ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ブラック・ダリア』

2006-07-27 23:55:06 | 新作映画
----監督がブライアン・デ・パルマだよね。
確かこの監督好きだったのでは?
「うん。ただし、
ぼくが彼に熱狂していたのは
巨匠と呼ばれるようになった『アンタッチャブル』以前、
まだ彼自ら<ヒッチコックの後継者>と名乗っていた頃のこと。
デ・パルマは別名<映像の魔術師>とも言われていて、
スローモーション、分割画面、長回しなど、
目もくらむような映像ギミックが多かった。
彼の映画の魅力は
人間の感情の機微を描くことなどとは正反対。
<映像で物語っていく愉しさ>にあると言ってもいいと思う。
だから、ストーリーの整合性を考えることもあまり意味がない。
そんなことで突っ込むのはそれこそヤボだと思う」

----えっ。と言うことは、
この映画もストーリー紹介は省略?
「うん。原作が<アメリカ文学界の狂犬>と言われるジェイムズ・エルロイ。
その彼のLAノワール4部作の第1作。
しかも実際に起こった事件を元に描いているわけで、
そのストーリーをあれこれ言ってもしょうがない。
主人公のバッキー・プライカード(ジョシュ・ハートネット)が
ある猟奇的殺人事件を捜査しているうちに、
大富豪の娘マデリン(ヒラリー・スワンク)と知り合い、
他に思う女性ケイ(スカーレット・ヨハンソン)がいながら
彼女と関係を持ってしまう。
そしてその女性マデリンと関わるうちに、
彼は事件の背後にうごめく大きな闇を知る……。
まあ、フィルム・ノワールらしい設定の話だ」

----で、今回はその華麗なキャメラワークは観られたの?
「彼の映画を観る時は、
最初から身構えてしまう。
冒頭から、何かやってくれる可能性あるからね。
ところが今回は意外と普通。
デ・パルマ印がさして見られない。
ノワールという言葉から連想する、
ミスティなしっとりしたタッチからはほど遠く
どちらかと言えばドライ。
しかし、それがあるシーンから大きく動く。
俯瞰で写した町の道路の脇でひとりの女性が死体を発見。
ところがカメラはそこから離れてバッキーたちの乗る車を追い、
町の反対側へと移動してゆく。
そしてそこでは
死体のことなど忘れたように別のドラマ、銃撃線が始まる。
ところがこの死体こそ、後に重要な意味を持ってくるんだ」

----ふ~む。意地の悪い映画だニャあ(笑)。
「でも、ここからしばらくも
時代色豊かな犯罪映画と言う感じ。
本格的なデ・パルマ印は、
もう一つの<死>まで待たなくてはならない。
それは、バッキーのロス市警でのコンビでもある
リー・ブランチャード(アーロン・エッカート)の暗殺。
階上で黒い影に襲われるリー。
その影に気づいたバッキーは
必死で彼に駆け寄ろうとするが、なかなか近づけない。
ここでのバッキーはスローモーション、
また凶器を持った暴漢の姿はシルエットに。
さらにそこにもう一人の顔を見せない殺人者が
ナイフを煌めかせてやってくる。
バッキーの眼前で喉を切られたリーは
暴漢もろともスローモーションで墜落してゆく。
このシーンだけでも何度も観たくなる素晴らしさだったな」

----確かにデ・パルマらしい映像だね。
撮影は誰ニャの?
「デ・パルマの初期のサスペンスを多く手がけたヴィルモス・ジグモンド。
『さすらいのカウボーイ』や『未知との遭遇』など、
光と影の効果を知りつくした映像の美しさは
右に並ぶ者がいないと言っても過言ではない。
さらにオモシロいことに、この殺人シーンから後の映像が
冒頭とはすっかり変わってしまうんだ。
もし何も言わずに、
前半と後半からそれぞれ二つのシーンを切り取って見せたら、
多くの人が別の映画と思うんじゃないかな。
そういう意味じゃ、かなりいびつな映画とも言えるかもね」


                                           (byえいwithフォーン)

愛のメモリー デラックス版 PIBF-1424愛のメモリー デラックス版 PIBF-1424
※数あるデ・パルマの傑作から今回はこの作品を。
ヒッチコック・テイスト満載のラブイ・ミステリー。

※CGよりよっぽどいい度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トリスタンとイゾルデ』 | トップ | 『シュガー&スパイス 風味... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰してすみません。 (あかん隊)
2006-07-28 02:46:10
この映画、とても気になっています。

ご覧になったんですね。待ち遠しいです。

事件のことも、少し調べたりしました。(^^;)
■あかん隊さん (えい)
2006-07-29 00:27:27
こんばんは。



こちらこそ、ご無沙汰しています。

『隠された記憶』でメールいただきながら、

それっきりになっていました。



この映画、デ・パルマらしさはいまいちだったのですが、

原作がベストセラーとかで、

けこう待ちこがれている方も多いようですね。



これからもよろしくお願いします。
Unknown (rambler)
2006-07-31 13:50:16
えいさん、もうご覧になったのですかっ!凄い。アメリカでもやっと予告編が登場した所なのに。



デ・パルマの映像も楽しみですが、ハーネット・ヨハンソン・エッカート・スワンクの粋の良い演技を楽しみにしています。



■ramblerさん (えい)
2006-08-01 02:32:01
こんばんは。

(そちらは夜ではないですね。おそらく)



俳優、特に女性陣はハマっていたと思います。

ヨハンソンは『理想の女』などでも

こういうクラシックな姿がキマっていましたけど、

さらに磨きがかかったって感じでした。

アンタッチャブル以前ですか (bakabros)
2006-10-14 01:12:30
私は『アンタッチャブル』が大好きです。

こういう雰囲気の映画をノワールというのですね。

デ・パルマのスローモーションと影のシルエット、落下シーンはドキドキしますね!
■bakabrosさん (えい)
2006-10-14 11:54:30


こんにちは。



ぼくはデ・パルマは、第一回東京国際映画祭で

舞台挨拶を観たときとても感動しました。



ですが映画は……デ・パルマらしさがなくて。



やはり『悪魔のシスター』『愛のメモリー』

『キャリー』『フューリー』『殺しのドレス』『ミッドナイト・クロス』『ボディ・ダブル』あたりが好き。





でも最高傑作は『ファントム・オブ・パラダイス』です。

螺旋階段おち (隣の評論家)
2006-10-14 18:18:34
こんにちわ。

私も、あのシーンは最高だと思いました。同じく繰り返し見たいです。意見が合いました(笑)。

今回、『ファントム・オブ・パラダイス』でファントムを演じていたビル・フィンレイが出ていましたね。しかも、また顔に傷のあるという設定の役。

!!!『悪魔のシスター』っていうのが見たいです。
■隣の評論家さん (えい)
2006-10-15 10:49:57
こんにちは。



あの階段落ちがなくちゃ、もうデ・パルマじゃないですわ。

『悪魔のシスター』もいいですが『ボディダブル』も

好きだなあ。

ああいいうB級テイストが彼には似合うと思います。
こんばんは (カオリ)
2006-10-15 23:56:58
例のシーン・・・あそこは背筋が続々しました。

謎解きからは早くも脱退して、ただもう流れと映像のなすがままにしてみていました。
■カオリさん (えい)
2006-10-16 21:08:47
こんばんは。

デ・パルマって、映像の魔術師と言われただけあって、

幻惑的な世界を作れる人だと思うんです、

ですから、こんな空疎(あっ、言っちゃった)な大作よりも

山椒は小粒でもぴりりと……な映画を作ってほしいです、



モノクロの映像 (パフィン)
2006-10-18 23:22:12
えいさん、こんばんは♪



物語は理解しにくかったのですが、

惨殺されたエリザベスの生前のモノクロ映像を

前半と後半では、違う想いで見ることになり、

大変、印象に残りました!



この「ブラック・ダリア」の映像の魅力だけでも

観る価値はあると思いました☆



なんとなく薄味 (にゃんこ)
2006-10-19 00:52:22
こんばんは

素材は好きなんですけど、料理のしかた(?)がなんとなく

今回ちょっと薄味だなぁ~って印象で

ストーリーだけなら、ここと、あそことあのあたりは

睡魔が襲っても・・・あ、帳尻合っちゃったと

映画的には、なんだかなぁって感じでした。。。

リーの殺害現場のシーンと、エリザベスの演技テストの映像と

ポルノ映画のエリザベスのゆがんだ厭そうな表情が

印象的・・・

ネットで検索してブラック・ダリア事件の記事読んだときに

実は性的に未発達だった彼女のこと、そーいうシーンで

描いていたんだって・・・計算を感じましたが

知らなかったら・・・気がつかないかもですよねぇ(笑)そーいうとこって
こんばんは (ノラネコ)
2006-10-19 01:29:14
期待は凄く大きかっただけに、ちょっと残念。

この作りだと、物語のキーストーンに当たるのがブラックダリアだとおもったんですけど、エリザベス・ショートとブラックダリアが、イメージの上で重ならないんですよね。

ジグモンドの仕事は素晴しかった。

ビジュアルだけで一見の価値ありだっただけに、トータルで漠然とした映画になってしまったのは、もったいないなあと感じます。
遅くなってごめんなさい (えい)
2006-10-21 21:20:34
■パフィンさん



こんばんは。

確かにデ・パルマのモノクロ映像って珍しいですね。

でも、デ・パルマには絢爛豪華でいてほしいという気がするのは、自分の身勝手でしょうか?





■にゃんこさん





まあ、なんと難しいことを……。

でも、ぼくも正直、この映画には欠伸が…。

あぅ、言っちゃった。





■ノラネコさん



デ・パルマは風貌が風貌だけに、

いまや巨匠然としていますが、

彼は山椒は小粒でもぴりりと辛い……

でいってほしいです。
観てきました。 (あかん隊)
2006-10-25 14:54:00
階段の落下シーンは、さすがでした。

影の演出といい、映像には、見応えがあるところがたくさんありました。散文的になってしまったような印象で、少なからず残念だと思います。
■あかん隊さん (えい)
2006-10-28 23:28:28
こんばんは。



散文的……。

う~む。そういうのって

デ・パルマは似合わない気がしますよね。



もっと自由にのびのび作ってほしいです。
おはようです。 (TATSUYA)
2007-08-20 08:09:40
えいさん、達也です。

『ブラック・ダリア』をやっとこ観ました。
久しぶりにデパルマの映像美を堪能しましたが、
登場人物の背景をあっさりと描きすぎていて、
病んだ人間模様にリアリティが感じられないのが
ちょっと残念です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブラック・ダリア/ The Black Dahlia プレビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
1947年1月15日の朝、ロスアンゼルスで女性の全裸死体が発見された。それもただ
ブラック・ダリア (【極私的】Movie Review)
原題…THE BLACK DAHLIA 監督…ブライアン・デ・パルマ 出演…ジョシュ・ハートネット/アーロン・エッカート/スカーレット・ヨハンソン/ヒラリー・スワンク 極私的満足度… ○ 事件同様、作品も不可解 日本で…いや、一般での試写会という意味で言えば恐 ...
「 ブラック・ダリア 」について (MoonDreamWorks)
「 TheBlackDahlia 」 1947年1月15日に起きた、22歳のエリザベス・ショートが惨殺された                 「 BLACKDAHLIAMURDER 」事件 黒い炎を思わせる漆黒の髪で、いつも黒い服を身につけていた彼女は「 ブラック・ダリア 」と ...
感想/ブラック・ダリア(試写) (APRIL FOOLS)
1947年LAで実際に起こった猟奇殺人をモチーフにした小説の映画化、10月14日公開の『ブラックダリア』。ある刑事コンビが追う殺人事件。複雑な人間関係と、さまざまな闇がからまった謎を解いた先に待っていたものは!って感じのノワール。   THE BLACK DAHLIA ...
ブラックダリアとウィッカーマン/ the Black Dahlia & The Wicker Man (我想一個人映画美的女人blog)
     今日は映画祭以外にトロントで観てきた劇場新作映画 3本のうちの2本のレビューいきます{/kaminari/} {/face_hohoemi/} まず、日本でもついに来月公開になるブラックダリア 1947年、L.Aを震撼させたブラックダリア事件を基に、『L.Aコンフィデンシャ ...
『ブラック・ダリア』ジェイムズ・エルロイ (kiku's)
ウチの相方がジェイムズ・エルロイの『ホワイト・ジャズ』を読んでいて、それにちょっ
『ブラック・ダリア』 (試写会帰りに)
試写にて『ブラック・ダリア』(THE BLACK DAHLIA)鑑賞。“世界一有名な死体”の話でも、知らない人にはどこまでが事実に基づいていて、どこからがフィクションなのかよくわからず、そのバランスの妙や面白さも半減してしまうかも。ブライアン・デ・パルマ監督4年 ...
ブラック・ダリア (映画通の部屋)
「ブラック・ダリア」 THE BLACK DAHLIA/製作:2006年、アメリ
ブラック・ダリア (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 121分 監督 ブライアン・デ・パルマ 原作 ジェームズ・エルロイ 脚本 ジョシュ・フリードマン 音楽 マーク・アイシャム 出演 ジョシュ・ハートネット 、アーロン・エッカート 、スカーレット・ヨハン ...
ブラック・ダリア (悠雅的生活)
世界一、有名な死体と、人間たちの闇。
ブラック・ダリア (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  サスペンス&ミステリー&犯罪  監督:ブライアン・デ・パルマ  出演:ジョシュ・ハートネット      アーロン・エッカート      スカーレット・ヨハンソン      ヒラリー・スワンク 共にボクサーとしての経歴を持つロサンジェ ...
ブラック・ダリア (映画鑑賞★日記・・・)
『THE BLACK DAHLIA』公開:2006/10/14(10/14鑑賞)製作国:アメリカ監督:ブライアン・デ・パルマ原作:ジェームズ・エルロイ 『ブラック・ダリア』(文春文庫刊)出演:ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、スカーレット・ヨハンソン、ヒラリー・スワ ...
『ブラック・ダリア』 ( **Sweet Days**)
監督:ブライアン・デ・パルマ  CAST:ジョシュ・ハートネット、ヒラリー・スワンク、スカーレット・ヨハンソン 他 「LAコンフィデンシャル」の作者ジェイムズ・エルロイが、実在の迷宮入り事件を基に書き上げた小説の映画化。 1947年、ロサンゼル ...
ブラック・ダリア (Good job M)
公開日 2006/10/14監督:ブライアン・デ・パルマ 「アンタッチャブル」、「ミッション:インポッシブル」出演:ジョシュ・ハートネット/スカーレット・ヨハンソン/ヒラリー・スワンク 他【あらすじ】1940年代のロサンゼルス。ダウンタウンの空き地で、身体を真 ...
映画~ブラック・ダリア (きららのきらきら生活)
  「ブラック・ダリア」公式サイトまたもや期待しちゃいました映画の公開です♪ 原作は『L.A.コンフィデンシャル』のジェイムズ・エルロイ、監督はブライアン・デ・パルマ。1947年、LA市内の空き地で、女性が腰部分を切断された惨殺死体で発見される事件が ...
ブラック・ダリア (まったりでいこう~)
公開を非常に楽しみにしていた作品。けっこう長めなお話のようで、3本立ての最後にもってきたのは正解だったかもしれません。
ブラック・ダリア★映画 (徒然なるサムディ)
公開された初日に足を運びましたが、入りはいまいち。 今回足を運んだのは次の四点があったから。 ・原作者が「L.A.コンフィデンシャル」と同一 ・監督が「殺しのドレス」のブライアン・デ・パルマ ・「マッチ・ポイント」で印象的だったスカレート・ヨハン ...
『ブラック・ダリア』(ブライアン・デ・パルマ)@109シネマズ木場 (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://www.black-dahlia.jp/ う~ん、デ・パルマのファンとしては充分に楽しめましたが、やはり、ボリュームある原作を無理やり120分の尺に押し込めた寸詰まり感は否めないかも。プロットを原作に忠実に進めようとするならば、あと20~30分く ...
『ブラック・ダリア』(ブライアン・デ・パルマ)@109シネマズ木場 (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://www.black-dahlia.jp/ う~ん、デ・パルマのファンとしては充分に楽しめましたが、やはり、ボリュームある原作を無理やり120分の尺に押し込めた寸詰まり感は否めないかも。プロットを原作に忠実に進めようとするならば、あと20~30分く ...
ブラック・ダリア (いいかげん社長の日記)
昨日は、前に映画館での予告編で「面白そうだな」と思った「ブラック・ダリア 」。 ここんところ、CMもかなり流れてるし、混んでるかな、と思ったら、7割程度の入りだったかな。 「UCとしまえん」にしては、混んでるほうかも。 1940年代のロサ ...
ブラック・ダリア「迷宮入り事件の出入口は情報の差で決まる」 (オールマイティにコメンテート)
「ブラック・ダリア」(R-15指定)は1947年に実際に起こった殺人事件を題材にしてジェイムズ・エルロイが書き上げたノワール小説の傑作「ブラック・ダリア」を映画化した作品である。殺人内容が残忍な上事件の真相に迫る作品としてはあまりにも謎が多過ぎ ...
ブラック・ダリア(06・米) (no movie no life)
人間は皆嘘をつく― 時は1947年、ロサンゼルス。胴体が真っ二つ、内蔵がえぐり出され、顔は判別できないほど口から耳まで裂けている遺体がみつかる。遺体は別名ブラック・ダリアの異名をとる女優志望の女性であった。ロス市警殺人課の刑事であるバッキー(ジョ ...
ブラック・ダリア (Cinemermaid)
1947年に実際に起こった殺人事件を元に【L.A.コンフィデンシャル】(97年映画化)の作家ジェイムズ・エルロイの小説の映画化 彼の生い立ちが色濃く反映されたと言うこの作品は"L.Aノワール四部作"の中の第一作目になるそうだ("L.A.コンフィデンシ ...
映画vol.92 『ブラックダリア』 *試写会 (Cold in Summer)
 『ブラックダリア』*試写会 ブラック・ダリア 監督:ブライアン・デパルマ 出演:ジョシュ・ハーネット(『シンシティ』) スカーレット・ヨハンソン(『アイランド』)ヒラリー・スワンク(『ミリオンダラー・ベイビー』) HP ...
「ブラック・ダリア」(アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
第二次世界大戦後まもない1947年ロサンゼルス。 市内の空き地で腰から2つに切断された若い女性の 惨殺死体が発見される。 その女性エリザベス・ショートはブラック・ダリアと呼ばれた・・・。
ブラック・ダリア [監督:ブライアン・デ・パルマ] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
映画なりにアレンジされたストーリーは悪くないし、クライマックスの急展開も好きなんだけど、やっぱ筋追ってるだけな気がするんだな
ブラック・ダリア (映画とはずがたり)
1940年代、ロサンゼルスを震撼させた 猟奇事件が映画化!! 妖しく猟奇的な時代の空気感と、 人間の心の闇を鬼才デ・パルマが濃密に描く! STORY:元ボクサーとしての経歴を持つ、 ロサンジェルス市警の名物コンビ、 バッキー・ブライカート(ジョシュ・ハ ...
ブラック・ダリア (The Black Dahlia) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ブライアン・デ・パルマ 主演 ジョシュ・ハートネット 2006年 アメリカ映画 121分 サスペンス 採点★★★ “猟奇殺人ブーム”という、今考えると恐ろしいブームがありましたねぇ。『羊たちの沈黙』の大ヒットに伴い、ロバート・K・レスラーの“FBI心理捜 ...
ブラック・ダリア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
戦後間もない1947年、ロスを震撼させた猟奇殺人事件。ハリウッドで夢に破れ「ブラック・ダリア」の通り名で呼ばれていた娼婦は、世界一有名な死体となったが、ついに真相が明らかになることはなかった。この実在の迷宮入り事件を基に「L.A.コンフィデンシャル ...
ブラック・ダリア (It's a Wonderful Life)
40年代に起った惨殺事件で「世界一有名な死体」として 知られる「ブラック・ダリア事件」をモチーフとした 「LAコンフィデンシャル」のジェームズ・エルロイの フィクションノベルの映画化。 「アンタッチャブル」でも発揮された映画マニアらしい ブ ...
ブラック・ダリア (eclipse的な独り言)
 ヒラリー・スワンク。何だか男の人が女装しているように見えてきました。おかしい
ブラック・ダリア (Kinetic Vision)
ブライカート刑事(ジョシュ・ハートネット)のいる世界はすべてが二つに分裂している。ボクサー時代の好敵手、現在の相棒ブランチャード(アーロン・エッカート)は自分とは正反対のタイプだ。氷と炎。しかしそれは鏡像の
ブラック・ダリア (銅版画制作の日々)
先日MOVX京都にて、「ブラックダリア」を鑑賞上映前から、テレビ・映画館での予告で気になっていたのもあり、早速観に行ったけど・・・・。正直言って、内容が複雑な上にちょっと思っていたイメージではなく状態「ブラック・ダリア」と呼ばれていたエリザベス・シ ...
「ブラック・ダリア」■赤狩り前夜の気分 (映画と出会う・世界が変わる)
先日、亡くなられた田中登監督の「屋根裏の散歩者」のラストシーンは、関東大震災の焼け跡で娘がポンプから水を汲みあげ、その水がやがて血の色になっていくというものであった。虚構の世界と現実の世界が出会った瞬間であった。この映画「ブラック・ダリア」を見 ...
ブラック・ダリア (パフィンの生態)
ブライアン・デ・パルマ監督、2006年アメリカ。 1947年に起きた未解決の猟奇殺人を題材にした小説の映画化。 美しい映像は楽しめるが、登場人物に二面性があり、殺しが幾つも起きるため、 見終わった後、かなり考えないと筋が理解できなかった。 ラスト1 ...
『ブラック・ダリア』 (きぶんしだい)
この前の土曜日から公開されている ジョシュ・ハートネット&スカーレット・ヨハンソン主演『ブラック・ダリア』をTOHOシネマズなんばで鑑賞 ●あらすじ● 1947年、LAのとある空き地で女性の変死体が発見された。 女性は腰部分を切りとられ、内臓を ...
ブラック・ダリア☆独り言 (黒猫のうたた寝)
素材の感触は・・・そそられました。でもねーなんとなぁく、寝るんじゃないかと・・・すっごい確率でうたた寝指数あがるんじゃないかと・・・思ってたのにもかかわらず『ブラック・ダリア』観にいってきました。ふたりの成り上がりの野心家の男リーとバッキー、そ ...
ブラック・ダリア・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1940年代のハリウッド。 虚構の迷宮をたゆたう人間模様が、モザイクの様に折り重なって一つの文様を形作る。 47年に起こった、未解決の猟奇殺人事件をベースに書かれたジェイムズ・エルロイの小説を、ブライアン・デ・パルマ監
『ブラック・ダリア』 (Days of Books, Films)
ジェームズ・エルロイのノワール小説を、ほかでもないノワール的官能をたっぷり持ち合
何でもあり!の娯楽サスペンス映画。『ブラック・ダリア』 (水曜日のシネマ日記)
40年代のロサンゼルスを舞台に、女優志望の女性が惨殺された事件を追う刑事の物語です。
「ブラック・ダリア」:東京国際フォーラム前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}東京国際フォーラムってよく映画の試写会が開かれるわよね。 {/kaeru_en4/}ワールド・プレミアっていうやつな。日本映画で日本人しか来ないのにワールド・プレミアって名づけたりして。あの史上最低映画のひとつ「男たちの大和」もたしかここで試写会 ...
死へのめまい@ブラック・ダリア (憔悴報告)
まずもって、本年度最速の映画である。 いや、トニー・スコットやポール・グリーングラスのように畳み掛けるようなカッティングという意味ではない。 そうではなくて、純粋に物語の進行が速いのだ。
ブラック・ダリア (Diarydiary!)
《ブラック・ダリア》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE BLAC
『ブラック・ダリア』(ブライアン・デ・パルマ)@109シネマズ木場 (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://www.black-dahlia.jp/ う~ん、デ・パルマのファンとしては充分に楽しめましたが、やはり、ボリュームある原作を無理やり120分の尺に押し込めた寸詰まり感は否めないかも。プロットを原作に忠実に進めようとするならば、あと20~30分く ...
デ・パルマのノアール現在形 (微動電信)
ブラック・ダリア ブライアン・デ・パルマ ★★☆☆☆ 巨匠ブライアン・デ・パルマ、ミーツ、暗黒小説の大家ジェームズ・エルロイで今作。 実在のハリウッドでの若手女優惨殺事件。腰から真っ二つに裂かれた死体、又はその被害女性を『ブラックダリア』と呼び ...
ブラック・ダリア (knockin' on heaven's door)
The Black Dahlia ジェームズ・エルロイ原作。実際に起きた事件を基にした小説をブライアン・デ・パルマが映画化した作品。 猥雑な空気を醸し出しつつ、同時にちょっと古いフィルム・ノワールのようなレトロな趣。でも語り口がぎこちなく、内容が分かりづら ...
「ブラック・ダリア」  The Black Dahlia (俺の明日はどっちだ)
今回の映画化を機に遅ればせながら今年の夏にようやく読んだ40年代にロサンジェルスで実際に起こった有名な猟奇殺人事件を基にしたジェイムス・エルロイの原作はとてつもなく面白くて、かつ味わい深くてまさに傑作と呼ぶに相応しい作品だった。( → 感想はこちら ...
ブラック・ダリア (壺のある生活)
ブラック・ダリア The Black Dahlia (2006/アメリカ) 後からじわじわ~っと気持ち悪い映画 監督 ブライアン・デ・パルマ Brian De Palma 原作 ジェームズ・エルロイ James Ellroy 『ブラック・ダリア』 脚本 ジ
真・映画日記(2)『ブラック・ダリア』 (CHEAP THRILL)
(つづき) 午後3時半に家を出る。 5時に渋谷到着。 109の近くに金券ショップで映画の券を何枚か買う。 TSUTAYA渋谷店に行きビデオを3本借りる。 JR山手線に乗り、秋葉原に。 6時半から「ビジュツイッキ塾」に参加。 女性3人を含め17人で 先日見てきた ...
ブラック・ダリア(20061023) (cococo)
Take easy, but not easy.タイトルになっている事件は、マテ
『ブラック・ダリア』 (京の昼寝~♪)
1947年、ロサンゼルス市内の空き地で、腰から切断された若い女の死体が発見された。被害者は女優志望の女。世界一有名な死体になった彼女を、人はこう呼んだ     ■監督 ブライアン・デ・パルマ■原作 ジェイムズ・エルロイ(「ブラック・ダリ ...
ブラック・ダリア (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
先日、本作の原作であるエルロイの同名小説 を読みました。 全体としては、導入部分と謎解き部分のバランスが悪く、バタバタとしたラストになってしまい、観終わって納得いかない感じが残りました。 事件そのものよりも、事件を取り巻く人間関係、特に ...
『ブラック・ダリア』 (映画館で観ましょ♪)
伏線・伏線・伏線が何とか結びつき解決はしたけれど... 誰が誰やら・・・話の中に出てくる名前と人が一致しない。 面白かったかと聞かれれば、「いいえ」と答えるでしょう。
ブライアン・デパルマ監督「ブラックダリア」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 ブライアン・デパルマ 出演 ジョシュ・ハーネット、スカーレット・ヨハンセン、マイク・ウォルバーグ、ヒラリー・スワンク  ブライアン・デパルマはこの映画で何を撮りたかったのか。影である。しかもそれは現代の影ではなく50年代の映画のなかにある影 ...
ブライアン・デ・パルマ監督「ブラック・ダリア」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ジェームズ・エルロイのノワール小説「ブラック・ダリア」(映画化された「LAコンフィデンシャル」を含めて暗黒のLA4部作と呼ばれる)をブライアン・デ・パルマが監督。出演・ジョシュ・ハーネット、アーロン・
「ブラック・ダリヤ」 (不良中年・天国と地獄)
クライム・ノベルの巨匠が書いた傑作小説を、映像の魔術師がメガホンをとった話題作。実在の迷宮入り事件をモデルにしているそうです。制作=2006年 アメリカ映画 121分。監督=ブライアン・デ・パルマ。原作=ジェイムズ・エルロイ「ブラック・ダリヤ」文芸春秋...
ブラック・ダリア…この映画に邪魔なのはダリア事件では? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
10年ぐらい後にはビリーズブートキャンプとボビー・オロゴンを混同していそうな気がするピロEKです{/face_ase2/} 本日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は娘の競書会の授賞式というのがあって、門司港まで行ってきました。 私は門司区在住なのですが、門司港ってあんまり...
『ブラックダリア』 (TATSUYAの レンタル映画レビュー)
人間の暗い闇を覗く様な映画。 ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組ジョシュ・ハートネット、スカーレット・ヨハンソン 他 (2007/05/18)東宝 この商品の詳細を見る  何と!!『TATSUYAのレンタル
ブラック・ダリア (紅梅日記)
ブラック・ダリア 1947年、LA市内の空き地で、女性が腰部分を切断された惨殺死体で発見される事件が発生。 その女性、エリザベス・ショートはハリウッドで女優になる夢を見ながら哀れな最期を遂げたのだと判明する。 LA市警の刑事、バッキーとリーはその捜査にあたる...
ブラック・ダリア (Blossom Blog)
ブラック・ダリア THE BLACK DAHLIA 監督 ブライアン・デ・パルマ 出演 ジョシュ・ハートネット アーロン・エッカート     スカーレット・ヨハンソン ヒラリー・スワンク アメリカ 2006
ブラック・ダリア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『世界一有名な死体、世界一忌まわしい謎。』  コチラの「ブラック・ダリア」は、ハリウッドの伝説的迷宮入り事件に着想を得て書かれた「L.A.コンフィデンシャル」の原作者ジェームズ・エルロイの同名ベストセラー小説を映画化したR-15指定のクライム・ミステリーで...