ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『東京島』

2010-06-23 22:59:00 | 新作映画
----“東京島”?
それって大島とか三宅島のこと?
あっ、もしかして東京湾の無人島、猿島のことかニャ。
「もう、フォーンったらしているくせにとぼけて。
これは桐野夏生の問題作。
無人島に男23人、たったひとりの女。
さあ、どうなるという刺激的な話」

----あらら。バレたニャ。
でもあの話って、あまりにも刺激的で
ちょっと映画になりにくい気がしたけど…
「うん。ぼくも本屋さんの店頭でパラパラとめくってみただけだけど、
男としては、観るのが怖い世界。
さすがに手に取ってじっくり読むことはなかった」

----ということは、原作との比較はできないわけだニャ。
でも、これはイメージだけだけど、
かなりエロチックそう。
「ところが意外なことに、
エロ&グロは押さえてあった。
もしかしてエルメスがタイアップで付いているからかな?とも
ちらっと頭をよぎったけど、
どうやら、これは監督の意向によるものらしい。
性欲の代わりに食欲を打ち出しているんだ。
でも確かに、そっちの方が女性は入りやすいかも」

----男としては残念ってことかニャ(笑)。
「あらら言うね。
でもその分、ブラックユーモアが効いていた。
この映画は笑う映画だね。
なかでも忘れられないのが
『ショウロンポウ、マーボードウフ、チンジャオロース』
そして『ケンタッキー』」

---ニャんだ、それ?
「まあ、それは観てのお楽しみ。
あと、妊娠してお腹が大きくなっているヒロイン・清子(木村多江)が起き上がろうとした瞬間、
『あっ、こむらがえり』。
これはおそらく
いままで誰も映画にしたことがないんじゃないかな」

----それは確かに聞いたことないニャあ(笑)。



                    (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「で、この映画ニャにが言いたいのかニャご不満

※それは草食男子と肉食女子の物語。現代の縮図いっぱいだ度


コトリ・ロゴ父の日には、こちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『パラレルライフ』 | トップ | 『ちょんまげぷりん』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃子)
2010-06-23 23:51:17
ヒロインのああいう気持ち
わからないでもないです…
なんて控えめになりますが、
自分もあの状況になったら…と考えると
簡単に思い込みに陥りそうで
すごくコワいです(笑)。
■桃子さん (えい)
2010-06-27 18:52:23
こんにちは。

これ、逆だったらどうなんだろう?
男だったら、この状況、
ウハウハ(←古い!)。
ぼくも、想像しただけでコワい、
いや嬉しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『東京島』マスコミ試写会 (trivialities )
【6月15日特記】 映画『東京島』のマスコミ試写会に行って来た。 僕は桐野夏生の原作は読んでいて、ああ、木村多江なら主人公の清子に適役だなあ、と思った。本当は多分もっとオバハン臭い感じなのだろうが、さ
東京島☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作読んでからの観賞になりましたが、木村多恵と清子さんのイメージ・・・ギャップあるんじゃない?なんて予告観た限りでの感想。ところが、意外にも・・・合ってる(笑)したたかにたくましく、自己本位・・・生き延びるための選択には、本能的に間違わない。やっぱり女性...
『東京島』 なぜ24歳ではないのか? (映画のブログ)
 一見して判るように、東京島とは現代日本の縮図である。  だったら日本島という呼び名でも良さそうだが、日本はもともと島国であるし、す...
「東京島」逆ハーレムin無人島! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[東京島] ブログ村キーワード  “谷崎潤一郎賞”を受賞した桐野夏生原作のベストセラー小説(モチロン、吾輩は未読(^^;!)の映画化。「東京島」(GAGA★)。南海の無人島を舞台に、23人の男と1人の女が、“愛と憎しみのサバイバル”を繰り広げます。  清子(木村...
【東京島】 (日々のつぶやき)
監督:篠崎誠 出演:木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、阿部亮平、鶴見辰吾  私は生きる。男たちはどうする。 「夫婦で船旅をしている途中で嵐にあい漂着した無人島。 そこに過酷なアルバイトから逃げ出して来た16人の若いフリーターの男たち、そして密航に
東京島 (ケントのたそがれ劇場)
★★☆  桐野夏生の原作は読んでいないのだが、「何となく違う」という直感があった。無人島に女1人に男が23人と言えば、想像するのはドロドロとした性欲と食欲をめぐる争いであろう。 ところが映画のほうは、かなりあっさりし過ぎていて、期待外れというかピントが...