ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『インクレディブル・ハルク』

2008-07-09 10:32:50 | 新作映画
(原題:IThe Incredible Hulk)

※映画の見どころに触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。



----これって、何年か前にも映画になったよね。
確か、あのときはエリック・バナが主演で
監督が、あのアン・リー。
「うん。その昔は
テレビシリーズ『超人ハルク』としても人気を博した。
怒りの感情と共に、
緑色をした巨大なモンスター、ハルクに変身する科学者の苦悩の物語。
今回は、そのハルクに
個性派エドワード・ノートンが扮したことで話題を読んでいる」

----そうだよね。アクションとはほど遠い感じがするもの。
「さて、今回の最大の敵は
ハルクの強大なパワーに目を付け、
彼を軍事利用にと企む
ロス将軍(ウィリアム・ハート)。
このロス将軍というのははハルクこと、ブルース・バナー博士の恋人だった
ベティ(リヴ・タイラー)の父親でもある。
自分の肉体に苦悩し、その治療法を探すブルースは、
自制心によってハルクになることを押さえようとするが、
ベティの危機により、初めて自らハルクになる----こういう流れだね」

----あれっ、ティム・ロスは?
「特殊部隊員エミル・プロンスキー。
ハルクの驚異的なパワーを目の当たりにした彼は、
その力の魅力に取り憑かれ、自ら志願して
“もう一人のハルク”アポミネーションになる。
さらにハルクが治療のためにメールでコンタクトを取っていた
“ミスター・ブルー”こと、スターンズ(ティム・ブレイク・ネルソン)にも
超人への変化の兆しが…。
どうやら、彼はリーダーというモンスターになるらしい。
おそらく次作で活躍するんだろうね」

----ふうん。そういえばラストにサプライズがあるとか?
「うん。プレスにも書いてあるから
これは喋ってもいいんだろうけど、
アイアンマンこと、スターク・インダストリーズ(ロバート・ダウニーJR.)が登場。
ここでの彼のセリフは見モノだね」

---見モノって、他に見どころは?
「う~ん。お話が
あまりにも常套的というか、
誰もが予想付くように流れていくからね。
結局は、ハルクVS.軍隊、
ハルクVS.アポミネーションのアクション映画になってしまう。
しかも、他のヒーローものと違い、
これは明らかに造型そのものがCG。
そこにエドワード・ノートンの演技的感情云々を
見てとれるわけじゃないからなあ。
ただ、そういう意味でぼくのアンテナに引っかかったのはベティの設定。
彼女には新しい恋人レナード(タイ・バーレル)がいるんだけど、
数年ぶりに会ったとたん、今の恋などなかったように
ブルースの元へ」

---ヘぇ~っ。レナードの嫉妬とかはニャいの?
「うん。普通は
そこから新たな怪物(?)が生まれそうだけど、それはないね。
むしろハルクは嘘を付いてないと彼に味方し、
父親ロスを嘘つきだと非難する。
もう一つはハルクに治療を施そうとするスターンズ。
ちょっとやりすぎの感もあるけど、
観る者をハラハラさせる効果があったよ」



           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「悩めるヒーローが続くニャあ…」複雑だニャ

※まるで怪獣(ほんとうは怪物)大激突!目が疲れた度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


画像はフランス・オフィシャル(ダウンロードサイト)ウォールペーパーより。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『地球でいちばん幸せな場所』 | トップ | 上戸彩ゲーム&原田マハ小説... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
テレビシリーズ、大好きだったんです。 (よろづ屋TOM)
2008-07-11 00:13:07
毎回、こんどこそ落ち着けるとおもった街も、持ち前の優しさから人を助けてしまう。そのことが元で結局物語の最後にはサヨナラしなければならなくなる───
デビッド・ジャンセンの『逃亡者』に似た作りでしたが、デビッド・バナー博士が好きでした。
ルー・フェリグノ演じるつや消しグリーンで馬面のハルクが好きだったんで、テカテカ緑の丸顔に馴染めません…

そらそーと、映画版では「私はナショナル・レジスターのマクギーという記者です。あんた、緑色の大男を見ませんでしたか!?(by 青野武)」ってのはあるんですか?
漫画家・高橋葉介も好きだったと見えて、▲このフレーズを作中でパロってましたけど。
■よろづ屋TOMさん (えい)
2008-07-12 11:55:45
こんにちは。

TVシリーズ、人気ありましたよね。
いま、おうかがいして納得。
ほんと、『逃亡者』そっくり。
こういう構成ってアメリカ人好きなんでしょうね。
『インベーダー』もそうでしたもの。
まあ、『タイムトンネル』もそういうところが…。

あっ、その記者は出てこなかったと思います。
そんな、楽しいローカル的な話にはなっていませんでした。
でも、いま、おうかがいして
TVシリーズが観たくなりました。
そうそう。
ルー・フェリグノは本作にカメオ出演。
でもどこに出ているのか分かりませんでした。
それとハルクの「声」も彼らしいですよ。
こんにちは。 (となひょう)
2008-07-23 21:45:26
会社でも、一部の映画好きの人に「ノートン君に会えるかもしれなくて」と満面の笑みで伝えてしまったので。盛り上がってしまった自分が、後で恥かしくなってしまいました。
水嶋ヒロ君の登場で、会場は黄色い声援に包まれていました。私は、1階の15列目だったので。挨拶が終わって裾に引っ込んでもお辞儀を続けていた水嶋君の姿が見えました。

スターンズも化けるんですか?
そう言えば、オデコがずきずきと膨らんでましたね。
ハルクが「ハルク・スマーッシュ!」と地面を叩いていましたが。あれって、原作ではお馴染みの必殺技なのでしょうか。私のアンテナに引っかかったのは、そこです。
『アイアンマン』も楽しみですわー
■となひょうさん (えい)
2008-07-25 23:48:47
こんばんは。

ハルクについては、正直詳しくなく、
ごめんなさいしかないです(汗)。

アメリカでは『アイアンマン』が先に公開されましたが、
あのラストを観る限りそれは正解でしたね。
Unknown (mig)
2008-07-30 19:42:42
えいさん
こんばんは

わたしもリヴが
"数年ぶりに会ったとたん、今の恋などなかったように
ブルースの元へ"
いっちゃったのにはツッコミいれたくなりました
あの彼はさっさとゴミか!って(笑)

アイアンマンへの伏線なんですか?最後の言葉は。
アイアンマン観たのにそこはピンと来なかったです
■migさん (えい)
2008-07-31 17:12:05
こんにちは。

ゴミはさすがにかわいそう(笑)。
でも、まあ、きれいに身を引きましたよね、彼も。
というか描いていないだけなのかも?

あのセリフは
「結局、自分が必要」という意味だと思います。
でもネタバレになるから
これ以上は……。(汗)
恋人 (たいむ)
2008-08-02 06:11:34
えいさん、こんにちは。
>むしろハルクは嘘を付いてないと彼に味方し
ここで思わず泣けちゃいました(TT)
自分こそ不憫なのに、なんという心の広さ!ベティって男を見る目があるんだなって思いました(そっちか?w)
こんにちは (えめきん)
2008-08-02 08:36:58
ヒーロー映画大好きなので楽しく観られましたが、「市民に愛されてこそアメリカのヒーロー」という考え方があるので、ハルクのキャラクターには少し抵抗がありましたね。それでも作家性を出し過ぎた前作よりは楽しめました。

スターンズの動向は気になりますね。彼は『アイアンマン』他とのコラボ企画『アベンジャーズ』に出てきそうな気がしてます。
■たいむさん (えい)
2008-08-02 21:19:10
こんばんは。

でしょう?
あの恋人の設定はかなり珍しいです。
続編があったら
果たして出てくるのかどうか、
そっちも興味津々。
■えめきんさん (えい)
2008-08-02 21:23:45
こっそりと……

実を言うと『アベンジャーズ』は
とんでもない作品となりそうです。
『アイアンマン』のラストを楽しみにしてください。
ノートン (なな)
2008-08-04 14:28:29
アクション俳優には見えない華奢な体型と
知的な雰囲気がかえって新鮮に思えてよかったです。
変身したハルクとのギャップもまた・・・
そちらは賛否両論でしょうけど。

ところで毎回思うのですが
フォーンちゃん,めちゃ可愛いですね。
こんばんは (ノラネコ)
2008-08-05 00:10:58
普通に面白いと思うんですが、やはり「ダークナイト」を観た後ではどうしても印象が薄いですね。
おっしゃる様に全てがお約束どおりで、安心して観ていられる反面、インパクトには乏しい仕上がりでした。
個人的にはアン・リー版が嫌いではないので、あれから比べて特に良くなったとは思えませんでした。
■ななさん (えい)
2008-08-05 22:41:43
こんばんは。

フォーンをかわいいと言っていただき、
もうそれだけで胸いっぱいです。

フォーンには、なんども
「ななさんが、かわいいとほめてくれたんだよ」と
話しました。

これからもよろしくお願いします。(byえい)

「あれっ、映画の話は?」(byフォーン)
■ノラネコさん (えい)
2008-08-05 22:57:05
こんばんは。
ぼくは単なるカーチェイスとかバトルというのがダメで…。
この映画はそれなりに工夫はしてあったものの、
所詮、ぶつかり合いを見せるんだろうと、
なんか冷めてしまうんです。
前半はそれなりに、楽しめただけに残念でした。
筋肉隆々のシュレック (亜蘭真 主美士)
2008-08-05 23:28:21
なんだか、最後で、アイアンマンの予告編化しちゃいましたネ。まぁ彼は武器商人だから、違和感はないのですが・・・・。(チームソニーか?)
ところで、リヴのゴミ彼の設定をスターンズにしておけば、面白かったと思うんだけど。可愛さあまって憎さ~と・・・次回作へと巧く繋がるんじゃないかと・・。
なにげに、テイム売れっ子ですネ!!
ちなみにフォーンがハルク化したら、緑猫になっちゃうのかな???
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2008-08-06 21:14:24
こんにちは。

なるほど。
リヴの恋人役の設定をスターンズですか?
それはドラマトゥルギーとしては最高ですね。

フォーンは、緑にはならないだろうなあ。
ちょっと考えただけでも、それ変(笑)。
サプライズ (keyakiya)
2008-08-16 08:55:10

>アイアンマンこと、スターク・インダストリーズ(ロバート・ダウニーJR.)が登場。

最後に出てきた男は何?と不思議で不思議で。誰かが変身した?とも思っていました。その答えがこれですね。

パワーVSパワーはいかにもアメリカでした。
■keyakiyaさん (えい)
2008-08-16 19:22:26
こんばんは。

そうか、前情報がないと、
あれがなにかまったく分からないケースもありえますよね。
『アイアンマン』が公開されるということをもっと
配給側も宣伝した方が
お互いにとっていいですよね。
Unknown (keyakiya)
2008-08-16 23:43:10
こんばんは、

そうです。ボクはほとんどは前情報はありません。
ですから、出てくる俳優さんもわからず観ます。
そして、えっ、あっ、おっとおどろくこと多いです。

終わってから、またワンシーンのあるやつ時々あるでしょう。
あれにはビビるので、
場内に明かりがつくまで席を立たない事にしています。
■keyakiyaさん (えい)
2008-08-17 20:35:05
こんばんは。

最近、映画館によっては
エンドクレジットが始まるとすぐ、
場内の明かりを(一部ですが)つけるところがあります。
あれは、おそらく
帰られる方の足元を気にしてのことでしょうけど、
止めてほしいなと思います。

終わってからワンシーンがある映画では、
あまりそういうことはしないとは思うのですが…。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インクレディブル・ハルク (Memoirs_of_dai)
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
【インクレディブル・ハルク】についてサーチエンジンで検索してみると (気になるキーワードでブログ検索!)
インクレディブル・ハルク に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…
伸びるズボンはいてるの?【インクレディブル・ハルク】 (犬も歩けばBohにあたる!)
アン・リー監督がメガホンをとった「ハルク」から早5年。 あの映画は散々でした。何
インクレディブル・ハルク (映画通の部屋)
「インクレディブル・ハルク」THE INCREDIBLE HULK/製作:200
The Incredible Hulk (インクレディブル・ハルク) ネタばれあり (うだるありぞな)
今回は、エリック・バナ主演の「ハルク」から5年、キャストを一新させエドワード・ノートン主演の「The Incredible Hulk」。 ランキングに参加してます。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ(リヴ・タイラー)の父、ロス将軍(ウ...
『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ <ジャパン... (NiceOne!!)
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート....
インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk (我想一個人映画美的女人blog)
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰...
「インクレディブル・ハルク」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「インクレディブル・ハルク」公式サイトエリック・バナのハルクは未見デス。まっさらで期待せずに観にいってきました~^^;マーベルのヒーローものながら えらい後ろ向き興奮してハルクに変身するとバーサク状態になって誰も手が付けられなく...
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたの...
インクレディブル・ハルク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (★YUKAの気ままな有閑日記★)
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~【story】ブルース・バナー博士(エドワード・...
映画 『インクレディブル・ハルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、...
「インクレディブル・ハルク /THE INCREDIBLE HULK (2008) 」 ジャパンプレミア (MoonDreamWorks★Fc2)
【インクレディブル・ハルク】2008年7月26日(土)公開 監督 : ルイ・レテリエ ...
「インクレディブル・ハルク」みた。 (たいむのひとりごと)
思い切り続編を作る気マンマンって終わり方で、今回は序章に過ぎない感じだね。今のところ“ハルク“は単なる怪物で、怪力と強固な肉体以外にどうという能力は持っていないようだが、もしかするとこの先どんどん進化
インクレディブル・ハルク (5125年映画の旅)
天才科学者ブルース・バナーは、大量の放射能を浴びる実験によって、怒りに反応して変身する巨人ハルクへと変貌してしまう。危険な力を恐れたブルースは、恋人を残し南米に逃亡する。一方米軍は、彼の力を利用しようと南米に部隊を派遣する。追っ手から逃れたブルースは、...
インクレディブル・ハルク 男だから強さに憧れるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【28 -14-】 昨日は映画の日{/m_0058/}、仕事も早く終わりそうだし、飲み会の約束も珍しくないし、よ~し映画見に行こうって思って調べたら、「インクレディブル・ハルク」が金曜やのに封切りやった{/m_0167/}  この夏は「バットマン」に「アイアンマン」「ハンコック...
[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^;」と言うパンチに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うより...
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
インクレディブル・ハルク (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の...
「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
国家に踊らされてしまった哀れな男たち。『インクレディブル・ハルク』 (水曜日のシネマ日記)
アメコミを実写化したアクション娯楽映画です。
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
インクレディブル・ハルク (虎猫の気まぐれシネマ日記)
今日は映画の日。例のミニシアターで,これと,幻影師アイゼンハイムを観た。・・・エドワード・ノートン祭り[E:fuji]か?。リー監督のハルクも結構好きだったので,ハルクとは何ぞや?という予備知識も万全。ハルクの面白さ,というか他のヒーローとの大きな違いは,主人...
インクレディブル・ハルク・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この夏のハリウッド映画はアメコミヒーローだらけで、バットマンに続いて、超人ハルクも帰ってきた。 「インクレディブル・ハルク」は、2003...
【インクレディブル・ハルク】 (日々のつぶやき)
監督:ルイ・リテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 「科学者のブルース・バナーはある実験中に放射能を浴びたことが原因で、感情的になり心拍数が上がるとパワーアップして緑の巨
インクレディブル ハルク☆★ (銅版画制作の日々)
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロ...
映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう...
★「インクレディブル・ハルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
『インクレディブル ハルク』 (『映画な日々』 cinema-days)
 シリーズ第二作  INCREDIBLE = 「信じられない,驚くべき」  ブルース・バナー”ハルク” VS  エミル・ブロンスキー”アボミネーション” ...
インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk (いい加減社長の映画日記)
他のブログで、そこそこの評価だったようなのと、リヴ・タイラーに魅かれて^^ 「インクレディブル・ハルク」を金曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「インクレディブル・ハルク」は、中くらいのスクリーンで、2~3割。 こんなもんかな? ...
エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけ...
インクレディブル・ハルク (to Heart)
その「力」、ためらうな。 原題 THE INCREDIBLE HULK 製作年度 2008年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 112分 原作 ジャック・カービー/スタン・リー 脚本 ザック・ペン 監督 ルイ・レテリエ 出演 エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ティム・ブレイ...
インクレディブル・ハルク (miko's blog)
<あらすじ> 研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター“ハルク”に変身してしまう、科学者のブルース。彼はその体質の軍事利...
インクレディブル・ハルク (お萌えば遠くに来たもんだ!)
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その...
インクレディブル・ハルク ( Art- Mill  あーとみる)
インクレディブル・ハルクHP http://www.sonypictures.jp/movies/theincrediblehulk/ エドワード・ノートンといえば、「幻影師アイゼンハイム」を思い出す。彼には、苦悩とそれを乗り越えようと
『インクレディブル・ハルク』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレデ...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
『インクレディブル ハルク』 2008-No54 (映画館で観ましょ♪)
エドワード・ノートンはスキな俳優さんの一人。 でも、まさか、こんな肉体派とは思いもしなかったけど... そういう意味ではティム...
「インクレディブル・ハルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
思ってたよりもずっと楽しめました^^
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
映画評「インクレディブル・ハルク」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ルイ・レテリエ ネタバレあり
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...
「インクレディブル・ハルク」 (或る日の出来事)
「アベンジャーズ」の予習のために観賞。思いのほか、おもしろかった。
インクレディブル・ハルク (こみち)
JUGEMテーマ:洋画      ◆超人ハルク    アベンジャーズに登場したハルクを見て見たくて    正月に「インクレディブル・ハルク」を見ました。    圧倒的に強いハルクに立ち向...