ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『X-ファイル:真実を求めて』

2008-10-17 23:39:56 | 新作映画
----『X-ファイル』か、懐かしいニャあ。
「そうだね。日本でのビデオリリースが、もう10年以上も前。
当時、レーザーディスクの仕事で少し関わったこともあって、
最初の頃はぼくもけっこう観ていたけど、
この手のTVシリーズの常でいつしか観なくなっていた。
でもいま調べて分かったけど、
このシリーズ、なんと第9シーズンまであったんだね」

----それはビックリ。
確かこの『X-ファイル』って
地球外生命体に絡む陰謀話の合間に、
それとは別の超常現象のエピソードもいくつかあったよね。
「うん。前回の劇場版『Xーファイル ザ・ムービー』は
それこそ物語に直接異星人が絡んでいたけど、
今回は、いわゆる超常現象系のサスペンス・ミステリー。
ある女性FBI捜査官が失踪。
そこにジョーというひとりの神父が現れ、
そのサイキックな透視能力によって
凍てつく湖からおびただしい数の人体のパーツを発見。
捜査に進展と混乱をもたらすこの男は果たして何者なのか?
FBIは医師としてキリスト教系の病院に勤務するスカリーを通して
失踪中のモルダーに捜査を依頼。
かくして、ふたりは再び“Xーファイル”の闇の中に身を投じていく」

----ちょ、ちょっと待って。
ふたりは、もうFBI捜査官じゃないの?
「そういうこと。
TVシリーズの最後の方でモルダーは、
地球外生物の存在を隠蔽しようとするあるグループによって大きな罪を捏造され、
死刑判決を下されている。
そんな彼を刑務所から逃がすのを手伝ったのがスカリー。
以後、モルダーの居場所はスカリーしか知らない----と、
こういう前提は、知っておいた方がいいみたい」

----そうか、だんだん思い出した。
モルダーは子供の頃、妹を異星人にさらわれていたんだよね。
そんな彼とFBIでパートナーを組むのがスカリーだ。
彼女って異星人にさらわれたり、
子供を妊娠したり失ったり、いろいろあったよね。
「そうそう。
しかも宇宙人の子供では?
とか、いろいろ言われたよね。
でも、彼女のバックグラウンドが物理学と医学だから、
本人は超常現象には懐疑的」

----あと、当時気になっていたのがモルダーとスカリーの関係。
いわゆる友情以上、恋人未満。
それは変わらニャいの?
「うむ。
それもこの映画の見どころかも…。
なにせ事件が起こった先のモーテルで
ふたりが同じベッドに入っていて、
しかもきわどい会話も交わすという、
ぼく程度の『X-ファイル』ファンには
思わずぶっ飛ぶようなシーンがあるんだから」

----ええっ、それはビックリ。
「でしょ。
そこでさっそくこのシリーズに詳しい人にメール。
それで初めて分かったんだけど、
ファンの間では、ふたりが一線を越えたという説もあるようだ。
というのも、そのメールの中に
TVシリーズについてのこういう一文が…。
---事件で出向いた先のモーテルの朝。
スカリーはシャツ1枚でベッドに寝ていて、
モルダーが上半身裸だったかな、で、洗面台に立っていた
そんな風なシーンから始まった回があるのです。---

これってまるで、今回のこのシーンそっくり。
ここは明らかに、TVシリーズのファンへの目配せだね」

----他にもそういう目配せってあるの?
「そうだね。
肺がんがひとつのキーワードとなっていることかな」

----そう言えばいたニャあ。肺がん男。
変な名前だからよく覚えているよ。
でも、あれは宇宙人がらみの話だった気も…。
「うん。今回は直接の関係はないかも。
でも、この宇宙人が出てこないところが
ある意味、今回の成功に結びついている気が…」

-----そうだね。
TVシリーズでも
第8話(File No.107) 「氷 (Ice)」とか
第12話(File No.111) 「炎 (Fire)」とか
ああいうのってスゴくオモシロかったものね。

           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「TVのファンでない人にも分かるのかニャ?」小首ニャ

※おそらく大丈夫だと思う度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はアメリカ・オフィシャル(ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『小森生活向上クラブ』 | トップ | 『コトバのない冬』(@東京... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2008-10-21 00:23:10
私はこのシリーズが好きで、最初から最後まで付き合いました。
ラスト数シーズンは正直惰性で作っている様な感じになってしまいましたが、この映画版2作目は色々な意味で意外性があってなかなか楽しめました。
ただ、これは基本的にはテレビシリーズのファン向けですね。
一見さんには少々敷居の高い作品だと思います。
■ノラネコさん (えい)
2008-10-22 00:10:47
こんばんは。

最後までご覧になったんですか?
噂ではシェールのエピソードとかあるらしいですね。
あと、FBIの二人を映画化したいと
映画俳優が登場するエピソードでは
ティア・レオーニが出演しているとか!?
(同じく全部ご覧になっている方に聞きました)。

この映画の奥深い楽しさが味わえるのは、
そういう番外編も含めて全部ご覧になっている
コアなファンなのでしょう。

少し悔しいです。
TBありがとうございました (シムウナ)
2008-11-09 16:41:29
TB有難うございました。
X-ファイルのLDからDVD-BOXを全巻買い換えたほどの
コアなファンです。
今回は、コアなファン向け映画でしたね。
もう今回の映画で終結・・・するのかな。
もうそうなら寂しい限りです。
是非、定期的に映画を作って欲しい!!

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
■シムウナさん (えい)
2008-11-10 22:45:51
こちらこそありがとうございました。

ぼくは、一通りのことしか知らない程度のファンですが、
この映画は、コアなファンならではの楽しみ方が
いや、コアなファンでなければ気づかない楽しみが
たくさんあるのでしょうね。
そう思うと、ちょっと悔しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
X-ファイル:真実を求めて・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1993年から2002年にかけて、全201話が放送された「X-ファイル」は、間違いなくテレビ史上に残る傑作シリーズであった。 科学では説明のつかない...
[映画『X-ファイル:真実を求めて』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆何故か、かなり期待していた作品だ。  ブームから10年以上も経って、リバイバル趣味とは違った雰囲気で映画化される様が、なんとも自信に満ち溢れているようなイメージに感じられたのだ。  また、多くの客を呼べそうなUFOネタでないのも、なんか凄い展開を見せ...
劇場鑑賞「X-ファイル:真実を求めて」 (日々“是”精進!)
「X-ファイル:真実を求めて」を鑑賞してきましたFBI捜査官モルダーとスカリーが、UFOやUMAなど超常現象の謎を追う、アメリカドラマの劇場版第2弾。全米での放送終了から6年を経て、主演コンビとTV版の監督&製作&脚本を務めたクリス・カーターが再び結集...
「X-ファイル:真実を求めて」を観てきました・・・プチレビュー (気ままな映画生活)
公開初日、深夜1時20分。終了3時5分。遂に待ちに待った作品を見てきました。評価があまりにも低かったけど、X-ファイルのコアなファンとしてFBI退職後の二人がどうなっているか気がかりで。レンタルを待つことができなかった。結論から言うと、レンタルでいいと思う。
X-ファイル:真実を求めて (勝手に映画評)
TVシリーズが終了して6年ですが、映画での復活です。FBIを離れていた、モルダー、スカリーが、再び、不可思議な出来事に巻き込まれます。 連邦捜査官の失踪と言うのは、アメリカにおいては大事件であるのは確かですが、緊急とは言え、その程度の出来事でモルダー・スカリ...
とうとう観たよ!Xファイル:真実を求めて (せるふぉん☆こだわりの日記)
11月7日より公開の「Xファイル真実を求めて」初日の昨日、早速観てきました! し
X-ファイル:真実を求めて/THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE (いい加減社長の映画日記)
なぜか金曜日に公開の「X-ファイル:真実を求めて」を、レイトショーで鑑賞。 あまりテレビで観てもいなかったんですが、人気だったということで、とりあえず観ておこうかと^^; 「UCとしまえん」は、平日のレイトショーということで、人は少ない。 「X-ファイル:...
X-ファイル:真実を求めて★★★劇場84本目:ファンへのアンサー... (kaoritalyたる所以)
長らく見たことのない二人に再会した。私はこのTVシリーズ、最初は毎週見ていた。始まった頃はゴールデンタイムな20時くらいにやっていたと思う。モルダーの吹替えは風間杜夫だったはず。シーズン1は全部見たと思う。2の後半~3の頃には時々しか見てなくって、4か...
Xファイル:真実を求めて (★YUKAの気ままな有閑日記★)
さて、簡単にサクサクっと感想を、、、あれま、テンション低め・汗【story】FBI女性捜査官が謎の失踪を遂げた。FBIを引退し隠遁生活を送っていたモルダー(デヴィッド・ドゥカヴニー)と、医師として活躍するスカリー(ジリアン・アンダーソン)は、捜査に行き詰ったFBI捜...
X-ファイル:真実を求めて (映画通の部屋)
「X-ファイル:真実を求めて」 THE X-FILES: I WANT TO B
X-ファイル:真実を求めて (だらだら無気力ブログ)
かつて日本でも人気のあったアメリカドラマ「X-ファイル」の劇場版第2弾。 ある日、失踪してしまったFBI女性エージェントを捜すため、FBIから 捜査協力を要請されたモルダーとスカリーの二人が新たな謎に挑む様を描く。FBIの女性エージェントが不可解な失踪を...
X-ファイル : 真実を求めて (Peaceナ、ワタシ!)
- それは、人間が触れてはいけない「力」 - 劇場版第2作『X-ファイル : 真実を求めて』…劇場版第1作から10年、ドラマ終了から6年経過後の映画化ですか…FBIの同僚にスプーキー(変人)と呼ばれるほど超常現象オタクのモルダーと、あらゆる怪現象に疑いの目を向ける現実...
X-ファイル:真実を求めて (スワロが映画を見た)
原題:THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE 製作年度:2008年 製作国:アメリカ 上映時間:104分 監督:クリス・カーター 原作:―― 脚本:クリス・カー...
X-ファイル 真実を求めて 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
映画『X ファイル:真実を求めて』を観て (KINTYRE’SDIARY)
91.Xファイル:真実を求めて■原題:TheXFiles~IWanttoBelieve■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:104分■字幕:林完治■鑑賞日:11月14日、新宿グランドオデヲン座(歌...