ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『プライドと偏見』

2005-11-08 19:05:33 | 新作映画
----これってワーキングタイトル作品なんだね。
あの『ブリジット・ジョーンズの日記』を手がけた……。
「うん。そもそも『ブリジット・ジョーンズの日記』が
この原作『高慢と偏見』を現代版に仕立てたものだからね。
でもこれを観ているとき、ぼくの頭に浮かんでいたのはなぜか『春の雪』」

----えっ、同じジェーン・オースティン原作の『いつか晴れた日に』じゃなくて?
確かにどちらも文豪の名作の映画化だけど…。
「少し話がそれるけど、
映画版『春の雪』は主人公・清顕の評判がめちゃ悪い。
その理由は『子供っぽい』ということ。
好きなのに気がない振りをして、
彼女が手の届かないところに行ったら焦りだす…というようにね。
原作だと、その屈折した感情がなかなかオモシロかったわけだけど…。
この『プライドと偏見』も
男のプライドが恋愛の行方をややこしくしてしまう。
ただ、『春の雪』との違いは、
その気位の高さから出てくる態度・行動に対して、
女が『偏見』を持ってしまうこと」

----ははあ、お国柄の違いなのかね?
「いや、それだけじゃないと思うよ。
やはり個人の資質の問題だろうね。
この映画ではイギリスの田舎町に住むベネット家の5人姉妹が
自分の前に現れた男たちに心ときめくさまが
美しい大自然を背景に描かれる。
この時代、イギリスでは女性に財産相続権がなかったために、
結婚が女性の人生を決定づけるすべて。
そこで母親(ブレンダ・ブレッシン)は
娘たちを資産家と結婚させようとするが……というお話だ」

----父親役がドナルド・サザーランドか……。
ジュディ・デンチも出ているね。
「うん。ヒロインの次女エリザベスにキーラ・ナイトレイ。
ときにイザベル・アジャーニのようであり、
ときにウィノナ・ライダーのようでもあり。
自分を侮辱する男ダーシー(マシュー・マクファディン)に食ってかかりながら、
絶対に認めたくない相手に対して芽生える恋の感情に戸惑う…。
強さとやさしさが同居した、その凛とした美しい姿。
これは、彼女の代表作となりうるだろうね」

----ということは物語はこのふたりを軸に進むの?
「うん。あとは長女のジェーン(ロザムンド・パイク)と
ダーシーの親友ピングリーの結婚をめぐるエピソード、
ダーシーとは浅からぬ縁がある青年将校ウィッカムと末娘リディアとの駆け落ち、
そしてエリザベスに求婚して振られ、
すぐに彼女の幼なじみシャーロットと結婚する
遠縁のコリンズ(トム・ホランダー)の話。
これだけ頭に入れておけば大丈夫だよ」

----あれっ、ジュディ・デンチは?
「コリンズの後見人でダーシーの叔母のキャサリン夫人の役。
名家で金持ちということもあるけど、
鼻持ちならない、それこそ傲慢な女性を
これ以上ないくらいに憎々しげに演じる。
その存在感はまさに周囲を飲み込まんばかりの迫力。
片や同じく名優ブレンダ・ブレッシンは
金の“匂い”に機敏に反応するやり手のお母さん。
そのちょっとした仕種・表情は観客すべてを笑いに包み込む。
さすがイギリスはシェークスピアの国。
剛の演技と柔の演技。なんとも贅沢な共演だわ」

----そう言えば、ロケもすごそうだね。
「うん。デビッド・リーンの映画を思い出した。
映画の中にも『大自然に比べると人間は……』のセリフが出てくる。
映画もそれを生かした大ロングの画が印象的に織り込まれる。
しかも1660年代に建てられた堀のあるレンガ作りの庭園や
いくつもの屋敷・豪邸がそのまま登場。
なかでもキャサリン夫人の屋敷の絢爛たる壁画・天井画は圧巻。
『これを観るだけでも…』と言いたくなるほどのものだ。
時代再現のためCGに頼らざるを得なかった『春の雪』がかわいそうに見えてくる」

----う~ん。ニャるほど。
確かに行定勳監督が観たら羨ましがるかもだね。
                     (byえいwithフォーン)

※意外と酔える度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はスペインのオフィシャル・サイトのwallpaperです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『イントゥ・ザ・サン』 | トップ | 『コアラ課長』 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (がちゃダンジョン)
2005-11-08 22:59:16
こりゃ、おもしろそうです!

キーラは「ドミノ」とは正反対なしっとり美人ぶりですね。ジェーン・オースティンの映画化はいろいろ観てますが、これもかなり期待大ですね。
期待です! (ココ)
2005-11-09 01:44:35
このお話大好きなんですよー!

早く見たいです(っていつも同じこと言ってますが・・・笑)

イギリスのTVドラマ版「高慢と偏見」がとてつもなく面白かったんですよね♪

なのでダーシーと言うとついコリン・ファースの笑わない顔が浮かんでしまいます

マシュー・マクファディンってどんな俳優さんなんでしょ

違いが楽しみでもあります

右上の画像のキーラ・ナイトレイ、パッと見たら確かにイザベル・アジャーニに見えちゃいました(驚)

コメントありがとうございます。 (えい)
2005-11-09 17:53:44
■がちゃダンジョンさん



こんにちは。

ジェーン・オースティンは

ぼくは『いつか晴れた日に』しか観ていないのですが、

あれもオモシロかったですよね。

そうそう、本文には書き忘れましたが

あの映画のエマ・トンプソンの名がエンドクレジットに。

なんらかの協力をしているのかもしれません。



■ココさん



テレビではダーシーをコリン・ファースですか?

彼はもうすぐ公開の『秘密のかけら』もよかったですよ。





そうそう、「右上」の画像の件ですが…。

これはぼくも最近まで気づかなかったのですが、

[新作映画]の横の[日付]をクリックすると

“この日の日記”と言う形で「画像」も大きく観ることができます。

ぜひ、お試しください。
こんにちは (charlotte)
2006-01-16 11:24:51
>絶対に認めたくない相手に対して芽生える恋の感情に戸惑う…。



=エリザベスはその一言に尽きますね。対するダーシーなんですが、私にはあまり気位が高い様には見えなかったのですが(^^ゞ むしろエリザベスの方が…



春の雪はみていないのでなんとも言えませんが、映像はとても素朴さと美しさを感じましたし、ラストショットは目を瞠りました!
■charlotteさん (えい)
2006-01-16 17:52:02
こんばんは。



ダーシーって、

演じたマシュー・マクファディンの顔が茫洋とした感じで

あまり魅力を感じなかったですね。

高慢と言うには、シャープさに欠けていた気がしました。
気候の違いは^^; (にゃんこ)
2006-01-25 19:47:02
やっぱり古い建造物が残せるような気候って・・・ちょっとうらやましいですね

新しいものに、ついつい目が向きがちですが

やっぱり時代を感じられる素晴らしい趣・・・

背景が好きなので(笑)ハーレクイーンぶりも素直に感じて

思い切りひたってました^^;

でも、突っ込むところは・・・突っ込んでましたけどね、、、

TBありがとうございました。

■にゃんこさん (えい)
2006-01-26 00:12:48
こんばんは。



<ハーレクイーンぶり>というのは

いいですねえ~。

<時代と女性の生き方>と言うのが、

原作者の意図なのでしょうが、

そういうことは横においてロマンス面だけを取り上げても、

けっこう酔わせてくれました。
何度目?お邪魔いたします。 (隣の評論家)
2006-02-23 23:46:59
えいさん、こんばわ。

よーやく観て参りました。良かったー、アカデミー賞受賞式の発表前に間に合いましたっ。なかなか素敵な作品で、楽しめました。ママ役のブレンダさんが、とってもキュートでした。

>剛の演技と柔の演技

コレは、コレは!見事な表現ですね。色々と感じたけれど上手くまとめられなかったなーとモヤモヤ感じた事が、えいさんのこの一文に凝縮されていますわ。素晴らしい!そうそう、ジュディ・デンチは嫌な役だったけれど、さすがの存在感でした。出番はほんの少しだと言うのに、やっぱりさすがだと思いました。
■隣の評論家さん (えい)
2006-02-24 09:49:00
こんにちは。



こういう映画って(←どういう映画じゃ)

観る前にはちょっとした決意が必要なのですが、

堂々たる語り口でいつしか引きずり込まれました。



今朝も、イギリスの俳優の演技力のスゴさを考えてました。

もし、この映画でブレンダ・ブレッシンと

ジュディ・デンチが役を交換しても、

それはそれでいけるのかどうかって?
ロケ (kimion20002000)
2006-08-05 00:43:24
tbありがとう。

これ、ロケ地が5箇所ぐらいあったと思うけど、ちゃんと、保存され、手入れされ、また、解放されているもんね。お屋敷や邸宅が。日本じゃ、文芸歴史作品は、ほんとうに苦労しますね。すごく、がんばっているけれど、「蝉しぐれ」の世界がせいぜい。
■kimion20002000さん (えい)
2006-08-05 13:32:28
こんにちは。



日本は高度経済成長期の過度の開発がたたって

かつての風景を再現するには

アニメかCGに頼るかしかなくなりましたね。

でもやはり本物の映像にはかなわないです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「プライドと偏見」@よみうりホール (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日の試写会、行きたくて行きたくて沢山応募したんだけど結局あてる事が出来ず、譲っていただいて無事に行く事が出来ました。Sさんありがとうございました。が・・・譲っていただいた試写状なんと2人分。確かになにも確認しませんでしたが、てっきり1人分だと思っていた
キーラナイトレイ 新作☆プライドと偏見 (我想一個人映画美的女人blog)
ジェーン・オースティン原作の古典「高慢と偏見」をTV界出身のジョー・ライト監督で映画化。 (「ブリジッドジョーンズの日記」のコリンファースで「高慢と偏見」というタイトルで\'95年に一度映画化済) 原題、「プライドと偏見」のまま日本では来春第2弾で公開 。 キーラ
プライドと偏見 (No Need To Argue)
試写会にて。 来年のお正月映画第2弾(2006年1月14日、有楽座ほか東宝洋画系にて公開)。 公式サイト(まだ何も無いみたい) http://www.pride-h.jp/ 英国の女流作家、ジェーン・オースティン(1775-1817)の「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」の映画化。 .
プライドと偏見 (toe@cinematiclife)
どっぷりハマッて見ちゃった。 お話は、とってもありがちなんだけどね。 いや~、すっかり世界に入り込んでたなぁ~。 <STORY> イギリスの田舎町のベネット家には、5人の姉妹がいた。 彼らは、決して裕福ではないが心豊かな生活を送っている。 しかし、父 (ドナルド・サザ
「プライドと偏見」 (てんびんthe LIFE)
「プライドと偏見」 新宿明治安田生命ホールで鑑賞 元気のいい、キーラ・ナイトレイを見たばかりなので、中世の令嬢役はまたいつもの楚々としたキーラなのかと思えば、田舎のお嬢チャンであって、自分の意見がしっかりとしている芯のあるお嬢さん役でした。原作も知らな
「プライドと偏見」試写会 (ミチミチ)
「プライドと偏見」 監督 ジョー・ライト CAST マシュー・マクファディン/ブレンダ・ブレッシン/ドナルド・サザーランド・・・ J-wave e STATION SHUFFLE試写会 協賛 TWININGS story  18世紀末のイギリス。地方にすむ5人姉妹のいるベネット家。ある日彼らの近.
一時代的な恋愛観としてのラブコメなら『プライドと偏見』 (映画はトモダチ)
これはすごいですね。 よくもまあ、今の時代にこれをもってきたなと、そんな印象でした。 【作品紹介】 『プライドと偏見』 監督 : ジョー・ライト 出演 : キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン ストーリー .
プライドと偏見 (映画を観たよ)
BBCのドラマと原作が気になる。 とりあえず本は図書館へ。でもドラマはツタヤには無いだろうなぁ・・・ 古典文学が基ということで難しそうという変な先入観がありました。 最初はちょっぴり退屈でどうなるかとも思いましたが気づけばずいぶん楽しく見ていました。 身分違い
☆ プライドと偏見 ☆ (さやの映画&日記)
<CAST> キーラ・ナイトレイ   :エリザベス・ベネット マシュー・マクファディン :ダーシー ドナルド・サザーランド :父親 ブレンダ・ブレシン   :母親 サイモン
プライドと偏見 (悠雅的生活)
I like him. I love him.
バカ一家の結婚戦略 「プライドと偏見」 (平気の平左)
評価:75点{/fuki_love/} プライドと偏見 恋愛においては、プライドと偏見がしばしば邪魔になるっていうお話。 これは私にも心当たりがないでもないで、昔はプライド高く、「好き」とかいう言葉を口にしないで武士のようにしているのがカッコいいと思っていたのですが、
プライドと偏見 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ネタバレありです。 イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳したか、そのまま「プライド」としたかの違いです。小説の題名と映画の原題が違うわ
「プライドと偏見」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Pride & Prejudice」2005/UK 原作は“エマ”“いつか晴れた日に”のジェーン・オースティン。主演のエリザベスにキーラ・ナイトレイ、Mr.ダーシーにマシュー・マクファデン。キーラは「ラヴ・アクチュアリー/2003」や「キング・アーサー/2004」etc.でお目にかかってい
「プライドと偏見」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「プライドと偏見」  公式サイト   劇場鑑賞  ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆ 2006年1月14日公開 5人姉妹の末娘と結婚した詐欺師的将校 ミスター・ウィッカム。 彼がどうしてもオーランド・ブルームに見えてしまった。 オー
『プライドと偏見』(2005年・イギリス) (にしかわたくの「こんな映画に誰がした?」)
文句無しに面白かったでーす。 原作やコリン・ファースのBBC版のファンの方は 色々思うところもあるかもしれませんが (ローレンス・オリヴィエ版のファンは・・・いねぇか) しっとりした文芸色もきちんと残しつつ 『ラブ・アクチュアリー』のワーキング・タイトル
【劇場映画】 プライドと偏見 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 18世紀末のイギリス。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪の独身男性ビングリーが引っ越してきた。美しく慎み深い長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活な次女エリザベスは、ビングリーの親友ダーシーの気位の高さに強い反発を抱いていた
プライドと偏見 (シャーロットの涙)
女性が相続を出来ない時代、18世紀のイギリスのお話。 玉の輿をやっきになって願う姿が滑稽でもあり、哀しくもある。いかにお金持ちと結婚するか・・・話題はそれに尽きるのかな。 プライド、個人的には自分の持つゆるぎない信念のことを意味していると思っている。劇中の
プライドと偏見 (Alice in Wonderland)
本日ラストはキーラ・ナイトレイ主演の映画です。昔の女性役がすごく似合ってたな。 フランス革命の余波が押し寄せる18世紀末の英国。片田舎に住む5人姉妹のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が越してくる。ベネット家の長女ジェーン...
映画館「プライドと偏見」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少なりとも差...
プライドと偏見 (KINOKANAL)
監督 :ジョー・ライト 出演 :キーラ・ナイトレイ,マシュー・マクファディン,ドナルド・サザーランド,ブレンダ・ブレッシン 18世紀末のイギリス。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪の独身男性ビングリーが引っ越してきた。美しく慎み深い長女ジェーンとビングリー.
プライドと偏見 (ネタバレ映画館)
 なぜカタカナ英語と漢字?  戸田奈津子先生も頑張ってました。平坦な現代英語なのに無理してカタカナ英語を使わないようにして、気品のある格調高い翻訳を目指したのでしょう。しかし、邦題は後から付けたのでしょうか、戸田先生の努力が報われていません。わざわざ“jea
4 プライドと偏見 (毎週水曜日にMOVIE!)
「高慢と偏見」(ジェーン・オースティン)そして「愛の妖精」(ジョルジュ・サンド)。 この2冊を、中学の国語の先生にすぐに読むようにと渡されました。 どちらにも共通していたのは、「人間の偏見」。 これは、であった感じが悪いとか、仏頂面だとか、口数がすくな
『プライドと偏見』 偏見に挑む意欲作 (キマグレなヒトリゴト)
前回タイトルが難しそう、なんだか堅そう、という 偏見に打ち勝った『高慢と偏見』。 今度は前作のあまりの出来に「今度のはどうよ?」 「ダーシーはコリン・ファースしかありえないし」 みたいな偏見と戦わなければならなかった「プライドと偏見」 Pride & Prejudice -
プライドと偏見 (八ちゃんの日常空間)
兄弟は仲がいいのでにぎやか。だからコミカルで随所に笑いが生まれる。 意地っ張りだから話を切り出せない二人は見ている方までやきもきさせる。 時代背景の暗さとか言うものはなく、恋愛を描いているが悲しさもないため、和やかに観ることができる映画だ。
★「プライドと偏見」 (ひらりん的映画ブログ)
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。
プライドと偏見 (がちゃのダンジョン 映画&本)
『プライドと偏見』 (2005)PRIDE&PREJUDICE上映時間127分 製作国イギリス ジャンルロマンス/コメディ/文芸「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」を手掛けたイギリスのワークング・タイトル社が、「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキーラ・ナイ...
プライドと偏見 (うぞきあ の場)
○タイトル『プライドと偏見』    文字通り、主人公エリザベスとダーシーのプライドが    交錯し、実は惹かれあう2人を、より複雑化する原因は    偏見。こんなとこだろか?結局、予想通り、最後は    同じベクトルへ???     ○イイ!①   キーラ・ナ
プライドと偏見 (My Favorite Things)
昨日も書いたとおり、『プライドと偏見』を早々に見てきました。5時間かけてていねいに作ってあるBBC版が好きで何度も見ているものですから、たった127分でちゃんとまとまるのか、と思ったのと、CMや予告を見ただけでも、熱心なファンのいるTV版と差をつけようという気持ちが
プライドと偏見 (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
圧巻のカメラワークと圧倒的な存在感を魅せたキーラ・ナイトレイ。これだけでも十分観る価値あり。この映画、文句なしにキーラ・ナイトレイにとっての最高傑作です。
プライドと偏見 評価額・1080円 (Blog・キネマ文化論)
●プライドと偏見をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 18世紀後半の英国。ベネット家の
『プライドと偏見』★★・・・60点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
「愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする。なんとも深い言葉でしょうか。大人の恋愛作品ですねぇ。しみじみ。。『プライドと偏見』公式サイト 制作年度/国;\'05/英 ジャンル;恋愛             ...
『プライドと偏見』 (異国映画館)
2005年 イギリス 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/19           プライドと偏見   監 督 :
映画『プライドと偏見』 (郎女迷々日録 幕末東西)
水曜日、レディースデイなので、観てきました。 キーラ・ナイトレイは好きですし、原作の古典小説、ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』は、高校生のころに読んでいらい、結構、気に入っていますし。 うーん。なんといえばいいのでしょうか。 心配していたのですが、やは
プライドと偏見 (eclipse的な独り言)
 私の住む街の偽シネコンでは、当市在住の方に限り今週は1000円で映画が見れる
プライドと偏見 (It\'s a Wonderful Life)
美しい映像と古典作品なのに判り易いストーリーで、良質の小説を読んで いる時のように、別世界にゆったりと浸れる映画だと思いました。 例によって予備知識ゼロで観ていて、 「いつか晴れた日に」と「ブリジット・ジョーンズの日記」 という二本の映画が似てる...
「プライドと偏見」ただひとつの恋 (soramove)
「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そんな枠の中でも 生き生きと人物が描かれた秀作。 かんたんに男女が言葉...
プライドと偏見 (Diarydiary!)
《プライドと偏見》2005年 イギリス映画- 原題 -PRIDE PREJUD
『 プライドと偏見 』 (My Style)
週末は『プライドと偏見』鑑賞。 いやぁ~、多くを語らない寡黙な、でも誠実な男性に弱い自分。 自分も不器用ですから・・・(高倉健さん風) 時は18世紀の末。舞台はイギリスの田舎町。 この時代、女性には財産相続権がなかった。 だから、女性にとって「結婚」が人
プライドと偏見 (まつさんの映画伝道師)
第339回 ★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人気女性作家は常に時代の先を行く。  それは「流行」という意味ではなく、時代における「普遍性」を先取りするということだ。  もともと作家は「無頼」な存在だった。型にはま.
プライドと偏見☆独り言 (黒猫のうたた寝)
5人姉妹かぁ・・・若草物語思い出した(笑) 設定も似てるしねー 今日の映画は『プライドと偏見』です♪ 内気で上品で美人の長女ジェーン 読書家でしっかりものの次女エリザベス ピアノが大好きなちょっと神経質そうな妹と 華やかなことや男の子に興味津々、噂好き.
映画のご紹介(87) プライドと偏見 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(87) プライドと偏見 プライドと偏見 ちょっと、これは...... レイトショーで「プライドと偏見」を観た。
プライドと偏見~純な気持ちほど伝わりにくい (自己成功獲得プロジェクト)
純粋な気持ちというのは、それが純粋であればあるほど、伝わりにくいものになるのかもしれません。 世の中には、常識とか制度とか、人の行動を規制する記号がたくさんあります。その狭間で、内に秘めた気持ちと向き合いながら、あるいは隠し持って、生きているわけです。
「プライドと偏見」のこと・その2 原作を読み返す (MONKWELL MANOR GUEST HOUSE)
 この間、映画「プライドと偏見」を見て以来、再び原作を読み返している。  僕が持っている新潮文庫版の「自負と偏見」は、最後の中野好夫氏の解説まで入れると、全606頁。 かなりの分量だし、通して読み返すとなるとなかなか勇気がいるのだが、映画を見たせいで、ど.
すれ違う心『プライドと偏見』 (今日はどこへ行きましょうか)
キーラ・ナイトレイ主演『プライドと偏見』見てきました。 結構よかった あまり期待せずに行ったのが、吉と出たかも ストーリー「18世紀の終わり、イギリスの田舎に住むベネット家には5人の娘たちがいた。当時女性には相続権がなかったため、もし父親が死んだら5...
プライドと偏見 (銀色ボンド)
先週一週間は 凹むとともに、 頭痛がひどかった…。今日は頭痛で 目が覚めることはなかったけど。さて、「プライドと偏見」を見ましたよ。この話は、5人姉妹の 次女エリザベスが 主役。主演のお姉さんが また美人でですね。惚れましたよ。役柄も 思うことをはっき...
「プライドと偏見」観ました。 (GOOD☆NEWS)
1月14日から公開されているキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」を観てきました。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化だそうです。・・・が、私は今まで恋愛物や純文学は苦手で殆ど読まなかったので、この「高慢と偏見」...
プライドと偏見 (Aloha Days)
ジェーン・オースティン原作の映画は以前から大好きでした 「ある晴れた日に」、「エマ」、「待ち焦がれて」など、何回も繰り返し観ちゃうほど そしてとうとうオースティン作品の金字塔「自負(高慢)と偏見」が新たに映画化されました これは観ないわけにはいかないでしょ~
『プライドと偏見』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン
『プライドと偏見』 (フミセイロのなんちゅうことない日々。)
なぜか英国コスチューム映画大好きのヨメ。オースティンの「プライドと偏見」とくりゃ、行くしかないでしょ!今回のヒロイン役はキーラ・ナイトレイ。旬のオナゴやね。 さて、劇中何が起こるかというと…何も起こらないです。姉妹の結婚話の行方をひたすらみんなで案じる映
『プライドと偏見』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ18世紀末。イギリスの田舎町が舞台。娘ばかり5人のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリーが引っ越してくる。美しく慎み深い長女ジェーンと読書が好きで才気溢れる次女のエリザベス。そして、快活なビングリーとその親友で気位の高いダーシー。ジェーン...
プライドと偏見 (C\'est Joli)
プライドと偏見2005年/イギリス 監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイト/レイドナルド・サザーランド/ジュディ・デンチ/マシュー・マクファディン ◆STORY◆18世紀後半のイギリス。年頃の娘5人のいるベネット家の隣に、若き大富豪ビングリーが引っ越してくる。色めき.
『プライドと偏見』 (千の天使がバスケットボールする)
瑞々しいベルベットのような新緑の草地に、静かに眩しい朝日が淡い光りを投げかけている。今日も、小鳥のさえずりとともにベネット家の5人姉妹が目をさます。やがて起床後のにぎやかさは、この田園地帯に響き渡るような騒々しさである。時は18世紀末の英国。いつの時代でも
魅了されちゃいました! 『プライドと偏見』 (海から始まる!?)
 過去に映画化されたジェーン・オースティン原作の映画(『エマ』や『いつか晴れた日に』)の印象や原作のタイトルの印象から、大して期待せずに観に行ったのですが、すっかり魅了されて帰ってきました。凄くいいですよ!
★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも
プライドと偏見 (☆えみたんの日記帳☆)
先週映画に行って来たなりぃ~d(*⌒▽⌒*)b 先週書く予定やったけど、なかなか時間なくてね~(^^;; だから今日書くことになったけど・・・。 ちなみに画像見たらわかる通り 「プライドと偏見」を見てきたよ(o^∇^o) ストーリー 18世紀後半の英国。 ベネット家の次女エリザベ
「プライドと偏見」 (慧の映写会)
自我と自意識の狭間で揺れる愛 「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった、ジェーン・オースティンの小説「自負と偏見」を美しい田園風景を背景に映画化したラブストーリー。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でブレイクしたキーラ・ナイトレイ
プライドと偏見 (映画通の部屋)
「プライドと偏見」PRIDE PREJUDICE / 製作:2005年、イギリス
プライドと偏見 (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 実はワタクシ、ガラにも無く『若草物語』や『赤毛のアン』が大好きです。 なので似たよーな香りのするこの作品も嫌いなはずがないので、かなり期待 しながら観ました。 が、これがまた微妙でして ...
NO.161「プライドと偏見」(イギリス/ジョー・ライト監督) (サーカスな日々)
夏目漱石も絶賛したオースティン文学は、 食卓で観察し書かれたロマンスである。 ジェーン・オースティンは、18世紀から19世紀にかけての、イギリス女流文学者として、偉大な存在である。イギリス近代小説の祖とも、リアリズム小説の先駆けともいわれる。英国留学 ...
『プライドと偏見』 (**Sweet Days**)
プライドと偏見 CAST:キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド 他 18世紀末、イギリスの田舎町メリトン。ある豪邸に裕福な独身男性ヒングリーとその友人のダーシーが越してくる。その町に住むベネット家には財も無く、5人姉妹の誰かを財力のあ ...
プライドと偏見 (cinema note+)
プライドと偏見PRIDE & PREJUDICE 2005年 アメリカ  あまり期待せずに見たけど、見終わる頃にはすっかりこの世界に魅了されていました。 はーっ、素敵過ぎた~。    なんといってもMr.ダーシーとリジー
映画評「プライドと偏見」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年フランス=イギリス映画 監督ジョー・ライト ネタバレあり
プライドと偏見 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 今日は、コチラを観て来ました。興行ランキングでは下位の方だったのでゆったり観れるかなぁと思っていたんだけど、小さな劇場だったからか満席で立ち見も出てるほど。客層的には、若いカップルよりもちょっと年齢層高め?な感じ。何でも65年ぶりの映画化なので、流石...
【映画感想】プライドと偏見(キーラ・ナイトレイ)[2009-079] (映画+小説+家族=MyLife)
中世のイギリス貴族社会における女性たちの生き様を、キーラ・ナイトレイ主演で描いた『プライドと偏見』を鑑賞しました。 地位と権力のある男性と結婚する事でしか豊かな生活を手に入れることができない当時の女性たちの、悲しくもしたたかな生き様が描かれています。