ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『舞妓Haaaan!!! まいこはーーーん』

2007-04-13 23:20:50 | 新作映画
----この水田伸生って監督、知らないニャあ。
せっかく脚本もキャストもオモシロそうなのに、
大丈夫ニャの?
「なに言ってるの。
『花田少年史~幽霊と秘密のトンネル~』の監督だよ。
本来ならこれは語るより前に体験するべき映画。
でも、それじゃ先に進まないから
まずはさわりだけ喋っちゃうかな。
主人公は鬼塚公彦(阿部サダヲ)。
熱狂的な舞妓ファンで
舞妓を応援するサイトまで立ち上げている彼だが、
まだお座敷遊びの経験はない。
そんな鬼塚にあるチャンスがめぐってくる。
それは京都支社への転勤。
事実上の左遷なんてことにはまったくおかまいなし。
お金を借りて、スーツを新調し、
初めてお座敷の暖簾をくぐった彼だったが、
そこに立ちはだかったのが『一見さんお断り』の壁。
しかし意気消沈して戻ってきた鬼塚に、一筋の光が…。
自分の勤める会社の社長・鈴木大海(伊東四朗)が
なんとお茶屋の常連だったのだ。
『仕事で結果を出せば、好きなだけお茶屋に連れて行ってやる…』と
言われた彼はモーレツに働き始める……」

----ぷっ。ニャんニャの?
その“モーレツ”って……。
「いやあ、このモーレツという言葉が彼にはピッタリ。
さらには“C調”(これまた古い)という言葉も進呈したい。
と言うのもこの映画を観ていて僕が思い出したのが
『無責任シリーズ』『日本一の男シリーズ』といった
植木等の出世コメディ。
おそらく脚本の宮藤官太郎は
このあたりを意識しているんじゃないかな。
実際に植木等を出演させているしね」

----へぇ~っ。じゃあこの映画、
主人公は阿部サダヲってこと?
「そうだね。
阿部サダヲにはただ歌わせるだけでなく、
ミュージカル・シーンまで用意している」

----柴咲コウや堤真一の役どころはどうなってるの?
「柴咲コウは鬼塚の恋人の大沢富士子役。
三重県出身なのに京都生まれと偽っていて
彼にフラれてしまう(笑)。
で、彼女は元カレを見返すべく舞妓になろうとするんだ。
堤真一はプロ野球選手でお座敷荒らし・内藤貴一郎。
ついでに鬼塚のサイト荒らしでもある。
堤にライバル心を抱く鬼塚は
社長をおだてて野球球団を買収させ、
自ら選手になってしまう」

----ありえニャい(笑)。
「もう。ここからはクドカン節全開だね。
その後も、内藤の後を追って
俳優になったりボクサーになったり料理人になったり。
あげくは政治家にまでなってしまう!」

----そう言えば『コント55号・俺は忍者の孫の孫』でも
欽ちゃんと二郎さんが政治家同士に分かれて立候補していニャかった?
「よく覚えているね。
それはともかくとして、
この鬼塚の俳優になったときの出演作が
『THE 有頂天時代劇』と言うのだから笑わせるよね。
この明後日の方向へ走り出すのが
クドカンの天才たるゆえんだろうね。
他の人だったら収拾がつかなくなるのが怖くって、
なかなかそこまで踏み切れない。
まあ、それでいて
クライマックスには内藤貴一郎の過去、
鬼塚と富士子と舞妓・駒子の三角関係(?)など、
いくつもの見せ場を持ってきて、
物語に一本芯を通している」

----つまり笑わせっぱなしじゃないってワケだ。
「そういうことだね。
とは言いながらも、
ラストのラストには
また誰もが考えもつかない抱腹絶倒のシーンを用意。
そうそう。堤真一の悪のりとも思える演技も
『MONDAY』以来じゃないかな。
このキャスティングはお見事だったね」

いやあ、不覚だったわ」

    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「これは観てみたいニャあ」ぱっちり

※今度は伊東四朗、白塗りない度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ストレンジャー・コール』 | トップ | 『300 <スリーハンドレッド... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハイテンション (kazupon)
2007-06-17 17:48:02
えいさんこんにちわ。

めちゃくちゃ面白かったです。
宮藤さんが書く阿部サダヲさんのキャラクターの
集大成のような映画でした。
植木さんの無責任シリーズも大好きだったんですけど、タイミングにC調に無責任だった平等みたいな
キャラじゃなくて、実はすっごく努力して成し遂げる人なのに、その過程はおもいっきり省かれているのも
面白いって思ってしまいました^^
■kazuponさん (えい)
2007-06-17 23:25:00
こんばんは。

kazuponさんも植木等を思い出されましたか?
亡くなった昭和の天才に比べて、
こちら阿部サダヲは少しアツ苦しすぎるのが難ですが…。
(その道の第一人者になる努力の過程こそ描いてはいないものの、
むちゃくちゃ頑張っているだろうなというのが伝わってきます)。
涼しい顔の植木等とはひと味違いますが、
平成の喜劇王目指して突っ走って欲しいです。
白四朗 (aq99)
2007-06-21 19:30:34
そう!そう!!
白塗りといえば、伊東四朗!
この映画、伊東四郎と野球選手と日本の伝統文化とツンデレっぽい女優ってことで「しゃべれども しゃべれども」とちょっとかぶりました。
ラストの踊りは、無礼講になってたんで、伊東四朗にも壇上に上がってほしかったな~。


伊東四郎さんも壇上で・・・。(笑) (Ageha)
2007-06-22 18:20:41
そうそう白塗りで
ツンツクツクツクツーン・・って。
♪ニン♪でもいいですが。

植木等さんが出てくるシーンで
三味線でスーダラ節をBGMに入れちゃうあたり
ホ~そこまで徹底しますかと。
・・・遺作になっちゃいましたか?

それはそれで
元祖無責任男としてはアリかもしれないですね。
ご冥福をお祈りいたします・・・。

□aq99さん (えい)
2007-06-23 22:39:00
こんばんは。

ぼくもそう思いました。
どうして伊東四朗を舞台に上げなかったんだろう。
やりすぎと思ったのかな?
□Agehaさん (えい)
2007-06-23 22:46:29
こんばんは。

植木等さんのところで
あの音楽を使ったときはまだ気づかなかったのですが、
全部通して観ると、
あ~あ、そういうことだったのか、という感じでした。
なかなか粋な演出でしたね。
ん?脚本段階からそうなっているのかな?
10カラッとムービー (TATSUYA)
2007-06-24 19:56:58
えいさん、達也です。

この映画、中々言葉では上手く伝えられない
面白さですね。
>三重県出身なのに京都生まれと偽っていて
彼にフラれてしまう(笑)。
それと、舞妓サイトを荒らす内藤とのバトルが
最高ツボにはまりました。
また、植木さんのカメオ的出演と、
伊藤四郎の社長役が、新旧のペーソスを
感じさせてもくれました。
梅雨時にぴったりの、10カラッとムービーでした。
■TATSUYAさん (えい)
2007-06-25 23:46:58
こんばんは。

>舞妓サイトを荒らす内藤とのバトル

これは、この21世紀初頭の記録としても
評価されていいと思います。
後世、この映画を観たときに、
「あ~あ。あの頃あんなことがあったな…」なんて。

このコンビニは
この調子で『平成の●●男』を作り続けてほしいです。
監督 (mariyon)
2007-07-11 07:58:01
花田の監督だったんですね~。
なんとなく納得してしまいました。あれも面白かった、脱線すれすれのハイテンション。

伊藤四郎の白塗りは確かに、いつなるんだろうって思っていましたが、最後までなくて、かえってほっとしました。はまりすぎですもの(笑)
■mariyonさん (えい)
2007-07-11 23:45:32
こんばんは。

こういう職業監督の出現は大歓迎。

伊東四朗の白塗り、みんな頭をかすめたんですね。
一本の映画で、同じことを連想する。
そしてそれをお互いに確認しあえる。
ネットの醍醐味といったら、言いすぎかな。
TB有難うございました。 (Hiro)
2008-08-31 04:24:01
水田伸生監督は年末公開の監督第三作のパニック大作
『252 生存者あり』でその実力が問われるのではないかと
思います。
■Hiroさん (えい)
2008-08-31 12:48:27
こんにちは。

こちらこそありがとうございました。
あの台風の映画の監督でしたか?
確か冬にはインフルエンザの猛威を描いた作品もきますね。
ちょっとしたパニック映画ブームになりそうですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
感想/舞妓Haaaan!!!(試写) (APRIL FOOLS)
阿部サダヲ、縦横無尽蔵!笑 『舞妓Haaaan!!!』6月16日公開。修学旅行で舞妓に一目惚れして以来の舞妓ヲタリーマン、鬼塚。念願かなって京都支社に転勤し、舞妓遊びを夢見るが、一見さんお断りの厚い壁に阻まれて…。どうなる鬼塚!? [映画]舞妓Haaaan!!!の公式サイトど...
これが遺作? 【舞妓Haaaan!!!】 (犬も歩けばBohにあたる!)
劇場で予告を見たときからずっと気になってました。 阿部サダヲが主演? 柴咲コウが
舞妓 Haaaan!!! (そーれりぽーと)
阿部サダヲ主演、宮藤官九郎脚本の、面白そうな香りがプンプンするハイテンションおバカコメディー『舞妓 Haaaan!!!』を楽しみにして観てきました。 ★★★★★ おバカコメディーの枠で観るなら、★4.5個も当たり前な面白さ。 真面目に観るとキツそうだけど。 勝手知っ...
舞妓 Haaaan!!! (八ちゃんの日常空間)
待望のフリーパスゲット。タダ観1本目は、楽しみにしていた「舞妓 Haaaan!!!」 やりすぎの感がする、ドタバタ・おバカ・エンタメムービーです。素直に笑い、楽しみました。面白かったです。
舞妓Haaaan!!! (It's a Wonderful Life)
面白かった!ひたすら笑ってました。 テンポとバカと楽しさと笑い!それがだけに映画なんで 細かい事考えずに楽しんでしまいましょう。 もう、すごくふっきれた娯楽映画。 宮藤官九郎作品の中で、阿部サダヲの役はひときわ ハイテンションキャラで設定されている...
舞妓Haaaan!!! (Kinetic Vision)
サイレント映画の時代には様々な喜劇役者たちがコミカルな動きで観客を笑わせていた。この映画にはカリスマ芸人の日本外交に対する政治的諷刺もカリスマ映画監督の自己諷刺もないが、2時間ずっと駆け回り続ける阿部サダヲが
「舞妓 Haaaan!!!」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
渋東シネタワーにて本日公開した「舞妓 Haaaan!!!」を観てきました。 様々なしきたりがある舞妓を舞台にクドカンこと宮藤官九郎が オリジナル脚本を手がけた超ハイテンション・コメディー映画。 阿部サダヲ演じる公彦は舞妓と野球拳をするという 夢をかなえるため人生の...
舞妓 Haaaan!!! (ちわわぱらだいす)
面白すぎ!!! 阿部サダヲが本当は気持ち悪くて(すみません)あんまり~ 気はすすまなかったんだけど。。。 いやあ~ 面白かったです!!! 絶対オススメ!!! 大笑いしちゃいます。 まじ 𕿁いつもありがとうございます。。。           ...
『舞妓Haaan!!!』 (Sweet* Days**)
監督:水田伸生 脚本:宮藤官九郎  CAST:阿部サダヲ、柴崎コウ、堤真一 他 STORY:京都でお茶屋遊びをする事が夢の舞妓オタクの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願叶って勤め先の京都支社へ転勤となる。しかし、「一見さんお
舞妓Haaaan!!! / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
というわけで観ました超ハイテンションmovie☆ 『舞妓Haaaan!!!』です☆STORY:中学の修学旅行で京都を訪れた鬼塚公彦(キミちゃん)は迷子になったところを舞妓に助けられそれ以来、舞妓しか愛せない、男になってしまう。そんな中、勤めている食品会社の京都支社への移...
理想を愛した男、現実を愛した女。『舞妓 Haaaan!!!』 (水曜日のシネマ日記)
舞妓しか愛せない男性が京都で巻き起こすコメディ映画です。
【2007-85】舞妓Haaaan!!!(まいこはーーーーん) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 男の究極の夢。それは・・・ 舞妓 と 野球拳 京都は日本の宝どす。
舞妓 Haaaan!!!(日本) (映画でココロの筋トレ)
すっごく評判いいんだもん。 ということで「舞妓 Haaaan!!!」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、京野ことみ 上映時間:120分  お茶屋遊び未経験だけど熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)...
「舞妓 Haaaan!!!」 先輩・後輩 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
阿部サダヲ主演映画。 本人も「オレが主演でいいの?」って言ってたくらいなんやけど、まぁ嫌いな俳優ではないし、クドカンやから楽しみでしたわ。 でも、あのテンションの演技で映画がずっと続くのはちょっとしんどかった。 『ライアーゲーム』の鈴木浩介演じるフクナガ...
舞妓Haaaan!!! (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
どこまでハイテンション!?こんなヤツ初めてみた!ウザい奴だけど、すごぉぉぉぉ~いっ!!!                               評価:★9点(満点10点) 2007年...
「舞妓 Haaaan!!!」 (俺の明日はどっちだ)
ひとことで言ってしまえば、良くも悪くも勢いだけで一気に駆け巡るハイテンション・シチュエーションコメディー。 例えばHPの掲示板を使って(爆)(殺)(悦)を飛び交わせながらキャラクター&花街紹介となっているシーンなど、導入部として上手い演出だと思ったし、...
舞妓Haaaan!!! (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
結構、面白かったです。 東京にある食品会社で働く平凡なサラリーマン、鬼塚公彦は、修学旅行で京都を訪れて以来、熱烈な舞妓ファンで、「お座敷で、舞妓と野球拳をする」ことを夢見ていました。そんな公彦が、ある日、舞妓のいる街、京都の支社に転勤(左遷)すること...
人生そないにうまくいくんかえ?~「舞妓Haaaan」~ (ペパーミントの魔術師)
ギャハハハハハハハ~~~~♪ 鬼塚公彦VS内藤貴一郎の んなアホな転職バトル映画です。(そんな宣伝でええのん?) もとい。 恋人同士がモトサヤに納まる・・みたいやでって話と あのひととあのひとが あんな関係やったんや~という話です。(どんなんやねん?) 失礼しま...
舞妓Haaaan!!! (Schicksal)
クドカンの(とどうしても書いてしまう)舞妓Haaaan!!!を見てきた。 鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、鈴屋食品のサラリーマン(!?)で熱狂的舞妓ファン。念願の京都支社への転勤で、念
『舞妓 Haaaan!!! 』どすぇ。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
ぎょうさん、笑うておくれやすぅ。  レビュー未のドキュメンタリー『ブリッジ』を観て何だかとってもヘヴィな気分だったこともあり、ここはチョット腹の底から笑える映画を、ということで観てきたのが『舞妓 Haaaa
舞妓Haaaan ! ! ! (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
監督=水田伸生。脚本=宮藤官九郎。音楽=岩代太郎。舞妓オタクが如何にして一見さんお断りのお茶屋でデビューを果たすのか?☆☆☆☆
舞妓 Haaaan!!!(まいこはーーーん) ~ なり振り構わない一途なハイテンション ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ なり振り構わない一途なハイテンション ~ 平凡なサラリーマン・鬼塚が、「京都・祇園の舞妓と野球拳をしたい」という夢を追い求めるハイテンション・コメディー映画。昔、矢口史靖監督の『ひみつの花園』で西田尚美が演じた“三度のメシより金が好きなOL”に近いノ...
【映画】舞妓Haaaan!!! (まぁ、お茶でも)
舞妓しか愛せないサラリーマン・鬼塚公彦に阿部サダヲ 舞妓とのお座敷遊びの常連客でプロ野球・内藤貴一郎を演じるのが堤真一
★「舞妓 Haaaan!!!」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A110/S57)←今年通算110本目の鑑賞。 今週公開作は、週刊誌で★印が多かった「ゾディアック」も注目だけど・・・ 予告編見て、こりゃ面白そーーーーっ・・・て感じてたので、この作品を最初に。 この作品が初主演作の阿部サダヲとか・・・ 脚本が、宮藤官九...
舞妓Haaaan!!! <多々、ネタバレ有り> (HAPPYMANIA)
~~ 京都は日本の宝どす。~~数ヶ月前から 公開を楽しみに待ちまくった作品で、その期待に100%応えてくれた映画どすぅとにかく、面白いっ 初めから最後まで大笑いしまくったが、面白いだけではなく、泣かせる所もちゃんとあってジーンとしたり、感動したり、そん...
笑った、笑った「舞妓 Haaaan!!!」 (茅kaya日記)
洋画大好き!!でも、邦画が元気で面白いです。 今年も邦画観ています。「舞妓 Haaaan!!!」観てきました。 この、ノリ、阿保さかげん、たまったストレス一気に発散。 邦画のストレートさっていいですね。 冒頭、柴崎コウが、アベサダ君に 「かっこいい~~」って...
【劇場映画】 舞妓 Haaaan!!! (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 鬼塚公彦は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦に転機が訪れる。念願の京都支社に転勤が決まったのだ!死に物狂いで仕事して、最高峰の壁「一...
舞妓Haaaan!!!工藤官九郎が舞妓の世界を描く。 (銅版画制作の日々)
鬼塚公彦の夢は舞妓はんとの野球拳   7月9日、東宝公楽にて鑑賞。熱烈な舞妓ファン鬼塚公彦を阿部サダヲが演じる。脚本は工藤官九郎、今回は「一見さん、お断り」という神秘のベールに包まれた《舞妓の世界》を描く   主演は3人の超豪華メンバーだ &nbs...
「舞妓Haaaan!!!」 お・ま・え ハイテンションボーイ (はらやんの映画徒然草)
全編、主演の阿部サダヲさんのテンション高くって楽しめます。 クドいの通り越して、
舞子Haaaan!!! 07164 (猫姫じゃ)
舞子Haaaan!!! 2007年   水田伸生 監督  宮藤官九郎 脚本阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 京野ことみ 酒井若菜 キムラ緑子 生瀬勝久 大倉孝二 山田孝之 須賀健太 北村一輝 Mr.オクレ 真矢みき 吉行和子 伊東四朗 植木等 ほらね、やっぱ...
舞妓Haaaan!!! (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『京都は日本の宝どす。』  コチラの「舞妓Haaaan!!!」は、6/16公開になった人気脚本家の宮藤官九郎が"舞妓"の独特な世界を描いたオリジナル脚本によるスピーディでハイテンションなコメディなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪先週「パイレーツ・オブ・カリビア...
舞妓Haaaan!!! (お気楽に映画で極楽)
舞妓Haaaan!!!(2007/12/12)阿部サダヲ、堤真一 他商品詳細を見る あんさんのラーメン、全部のせで!! 阿部サダヲすごいの一言。テンション高すぎ、...
『舞妓Haaaan!!!』 (『映画な日々』 cinema-days)
舞妓Haaaan!!! 舞妓オタクのインスタント食品会社の社員が 念願叶って京都支社に転勤となる... 個人評価 ★★ (自宅鑑賞)
舞妓Haaaan!!! (Blossom Blog)
舞妓Haaaan!!! 監督 水田伸生 出演 阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ     小出早織 京野ことみ 酒井若菜     伊東四朗 吉行和子...
『舞妓Haaaan!!!』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじお茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓ファンの鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、念願の京都支社への転勤が決まる。恋人の富士子(柴咲コウ)を捨てて京都入りした彼は、お茶屋へ直行するも、「一見さんお断り」の壁にぶつかってしまう。しかし、会社の社長がお茶...
舞妓Haaaan!!! (Yuhiの読書日記+α)
宮藤官九郎脚本の、舞妓と野球拳をするという夢をかなえるため、人生のすべてをかける男の姿をハイテンションに描いた作品。監督は水田伸生、キャストは阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、小出早織、伊東四朗他。 <あらすじ> お茶屋で遊んだことはなくとも、熱狂的な舞妓...
「舞妓 Haaaan!!!」 おバカになって愉快になろう (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「舞妓 Haaaan!!!」  おバカになって京都を楽しもう。     【原題】 【公開年】2007年  【制作国】日本  【時間】120分  【...
映画 舞妓Haaaan!!! (VAIOちゃんのよもやまブログ)
これもBSアンテナ設置直後にWOWOWで放送されていた映画なんですが、公開当時気になっていながらも観る機会がなかった「舞妓Haaaan!!!」。X95で録画してPSPに転送して鑑賞しました。あらす ...