ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

『マイティ・ソー』

2011-05-27 23:12:15 | 新作映画
(原題:Thor)



----これもマーベル・コミック。
あまり、というか全然聞いたことないけど…。
「ぼくも。
でも、日本から浅野忠信も出ているというし、
いったい、どんなお話だろうって興味津々。
ところが、いきなりビックリ。
冒頭こそ現代のニューメキシコだけど、
そのほとんどは、遠い宇宙。
それも北欧神話的世界」

----へぇ〜っ。それじゃあ、
この後に続くと言われている『アベンジャーズ』
ちょっと絡みにくそうだニャあ。
「うん。でも、まあ
強引に持っていってたから、
いつもと同じくエンドクレジットの後まで、
席を立たないように…。
さて、この物語だけど、
その昔、
氷の王国<ヨトゥンヘイム>に住む巨人たちの侵略から
地球を救った<アスガルド>の王位継承が軸となって進んでいく。
この<アスガルド>を治める王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は血気盛ん。
長らく休戦協定が続いていた<ヨトゥンヘイム>へ殴り込みをかける」

----それって、無謀すぎ。
「うん。でも一応、ここにも理由があって、
ソーが戴冠する日、
<ヨトゥヘイム>から
王宮の警備をかいくぐって兵士数人が
<アスガルド>に侵入してくるんだ。
実は、これには
ソーの弟ロキが一枚かんでいることは、
すぐに観客に示されるけどね。
ただ、このロキのほんとうの素性はさすがに読めなかったなあ…。
と、それはともかく、このことで
オーディンの怒りを買ってソーは地球へ追放。
そこで知り合うのが、天文学者のジェーン(ナタリー・ポートマン)……と、
まあ、こういう設定だ。
地球に追放されるにあたってソーは力を抜きとられ、
ハンマーのような彼の武器“ムジョルニア”も奪い取られてしまう。
このムジョルニアは遥か宇宙を超え地球へ。
ニューメキシコの岩にめり込むんだけど、
だれもそれを抜きとれない。
これは、少し『エクスカリバー伝説』を思い出したね」

----それはまた、盛りだくさんなお話だニャ。
「だよね。
この父王と息子たちの関係とか見ていると、
その中世的コスチュームのせいもあって、
どうしてもシェイクスピアのいくつかの物語が頭に浮かんでしまう。
あとで監督がケネス・ブラナーと知って、なるほどと納得。
彼はいくつものシェイクスピア劇を映画化しているからね。
さて、そういう意味では、
この映画、なかなかオモシロく観られるんだけど、
不満を少しだけ言うならば、
ソーが自己改革していく過程がよく分からないという点。
最初の方は、信じられないくらいの“オレ様”。
ところが、いつしか人間が丸くなり、
クライマックスの<デストロイヤー>との戦いでは
なんと自己犠牲の精神まで見せる。
この変貌がもう少し
しっくりと腑に落ちるように描いてくれれば
もっとよかったと思う」

----そういえば、また3D。
「う〜ん。
そっちの方は、
予告で観た『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
あまりに素晴らしかったから、
すっかり見劣りしてしまったけどね。
それよりもぼくのおススメのシーンは、
アスガルドの景色。
まるで、エドガー・ライス・バローズのSF文庫の挿絵のように
金色と赤銅色。
なかでも、別宇宙へ虹の橋をかけるヘイムダルの展望台へ向うシーンは秀逸。
このシーンだけでも、繰り返し観たい感じ。
ちなみに、デストロイヤーとの戦いを撮影したのは
『シルバラード』『ワイアット・アープ』など
数々のウエスタンを撮影したトム・フォード牧場。
この対比の妙もけっこう楽しめるよ」


                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「そういえば『火星のプリンセス』の映画化はどうなっているのニャ」小首ニャ

※そっちの方も観たい度

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はオフィシャル・ダウンロードサイトより。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ロシアン・ルーレット』 | トップ | 『メカニック』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ケネス・ブラナー (悠雅)
2011-07-02 19:21:25
こんばんは。
ヒーロー物は何となくスルー傾向にあるのに、監督の名前で「何故?」と思って観に行っったんですが、
なかなかこれ、気に入ってしまいました。
言われてみればシェイクスピアっぽさもあるけど、言われなければそうでもない気もするくらい・・・

クレジットなしで出演していた2人が、この後に続く2つの作品の主要人物なんですねぇ。
遅れ馳せながら、ちょっと興味が出てきました。
おおぉ! (ナドレック)
2011-07-03 23:13:34
ここで武部本一郎画伯を引き合いに出すとは!
金色と赤銅色ということは、『火星の交換頭脳』でしょうか。
ここ数十年にわたり、火星シリーズの映画化話は出ては消えを繰り返していますが、もういい加減に着手して欲しいものです。

こんばんは (ノラネコ)
2011-07-07 22:29:04
確かに・・・人間界にきたソーは初めから結構良い奴でしたからね。
アベンジャーズ関連に尺を取られて、チョイ地球上のドラマが希薄化してしまった感がありますが、それでも魅力たっぷりのキャラ物として楽しめました。
アスガルドのビジュアルは圧巻でしたねえ。
■悠雅さん (えい)
2011-07-13 16:28:30
こんにちは。

ぼくは、これ最初ケネス・ブラナーって知らなかったんです。
あとで、なるほどな〜って。
まあ、一芸に秀でた人は…って感じで、
こんな映画も撮っちゃうんだから、
たいしたものだと感心してました。
■ナドレックさん (えい)
2011-07-13 16:41:01
こんにちは。

「火星」シリーズの表紙は
子どもの頃、けっこうそそられたものでした。
ほんと、早く映画化してほしいのですが、
イメージと違ったらいやだし、
難しいところですよね。
■ノラネコさん (えい)
2011-07-13 17:04:03
地球上のバトルも見ごたえありました。
こういうアイデア勝負でコンパクトにまとめてくれるのは嬉しいです。
延々と続く『トランスフォーマー』シリーズは、
どうも苦手。
予告編は素晴らしいのですが、
やはり目が疲れ、脳内麻痺してしまいます。
北欧神話 (ノルウェーまだ〜む)
2011-09-07 11:45:08
えいさん、こんにちは☆
北欧神話自体が地味なので、これでどうアメコミなのかな?って、思いましたがなかなかちゃんとアメコミヒーローになっていましたね。
ハンマー1つで、これからアベンジャーズでどう活躍するかが楽しみです。
■ノルウェーまだ〜むさん (えい)
2011-09-17 12:48:52
北欧神話をアメコミにという発想が楽しいです。
全然違うイメージのモノが二つまじりあって新しい映画になる…。
そういえば、『キャプテン・アメリカ』のラストで
ついに『アベンジャーズ』が流れ、
マイティ・ソーもいましたよ。
Unknown (Ageha)
2011-10-25 01:17:29
なんだかテレビゲームみたいやな〜と思ってたら
ブルーレイには
コレのゲームもありますって宣伝してたな。
SEGAだったっけ?(笑)
城の雰囲気がファイナルファンタジーにでも出てきそうな感じ。

ケネスブラナーいうたら
「フランケンシュタイン」の監督だったか
主役だったか…のイメージ。

ソーやってたクリスヘムズワースの
何とも言えない人懐っこそうな笑顔が
めっちゃ好印象でした。(そこ?!)
■Agehaさん (えい)
2011-10-30 23:01:31
なるほど。確かに
ゲームのビジュアルに近いところもあるかも…。
そうか、ケネス・ブラナーは
『フランケンシュタイン』も監督。
あのときも、へ〜っ、
こんなのも演るんだ!?と
ビックリしたことを思い出しました。
クリス・ヘムズワース、
彼はまさに好男子(古い言い回し)。
今後、人気が出そうですね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2012-05-08 20:50:32
イギリスが聖剣なら北欧はハンマーかと思っていたのが、まさかまさかハンマーの方からソーのところに飛んでいくとは思いもしませんでした。
あれにはちょっと笑ってしまいましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2012-05-19 21:06:20
こんばんは。
なるほど、これは『エクスカリバー』の変形ですね。
ハンマー、少し、足柄山の金太郎という感じでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

35 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マイティ・ソー (2D字幕) / THOR  (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメコミ映画大好きだけど、なんとなく全く期待してなかった、本作。試写にて。 マーベルのコミックの中でもとくに人気あるキャラなんだとか。 主演はオレ様ヒーロー 武器はハンマー なんて原始的。 あ....
マイティ・ソー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THOR) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 1962年にスタン・リーとジャック・カービーのコンビによって誕生したアメコミ・ヒーロー。 力を奪われ神の世界を追放された男が、人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていき、やがて訪れる地球と神の...
マイティ・ソー (食はすべての源なり。)
マイティ・ソー ★★★★☆(★4つ) 雷の神ソーは、傲慢さが仇となり、人間界へ追放されてしまう。その“乱暴者の神”が、力を失ったまま二つの世界=《地球》と《神の世界》の危機に直面する・・・。 アクションストーリー。 面白かった〜コメディポイント満載で、...
■映画『マイティ・ソー』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
これを書いていいものか、ちょっと悩みましたが…。勇気を出して書いてみます。 『マイティ・ソー』のポスター画像を初めて観た時、「へー、『マイティ・ソー』って、ジャック・ブラックが主演なんだぁ」と思ってしまいました。すみません。 だって、なんか、台形っ...
映画:マイティ・ソー The Mighty Thor  マーベル・コミックの人気キャラが実写で登場! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
マーベル・コミックを実写映画化。 アメリカで公開後、好評の声が聞こえてきたので、期待して観に行った。 神の世界の最強戦士ソー(写真:左)は、ある事件をきっかけに父親(写真:右)から追放され、ただの人間にされてしまう(あれ?ワーグナーの指輪みたいだな...)...
マイティ・ソー(3D字幕版) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THOR】 2011/07/02公開 アメリカ 115分監督:ケネス・ブラナー出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、コルム・フィオール、レイ・スティーヴンソン、イドリス・エルバ、カット・デニングス、浅野忠信、ジ...
マイティ・ソー (悠雅的生活)
神の国からの追放。未登録の武器所持。虹の架け橋。
マイティ・ソー (悠雅的生活)
神の国からの追放。未登録の武器所持。虹の架け橋。
マイティ・ソー (3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(20) 肉体改造って簡単に出来たらいいのに、、、羨ましい(爆)
[映画『マイティ・ソー』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆北欧の神話を題材にしたヒーロー物なので、なんか重々しくて気が進まなかったんだけど、  主人公・ソーが、シンプルにパワー一直線キャラクターだったので、気軽に作品世界に入っていけた。  主演のクリス・ヘムズワースは、カッチョいい筋肉体型だけど、甘いハンサ...
映画「マイティ・ソー(3D)」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
あの「アイアンマン2」のラストから続く物語北欧神話の好きな私には、ソーよりもトールの方がしっくり来るし、映画の中の発音もトールに近いようだ。でも、まあ、それは仕方ないで...
映画 マイティー・ソー (充実した毎日を送るための独り言)
・「マイティ・ソー」(7月2日より上映中 クリス・ヘムズワース,ナタリー・ポートマン,浅野忠信,アンソニー・ホプキンス出演) 北欧神話と、現代アメリカの科学技術が融合したストーリー、主人公で体格も性格も傲慢さがうかがえるアスガルドの王候補ソーが、挑発にの...
王道最高!! 【映画】マイティ・ソー (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】マイティ・ソー(THOR) マーベルコミックからマイティ・ソーが映画化。 主演は『スター・トレック』のクリス・ヘムズワース。 ヒロインにナタリー・ポートマン。 【あらすじ】 神の世界では最強の戦士といわれていたものの、横暴でごう慢な性格が災い...
『マイティ・ソー』 なぜ実写映画化されなかったのか? (映画のブログ)
 2011年は極めつけに嬉しい年である。なぜなら、6月には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』、7月に『マイティ・ソー』、9月に『グリーン・ランタン』、10月に『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・...
【劇場鑑賞】マイティ・ソー<2D字幕版> (MAGI☆の日記)
マイティ・ソー<2D字幕版>を見てきました。 神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていた。...
マイティ・ソー3D (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
神話とヒーローを融合させたコミックを実写映画化。神の世界を追放された最強の戦士の活躍を描く3Dアクション大作。監督は「ヘンリー五世」のケネス・ブラナー。出演は、「パーフ ...
マイティ・ソー こんだけ強けりゃ文句ないし! (労組書記長社労士のブログ)
 いきなりに5時にぱっちり目が覚めちゃったのでマンションの下の河川敷を軽いペースで5?ジョギング、しかし5時台でももいうけっこう暑い・・・夏のジョギングはきつい。 【=37 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート11本目、3Dで鑑賞、しかし3Dにする必要性は全く...
劇場鑑賞「マイティ・ソー」 (日々“是”精進! ver.A)
“俺様”ヒーローから、真の英雄へ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107050003/ Soundtrack posted with amazlet at 11.06.28 Thor Walt Disney Records (2011-05-03) 売り上げランキング: 342...
映画「マイティ・ソー(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マイティ・ソー(3D版)」観に行ってきました。 アメリカのマーベルコミックの中でも特に人気が高いヒーローのひとりであるマイティ・ソーが活躍するアクション大作。 私が観に行った映画館では3D版しか公開されていなかったので、余計なカネがかかることを承...
「マイティ・ソー」 普通の人になった超人 (はらやんの映画徒然草)
続々映画化されるマーベル・コミックの映画化作品の一つ。 アメコミはなかなか馴染み
・・・パンチ力がない。『マイティ・ソー』 (水曜日のシネマ日記)
マーベルコミックの人気ヒーローを実写版映画化した作品です。
マイティ・ソー (だらだら無気力ブログ)
シェイクスピア劇の映画化に定評のあるケネス・ブラナー監督が放つ アメコミ原作ヒーロー・アクション大作。 傍若無人な振る舞いがたたって力を奪われ神の世界を追放された男が、 人間の女性との交流を通して心の成長を遂げていくさまと、やがて訪れる 地球と神の世界の...
マイティ・ソー (風に吹かれて)
雷小僧降臨 [E:typhoon] 公式サイト http://www.mighty-thor.jpマーベルコミックの映画化監督: ケネス・ブラナー神の世界アスガルド。王オーディン(アンソニー・ホプキン
マイティ・ソー (心のままに映画の風景)
神の世界、アスガルド王オーディン(アンソニー・ホプキンス)の息子ソー(クリス・ヘムズワース)は、選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇ってい...
木曜日の雷神〜『マイティ・ソー』 【3D・字幕版】 (真紅のthinkingdays)
 THOR  神の国「アスガルド」で王(アンソニー・ホプキンス)の長男として生まれたソー (クリス・ヘムズワース)は、力に任せた振る舞いから父の怒りを買い、地球へと 追放されてしまう。  ...
マイティ・ソー (to Heart)
神失格の男《ヒーロー》 “二つの世界”の運命は彼の手に 原題 THOR 製作年度 2011年 映時間 115分 原案 J・マイケル・ストラジンスキー/マーク・プロトセヴィッチ 脚本 アシュリー・エドワード・ミラー/ザック・ステンツ/ドン・ペイン 監督 ケネス・ブラナー 音楽 ...
「マイティ・ソー」暴れん坊 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメコミヒーローになった北欧神話の神様、マイティ・ソー。 スカンジナビアでは「Thor」はトールと読む。 どおりで持っているハンマーが「ムジョルニア」って、北欧らしいネーミングだわ。
マイティ・ソー 3D 字幕版 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
マイティ・ソー'11:米◆原題:THOR◆監督:ケネス・ブラナー「スルース」「魔笛」◆出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド ...
【映画】マイティ・ソー…この筋肉バカには燃えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日二度目の記事アップ(一度目はこちら)。 …まずは近況報告から 本日2011年10月2日(日曜日)は、朝から公園の草取り作業を行ってきました。 涼しくなってきたので、こういう作業も随分楽ですね。 以下は映画観賞記録です。 「マイティ・ソー」 (監督:ケ...
映画『マイティ・ソー』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-47.マイティ・ソー■原題:Thor■製作年・国:2011年、アメリカ■上映時間:115分■字幕:川又勝利■鑑賞日:7月23日、新宿ミラノ3■料金:1,800円□監督:ケネス・ブラナー□脚本:アシュリー・エドワード、ミラー&ザック・ステンツ、ドン・ペイン□...
マイティ・ソー (銀幕大帝α)
THOR/11年/米/115分/アクション・アドベンチャー/劇場公開 監督:ケネス・ブラナー 製作総指揮:スタン・リー 出演:クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、浅野忠信、レネ・ルッソ、アンソニー・ホプキ...
かわいい子には(地球へ)旅させるんだと・・・。(笑)〜「マイティソー」〜 (ペパーミントの魔術師)
マイティ・ソー ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2011-10-21売り上げランキング : 54Amazonで詳しく見るby G-Tools 世継ぎの儀式の最中に邪魔がはいって、 ホントならすんなり王様になれるはずだったソーは 正義....
マイティ・ソー (Thor) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ケネス・ブラナー 主演 クリス・ヘムズワース 2011年 アメリカ映画 115分 アクション 採点★★★★ 先ごろ公開された『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』をもって、いよいよ出揃ったアベンジャーズの面々。考えてみると戦う社長や緑色に...
マイティ・ソー (RISING STEEL)
3Dもタケナワらしいので、ブームが去る前になるべく見ようと思い 3D吹替版で見ました。 マイティ・ソー / THOR 北欧の神々の世界アスガルド。最高神オーディンの息子ソーは最強の戦士であったが ...
『マイティ・ソー』 (こねたみっくす)
なんちゅう単純な映画なんだ。そしてなんちゅう単純なヒーローなんだ。でも逆にその単純さが面白い! マーベルコミック・ヒーローBIG3に数えられるという、傲慢さゆえに神の国を追 ...