ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『桐島、部活やめるってよ』

2012-07-29 20:10:12 | 新作映画
----これ、観たとき
スゴく興奮していなかった?
確か、トリュフォーやアルトマンまで
引き合いに出して…。
「そうだね。
その思いは今も変わらない。
最初、この『桐島』の話を聞かされたとき、
舞台が学園ということ、
同じ時間が繰り返されるという噂から
押井守『うる星やつら★ビューティフル・ドリーマー★』のようなものかと…。
ところが実際は、
そういう時間が<止まった>ものではなく、
同じ時間に起こったことを
視点を変えながら少しずつずらして見せているんだ。
こういうスタイルの映画、
いままでにもあったような気がしないでもないけど、
ここまで徹底したのは初めてじゃないかな」

----へぇ~っ。
同じことばかりが繰り返し描かれているなんて
とてもオモシロいとは思えないんだけど…。
ニャにか意味あるの?
「そこなんだよね。
ぼくが、ふたりの巨匠の名を持ちだしてきたのは…。
ロバート・アルトマンは言わずと知れた群像ドラマの名手。
一方のフランソワ・トリュフォーは、
映画の中に登場するすべての人の人生を意識しながら
作っているようなところがある。
この作品は、そこを継承しているんだ。
フォーンは、この映画の主人公って誰だと思う?」

----決まっているじゃニャい。
その桐島って人でしょ?
「普通、そう思うよね。
ところが、この映画には桐島は登場しない。
厳密に言えば超ロングで写しだされはするんだけど…。
で、映画は、その“桐島”が“バレー部”を止めるという噂が、
さまざまな波紋を巻き起こしていくさまを描いていく。
この、“桐島”というのは
文武に秀でたスーパーヒーロー。
その友だちは菊池宏樹(東出昌大)を始め、
友弘、竜太とみんなカッコよく、
彼女の梨紗(山本美月)も、
男ならだれしもが目を止めずにはおかないほどの美形。
で、その梨紗も東原かすみ(橋本愛)や沙奈、実果といった
やはり美女軍団を率いている。
さて、これまでの映画なら、
ここまで舞台が整えば、
この桐島と梨紗にスポットを当てて描いていくはず。
ところが、ここで描かれるのは
桐島の部活が終わるのを待っている宏樹たち帰宅部のイケメン男子たち、
そして同じように桐島を待つ梨紗とそのグループの女子たち」

----あれれっ。
この映画の主演は神木隆之介かと思っていたけど、
まだ、彼の名前出てこないね。
そう言えば、大後寿々花)も…。
「そこ。そこもポイント。
神木隆之介が演じているのは映画部の前田涼也、
この学校においては、
映画部のヒエラルキーは低く、
彼ら映画部員は日蔭の存在。
同じく大後寿々花演じる沢島亜矢も吹奏楽部キャプテン。
でも、彼らにも当然、
自分の<思い>やそれに基づく<生き方>というものがある。
だけど、“上”グループからは、
彼らはまるで
存在していないかのように軽く扱われている。
この映画は、そんな学校という格差社会の中、
“下”グループの心をも持て余す“上”グループのいやらしさ、
またその“上”グループの中にも
実は、それぞれに対する<隠された悪意>があることなどを
多角的に描いていくんだ」

----もう少し分かりやすく説明してよ。
「そうだね。
一例をあげると、
亜矢は宏樹のことを秘かに思っている。
彼女は、毎日、放課後に
彼の姿が見えるところで吹奏楽の練習をしている。
その気持ちに気づいた宏樹の彼女、沙奈は
わざと亜矢の見えるところで彼にキスをせがむ」

----いやらしい女だニャあ。
「かすみにしてもそう。
彼女は中学時代の同級生である涼也に
思わせぶりな態度を取る。
結果、
涼也はかすみと親しくなれるのでは?と淡い期待を抱く。
しかし、それも公にはしていない彼氏がいるかすみの
余裕のなせるわざということが
後に分かってくる…。
さらには、
女子の“上”グループに亀裂が入るきっかけを生む
桐島の補欠・風助(太賀)のエピソードも絡んできて…」

----確かにオモシロそう。
でも、そんなに盛りだくさんだと
収拾つかなそうだニャ…。。
「いやいや。
監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『パーマネント野ばら』>の吉田大八
それぞれの事象を
時間をずらし、角度を変えることで
個々の内面と、そこから生まれる関係性の変容を見せていく。
そしてクライマックスで爆発するダイナミックな下剋上。
それはなんと<映画>を通してのもの。
この“映画の反乱”――果たして成功するのか、否か?
やはりこれは、とんでもない映画と言うしかない」





                    (byえいwithフォーン)


フォーンの一言「手放しの褒めようだニャ」身を乗り出す

『夢売るふたり』 が本年度邦画ベストと言ったばかりだけど、
やはり個人的にはこの映画の方が好きかもだ度…

コトリ・ロゴこちらのお花屋さんもよろしく。

こちらは噂のtwitter。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ギリギリの女たち』 | トップ | 『映画 ひみつのアッコちゃん』 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2012-07-30 23:41:19
これ、全然内容を知らずに試写をみたのですが、驚きました。
実に面白かった。
吉田大八監督は前作の「パーマネント野ばら」も良かったですが、独自の世界を作りつつありますね。
内容的にも夏休みにピッタリ。
しかし今時あんなアナログな映画部はあるのかな(笑
こんばんは?はじめまして? (urara)
2012-08-05 22:58:35
はじめまして?
先日はコメントありがとうございました。
人知れず、ちょくちょく読ませて貰っています。
この映画、何とも言いがたい面白さがある映画でしたね。
終わり方は賛否ありそうな感じでしたが、私的にはアリだなと。

ところで今回TBさせて頂こうとして、誤って違う映画のTBもことらにしてしまいました。
どうぞ容赦なく削除願います。
何でしたらこのコメントごと闇に葬って下さっても結構ですので(笑)
度々すいません。 (urara)
2012-08-05 23:02:43
TBを今確認したところ、同じものを2度していたようですね。
そして幸いにも、それは1つしか反映されてないようで・・・。
ご迷惑、及び無駄にお騒がせしました。
■uraraさん (えい)
2012-08-08 23:44:30
こんばんは。

ぼくは、この映画のラストは好きですね。
それまで、あまり人の痛みとか感じることなく
自然に、もって生まれた「才」を享受していた彼が
初めて大きく心動かされる。
やはり、そうあってほしいなというか、
あのシーンで、この映画への
ぼくの評価、支持は一気に上がりました。

違う映画へのTB、ありましたっけ?
なかったような…?
■ノラネコさん (えい)
2012-08-08 23:45:57
こんばんは。

実は少し前に『パーマネント野ばら』を観なおしたのですが、
やはりこの監督はいいですね。
しかも、一作ごとに違う引き出しを持っている。
これからが楽しみです。
Unknown (Ageha)
2012-08-12 11:17:14
Twitterやmixiではやたら主題歌の高橋優の話で一人盛り上がってて、実際この歌が聞きたくて行ったような映画だったんですけど、
実際すごかった。
正直前半はかったるかったんですが、
ラストの屋上のシーンで涼也と宏樹が向かい合って話すシーンでなぜか泣いてました。

8ミリフィルムだとか、えいさんきっと好きだろうなって
映画見ながら思ってましたよ☆
映画好きにもいろいろあるけど、
この作品とかこの監督とか自分がこだわってるとこに
ふれてくるような作品てそれだけでうれしくなっちゃうとこありますよね(#^.^#)
こんにちは (ナドレック)
2012-08-17 12:31:06
マルチカメラの活用も、視点が変わると事象も違って見える物語も、黒澤明が手がけたことなのに、黒澤はその両方を活かした映画は作らなかった。それを実現するとこんな映画になるのかな、と思って観てました。
いつもながら、吉田監督は役者の魅力の引き出し方が上手いですね。
Unknown (cochi)
2012-08-24 22:03:16
>同じ時間に起こったことを
視点を変えながら少しずつずらして見せているんだ

この手法は、外国映画で何度かみたんですが、観ているこっちは楽しいですね。裏側のさらに裏側が解る感覚です。それに群像劇では一層効果的かも。

それにしても若い人が魅力的なのはほんとにいいです。屋上のラストシーンにこの監督の想いがあるようで。多少陳腐ですが、やはりジーンときます。
■Agehaさん (えい)
2012-08-24 22:47:14
高橋優の歌はそのままこの映画のテーマになってましたね。
こういう関連性の強い主題歌だったら大歓迎です。
ラストは、泣けましたね。
いままで、こんな形で「持てる者」を描いた映画って
あまりなかった気がします。
青春=悩みというのが定説のようになっていたので…。

しかし、8ミリを撮っていた頃を強烈に思い出させてくれる映画でしたね。
■ナドレックさん (えい)
2012-08-25 00:34:23
こんばんは。

なるほど、黒澤明監督は
そのふたつの手法を
それぞれに取り入れていたわけですね。
もし、彼がこの時代に生きていて、
ここまで多様化した映画を観たら、
どんな感想を抱いたか、
実に興味があります。
■cochiさん (えい)
2012-08-25 01:04:48
『バンテージ・ポイント』ですね。
サスペンスなどでは多いですが、
こういう一般のドラマでは珍しい気がします。

ラストは、
あのようなことが起こるだろうと、
ある程度読めるのですが、
それでも嬉しく感じちゃうのは、
やはり、自分が8mm青年だったからでしょうか(笑)。
やっと書けました! (maru♪)
2012-09-05 02:09:19
えいさん! 見てきましたよ~★
やっと感想書けました♪

同じ瞬間を視点を変えて繰り返す手法と、学校という空間という点で、
ガス・ヴァン・サント監督の『エレファント』に似ているとは聞いていました。
『エレファント』は大好きで、かなり衝撃を受けたので、手法としてはそこまでの衝撃はありませんでした・・・

でも、すごく好きな映画でした!
涼也のあの映像は映画ファンならニヤリですよね(笑)
宏樹との会話も好きでした♪
■maru♪さん (えい)
2012-09-10 21:29:06
この映画、ほんとうにオモシロかったです。
おっしゃるように、
あの屋上での「映画」。
ここからぼくのエモーションはピークに向かいました。
そして訪れるあの宏樹の涙。
一本の映画の中に
こんなにもさまざまな人物の心情を見せてくれた映画は、
そうは多くありません。
映画を次の次元に引き上げた作品だと思いました。
 (とらねこ)
2012-09-18 00:05:21
えいさん、こんばんは。
ちょっと遅くなってしまいました。
旅行から帰って来たら絶対すぐに見よう!と思ってました。

なるほど、えいさんはヒエラルキーで説明されたのですね。確かに、クラスの中心になるタイプのグループと、そうでないグループって居ますよね。
学校内で目立たない子のグループに属してしまうと、自分が成長していく過程で、メンタルに影響を及ぼしそうです。
クラスの中心的グループに属している自分を誇りに思ったりしましたが、今思うとくだらないことでした。
その実、ここに居る人達は自分の本当の気持ちは分からないだろう、なんて考えていたりして。
こういうこともすごく懐かしく思いましたね。

私も女の子4人組でしたが、4人組は2人-2人に分かれるのって多いのかもしれません。
今度時間がある時にでも、ゆっくりお話したいですね。
■とらねこさん (えい)
2012-09-27 22:30:47
こんばんは。

この映画、とても観てほしかったです。
太宰治以来、青春を描いた日本の作品の中で
主人公が「悩まない」という…
それだけでも驚きでした。
で、最後に
それまで自分が深く人生と向き合っていなかったことに気づいた
「なんでも持っている」男の子が、
「好きだから」という、
それだけの理由で映画を撮るという
まったく別の次元の男の子がいることに愕然とする。
こんな発想の作品、初めてじゃないかな。

こちらこそ、こんど、ゆっくりお話しさせていただきたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
桐島、部活やめるってよ・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
桐島とは、何者だったのか? 成績優秀、スポーツ万能、誰もが憧れ一目置く学園のヒーローで、バレー部キャプテンの桐島が、ある日突然姿を消す。 そして齎された、「桐島、部活やめるってよ」という何気な...
桐島、部活やめるってよ (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】 学園もので、タイトルの桐島君に関係
吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。朝井リョウ・原作、吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』出演は、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花、東出 昌大、他物語・バレー部のキャプテンで成績も優秀な桐島。ガールフレンドは校内
8ミリ越しの下克上~「桐島、部活やめるってよ」~ (ペパーミントの魔術師)
↑てっきり神木くんが桐島かと思ってました。 もしくはこの物語でいちばんかっこいい役なのかと。 違ってました(笑)いや半分は当たってたかな。 ダサダサな映画部の部長で運動神経ゼロ、どっちかいうと クラスでは存在感がなく、どうでもいい人間のように見られてる。...
「桐島、部活やめるってよ」 それでも俺たちはこの世界で生きていかなければならないのだから (はらやんの映画徒然草)
高校生くらいになると、幼い時のように無邪気に夢を見ることはできなくなってきます。
『桐島、部活やめるってよ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「桐島、部活やめるってよ」□監督 吉田大八 □脚本 喜安浩平、吉田大八□原作 朝井リョウ □キャスト 神木隆之介、橋本 愛、大後寿々花、前野朋哉、岩井秀人、東出昌大、山本美月、       松岡茉優、清水くるみ、落合モトキ、...
『桐島、部活やめるってよ』 陽はまた昇る (映画のブログ)
 サミュエル・ベケットが『ゴドーを待ちながら』を発表したのは1952年のことだ。この著名な戯曲は、それから半世紀以上たった今でも世界のどこかで上演され続けている。  『ゴドーを待ちながら』が表題にゴ...
桐島、部活やめるってよ(2012-108) (単館系)
桐島、部活やめるってよ 新宿バルト9 最初に。 もう遅いかもしれませんがこれから見にこうと思っていて 原作も読んでいないならなんの情報も仕入れずに観に行く ことをおすすめします。 とある田舎...
桐島、部活やめるってよ (私的図書室)
吉田大八監督『桐島、部活やめるってよ』 何処かに行ってみようかということで映画に出かけました。 原作も拝読しているという事で、この作品を鑑賞する事に。 私の好みに家族をつき合わせました。 子供は『エイトレンジャー』が観たかったみたい。 原作では人物形式...
桐島、部活やめるってよ (そーれりぽーと)
人の本音をパンチMAXで描かせたら右に出る者は居ない吉田大八監督最新作、『桐島、部活やめるってよ』を観てきました。 ★★★★ 今度は高校生のリアルな感情を描く。 人気者の桐島が急に部活を辞め、姿を見せなくなった事を切欠に、軸を失った学生達の日常にヒビが入り...
観ました、「桐島、部活やめるってよ」 (オヨヨ千感ヤマト)
何の情報ももたず観に行きました。監督の名前とにのまえ・・・いや神木君が主演ってこ
映画『桐島、部活やめるってよ』 (trivialities )
【8月11日特記】 映画『桐島、部活やめるってよ』を観てきた。 吉田大八監督はデビュー作『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』がとにかく衝撃的だった。そして、『クヒオ大佐』は見逃したものの、『パーマネント
「桐島、部活やめるってよ」桐島パニックに巻き込まれた先にみたそれぞれの立場から見た人間関係の距離感 (オールマイティにコメンテート)
「桐島、部活やめるってよ」は朝井リョウの原作を映画化した作品で男子バレーボール部で人気だった桐島が部活を辞めた事で周りに様々な衝撃を与えて、関わりある人も関わりない人 ...
桐島、部活やめるってよ (KATHURA WEST・・・クロノスの微笑み)
朝井リョウの原作は読んでないんです。ただ《初の平成生まれ直木賞作家か?》ということで、お名前は知っており、さらに《不思議な謎の絵》に惹かれ、ふらふら、《TOHOシネマズ二条》で観ました。 高校生青春群像物語ということで、それほど《身を乗り出して共感》と...
映画「桐島、部活やめるってよ」 (FREE TIME)
映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。
『桐島、部活やめるってよ』前田、部活たのしいってよ。 (Healing )
桐島、部活やめるってよ ★★★★★ 熱くなれるものがあるのは 全然カッコ悪くなんかない なんて痛快!カタルシス! 屋上のシーンでは、思わずパチンと手をたたいちゃいました! 「そうだ、そうだ!」 本当、全部、他人事じゃない。 探せ、探せ、あのころの自分を探せ。 ...
【映画評】<!-- きりしまぶかつやめるってよ -->桐島、部活やめるってよ (未完の映画評)
些細なきっかけで日常が崩壊していく高校生たちのやるせない姿を赤裸々に描いた青春映画の傑作。
映画『桐島、部活やめるってよ』観てきた・・・・ (よくばりアンテナ)
原作者・朝井リョウさんが大学在学中に小説すばる新人賞を受賞したってことで この本は読んでみたいって思ってたんですよ。 文庫になったら。 でも、春頃、文庫を見つけたんですけど、もう映画化の話...
文化部 × 運動部 × 帰宅部 ~『桐島、部活やめるってよ』 (真紅のthinkingdays)
 バレー部キャプテンにして学校の中心人物「桐島」が部活を辞める--。金曜日 の放課後、そのニュースが校内を駆け巡る。桐島の親友・宏樹(東出昌大)や恋人 の梨紗(山本美月)はもちろん、彼らとは最...
『桐島、部活やめるってよ』 (・*・ etoile ・*・)
'12.08.24 『桐島、部活やめるってよ』@丸の内ルーブル 気になってた映画。試写会応募したけどハズレ いろんな方にオススメされたので、楽しみに行ってきた~♪ *ネタバレありです! 長文(o´ェ`o)ゞ 「金曜日。いつもと同じ放課後。バレー部キャプテンで学校一の人気...
桐島、部活やめるってよ (映画的・絵画的・音楽的)
 遅ればせながら『桐島、部活やめるってよ』を新宿バルト9で見ました。 (1)物語の舞台は現代の高校(山がすぐそばにある地方の高校でしょう)、登場するのはほとんどが高校2年生ながら、まずまずの作品に仕上がっています。  とりわけ、 イ)映画のタイトルにもなってい...
それぞれの波紋 ~ 映画編 (笑う社会人の生活)
映画「桐島、部活やめるってよ」を鑑賞しました。 バレー部 キャプテン 桐島が部活をやめたことによる それぞれの波紋、様子が描かれる うーん! なんともリアルな・・・ 高校、学校というなの社会 高校の中が彼ら彼女らの全てであり世界 その中にあるヒエラルキー ...
桐島、部活やめるってよ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
桐島、部活やめるってよ '12:日本 ◆監督:吉田大八「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」「パーマネント野ばら」 ◆出演:神木隆之介、大後寿々花、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、...
桐島、部活やめるってよ (銀幕大帝α)
全員、他人事じゃない。 -感想- もうね、作品に対して難癖付け様が無くて完敗っすわ。 だけど1つだけ声を大にして言える事がある。 それは ファインダー越しに前田が妄想するゾンビの世界が神々しくて泣けた って事だ。 まさか青春群像劇内で描かれたゾンビに感動...
桐島、部活やめるってよ (いやいやえん)
タイトルの桐島君自体はきちんと出てこない作品です。 学校内における上、下の階層なんかはリアルだったなあ。友達関係の中でもあるゴタゴタとかさ。不自由な閉鎖空間の中で生きてきた学生だった人なら、なんとなくわかるはず。 構内風景や会話も現実味がある。映画...
視点別に時間軸を繰り返して自分の記憶とリンクさせる ─ 桐島、部活やめるってよ (Prototypeレビュー)
─ 桐島、部活やめるってよ ─ 劇場公開当初から小物作品ながらなかなか深い内容までエグリこんで描いていると話題になっていたこの作品『桐島、部活やめるってよ』。 気になって ...
桐島、部活やめるってよ (のほほん便り)
何とも不思議な肌触りの作品でした。でも、確実に「今の高校生の空気」みたいなものを伝えてますよね。 原作はヒットし、作者・朝井リョウは、第22回小説すばる新人賞を平成生まれで初めて受賞。 この作品も第36回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞、最...
「桐島、部活やめるってよ」 (或る日の出来事)
うん、まあ…普通。