ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『トゥモロー・ワールド』

2006-10-08 12:42:32 | 新作映画
(原題:Children of men)

----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。
彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね
「うん。今度は近未来SFだしね。
しかも赤ちゃんが生まれなくなって
ついに人類に明日への希望がなくなった世界」

---でも、そういうのって安っぽくなりそう。
「いや、ところがね。
実にリアルなんだ。
町の風景もきている服も今の時代とそう変わりはしないし、
差別もあればゲリラもいる。
そんな中、エネルギー省のセオ(クライヴ・オーエン)は
彼の元妻(ジュリアン・ムーア)の一味ににさらわれる。
いまや反政府組織のリーダーである
彼女の目的は<通行証>を手に入れること。
最初は拒否していた彼だが、結局は求めに応じる。
で、ここからが目を見張るんだ。
セオたち5人を乗せてアジトに向かう車が突如襲撃を受ける。
目の前に火がついた車が飛び出すんだ。
慌てて車をバックで逃げ出すセオたち。
と、そこに今度はバイクの若者が追ってくる。
この車の外と中が12分のワンショット……と思いきや、
これはそう見えるような撮影手法を駆使したらしい、
窓の外も含め360度撮影できてカットつなぎが
まったくないように見える。
プレスにあった『8分を超えるクライマックスにワンショット撮影』とは
まさにこれかと思ったけど、それが違うんだね」

----まだ何かあるの?
「紛争が
続く路上から、
主人公たちがビルの中に入っていき、
自由の戦士とともに外の攻撃から身を守り反撃する。
部屋から部屋、フロアからフロアへのワンショット。
『THE 有頂天ホテル』『ブレーキング・ニュース』も目じゃないね」

----ふうん。それってゲリラ戦?
「後半は、ほとんどシネマヴェリテ風。
セリフも少なくドキュメンタリーを観ているかのよう。
そこにゲリラだからまるで60年代ゴダールみたい」

----なんだかアルフォンソ・キュアロンらしくないね。
うん。彼ってもっと耽美的な作家と思っていた。
もっと緑の色に固執していたし。
でもヴェネチア国際映画祭でオゼッラ賞を受賞というから、
エマニュエル・ルベッキの撮影がスゴいってことかな。
「あと、音楽がオモシロくて。
キング・クリムゾンの『クリムゾンキングの宮殿』が流れ、
セリのヒッピー崩れの長髪の友人(マイケル・ケイン)は
『ルビー・チューズ・デイ』がお気に入り曲。
なんだか親しみを感じてしまった。
とはいうもの、この映画のタッチは、なかなか野心的。
主人公が最初にいたオフィスとの関係なんて
途中から全く描かれなくなって、
彼は仕事を捨て戦いの中に身を投じていく。
ただ、それだけに日劇1に向いているかははなはだ疑問だけどね」

----しかしなぜセオは政府からも追われるの?
反政府組織の目的は?
「それは映画を観てね」
                                      (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「猫さんは生まれているのかニャ?」複雑だニャ


※ありそうな未来の雰囲気だ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『守護神』 | トップ | 『父親たちの星条旗』 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良さそうですねぇ。 (あかん隊)
2006-10-09 01:14:43
えいさん、こんばんは。

しっかりチェックしている映画です。

環境の激変で人類の存続危機は、遠からずやってくるような気がしてます。

実際、文化圏では妊娠が難しい。避妊するよりずっとたいへん。SFであるというより、近未来への警鐘なのかもしれない…と。映像にも期待できるなら、なおのこと、観に行けるように準備しなくちゃ(^^;)。
■あかん隊さん (えい)
2006-10-09 22:44:09
こんばんは、



少子化が進んだ<極>の世界を言っているわけですが、

とりあえずは映像の素晴らしさに

うならされることは間違いないと思います。

とてもSFとは思えません。
よろしくお願いします。 (やわらか映画~おすすめDVD~)
2006-11-09 23:37:27
トラックバックさせていただきました。(http://www.yawarakacinema.com/cgi-def/admin/C-010/cinema/tdiary/index.rbのほうです。)
本家サイト(http://www.yawarakacinema.com/)も、よろしくお願いします。
■やわらか映画~おすすめDVD~さん (えい)
2006-11-09 23:47:01
こんばんは。

こちらこそよろしくお願いします。
独特のSF (kossy)
2006-11-18 23:21:32
クライマックスが凄すぎました!
アメリカではまだ公開されてないようなのですけど、どんな評価になるのかも楽しみです。
興奮しました (kazupon)
2006-11-19 08:51:16
えいさん、あの中盤の火だるま車からの
くだりでまずガツンとやられてしまいました。
ワンショットだとは思わなかったんですけど、
もう何度もテストしないとゼッタイ撮れない
映像ですよね。車の中でカメラぐるぐる回るし。
人間が描けてないとか、背景がわかりづらいとか
言われそうですけど、あえてそれをとっぱらって
スピード感を持たせたんじゃないかと感じました。
■コメントありがとうございます。 (えい)
2006-11-19 11:09:46
■kossyさん

あのクライマックスは息を飲みましたね。
緯線状で生き残るのは<運>だけだと、
改めて思わずに入られませんでした。


■kazuponさん

ぼくも、あの中盤の撮影にはビックリしました。
もともとアルフォンソ・キュアロンは
緑の色を強調したファンタジー色の強い作家だけに、
こんなこともできるのかと…!?
『ハリポタ』の後だけに、
自分の個性を出したかったのかも知れませんね。
凄い長回し (メビウス)
2006-11-19 16:45:52
えいさんこんばんわ♪

『プラダを着た悪魔』を我慢し、こっちを観て正解だったような気がします。有頂天ホテルで観た長回しも結構凄いなーと感じていたのですが、本作を観てからはなんか霞んじゃいましたね(汗
これからも色々な作品で長回しが多用される作品が出ると思いますけど、その時はこの『トゥモロー・ワールド』を比較しそうですね(笑
こんにちは (ノラネコ)
2006-11-19 17:42:04
さすが、ずいぶん早くにご覧になったんですね。
久々に社会派SF大作というジャンルを観た気がします。
キュアロンも新境地ですね。
音楽の使い方もあって、なんとなく70年代の雰囲気もあり、表情にユニークな作品になっていたと思います。
SFって自由なカテゴリだったのに、オタク臭くないSFというのが、今や新鮮にみえるようになってしまいましたね。
■コメントありがとうございます。 (えい)
2006-11-19 22:28:47
■メビウスさん

こんばんは。
『プラダを着た悪魔』も、なかなかのオススメですよ。
長回しと言えば、デ・パルマなんかも冒頭でよく使っています。
柳町光男監督の『カミュなんて知らない』では、
冒頭でワンシーン・ワンカットの話をしている学生を
長回しで写すと言う粋なことをしています。
でも、そこにアクションが加わるとなると、
これは難しい。
まさしく快挙だと思います。


■ノラネコさん

社会派SF大作……
う~ん。パッと出てこないです。
SFと管理社会を結びつけた作品は
最近では『アイランド』なんかもそうなのでしょうが、
あちらは完全なエンタメでしたものね。
こんにちは (悠雅)
2006-11-22 10:57:46
SFアクションか?という宣伝に惑わされ、危うく観損ねるところでした。
淡々とした描写と、臨場感溢れるシーンと、そのタイミングもあれもこれも、何かしら堂々とした潔さを感じる作品でした。
子どもが生れない世界の原因を、作中でもさらっと触れているけれど、
それって理由は何でもよくて、明日何かのきっかけで起こり得ることかも、と思うと、
当たり前に続いて行くと信じていることのすべての未来が、
急に不安になってきました。
21年後、たぶん生きてますからね、わたしたち・・・
■悠雅さん (えい)
2006-11-23 18:21:26
アルフォンソ・キュアロン監督は
『ハリポタ』への再登板に意欲的だそうです。
彼の心の中には
未来を託す大切なものとして
<子供>があるのかもしれません。
意外! (にゃんこ)
2006-11-23 22:30:18
今から20年後の設定・・・ほんっとに近未来ですよね
その頃って、どうしてるんだろうなぁ?
でもね、どこか微妙な懐かしさのある・・・そして
今でも世界のどこかにある風景・・・そんな気がしました。
希望って・・・あること忘れたくないですね。。。
■にゃんこさん (えい)
2006-11-24 18:37:13

SFとはとても思えないテイストの映画でした。
近い将来、その時代の人たちが観たら、
21世紀初めの出来事と
信じ込んでもおかしくないほど
リアルでしたね。

なんて、そんなんことあるわけないか。
赤ちゃんが生まれないわけですものね。
そうなっていたら、それこそ大変だ(汗)。
SFテイストのないSF (とらねこ)
2006-11-25 00:52:06
アルフォンソ・キュアロン監督って、まだ全貌が見えない感じが、えいさんにもするのですね。
そういう監督って、とても楽しみですね。
ハリポタですら、3作目の評価って確か高いんですよね・・・見てないんですけど。
クリムゾンキングの宮殿 (starless)
2006-11-25 10:44:35
こんにちは。

大臣の執務室が「宮殿」ですから笑ってしまいました。なぜか屋上には「空飛ぶブタ」もあるし。

他の曲もいろいろシャレになっていたんでしょうか。
さすがに60年代ともなると、あとは「ハッシュ」しかわかりませんでした。
■コメントありがとうございました。 (えい)
2006-11-26 11:32:38
■とらねこさん

こんにちは。
『ハリポタ』は、最初の2作は、監督が監督だけにおこさまランチっぽいのですが、
一作ごとにオモシロくなってきています。

3作目『アズカバンの囚人』は<時間移動>が出てくることもあり、
まとめるのが難しかったと思うのですが、
かなり満足のいく仕上がりとなっていました。
マイク・ニューウェルの第4作も個人的には好きです。


■starlessさん

なるほど。大臣の執務室だから『宮殿』だったわけですね。
『空飛ぶ豚』はピンク・フロイドのお株なのに、
当時、プログレとして
その対抗馬のような感じで出てきた
キング・クリムゾンの代表曲というのが
シャレと言えば言えるかも知れませんね。
ピンク・フロイドはスコセッシ監督『ディパーテッド』。
予告だけでなく本編でも「Comfortably Numb」が流れていました。
Unknown (ケント)
2006-11-26 12:53:19
こんにちは、ケントです
銃撃戦は、戦争そのもので凄かったですね。あの赤ん坊の泣き声には、感動の涙を流してしまいました。人類生存への希望からでしょうか・・・
■ケントさん (えい)
2006-11-26 19:34:01
こんにちは。

この映画、絶賛の声が多いですね。
おそらくそれは
宣伝側が仕掛けた
荒唐無稽なSF映画というのとは違い、
その中身が祈りにも似たテーマを持ち、
しかも映画ならではの表現法であることに、
虚をつかれ、
より、心打たれるからではないかと思うのですが…。
えいさん☆おはようございます (mig)
2006-11-28 09:16:19
観てきましたー。

映像の迫力もリアリティもあるのだけど、
想像と違った世界でした


でも映画として楽しめたか?と思うとそんなことはなくて、、、なんとも甲乙つけがたい感じでした
■migさん (えい)
2006-11-29 10:39:57
こんにちは。

この映画、タイトルと中身がまったく違いますよね。
テーマは重いんだけど、
『アイランド』みたいなノリを想像していただけに、
エンタメ的な楽しさからは遠かったです。
長回しの秘密 (にら)
2006-11-30 14:53:35
あの襲撃シーンは、やっぱりトリックがあったんですか。
ピンポン玉がCGっぽいなぁとは思ったんですけど(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
■にらさん (えい)
2006-11-30 22:41:13
こんばんは。

あの襲撃シーンは強く印象に残りました。
クライマックスのワンカットよりも鮮やか---と言うと語弊があるかも知れませんが…。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『トゥモロー・ワールド』 (моя комната ~まやこむなた~)
『天国の口、終わりの楽園』、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。人類滅亡をテーマにしたSF映画だが、そのあまりのリアルさと、新しい観点のSF的解釈に世界が注目した話題作だ。 西暦2027年。人類が生殖機能 ...
[映画・タ行] トゥモロー・ワールド (「やわらか映画~おすすめDVD~」映画ブログ)
[映画・タ行] トゥモロー・ワールド 今回の映画は、「トゥモロー・ワールド」です。 (今回の映画レビューは、本家サイト「やわらか映画~おすすめDVD~」からの転載であり、本家では、公開後に加筆する予定です。) 本作「トゥモロー・ワールド」は、イギリスの ...
感想/トゥモロー・ワールド(試写) (APRIL FOOLS)
2027年、地球にはもう18年間子供が生まれていなかった。生殖能力とともに希望を失った人類の近未来を描いたSF大作『トゥモロー・ワールド』11月18日公開。 トゥモロー・ワールド さぞ派手なSF作かと思ってたら、とんでもない! グレイッシュな映像と、希望の ...
トゥモロー・ワールド(2006年) (勝手に映画評)
タイトル トゥモロー・ワールド ---感想--- 人類が生殖能力を失ってから18年経った世界。舞台はイギリスです。 いまの”テロとの戦い”をそのまま推し進めていくと、こうなってしまうのか?と思わず思ってしまいます。世界は平和になるどころか、テロが蔓延して ...
トゥモロー・ワールド (2006) CHILDREN OF MEN 109分 (極私的映画論+α)
 101匹もいませんが(笑)・・・それでもほとんどのシーンでたくさんの犬が出てきます。日本では「多産・安産」の象徴でもある犬ですが、イギリスもそうなのでしょうか?(笑)  珍しいことに、イギリスでは9月から公開されていますが、アメリはではアカデミー ...
トゥモロー・ワールド (ネタバレ映画館)
トモロヲ・ワールドってどんな所かな~
トゥモロー・ワールド (ぷち てんてん)
今日から公開された「トゥモロー・ワールド」見てきました。ついでに「ソウ3」も見てきたんですが^^;)「プラダを着た悪魔」も見たかったんですが、さすがに時間が取れませんでした。この「トゥモロー・ワールド」は面白かったです。お薦めしちゃうな。近未来な ...
トゥモロー・ワールド (八ちゃんの日常空間)
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
トゥモロー・ワールド (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
わてが丁稚の定吉だす。 11月18日公開の「トゥモロー・ワールド」を見て来ました。 まぁすごい迫力でした。戦争映画は好きな方ですし、割りと見てるほうだと自負していますが、こんなリアリティを感じたことはありませんでした。 映画を見ていると場面転換があるた ...
トゥモロー・ワールド (It's a Wonderful Life)
久々に度肝を抜かれる映画を観た気がします。 終末観が漂う映像からみなぎる緊迫感やエネルギーがすごい。 原題の"Children of a men"(「人類の子供たち」)という 原作小説の「18年間子供が生まれない2027年」の世界を モチーフに、かなり監督ア ...
トゥモロー・ワールド (そーれりぽーと)
落選後、『インサイド・マン』では銀行強盗に身をやつしてしまった元ジェームズ・ボンド候補のクライヴ・オーウェン。 そろそろその『007』の最新作が公開という事でぶつけてきたのか気になったので『トゥモロー・ワールド』を観てきました。 ちなみに英語の公式サ ...
トゥモロー・ワールド(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アルフォンソ・キュアロン 【出演】クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/チャーリー・ハナム 【公開日】2006/11.18 【製作】アメリカ 【ストーリー】 西暦2027年、人類に
トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶
映画「トゥモロー・ワールド」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台 ...
「トゥモロー・ワールド」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇1で昨日公開した「トゥモロー・ワールド」を観てきました。 イギリスのP.D.ジェイムズの原作 「The Children of Men(人類の子供たち)」を元に、 人類に子どもが生まれなくなってしまった西暦2027年を舞台にした アクション・エンターテインメント映画。 ...
映画~トゥモロー・ワールド (きららのきらきら生活)
 「トゥモロー・ワールド」公式サイト近未来SFアクション映画?普段まったく興味のないジャンルの映画だけど、なんとなくキャッチコピーとクライヴ・オーウェンに惹かれて観て来ました☆西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常 ...
トゥモロー・ワールド (Diarydiary!)
《トゥモロー・ワールド》 2006年 アメリカ/イギリス映画 - 原題 -CH
「トゥモロー・ワールド」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「トゥモロー・ワールド」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム 2027年人類は18年間にも渡って子どもが生まれない状況が続いている 原因 ...
トゥモロー・ワールド (playtcafe*cinema*art*)
トゥモロー・ワールド 原作:人類の子供たちstory人類に子どもが生まれなくなってしまった西暦2027年、人類絶滅の危機の中、世界は荒れ果てていた。そんな中、セオはある人に人類存続に関係する重要な情報を得る…。pointこの映画の見所は8分間の長回しです。瓦礫 ...
トゥモロー・ワールド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
子供が誕生しない未来~人類だけが地球から消え去る~このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしま ...
トゥモロー・ワールド (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 【 ...
トゥモロー・ワールド Children of Men (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 2027年 ロンドンのエネルギー省に勤めるセオは人類で一番若い 18歳の少年が死んだ事をニュースで知ります この18年間新たな人類誕生をみない世界になっていました セオは突然 前妻で今は ...
「トゥモロー・ワールド」  CHILDREN OF MEN (俺の明日はどっちだ)
西暦2027年、人類はすでに18年間も子供が誕生していなかった。原因は分からず、人類滅亡の時が刻一刻と迫り、希望を失った世界には暴力と無秩序が拡まっていた。そうした中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者に対して徹底した取締りを行なうことによって辛うじて ...
トゥモロー・ワールド (八ちゃんの日常空間)
9月上旬以来の大作とあって非常に楽しみにしていたのだが…。 あれ、何これ? 思っていたのとはちと違った。 いい意味で裏切られたよ。
【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない
トゥモロー・ワールド 2006-63 (観たよ~ん~)
「トゥモロー・ワールド」を観てきました~♪ 2027年、人類最年少の18歳の少年が殺された。彼が誕生してから18年余り、新生児がまったく誕生していなかった。エネルギー省に勤めるセオ(クライブ・オーウェン)は、仕事に向かう途中ジュリアン(ジュリアン・ ...
トゥモロー・ワールド (映画とはずがたり)
いかにも今日的な社会問題を重厚に描いた、 衝撃の近未来SF大作!! STORY:西暦2027年。 人類にはすでに、18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう・・・。 エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は ...
トゥモロー・ワールド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
トゥモロー・ワールド (悠雅的生活)
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
トゥモロー・ワールド (skywave blog)
2027年、子供が生まれなくなって18年。イギリスだけが、国家として唯一機能している、そんな世界が描かれます。 私はなぜか、近未来ものに強く惹かれます。そこでは、必ず
トゥモロー・ワールド (映画鑑賞★日記・・・)
『CHILDREN OF MEN』公開:2006/11/18(11/22鑑賞)製作国:アメリカ/イギリス監督:アルフォンソ・キュアロン原作:P・D・ジェイムズ    『人類の子供たち』/『トゥモロー・ワールド』(早川書房刊)出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイ ...
トゥモロー・ワールド (UkiUkiれいんぼーデイ)
母よ あなたは    なんと偉大な         大きなチカラを持っているのか 人類はとうとう子孫繁栄ができなくなってしまう。 そして滅亡へとカウントダウンされていく。 そこへ希望の光りとなる「存在」が誕生する。 ものすごく考えさ ...
『トゥモロー・ワールド』 (sweet* Days)
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も新しい子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテ ...
トゥモロー・ワールド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
近未来、そう、今から20年ほど先の世界では、子供が生まれない事態が起きている。世界的な流れで、すでに18年間・・・出生の事実はない。そんな世界で、一人の少女キーと出会う。彼女は未来への希望・・・妊娠8ヶ月・・・ありえないと思っていた奇跡・・・別れた妻 ...
豪華キャストだけど…【トゥモロー・ワールド】 (犬も歩けばBohにあたる!)
なんかいや~な予感がしました。 水曜日のレディースデーだってのに 有楽町の劇場
『トゥモロー・ワールド』 (ねこのひたい~絵日記室)
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測
127.トゥモロー・ワールド (レザボアCATs)
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。設定がしっかりとしていて、逆にとても恐ろしい感 ...
トゥモロー・ワールド (sailor's tale)
2027年。約18年間、人類には子供が生まれていなかった。
トゥモロー・ワールド (Alice in Wonderland)
今年100本目の映画です。 予告を観て時間があったら観ようかな程度であまり期待もせずに観に行ったのですが、映像のすごさに引き込まれ映画終了までスクリーンに釘付けで呼吸をしていたのかさえ忘れるくらいに集中していました。 2027年。我々人類にはすで ...
トゥモロー・ワールド (ケントのたそがれ劇場)
★★★  近未来を描いた映画は、いつも暗い作品ばかりだ。それが人間社会の定めなのだろうか。         確かに私達の生活は豊かになり、過去の贅沢はもはや普通の事となってしまった。また人は我がままで自己本位となり、金を稼ぐことだけに奔走するばかり ...
トゥモロー・ワールド(映画館) (ひるめし。)
「唯一の希望を失えば、人類に明日はない。」 製作年:2006年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:アルフォンソ・キュアロン 出演者:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン/キウェテル・イジョフォー 時 間:109分 [感想] ジュリアン・ ...
トゥモロー・ワールド (eclipse的な独り言)
 昔、「エグゼクティブ・デシジョン」というカート・ラッセルとスティーブン・セガ
トゥモロー・ワールド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
★「トゥモロー・ワールド」 (ひらりん的映画ブログ)
2006.11.18公開初日のナイトショウ(0:00~)で見てきました。 原題は「CHILDREN OF MEN」=「人類の子供たち」って意味。
トゥモロー・ワールド/Children of Men (我想一個人映画美的女人blog)
"子供のいなくなった未来"を観てきました~{/kaminari/} ん??でも思ってたのと全然ちがうぞ、、、 SFかと思ったら、舞台は2027年というわりと近未来のお話。 そこでは、イギリス以外の国はほぼ壊滅していて、、、、。 凄まじい銃撃シーン。 爆発シーンのリ ...
真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』 (CHEAP THRILL)
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋 ...
トゥモロー・ワールド (<花>の本と映画の感想)
トゥモロー・ワールド 監督? アルフォンソ・キュアロン 出演? クライヴ・オーウェン?? ジュリアン・ムーア?? マイケル・ケイン?? キウェテル・イジョフォー? チャーリー・ハナム? クレア=ホープ・アシティー 近未来、人類全体が不妊になり、 ...
【劇場映画】 トゥモロー・ワールド (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 2027年。我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう! 国家的事業に従事するセオは、人類の未来はおろか、自分の将来すら興味のない絶望を生きる男。し ...
トゥモロー・ワールド (土曜の夜は・・・)
story “ダルグリッシュ警視シリーズ”などで知られる英国を代表する女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未
トゥモローワールド(*_*)子供が誕生しない未来 (銅版画制作の日々)
  「唯一の希望を失えば、人類に明日はない」 MOVX京都にて、『トゥモローワールド』を鑑賞した。2027年という時代設定、だが現在とさほど、街の風景には変化みられない・・・・・。何が違うのか。実はここ18年間、子供が誕生していないのだ。このままい ...
トゥモロー・ワールド (knockin' on heaven's door)
Children of Men 人類が生殖能力を失い、子供が生まれない近未来が舞台。荒廃した寂寥感漂う世界観の反ユートピアSF。 これって・・・こんなに大規模に公開されてるのが驚きの硬質な作品。決して絵空事ではない未来像からほんの少しの希望をもたらすのは・・ ...
アルフォンソ・キュアロン監督「トゥモロー・ワールド」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン  あらゆる映像がひたすら長い。1シーンが長いというのではなく、1ショットが長い。カメラが動くのである。人の移動にあわせてカメラが移動する。そういう ...
「トゥモロー・ワールド」 「赤ちゃんよ永遠に」いや「赤ちゃんに乾杯」 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
「トゥモロー」+「ワールド」。 なんかテーマパークみたい。 さらにチラシのデザインが『アンドリューNDR114 』と似てる。 楽しいSFやろ、コレ! そんで、ポスターに書いてある衝撃のクライマックス6分間って、いつも通り誰も見たことのないSF ...
トゥモロー・ワールド (まじめにふまじめ★)
いつもお世話になってる映画系ブログの皆さんが、以外にも この映画の記事書いてる人
「トゥモロー・ワールド」 (不良中年・天国と地獄)
12月4日(月)新宿オデオン座にて2027年の近未来。人類は原因不明のまま、生殖能力を失ってしまいました。一番若い人間は18歳。つまりこの18年間、ひとりの新生児も産まれていないのです。子供が産まれないということは、人類の滅亡を意味しますから、 ...
トゥモロー・ワールド (Children Of Men) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン 2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★ 赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声に一体どんな効力を秘めているのか分からないが、一旦その泣き声が ...
「トゥモロー・ワールド」■現代へのメッセージ (映画と出会う・世界が変わる)
ジュリアン・ムーアの役名はジュリアンか。クライヴ・オーウェンはけだるい、途方にくれたような表情が巧い。彼はボンド役の候補のひとりであったらしいが、彼がボンドになったらどうなのだろうか。破壊されかかった殺伐とした街。このセットは美術監督の腕の見せ ...
トゥモロー・ワールド  2027年に今のイラクを思う、英国以外全部崩壊 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:トゥモロー・ワールド(原題 Children of Men) 製作国:アメリカ、イギリス ジャンル:近未来SF/2006年/114分 映画館:TOHO二条シネマズ(165席) 鑑賞日時:2006年11月26日 (日),14:00~ 70人ぐらい 私の満足度:70%  オススメ度:65% チラシを ...
映画「トゥモロー・ワールド」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
近未来、子供は国の宝なんですねぇ~って、今でも子供は宝のはずですが…
「トゥモロー・ワールド」のワンシーンワンカット撮影技術 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
アルフォンソ・キュアロン監督の近未来SFの傑作「トゥモローワールド」。日本公開が先になった関係か、情報が前後して公開されたことによって長回しワンショット(ノーカット)と紹介されているが、実際はイギリス
[ トゥモロー・ワールド ]セオの目を通して見た世界、109分 (アロハ坊主の日がな一日)
[ トゥモロー・ワールド ]を吉祥寺で鑑賞。 上映期間は、たぶん1ヶ月もなかったかもしれない。 [ 父親たちの星条旗 ] [ プラダを着た悪魔 ] [ 007カジノ・ロワイヤル ]など他の作品が注目されすぎて、目立たなかったかも・・・。しかし敬遠するには、惜し...
トゥモロー・ワールド (ぶっちゃけ…独り言?)
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) う~ん、意味不明・・・ これは一体どこで楽しむ映画なんですかねぇ。 設定は面白いと思うし、結構興味深々で、そこからどー膨らませてるのかを楽しみ にしてたんですけど・・・ 何か、そんな事はどーでも...
「トゥモロー・ワールド」 子供は希望 (はらやんの映画徒然草)
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品
トゥモロー・ワールド 07078 (猫姫じゃ)
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナム う~ん、...
トゥモロー・ワールド (CinemA*s Cafe)
公式サイト ジュリアン・ムーアがけっこうなチョイ役だったことに驚き(@_@) そしてもっと近未来的な話しなのかなぁ(SFちっく)と思っていたら、どこかの国の内戦みたいな雰囲気でそれもそれでびっくり(@_@) 最
トゥモロー・ワールド (mama)
2006年:イギリス 原作:P.D.ジェイムズ「人類の子供たち」 監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、チャーリー・ハナム、キウェテル・イジョフォー 西暦2027年。最後の子どもが誕生してからすでに1...
『トゥモロー・ワールド』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず人々は未来のない世界を生きていた・・・。感想『ハリー・ポッターアズカバンの囚人』のア...
トゥモロー・ワールド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『唯一の希望を失えば、人類に明日はない』  コチラの「トゥモロー・ワールド」は、11/18公開の人類に子供が生まれなくなってしまった近未来を描くSFサスペンスなんですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「大いなる遺産」、「ハリー・ポッターとアズカバン...
トゥモロー・ワールド / 88点 / CHILDREN OF MEN (ゆるーく映画好きなんす!)
"過去"と"未来"の両方に握手をする使命を持って人間は生まれる・・・ 『 トゥモロー・ワールド / 88点 / CHILDREN OF MEN 』 2006年 アメリカ/イギリス 109分 監督 : アルフォンソ・キュアロン 脚本 : アルフォンソ・キュアロン
映画評「トゥモロー・ワールド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2006年アメリカ=イギリス合作映画 監督アルフォンソ・キュアロン ネタバレあり