ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『チャーリーとチョコレート工場』

2005-07-24 10:42:20 | 新作映画
-----ティム・バートン&ジョニー・デップ。これは超強力!
「完成披露が行われる丸の内ピカデリー2には
20分前に着いたんだけど、どうにか席を一番前に見つけたって感じ。
人気高いね、このコンビは。
映画も『シザーハンズ』を思わせる<雪>から始まり、
ジョニー・デップも『妹の恋人』をもっと派手にしたようないでたちで
ファンの心をくすぐってくれる」

-----これ、以前にジーン・ワイルダー主演でも映画化されてるよね。
原作はロアルド・ダールだっけ。
「うん。その前作は残念ながら未見だけど、
今回のはティム・バートンの特性が大爆発。
世界でもっとも有名なウィリー・ウォンカ氏のチョコレート工場。
でも、この15年間、そこには入った者もいなければ、出てきた者もいない。
それでも毎日大量に出荷され、飛ぶように売れている。
そんなある日、ウィリー・ウォンカ氏から
チョコレートに入っているゴールデンカードを引き当てた子供5人を
工場内に招待すると言う発表がある。
主人公のチャーリー・バケット少年...はその一人に選ばれると言うもの。
前作『ビッグ・フィッシュ』では少し美しくまとめすぎていた
ファンタジーがここではブラックな方向へ。
話自体は原作ものだから、そう変えようないけど、
人によっては悪趣味としか思えないような強烈な映像が満載だ」

-----悪趣味?どういうこと?
「この映画のために、ティム・バートンが導入した新しい設定はふたつ。
ひとつはディープ・ロイ扮する数十人のウンパ・ルンパ。
彼らはチョコレート工場に来た少年たちの運命を
ミュージカル風に歌い踊るわけだけど、
この踊りが笑えると言うか気色悪いと言うか、
まるでマツケンサンバ(笑)」

-----それはないでしょ?(笑)
「だって、ウンパ・ルンパ族はちょんまげもどきの変なヘアスタイル。
それがすべてチョコレートやキャンデーでできた
原色キラキラ、カラフルな工場の中で踊るんだから、
もうこれは唖然とするしかない。
しかもCGに頼りきることなく、実際にチョコレート工場のセットを作っているから、
浮ついた嘘っぽさがない。
多くの“クルミ割りリス”たちが登場するけど、
これも本物を調教し、CG,アニマトロニクスと合成しているんだ」

-----もう一つのオリジナルな設定は?
「ウォンカに父親ドクター・ウォンカを出してきたこと。
その職業が歯医者という設定で、
ウォンカは小さい頃から父親にチョコレートを禁じられていたというのが、
彼の心の奥深くに傷として残っている。
このドクター・ウォンカにはクリストファー・リー。
『ロード・オブ・ザ・リング』に『スター・ウォーズ』。
そしてこの作品と、最近の彼は大活躍だ」

-----この父と子の関係も『ビッグ・フィッシュ』の裏返しだね。
周囲の反響はどうだったの?
「終わった後、周囲の声に耳傾けてると
満足している人が実に多かった。
ラストなんて『ナイトメアー~』を思わせる
セットも出てくるし、ファンにはたまらないだろうね。
そうそう見終わったらチョコレートが無性に食べたくなったよ」

-----それって、チョコの匂いが上映中の劇場内に流れていたからじゃないの?
「mmmmmm」
(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「猫さんにはチョコは危険なのだ。カロリー高すぎなのニャ」うららか2


※だれもが知りたがってる度}人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (35)   トラックバック (150)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『タッチ』 | トップ | 『青い棘』 »
最近の画像もっと見る

35 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
♪1周年おめでとうございます♪ (ココ)
2005-07-25 20:00:56
えいさん、TBありがとうございました♪

早速観に行かれたんですねっ!

相変わらず羨ましすぎますー!

ジーン・ワイルダー版のも面白かったですよ、オススメしたいです。

ウンパ・ルンパの歌が同じかどうかわからないのですが、旧作の歌も姿もかなり印象に残りますよ(笑)

ところでチョコレートの匂いを流してたんですか?

だったら観る時にはチョコ持参で行こうっと!

ちょうど公開は食欲の秋の頃だしね(笑笑)
チョコの匂い (えい)
2005-07-25 22:11:28
ココさん、コメント&TB ありがとうございます。



ウンパ・ルンパは歌詞はロアルド・ダールなので

同じだとは思いますが、とにかく曲が凄い!

ほとんどシュールです(笑)。



ところでチョコの匂い。

アメリカでもプレミアで流してたそうで、

日本はこの後どうなんだろう。

あの日だけなのかなあ?

かなり強烈でしたよ。

ほんと甘いんだもの。

TBありがとうございます (小夏)
2005-07-26 18:12:37
私もやっぱりチョコ持参で行くことにします(笑)。

きっと、この映画を観た後は飛ぶように

チョコレートが売れるんでしょうね~。



ウンパ・ルンパの歌、楽しみです☆
こんばんは (えい)
2005-07-27 00:16:08
小夏さん。



コメントありがとうございます。

チョコ持参は大正解。

観た後、絶対に食べたくなります。

ウンパ・ルンパ、いやあ、これは賛否両論だろうな。

でもティム・バートンのファンには受けるの間違いなし。

『ビートルジュース』を思い出しました。
Unknown (ベランダ生活)
2005-08-06 10:27:55
こんにちわ。

コメントありがとうございました。

たしかに『ビートルジュース』も

思い起こしますね。

でも思ってたよりエッジはききすぎという

こともなく、一般受けしてくれそうな映画でした
ベランダ生活さん。 (えい)
2005-08-06 11:48:35
コメント&TB  ありがとうございました。



ぼくもこの映画は大ヒットする予感がします。

ジョニー・デップも、これで完全に<表>の人になった気がします。
「マーズ・アタック!」 (bakabros)
2005-08-14 02:19:22
を連想しました。ビートルジュースは詳細を思い出せないけれど、確かに同じ匂いがします。

結構評判よろしいようですが、私は結構複雑な感想でした。前半と後半が違いすぎて、ちょっと置いて行かれたかも。

リスは本当によく出来ていましたね。

クルミを割っているところ、かじっているところはほとんど本物だろうと思っていましたが、まさか本当に調教していたとは!? にわかには信じられませんが、ティム・バートンならやりそうかも!?



もう一度観てちゃんと全てを把握したいと思っています。
TB&コメントありがとうございました (ななな)
2005-08-14 21:18:38
ブラックな内容だけどそのブラックさがなんとも良かったです。工場はホントに作ったんですか?リスも本物?すごいですね!

旧作でのウンパ・ルンパはもっと気持ち悪いです(笑

というか歌がすごいです。一度聞いたら耳から離れなくなりますよ。気づいたら口ずさんでたり・・・
こんばんは (えい)
2005-08-15 00:27:39
>bakabrosさん。



『マーズ・アタック!』って、もう少しオフビートだったような。

今回は、色遣いとかがもっとキッチュ。

主人公が騒々しく、少しクレイジーなところも

『ビートルジュース』に似ていた気がします。

それにしてもリスはよかったですね。

クルミを割る演技ができるリスと、

演技ができないリスで、その役割を変えたらしいです。

できないリスたちは一斉に走る役だったのだとか?



>なななさん。



ティム・バートンって、『マーズ・アタック!』以前は

『ナイトメア~』(製作ですが)のように

CGを使わないSFXにこだわりを見せていました。

今回は、そのときの気持ちに戻ったのか、セットも大がかり。

これは見応え十分でした。
Unknown (海外移住希望)
2005-08-23 23:15:39
海外移住希望です。

私の英会話の先生が(26歳イギリス人男子)小学校の時に、学校でジーン・ワイルダー主演のものを見たと言っていました。



イギリスでは、ロアルド・ダールはかなり偉大な存在のようです。

海外移住希望さん (えい)
2005-08-23 23:32:55
こんばんは。はじめまして。



ロアルド・ダールは、昔、

スープに自分の切った指を隠す男の話を読んだ記憶があります。

(ずいぶん昔なので、細かくは違うかも)

映画『フォー・ルームス』でタランティーノが担当したエピソードも

ロアルド・ダールの『南から来た男』が元になっていました。

あと、TVのヒッチコック劇場にもあったような...。



これからもよろしくお願いします。



泣かせるパロディ満載でしたね~ (よろ川長TOM)
2005-08-28 07:53:25
おひさしぶりです。押しかけトラバさせていただきました。



テレビの出てくるシーンで、画面の奥にチラ、とあのシーンが見えただけで全身にビリビリッときましたよ。

「く、来るのか、アレが来るのか!?」

解ってしまった瞬間、まだまわりの誰もその意味を気づかないウチに私は笑い出してしまってました。

ああ。なんてマニアックなんでしょ。



そうですか、原作者はヒッチコック劇場にもからんでましたか。

例のシャワー排水口、そういう関係だったから出してきたのでしょうね。モノリスはともかく、そっちはなんでかなと思ってました。うーん、マニアック。
よろ川長TOMさん。 (えい)
2005-08-28 17:43:31
コメントありがとうございます。



そうそう、パロディ。

なかでも『2001年宇宙の旅』には驚きました。

さりげなく出してくるんだから。

でも、トレーラーにも

あの映像は使われているし、

内心、やった!ってほくそ笑んでるのかも。

そういうところが、また子供っぽくて

ティム・バートンのファンにはたまらないのかも。
Unknown (モンマルトル)
2005-09-08 12:04:07
はじまして。TBさせていただきました。

いよいよ今週末公開ですね。

いろんな小ネタが差し込まれてたのしいですよね。

帰り道、チョコレートを買って帰りました。

チョコレート (えい)
2005-09-08 20:06:40
モンマルトルさん。



はじめまして。

ぼくはウィリー・ウォンカのチョコが実際に発売

(しかも高額アタリ付き)されていると聞き、

トイ●ラスに行ってみましたが、ありませんでした。

アメリカだけの話なのかなあ。

こんにちは (さおべぃ)
2005-09-11 17:41:33
バートンとデップの魅力全開の作品でしたね!

ウンパ・ルンパの歌と踊りもイイ味で・笑。

ダールのブラックさとパロディもピリッと効いていて、素晴らしい映画でした♪

トラックバックさせてくださいね。

>さおべぃさん (えい)
2005-09-11 22:59:01
こんばんは。



コメント&TBありがとうございました。

ウンパ・ルンパにはびっくりでした。

この映画、大ヒットしているとか。

日本の映画状況も変わったなと、

つくづく思わずにはいられません。

これからもよろしくお願いいたします。
チョコっとLOVE (とべち)
2005-09-11 23:46:47
TBありがとうございます。

笑わせてくれるとこで、必ず笑わせてくれる

バートンマジックは健在でしたね。

♪ウィリーウォンカの軽快な歌が耳に残って

離れません。
>とべちさん (えい)
2005-09-12 21:23:56
コメントありがとうございます。



ウィリー・ウォンカ、評判いいですよね。

ジョニー・デップもこの役を楽しんでる気がします。
りすの飛び蹴り (にゃんこ)
2005-09-13 00:32:45
あそこは、とってもリスくん!えらい!!っと

拍手してしまいました(笑)

バケツ一家のキャラは、思い切りバートン・カラー(笑)

なんか観ててうれしくなっちゃいました^^

ウンパルンパも、かなり強烈・・・

今夜 夢に出てくるかもね^^;;;

えいさんのblog読んでたので・・・一応チョコ菓子持参してみましたが

しっかりおいしく食べてしまいました(笑)
合成だったのか・・・ (はっち)
2005-09-17 07:28:38
TBありがとう~♪

リス達って、CGとアニマトロニクスの合成だったの!?うーん、全く違和感無く観てしまった。良く考えれば、調教であそこまで出来るわけないし・・・ 
ミュージカル劇団ひとり (にら)
2005-09-17 11:12:59
エンドクレジット見てたら、ウンパ・ルンパの歌、音楽担当のダニー・エルフマンがぜんぶ歌ってたみたいです(笑)。



てなわけで、TBありがとうございました。
コメントありがとうございます。 (えい)
2005-09-17 18:33:10
>にゃんこさん。



ね、チョコ食べたくなったでしょう。

そういう気にさせるだけでも、

やはりあの映画はうまいんですね。



>はっちさん



もちろん合成は入ってますが、

けっこう本物も使ってるようですよ。

懸命に「作業」しているリス、けなげでした。



>にらさん



にらさんのブログ笑えました。

特に子供が「こんなのドラえもんじゃない!」と言うところ…。

なるほど『ジャイアンとピーチ』か。

これからもよろしくお願いします。
ドラえもん (にら)
2005-09-18 23:03:55
でも、チョコレート工場の内部って、ドラえもんのポケットの中の映像化みたいでした(笑)。



こんな無理やりな者ですが、こちらこそよろしくです。
TB&コメントありがとうございます。 (あかん隊)
2005-09-21 16:43:17
もてる力とコネクションと技術とお金…。潤沢な環境と豊かなイマジネーションがあれば、こんなに集客できる、という典型を見せつけられたような気がします。どこかしら「真摯」な空気が感じられないとのめり込めなくなってしまった自分は、お年寄りの範疇なのかも…。
Unknown (exp#21)
2005-09-24 22:22:18
遅ればせながら見てきました。本当にウンバルンバには参りました。笑いまくりです。この映画の世界観凄かったですね。
exp#21さん。 (えい)
2005-09-26 20:55:45
こんばんは。



お返事遅くなってすみませんでした。

ウンパルンパは人気高いですね。

これまで否定的意見に出会いません。

せんだみつお説、みのもんた説、薬師丸ひろ子説、安達祐実説、

荒井注説などがありますが、

ぼくは荒井注が一番似ていると思いました。

TB&コメントありがとうございました (Gachami)
2005-10-07 23:04:22
すごい、大ヒットしてますね!

とても好評の様です。



私としては、ディム・バートンさんは、観客の半分がブーイングするような、ファンにしか分からないような作品を作って欲しいなんて思ってしまうので

万人ウケする作品なのは、ちょっと寂しいです。
■Gachamiさん (えい)
2005-10-08 00:07:12
分かります分かります、その気持ち。

ティム・バートンは

『ビッグ・フィッシュ』で、完全にメインストリームに飛び出しましたよね。

『ティム・バートンのコープス ブライド』はけっこう観客を選ぶ映画ですが、

これもやはりヒットしちゃうのかな?

ファイナルアンサー? (Ageha)
2005-10-14 13:44:52
私は多分、kossyさんに刷り込まれてしまったらしく(すいません!)みのに見えました。

で、みのがいっぱい出てくるの~って思って

見に行ってるから

ウォンカのテーマソングまで

♪みのもんた、みのもんた・・って聞こえるし

・・頼む、スーツきてこっちむいて

なんかいいたそうな微笑まですなーと。

おもいっきし「みのだめ」してる

「ミリオネアみの」のミュージカルでした。
■Agehaさん (えい)
2005-10-14 18:39:40
こんばんは。



ぼくも、誰かに似ているなとは思ったのですが、

個人名はすぐには思い浮かびませんでした。



いまでは「荒井注」説に一票です。
Unknown (ガナ子(valvane))
2006-07-04 12:03:16
テーマパークが出来るというニュースを聞いたので、TBさせていただきました♪

出来たら見に行ってみたいですよね。それでは、よろしくお願いします。

■ガナ子さん (えい)
2006-07-05 00:52:56
こんばんは。



「チャリチョコ」のテーマパークですか?

これは楽しそう。

チョコレート好きにはたまらないですね。

こんにちは (マーク・レスター)
2008-11-26 23:10:25
こんにちは。

興味深く拝見致しました。非常に興味深い映画でしたね。
ボクも今作のレビューを書いておりますので、何卒、トラックバックをさせてくださいませ。よろしくお願いします
■マーク・レスターさん (えい)
2008-11-27 20:28:23
こんにちは。

TBありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

150 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
チョコレート工場の秘密 (Aloha Days)
先日、ディズニーチャンネルで「夢のチョコレート工場」を見た。 今年の夏に公開予定(米)のジョニー・デップ主演「Charlie and the Chocolate Factory」のオリジナルと言うことで見始めたんだけど、開始早々にすぐに思い出した・・・・・これ、私が小学生の時に大好きだった
夢のチョコレート工場、ティムバートン版! (我想一個人映画美的女人blog)
カナダのyueから、報告メールが。 「”CHOCOLATE FACTORY”そっこー見に行ったよ~  {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}9 かわいい~!!カラフル ですごい明るかったから おもったよりTIMバートン TIM バートンしてない気が
おおおーーっ!こりゃ画期的だわ!! (七月のうさぎ)
日本初!匂いの出る試写会「チャーリーとチョコレート工場」 ジョニー・デップの最新作「チャーリーとチョコレート工場」の日本のマスコミ向け完成披露試写会にて驚きの演出が実行された。映画が上映されてしばらくたつと、どこからともなくチョコレートの香りが・・・。
チャーリーとチョコレート工場 【更新2】 (ヲイラのだいあり?)
? ■?チャーリーとチョコレート工場 みなさん、こんにちは。 ? 公開が待ち遠しい「チャーリーとチョコレート工場」なんですが、? ? 今回は、そんなみなさんのタメに新しい画像を数点ご紹介いたします^^ ? なので、日本公開までもうしばらく我慢して待ちまし
チャーリーとチョコレート工場 (ヲイラのだいあり?)
■ チャーリーとチョコレート工場 原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY ウィリー・ウォンカと、ラッキーな5人の子供たち… いざ!楽しいチョコレート工場へ! ロアルド・ダール原作『 チョコレート工場の秘密 』を
ジョニー・デップ (ヲイラのだいあり?)
? ■ ジョニー・デップ Johnny Depp 1963年6月9日生まれ アメリカ / ケンタッキー州 本名:John Christopher Depp II ? ・チャーリーとチョコレート工場 (2005) ・シークレット ウインドウ (2004) ・ネバーランド (2004) ・フレンチなしあわせのみ
■チャーリーとチョコレート工場? ジョニー・デップ (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
▲クリック★チャーリーとチョコレート工場 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY ●チョコレート工場、超巧い!サイトだなぁ・・・祝日にはピッタシかも。 でもな~邦題って、やっぱり今ひとつデス(性懲りも無くツボヤク) 工場見学は最後デスよ。も一回、巧いな~ぁ
チャーリーとチョコレート工場 (ベランダ生活 ♪)
素晴らしい!!の一言。幸せな気持ちになれる作品。 『シザーハンズ』や『ナイトメ
チャーリーとチョコレート工場 (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ジョニー・デップ,フレディ・ハイモア主演 ティム・バートン監督の映画を観てみました この映画はロアルド・ダールの原作で 「チョコレート工場の秘密」と言う映画もあったそうな・・・・ ちょっとシュールな内容の映画でした 閉鎖されて何年も経った 世界一のチョコレ
チャーリーとチョコレート工場 (映画を観たよ)
すっごい楽しみにしていた作品! さて結果は・・・ 最高でした。旧作があまりに面白かったからどうなることだろうと心配していた部分もあったけどその心配を吹き消してくれるとても愉快な作品に仕上がっていました。 話の筋自体は同じだけど旧作よりはわりとあっさり描かれて
「チャーリーとチョコレート工場」 (試写会帰りに)
イイノホール「チャーリーとチョコレート工場」試写会。 とても楽しみにしていた作品。 冒頭、ダニー・エルフマンの音楽と舞い降りる雪。 まさしくティム・バートンの世界!  それだけで感動してしまう。 CGのチョコレート工場。機械のアームしか見当たらない単調なはずの
日本公式サイト、オープン! (チャーリーとチョコレート工場の秘密)
チャーリーとチョコレート工場の日本語公式サイトオープン! でもアメリカ公式サイトとの違いも・・・
「 チャーリーとチョコレート工場 」 (MoonDreamWorks)
 監督 : ティム・バートン主演 : ジョニー・デップ /  フレディ・ハイモア / 原作 :ロアルド・ダール「CharlieandtheChocolateFactory」公式HP:http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/  「謎に包まれた秘密のチョコレート工場を見学できるゴールデン・...
JOHNNY DEPP の新作は? (35歳から英語勉強して良いかな?)
最近TVでJOHNNY DEPP の新作映画が『チャーリーとチョコレート工場』だということが放映されていました。それで、ちょっとした偶然に驚いているのです。実は。
ジョニー・デップがセクシー♪ (女性のためのセクシーコラム&グッズ)
こんにちは!りこです。昨日、『パイレーツ・オブ・カリビアン』と『ネバーランド』を続けて観たんですよね~。 (DVDで観ているので、話題がちょっと古いのはご了承ください(^_^;)) 『ネバーランド』のときはな~んにも感じませんでしたが、 『パイレーツ・オブ・カリビア.
チャーリーとチョコレート工場 (メルブロ)
チャーリーとチョコレート工場 上映時間 1時間55分 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ フレディ・ハイモア ディープ・ロイ クリストファー・リー  私もチョコは大好きで1日1個は食べているかな~。朝食べると脳にいいらしいしね。虫歯は私、過去に一
『チャーリーとチョコレート工場』観ないと絶対ソンする!家族愛... (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
さあ、困りました。文句なくすばらしいバートン流ケッサクおとぎ話なのですが、なんせメチャめちゃ楽しくて言ってしまいたいことだらけ。ネタバレなしなのがモットーのこのブログでこれはキツイ!さあ、どこからお話ししましょうか?
チャーリーとチョコレート工場 (新米特攻隊)
大好きなコンビ、ジョニー・デップとティム・バートン監督の映画『Charlie and the Chocolate Factory(チャーリーとチョコレート工場)』を観て来ました。 有名な原作も読んだ事がなかったので、内容も全く知らないまま映画に突入。それにしても、ジョニーってば老けたよ
チャーリーとチョコレート工場 (Rohi-ta_site.com)
試写会でジョニー・デップ、フレディー・ハイモア出演、ティム・バートン監督作品「チャーリーとチョコレート工場」を観ました。 ●ストーリー 貧しいながらも、両親と4人の祖父母達と幸せにくらしていたチャーリー(フレディー・ハイモア)少年は、彼の家から見える世界
「チャーリーとチョコレート工場」@ヤクルトホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
「台風11号さま」が東京に遊びに来ちゃった為(来なくていいのに…)チャーリーとチョコレート工場を見に行くのを断念!って事があったのよ。あとから、あとから後悔が押し寄せてきて…このくらいの天気なら全然見に行けたじゃん!…←けど、後の祭り…仕切りなおしで今日や
「チャーリーとチョコレート工場」試写会♪ (++ poco a poco ++)
コレはぜーったい観たいと思っていた「チャーリーとチョコレート工場」の試写会に行ってきましたー♪ 貧しくも幸福なチャーリー少年(フレディ・ハイモア)一家が暮らす、左に30度傾いたあばら家のすぐそばに、その工場はあった。世界で最も有名で、謎めいている、...
チャーリーとチョコレート工場 (毎週水曜日にMOVIE!)
ついに!ついに観てきました。六本木ヒルズでの試写会!(スクリーン5で見たんだけど、スクリーン7にはジョニーとティムが挨拶に来たんだよね。その差は大きいけどしょうがない) 長いこと自分の頭の中にこの世界を作ってきました。(小学生からです) たくさんたく
【Check it!】 今週末公開!ジョニー・デップ主演 「チャーリーとチョコレート工場」 (ベストヒット.jp!!)
 鬼才ティム・バートン監督とジョニー・デップが贈る「チャーリーとチョコレート工場」が今週末公開。原作はイギリスで“ハリーポッター”、“指輪...
チャーリーとチョコレート工場 (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳【Key Person Q】 /WEBDESIGN/WEBDESIGNER/ウェブデザイン/ウェブデザイナー/)
チャーリーとチョコレート工場 http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/ ★★★★☆ 映画 ポップ サイケデリック ファンタジー ローディングムービーは板チョコのパッケージをむいていく可愛らしさ。モーシ...
「チャーリーとチョコレート工場」を観る (買い物日記)
Jonny Depp(ジョニー・デップ)氏の来日騒動も一段落した昨日、 日テレ試写会で「Charlie & The Chocolate Factory(チャーリーとチョコレート工場)」を観てきました。 今回は、レッドカーペットを含め、猛烈にたくさん試写会に応募したのですが、 どれもハズレ、結局
シンプルだが、大胆・・・おまけにブラック 「チャーリーとチョコレート工場」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} チャーリーとチョコレート工場 若干ネタバレあり 個人的にはかなり好きです。 根幹となるストーリーは、 ①チョコの中にある、チョコレート工場へ行くためのゴールデンチケットを見つける ②チョコレート工場見学で5人のうち1人に賞品が
チャーリーとチョコレート工場 (Imagination From The Other Side)
1964年に出版されて以来、世界中で愛され続けているロアルド・ダールの大ベスト・セラー「チョコレート工場の秘密」を、1971年の「夢のチョコレート工場」に続き映画化した作品。 主演は「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「ネバーランド」のジョニー・...
チャーリーとチョコレート工場(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ティム・バートン 【出演】ジョニー・デップ/フレディー・ハイモア/デイビット・ケリー/ヘレナ・ボナム=カーター/ノア・テイラー/ミッシー・パイル/クリストファー・リー 【
チャーリーとチョコレート工場 (シネマ~ニャ。)
2005年 アメリカ・日本 【出演】 ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム=カーター、デヴィッド・ゲリー、ディープ・ロイ、クリストファー・リー 【あらすじ】 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。彼
チャーリーとチョコレート工場 (Saturday In The Park)
アメリカ 115分 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ     フレディ・ハイモア     デヴィッド・ケリー     ヘレナ・ボナム=カーター 失業中の父に母そして2組の寝たきり祖父母に囲まれ貧しいながらも幸せに暮ら している少年チャーリー.
チャーリーとチョコレート工場鑑賞 (Cafeアリス)
チャーリーとチョコレート工場、初日の一番で観てきました。 子供向けのような気もしたけど、年齢層はやや高め。 グッズ売り場で、高校生のグループが群がってたけど。 やはり、ジョニー・ディップがお目当てですね。 ジョニー扮する、ウィリー・ウオンカ氏が主役だろ...
チャーリーとチョコレート工場 (future world)
ジョニー&ティム、この二人が仕組んで面白くないわけが無い!! 公開初日、早速映画館へ~~ジョニーの来日効果もあってか先売りの初日夜、既に中央辺りの座席は売り切れ、当日もほぼ満席の混雑ぶりだった。 映画は期待通りの面白さ、やはり裏切りませんね~~もちろ.
チャーリーとチョコレート工場 / charlie and chocolate factory (我想一個人映画美的女人blog)
イギリスのベストセラーの児童文学、ロアルド・ダール作『チョコレート工場の秘密』。 それを初めて映画化したのが1971年のオリジナル版『夢のチョコレート工場』 ←33年前! 原作者のダールが、自分の子どもに創ったお話らしい。 それを観たのは3年くらい前。その後まも
チャーリーとチョコレート工場 (ネタバレ映画館)
 いきなりジョニー・デップの右手がハサミになってる・・・初っ端から『シザーハンズ』のセルフオマージュで攻めてきた!  甘いチョコレート。肥満、高血圧、糖尿病、鼻血・・・かつては様々な病気の原因になるようなイメージしかなかったのだが、カカオがポリフェノール
【映画】『チャーリーとチョコレート工場』ティム・バートン映画の集大成 (Badlands ~映画と芝居と音楽と~)
チャーリーとチョコレート工場 (利用価値のない日々の雑学)
ウンパ・ルンパ族の歌と踊りを見て、思わず「木村拓哉合唱団」を思い出してしまったのは、恐らく筆者だけだと思う。そう、「チャーリーとチョコレート工場」の鑑賞は、今年下半期の大きな目玉作品のひとつであったが、何を隠そう、一番印象に残ってしまったのは、この、ウン
チャーリーと夢のチョコレート工場 (感想.blog)
●メインキャスト ジョニー・デップ フレディ・ハイモア ヘレナ・ボナム=カーター クリストファー・リー ミッシー・パイル デヴィッド・ケリー ノア・テイラー ●メインスタッフ 監督:ティム・バートン 製作:ブラッド・グレイ、リチャード・D・ザナック 原
チャーリーとチョコレート工場 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋   本日2本目は「チャーリーとチョコレート工場」です。 ついにこの日が来ました。昨日から高鳴る鼓動。 そのせいで寝不足にもなり(笑) なんといっても本年度の本命なのですから。   .
チャーリーとチョコレート工場 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 9月10日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋   本日2本目は「チャーリーとチョコレート工場」です。 ついにこの日が来ました。昨日から高鳴る鼓動。 そのせいで寝不足にもなり(笑) なんといっても本年度の本命なのですから。   .
チャーリーとチョコレート工場 (Akira\'s VOICE)
ワクワクする幕開けから,ほろっとくる最後まで楽しさ全開!
チャーリー浜と千代子レイトショー (VILUE VOLUME =詞人の生液=)
ゴメンくさい!こりゃまたくさい!あ~くさっ! 昨日、レイトショーにて観て来ました~! 『チャーリーとチョコレート工場』 もう、のっけっから、ティム・バートンワールド全開! バートンマニアには堪らん内容です。期待以上! 美しすぎる映像美、世界観に鳥肌
『チャーリーとチョコレート工場』 (酔いどれ雑記)
封切りの今日、早速見てきましたー♪原作著者のロアルド・ダールは好きだけど、この話は未読。なので映画を見る前は、あのダールのブラックさが、どうファンタジー映画になるのか不思議で。「チャーリーとチョコレート工場」って響きとダール・・・もしかして、チャーリー...
★「チャーリーとチョコレート工場」 (ひらりん的映画ブログ)
公開初日のナイトショウ(0:15~)で観てきました。 夜中だっていうのに、ほぼ満員。 さすがチネチッタ川崎? さすがジョニー・デップ? それともティム・バートン監督? こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。 2005年製作のファンタジッ
チャリーとチョコレート工場 (ALL GREEN)
公開初日の昨日観てきました。 大好きなジョニー・デップ。そして、ティム・バートン。 もうこの二人が揃えば、「鬼に金棒」ってやつですよ。 ~あらすじ~ 世界でもっとも大きく、世界でもっとも有名な「ウォンカ」のチョコレート工場のある町に 住む少年チャーリ
チャーリーとチョコレート工場 (It\'s a Wonderful Life)
映画が始まるとチョコ製造過程のバックに流れてくるのは ファンにはすぐそれと判る特徴のあるアレンジの音楽! ティム・バートン監督作品でダニー・エルフマンが音楽をつけるのは これが何度目なんでしょうか。彼の作品にはやっぱりエルフマンの 音楽が無いと物足...
チャーリーとチョコレート工場 (ひげのおじさんの田園都市生活)
映画、「チャーリーとチョコレート工場」、観てきました。 イギリスでは非常にポピュラーな話で、ハリーポッター並に人気があるとのこと。気になったので、新百合ヶ丘のワーナーマイカルまで、さっそく家族で観に行きました。 アメリカンジョーク(イギリスだからブリテ
チャーリーとチョコレート工場 評価額・1300円 (Blog・キネマ文化論)
●チャーリーとチョコレート工場を鑑賞。 失業中の父、母、そして2組の寝たきり祖父
チャーリーとチョコレート工場 (KINOKANAL)
監督:ティム・バートン 原作:ロアルド・ダール 出演:ジョニー・デップ,フレディ・ハイモア,ヘレナ・ボナム=カーター,デヴィッド・ケリー,ディープ・ロイ,クリストファー・リー 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー少年。彼の楽しみは.
Charlie and the Chocolate Factory(2005,U.S. & U.K.) (The Final Frontier)
 観てきたよ、観てきたよ、観てきたよ~囹  Charlie and the Chocolate Factory  Johnnyの白塗りメイクと真っ白な歯(げーのーじんは歯が命ってCMを思い出した)もいいけれど、Tim Burtonの世界にハマリまくった約2時間。  原作ではWilly Wonka氏の過
チャーリーとチョコレート工場 (まきまきにっき)
今日はジョニーのために会社を半休して、お台場へ。 フジテレビのイベント「お台場映画王」で「チャーリーとチョコレート工場」が先行上映されるのだ。(公開は9月10日から。) 今年47本目の映画となる。 だいぶ前にチケットを購入してこの日を心待ちにしていたのだ...
チャーリーとチョコレート工場 (季節が無い毎日 ~月の影をめざして~)
初日に見てきましたチャーリーとチョコレート工場。 ティム・バートン×ジョニー・デップですよ!見ないわけがありませ (かなり贔屓の二人なので、冷静さを失っております)。 原作はイギリスで「ハリー・ポッター」「指輪物語」に次ぐ、 「チョコレート工場の秘密」(ロ
チャーリーとチョコレート工場 (まつさんの映画伝道師)
第208回 ★★★☆(劇場) 「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(2001)によってティム・バートンが証明したもの。  それは「リメイクも手掛けることが出来る」ということだった。  よくよく考えれば、彼の大ヒット作「バットマン」(.
チャーリーとチョコレート工場 (リンリン映画倶楽部)
タイトル:チャーリーとチョコレート工場 製作  :2005年 監督  :ティム・バートン 出演  :ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム・カーター  ジョニー・デップとチョコレートとという組み合わせだがセクシーなお兄さんが出てきてギター弾いたり
チャーリーとチョコレート工場 (Denali\'s room 一語一絵。)
小さい頃に原作を読んでその世界観にはまり、大好きな要素ばかりがぎっしり詰まったこの映画、見ないわけにはいかないということで前日睡眠2時間、公開2日目、日曜日の渋谷という憂鬱ハードルも軽々飛び越え、早速見に行きました。 素晴らしかったです。湯せんされ...
映画「チャーリーとチョコレート工場」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■邦題:チャーリーとチョコレート工場■原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY■上映時間:115分■ジャンル:コメディ・ファンタジー■製作国:アメリカ・イギリス■配給:ワーナー・ブラザース映画■公開:2005/09/10 ■監督:ティム・バートン■製作:ブラッド・グレ.
チャーリーとチョコレート工場 (FU -log-)
「チャーリーとチョコレート工場」 やったぜ公開初日!!「チャーリーとチョコレート工場」を観に行ってきた! 面白かった~!期待どおりのブラックなファンタジーやった~! TVとか雑誌とかの映画紹介をなるべく見ないようにして行ったかいがあった! なんかずっとディズニ
何気にカウンターは回っているんだ・・・ (我、怒ル故ニ我在リ)
映画『チャーリーとチョコレート工場』を鑑賞。 お世辞抜きに良い映画だった。ちょっと感動しちゃったね。酒も入ってたし。 ジョニデはこういったちょいキモな役柄が似合う良い役者だと再認識した。 毒々しいチョコレート工場の描写に、ティム・バートンの邪悪パワーを感
チャーリーとチョコレート工場 (AuPetitBonheurLachance)
チャーリーとチョコレート工場公式HP☆☆☆半ネタバレバレ・・入ってます。m(__)mはっきり言って、ティム・バートンがそんなに好きな方じゃないです。^_^;”ビッグ・フィッシュ\"もそれなりに嫌いじゃなかったけど、感動とまで?? ただし・ラストは素敵だったけどね。”...
チャーリーとチョコレート工場☆独り言 (黒猫のうたた寝)
週末のあの混み具合はどーなのよっ?! というか、話題作なら当たり前なんだけど^^;;; あんまし混み合ってる時に観るのも、なんとなくやだったので たまたま有休とっていた今日・・・公開3日目の月曜に観に行ってきました ほんっとは初日とかで観たかったんだけ...
チャーリーとチョコレート工場 (ダラダラ生活 日記)
観に行ってきました。 月曜日で混んでないと思ったら、大入り満員でした。 不思議な映画だったなー。 それなりに面白かったんですが・・・何か物足りない感じもします。 意外とこじんまりした終わり方だったからかな.。o○ でも原作どおりならしょうがない?? 実はジョニ
チャーリーとチョコレート工場 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
チャーリーとチョコレート工場 (HR BLOG)
甘ぁいファンダジー映画ってょりは、あったかいハートフル映画って感じでした☆ んでも途中工場内でなんだこりゃ(・_・;)ってなシーンもなきにしもあらずで…
チャーリーとチョコレート工場 (生きてるだけで儲けもの☆)
? さぁ、世界一オカシな工場見学へ! ? ティム・バートン監督 × ジョニー・デップ が織り成す 大人も子供も楽しめる夢のチョコレート工場にうっとり。 バートン監督も、ジョニー・デップも、チョコレートも大好きです。 ティム・バートン監督の映画はい...
「チャーリーとチョコレート工場」は良、「タッチ」は学芸会レベル… (エンタメ情報 メッタ斬りぎり)
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター 「シザーハンズ」「エド・ウッド」「スリーピーホロウ」に続く、ティム・バートン&ジョニー・デップ4度目のコンビ作品である。 ひとことで言う
チャーリーとチョコレート工場・・・ジョニー・デップ (ぷち てんてん)
見て来ました~♪実は招待券を手に入れたので、それも嬉しかったのですが。いや~、ティム・バートンの世界に、ジョニー・デップがすっぽりはまっておりました。予告編で「コープス・ブライト」(ティム・バートン)というアニメの予告もしていましたが、「ナイトメア・ビ...
『チャーリーとチョコレート工場』を観た! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
2005年9月14日 『チャーリーとチョコレート工場』 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY ★さあ、世界一オカシな工場見学へ!★ 2005年9月10日工場大公開 2005年/アメリカ/カラー 上映時間/115分 配給:ワーナーブラザース イマジネーショ
『チャーリーとチョコレート工場』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
この映画、なかなかよくできている。 そして面白い。 しかし、である、 残念なことにこの作品はまったくオレの好みではない。 何がひっかかっているのかというと、やはり旧版『夢のチョコレート工場』の存在だ。 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/be59624f38a11bb826f
「チャーリーとチョコレート工場」感想&ストラップ ジョニー・デップ (Cinema,British Actors)
めずらしく公開日に劇場へ行けました。「チャーリーとチョコレート工場」プレミアムチ
「チャーリーとチョコレート工場」US版DVD 11/8発売! ジョニー・デップ (Cinema,British Actors)
「チャーリーとチョコレート工場」DVD(北米版)のリリースが早くも決定しました!
「チャーリーとチョコレート工場」を観ました。 (GoodNews)
この映画はロアルド・ダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」の映画化です。監督は独特なワールドを持っているティム・バートン監督。主演はこれまでのバートン監督作品で4度コンビを組んでいるジョニー・デップです。71年に原作者のロアルド・ダール自らが脚本を書...
チャーリーとチョコレート工場 (まぁず、なにやってんだか)
この映画は何ヶ月か前に、フジテレビのお昼の番組「ごきげんよう」で、こはたあつこさんがゲストに出たときに「オススメですよー」と紹介していたので、とーっても楽しみにしておりました。 水曜日とあって、映画館はほぼ女性で8割くらいの席が埋まっていました。
「チャーリーとチョコレート工場」 Charlie and the Chocolate Factory (俺の明日はどっちだ)
オープニングのチョコレート工場内のテンポ良い、そして「らしい」世界観溢れる造形の映像を観ているだけでワクワク&ドキドキ感が見事に高まってしまった。 そしてフレディ・ハイモア演じるチャリーとその家族、そして選ばれし他の4人の子供たちとその家族、それぞれの描
「チャーリーとチョコレート工場」ジョニー・デップ (シネマ パラダイス♪)
本日、観にいってきました。 いつもと違う映画館へ。 いつものところより、シートもいいし、スクリーンも大きい。 おまけに前のほうの席をとってしまったため、余計に大きく感じま
チャーリーとチョコレート工場 (欧風)
「ココアさんがすきです。でもチョコさんはも~っとすきです!」と、31アイスクリームに行っても、チョコ系のフレーバーをダブルで注文しちゃったり、ハウステンボスのチョコレートの滝をこそっとなめようとする位無類のチョコレート好きなINDYですが、そんな私が気になっ
チャーリーとチョコレート工場観たよ (わにわにしちょし)
本日は、メゾン・ド・ヒミコとチャーリーとチョコレート工場観てきました。就活も夜バイトもこなして映画2本も観れたなんて自分を褒めてあげたい。 まずはチョコレート工場の感想
「チャーリーとチョコレート工場」レッドカーペット! (ミチミチ)
 今日は、六本木ヒルズに「チャーリーとチョコレート工場」のレッドカーペットイベントに。 すごい人! ジョニー・デップとティム・バートン監督・・・をまじかで見てきました。 でも、試写会には参加できなく・・・ 映画見たくなりました! 写真は続きで・・・・お.
「チャーリーとチョコレート工場」ディープ・ロイって誰だ! (新作映画ピンポイント情報)
 「チャーリーとチョコレート工場」(ワーナー)は、甘い香りと謎に包まれたお菓子工場へ、5人の子供を招待するファンタジー!
『チャーリーとチョコレート工場』見た!(ネタバレ) (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
世界中に大人気のチョコレート工場に招待された5人の子供たちが見た不思議な世界。監督ティムバートン。主演ジョニーデップ。このコンビがまたやってくれました。楽しくて笑えて、ちょっぴりジーンとくる映画でした。オススメ映画です。ネタバレOKな方は...
『チャーリーとチョコレート工場』 (Rabiovsky計画)
『チャーリーとチョコレート工場』公式サイト 監督:ティム・バートン 原作:ロアルド・ダール 出演:ジョニー・デップ 、フレディ・ハイモア 、デヴィッド・ケリー 、    ヘレナ・ボナム=カーター 、ノア・テイラー 2005年/アメリカ・イギリス/115分
劣『チャーリーとチョコレート工場』 (Cyoco Box)
   映画『チャーリーとチョコレート工場』  なんと言っても、ジョニー・デップ主演だから!!・・それだけで、ファンタジックなお子ちゃま向けっぽい作品を観に行くことに、なんらためらいはありませんでした・・・はいっ秊       『シザーハンズ』を観.
映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(35) チャーリーとチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場を観た。 ティム・バートンとジョニー・ディップと聞けば、どんな映画になるのだろう、と観る前から興味津々だ。 jams
「チャーリーとチョコレート工場」を観ました。 (GoodNews)
この映画はロアルド・ダールの児童文学「チョコレート工場の秘密」の映画化です。監督は独特なワールドを持っているティム・バートン監督。主演はこれまでのバートン監督作品で4度コンビを組んでいるジョニー・デップです。71年に原作者のロアルド・ダール自らが脚本を書...
『チャーリーとチョコレート工場』 (ねこのひたい~絵日記室)
かつて、ロアルド・ダール原作、ティム・バートン製作のストップモーション・アニメ映画を劇場で見ていたときのことです。 映画が始まってしばらくすると、3列前方にいたお子さまが
チャーリーとチョコレート工場<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
感想の前に気になった事が。。。字幕版を観に行ったのですが 小さい子を連れた方が沢山居てました。可哀想に 絶対字幕読まれへんわと思いつつ。ワタクシ、この手の映画が大スキです。不思議感がたまりません (@⌒ー⌒@)ファンタジーな世界がお好きな方にはお勧めです...
チャーリーとチョコレート工場 (そこで馬が走るかぎり)
R・ダール, Q・ブレイク, 柳瀬 尚紀 チョコレート工場の秘密 夢のチョコレート工場を見学できる 世界にたった5枚しかないゴールデンチケットを チャーリーが手に入れて・・・ もの凄く期待して行ったのが良くなかったのか こっちのノリ のほうが自
「チャーリーとチョコレート工場」(2005) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
\"CHARLIEANDTHECHOCOLATEFACTORY\"監督・・・ティム・バートン原作・・・ロアルド・ダール『チョコレート工場の秘密』ナレーション・・・ジェフリー・ホールダー出演・・・ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テ..
■チャーリーとチョコレート工場 (ルーピーQの活動日記)
 両親と両祖父母と一緒に、傾いた家で細々と健気に暮らすチャーリー(フレディ・ハイモア)。彼の楽しみは、年に一度、誕生日だけに買ってもらえる“ウォンカ”印のチョコレートだ。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレートだが、実は誰も工場に人.
「チャーリーとチョコレート工場」ちょっと真面目すぎ、どうした! (soramove)
「チャーリーとチョコレート工場」★★★☆ ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア主演 毒のあるお伽話だ。 人を信じられない大人と、 まっすぐの視線で 世の中の全てを見つめる子供 無機質で灰色の外の現実世界と 極彩色のチョコレート工場内部 甘く夢の...
「チャーリーとチョコレート工場」 バートンはカッコイイオタクのお父さん (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
育児中のティム・バートン、カッコよろしいなぁ~。 自分の子供に伝えたいことを、映像作品として残すなんて! 原作自体が、自分の子供に、何度も「あのお話しをして!」とせがまれて聞かせていた作り話で、実際、私も家に帰ってから、ムスメに映画の話しをしたら、「それで
チャーリーとチョコレート工場 (toe@cinematiclife)
楽しみだったんだ~♪これ。 だぁって~、久しぶりのジョニー・デップ&ティム・バートンコンビですもの~☆ <STORY> 世界で最も人気あるウィリー・ウォンカ (ジョニー・デップ) のチョコレートは、プレゼント企画を発表する。 世界中で発売しているそのチョコレートに5
チャーリーとチョコレート工場 (のんびりぐ~)
作品:チャーリーとチョコレート工場 監督:ティム・バートン 主演:ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、デイビット・ケリー、ディープ・ロイ 公開:2005年 米国 映画館 Charlie And The Chocolate Factory 見ていてディズニーランドに行きたくなってしまった・
v.43 チャーリーとチョコレート工場 (cinemacafe)
チャリーとチョコレート工場 http://charlie-chocolate.warnerbros.jp/ ジョニー・デップとティム・バートン最強タッグで最高!!と、 言いたいところですが・・・・。 う~~~~ん難しい。。 ジョニーの演技は全く問題ないどころか完璧素敵でした。 最高!!ホントにね。。
チャーリーとチョコレート工場 (ももママの心のblog)
小学生のときに読んだ覚えがある「チョコレート工場の秘密」をファンタスティックに映画化。{/kirakira/} 2005年 アメリカ/イギリス 2005年9月14日 川崎チネチッタ 監督 ティム・バートン(ビッグ・フィッシュ) 原作 ロアルド・ダール 出演 ジョニー・デップ(ネバー
チャーリーとチョコレート工場 (Aloha Days)
ティム・バートン万歳! この世界観&色使いが大好きですっ! いつか、いつの日かアナタと一緒に美味しい日本酒を片手に語り合いたいっ! その時はジョニーも呼んでね・・・ あ、ユアンちゃんもよ♪ 同じく「語り合いたいシリーズ」で(シリーズなのか)、クエンティン・タ
痛快なブラックファンタジー◆『チャーリーとチョコレート工場』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月16日(金)TOHOシネマズ木曽川にて チャーリー(フレディー・ハイモア)は、貧しいながらも暖かい家族に囲まれて暮らす少年で、彼の憧れは、ウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)が経営する世界一のチョコレート工場。昔、祖父がその工場に勤めていたが、内部にスパ
チャーリーとチョコレート工場:甘かねえぞ人生は!突っ走れ! (朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」)
★監督:ティム・バートン(2005年 アメリカ作品) 京都 TOHOシネマズ二条にて鑑賞。 このシアターに行くのは初めてです。 ま、見たい作品が今までなかったからなのですが・・・ ★あらすじ 長らく閉鎖していたチョコレート工場を再開した工場.
チャーリーとチョコレート工場 (lip)
アメリカでは知らない人がいないぐらい有名な物語の映画化。 ウィリー・ウォンカ。家族の愛を忘れてしまったかわいそうな主人公が、貧乏に生まれた、でも家族に沢山愛されている子供、チャーリーに心を開いてもらうというステキなお話。この物語は全米では当たり前のように
チャーリーとチョコレート工場 (In my opinion・・・)
さすがジョニー・デップ!と拍手喝采したくなる作品「チャーリーとチョコレート工場」です。 ここのところ、ジョニー・デップは立て続けにメディア受けする作品に出演してきてその演技の幅の広さと独自のキャラクター像を作り上げ、ジョニー・デップ健在ぶりをアピールして.
チャーリーとチョコレート工場 (cococo)
これは「こういう映画なんだ」と思って観るのがいい。最近、「もごもご」言いはじめる
チャーリーとチョコレート工場 (Matsuno-FC Blog)
先週の木曜日に『チャーリーとチョコレート工場』を観に行った。これほど楽しくウキウキさせる映画を観たのは久しぶり。フジテレビの政井マヤアナがお台場映画王のPR番組で、この作品は「ハリー・ポッター」と「踊るマハラジャ」を足して2で割ったような楽しい作品と評し.
チャーリーとチョコレート工場 (王様の耳はロバのママ)
甘くてしょっぱいストーリーでした。 あのね、子ども向けだけではない なかなか大人も楽しめる内容でしたよ。 一見の価値アリ。★★★ 見てきましたよ リベンジですよ 10日は仕事が直前に入るという アクシデントがあったからね。 しかし、デップ様は全然...
『チャーリーとチョコレート工場』~Weird Selection~ (Swing des Spoutniks)
『チャーリーとチョコレート工場』公式サイト 監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ フレディ・ハイモア デヴィッド・ケリー ヘレナ・ボナム=カーター  ノア・テイラー 【あらすじ】(Yahooムービーより)家が傾くほど貧しい家に、チャーリー・バケット
映画「チャーリーとチョコート工場」感想 (depthchology ~We make it!~)
公開前からティム・バートンとジョニー・デップの組み合わせで評判のあった、「チャーリーとチョコレート工場」ですが、公開後は、案の定ヒットしてるみたいですね、ってことで、今更ながら見てみようということで、見てきました。見たのは9/22の木曜日のレイトショー。翌日
CINEMA●STARR 「チャーリーとチョコレート工場の秘密」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、他  食べるのも困る貧困の家に育ったチャーリーは、世界中に発売されたチョコレートの中に、5枚だけ入ったゴールデンチケットを手に入れ、不思議なチョコレート工場に招待される事になる。 .
『チャーリーとチョコレート工場』 ☆☆☆☆★ (映画VS名古屋)
さすがティム・バートン!見る前はちょっと舐めてました。 『チャーリーとチョコレート工場』 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴッド・ケリー    ヘレナ・ボナム・カーター、ディープ・ロイ 「シザーハンズ」「エド・ウッド」「
チャーリーとチョコレート工場(映画館) (ひるめし。)
  CAST:ジョニー・デップ 他 幼い頃見学に行った某お菓子メーカーの工場がこのチョコレート工場のように奇想天外だったら、人生観が変わってただろうな~。なんて思ってしまった。 とにかくチャーリー役のフレディー・ハイモアくんがかわいかった。「ネバーランド」の時
チャーリーとチョコレート工場の秘密 (エンタメ!ブレイク?)
ウンパルンパのダンスショーが きんもーかわいい! の意見に反対しま…せん ※レビ
映画「チャーリーとチョコレート工場」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
映画「チャーリーとチョコレート工場」開映18:50@錦糸町シネマ8楽天地 「チャーリーとチョコレート工場」 CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 2005年 アメリカ・イギリス 配給:ワーナーブラザース 監督:ティム・バートン 製作:ブラッド・グレイ、マイケル・
チャーリーとチョコレート工場 [イタズラっ子ティム・バートンの無邪気な残虐ショー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ティム・バートンのテーマパーク。おとぎ話でなく、テーマパーク。 ただし、おとぎ話の住人が管理しているため、ひどく残酷な趣向となっている。 チャーリー(ジョニデ)はピエロのような格好をしている。しかし彼はチョコレート工場の総支配人。 ここに悲劇がある。ピエロはサ
「チャーリーとチョコレート工場」 ティム・バートンの魔術 (映画の話をしませんか?)
大人も一緒に楽しめるおとぎ話。 そんな言葉がこの映画にはぴったりだろう。 この映
★映画★『チャーリーとチョコレート工場』(2005年アメリカ) (-bluescreenlife-)
ロアルト・ダールのベストセラー児童文学をティム・バートンが映画化。ファンタジックなんだけど毒気もたっぷり。最初の方、ディズ○ーラ○ドの某アトラクションみたいのが登場するんですが、それがねー凄いことになっちゃってました!怖いんだけど笑ってしまう。ティム・...
チャーリーとチョコレート工場。 (すりむいた傷は、いつか治る。)
ということで、今回はこの映画を。 今日から10月だっつーことで(あ、今日は1000円でみれたんだぁ(泣)忘れてた・・・ちっ)またまた観たい映画もいくつか登場した。 今月は何本観れることやら・・・・ チャーリーとチョコレート工場。 貧しいながらも
映画を見たで(今年113本目)-チャーリーとチョコレート工場- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、ミッシー・パイル、ジェームズ・フォックス ディープ・ロイ 評価:85点(100点満点) いつまでたっても、こう
映画 「チャーリーとチョコレート工場」 (てきと~な)
観終わった後、ジーンと心に感動が残る素晴らしい映画でした。 観る前まではアクの強いウィリーウォンカ(ジョニーデップ)の容姿や 全体的なイメージとして原色を強調したような配色に かなり毒の効いたファンタジーを想像していました。 (深夜放送で、昔の映画を
「チャーリーとチョコレート工場」 (the borderland)
原作も前作も知らずに見たのですが、こんなにブラックな作品とは思ってませんでした。ヒネタ子供たちと、大人になりきれない工場長ウォンカ(ジョニー・ディップ)との対決?は見もの。 家は貧乏でも、ひねる事無く、普通に育ったチャーリー。 彼の家の近くには、ウォン
映画 vol.23 チャーリーとチョコレート工場 (Cold in Summer)
『チャーリーとチョコレート工場』*ユナイテッドシネマ 監督:ティム・バートン(「ナイトメア・クリスマス」「シザーハンズ」) 出演:ジョニー・デップ(「パイレーツ・オブ・カリビアン」「シザーハンズ」)     公式サイト (05.10.05)『チ
チャーリーとチョコレート工場 ★★☆☆☆ (Gachami の映画と日記のページ)
ディズニーランドのアトラクションに乗っているような気分だった。 大好きなジョニー・デップが、これまた私のお気に入りの「シザー・ハンズ」「エド・ウッド」等を監督したティム・バートンと、再びタッグを組む!というので、それはもう、楽しみにしていました。 ジョニ
チャーリーとチョコレート工場(ウォンカ!! (ミヤコネズミ報告会  mouse of picture book)
あぁ!たくさんの人に見て欲しい。 最近見た映画の中でもすごく良かった。 パンフレット(普段買ったことない・・・)も購入したほど。 ストーリーだけじゃなく、 チャーリーの現実とチョコレート工場の対比を表す色彩、 ウォンカ氏(.
「チャーリーとチョコレート工場」 (こだわりの館blog版)
10/2 丸の内ピカデリー にて とにもかくにもウンパ・ルンパ! 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、     ノア・テイラー、ディープ・ロイ、他 いやぁ驚いたのナンのって、
「チャーリーとチョコレート工場」 (わたしの見た(モノ))
「チャーリーとチョコレート工場」 主演ジョニー・デップ、監督ティム・バートンのファンタジー? 家族愛をテーマにしているが、 かなりひねくれものの、ヘンテコな作品。 作品は素晴しい、私の好きなタイプではなかっただけ。 ブラックユーモアが度を越してい
ウォンカの視点で観てみる◆チャーリーとチョコレート工場(DLP吹替版) (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
10月8日(土) XYZシネマズ蘇我にて 2回目なので、今度はウィリー・ウォンカの視点でこの作品を観てみることにした。(注・完全に、ネタばれモードで書きます) ねたバレなしの1回目鑑賞の感想はこちら。 DLP吹替版で観た感想についてはこちら。 ウィリー・ウォンカ
チャーリーとチョコレート工場 (ペパーミントの魔術師)
う~~、ホントは迷ったんですが。 同じシネコンの中で上映してて、時間がちょうどよかったので 続けて見てきました。 あ、頭の切り替えが・・・。(笑) 最近、楽しみにして見に行った映画であれっと思うことが多くて なんかうまく書けないんですが。 もともとはどこのブロ.
チャーリーとチョコレート工場 (いつか深夜特急に乗って)
「チャーリーとチョコレート工場」★★★★(盛岡フォーラム1)
『チャーリーとチョコレート工場』レビュー/ジョニー考 (西欧かぶれのエンタメ日記)
ジョニー・デップが出演しているとなると、たとえどんなに駄作だろうがチョイ役だろうが、スクリーンで観ずにはおけない…という状態が、もうここ数年ずっと続いている。そんな私が我慢に我慢を重ね、やっとのことで今日、『チャーリーとチョコレート工場』を観にいくことが
チャーリーとチョコレート工場 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
コレも10月には観ていました。 感想あげるのが遅すぎです。自分。 お菓子好き。、特にチョコレート大好きな、私。 このタイトルだけでも「美味しそう!」(面白そうじゃないのかよ)と、 惹かれるものがあります(笑 というわけで、きっとスゴクスウィートで美味し...
  Movie:『チャーリーとチョコレート工場』 (Curry Life!)
チャーリーとチョコレート工場(ジョニー・デップ) TOHOシネマズ六本木ヒルズの、プレミアシートで鑑賞。 なんと、一人¥3000!(ワンドリンク付) 初めての経験だw。 劇場に入ったところは、専用ラウンジになっていて、 奥にあるバーカウンターで、ワンドリンク頼め.
チャーリーとチョコレート工場 (真っ赤なメガネの言うことには)
チャーリーとチョコレート工場 2005年 原題:CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY こんな変テコな役をバッチリ演じられるのはやっぱりジョニデだけですな! チョコレート工場の持ち主のウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)は、まあ変人風味なわけですが、...
チャーリーとチョコレート工場 (マゾヒズムに花束を!)
チョコフェチに捧げるファンタジー  40歳すぎのオヤジが観るような映画じゃないって?  まあ、そうかもしれませんね~ ^^ どちらかというと子供向けになるのか。  実は高校時代に英語で初めての読んだ原書が、 この映画 の原作「チョコレート工場の秘密」(ロアルド
チャーリーとチョコレート工場 (39☆SMASH)
凄く分かり辛い&下手くそな写真で載せるのを迷ったんですが、折角なんでアップしときます(笑) 一応、線香花火の写真です・・・。 ・・・アハハ。 『チャーリーとチョコレート工場』 あらすじ 『ロアルド・ダールの世界的ロングセラー児童書『チョコ...
チャーリーとチョコレート工場 (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) ティム・バートンと言えば、ファンタジー。 元アニメーターらしく色彩も豊かだし、御伽話の要素もたっぷり。 だけどどこか物足りないところもいかにもティム・バートンなんですよね。 個人的にはスピルバーグと並
チャーリーとチョコレート工場・・・・・・・・・ (サクっと)
チャーリーとチョコレート工場 ティム・バートンとジョニー・デップのコンビで評判の 「チャーリーとチョコレート工場」 正直あんまり期待していないのですが さて・・・・・  
「チャーリーとチョコレート工場」 (ハッピーエンド)
ウィリー・ウォンカーの工場で作られるチョコレートは世界中で大人気。 ある日、そのチョコレートに入っているゴールデン・チケットを見事手に入れた5人の子供達を工場に招待するという声明が出され・・・
チャーリーとチョコレート工場 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  またまたティム・バートンとジョニーデップのゴールデンコンビが放つファンタジー映画です。全世界で販売されている有名なチョコレートに挿入された、たった5枚のゴールデンカード。このカードを引き当てた子供と、その付き添いの10人が、世界一のチョコレート工
チャーリーとチョコレート工場 (Extremelife)
ロアルド・ダールの世界的ロングセラー児童書『チョコレート工場の秘密』を、71年のジーン・ワイルダー主演「夢のチョコレート工場」に続いて2度目の映画化。監督・主演は、これが4度目のコンビ作となるティム・バートン&ジョニー・デップ。怪しいチョコレート工場主ウ...
チャーリーとチョコレート工場 (cinema note+)
Charlie and the Chocolate Factory 2005年 アメリカ やっと見ました。  すごく面白かった。 ティム・バートンワールドにぴったりな話ですね。工場のシーンは予告で見すぎてたのであま
チャーリーとチョコレート工場 2005年/アメリカ・イギリス (一日一生~僕のサンクチュアリ~)
監督:ティム・バートン 脚本:ジョン・オーガスト 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デヴィッド・ケリー 原作はロアルド・ダールの世界的ロングセラー児童書、『チョコレート工場の秘密』。 ティム・バートン&ジョニー・デップの最強タッグ{/kirakira/} ある
チャーリーとチョコレート工場 (映画、言いたい放題!)
監督はティム・バートン。 「ビッグ・フィッシュ」で感動し、彼を見直したので期待は大きい! DVDで鑑賞。 一代で世界的な製菓会社を築き上げたがウィリー・ウォンカは ある日、自分のチョコレート工場を見学できるゴールデン・チケットを 5枚のチョコレートに忍ばせ
『チャーリーとチョコレート工場』 (みみの部屋)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/M
『チャーリーとチョコレート工場』 (みみの部屋)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/M
『チャーリーとチョコレート工場』 (Mon plaisir ☆)
チャーリーとチョコレート工場ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 話題になっていたこの映画『チャーリーとチョコレート工場』! もうすぐ終了してしまうから、急がねば! と、いうことで、今日観て来ました{/face_hohoemi/} 久しぶりの映画鑑賞で ...
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY (la nourriture de l'esprit)
明日はお休みを頂いたので。 ちょっと夜更かしして自由な時間を堪能 (*UωU) 何をしようか悩んだ挙げ句、映画でも観ようと。 前々から気になっていて TSUTAYAでいつも貸し出し中になっていたこの作品。 YAHOOで配信されていたので観てみることにしました。 ...
ウィリー・ウォンカ経営のチョコレート工場、アムステルダムに進出 (From VALVANE)
あの世界中で好評を博した映画、『チャーリーとチョコレート工場』 (ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演)が、現実のこの世界に進出することがわかりました  場所はオランダ、アムステルダム。計画を発案した
映画・チャーリーとチョコレート工場より日常英会話抜粋!! (英語の本を原書で読みたい!)
(236)Everything in this room is eatable.      〔この部屋のものは、全部食べられる〕 映画・チャーリーとチョコレート工場から、日常英会話抜粋です。チョコレート工場の秘密は原書でも読んだのですが、やはり映像化は良かったです。ほぼ原作通り ...
チャーリーとチョコレート工場 (黄昏ミニヨン想録堂)
 前の記事でココアを飲んでいると書いたが、実は先程まで、九時からは見るものが無い(細木の婆ぁはさっさとくたばらないものか)と言う事で小学生の弟と共に、何度目かの『チャーリーとチョコレート工場』を見ていた為であ
チャーリーとチョコレート工場 (2005) (シネマ・コネクション)
ウィリー・ウォンカを演じているジョニー・デップの壊れっぷりとウンパルンパがこの映画のすべて。特にウンパルンパ。ストーリーは薄っぺらだから、このノリについてこれないと評価は最悪かもね。俺にとっては最高だけど。 ティム・バートンらしいブラックユーモアに終...
チャーリーとチョコレート工場 (mama)
CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY 2005年:アメリカ 原作:ロアルド・ダール 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、ヘレナ・ボナム・カーター、デヴィッド・ケリー、ジュリア・ウィンター、アンナソフィア・ロブ、ジョーダン・フ...
チャーリーとチョコレート工場 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 チャーリー・バケット(ハイモア)のお家はとっても貧乏で、傾いたお家に父親(テイラー)と母親(ボナム・カーター)、ジョーおじいちゃん(ケリー)、ジョージナおばあちゃん(スミス)、ジョゼフィーンおじいちゃん(エッセル)、ジョージおじいちゃん(モリス)と...
完成! 「チャーリーとチョコレート工場」 (ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー)
    鮮やかな色とユニークな形状に溢れた楽しい映画でした。 しかし、それだけでは終わらない、実に奥深い映画であったと思いまし...
映画 チャーリーとチョコレート工場 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
地上波で放送されていた「チャーリーとチョコレート工場」。自動手的に吹き替えになることが多い地上波の洋画は余り見ないんですが、以前からちょっと気になっているタイトルだったのでX95で録画→PSPへ転送して鑑賞しました。それでも2005年のアメリカ映画なので、既...
チャーリーとチョコレート工場 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:チャーリーとチョコレート工場 制作:2005年・アメリカ/イギリス 監督:ティム・バートン 出演:フレディ・ハイモア、ジョニー・デップ、デイビット・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、ノア・テイラー、ミッシー・パイル、ジェームズ・フォック...