ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『告白』

2010-05-09 19:02:36 | 新作映画
----ニャに。この変なハート?
「超話題の映画『告白』の試写でいただいたもの。
あまりに緊張感がスゴイので、これを握って…ってことらしい。
実はこの映画、
ずいぶん前に、とある仕事の関係で
その内容を調べてみたことがあったんだけど、
どこにもストーリーが紹介されていない。
ほんの導入部だけ。
そういうこともあって、ぼくは内容をすっかり勘違い」

----どういう勘違いをしていたの?
さっきホームページ覗いてみたけど、
これって、
生徒に娘を殺された先生がホームルームで犯人を告発する、
そういう内容じゃニャいの?
「それはそのとおり。
ただ、ぼくは自分勝手に、
主人公の森口先生が生徒と一緒に犯人探しをしていくミステリーかと…。
ところが始まってすぐに映画は森口先生の口を借りて、
犯人があるふたりの少年であることを明らかにしてしまう。
で、その『告白』が終わったら、
次は新任の教師ウェルテル(岡田将也 )の告白に…。
一瞬、これは連続したオムニバスで
いろんな衝撃の告白を見せていく映画かと…またまた勘違い。
それにしては、松たか子は早々と消えちゃうし、
この演技くらいで、そんなに評価されるのってどうなの?……って」

----へぇ〜っ。犯人、そんなに早く分かっちゃうんだ。
だったら、警察に捕まって終わりじゃないの。
「いや。
すでに彼女の娘の死は事故として処理されている。
そして、そこにもうひとつの問題が…。
彼らふたりの少年は13歳。
もし、彼らが犯人だということが公になったとしても、
刑法41条・少年法によって守られている。
そこで、彼女は自ら制裁を下すべく、ある行動に出る」

----それって三池崇史監督『太陽の傷』にもあったよね。
「うん。でも、
あちらの主人公は男(主演は哀川翔 )。
しかしこちらは女性教師。
非力な分、頭脳を使って復讐するんだ。
でもその方法は、話さない方がいいんだろうな」

----かもね。
この映画、監督は 『パコと魔法の絵本』などの中島哲也 だよね。
これまで映像のギミックが目を楽しませてくれたけど…。
「確かに、今回もミュージカルっぽいシーンを取り入れたりはしている。
で、最初の見どころは冒頭、森口先生の告白部分。
生徒たちは誰も彼女の話に耳を傾けちゃあいない。
でも、実はまったく無視しているというわけでもなく、
ちょっとしたキーワードに敏感に反応。
互いに『犯人が分かった』とメールしあったり、
先生の言葉を逆手に取って授業をエスケープしたり。
ぼくらの時代とは全く違う、いわば超人類
そういう自分には理解不能なざわざわした10代の姿を
ぼくが最初にスクリーンで観たのは庵野秀明監督『ラブ&ポップ』
でもその後、ほんとうにエスカレートしていったんだなと…。
この実態が事実だったら、ちょっと空恐ろしいな」

----少年少女の不気味さは、
『嫌われ松子の一生』でも描かれていたよね。
「そうだね。
この映画は、あの延長にある気もする。
ここに描かれる13歳の少年少女は、理論立てて自分や他人を分析。
ある部分では大人顔負け。
でも、その実は、それぞれにコンプレックスを抱えていて、
どこかに助けや救いを求めている乳離れできていない子供。
ほんとうはまだまだ未熟なのに、
あたかも自分は超人であるかのように周りを見下して動く。
ここが身震いするほど怖い」

----また、話がテーマの方に行っちゃう。
これって仕方がないのかニャあ。
「内容が内容だからね。
でも、やはりこれは中島監督ならではの映画だと思うよ。
劇中、『大切なものが消える音、ぱちん』という印象に残るセリフがある。
そこにシャボン玉を持ってくるセンスなんかにしてもそう。
もしかして原作にもあるのかもしれないけど…。
で、やはり最後に言わなくてはならないのは松たか子の演技。
ラストで見せる、悲しみと怒りが達成感へと昇華する複雑な笑み
演技に厳しいことには定評のある中島監督も
これには大満足だったろうことは想像に難くないね」


         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ほんとうに辛い映画なのニャ」悲しい


※こういう映画が作られる時代というのが悲しい度


コトリ・ロゴ今日は母の日でした。ありがとうございました。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『リアル鬼ごっこ2』 | トップ | 『ボックス!』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2010-05-10 18:46:11
読後わかったことですがホントは第1章終業式の告白のみの短編だったそうです。そう言われてみれば、その後の章は視点を変えて説明する裏事情ともとれますが
後付けのオチでそこまでしちゃうのかとビックリ。

コレは去年の本屋大賞で映画化に合わせて速攻文庫化。重い、ヒドい、最悪の気分と口揃えていうのに、サクサク読めて止まらない不思議な原作でした。
■Agehaさん (えい)
2010-05-15 11:52:01
こんにちは。
あらら、ずいぶん、お返事が遅くなっていますね。
ごめんなさい。
なるほど「最初の告白」のみ。
ぼくも実はそう思っていたので、
映画を観たときには、その後、
仕切り直しって感じでした。

原作、オモシロそうですね。
読んでみようっと。
こんばんは★ (dai)
2010-06-06 21:10:37
>悲しみと怒りが達成感へと昇華する複雑な笑み

この笑みは凄かったですね。もう松たか子ならではの笑みのように感じてしまいました。
凄い映画 (にゃむばなな)
2010-06-07 17:46:21
確かにいろんな人の告白によるオムニバス映画のはずなのに、ストーリーは一本大きな幹が通っている感じのする作品でしたね。

いやはや凄い映画でした。
それしか言えないくらいでしたよ。
■daiさん (えい)
2010-06-07 22:53:29
あのラストの表情はスゴイ。
演出だけでもできないし、
演技力だけでもできない。
幸せな融合だと思います。
■にゃむばななさん (えい)
2010-06-07 23:07:02
この映画を観終わったとき、
最初につぶやいた言葉を思い出しました。
この監督、ほかの監督から一歩抜きんでている。
いやあ、おっしゃるとおりスゴかったです。
こんばんは (ノラネコ)
2010-06-10 23:04:36
こりゃ凄い映画でした。
確かに何かを握り締めていたくなりますね。
中島哲也のテクニックを堪能できる傑作でした。
この人才能がありすぎるのか、いつもは詰め込み過ぎになりがちですが、今回は上手く抑制していたと思います。
原作も読みましたけど、映画の方が良い意味であざとく、インパクトはありました。
こんにちは (なな)
2010-06-13 14:06:41
後味は不思議と爽快でした。
好き嫌いは分かれてもまぎれもなく傑作ですね。

>悲しみと怒りが達成感へと昇華する複雑な笑み。
そうですね,松さんの演技は最高でした。
冒頭静かに始まって
終盤に行くにつれて凄みを増している感じで。
彼女に感情移入はできないのですが
それでもラストの彼女の表情や口調には
カタルシスさえ感じてしまいました。
■ノラネコさん (えい)
2010-06-13 22:05:27
この映画を観て、
中島監督は、同時代の他の監督より一歩先に行っている、
そんな気がしました。
溢れんばかりの才能問うのはこういうのを言うのでしょうか?
脂がのりきっている時だけに、
次回もほんとうに楽しみです。
こういう風に、次回も楽しみと言える監督、
少なくなったなあ。
■ななさん (えい)
2010-06-13 22:39:00
こんにちは。
最近、いつも思うのが
「ラストシーンが忘れられない映画は、
(自分にとって)いい映画」。
これとは肌合いが違いますが、
『川の底からこんにちは』もそう。
機会があったらぜひ。
おはようございます! (ボー)
2010-06-22 06:23:54
恐ろしいけど面白かった!
中島監督の映画は期待をはずしませんね。今回もある意味ではエンターテインメント。
原作、これから読みます。
■ボーさん (えい)
2010-06-27 18:15:47
こんにちは。
ここまで絶賛評ばかりの映画って
あまり例を見ないですね。
ひねくれ者の自分としては
ツッコミを入れたいのですが、
見つかりません。
やはりスゴイや。
Unknown (vic)
2010-07-04 22:54:01
私は「パコと魔法の絵本」も「嫌われ松子の一生」も見たことがなかったのです。
というのが、あまりのどぎつい映像が好きになれなかったから...

今回の作品は同じ監督とは思えないくらい、色彩は抑えていたような気がします。

少年Aが犯行に至った経緯を見ていくと彼もまた犠牲者のように思えて複雑でしたね。
■vicさん (えい)
2010-07-07 22:19:48
こんばんは。

色彩は押さえていましたが、
あの語り口は相通じるものがあったと思います。
とにかく前へ前へと進んでいく。
この監督には、観客を牽引する力量が備わっている。
最初から最後まで酔わされました。

少年Aも確かにある意味での犠牲者。
家族に問題ありだと思いますが、
それを斟酌しようとはしない世の風潮も少し怖いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『告白』マスコミ試写会 (trivialities )
【5月18日特記】 映画『告白』のマスコミ試写会に行ってきた。原作に惹かれたのではない。中島哲也監督である。 『下妻物語』、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』と、一貫して溢れんばかりの色彩の映
■映画『告白』 (Viva La Vida!)
久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。 中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。 主演の松たか子の演技も、凄まじいの一言。 2010年度のキネマ旬報ベスト10、主演女優賞は彼女が受...
告白☆独り言 (黒猫のうたた寝)
中島監督というだけで興味津々(笑)その上、実は松たか子は好きな女優のひとりであり楽しみにしてました。試写会で一足早くの鑑賞です。原作読んでいる友人からは、どっぷり、めり込むという情報は入っていました。なんせ、今までカラフルポップな世界を繰り広げてきた作...
告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
告白 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...
【映画評】告白 (未完の映画評)
中島哲也監督が松たか子主演で淡々と描く、幼い娘を生徒に殺された女教師の復讐劇。
「告白」娘を殺され復讐した先にみた少年法に守られた犯人の簡単に軽く考えた許されない難しく重い凶悪事件 (オールマイティにコメンテート)
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 この映画は2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの 同名ベストセラー小説を映画化した作品で、 シングルマザーの女性教師が教え子に娘を殺され、 1年の終業式で衝撃的な告白をし、 犯人はこの中にいますと告げて教壇...
劇場鑑賞「告白」 (日々“是”精進!)
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
告白 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白...
告白 (Memoirs_of_dai)
な〜んてね 【Story】 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出...
告白 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 106分 映倫 R15+ 原作 湊かなえ 脚本 中島哲也 監督 中島哲也 出演 松たか子//岡田将生/木村佳乃 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを中島哲也監督が映画化。...
映画「告白」(ネタバレ注意) (MAGI☆の日記)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
『告白』 (めでぃあみっくす)
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な〜んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような...
愛情から生まれた欲望の数々。『告白』 (水曜日のシネマ日記)
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
映画「告白」 (FREE TIME)
映画「告白」を鑑賞しました。
【告白】悪夢の教室 (映画@見取り八段)
告白 監督: 中島哲也    出演: 松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛、西井幸人 公開: 2010年6月 中島哲也監督は、日本が世界...
『告白』:度肝を抜かれる映像だが意外と・・・ @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog〜映画レビューなど)
多分、今年度2010年日本映画最大の問題作(のように思う)の『告白』。 原作は未読ですが、登場人物それぞれ一人称の「告白」で成り立っているのでしょうね。 それを、時間軸を見事に交差させ、視点も交差させ、時間の流れるスピードも工夫して、中島哲也監督が撮り...
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
『告白』執拗に挟み込まれる空のカットのように。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※ネタバレ注意映画の話法に乗っかって、いつもと違う書き方で。 愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたからです。私の告白は以上です。ぱちん どっかーん なぁんてね ここから更生するのよ
これが私の復讐です〜『告白』 (真紅のthinkingdays)
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、この...
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
『告白』 (『映画な日々』 cinema-days)
娘を殺された中学教師が、 刑事責任を問われない犯人である 生徒に復讐を始める... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (劇場鑑賞) 原作:...
「告白」 (俺の明日はどっちだ)
・ う〜ん、参りました。 中島哲也監督のこれまでの作品を観て、そのカラフルでけれんみたっぷりな演出にばかり目を奪われていたけれど、この作品を通してそうした見た目の小手先の先にある人物描写の真摯なる姿勢が、考え抜かれたカメラワークやカット割り、そして的確な...
告白・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也の才気が大爆発した様な一本である。 一人の女性教師の「告白」から始まる壮絶な復讐劇。 人間の心が抱える負の情念を、これほどス...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
中島哲也監督 「告白」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
告白 - goo 映画 公式サイト⇒http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 【あらすじ】 女教師・森口悠子の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見。 森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の...
【告白】 (MINT ROOM )
★★★★……★は5個で満点。☆は半分。ネタバレ有りなのでご注意。 【物語】とある中学校。終業式後のホームルームで、1年B組の担任・森口悠子(松たか子)は、37人の生徒を前に語...
告白 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
2009年の本屋大賞受賞作である,湊かなえ氏の原作は一応買ってあるが,未読の方が衝撃が大きいかと期待して読まずに劇場へ。冒頭の教室シーン,まるで学級崩壊のような状態の子供たちに向かって,終始声を荒げるわけでもなく,淡々と話す女教師,森口(松たか子)の態度に...
告白 (勝手に映画評)
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました...
告白 (風に吹かれて)
命の重さを考える公式サイト http://kokuhaku-shimasu.jp2009年本屋大賞を受賞した同名小説(湊かなえ著)の映画化監督: 中島哲也 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」ある中学校の
「告白」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
映画鑑賞記「告白」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:10.06.16 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 告白が、あなたの命につきささる <ストーリー> (cinemacafe.netより引用)  ある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任・森口悠子(松たか子)が語り出...
「告白」 (或る日の出来事)
間違いなく、私の今年度の邦画第1位だろうなあ。ただし、そもそも、観る邦画の数は少ないんだけど。なーんてね。
『告白』・・・ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。
『告白』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ...
告白 (心のままに映画の風景)
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故...
「告白」えげつない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...
「告白」 人間の本質は自己中心性 (はらやんの映画徒然草)
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自
告白 (いい加減社長の映画日記)
ちょっと重い感じがして、先送りにしてたんだけど。 みなさん、かなり気になってるようで、観ておこうかなと思い、「告白」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いのかなぁ。 「告白」は、大きめのスクリーンで、2〜3割。 【ストーリー】 女教師・森口...
告白 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
映画 ■■告白■■ (Playing the Piano is ME.)
見る予定じゃなかったんだけど 評判があまりに良いので 見に行きました。
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
物語は【告白】で始まり、【告白】で繋がり、【告白】で終わる。 09年本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位(日販調べ)を記録したベストセラー、『告白』(湊かなえ/双葉社)。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白からはじまり、殺人事件に関わった登...
告白 (Peaceナ、ワタシ!)
先生の娘を殺したのは、誰? 『告白』を観ました! 原作は、湊かなえさんの同名小説。この方、2009年の本屋大賞を受賞して以来大人気ですけれど、実は私は読んだことがなく…映画化に伴って、原作本が本屋で平積みになっていたのでパラパラと見てみたのですが、その場では...
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
『告白』@テアトルダイヤ (映画な日々。読書な日々。)
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この...
「告白」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
13歳の殺人犯。 3歳の被害者。
映画「告白」 (itchy1976の日記)
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...
告白 (銀幕大帝α)
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 <ストーリー> 「生徒に娘を殺され....