ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『孤高のメス』

2010-04-03 19:30:12 | 新作映画
※ネタバレではありませんが、映画の核に触れる部分もあります。
鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。




----これって、もしかして流行りの医療サスペンス?
「う~ん。サスペンスというのとは違うね。
真摯に医療問題と取り組んでいる、そういう作品だ。
モチーフとしては、脳死肝移植が扱われているんだけど、
ほかにも、医師不足、手術ミス、地域医療など、
現代にも通じる多くの問題を提起。
そして、それらの根底に横たわっているのが、
『目の前の患者を救いたい』という医師の強い信念。
主人公の外科医・当麻鉄彦は、
人間関係には鈍で、
自分にセッティングされたお見合いにも気づかないほど。
そんな彼が声を荒げるのは、
事務長がある患者のことを『寿命だから…』と言ったとき」

----その主人公を堤真一が演じているわけだニャ。
「うん。
彼は、その風貌も手伝って
“昭和の人”というイメージがピッタリ。
『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』もそうだし、
『クライマーズ・ハイ』もそう。
この映画は、物語自体はそう目新しいものではない。
時代背景は年号が昭和から平成に変わる1989年。
主人公は、なによりも命の最優先を考える外科医・当麻。
彼はピッツバーグ大学で肝臓移植をも手掛けたほどの腕を持っている。
そんな当麻が赴任したのは、地方都市の市民病院。
そこは、大学病院に依存し、外科手術一つまともにできない
停滞した病院だった。
大学病院からは、
外科部長の野本(生瀬勝久)をはじめ、
多数の医師が派遣されている。
野本の技術は稚拙で、
助かる患者のガンの手術を途中で放り投げたり、
自分の手に余るからと、大学病院に転送したり。
そんな現状に、嫌悪感を抱いていたのが看護婦の浪子(夏川結衣)。
物語は、彼女が遺した日記を息子の弘平(成宮寛貴)が
読み進めるという形で語られていく」

----えっ。遺したって…
それって、浪子という人は死んじゃうということだよね。
そんなことまで話しちゃっていいの?
「この映画に限っては大丈夫。
それはさして大きな問題ではないんだ。
さて、この映画、手術シーンが実にリアル。
メスを入れるわけだから、もちろん血も出る。
でも、それは目をそむけたくなるというようなものではなく、
ほんとうに高い技術の手術というものが
ある意味、崇高なまでに美しいことを教えてくれる。
野本の時は大仰なほどに雑に描くから、
こちらは、手術から目をそむけたくなる。
このあたりは、あの『おくりびと』を思い出してもらうといいかもしれない」

----それは分かりやすい比較だニャあ。
「さっきもちょっと話したけど、
この映画は、いまではあまり見かけなくなった
昭和的人物像を描くことで、
この時代が失ったものをそこから照射しようとしている。
そうそう、東映ならではのフィルムの色調、触感がまたいい。
この映画にはピッタリ。
あと、語り部である夏川結衣の不機嫌そうなふくれっ面。
これも効果的。
押さえた感情を爆発させるラストの別れのシーンでは、
思わず涙がにじんできたもの。
おそらく、当麻への愛も芽生えていただろうに、
それを、最後まで相手にも気づかせない。
だから、『ジェネラル・ルージュの凱旋』のようなエンディングにはならない」

----昭和といえば、都はるみが使われているようだけど…。
「あっ。これがどこで出てくるか?
それは知らない方がいいと思うよ。
これから観ようと思う人は、特にね」


     (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「東映ならではの色?どういうことなのニャ」ぼくも観たい



※独特のくすんだ青緑がかった色あいだ度

コトリ・ロゴお花屋さん/">もよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『カケラ』 | トップ | 『ゼブラーマン2 ゼブラシ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほうほう (KLY)
2010-04-03 19:50:04
小説・漫画そして続編小説と何回読み返したことか…。それだけにあの素晴らしさをどれだけ忠実に再現してくれているかに期待です。余計な演出は一切不要ですから。
多分かつてないほど高いハードルで観ることになりそうです。^^;
■KLYさん (えい)
2010-04-04 00:24:42
こんばんは。

これ、漫画にもなっているんですか?
そういえば、原作はシリーズ化されているようですね。
あの重松清の『青い鳥』のように、
いろんな病院を回るのかなあ。

しかし、だとしたら、
この映画はどの部分の映画化なんだろう?

高いハードルですか…。
映画としては、少し長いなと思ったことも、
あわてて付け加えておこう。(汗)
未読で未見ですが…(笑) (Ageha)
2010-04-06 18:08:58
幻冬舎文庫から6巻、続編が4巻つい最近まで本がなくてアタフタして、カバー変えて入荷してきました。
スイートリトルライズ
サヨナライツカ
パレードで今度はコレ。不思議と映画そのものは爆発的大ヒットをしたわけじゃないのに(!)
原作文庫がえらく売れてます。
それも普段ちっちゃくなってるようなとこの。(笑)
バチスタの宝島社
食堂かたつむりのポプラ社
多分次はあさって来る
双葉社の「告白」かなと。
■Agehaさん (えい)
2010-04-08 00:13:26
ほんとですね。
その中で、映画の大ヒットというのはあまりない。
結局、出版元が喜んでいる。(?)
でも、こういう出版不況だし、
それくらいはあってもいいのかも。

『告白』は、かなりの問題作のようですね。
夏川さん (rose_chocolat)
2010-05-03 14:04:07
彼女の表情がすごく印象的ですよね。
哀しい。 ずるい。 みんな言いたいけど言えない。 もう! って感じ。 すごく可愛い。 
大人の女性という描き方が素敵です。

都はるみは、観始めたらわかりすぎるくらいわかるんですが(笑)、これは事前には言っちゃいけないと思うんで、blogでは一切触れませんでした! w
■rose_chocolatさん (えい)
2010-05-04 20:59:41
こんにちは。

夏川結衣は、こういう役を演じたら
右に並ぶ者はないですね。
石井隆監督『夜がまた来る』が嘘のよう。

おおっ。都はるみ。
やめましたか。ぼくも知らない方がよかったです。
でも、書いてしまいました(汗)。
Unknown (robanosocks)
2010-05-21 22:26:55
こんばんは~

いつもえいさんからのTBがなぜか文字化けしていて、だれかな~っと恐々クリックするとここにたどり着きます(笑)
ほっと安心♪

手術で都はるみって、こぶしが回りすぎてて、ついつい手に力が入ってしまわなかな~っと心配しながら見てしまいました。時は、昭和から平成に変わった時代、やっぱり都はるみなんでしょうかね~当麻だからなのかなぁ~(笑)
クラシックとかのほうが、脳がリラックスすると思うのですが・・・・
■robanosocksさん (えい)
2010-05-22 14:30:37
こんにちは。

ぼくも都はるみだと力んでしまいそうな気もしました。
でも、なんか理由を喋っていませんでしたっけ。
観たときは、そんな考え方もあるんだと思った記憶が…。

TB文字化けは気づきませんでした。
ブラウザで変わるってこともないのかしら。
昭和 (にゃむばなな)
2010-06-09 18:04:13
ほんと、堤さんって昭和のイメージがとことん似合いますよね。
でもそれは決して古臭いではなく、筋が一本まっすぐ通っていた時代を映し出しているようで、この映画でもその信念にグッときましたよ。
■にゃむばななさん (えい)
2010-06-13 22:00:36
こんにちは。
あの「昭和の匂い」はどこからくるんだろう?
と、思っていたのですが、
なるほど、筋が一本ですか。
それって、堤真一の役者の生き方とダブるのかもしれないですね。
Unknown (Ageha)
2010-06-22 11:13:52
コミックないな~と思ったら「メスよ輝け」とかいうタイトルがエンドロールであがってました。そらわからんわ(笑)

あまりに鈍感なとこと
都はるみ。これに堤さん本人が持っている雰囲気がプラスされると
当麻医師がすごく親しみやすいキャラクターに見えました。
結構重い話を扱ったはずなのに不必要にドロドロ描く事もなくほんわか見れたという不思議な感想…。
■Agehaさん (えい)
2010-06-27 18:37:32
そうそう。

普通、あのお見合いとか、気づかないはずないし、
浪子が自分に気があることだって分かりそうなもの。
でも、都はるみで納得。
そういえば、これを『シェーン』など
西部劇映画と言われた方がいて、
なるほどと。
『タンポポ』がラーメン・ウエスタンなら、
これはメディカル・ウエスタン?
Unknown (omiko)
2010-07-04 23:29:17
いやあ、気に入ってしまった♪
『オーケストラ!』が上半期洋画ベスト1なら、
僕の邦画ベスト1は、コレで決まり!
(あんま観てないですが。。。)
■omikoさん (えい)
2010-07-07 22:36:45
こんばんは。

初めてでしょうか?

ブログ拝見させていただきました。
ラベンダーの紫が鮮やかですね。
香りが漂ってきそう。
ぼくもハーブは大好きで、
いまは玄関先に
カモマイル、カレープランツ、アップルミント、
そしてオレガノなどを育てています。

さて、この映画、
脚本がよくできていたなと思います。
とても真摯な作りでありながら
西部劇のエッセンスも入っている。
とても楽しめました。

また、お越しいただけると幸いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『孤高のメス』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...
◆孤高のメス 80点 #eiga #movie #cinema #kokou  (明日も晴れ)
2010年6月5日(土)公開 公式HP 監督:成島出 脚本:加藤正人 原作:大鐘稔彦「孤高のメス」シリーズ 幻冬舎文庫 全10巻 出演:  ...
孤高のメス (だらだら無気力ブログ)
現職医師である大鐘稔彦のベストセラー小説を基に、地方の市民病院を舞台に 目の前の患者を助けることだけに全力を尽くす一人の医師の真摯な姿を描き ながら今の日本の医療問題に浮き彫りに描く医療ドラマ。 主演は、『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演には、『BALLA...
孤高のメス (そーれりぽーと)
いろんな意味でネームバリューの大きな話題作が目白押しだった週末、上映館数も回数も少なくないし、個性派俳優で固めたキャスティングも面白そうなのに、埋もれそうになってた『孤高のメス』を観てきました。 ★★★★★ 本を読まなくなって久しいもので、この映画の原...
命をつなぐ~『孤高のメス』 (真紅のthinkingdays)
 急死した看護師の母の葬儀のため、新米医師の弘平(成宮寛貴)は寂れた漁 師町に帰って来る。母の遺品を整理するうち、彼は「1989」と書か...
『孤高のメス』 (めでぃあみっくす)
命を繋ぐ。想いを繋ぐ。それが移植手術の本当の姿であり、医療に携わる者の本来あるべき純粋な姿。 当初は全く興味のない映画でしたが、原作者であり現役医師でもある大鐘稔彦先生が淡路島の方だと聞き、同じ選挙区の映画好きとしては是非見なければと思い映画館に足を運...
「孤高のメス」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 現職医師でもある作家・大鐘稔彦のベストセラー小説を映画化。1989年、とある地方病院に赴任してきた天才外科医が、当時タブーとされていた脳死肝移植手術に挑む。  充分と...
どこの世界にも共通する事。『孤高のメス』 (水曜日のシネマ日記)
地方の市民病院を舞台に外科医療に携わる人たちの姿を描いた作品です。
孤高のメス (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 126分 原作 大鐘稔彦 脚本 加藤正人 監督 成島出 出演 堤真一/夏川結衣/吉沢悠/中越典子/松重豊/矢島健一/成宮寛貴/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明 ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題...
孤高のメス (堤真一さん) (yanajun)
映画『孤高のメス』は、実際に医療に携わる大鐘稔彦氏の同名小説を映画化した作品です。 堤真一さんは、主人公の外科医・当麻鉄彦 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
[映画『孤高のメス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので短信ですまん。  月並みな話ではあるが、力強く描かれた力作だった。  類まれな外科手術の技術を持つ医師が、「目の前の患者に全力を尽くし、救う」と言う確固たる意思のもと、設備の伴わない市民病院で、当時、法律で是非があいまいであ...
【孤高のメス】医師であり続ける事 (映画@見取り八段)
孤高のメス 監督: 成島出    出演: 堤真一、夏川結衣、成宮寛貴、吉沢悠、余貴美子、生瀬勝久      公開: 2010年6月 こんな...
「孤高のメス」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:成島 出原作:大鐘 稔彦脚本:加藤 正人 現役の医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。監督は「フライ、ダディ、フライ」、「ミッドナイト イーグル」等の成島出
『孤高のメス』 腹の中まで見てください (映画のブログ)
 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。  『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。  私は...
孤高のメス (いい加減社長の映画日記)
土曜日のレイトショーのはしご。 スーパーレイトショーで「孤高のメス」を鑑賞。 途中で、記憶がなくなりそうで、怖かったが^^;「UCとしまえん」は、さすがにこの時間になると少ない。 「孤高のメス」は、中くらいのスクリーンで、1割程度かな。 【ストーリー】 大学病...
『孤高のメス』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「孤高のメス」□監督 成島 出 □原作 大鐘稔彦 □脚本 加藤正人□キャスト 堤 真一、夏川結衣、余 貴美子、柄本 明、吉沢 悠、中越典子、松重 豊、成宮寛貴、平田 満、生瀬勝久■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■c...
「孤高のメス」 命を繋ぐ、志を繋ぐ (はらやんの映画徒然草)
ルールというのは難しい。 なぜならばルールを定めた時に、どうしてもどこかに線が引
孤高のメス (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月20日(日) 20:35~ チネ2 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『孤高のメス』公式サイト 冴えないタイトルの医療小説が原作。タイトルは、アレで、現役の医者の文章なので、何とも堅苦しいのだが、話はとても面白い...
孤高のメス (映画的・絵画的・音楽的)
 『孤高のメス』を渋谷TOEIで見ました。予告編を見たときから、この映画の真摯さが伝わってきたからですが。 (1)実のところ、この作品のストーリーは極めて単純です。  20年ほど前、ある地方都市の市民病院に、米国帰りのバリバリの外科医・当麻(堤真一)が赴任し、そ...
【孤高のメス】 (日々のつぶやき)
監督:成瀬出 出演:堤真一、成宮寛貴、夏川結衣、吉沢悠、柄本明、中越典子、生瀬勝久  諦めるな。この命を救うために。 「地方の市民病院、さざなみ病院に赴任してきた外科医の当麻。 しかし病院は大学病院から医師を20人も派遣してもらっていることから頭が
孤高のメス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「脳死肝移植」_タブーに挑む一人の医師。その信念は、命を救う。 現職医師・大鐘稔彦の医療小説を『フライ,ダディ,フライ』の成島出監督が映像化。 物語:1989年、地方の市民病院に、米国のピッツバーグ大学で肝臓移植も手がけた外科医・当麻鉄彦(堤真一)が赴任...
孤高のメス(テレビ録画) (単館系)
2011年09月18日22時54分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場特別企画「孤高のメス」 時間は録画終了時間 原作は読んでいません。 時は1989年。 ある市民病院に外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。 この市民病院...
映画評「孤高のメス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり
映画 孤高のメス (VAIOちゃんのよもやまブログ)
X95が勝手に録画してくれていたシリーズですが、ほぼ予備知識なしで2010年の映画「孤高のメス」をPSPにおでかけ転送して鑑賞しました。漫画の「メスよ輝け!!」が原作だったことも、そ ...