ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『蝉しぐれ』

2005-07-28 20:51:13 | 新作映画
-----これって『たそがれ清兵衛』や『隠し剣 鬼の爪』と同じ藤沢周平の原作だね。
主演は市川染五郎で、ヒロインが木村佳乃だっけ。
「うん。その二作は御大の山田洋次が松竹で監督。
でも今度は東宝。監督も『渋滞』『英二』の黒土三男ということで、
申しわけないけど、観る前はあんまり期待してなかったんだ」

-----その話し方だと、予想に反してよかったってこと?
「送られてきた案内やプレスでの評を見ると
やたらと『日本人の~』を強調。
最近ブームの右回帰の風潮に乗った映画かと思ったら
そういうわけでもなかったね」

-----どんなお話なの?
「主人公は牧助左衛門(緒形拳)を養父に持つ牧文四郎。
寡黙ながら実直に生きる父を尊敬していた文四郎だが、
彼が15歳の時、父は世継ぎをめぐる派閥抗争に巻き込まれ
『謀反』の汚名を受けたまま切腹させられてしまう。
藩の命令で長屋に移り住んだ文四郎と母だが
数年後、筆頭家老・里村左内から名誉回復が言い渡される。
だがその間に、文四郎の幼なじみ・ふく(木村佳乃)が殿の側室に。
やがて子供を身ごもったふくは里に戻り、身を隠して出産。
そんな折り、文四郎(市川染五郎)は左内に呼ばれ、
ふくの子をさらってこいと命じられる。
罠と知りつつも、文四郎はふくの隠れ住む欅屋敷へ向かう....というような話だ」

-----ふむふむ。権力抗争の中で踏みにじられる個というヤツだな。
「そうなんだ。それだけを取り上げると
日本だけでなくどこの国でもある話になってくる。
でも四季折々の風景・風土がほんとうに見事に捉えられ、
その中で生まれるいくつものドラマを際立たせていく」

-----“いくつもの”って?
「一つは逸平、与之助といった子供時代からの仲間と文四郎との固い『友情』、
そしてもう一つは、文四郎のふくへの『想い』。
それらが軸となり、父から受け継いだ文四郎の『生き方』が描かれていく。
そこに、藤沢周平文学の映画化には欠かせない殺陣が映画をピシッと引き締める」

-----あっ、そうか。殺陣もあるんだ。
タイトルだけ聞いてると、もっとのどかな感じがするけど。
「これがなかなか激烈。
いわゆる『痛みを感じさせる殺陣』。
この感覚は五社英雄監督の『雲霧仁左衛門』を観たとき以来だな。
血しぶきも派手に飛ぶし。
でもよく考えるとこの監督って『英二』でもそうだったもんな」

-----でも不思議なんだけど、あんまり人を斬ると
刀って斬れなくなるんじゃないの? 脂がついて。
ニャあんて、あんまりこんな話したくないけど。
「うん。この映画、そこもなかなかよく考えてある。
畳に何本もの刀を突き立てて用意しておいて、一本ずつ抜いて使うんだ。
ま、こういうのは原作にあるのかも知れないけどね。
そうそう、後半、文四郎とふくが夜の闇に紛れて
赤ちゃんを抱いたまま敵陣を突破するシーンがあるんだけど、
ハリウッド映画だったら、
いつか赤ちゃんが泣き出すんじゃないかというのを
サスペンスの小道具に持ってくるはず。
でもそうはしないところが日本的?」

-----皮肉っぽい人だな?気に入ってないの?
「いや、そんなことないよ。
この映画、俳優たちの演技もいいし、
時代劇としては及第点以上だと思う。
特に犬飼兵馬を演じる緒形幹太が秀逸。
蒼い狂気を湛えた怜悧な剣豪。
昔のチャンバラ映画で観た懐かしいイメージだ」

------先ほどテーマは『想い』と言ってたけど。
「うん。キャッチコピーの
『二十年、人を想いつづけたことがありますか』に凝縮されるように
映画は『想い』を描いている。
その告白がなされるシーンの市川染五郎と木村佳乃がいい。
ふたりの目に浮かぶ涙。
でも、それはまぶたいっぱいに広がるもの、決して落ちはしない。

(※ネタバレ注)
ラストはお互いの愛の確認が終わった後、去っていくふくを
湖に浮かぶ小舟の中で見守る文四郎を暖かい陽の中で捉えた遠景ショット。
やがて文四郎は小舟の中に身を埋める。
その顔は果たして泣いているのか、それとも?
岩代太郎のスコアが情感を湛えて、これも絶品としかいいようがない。
でも、これはほんとうにつらい映画だよ」

-----つらい?
「だって『文四郎さんのお子が私の子で
私の子どもが文四郎さんのお子であるような
道はなかったのでしょうか』なんて言われてごらんよ。
それに対する文四郎の答は、さすがにここでは書けないけどね」

                (byえいwithフォーン)

※思わず見入ってた度人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『頭文字<イニシャル>D TH... | トップ | 『Be Cool』 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見たい!見たい! (がちょ~ん)
2005-08-20 19:23:46
柳の下にドジョウがいたのでしょうか?



山田監督とは違った味を頂きたいです。。。
いました。 (えい)
2005-08-21 00:01:33
がちょ~んさん。



同じ原作者の世界でも、

監督によってこんなにも違った映画になるという好例だったと思います。

いやあ、これは拾いものでした。

がちょ~んさんにも、きっと気に入ってもらえると思います。

蝉しぐれ (shisyun)
2005-10-01 21:55:54
早速のTBかえし、ありがとう。あのエンディング、絶対に席を立てない余韻。なのに、不届きにも、目の前を平気で退席していく人々。くそお、邪魔なんだよ。

TBありがとうございました (ミチ)
2005-10-02 01:07:39
こんにちは。

私は山田監督ならキャスティングも含めてどうなったかなぁなんて思いました。

せっかく2作撮られたので、藤沢3部作として山田監督にやって頂きたかった・・・というのは個人的な望みです(笑)

時代劇 (iina)
2005-10-02 13:30:19
時代劇の映画は、最近「藤沢周平」作品の起用が目立ちますね。

上の感想もいろいろです。

周平作品は、女性的なやさしさを感じるますが、氏の代表作品でテーマは青春映画として正義も貫かれていますね。

iinaとしては、おすすめの一本に押したいです。
コメントありがとうございます。 (えい)
2005-10-02 20:43:00
■shisyunさん。



お気持ち、よく分かります。

しかし、エンディングロールで席立つ人いたんですか?

最近はずいぶんと、マナーがよくなったと思ったのですが、

この映画でそれをやるなんて信じられませんね。



■ミチさん。



こんにちは。

山田洋次監督だったら、<ふたりの愛>と

<権力に立ち向かう個>、どちらを軸においたのか、

少し興味があります。

前者だったらこの映画よりもっとウェットに、

後者だったらもっとドライになっているかもしれませんね。



■iinaさん



ぼくも、この映画はおすすめですね。

ほんとうは、最初まったく期待していなかったんです。

山田洋次監督くらいの巨匠じゃなければ、

この世界は描けないと決め込んでいました。

黒土監督にあやまらなければ…。



TBありがとうございました! (snowflower_001)
2005-10-04 00:23:56
こんばんは、私もあのラストは大好きなんです。

テレビ・ドラマのラストもよかったけれど、

静かな余韻の残る映画のラストは秀逸だったと思います。

ただ少し残念だったのは、物語前半のテンポがやや緩慢で後半が端折りすぎたこと。

時間的制約があって仕方なかったのかもしれませんが、

風景描写は幾分控えてもよかったのかなぁと。
■snowflower_001さん (えい)
2005-10-05 01:29:47
こんばんは。



ぼくはテレビ・ドラマを見ていないので

なんとも言えないのですが、

どんな終わり方だったのか、気になります。



映画としては、ぼくも正直前半はあまりノレませんでした。
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-10-05 16:41:00
良い空気感、雰囲気を持った映画でした。

石田卓也が「固いな」、と感じたりして、前半は、自分もなぜか「まだか、まだか」と思ってしまいました。風景の映像は、きれいでしたが、小さくても「人間のいる」風景がよかったかな…などと考えたりしました。
■あかん隊さん (えい)
2005-10-05 19:30:01
こんばんは。



ぼくは、風景はあまり印象に残っていないです。

あかん隊さんのおっしゃるとおり、

これは「人間」の映画だと思います。

特に、ラストは

「それでも、人生は続いていく」

あるいは

「そして、人生は続いていく」

という、

生きることそのものを描いた、

長く記憶に残るシーンとなっていたと思います。
山田監督の3部作になるのは・・・ (にゃんこ)
2005-10-06 06:59:44
TVで山田監督の藤沢作品3部作目は

キムタクが主演というニュースを観ました

そのために、これ監督しなかったのかしら?っと

ふと思えてしまった^^;;;



山田監督の高倉健とであったとき以来の主役の器・・・みたいなことばに

健さんかぁ~・・・と変なところで同感

(ある意味カリスマみたいなもの?)

健さんは・・・どこまでいっても健さんだし、そんなとこが共通してるかも(笑)
■にゃんこさん (えい)
2005-10-06 22:53:11
えっ、山田監督がキムタクと?

うわあ、それは知らなかったです。

どんな感じになるんだろう?

ちょっと怖い気も…。
蝉しぐれよかったです (生方史郎)
2005-11-03 21:30:17
蝉しぐれに感動して、小生のHPに感想を記しましたので、ご覧ください。





http://www2s.biglobe.ne.jp/~ubukata/20051010.htm



■生方史郎さん (えい)
2005-11-03 23:09:42
こんにちは。



生方史郎さんの論評、拝見させていただきました。

演劇を始め芸術各方面に精通されている方とお見受けしました。

またよろしければお越し下さい。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-09-01 00:59:24
 TBどうもありがとうございました。

 文四郎とふくの場面、せつなかったですね。
 ふくの美しさが印象的でした。
 木村さん、すごくよかったです。
■miyukichiさん (えい)
2007-09-01 09:31:48
こんにちは。

木村佳乃ってなかなか頑張ってますよね。
三池崇史監督の新作『ジャンゴ』でも
泥まみれで奮闘していました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『 蝉しぐれ  』 (やっぱり邦画好き…)
映画『 蝉しぐれ  』  [試写会鑑賞] 2005年:日 本  【10月1日ロードショー】  [ 上映劇場  ] 監 督:黒土三男 脚 本:  〃 原 作:藤沢周平「蝉しぐれ 」  藤沢 周平 蝉しぐれ 音 楽:岩代太郎 イメージソング:「かざぐ
「蝉しぐれ」@イイノホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は2本かけもち試写会です。本当は秀君がお休みだと思って用意していたのに、あっさり「日曜日は仕事で休めないよ」って言われちゃって…残念。あーちゃんはNHKでやっていたドラマ版の蝉しぐれを見ていないのでドラマとの比較は出来ないけど、ドラマを見ていた人は泣
蝉しぐれ (seven.blog)
試写会で「蝉しぐれ」 上映前に子供時代のキャストふたりと監督の舞台挨拶があった。監督はさすが落ち着いててトークも上手かったけど新人ふたりは初々しいというか今時の若者丸出しで内心大丈夫かーという気持ちに。石田靖は普通に今時の若者。時代劇っぽいのは頭身のみ。
映画感想「蝉しぐれ」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「蝉しぐれ」 【評価】★★★★ 【映像】★★★★ 【滋味】★★★★ 【エロ】 【笑い】★★ 【役者】★★ 試写会に行ってまいりました。 藤沢周平先生の「蝉しぐれ」が原作らしいんですが、原作は読んだことありません。 その藤沢周平先生が唯一映像化を認.
蝉しぐれ (No cinema,No life)
文四郎さんのお子が私の子で、私の子どもが文四郎さんのお子であるような道はなかったのでしょうか昔は、時代劇があまり好きではありませんでした。だって何が悲しくて、自分のお腹を切ったりするんでしょうか?つい最近まで、全くもって理解出来なかったのです。勿論今でも
蝉しぐれ (空想俳人日記)
人間は 悔いることで 生きていく   確かにオーソドックスかもしれない。でも、オーソドックスの何が悪いんだろう。手を変え品を変え奇を衒う手品のような映像に興奮する映画の前に、欠伸をする人がいるかもしれない。また、所詮、江戸時代だ、と、現代なら、あんな
蝉しぐれ (徒然なるサムディ)
映画には文学作品が原作の場合もある。 この作品も原作は故藤沢周平氏の代表作として有名である。 原作の一節に、おふくの言葉でこうある。 「…きっとこういうふうに終わるのですね。  この世に悔いを持たぬ人などいないでしょうから。…」 相思相愛でありながら
「蝉しぐれ」をみて (ブログで豚犬殿下)
『蝉しぐれ』をみました。藤沢周平作品のなかでも指折りの名作を原作としています。原
蝉しぐれ (映画君の毎日)
CMの印象が頭を離れず、生まれて初めての劇場で時代劇鑑賞。 まあ最近の時代劇はソフトに作ってあるので、 それほど気張る必要も無い。 壮大なラブストーリーと壮大な風景が楽しみであった。 藤沢周一作品は残り2作品も観終えているので準備万端。 でも泣
蝉しぐれ (のんびりぐ~)
作品:蝉しぐれ 監督:黒土三男 主演:市川染五郎、木村佳乃、石田卓也、佐津川愛美、緒方拳 制作:2005年 日本 蝉しぐれ 「忘れようと、忘れ果てようとしても、  忘れられるものではございません」 -20年、人を想いつづけたことはありますか。- 心待ちにして
蝉しぐれ (ハイジのシネマパラダイス)
蝉しぐれ 監督・脚本/黒土三男  原作/藤沢周平 出演/市川染五郎 木村佳乃 緒方拳 ふかわりょう 今田耕二 原田美枝子 配給/東宝 市川染五郎見直す度  90点       「日本」の四季の美しさに感動度 100点 ★★★★★★★☆☆☆ スト
蝉しぐれ (ドリアンいいたい放題)
仕事帰りに観てきました。 日曜日も仕事だけれど、 せっかくの映画の日、観なきゃ! 市川染五郎は「阿修羅城の瞳」からのファン! 現代ものを描いた作品ではイマイチだけど、 時代ものでは、絶品! やっぱりカッコよかった!! でも、この作品で注目すべきは
映画「蝉しぐれ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「蝉しぐれ」 ★★★★☆ ストーリー:江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。以後、文四郎は謀反をおこした父の子として数々の試練にさらされる。 藤沢周平原
蝉しぐれ (Akira\'s VOICE)
タイトル負けしているような・・・ 胸は打たれませんでした。 でも嫌いではない。
蝉しぐれ(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】黒土三男 【出演】市川染五郎/木村佳乃/緒形拳/原田美枝子/今田耕司/ふかわりょう/石田卓也/佐津川愛美 【公開日】2005/10.1 【制作
蝉しぐれ (ネタバレ映画館)
 「文四郎さまのお子様は?」「未だ・・・」「いまだ・・・とおっしゃいますと?」「未だ・・・い、今田耕司」  『たそがれ清兵衛』『隠し剣、鬼の爪』と続いた藤沢周平作品の映画化。今回は、山田洋次監督ではなく、黒土三男監督がメガホンをとった。どうしても山田作品
「蝉しぐれ」と「シン・シティ」の共通点は純愛? (すかんぴんノート)
◆蝉しぐれ監督:黒土三男 出演:市川染五郎、木村佳乃、緒形拳 物語:時は江戸時代。東北の小藩「海坂藩」の下級武士である義父のもとで成長する牧文四郎は、隣  “に住む幼なじみのふくに淡い恋心を抱きながら剣術と学問に明け暮れていた。そんなある    日、藩内で
「蝉しぐれ」と「シン・シティ」の共通点は純愛? (すかんぴんノート)
◆蝉しぐれ監督:黒土三男 出演:市川染五郎、木村佳乃、緒形拳 物語:時は江戸時代。東北の小藩「海坂藩」の下級武士である義父のもとで成長する牧文四郎は、隣  “に住む幼なじみのふくに淡い恋心を抱きながら剣術と学問に明け暮れていた。そんなある    日、藩内で
蝉しぐれ (まつさんの映画伝道師)
第229回 ★★★★☆(劇場)  正しいことを正しいといえず、正しくないことも正しくないといえない現代社会。 「力」に迎合する者が重宝され、正直者は損をする。  今ある輝きに目を奪われ、未来を照らす小さな希望に目をくれない現実。  この「蝉しぐ.
蝉しぐれ (まったりインドア系)
黒土三男監督が藤沢周平の原作に心底、惚れぬいて、丁寧に撮られたことが実感できる映画だった。限られた上映時間のため、大幅に割愛されたサイド・ストーリーもあるが、原作にほぼ忠実な内容が、庄内地方の美しい四季折々の映像を織り交ぜて、ゆったりと進んでいく。黒土監
『蝉しぐれ』 (京の昼寝~♪)
二十年、人を想いつづけたことがありますか。 「忘れようと、忘れ果てようとしても、 忘れられるものではございません」 「文四郎さんのお子が、私の子で、  私の子どもが文四郎さんのお子であるような  道はなかったのでしょうか」 ■監督・脚本 黒土三男■原作 
蝉しぐれ (cococo)
日本の映画らしい、純朴な雰囲気でした。「ひたむき」「純粋」「真摯」「しのぶ」…と
蝉しぐれ (まぁず、なにやってんだか)
「蝉しぐれ」は市川染五郎が主役なので観たいなぁ、と思っていた映画です。染五郎はドラマでよく「お金持ちのボンボンでおちゃらけているけど、とっても友達思いのイイヤツ」を演じていて、性格がよさそうで好きなんです。 スーパーの庄内米キャンペーンで映画鑑賞券プレゼ
『蝉しぐれ』を観て来ました! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年10月5日 『蝉しぐれ』 2005年10月1日より公開 2005年/日本/2時間11分 配給:東宝 構想15年。 藤沢周平の最高傑作! 「蝉しぐれ」がついに映画化 私たちがどこかに忘れていた 『大切なもの』が、ここにある 主役の文四郎には市川
蝉しぐれ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
とりあえず、予告の木村佳乃が印象的でしたから・・・早く観たかったものの 結局レディースディのレイト鑑賞してきました。 今夜の映画は『蝉しぐれ』 『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く同じ原作者の作品ということで 舞台は東北・・・あ、でも言葉は標準...
#36:蝉しぐれ (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価   いいねっいやぁ~泣けました こういう映画で感動するようになったって、 やっぱり自分もおじさんなんだぁ~とちょっとショック 邦画は、やっぱり王道の時代劇なのかな ”たそがれ清兵衛”などで知られる 英雄でも、偉人でも無く...
蝉しぐれ (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
少年時代の描写が好きだ。 少年たちの演技はアレだが 美しい思い出を胸に秘め生きていくという後半のストーリーを引き立たせるために、たっぷりと時間をとり、四季の変化をカメラに焼き付ける 緒形拳は「隠し剣、鬼の爪」の絵に描いたような悪人から一転して、尊敬できる父親
『蝉しぐれ』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
「忘れようと、忘れ果てようとしても到底忘れられるものではありません。」 人と人とが出会い、そこに築かれる絆。 それは信頼であったり、友情であったり、そして愛情であったりと…。 行く月を重ねても褪せる事なく存在するもの。 この言葉を耳にして、始めて物語があるべ
映画館「蝉しぐれ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
日本史が大嫌いだった私。そんなわけで、実は今までこのような時代物の映画はあまり観ていませんでした。最近は、面白い邦画も沢山あるので観ることにしました。 幼馴染の2人、文四郎とふくが思いを寄せ合っているのだけれども、その恋は成就することはない、、、そん...
蝉しぐれ (映画がはじまるよー)
20年、人を想いつづけたことはありますか。 ひかえめでありながらも強かなキャッチコピーである。20年も人を想い つづけたことはあるだろうか?いや、ない。なぜならこの夏に20になったばっかりだから。 それならば、これから先はどうだろうか。今までに二人の女性と付き
「蝉しぐれ」息詰まる大画面の悦楽 (soramove)
「蝉しぐれ」★★★★☆大満足! 市川染五郎、木村佳乃 主演 素晴らしい作品に出会った。 桜、蝉しぐれ、目に眩しい稲穂 そして一面の銀世界。 目にそして耳にと季節の移り変わりを感じ、 隣同士の幼なじみは それぞれの運命に翻弄されつつ それでも自分...
ジュンアイ[ 蝉しぐれ ] (アロハ坊主の日がな一日)
藤沢周平の最高傑作と言われた小説を、黒土三男監督が15 年の歳月をかけて映画化した作品。 時は江戸時代。寡黙であるが実直な父・牧助左衛門(緒形 拳)。息子の文四郎はそんな父のことを誰よりも尊敬する 少年だった。が、藩のお世継ぎ問題で派閥闘争に巻き込ま れ
「蝉しぐれ」 初恋の来た坂道with親父の骸 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
今年もやってきました! 藤沢周平、海坂藩モノ映画の季節が。 思えば、新井英樹のコミック「ザ・ワールド・イズ・マイン」で出てきた、「~でがんす」「しぇば~」「わぁ」の東北弁を自分なりの発音で読んでいたが、「たそがれ清兵衛」の宮沢りえから発せられた正解発音の、
蝉しぐれ (ももママの心のblog)
藤沢周平原作の時代小説の染五郎主演で映画化。親子の情と、切ない恋を叙情豊かに描く。 2005年 日本 時代劇 ラブロマンス ヒューマンドラマ 2005年10月19日 川崎チネチッタ 監督・脚本 黒土三男 原作 藤沢周平 出演 市川染五郎、木村佳乃、ふかわりょう、今田耕司、
蝉しぐれ (toe@cinematiclife)
どうも、中学・高校時代、歴史の授業がすごく苦手で、「大切なのは、過去よりも未来だろ!!」なんて、傲慢な考えをしてまして(ーー;) が、映画を見るようになってから黒澤作品を見るようになり、時代劇の面白さを知るようになったのです。 しかし、なにせ歴史の勉強が嫌い
『蝉しぐれ』 (ちょっと一息♪UPLOOKatHOME)
うぅ・・・、 うううぅ・・・。 なんと言うか・・・、とても感動してしまいました。
蝉しぐれ (わんわんのニョンニョン日記)
「蝉しぐれ」を観賞してまいりました。 見る予定はなかったのですが、「SHINOBI」を見ようかな~と映画ヲタ友人にメールをしたところ『同じ時代物邦画でも「蝉しぐれ」とは世界観が違う云々』というレスが来たので(いや、さすがにそれは私だってわかるさ・汗)ちょっと気に
蝉しぐれ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
日本らしい良い作品だとは思うけど、自分には合わなかった。しかし観る人によっては素晴らしい作品に映ると思います。ラストの市川染五郎と木村佳乃の対話は必見。
蝉しぐれ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 131分 監督 黒土三男 原作 藤沢周平 脚本 黒土三男 音楽 岩代太郎 出演 市川染五郎[7代目] 、木村佳乃 、ふかわりょう 、 今田耕司 、原田美枝子  解説: 藤沢周平作の長編時代小説を市川染五郎主演で映画化し.
蝉しぐれ (何曜ロードショー)
今日のイラストは7代目、市川染五郎さん  忘れようと、  忘れ果てようとしても、  忘れられるものではございません  あれは十四、五の ほのか照れ隠し  ふたりで歩こうと決めた 川ではないけど  いつのまにここに いつのまによそに  水玉模様の僕 ...
映画『蝉しぐれ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬から夏、春から秋へと、季節は走馬燈のようにめまぐるしく巡る。切なく悲しくやるせない思いと共に引き裂かれた恋・・そして無情に飛び散る血しぶき・・ 江戸時代は東北の小藩、義父牧助左衛門(緒形拳)の元で逞しく成長した牧文四郎(市川染五郎)には思 ...
蝉しぐれ (黄昏ミニヨン想録堂)
 今回で最後。『蝉しぐれ』である。
蝉しぐれ [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「蝉しぐれ」     (黒土三男:監督/藤沢周平:原作)  のTV放映を昨日観ました。   蝉しぐれNHKエンタープライズこのアイテムの詳細を見る  藤沢さんの原作は、たしか読んでるはずなんですが、  何しろもう10年くらい前なので、  筋書きなんてまった...
蝉しぐれ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 時は江戸時代-15歳の牧 文四郎(石田)は、東北の下級武士の父親の助左衛門(緒形)を尊敬し、剣術と学問に明け暮れていました。  隣家に住む幼馴染のふく(佐津川)に淡い恋心を抱いていた文四郎でしたが、ふくもまた優しく頼れる兄のような存在の文四郎に憧れて...