ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ガチ★ボーイ』

2008-02-05 23:10:23 | 新作映画
----これってガチンコ・ボーイってこと?
「そう。
一種の青春グラフィティだね。
ただ、これまで青春を描くときに多かったロックや映画ではなく、
ここではプロレスに、その材を求めている」

----ふうん。元々はお芝居だったんでしょ?
「そうらしいね。人気劇団・モダンスイマーズの舞台らしい。
ただ、その内容を聞くと分かるけど、
これはとても映画向き。
主人公の五十嵐(佐藤隆太)は
事故で頭を打って以来、
寝るとその日にあったことを
すべて忘れてしまう
高次脳機能障害を患っている」

----あっ、ほんとだ。
それって『50回目のファースト・キス』
「よく気づいたね。
プレスには
『博士の愛した数式』や『メメント』、
あるいはこの夏公開の『パコと魔法の絵本』が
引き合いに出されていたけど、
やはりこれは『50回目のファースト・キス』。
ただ、あの映画がその患者(ドリュー・バリモア)を恋した
男(アダム・サンドラー)目線だったのに対して、
こちらは患者からの目線」

----ふうん。じゃあ、恋の話が中心になるの?
「いや、それもないわけじゃないけど
あくまでもワン・ノブ・ゼム。
五十嵐はプロレスと出会ったことで、
頭が覚えていなくとも
体が覚えていることで
生きる実感を取り戻していくんだ」

----ニャるほど。意外とシリアスなストーリーニャんだね。
「そういうこと。
この映画、
一見、オフザケの能天気ムービーかと思いきや、
実はかなりシリアス。
しかし、ぼくはそれらのテーマ的な部分よりも
クライマックスのガチンコ・バトルに心揺り動かされたね。
ここは、なんとNO STUNT、NO CG。
そのため痛みが直に伝わってくる。
しかもカメラはロングに引いているのだから、ごまかしようがない。
『燃えよドラゴン』よりも『ドラゴン/怒りの鉄拳』を買う自分としては、
ある意味嬉しい映画だね」

----ふうん。でもこの手の映画って
よく、大音量の音楽をバックに
試合の省略を重ねながら
いつしかファイナル・ラウンドというのが多いよね。
「『ロッキー』パターンだね。
もちろんこの映画では、
そんな姑息なこともしていない。
映画そのものもガチンコってわけだ。
実は、観る前は
あまりいい評判を聞いていなかったんだけど、
ブロガーの方の中に絶賛の評を見つけて…」

----やはり、映画は自分の目で確かめなくちゃ
ダメってことだニャ。


(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「映画は自分の目で確かめるニャ」ぱっちり


※ムダなシーンもあるとは思うけど、でもいい度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『王妃の紋章』 | トップ | 『アメリカを売った男』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
絶賛派です (april_foop)
2008-02-08 01:20:53
絶賛したのはボクです。笑

ボクの周りでも「別に……」くらいの声が多かったので、入れ込みすぎたのかなぁなどと思ってました。
他の映画にも確かに同じ設定がありますが、
朝起きたときの五十嵐の気持ちを考えると、恋にしてもプロレスの痛みにしても、かなりダイレクトに伝わったんですよね。

そんなこんなで、ボクの中では心に残った作品です。
■ april_foopさん (えい)
2008-02-08 23:12:10
こんばんは。
はい。ぼくもapril_foopさんを意識して書きました(笑)。
以前、april_foopさんのレビューで絶賛されていたことを知っていたので…。
ただ、その前に他の方から
あまりよくない評を聞いていたので、
最初は距離をおいて観ていました。

この映画って、初めのうちはオフザケみたいに見えてしまうじゃないですか。
実は、主人公にはそういう“言動”をするだけの理由があるのに…。
そのことをあらかじめ知っているかいないかで
違ってくるのかも…
と、この映画がダメだった人の気持ちも分かるような気がしました。
ベタでも (たいむ)
2008-02-27 22:52:29
こんにちは。
大絶賛するほどの何かはないけれど、やはり「クライマックスのガチンコ・バトル」には心を揺り動かされるものがありますよね。
格闘技は(痛いから)苦手なのだけど、痛々しさも記憶のひとつと思うと、最後まで闘え!とか思ってしまいました(笑)
■たいむさん (えい)
2008-02-28 09:28:41
こんにちは。

そうですね。この映画、ぼくとしては
みんなにオススメというよりも、
個人的に好きな「裏ベスト」の部類です。
青春映画は、ほとんどそう(笑)。

格闘技なんて自分では苦手なのに、
いやそれだからこそかな、
映画では観ていて興奮します。
Unknown (Ageha)
2008-03-03 01:26:17
学生プロレスって段取りが大事って
なんだかスポーツというより
コレそのものが『お芝居』

なのに、クライマックスが
ごまかし一切なしの大真面目ガチバトルだから
余計に
うわ~痛そうっってわかる分なおさら
見てて思いっきりちからはいっちゃいました。

大阪には
OSAKAプロレスってのがあります。
大真面目に格闘技なんですが
格好がふざけててね~。(笑)
漫才と格闘技の融合?にしか見えんのですよ、
詳しく知らないから偏見の目で見てますが
ここにも汗と涙があるんでしょうねぃ・・・。
このプロレスにしても
とっかかりで損してるこの作品にしても
知らないゆえに味わえない感動って
きっといっぱいあるんだろうなと改めて実感。
■ Agehaさん (えい)
2008-03-04 10:57:50
こんにちは。
ぼくもプロレスには詳しくなく、
その昔、知人が
ある全日本プロレスの有名レスラーが
「今日の演技は疲れた」と言っていたというのを
おもしろおかしく話してくれて
耳を疑ったくらいです。

しかし、おっしゃるように
なんでも観てみなければ
そのオモシロさは分からない。
この映画は、まさにそのことを教えてくれました。
えいさん、こんにちは☆ (ルールー)
2008-03-11 19:03:14
もし全く何の予備知識なく観ていたら、前半のうだうだな感じがず~っと続いて最後だけなんだかわからないけどプロレスするのかなー?と、(-_-)な気持ちで観ていたかも。(^^;;;
「裏ベスト」というのよくわかります。
見ず嫌いな人がいるのも理解できるタイプの映画なので、万人に絶対観てねとも勧めれられないかなとも思っちゃいました。
でもやっぱり最後は凄かったですよね。
プロレスってあまり好きじゃなかったんですけど、『力道山』の時もすごく興奮したし、案外好きなのかもと今更ながら思っています。(^^;;;

■ルールーさん (えい)
2008-03-11 23:18:55
こんばんは。

「キネ旬」の星取り表なんかだと、
やはりこの映画、あまり評判よくないですね。
このように
映画評論家に受けずブロガーさんたち大絶賛というのは、
昨年だと『キサラギ』があります。
いずれも共通しているのは、舞台の映画化ということ。
でも、それでもぼくは好きです。

『力道山』も、これまた別の意味でよかったですよね。
生きている証 (シムウナ)
2008-10-19 11:32:13
TB有難うございました。
こんなに熱くなれる映画に出会えたのは久し振りでした。主人公の生きる姿に共感して、最後は涙が止まりませんでした。ここ数年では邦画ベスト1です。
プロレスファンですが、試合の盛り上げがうまいの一言です!!。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
■シムウナさん (えい)
2008-10-19 16:30:31
こんにちは。

これは拾い物でした。
プロレスシーンは、
その痛みが感じられる名シーンだったと思います。

やはり<ガチンコ>で作られた映画はいいですよね。
TB有難うございました。 (Hiro)
2009-01-07 06:55:22
えいさん、今日は。
宣伝・露出方法が良くなかったのか「オフザケの能天気ムービー」と
捉えられていた部分がかなりあったのではないでしょうか。
「実はかなりシリアス」で「ブロガーの方の中に絶賛の評」にも納得。
■Hiroさん (えい)
2009-01-07 13:06:03
こんにちは。

Hiroさんのところ、
コメントを残そうと何度も試みたのですが、
数字認証が違うと受け付けてくれませんでした(涙)。
あのバスの中のシーンは、ほんとうに名場面と
そのことを言いたかったのですが…。

また、あとでお伺いいたしますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
感想/ガチボーイ(試写) (EDITOREAL)
うぎゃー、超感動しちまった! ネタバレなしで(多分あらすじも読まないほうがいい)観てホシー!! 『ガチボーイ』3月1日公開。大学のプロレス同好会に入部した五十嵐。動機は、去年の学祭のパフォーマンスにあてられたから。リング上での段取りもロクに憶えられない五十...
「ガチ☆ボーイ(試写会)」みた。 (たいむのひとりごと)
明日になると今日のことをすっかり忘れてしまう「記憶傷害」の病気を持つ主人公。『タイヨウのうた』でも陽の光を浴びることの出来ない病気の少女が、賢明に生きようとする姿を見事に描いた小泉徳宏監督であるからに
明日の私へ(映画/試写会:ガチ☆ボーイ) (美味!な日々)
『ガチ☆ボーイ』の試写会に行って来ました。かなり良かったです。終盤は涙、涙、涙の映画鑑賞となりました。面白そうな映画と思っていましたが、予想以上に面白くて楽しくて、そして泣けました。
ガチ☆ボーイ (アートの片隅で)
「ガチ☆ボーイ」の試写会に行って来ました。 これは素晴しい~Y(≧σ≦)Y!!感動しました!! 後半は、涙、涙、我慢出来ませんでしたぁw( ̄O ̄)w あまりにも素晴しかったので、息子を連れて2回も観に行ってしまいました。 無事に大学受験が終わった息子にとっても新...
『ガチ☆ボーイ』 (めでぃあみっくす)
実写の邦画でこんなに熱い涙を流した映画は初めてというくらいに号泣してしまいました。やはりフジテレビ・ROBOT・東宝という『LIMIT OF LOVE 海猿』を生み出した黄金トライアングルは本当に素晴らしいです。巷ではフジテレビ的映画になっていないかと懸念される映画ファ...
ガチ☆ボーイ ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
あーーなんか久しぶりの劇場鑑賞かもしれません。昼間用事があったので、さすがに映画の日になんか1本は観たいなぁ~~っと選んだのは、地味目な『ガチ☆ボーイ』主演は佐藤隆太の学生プロレスのお話です。事故で1晩眠ると、記憶がリセットされてしまう五十嵐君(佐藤隆...
「ガチ☆ボーイ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・ROBOT=東宝/監督:小泉 徳宏) この題名に主演が佐藤隆太。なので、あまり触手が動かなかったのだが、製作会社がROBOT、監督が一昨年の佳作「タイヨウのうた」の小
ガチ☆ボーイ (Good job M)
公開日 2008/3/1監督:小泉徳宏 「タイヨウのうた」出演:佐藤隆太/サエコ/向井理/仲里依紗/宮川大輔/片岡大次郎/泉谷しげる 他【あらすじ】大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才の五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会の門...
カラダは昨日を覚えてる。~「ガチ☆ボーイ」~ (ペパーミントの魔術師)
見に行って損はない映画。 ただ、外見で損してるというか、 そもそもスクリーンで見る気になってくれるかどうか、 そこが問題かも。 貧弱な体でノースタント。 みちのくプロレスの皆さんの協力のもと 2ヶ月みっちり合宿したそうな。 その一生懸命さはそのまま 五十嵐...
人が人に求めているモノ。『ガチ☆ボーイ』 (水曜日のシネマ日記)
大学プロレスを始めた記憶障害を抱る大学生の物語です。
ガチ☆ボーイ (八ちゃんの日常空間)
ヒットメーカーが送る安定したできばえの青春ガチンコ・プロレス研究会ムービー。里依紗ちゃんの見せ場は自転車で海沿いを突っ走るところです…
「ガチ☆ボーイ」記憶は残らなくてもみんなの心に残るネバーギブアップファイト (オールマイティにコメンテート)
「ガチ☆ボーイ」はある日頭を打って記憶を覚えられない高次脳機能障害を背負った大学生が学生プロレスに入門し、段取りも覚えられず弱いながらもネバーギブアップ精神で最後まで戦うストーリーである。監督がタイヨウの歌で鮮烈デビューした小泉徳宏監督の第二弾作品とし...
ガチ☆ボーイ (花ごよみ)
一晩、眠ってしまうと、 全て忘れてしまっているという、 障害を抱えた大学生。 安全が第一のため、 段取りを決めてある 学生プロレスにあって、 段取りを憶えることができないので プロレスの試合は、 ガチンコ試合になってしまう。 主役の大学生、五十嵐良一(佐藤隆...
『ガチ☆ボーイ』 @ユナイテッドシネマとしまえん (映画な日々。読書な日々。)
大学在学中に司法試験合格も夢ではないと言われる秀才、五十嵐は、学園祭で見た学生プロレスが忘れられず、プロレス研究会の門を叩く。「マリリン仮面」というリングネームをもらい、大切な事は何でもメモする真面目な五十嵐だったが、肝心の「段取り」を覚えられず、ガチ...
『ガチ☆ボーイ』 2008-No13 (映画館で観ましょ♪)
CGやスタントは一切使わず、俳優自らが体当たりで演じ切っている。 舞台は北海道。 牛乳パック・中央バス 麻布-花畔(ばんなぐろ) スク...
【映画】ガチ☆ボーイ (新!やさぐれ日記)
■動機 プロレス好きの友人を誘ってみよう ■感想 フジテレビのくせに(まて)やるじゃないか! ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る割に学生プロレスで一番大事な...
ガチ☆ボーイ (Kinetic Vision)
映画の中盤に出てくる、主人公五十嵐良一(佐藤隆太)が朝目覚めて大学の部室に行くまでの一連のシーンがすばらしい。昨日までの記憶がなく...
映画『ガチ☆ボーイ』 (ルールーのお気に入り)
観た人のほとんどが、意外にもものすごい拾いモノだったと思ったのではないでしょうか。予告編などで大方のあらすじは窺い知れたものの、実際は予想以上の感動だった。ただの重度の記憶障害の闘病映画でもなく、また単にスポ根的カタルシスを感じるだけの映画でもなかった...
ガチ☆ボーイ (豪の気ままな日記)
評価☆☆☆☆ 頭はどんなに忘れても、体はちゃんと憶えてる。 この僕の生きた証。 司法試験にも合格する程の頭の良い学生(だった)五十嵐がある日事故で脳に損傷を負い、それ以来一晩寝るとその日のことを全て忘れてしまう「高次脳機能障害」になる。その日あったことを...
「ガチ☆ボーイ」 (俺の明日はどっちだ)
うーん、確かに泣かせるし、素直に感動したいところだったのだけど、前評判の高さから期待するところが大きかった分いささか物足りなくもあった青春ガチンコムービー。 映画「4分間のピアニスト」ならぬ「20分間の学生プロレスラー」とでも言うべきか、終盤の“ NO CG...
ガチ☆ボーイ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
小泉徳宏監督、佐藤隆太、サエコ、仲里依紗、泉谷しげる。司法試験にも受かる秀才なのに、記憶障害になって寝てしまうと寝る前の記憶が削除されてリセットされてしまうという五十嵐は、既に死んだ自分のアルバムを見るようにメモや写真を見る自分の存在に戸惑う。
【ガチ☆ボーイ】 (日々のつぶやき)
監督:小泉徳宏 出演:佐藤隆太、サエコ、泉谷しげる、仲里依紗、向井理、宮川大輔、川岡大次郎 「大学生の五十嵐良一は突然プロレス研究会に入部を希望した。 いつもメモを取る彼・・しかしガチンコではない学生プロレスの一番大事な段取りを覚えられない。 商
ガチ☆ボーイ (ネタバレ映画館)
ただのプロレス映画だと思っていたら・・・やんごとなき青春映画だった。
【ガチ☆ボーイ】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/ 小泉徳宏   脚本/ 西田征史   原作/ 蓬莱竜太    製作年度/ 2007年   公開/ 2008年3月1日   上映時間/ 120分   配給/ 東宝 C...
ガチ☆ボーイ (to Heart)
  青春☆ガチンコグラフィティー。 製作年度 2007年 上映時間 120分 脚本 西田征史 監督 小泉徳宏 音楽 佐藤直紀 出演 佐藤隆太/向井理/サエコ/川岡大次郎/瀬川亮/宮川大輔/仲里依紗/西田征史/泉谷しげる TOHOシネマズ、レディースデイの為、ヘルニアもとい、プレミア...
[遅ればせながら、映画『ガチ☆ボーイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆私の死んだ親父は、大のプロレスファンだった。 母親と結婚した新婚旅行の北海道で、母親をほったらかしにして、テレビのプロレス中継に夢中になり、いきなり夫婦ゲンカをしたそうだ^^; そんな話を思い出しながら、私は、MOVIX昭島での、『ガチ・ボーイ』公開...
「ガチ☆ボーイ」 肉体の記憶 (はらやんの映画徒然草)
最近、久しぶりに運動をするようになりました。 きっかけは単純、暖かくなって春もの
No.130 ガチ☆ボーイ (気ままな映画生活)
この映画は映画館で観ました。 大のプロレスファンであり、佐藤隆太が出演しているため。 彼の演技はこういう作品にすごくマッチしています。
ガチ☆ボーイ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  眠ってしまうとその日の記憶を失ってしまう青年のお話である。その青年こと五十嵐良一が司法試験を諦めて、大学のプロレス研究会に入会した動機は、同会のマネジャー朝岡麻子に一目惚れしたからだ。 ところが練習を重ねてゆくつど、体に刻まれてゆく傷だけが...
『ガチ☆ボーイ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ガチ☆ボーイ 自転車事故で、眠るとその日あった事を 全て忘れてしまう「高次脳機能障害」を 患った青年が学生プロレスに挑戦。 個人評価...
『ガチ☆ボーイ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ大学生の五十嵐良一(佐藤隆太)は突然プロレス研究会に入部するが、何でもメモを取る割に学生プロレスで一番大事なこととされる“段取り”を覚えられずにいた。そんな中、商店街でのデビュー戦を迎えた良一は段取りを忘れたために本気でガチンコの試合をすることに...
映画評「ガチ☆ボーイ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・小泉徳宏 ネタバレあり