ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原田芳雄追悼(『大鹿村騒動記』公開中に…)

2011-07-19 22:39:10 | 映画
「今夜はしっとりといくからね…」
-----そうか、原田芳雄が亡くなっちゃったんだよね。
「うん。実は『大鹿村騒動記』を観に行った時、
ある人から『これは、原田芳雄の最後の作品』と聞かされて、
えっ?と問い返したことが…。
その人の話によると、癌が再発したのだとか…。
映画を観た後にぼくはそれを知ったわけだけど、
この映画、原田芳雄久々の主演ということもあり、
彼は役を喜々として演じている感が。
で、印象に残ったのが、
エンドクレジットに写される彼のスナップ的写真。
それがあまりにもよくって、
これは阪本順治監督の彼への愛だなと…。
映画には、それこそ大御所がずらり顔を揃えていて、
もしかしたら、クランクイン前から
その遠くはないであろう死を察した友人たちが
大挙、友情出演したのかなとも…」

-----ふうん。
ところで、えいの原田芳雄との出会いは?
「これはね。脇も脇、
ほんの1,2シーンしか出演していない、
『八月の濡れた砂』の神父役。
ちょっとコミカルな彼の演技がとても印象的で、
順序を逆にして、後で観た『野良猫ロック・暴走集団’71』で、
その強烈な個性に完全に虜となってしまった。
この映画は、『野良猫ロック』シリーズの掉尾を飾る作品。
主人公たちは新宿にたむろするヒッピー。
原田芳雄はドテラ姿。
これも後で知ったんだけど、
この映画は、正月映画として公開。
それにドテラはないだろうと、当時の日活の上層部は怒り心頭だったらしい」

-----その頃から、反権力、反体制のイメージが
出来上がっていたってわけだね。
「そうだね。
フォーンは彼が阪本竜馬を演じているのを知っているかな。
黒木和雄監督『竜馬暗殺』には、
彼のほかに松田優作、石橋蓮司、桃井かおり、中川梨絵らが出演。
この映画は、ストーリーよりもその“言葉”がオモシロい。
まるで当時の学生のような政治的な会話が交わされるんだ」

-----へぇ~っ。でも、えいのおススメは
『祭りの準備』だったよね。
「そう。個人的にはこれが一番。
市国の閉塞的な海辺の町に
がんじがらめになっている主人公・楯男。
彼がラスト、ついにこの街から逃げだし、
東京へ向う時に見せた原田芳雄の演技は、
数ある彼の名シーンの中でもベスト!
両手を挙げて『バンザイ、バンザイ、バンザイ』と、
走り去る列車をどこまでも追いかけていく。
底にかぶさる松村禎三のテーマ曲。
あの高揚感こそ映画だね」

-----他には?
若松孝二『われに撃つ用意あり』だね。
原田芳雄演じる主人公・郷田は元全共闘。
その元同志・李津子を桃井かおりが演じる。
ふたりは、ラスト、
ヤクザと警察を向うに激しい銃撃戦を繰り広げるんだ。
あの時代の熱い心は失っていない、
そんな気概が感じられる映画だったね。
最近では『亡国のイージス』で総理大臣まで演じ、
その意外なキャスティングに、心底驚いたものだけど、
彼にはやはりこういう役が似合う。
もちろん『歩いても歩いても』のおじいさんもいいけどね。
しかしなあ…」

-----ニャに?
「昔、『新宿アウトローぶっ飛ばせ』
文芸地下で観たとき、
ある友人がこう言ったんだ。
『横浜の港のシーン。
従来からのスターであった
渡哲也からのバトンタッチを
見たみたいだ』って…(実際は原田芳雄が一つ上)。
まさか、その原田芳雄が先に逝くとは…。
ほんとうに、ひとつの時代が終わった気がする。
松田優作は、彼の一挙手一投足を研究し、模倣したとか。
そして、その松田優作は原田芳雄より先に逝き、
原田芳雄の家の神棚には、
藤田敏八監督と松田優作の遺影が飾ってあったという。
なんと言っていいのか、ほんとやりきれないね」


                   (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「ご冥福をお祈りします」悲しい


※たくさん喋ったけど、まだまだ喋りたりない度


コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター


人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トランスフォーマー ダー... | トップ | 『インシディアス』 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-07-19 23:52:06
今日『大鹿村騒動記』を観てきました。原田さんの最後の芝居を心に刻むために。
平日最終回ということでそれほど混んではいなかったけど、本編終了と同時に拍手が巻き起こりました。
まるで今日を予期していたかのごとく、原田さんの実にいい顔がスクリーン一杯にアップになるんですよね。ラストシーンなんか笑えるはずなのにでも涙が止まらなかったです。
本当にいい俳優でした。ご冥福をお祈りします。
■KLYさん (えい)
2011-07-24 12:00:59
こんにちは。
涙が止まらなかったとのお気持ち、
痛いほど分かります。
ぼくはこの映画を観ているとき、
“最後の作品”ということを知らなかったので、
後で知らされても
半分、本気にしていなかったところがありました。
それでも、あのエンドクレジットのアップのショットは
胸に迫りました。
監督の原田芳雄への思いを感じずにはいられませんでした。
改めてご冥福をお祈りいたします。
神棚 ()
2011-07-24 18:12:53
神棚に藤田敏八と松田優作の遺影ですか。いかににも彼らしい(泣)。

『ツィゴイネルワイゼン』では役者・藤田敏八に対して原田が遠慮したのか、いつもの精細がありませんでしたし、『竜馬暗殺』の松田優作は原田芳雄の前で借りてきた猫のようだった印象があります。原田芳雄の藤田敏八への畏敬、松田優作の原田への畏敬がそうさせたんでしょうか。いずれにしても、若いころ親しんだ彼らがいなくなる……。悲しいです。
こんばんは (ノラネコ)
2011-07-28 23:10:57
私も「祭りの準備」のラストはいまだはっきり覚えてますよ。
あれは正に“映画”ですよねえ。
年末の餅つき会にお邪魔して、ご本人にちょっとだけお会いした事がありますが、アウトローっぽいイメージとは逆に、とても楽しい人でした。
いつか映画の仕事でご一緒したかった。
本当に残念です。
■雄さん (えい)
2011-07-31 14:28:09
こんにちは。

そうそう。おっしゃるとおり。
『ツィゴイネルワイゼン』は敏八のイメージ。
逆に『竜馬暗殺』は原田芳雄が貫録勝ちでした。
この2作は、その意味でも印象深いですね。
■ノラネコさん (えい)
2011-07-31 14:32:23
ぼくが、少しだけお会いしたのは『オレンジロード急行』。
ほとんど、こちらのちら見でしたが…。

映画で好きなのは、やはり『祭りの準備』。
地元に自分は残りながら
より若い世代の旅立ちを見送る彼の姿が
ある意味、いまでは切なく思われます。
原田芳雄自身は、出演作の中で
どれがお気に入りかか、こっそり聞いてみたいです。
おそらく
「何バカぬかすか!」と言われるんでしょうけど…。
Unknown (犬塚ケン)
2011-08-04 00:54:01
こんばんは。

先月、『LOVE Cinemas 調布』にリンクがある全てのブログに、
コピーでコメントを投稿いたしました。
その後KLY氏は、当方のコメントやトラックバックを認めるどころか、
アクセスを拒否するという反応に出ました。
なので、その節はこちらに多大な御迷惑をお掛けしましたが、
今のところ苦情は一件も寄せられていないので、
本日も同様の行動を取らせていただきます。

さて今回の続篇では、KLY氏が余所のブログに投稿したコメントを中心に、
映画ブログ界におけるコメント欄のあり方を検証しました。
不躾きわまるお願いではありますが、御一読いただければ幸いです。

虚妄の映画ブログ界 ―― KLYと賢者のコメント
ttp://nearfuture8.blog45.fc2.com/blog-entry-656.html

↓こちらは前回も紹介した、「擁護する」シリーズです。
ttp://nearfuture8.blog45.fc2.com/blog-category-20.html

今回も誠に勝手ではありますが、このコメントに対する苦情は、
当方のブログのコメント欄では受けつけません。
何か御用件がありましたら、メールでお願いいたします。

それでは、無用に騒がせたことをお詫びしつつ、失礼させていただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大鹿村騒動記 (LOVE Cinemas 調布)
俳優・原田芳雄の遺作。公開初日に舞台挨拶に出席したもののそれから僅か3日後に帰らぬ人となってしまった。長野県の大鹿村に300年以上伝わる「大鹿歌舞伎」。その後援を日後に控えたあるひ、駆け落ちした妻が帰ってきた…。共演に大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐...
原田芳雄さん、死去? (いい加減社長の日記)
残念・・・大好きな俳優さんでしたが・・・ アウトローから味わい深い中年男まで圧倒的な存在感で演じ分けた俳優の原田芳雄さんが19日午前9時35分、上行結腸がんから併発する肺炎のため東京都内の病院で死去しました。 71歳。 今月11日に主演映画「大鹿村...
原田芳雄さん、死去 『大鹿村騒動記』が遺作に (ネット社会、その光と影を追うー)
野性的な魅力で映画やドラマで活躍した俳優の原田芳雄さんが19
原田芳雄さん 追悼 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
大好きだった俳優・原田芳雄さんが、7月19日午前9時35分、肺炎のため東京都内の病院で亡くなられました。享年71歳。 ショックです。声も出ません。 1963年。俳優座の養成所に入り、舞台俳優としてキャ
【映画評】大鹿村騒動記 (未完の映画評)
江戸時代から続く村歌舞伎を守る山村を舞台にして軽妙に描かれる原田芳雄主演の人間喜劇。
大鹿村騒動記☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年7月19日お昼過ぎ・・・原田芳雄さんの訃報Twitterのつぶやきでびっくりした。信じられないニュースに、嘘じゃないかとネット検索でも、それは本当に起こったことだった。ワイドショーで観た試写会での姿に、不安を感じたのは否めない。でも、本当になって欲しくなか...
追悼・原田芳雄 (Days of Books, Films )
memory of Harada Yoshio, actor (『竜馬暗殺』プロ
大鹿村騒動記 (シネマDVD・映画情報館)
大鹿村騒動記 監督:阪本順治 出演:原田芳雄/大楠道代/岸部一徳/松たか子/佐藤浩市/冨浦智嗣/瑛太/石橋蓮司/小野武彦/小倉一郎/でんでん/加藤虎ノ介/三國連太郎 内容:江戸から数えて300余年。南アルプスの懐に抱かれた大鹿村では、途絶えることなく「村...
阪本順治監督 「大鹿村騒動記」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
主演の原田芳雄さん、映画公開から三日目の突然の訃報に驚きました。 とても残念です。 遺作となってしまった「大鹿村騒動記」 今日(7月24日)やっと観てきました。 http://ohshika-movie.com/index.html 【あらすじ】 江戸から数えて300余年。南アルプスの懐...
大鹿村騒動記 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
美しき日本の山村で“芸能の原点”を守ってきた人々の姿を描く群像劇。監督は「行きずりの街」の阪本順治。出演は「ロストクライム 閃光」の原田芳雄、「人間失格」の大楠道代、 ...
「大鹿村騒動記」 (俺の明日はどっちだ)
江戸から数えて300余年。南アルプスの懐に抱かれた大鹿村では、途絶えることなく「村歌舞伎」の伝統が続いてきた。そこで主役を張ってきたのが、初老の食堂店主・風祭善(原田芳雄)だ。サングラスにテンガロンハットの無骨な男だが、いざ舞台に立てば観客の視線を一身に...
芳雄さんが天国へ逝ってしまった (俺の明日はどっちだ)
「熱気がうずまいていた”最期の日活」 役者になってからの映画との出会いは、そんなにときめかない、不幸なものだったんだ。最初の作品やってて、もう映画なんてコリゴリだ、と思ったくらい。もともと、不精不精って感じで出かけた現場でもあったしね。 ところが、沢...
「大鹿村騒動記」 さらば、アウトロー (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2011年7月19日。 映画史に大きな足跡を残して、原田芳雄が逝った。 原田芳雄という俳優を知ったのは、何時だっただろう。 物心ついた頃には既に人気スターだったが、その存在感を強烈に意識したのは、多...
千両役者の花道~『大鹿村騒動記』 (真紅のthinkingdays)
 南アルプスの麓の小さな村。鹿料理の店「ディア・イーター」を営む善(原田 芳雄)は、村に300年続く「大鹿歌舞伎」の花形役者。舞台本番を5日後に控 えたある日、18年前に村を去った親友・治(岸部一徳...
人生すべからく喜劇。阪本順治監督『大鹿村騒動記』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「人生すべからく喜劇」とはこれが遺作となった原田芳雄さんの言葉。阪本順治監督『大鹿村騒動記』は90分間というタイトな時間に「楽しい映画的至福なる瞬間」が溢れた見事な喜劇。
『大鹿村騒動記』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「大鹿村騒動記」 □監督 阪本順治□脚本 荒井晴彦、阪本順治□キャスト 原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子、冨浦智嗣、瑛太、石橋蓮司、小倉一郎、でんでん、加藤虎ノ介、小野武彦、三國連太郎■鑑賞日 7月17日(...
大鹿村騒動記 (映画的・絵画的・音楽的)
 『大鹿村騒動記』を丸の内TOEIで見てきました。 (1)映画『奇跡』についての記事に書きましたように、期待を込めて待っていた『大鹿村騒動記』が16日に公開されるとわかり、でもまあそうすぐに行かなくともとグズグズしていたところ、19日に主演の原田芳雄の訃報。それ....
大鹿村騒動記 (食はすべての源なり。)
大鹿村騒動記 ★★★☆☆(★3つ) 忘れられないけど 思い出したくもない女が帰ってきた。 長野県の大鹿村で、300年の歴史がある「大鹿歌舞伎」の上映を数日後に控えたある日、18年前に親友と駆け落ちした女房が帰ってきた!ボケてカケオチしたことも忘れて!! ...
大鹿村騒動記 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
大鹿村騒動記'11:日本◆監督:阪本順治「座頭市 THE LAST」◆出演:原田芳雄、大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、松たか子◆STORY◆長野県下伊那郡大鹿村―四方を山に囲まれたこ ...
大鹿村騒動記 (いやいやえん)
原田芳雄さんの遺作となった群像劇です。近くのゲオにはなかったものだからようやく見れました。 長野県大鹿村、ここでは300年余の間、町の伝統芸能として歌舞伎が伝承されてきた。その主役をはるのが、主人公の風祭善。公演間近に駆け落ちしていた妻が十数年ぶり...
映画評「大鹿村騒動記」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2011年日本映画 監督・阪本順治 ネタバレあり