ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『パーフェクト・ゲッタウェイ』

2009-11-22 17:32:57 | 新作映画
(原題:A PERFECT GETAWAY)


----あれっ。ミラ・ジョヴォヴィッチの新作というから、
最近、よく予告編で流れているあっちの方かと思っていた。
「フォーンが言っているのは『フォース・カインド』のことだね。
あちらは、触れてはならないという事柄、
規制があまりにも多すぎるので、公開してから。
実話を基にしたという、その映画とは違って
こちらは完全なフィクション」

----ふうん。どんなお話ニャの?
「これはね。
ハネムーンを楽しむためにハワイにやってきたカップルに襲いかかる
世にも恐ろしいお話」

----“世にも恐ろしい”?
それはまた大きく出たニャあ。
またまた「この映画の結末は誰にも喋らないでください」との
警告つきだよね。
で、どこまで喋ってくれるの?
「じゃあ。まずは簡単なストーリーを。
地上の楽園ハワイ。そこでひと組のカップルが殺された。
ハネムーンでその地を訪れていたクリフ(スティーヴン・ザーン)とシドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、
現地で仲良くなった自分の周りにいるカップルたちに疑いを持ち始める。
軍隊にいた男ニック(ティモシ-・オリファント))と、その彼女ジーナ(キエレ・サンチェス)。
刺青をした男クレオ(マーリー・シェルトン)と、その彼女ケイル(クリス・ヘムズワース)…。
果たして犯人カップルは? そして彼らの目的とは?」

----ニャるほど。ミステリーの要素もあるわけだニャ。
「うん。このカップルが、
いずれもそれぞれに犯罪を起こしそうに見える。
たとえば、クレオたちは、それこそ、
これまでのヒッチハイク・クライム・ムービーによく出てきた感じ。
彼らに冷たくしてしまったばかりに…ってやつだ。
もうひと組のニックたちの方は、
徐々に、普通の連中とは違う部分を覗かせてくる。
たとえば、マッチョなクレオが狩りをして捕まえてきた鹿をその場で
ケイルが素手で、調理したりとかね…。
さあ、どっちが殺人犯の本命と、
観る者は推理を働かせながらスクリーンを見つめるってわけだ」

----それはオモシロそう。
監督は誰ニャの?
デイヴィッド・トゥーヒ―
『ピッチ・ブラック』『リディック』などの監督としても知られるけど、
実は、『逃亡者』『G.I.ジェーン』の脚本家でもある。
それだけに、語り口と映像が、なかなか巧くマッチしていて、
あれよあれよと言う間に
観ている者を驚愕のラストへといざなってくれる。
舞台を美しいハワイのビーチとしながら、
そこまで険しい道をトレッキングで向うというのも、
視覚に変化を与え、映画が平坦にならないようにしている。
しかも、女優達のヌード付きだから、
この監督、ほんとうに観客を楽しませる術を知っている」

----それって、めちゃくちゃ誉めてニャい?
「いやあ。でも、
あとで考えたら結論とは矛盾した描き方というか、
観客に対する情報の与え方が公平じゃないような、
そんな感じがしないでもない。
まあ、伏線の張り方とかは上手いんだけどね。
でも、そういうのをもう一度確認してみたくなる
不思議な魅力を持っているのは確か。
ぼくなんか、ほんと、やられたって感じだったからね」


         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「フォーンも、えいの喋り方で罠にハメられたのニャ」ぼくも観たい

※タイトルの意味、最後まで観ると納得する度


blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。

画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『パブリック・エネミーズ』 | トップ | 『ビッグ・バグズ・パニック』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観客に対して (miyu)
2010-01-30 16:57:40
公平じゃないところってのはあたしも一瞬考えたのですが、
ひょっとしたら2人で交わされる会話のことでしょうか?
確かミステリーのルールにそんなのがありましたよね。
でも、この映画の場合、片方が演じる、そしてそれを
もう片方が見届けるみたいな伏線があったから、
あそこもお芝居で、「まぁやだわ!怖いわね~」的な
お遊びだったと考えるべきなのかしら?と思いました。
■miyuさん (えい)
2010-02-01 23:01:12
こんばんは。

なるほど。あれも「お遊び」か。
そうとれないこともないですね。
だとしたら、ほんとうにあのふたりは
サイコだ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
パーフェクト・ゲッタウェイ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『容疑者6人 犯人2人』  コチラの「パーフェクト・ゲッタウェイ」は、地上の楽園ハワイを舞台に繰り広げられる1/23公開のR15+のミステリー・スリラーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪先週公開されて行こうかな?と思ったのですが、あんまり上映回数が多くなく...
パーフェクト・ゲッタウェイ (to Heart)
容疑者6人 犯人2人 原題 A PERFECT GETAWAY 製作年度 2009年 上映時間 97分 映倫 R15+ 脚本 デヴィッド・トゥーヒー 出演 ミラ・ジョヴォヴィッチ/ティモシー・オリファント/キエレ・サンチェス/スティーヴ・ザーン/マーリー・シェルトン/クリス・ヘムズワース ハ...
パーフェクト・ゲッタウェイ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:デヴィッド・トゥーヒー 脚本:デヴィッド・トゥーヒー 地上の楽園ハワイ、カウアイ島に新婚旅行にやってきたクリフとシドニー。2日以上秘境を歩いて越えた先にある、ハワイでもっとも美しいと言われるビーチを目指す。と...
パーフェクト・ゲッタウェイ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
なんか、昔あったタイトルを組み合わせたような印象のタイトルになっていますが(笑)ハワイを舞台にしたサスペンスは、誰が犯人か?っというどんでん返しが気持ちよくうたた寝なく観てきました。『パーフェクト・ゲッタウェイ』新婚旅行で訪れたハワイ。新婚カップルが殺...
パーフェクト・ゲッタウェイ (だらだら無気力ブログ)
ハワイを舞台にハネムーンで訪れた夫婦が殺人事件を起こした殺人犯かも しれないカップルと遭遇し、事件に巻き込まれていく様をスリリングに 描いたサスペンス。世界でも有数のリゾート地であるハワイに新婚旅行でやってきたクリフと シドニーの夫婦。オアフ島で観光を...
「パーフェクト・ゲッタウェイ」 ネタバレしないと語れない (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレしています!というよりネタバレしないと語れません> 地上の楽園と言われ
パーフェクト・ゲッタウェイ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ハワイの人里離れたビーチで観光を楽しむ三組のカップル。その幸福な気分を一変させたのは、島内に殺人犯が潜伏しているという驚愕のニュースだった。 予測不可能な展開で物語が二転三転するアクション・サスペンス。 出演は「バイオハザード」のミラ・ジョヴォヴィ...
パーフェクト・ゲッタウェイ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
先週この映画を観に行ったんだけど、上映が始まって約40分程してから映像が突然ブツンと切れたの。何が起こったんだろう???―と思っていたら、、、なんと映画館のある施設全体が停電になったらしく、ボーリング場やゲームセンターなどの他の施設まで機能がストップいつ...
パーフェクト・ゲッタウェイ (A Perfect Getaway) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・トゥーヒー 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2009年 アメリカ映画 97分 サスペンス 採点★★★ 職場の同僚とかちょっとした知り合いって、その人の事を知っているようでよく考えると全く知らないってことがありますよねぇ。その人がメガネを掛けて...
『パーフェクト・ゲッタウェイ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 パーフェクト・ゲッタウェイ 』 (2009)  監  督 :デヴィッド・トゥーヒーキャスト :ミラ・ジョヴォヴィッチ、スティーヴ・ザーン、キエレ・サンチェス、ティモシー・オリファント、マーリー・...