ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『落下の王国』

2008-07-15 21:15:29 | 新作映画
(原題:The Fall)


----原題が『The Fall』で
邦題が『落下の王国』。
この王国がミソだね?
「そうだね。
監督が『ザ・セル』の独自の映像美で注目を集めたターセム。
でもこの映画では得意のCGに頼らず
世界遺産13ヶ所、21ヶ国以上でロケしたらしい」

----それは贅沢だね。
けっこう、お金もかかっているんじゃニャいの?
「そうだよね。
ところが彼はこれをインディペンデントで製作。
そのことにまず驚かされる」

----へぇ~っ。
そんなにしてまでターセムが作りたかったお話って?
「時は1915年。
映画の撮影中、橋から落ちて大ケガを負ったスタントマンのロイは、
失恋の痛手も加わり自暴自棄に。
そこに現れたのが、オレンジの樹から落ち、
腕を骨折していた5歳の少女・アレクサンドリア。
動けないロイは
アレクサンドリアの純真無垢な魂を利用し、
自分が自殺するための薬を薬剤室から彼女に盗ってこさせようと考える。
そのために彼は
6人の勇者が世界を駆け巡り、悪に立ち向かうという
愛と復讐の叙事詩を彼女に話して聞かせるんだ」

----なるほど。それで世界中の映像が出てくるわけだ。
「そういうことだね。
この映画の最大の見どころは、
CM監督、またミュージック・ビデオ監督として
世界を知りつくしているターセムならではのロケーション。
象が泳ぐ海、迷路のような階段、
青色に染まる街など、
これまであまり目にしたことのない映像が楽しめるよ。
しかもその中で
何度も何度も<落下>のイメージが繰り返される」

----でも、それだけ世界を知りつくしていたら
逆にどこでロケーションするか、悩んだんじゃニャいの?
「そこがオモシロいんだ。
ターセムはアレクサンドリアに物語の話を聞かせた後、
その話はどの風景と思うかを、
壁に貼った写真を見せて聞き、
それを参考にしてロケ先を決めたらしい。
もっともなかには、ロケーション不可能な場所もあったらしいけど…」

----その少女ってカティンカ・アンタルーという子だっけ?
「そう。彼女は当時まだ5歳で、
現実とお話の区別がまだついていなく、
通訳の人が『あなたは、スーパーマンをやっていた
クリストファー・リーヴのような動けない人の話を聞くのよ』と
カティンカに話したものだから、
カティンカはロイを演じるリー・ベイスが
本当に動けないと思ってしまったんだ。
そこでひらめいたターセムは、彼女にバレないように
全スタッフにも“リー=骨折”と嘘を付いたらしい」

----それはダマされたスタッフはカンカンだろうね。
「なかには怒った人もいたらしい。
でも、そのリアルな空気感は一見の価値あり。
そしてもう一つは、
(人によってはだけど)大感動のラスト・シークエンス。
ここは観る人のために明かさないでおくけど、
この映画『The Fall』は
サイレント・ムービーへのリスペクトだったということが
分かるしかけになっているよ」



           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「フォーンもいろんなとこ行きたいニャあ」もう寝る

※とにかくきれいな色だ度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『子供はママが大好き』(遠... | トップ | 『ひゃくはち』 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2008-08-29 10:00:21
えいさん
こんにちは。

この映画、えいさん的にはいかがですか?

わたしはどうもあの物語が好みではなくて
映像は素晴らしいけどちょっと引き込まれ力が弱かったです
Unknown (mig)
2008-08-29 10:02:00
ごめんなさい、追伸です

えいさんが書かれている撮影のエピソードは興味深いですね、
あの新人の少女の演技素晴らしかったです。
■migさん (えい)
2008-08-29 23:09:36
こんばんは。
そうですね。
あの壁中劇というか
彼が語る物語は、
彼の作戦が成功していたら、
話は途中のままだったわけで、
いわば思いつきのもの。
それだけにその部分の完成度は低くても
仕方がなかったのかもしれないですね。
ぼくも壮大な割には引き込まれなかったです。
象が海を泳ぐなどのビジュアルは
オモシロかったですが…。

撮影エピソードはできすぎです(笑)。




コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
落下の王国 (2006) (MOVIEクラブ)
二人で作った物語の中の英雄たちが 教えてくれた絶望の淵に落下しても  生きてさえいればこの世界は美しい 『ザ・セル』で鮮烈なビジ...
落下の王国/The Fall (我想一個人映画美的女人blog)
ジェニファー・ロペス主演の前作『ザ・セル』から4年。 と言ってもこの映画、アメリカでの公開は2006年。日本にとっては実質6年ぶりになるターセム監督の待望の新作! 来月公開を前に試写で観てきた。 『ザ・セル』ではCGによる独特な映像美が話題になって、当時劇場...
落下の王国 (Memoirs_of_dai)
演技とリアルの狭間のカティンカ 【Story】 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタルー)は、脚を骨折して...
落下の王国 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 インド&イギリス&アメリカ  アドベンチャー&ファンタジー&アート  監督:ターセム  出演:リー・ペイス      カティンカ・ウンタルー      ジャスティン・ワデル      ダニエル・カルタジローン 【物語】  1915年、ハリウッド。撮影中の事故...
落下の王国 (ゆるり鑑賞 Yururi kansho)
監督:ターセム (2006年 インド/イギリス/アメリカ) 原題:THE FALL 【ストーリー】 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カテ...
落下の王国 (映画通の部屋)
「落下の王国」 The Fall/製作:2006年、アメリカ 118分 監督:タ
落下の王国 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャー...
落下の王国 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
構想26年、撮影期間4年!__映像の魔術師ターセムが、魂を込めて作り上げた生きる力を喚起させるファンタスティック&リリカルな心の旅。 傷ついた青年と純真無垢な少女、それは、落ちて始る物語。 物語:1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入...
『落下の王国』 (めでぃあみっくす)
映像の魔術師ターセム監督。その名を再び痛感した、いやこの監督以上に美しい映像を撮れる人はいないのではないか?と思えた映画でした。個人的には物語に感涙することはなく、ひたすら美しい映像に魅せられていましたが、別にそれだけでも十分映画館で見る価値はあると思...
【落下の王国】 (日々のつぶやき)
監督:ターセム・シン 出演:リー・ペイス、カンティカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル 「1915年、木から落ちて腕を骨折した五歳の少女アレクサンドリアは入院患者たちに可愛がられていた。 ある日映画の撮影中の事故で下半身不随になり入院していたスタントマ
落下の王国*原題 The Fall (銅版画制作の日々)
 君にささげる、世界にたったひとつの作り話。 10月8日、京都シネラリーべにて鑑賞。レディスディーということでか?それとも朝1回上映でなのか?このシアターがこんなに満員になるとは驚き!マニアな人には、やはり人気作品なのかもしれないね。観客の大半が女性だ...
『落下の王国』 2008-No69 (映画館で観ましょ♪)
世界遺産13ヶ所、24ヶ国以上でロケという贅沢な映画。 とにかく美しい。 水に映りこむこの感じ...上も下も透明で澄ん...
「落下の王国」 (或る日の出来事)
落ちる。絶望と悲しみの中で。銃撃を受けて転落する。爆発して粉々に散って落ちる。何もかも剥ぎ取られて恥辱の淵に落ちる。矢を受け地に伏...
The Fall 「落下の王国」 (表参道 high&low)
4年間かけて18カ国で撮影されたおとぎ話がThe Fall(落下の王国)。 世界遺産の前で石岡瑛子のドレスで撮った写真を集めただけの映画でした。地味なロケーションに、奇抜で派手な衣装は目立ちすぎ。 世界遺産のDVD見ている方が落ち着くし、象が泳ぐシーンもアニマル...
【映画】落下の王国 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ポスターがきれいだった ▼感想 なんだかしっくりこなかった ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会...
[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆9月に数館で公開された作品が、段々と公開館を増し、遂に、私の「行きつけの映画館^^;」である<MOVIX昭島>で土曜から公開された。  こりゃ、去年の『パンズ・ラビリンス』以上の傑作ですな。  『トト・ザ・ヒーロー』にも匹敵するスケールの大きさだ。 ...
[もう一つの、映画『落下の王国』評] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ネット上での友人、おってプライベートでも友人のMUTIさんが、私個人に『落下の王国』評を送ってくれたので、ここに転載する。  ちなみに、私は、[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)](クリック!)として書き残しているので、併せて読んで欲しい。    ...
「落下の王国/The Fall」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
圧倒される映像美と構図でした。こういうところがこの地球上にあるということにも感動。
ザ・フォール/落下の王国 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE FALL公開:2008/09/06製作国・年度:インド/イギリス/アメリカ、2006年上映時間:118分レンタル開始日:監督:ターセム出演: リー・ペイス             ロイ・ウォーカー/黒山賊 カティンカ・ウンタルー       アレクサンドリア ジ...
【映画】落下の王国-The Fall…なんか良い映画だったので何時になく真面目な記事に。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/} さて、ゴールデン・ウィークも残りは明日1日{/ase/} 本当にどこにもレジャーに出かけなかった我が家。娘は不満そうです{/face_ase2/} 明日もどこにも行く予定は無いんだけどね{/face_nika/}…来週か再来週にはちょびっと遠出でもしましょう...
映画評「落下の王国」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年インド=イギリス=アメリカ映画 監督ターセム・シン ネタバレあり
【落下の王国】落下の国に至る美しいお伽噺の行方 (映画@見取り八段)
落下の王国~THE FALL~ 監督: ターセム・シン    出演: リー・ペイス、カティンカ・アンタルー、ジャスティン・ワデル、     ダニ...