「アメリカを売った男」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ビリー・レイ ネタバレあり
『アメリカを売った男』 (『映画な日々』 cinema-days)
アメリカを売った男 FBIの見習い捜査官が、長年スパイ活動を 行っていたベテラン捜査官の監視を続ける 2ケ月間を描く... 【個人評価:★★ ...