ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『頭文字<イニシャル>D THE MOVIE』

2005-07-27 19:36:08 | 新作映画
------この映画って、以前アニメにもなったよね。
今度は実写。それも香港のスタッフ・キャストの手で作られたんだって?
「そう。しかも驚いたことに試写はすべて日本語吹き替え。
これには最初当惑したね。なかなか慣れなかった。
日本からは鈴木杏がヒロインのなつき役で出演。
これは本人が吹き替えていたよ」

------ふうん。舞台は香港に置き換えてあるの?
「いや、それがオール日本ロケ。
つまり、香港の俳優たちが
「藤原とうふ店」なんて書いてある日本の風景の中で、日本人役を演じているわけ。
これで向こうの言葉だと、いよいよヘン。
そこで日本語吹き替えにしたんじゃないかな。
でも原作がコミックでアニメにもなってるわけだし、
アニメのつもりで観てるうちに次第に違和感も消えてきたけどね」

------声のことはさておき、映画はどうだったの?
「嬉しいことに、映画の要となる“走り”はCGなし。
すべて実写で撮られているんだ。
ハリウッドのSFXによるカースタントを見慣れた目から見ると、
これはかなり新鮮に映る。そうか本当の“走り”とはこうなんだと…。
特に内輪を路肩の溝に引っかけて高速でコーナーを抜ける“溝落とし”は圧巻だ」

------えっ?でも峠でのドリフトとかスピンとかもあるのでは?
日本でのロケって言ってたけど、そんな撮影可能なの?
「香港では原作に出てくるような山道がなく、
だからと言って新たに道路を作ることもできない。
そこでレーシング・ドリフトのメッカ・榛名で撮影することになったらしい。
撮影では、なんと山道を完全封鎖する許可が下りたのだとか。
日本でもこのような撮影ができるようになってきたことは、本当に喜ばしいこと。
各地にフィルム・コミッションが生まれてきているけど、
この映画も高崎フィルム・コミッションが協力しているみたいだ」

-----でも、よく許可が降りたね。
内容的にはけっこうヤバいと思うけど…。
「フィルム・コミッションはロケーションの誘致・支援で
経済・敢行・文化振興への効果を上げようとしているわけだけど、
そこには『作品を拒まない』という基本的条件がある。
つまりこのジャンルならダメなんていうような内容チェックはないんだ」

-----ニャるほどね。あれっ?物語について話してないよ。
スタッフとかキャストにも触れてないし、車と撮影の話ばかり。
「たいした話じゃないから...。(笑)
簡単に言えば、かつて“走り屋”だった父の血を引く豆腐屋の息子が
公道レースで次々と勝ち抜いていく。
その一方で、彼には初恋が芽生えるが…というもの。
ラストも続編を期待させる作りになってるけれど、
やはりメインはAE86を始めとするスポーツカーのレーシング・バトル。
監督は『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ&アラン・マック、
俳優陣は主人公の藤原拓海を演じるジェイ・チョウこそ本作が長編デビューだけど、
高橋涼介役のエディソン・チャン、中里毅役のショーン・ユー、
そして拓海の父・文太役のアンソニー・ウォンと、
これまた『インファナル・アフェア』組で固めている。
あの映画のファンにはたまらないかも知れないね」

                (byえいwithフォーン)

※峠で酔う度人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『エコーズ』 | トップ | 『蝉しぐれ』 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガサツな・・・ (はっち)
2005-09-29 08:46:25
お邪魔します。

「インファンナル・・・」のアンソニー・ウォンは、哀愁が漂っててエエ感じだと思ったのですが、この映画ではちょっとガサツな親父って感じであまり好感持てなかった。
アンソニー・ウォン (えい)
2005-09-30 17:51:29
■はっちさん。



なんでもアンソニー・ウォンは

べろんべろんに酔っぱらって演技したそうです。

それって演技と言えるのか(笑)?

いやそれでも演技ができることを

素晴らしいと言うべきなのかな。
新年早々に・・・。 (かなやす)
2006-01-04 14:21:23
私は新年早々に見ましたよ。

結構スリリングなシーンが多くて、最後までハラハラさせられる映画でしたよ。
■かなやすさん (えい)
2006-01-04 22:45:58
こんばんは。



あの撮影、スゴかったですよね。

日本でこれが撮られたと言うことに

驚きました。
Unknown (Unknown)
2006-03-14 12:19:27
ちっすあのー秋名って溝5れんヘアピン

のまえ?
TB、ありがとうございました (mina)
2006-04-11 21:55:44
香港からわざわざ榛名山まで、これを撮りに来たというのは、ホントに凄いことだと思います。

・・・わたし、韓国と勘違いしてました。韓国でも十分凄いと思いますけれど・・・

それと、あのドライビング、痺れました。

わたしが乗せてもらったら、やっぱり吐くかなぁ。

でもね、とうふが崩れないようなスムーズな無理、無駄のないドライビングなんでしょう?

やっぱ、無理よね。

■minaさん (えい)
2006-04-12 00:10:04
こんばんは。



最近、韓国映画が多いので勘違いもありえますね。

なんとこの監督は『デイジー』という新作で

韓国の脚本、俳優で、オランダで撮影。

ということは日本なんてたいしたことない?



豆腐、まず絹ではないですね(笑)。

超硬めの木綿かな?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『 頭文字D 』 (やっぱり邦画好き…)
『 頭文字(イニシャル)D  』  [ 試写会鑑賞予定 ] 2005年:香 港 【9月17日ロードショー】 監 督:アンドリュー・ラウ /アラン・マック  脚 本:フェリックス・チョン 原 作: しげの秀一「頭文字D 」(講談社ヤングマガジン連載中)
試写会「頭文字D」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「頭文字D」開映18:30@東京厚生年金会館 「頭文字(イニシャル)D THE MOVIE」 2005年 香港 配給:ギャガ・コミュニケーションズ 監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 原作:「頭文字(イニシャル)D」しげの秀一(講談社「ヤングマガジ
頭文字D THE MOVIE (メルブロ)
頭文字D THE MOVIE 上映時間 1時間49分 監督 アンドリュー・ラウ アラン・マック 出演 ジェイ・チェウ 鈴木杏 エディソン・チャン アンソニー・ウォン  これまた漫画が原作の映画。読んでいて始めはまったが、車にそんな興味ないので飽きてきた。だから最初.
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (ハイジのシネマパラダイス)
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE 監督:アンドリュー・ラウ アラン・マック 脚本・フェリックス・チョン   原作:しげの秀一 出演:ジェイ・チョウ 鈴木杏 エディソン・チャン ショーン・ユー アンソニー・ウォン チャップマン・トウ ジョーダン・チャン
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (ネタバレ映画館)
 『インファナル・アフェア』で儲けたスタッフ、キャストが日本進出!  藤原家の内部、階段踊り場にあるサッポロビールのポスターが印象的。時代設定はいつなんだと、藤原家の映像に切り替わると突然タイムトリップしてしまいそうです。拓海の父親が茶の間で寝ている傍ら
結局何のイニシャルが「D」?「頭文字D THE MOVIE」字幕版 (nancix diary)
 初日に動物園前シネフェスタ4で、字幕版を鑑賞してきました、「頭文字D」。  字幕版です!  出勤より1本早い電車に乗ったのに、なんと、寝ぼけて大阪市営地下鉄を乗り間違え。  約束していたトニーファンの皆様はとっくに入場済み。  さらに、映画館入り口にはテレ.
「頭文字<イニシャル>D」の試写会へ行ったのそ (のそのつぼやき)
 今日は「頭文字<イニシャル>D」の試写会へ行ってきました。 ちょっといつもより遅く行ってしまいましたが、今日は一人だったので、中央を横切る通路の前の席の中央よりを確保!ちょっと座席は狭いけど、後ろから蹴る人もいないし、まわりは女性で視界は良好で、満足(*^
頭文字D THE MOVIE (Diarydiary!)
《頭文字D THE MOVIE》 2005年 香港 走り屋に魅せられた少年達の
頭文字<イニシャル>D THE MOVIE (any\'s cinediary)
下り最速の伝説 <ストーリー> 家業である豆腐屋の配達をすることで、知らぬ間に
【私の頭の中の消しゴム】泣きました・・・ (金食う虫たち)
「記憶を失うということは、魂もなくなるということ」 このセリフ重かった でも確かに記憶のない世界って・・・ 悲しいですね 今日は【私の頭の中の消しゴム】を観てきました 観に行く前から、泣いちゃうんだろうなぁーと思ってましたが もう予想よりはるかに超えた
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (toe@cinematiclife)
一ツ橋ホールでの試写会に行ってきた。 この映画、原作は日本のマンガの香港映画で、舞台は日本、キャストは台湾と香港と日本。 なるほど、小さな子供から、原作好きと思われる男性に、華流好きと思われる20代女性もいて、特に、こんなに多い (半数近く) 男性客を見るのは
頭文字D THE MOVIE (元歯科助手の新婚?な日々(;´∀`))
大好きな頭文字(イニシャル)Dの実写版映画(いきなし音鳴ります)をみてきました! 以前、友達に新潟でロケやってんだよ~とか 俳優は香港スターらしいとかきいていて 気になってしかたなかったんだよ~ イニDは私が車大好きになるきっかけになったマンガ たまたま.
『頭文字<イニシャル>D THE MOVIE』 (Rabiovsky計画)
『頭文字<イニシャル>D THE MOVIE』公式サイト 頭文字D THE MOVIE avex side 監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 原作:しげの秀一 出演:ジェイ・チョウ、鈴木杏、エディソン・チャン、ショーン・ユー    アンソニー・ウォン、チャップマン・トウ
アニメ版の方が迫力があった◆『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
9月21日(水) TOHOシネマズ岐阜にて 私が『頭文字(イニシャル)D』の世界を初めて知ったのは、2001年1月に劇場公開されたアニメ版を観に行った時だった。全く興味がなかった私は、半ば強引にその映画に連れて行かれたのだが、それは素直に「面白い!」と思える作品だっ
頭文字D THE MOVIE (まつさんの映画伝道師)
第215回 ★★★☆(劇場)  目の前を何かが飛び出した。  それは子供だったのか、ボールだったのか、猫だったのか、全く記憶に残っていない。次の瞬間、僕はハンドルを切り、そのまま電柱に衝突し、意識を失った。  日本映画は頑張っている。  今週の.
頭文字D THE MOVIE (It\'s a Wonderful Life)
やっっぱり香港映画界は娯楽映画作るの上手いですね。 香港映画ファンとしては こういう作品っていい意味で安心して観れます。 この映画「インファナル・アフェア」の番外編のような作品かもしれません。 監督・脚本、出演者かなりのスタッフ・キャストが同じ。 ...
伝説のダウンヒラー! (ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション)
連休2日目、当然のように映画館へ。本日は『頭文字D THE MOVIE』です。果たしてハチロクの“鬼のようなドリフト”は、どのぐらい再現されているのでしょうか?
映画 『頭文字D THE MOVIE』 の感想 (映画のアレだよアレ(仮))
18日のリベンジ達成! 21日にレイトショーで頭文字Dを見に行きました。場所はいつものTOHOシネマズ宇都宮です。 日曜日のチケット売り切れが嘘のような空き具合。 やっぱり三連休の中
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE (lip)
ぐは、やっちゃいました。スタントマンに敬意を表して「不許可」免れ。 いやぁ参った、久しぶりに「早く終わらないかなぁ」ですぞ、センセー(誰よ?)。映画版にアレンジということで、人間関係が原作と違うのは良いとしよう。それにしてもヒドい(大泣)。イツキが例のス
「頭文字[イニシャル]D THE MOVIE」 (こだわりの館blog版)
9/17 ユナイテッドシネマとしまえん にて 日本の漫画と香港映画、異色でありながら真っ当な結び付き…。 監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック 出演:ジェイ・チョウ、鈴木杏、エディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォン、他 しげの秀一の人
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE [INITIAL D THE MOVIE] (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
Young Bloods on Fire! AAA(トリプルエー)の「BLOOD on FIRE」のワンフレーズしか頭の中に残ってない(苦笑)
頭文字D (In my opinion・・・)
ここのところコミックからの映画化が流行?って感じですね。今回もまた映画化された作品「頭文字D」です。 現在、「イニシャルD」はヤンマガで連載中で単なるクルマ好き、走り屋、クルマオタク、一般ピープルに至るまで幅広く支持されている作品です。そんな、ボクもクル.
映画 頭文字D (サザン大好き123)
映画 頭文字Dを観てきました。 原作とは、かなり違った内容である事は知っていたので 思っていたとおりのラストって感じです。 わけのわからないシーンや設定もあり、なんだこりゃと 思うところも多数ありまして、中国と日本の感性の 違いってやつも感じましたね。 拓海
★映画★『頭文字DTHEMOVIE』(2005年香港) (-bluescreenlife-)
予想以上に面白かった!!日本が舞台(ロケ地は群馬)なのに香港の俳優が広東語でしゃべる!っていうちょっと不思議な世界。バーだとか拓海の家の中とかのいつの時代?っていう微妙な感じも面白かった。そこがこの映画の面白さの一つでもあると思うので字幕版見に行って良...
日替ランチ119 (★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog)
桜坂秋太郎です。 ロック好きでありながら、車好きである事でも有名な?ボクですが、話題の頭文字(イニシャル)Dの映画を観てきました。思っていたよりも、ポップコーン片手に、かなり楽しめました。 キャスティングが台湾や香港の俳優である点が、観る前はどうかな
PSPに登場! 頭文字D STREET STAGE (陽気な遊び人)
頭文字D STREET STAGE です。 頭文字Dといえば、映画とかにもなってますね~ ちょっと詳しくないんですが・・・ とにかく紹介してみます。 ? アドホック(無線LAN)での2P対戦が熱い! ■タイトル:頭文字D STREET STAGE ■発売日:今冬予定 ■価格:未定 ■プ
凄いぜ、高橋レーシング! / 「頭文字D the movie」 (ANQ Ritzberry Fields)
 緊急事態により、鑑賞を取りやめざるを得ない状況に追い込まれた際、非常に親切な対応をしてくれた上、無駄払いになる筈だったチケットを快く引き替えてくれたワーナーマイカル様(感謝!)の無料鑑賞券の最終期限日が来てしまい、何かしら見ないと勿体ないと言う事で「頭.
日本をこういう視点で撮るのは実に新鮮だ。つーことで☆☆☆☆ 『頭文字D THE MOVIE~新たなる下り最速の伝説~』 (引っ越してきたよ)
ネタバレややあり。ご了承ください。 また、原作は読んでないので、あくまでもこの映画のみの感想です。 これは、日本語吹き替えでも問題なし! 香港映画、華流、というカテゴリを軽く飛び越えた絶品でしょう。 「頭文字D」という漫画ならご存
頭文字<イニシャル>D THE MOVIE (欧風)
みなさ~ん、今日から10月ですね!今日は1日って事で、映画の日、誰でも千円でしたよ。何か観に行きました?私も例のごとくいつもの映画館に観に行きましたけどね。 その映画の事についても書きたいところですが、まだ書いてなかった映画があるので、まずそっちを先に
映画館「頭文字<イニシャル>D THE MOVIE」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
親父カッコよすぎ!カーアクションの映画は沢山あるけど、こういう競争で迫力満点の車映画もいいね~!今では、ペーパードライバーの私ですが迫力は十分伝わりましたよぉ!でも、この映画見終わった後すぐに車運転しちゃうと危険かも。自分も走りや気分で、スッゴイスピー...
華流ブームの先陣を切る!『頭文字〔イニシャル〕D THE MOVIE』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
「韓流」の次は、「華流」ブームが来るらしい。 そんな「華流」イケメンスターを揃えた話題作が、 9月17日に公開された『頭文字〔イニシャル〕D』だ。 ご存じの通り、原作は日本の人気コミック……なんだけど、 日本よりも台湾や香港での人気の方が高いらしい。 そ
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE http://www.initial-d.jp/index2.html ★★★☆☆ 映画 カーアクション 運転席から見た車内のデザイン。フロントガラスにはレースの様子を映し出し映画の臨場感が伝...
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE ジェイ・チョウ 鈴木杏 エディソン・チャン ショーン・ユー アンソニー・ウォン出演 しげの秀一  (韓韓ドラドラ!!)
頭文字(イニシャル)D THE MOVIE しげの秀一 原作 ジェイ・チョウ 鈴木杏 エディソン・チャン ショーン・ユー アンソニー・ウォン出演 アンドリュー・ラウ アラン・マック監督 ☆2005年香港映画! 字幕で、鑑賞しましたが!・・・鈴木杏は、吹替えで・・・
「頭文字D THE MOVIE」 (わたしの見た(モノ))
「頭文字D THE MOVIE」 しげの秀一の同名人気コミックを、 「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督によって実写化。 カーアクションシーンなどは、よく出来ているのだが、 “走り屋”に興味がない私にとっては、乗り切れない作品だった。 レースシーン
頭文字D (俺の話を聴け~!)
ドリドリドリ~! しげの秀一の人気走り屋漫画「頭文字D」を映画化したのが香港だ、っていうのが面白い。 クルマも映画も大好きなオレは超楽しみにしてたんだけど、一般の人は原作ヲタか香港映画ならなんでも観まっせ!という人以外、ホトンド興味がないんじ
頭文字D THE MOVIE (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
ありえないくらい、映画の感想あげるのが遅くなっています。 先日、感想をあげた「ALWAYS 三丁目の夕日」よりも もっと前に観ていました(;・∀・) 正確にいうと9月に観たヤツだし…。 どんだけ感想あげるの遅いんですか…orz 「頭文字D THE MOVIE」2005年公...
今日、サロンシネマで「頭文字D」見てきました。 (かなやす日記)
新年初の映画として、今日、サロンシネマ(ジストシネマの中にある)で「頭文字D」を見てきました。 確か内容は、豆腐屋の自家用車を使って山の公道をサーキットに見立てて、車のレースをする内容の映画ですが、結構面白かったですし、ハラハラした映画でしたよ。 特に山を
頭文字D THE MOVIE ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
なぜか、猫のまわりで結構評判がよかったのが、意外にもこの映画 『頭文字D THE MOVIE』 しげの秀一の原作は・・・たぶんどこかで見かけてるとは思うけど(笑) 有名なわりには、しげの秀一の絵柄がそんなに好きじゃなかったから^^; ゲームやアニメにもなってるらし.
頭文字D THE MOVIE-(映画:今年22本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:アンドリュー・ラウ 出演:ジェイ・チョウ、鈴木杏、エディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォン、チャップマン・トウ、ケニー・ビー、ジョーダン・チャン、リュウ・ケンホン 評価:90点(100点満点) 公式サイト 頭文字Dです
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE  \'06 9本目 (プチおたく日記 vol.2)
大好きなアニメの実写版ですよ! 期待はしてませんよ・・・本当・・・ さて、どうかな~ 豆腐屋を営む父と2人暮らしの高校生・藤原拓海。彼はガソリンスタンドでアルバイトをする
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE 06年33本目 (猫姫じゃ)
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE 峠の振りで 、この映画。 できすぎ? 夏の夜風は、切ないね。援交女だって、あなたを成長させた、大切な人。 微妙な映画ですね。藤原とうふ店の息子が、中国語しゃべっちゃ、、、だから、吹き替えで見るんだケド、これもね、、、吹き
頭文字イニシャルD (minaの官能世界)
 日本の人気コミックをわざわざ韓国で制作した不思議な作品。  わたしは、こういうジャンルのコミックは好きではないから、読んでいなかったし、あまり期待もしていなかった。ところが、観始めると途中で止められない位おもしろい。十分楽しめた。  日本人の俳優は鈴木杏
DVD『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』 (みかんのReading Diary♪)
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディション(2005/香港・中国)  豆腐屋を営む父と2人暮らしの高校生・藤原拓海。彼はガソリンスタンドでアルバイトをする傍ら、父・文太のハチロク(AE86)で豆腐を毎日配達していた。水に浸された脆い豆腐を乗せて
頭文字(イニシャル)D ~THE MOVIE~  (ムーパラ控え室から・・・)
豆腐屋のありえないハチロク[:プシュー:] 頭文字[イニシャル]D THE MOVIE スタンダード・エディションジェイ・チョウ アンドリュー・ラウ アラン・マック エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-02-15売り上げランキング : 11828Amazonで ...
youtubeアニメ~頭文字D? (youtubeアニメ見放題~youtubeアニメガイド)
youtubeアニメ~頭文字D? 頭文字Dマメ知識。 講談社より発売の週刊誌「週刊ヤングマガジン」で連載中、単行本は2006年11月現在、全34巻が発売中である。2007年5月に35巻が発売予定。 なお、週刊誌に連載されている漫画の単行本は、通常約3ヶ月に1巻のペースで刊行さ...
映画評「頭文字D The Movie」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2005年香港=中国映画 監督アンドリュー・ラウ、アラン・マック ネタバレあり