ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『グッドナイト&グッドラック』

2006-02-14 21:48:26 | 新作映画
----この映画アカデミー賞6部門ノミネートニャんだって?
えっ、監督がジョージ・クルーニー。本当?
「うん。共同脚本に出演も兼ねている。
で、製作総指揮が今や彼の盟友スティーブン・ソダーバーグ」

----いつの時代のお話なの?
「1950年代のアメリカ。
そこではマッカーシー上院議員による“赤狩り”旋風が吹き荒れていたんだ。
この後遺症は今でも残っていて
エリア・カザン監督はアカデミー名誉賞を授与されながら、
授賞式での反応は賛否に分かれてしまった。
当時、彼が赤狩りに協力的だったというのがその理由だ。
あの時代、根拠の有無にかかわらず嫌疑がかけられた者は、
共産党やその新派でないことを示すために
他の誰かを告発することを強いられ、
拒否すると職や地位を追われたんだ」

----先進国アメリカとは思えない話だね。
「この赤狩りは映画界にも及び、
映画でも描かれたことあるから
前から知っていたけど、
それがどうやって終結したかまではぼくも知らなかった。
ここでは国民的ニュースキャスター、エド・マローと
若き記者たちがその言葉を武器に、
マッカーシー議員と戦う姿が描かれる。
当時、上院議員への批判は、
世論の糾弾の的になるだけではなく
反逆罪にも問われない行為だったと言う。
それだけにこれは相当に勇気のいった行為。
映画は、彼らの戦いと同時に、
議員側からの圧力、
さらには最初は『今夜も明日も私は君の味方だ』と言っていた
経営のトップが社を取り巻く状況の変化に応じて
圧力を加えていくさまがシャープなモノクロ映像で描かれる」

----へぇ~っ、カラーじゃニャいんだ。
「うん。まるで50年代の映画を観ているみたい。
キャメラはもちろんだけど、
当時の雰囲気をディテールまで再現した美術やコスチューム、
そしてそれを完璧に着こなした俳優の力も大きい」

----ふむふむ。総合点も高いってワケね。
アカデミー賞の可能性はありそう?
「ノミネートされた映画全部を観たわけじゃないから
なんとも言えないけど、
エド・マローを演じる主演のデヴィッド・ストラーザンは
アカデミー賞が好む演技だろうね。
昨年の『Ray/レイ』もそうだけど、
実在の人物に限りなく近く演じた場合は、
オスカーにも限りなく近くなる」

----ニャるほどね。
しかし最近は社会派映画が多いね。
「それだけ社会が病んでいるということ。
映画人たちは危機感を持っているってわけだ。
この映画だって、
社会の風潮が一色に染まりやすい
日本にとっては他人事じゃないと思う。
映画は、そのためにジャーナリストはどうあるべきかを問うている。
小さな規模での公開だけど、
『ホテル・ルワンダ』みたいな広がりを見せてほしいな」


          (byえいwithフォーン)

マジェスティック 特別版(期間限定) DHP-22119マジェスティック 特別版(期間限定) DHP-22119
※こちらはマッカーシズムを寓話的に。
フランク・ダラボン(『ショーシャンクの空に』)監督作品。主演ジム・キャリー。

※勇気を持って声を出そう度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


※画像はアメリカ・オフィシャルサイトの壁紙です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『映画 ドラえもん・のび太... | トップ | 『プロデューサーズ』 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えいさん、こんにちわ。 (隣の評論家)
2006-05-02 01:40:36
観て参りました。本日は1日「サービス・デイ」という事もあり、満員御礼状態でしたよ。

>経営のトップが社を取り巻く状況の変化に応じて

圧力を加えていくさまがシャープなモノクロ映像で描かれる

ああ!この辺も記事にしようと鑑賞中は思っていたのに、すっかり忘れてました。企業という戦場、そこで言葉を武器に闘うエド・マローは素敵だったなぁ。

>社会の風潮が一色に染まりやすい日本にとっては他人事じゃないと思う。

コレまた、さすがですね。5月半ばからは、TOHOシネマで拡大するみたいですね。話題性は十分なのでしょうけど、口コミでジワジワと評判が広がるといいですね。
■隣の評論家さん (えい)
2006-05-03 01:22:17
こんばんは。



そんなに人が入っていたんですか?



ぼくはデヴィッド・ストラーザンを

アカデミー主演男優賞の大穴的存在と見ていたのですが、

大穴は大穴のままでしたね。
こんばんは。 (kaz-net poteto)
2006-05-05 01:06:35
TB、コメントありがとうございます。



私も他のノミネート作品を観てないのですが、アカデミー主演男優賞はストラーザンだと根拠もないですが確信していました。

実際のマロー本人を知りませんが、ストラーザンの「マロー」には凄みがありましたし、存在や言葉にカリスマ性がありましたね。
■kaz-net potetoさん (えい)
2006-05-05 11:45:33
こんにちは。



そうですよね。

アカデミー会員は実在の人物が好きなので、

今回はこの人だろうと……。

いやあ、見事に外れてしまいました。



でも賞はもらえなくても、

あの演技はまるでエド・マロー本人が乗り移ったかのよう。

モデルとなった本人は知らないのに、

そこまで思わせる独特の個性を持っていました。

こんばんわ☆ (orange)
2006-05-07 16:24:04
本当に「ホテルルワンダ」みたいに拡がって欲しいタイプの作品ですね。

ジャーナリズムの在り方や、現代社会にも通ずるものを感じました。僕の中で長く息づきそうな作品でした。

TBさせて頂きますね♪
■orangeさん (えい)
2006-05-07 22:35:31
こんばんは。



ジャーナリズムをこういう形で描けるというのは、

ある意味うらやましいです。

さすが、自由の国アメリカってところでしょうか。

懐が広い感じがします。

みてきました (カオリ)
2006-05-13 12:36:13
言葉を武器にするというのは、こういうことなのだと思いました。エドはその象徴ですね。本当に、ホテルルワンダのような広がりを持ってほしいです。クルーニーの問題意識を持った姿勢にも拍手!
■カオリさん (えい)
2006-05-13 21:50:46
こんばんは。



ジョージ・クルーニーが監督したと聞かされなかったら、

だれもそうは思わなかったかも。

クラシックな名画を観ているような……

格調の高い映画でした。
こんにちわ。 (minori)
2006-05-19 09:22:53
えいさん、こんにちわ。

モノクロに踊らされただけなのかもしれませんが

当時の雰囲気の中にいるような映画でしたね。

Jazzもまたすばらしく。

ひしひしと恐怖を感じることができる

映画でしたー。

TBさせていただきますね♪
■minoriさん (えい)
2006-05-20 11:24:53
こんにちは。



そうですね。当時の雰囲気がよく出ていて、

まるで50~60年代のアメリカ映画を観ているような気分でした。

これには美術的な部分に加え、

俳優のなりきり度も貢献している気がします。
ジョージ・クルーニー (trichoptera)
2006-06-04 18:26:19
の意欲は目を見張りますね。



白黒なので字幕が読みづらかったですが、雰囲気はシブくてとっても気に入りました。



TBさせていただきました。
■trichopteraさん (えい)
2006-06-04 22:38:46
こんばんは。



クルーニーは骨太ですね。

でもそれだけでなく

映画としての見せ方を知っている。

根っからの映画人なんでしょうね。
自由を守るために (宮崎)
2006-06-15 23:20:06
こんばんは。



「自由の国」アメリカ。

その自由を守るのは大変だったんだなー、と思わせる映画でした。



公職を追われた人の不遇さが描かれていると更にヨカッタと思います。
■宮崎さん (えい)
2006-06-16 22:26:47
おひさしぶりです。



こういう時って、そう言うものかなとも思うのですが、

偶然にも

2~3日前に、銀座を歩きながら

「ビッグイシュー」のことを考えてました。

最近、あまりお見かけしなくなりました。

活動されている地域が変わったのでしょうか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

48 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Lignpontoの映画鑑賞記「ホテル・ルワンダ」 (Hodiauxa Lignponto)
みなさん、こんにちは。 今日は、渋谷に映画を観に行って来ました。 映画のタイトルは、「ホテル・ルワンダ」。 話の筋は、1994年にアフリカのルワンダで起こった大量虐殺の時にある高級ホテルの支配人が、家族だけでなくホテルに避難してきた人々、1268人を助け
「グッドナイト・アンド・グッドラック」Good Night, and Good Luck(レヴュー) (「USAのんびり亭」映画情報)
アメリカの政治、社会、そしてメディアの暗黒の歴史である「赤狩り」の時代(1950
■グッドナイト・アンド・グッドラック (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■GOOD NIGHT,AND GOOD LUCK グッドナイト&グッドラック ●デヴィッド・ストラザーンが素晴らしい!なんとフォトジェニックであろうか。様々な映画の物語の脇にいて、いつもインテリジェンス溢れる笑みを押さえ気味に演じ続けてきた男の大舞台が、ここに用意されていたわ
「GoodnightandGoodLuck」 (ColobaMilkBar)
第62回ベネチア国際映画祭が閉幕しました。普段、あまり関心がない映画祭なのですが(スイマセン)今年はジョージ・クルーニー監督作品の「GoodnightandGoodLuck」が出品されていたので注目していました。(ミーハーでスイマセン)批評家さんの間では金獅子賞最有力(!...
『Good Night,and Good Luck.』 (моя комната (私の部屋))
初めてメガホンを取った『コンフェッション』が高い評価を得たジョージ・クルー二ーの監督第二作で、アカデミー賞の有力候補に挙げられている話題作。ジャーナリストを父に持つクルー二ーのパーソナルな思いが込められていると同時に、今また繰り返されようとしている”歴...
Good night, and good luck (B\'ham report (by Duke))
George Clooneyの監督作品である「Good night, and good luck」を見てくる。 調べるところによると、この作品は「Confessions Of Dangerous Mind」に続く George Clooneyの2作目であるという事だ。 2作とも戦後すぐのTVに関連する作品であることから、 ジャーナリストの父
Good Night, And Good Luck (Butterfly Stroke)
世間は仕事の月曜日、ブルーマンデーに自分だけ休みってのは堪えられませんなぁ。 というわけで、久々にのんびりと劇場に出かけたパピであります。 ま、映画ブログの看板を上げてる(?)使命感も多少ありまして。 観た作品はジョージ・クルーニーが監督の「Good Night, A
「グッドナイト&グッドラック」 (kaz-netブログ)
29日からTOHOシネマズ六本木ヒルズにて独占先行ロードショーが始まりました。
グッドナイト&グッドラック (映画通の部屋)
「グッドナイト&グッドラック」Good Night, and Good Luck
23 グッドナイト & グッドラック (毎週水曜日にMOVIE!)
このブログをはじめてから、初めていく映画の日。ぜんぜんいけなかったんだよねー。それを利用していってまいりました。ジョージ・クルーニー監督「グッドナイト&グッドラック」 ジャジーな雰囲気で始まり、全編モノクロ。50年代のアメリカの雰囲気を、とても ...
『グッドナイト&グッドラック』を観た (TV視聴室)
ジョージの兄貴の作品が2本。演技者としての『シリアナ』を観るか?監督&脚本家としての『グッドナイト&グッドラック』を観るか? それが問題だ…。
おすぎ・SMAP 稲垣吾郎絶賛!「グットナイト&グットラック」モノクロが魅力的 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「シリアナ」で第78回アカデミー賞 助演男優賞を獲得した ジョージ・クルーニー監督作品 「グットナイト&グットラック」がまもなく公開されます。 1950年前半に 国民的ニュースキャスターと言われた <エド・マロー>の真実の物語です。 映像は、時代背景 ...
グッドナイト&グッドラック (映画-CAN)
こういう映画を待っていた…… ファンタジー全盛の映画界で久々に光を放った本格的社会派ドラマ。 チャップリン亡命など映画界にも激震が走り、アメリカが「恥ずべき時代」と 位置付ける時代に「言葉」を武器に立ち上がった男の闘いを描いた真実の物語だ。 19 ...
グッドナイト&グッドラック/Good Night, and Good Luck. (我想一個人映画美的女人blog)
50年代のアメリカで、ニュースキャスターの鑑と讃えられた伝説の男、 エド・マローとマッカーシーの伝説的な闘争 テレビ {/v/} 政治を描いた、ジョージ・クルーニー監督としての第2作目。 製作には、またもスティーヴン・ソダーバーグ監督が参加。 先日のアカデ ...
真のジャーナリズムとは 「グッドナイト&グッドラック」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_suki/} グッドナイト&グッドラック ジョージ・クルーニー監督作品。 すごい社会派の作品ですね。 戦後赤狩りと言われる共産党を弾圧する活動に対して、異を唱えたニュースキャスター、エド・マローの話。 エド・マローを演じるデヴィッド ...
『グッドナイト&グッドラック』★★☆・・ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『グッドナイト&グッドラック』公式サイト制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン 上映時間;93分 配給;東北新社 監督;ジョージ・クルーニー出演;ジョージ・クルーニー/デヴィッド・ストラザーン/ロバート・ダウニー・jr観賞劇場:5/4(金)ヴァージンシ ...
報道の真意を問う【グッドナイト&グッドラック】 (犬も歩けばBohにあたる!)
こんなにもいぶし銀がそろった映画を観たのは久々! ジョージ・クルーニー監督・出
現代の日本社会にも通じる問題。『グッドナイト&グッドラック』 (水曜日のシネマ日記)
1950年代のアメリカを舞台に、 人気TV番組のキャスターであったエドワード・マローと、 「赤狩り」を主導したマッカーシー上院議員との闘争を描いた作品です。
グッドナイト&グッドラック (とにかく、映画好きなもので。)
 放送の良心とは何なのか?人の生きる権利とは何なのか?  子供の頃から放送局という所は巨大なテーマパークだと思っていた。  実は、僕の父を始めとして・・・親戚にテレビ関係者の多い家庭に生まれた僕にとってテレビというものは、 ...
映画:グッドナイト&グッドラック (駒吉の日記)
「グッドナイト、そしてグッドラック」 モノクロの映像効果もあいまってかなんだかドキュメンタリーを観ているような気分になってました。 耳障りのいい楽しく面白いことだけを放送すればいいのか、その影響力を自覚していて真実を伝え筋を通そうとした人々の ...
グッドナイト&グッドラック(05・米) (no movie no life)
またもや行ってきました、歴史講座・資料&ワンドリンクつき・プレミアムナイト1000円。今回は、「ホテル・ルワンダ 」のときよりも講座が1時間と長めだったので、すごく良く理解できました! 私も高校時代に世界史はやってたんですが、やはり改めて聞くと違い ...
グッドナイト&グッドラック (Pocket Warmer)
邦題:グッドナイト&グッドラック 原題:Good Night, and Good
「グッドナイト&グッドラック」   \"Good Night, and Good Luck.\" (MIWOのレタスなLOGBOOK)
クレジットロールが果てたとき、思わず拍手したくなった。
グッドナイト&グッドラック (It\'s a Wonderful Life)
テレビがまだ黎明期だった時代、情報を発する側だからこそ 権力者の不正な行いを、視聴者に真実と公平さを持って放送した 伝説のキャスターエド・マローとそのスタッフ達の物語。 ジョージ・クルーニーの監督第二作は、モノクロームの映像が 50年代をス ...
『グッドナイト&グットラック』遠い日の東と西。 (キマグレなヒトリゴト)
心地いいJAZZとハラハラする舞台の裏側。 『Good Night, and Good Luck』という台詞のバッググラウンドには こういうお話があったのか。 グッドナイト&グッドラック ぽちっとプリーズ。
シネマ日記 グッドナイト&グッドラック (skywave blog)
モノクロの画面、スタンダードナンバーのジャズボーカル。50年代を見事にかもし出し、まるで当時製作された、ドキュメンタリー映画を観ている錯覚に陥るでしょう。 50年代ア
グッドナイト&グッドラック (かなり週刊:にっき)
「グッドナイト&グッドラック」見てきました。 今時、全編モノクロと言う映画ですが
グッドナイト&グッドラック (Kinetic Vision)
全く違う二つの「声」が対決する。マッカーシー上院議員とエド・マロー。番組の合間に流れるジャズを除けば、二人がそれぞれ自分の主張を語っているとき、場面を盛り上げるような余計
グッドナイト&グッドラック (映画をささえに生きる)
全編モノクロ映画です。白黒映像に漂うタバコの煙の白さが美しい。しかし吸いすぎにはご注意を。エド・マローは呼吸器系のガンになりました。それに狭いスタジオで吸ってると副流煙で周囲に迷惑が掛かります・・・あ、登場人物全員吸いまくりだから別にいいのか。
グッドナイト アンド グッドラック ([踊]Dance!Dance!Dance!)
毎月17日が伏見ミリオン座の日ということでリーズナブルな料金で見られる日というのをこないだ知ったので行って来た。最終回ということであまり人が入ってなかった。人気俳優ジョージ・クルーニーが監督、スティーブン・ソダーバーグ、ジョージ・クルーニーが設 ...
グッドナイトアンドグッドラック (シネマ日記)
GOOD NIGHT AND GOOD LUCK.とはジョージクルーニーがデートした女性にいつも言う言葉…というのは、今年のアカデミー賞の司会者ジョンスチュワートが飛ばしたジョーク。ジョークを解説するほど野暮なこたぁないんだけど、英語のジョークなので一応解説を入れますと ...
グッド・ナイト&グッド・ラック (eclipse的な独り言)
 ジョージ・クルーニーの監督作品です。白黒です。短いです。よってモーニング・シ
『グッドナイト&グッドラック』 (flicks review blog II)
 1950年代のアメリカ。「赤狩り」で知られるマッカーシズムが吹き荒れ、誰もが告発の恐怖におびえていた中で、自ら報道番組の中で臆することなくマッカーシーを批判し、世間の沈黙に
■〔映画雑談Vol.20〕今年鑑賞したシリアス・タッチの映画たち (太陽がくれた季節)
―含、『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー)鑑賞プチ・メモ&more... ●5月24日(水) こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。 ここ東京では、今日(5/24)夕方18時ほどから雷を伴なった大雨に。 矢張り、六月の梅雨時とは違 ...
これもまたハリウッド映画、「グッドナイト&グッドラック」 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 映画の本質とは関係ないが、1950年代のテレビキャスターは堂々とタバコをふかしながら、カメラに向かってしゃべっていたんだ、とちょっぴりびっくりした「グッドナイト&グッドラック」(ジョージ・クルーニー監督)。今では考えられないほど、放送局は紫煙 ...
マッカーシズムとは「グッドナイト&グッドラック」 (再出発日記)
監督:ジョージ・クルーニー出演:ジョージ・クルーニー、デヴィッド・ストラザーン、ロバート・ダウニー・jr、パトリシア・クラークソン、ジェフ・ダニエルズ50年代、一度吹き始めた「反共主義」「赤狩り」という名前の恐怖は、アメリカ社会を「萎縮社会」に ...
グッドナイト&グッドラック (泥海ニ爆ゼル)
「グッドナイト&グッドラック」(2005) ジョージ・クルーニー監督の「コンフェッション」に続く第2作。半世紀前のアメリカの伝説的ニュースキャスターとその番組スタッフを描いた社会派作品。アカデミー賞主要6部門ノミネート、第62回ヴェネチア国際映画祭3部門 ...
「グッドナイト&グッドラック」 (2005) (とりあえず生態学)
story “放送の良心”としてアメリカ国民に愛された、エド・マローの生き様を描いた本格社会派ドラマ。“マッカーシー”批判と呼ばれる歴史的事件を背景に、時の権力者に立ち向かった男たちの真実の物語。エド・マロー役には『L.A.コンフィデンシャル』のデヴィッ ...
グッドナイト&グッドラック (シャーロットの涙)
テレビの情報や宣伝というものがどれだけ虚構なものか私達は知ってるだろうか。 まずテレビというものは自分が受身に徹してしまう、ある意味洗脳の賜物。 例えば、健康番組で取り上げた商品が翌日に売り切れるといった、宣伝効果は抜群の箱。 目の前に流れてきた ...
グッドナイト&グッドラック (メルブロ)
グッドナイト&グッドラック 上映時間 1時間33分 監督 ジョージ・クルーニー 出演 デヴィッド・ストラザーン ジョージ・クルーニー ロバート・ダウニー・Jr パトリシア・クラークソン 評価 5点(10点満点)  日比谷シャンテシネで観賞。相変わらず ...
■47号 ジョージ・クルーニー インタビュー (ビッグイシュー応援団(第三期))
映画「グッドナイト&グッドラック」の制作したクルーニー。 アメリカを守るためにはアメリカ的なモノを犠牲にするしかないのか? 魔女狩りについての団長の解説も。
グッドナイト&グッドラック (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
自由と平等の国、アメリカ。そのアメリカの自由が、どうもこのところ怪しい...。9.11以来、テロへの恐れからくる疑心暗鬼に支配されてしまったような雰囲気さえ漂い、「自由の国」の意外な脆さが浮き彫りにされています。 本作は、時代を第二次大戦後の冷戦 ...
グッドナイト&グッドラック (CinemA*s Cafe)
http://www.goodnight-movie.jp/ 愛するジョージクルーニーがアカデミー監督賞にまでノミネートされたこの映画。 いざ、映画が始まると「あぁ・・ジョージがカメラ越しにあれやこれやと指示しながら撮影したの
Good Night, and Good Luck (Naktak)
 民主国家のアメリカでは言論の自由また表現の自由が確立されていて 民衆も全てを
グッドナイト&グッドラック (Good Night, and Good Luck.) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョージ・クルーニー 主演 デヴィッド・ストラザーン 2005年 アメリカ映画 93分 ドラマ 採点★★★★ 映画ばっか観ている私ですが、それで別に賢くなるわけでも殺人鬼になるわけでもありません。ただ一つだけ身をもって感じるのが、映像の持つ強大な影響力と、その...
グッドナイト&グッドラック (cinema note+)
グッドナイト&グッドラック 通常版Good Night, and Good Luck2005年渋かった~。
『グッドナイト&グッドラック』 (Sweet* Days)
グッドナイト&グッドラック 通常版 監督・脚本:ジョージ・クルーニー CAST:デヴィッド・ストラザーン、ジョージ・クルーニー 他 ヴェネチア国際映画祭主演男優賞、脚本賞 他受賞STORY:1950年代、米ソ冷戦下のアメリカ。マッカーシー上院議員により共産...
映画評:グッドナイト&グッドラック (映画と写真のブログ)
1950年2月。 マッカーシー上院議員が「国務省職員に205人の共産主義者が勤務している」と告発。 これを切っ掛けに、アメリカ全土に赤狩りの嵐が吹き荒れる。 誰もが自身の投獄を恐れ、家族や親しい隣人に疑いを向けた時代。 マスコミすら、政治的圧力と恐怖心...