ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『クローズZERO』

2007-09-06 22:27:44 | 新作映画
----また、三池崇史監督?
ほんとに精力的だね。
でも、これってどういう映画?
「うん。ぼくもよくは知らなかったんだけど、
実は『月刊少年チャンピオン』に連載された漫画が原作。
でも、プレスによると
登場人物はオリジナルで、
漫画の主人公・坊屋春道が登場する以前の話らしい」

----それじゃあ、ほとんど原作とは関係ないんじゃニャいの?
「いや、設定だけは受け継がれているようだ。
舞台は超不良校・鈴蘭男子高校。
そこにはいくつかの派閥や一匹狼が存在していて、
全校をまとめる番長はいまだかつて生まれていない。
で、だれもがこの高校のトップを狙おうとする。
映画では教師の姿はほとんど出てこないし、
授業風景もなく、
ただただ喧嘩に明け暮れている。
これは原作もそうらしい」

----じゃあ、一種の群像劇だ。
だれが出ているの?
「主演は滝谷源治を演じる小栗旬ということになるかな。
彼は同じ三池監督の 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』では
平和主義者だったけど、
こちらはヤクザの親分の息子。
鈴蘭男子高校のトップに立つことで親(岸谷五朗)に自分を認めさせ、
組の跡目を継ごうとしている。
その最大のライバルを演じるのが山田孝之演じる芹沢多摩雄。
他にも高岡蒼甫や桐谷健太、果ては波岡一喜など
『パッチギ!』組もたくさん出ている。
でも、ぼくはどちらかというと『青い春』を思い出したね」

----ということはバイオレンスシーンがスゴいんだ。
「うん。まあ、生半可なもんじゃないね。
後半は土砂降りの中での大バトル。
ここはおそらく監督の頭の中に
『けんかえれじい』があったと思うな。
それほど激しかった」

----ふうむ。
でもなかなかアレは超えられないよね。
「うん。
撮ってみて監督もそう思ったのか、
不思議なことにこの喧嘩のクライマックスで
黒木メイサのライブシーンがカットバックされる。
これは監督の照れ隠しかも。
でも、この映画はおそらく、やべきょうすけの映画として
長く記憶されるんじゃないかな」

----えっ、それってどういうこと?
「やべきょうすけが演じているのは、
この鈴蘭男子高校の卒業生にして
滝谷源治の父とは敵対する組に属している構成員・片桐拳。
拳は、まっすぐに生きている彼ら高校生が眩しい。
そこで源治と友情を深めていくんだ」

----えっ、組同士で敵対しているのに?
「もちろん、最初彼はそのことを知らないからね。
さて、この片桐拳はとても寂しい男として描かれる。
かつて一緒に暴れた連中は、
みんな堅気になって家族のために働いているのに、
自分だけこんなヤクザになっている。
その置いてきぼり感といった感じが実によく出ているんだ。
このスパイスがあったからこそ、
本作『クローズZERO』は
他の高校生愚連隊映画とは一線を画する上がりとなった。
やべきょうすけが演じたのは
『仁義なき戦い』の川谷拓三にあたる。
ぼくはそう思ったね」



(byえいwithフォーン)

フォーンの一言「クローズは『閉める』じゃなく『カラス』ニャ」小首ニャ

※やべきょうすけがホントいい度

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『朧の森に棲む鬼』 | トップ | 『サウスバウンド』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コメント第一号っす (となひょう)
2007-10-29 20:02:18
こんにちわ。
私は27日公開の作品群の中で一番楽しみにしていました。原作は全く知らないんですけどね。
『仁義なき戦い』
よく考えたらキチンと見ていないかもしれません。
やべきょうすけは、陰の主役って感じでしたね。
私は高岡蒼甫が光っていたと思いますけど、3年生の牧瀬を演じた高橋努も気になりました。ブサイク、ハゲと罵倒されていてお笑い担当な場面もありましたけど。源治の無鉄砲さを上手くサポートしていたし。肌身離さずお守りを身につけていたり。

一番感じたのは、喧嘩ばっかりしてる彼らの一種の部活動みたいな日々が、社会人の戦場と重なって見えたことです。女子には得がたい苦痛の後の達成感みたいなものも感じたりして(私だけかな)
とにかく、私には男の子が羨ましいと思わせる1本でした。
こんばんは♪ (とらねこ)
2007-10-29 20:18:59
>でも、この映画はおそらく、やべきょうすけの映画として長く記憶されるんじゃないかな
やべきょうすけは、良かったですよね。
ただ、この映画のやべきょうすけの良さが分かるのは、この映画に共感できる年代よりずっと上になるカナ?と思ったりもします

私としては、刃物や武器を使わない爽やかさが、少し嘘っぽく思えてしまったところもあります。
それを、鈴蘭高校の生徒が全員徹底できるのがどうなのかも疑問に思ったりしてしまって。
■となひょうさん (えい)
2007-10-30 10:19:47
こんにちは。

僕にはこの作品は、
原作を換骨奪胎して
三池崇史監督が自分の世界を作り上げたように感じられました。
人気監督ならではのワザかもしれませんね。

『仁義なき戦い』は少なくとも4までは
観た方がいいと思いますよ。
機会があったら是非。
■トラネコさん (えい)
2007-10-30 10:24:02
こんにちは。

>この映画のやべきょうすけの良さが分かるのは、この映画に共感できる年代よりずっと上になるカナ?と思ったりもします

なるほど、そうでしょうね。
で、その世代の人たちはこの映画を観にいかない。
なんだか『クレヨンしんちゃん』みたいですね。

>刃物や武器を使わない爽やかさ

そうでしたね。
そういう意味では一つの「理想化された喧嘩世界」なのかも…なんて、改めて思ったりしました。
やはりそこが東映じゃなくて東宝ですね。
最初知ったときには、東宝らしくない企画にビックリしましたが…。
やべきょうすけさん (kazupon)
2007-10-31 13:10:19
えいさん

書かれているの同感で、やべさんってゼンゼン
知らなかったですけど、この人のためにあるような
映画じゃないかと思いましたね。回りは全部
脇役というか・・・川谷拓三かぁなるほどです。
ラストの死闘に向かう前に傘さして合流する
カットがあって、「昭和残侠伝」みたいと
思ってしまいました。(笑)
■kazuponさん (えい)
2007-11-01 00:45:51
こんばんは。

嬉しいです。
ぼくも、この映画はやべきょうすけのためにあると思いました。

映画化企画の発端にも彼が関わっていたんですね。
知りませんでした。

傘さして合流に、東映任侠映画を見るとは
さすがkazuponさんです。
日本一のチンピラ男 (にら)
2007-11-02 11:53:55
「テメェ、いつの時代だよ」
って言われて、
「昭和だ、バカヤロー」
って答える、やべきょうすけさん、かっちょいい。

深作の『仁義の墓場』リメイク経験のある三池さんには、いつか『県警対組織暴力』もやってもらいたいです。

そのときは、ぜひ、やべきょうすけさんにカレーを食べさせてあげてください(笑)。

てなわけで、TB&コメントありがとうございました。
■にらさん (えい)
2007-11-03 10:58:52
こんにちは。

にらさんの映画の知識の深さと見聞の広さに感じ入っています。
『仁義の墓場』『県警対組織暴力』。
そんなタイトルがここで聞かれるとは…。
ほんとうに嬉しいです。
格好よかったです (ノルウェーまだ~む)
2008-04-24 18:03:05
こんにちは。
今頃になってやっと観ました。
劇場で観なかったことを、深く後悔しているところです。
内容的にはやべきょうすけがあっての映画でしたね。
どちらかというと、ヤクザ映画ってかんじでした。
とにかくカッコイイので、子供には絶対見せまいと心に誓いました。
■ノルウェーまだ~む)さん (えい)
2008-04-25 16:13:00
こんにちは。

この映画、女性からの評価が高いような気がします。
三池崇史監督でバイオレンスというと、
東宝では『漂流街 THE HAZARD CITY』くらいしか
あまりその組み合わせがなく、
今回は、
やっとメインストリームに出てきたってコトなのかも…。

多くの方の目に触れる機会が持てたということを
素直に喜びたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
山田孝之、高岡蒼甫、小柳友出演『クローズZERO』 (ニュースレビューブログ)
今話題の「クローズZERO」写真は主演の山田孝之クンですっ!うーん、なんかいつもよりワイルド★ぜひ見に行きたい映画です♪
「クローズ ZERO」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。10月27日公開「クローズZERO」公式サイト原作の漫画 まるで知らないで観にいきました。要はヤンキーの覇権争いで ケンカ映画なんだけど。思ったより 話しっかりしてて。群雄割拠ってな感じと 個性的なキャラで2時間あっという間でした!...
映画「クローズZERO」 (happy♪ happy♪♪)
伝説のコミックを映画化。 鈴蘭男子高等学校=カラス学校で頂点を目指して 抗争が繰り広げられるが、人情あり、笑いありと、 ケガ人は多くとも、死人はゼロというのが この映画の良いところかな{/hiyo_en2/} ケンカシーンは本当迫力があり、おもしろかったです{/face_...
見てきました「クローズ ZERO」 感想 追記 (ice-coffee)
「クローズ ZERO」  スッカとします~!!何故か 後味いいんですよ~~~この映画。ケンカで テッペンめざしているだけなんだけど  この清清しさはなんなんだろうね~~ 小栗旬君の ワルメンぶりが ゾクゾクします。
クローズ ZERO (C'est Joli)
クローズ ZERO’07:日本 ◆ 監督: 三池崇史「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」「龍が如く 劇場版」◆出演:  小栗旬、やべきょうすけ 、黒木メイサ、山田孝之、岸谷五朗、桐谷健太、高橋努 ◆STORY◆ 最強にして最凶の鈴蘭男子高校。その学内では...
クローズ ZERO (映画通の部屋)
「クローズ ZERO」製作:2007年、日本 128分 PG-12指定 監督:三
#158.クローズ ZERO (レザボアCATs)
エンドロールで浅井健一の曲のタイトルを見て「なるほど」の一言。
映画「クローズZERO」 (日々のつぶやき)
監督:三池崇史 出演:小栗旬、山田孝之、やべきょうすけ、黒木メイサ、岸谷五朗、高岡蒼甫、桐谷健太 「鈴蘭高校は嫌われ者の不良、通称カラスの集まりだった。偏差値最低、素行最悪の彼らの間にはたくさんの派閥が存在し今までに統一されたことはなった。現在の最大
クローズZERO (バビロン21)
三池崇史監督の最新作『クローズZERO』! これは熱狂的な支持を得ているコミックの実写化だそう。 残念ながらその原作は知らなかったけれど、不良が大量に出て来てケ ンカをする映画は大好きだから、「知らなくても問題ないだろう。」 ‥‥というわけで観てみた...
クローズZERO (knockin' on heaven's door)
通称「カラスの学校」に集う不良高校生達の、魂のぶつかり合いを賭けた物語。人気コミックの原作をオリジナルストーリーで映画化。 群雄割拠の中で、頂点を目指す真っ直ぐで自由なカラスたち。常に前を見て動き続ける姿は、自分自身を見つけ出す青春時代の道標になるの...
黒翼の花火●クローズZERO (Prism Viewpoints)
ゲンジー!飛べー! テッペン取ってやるよ! 『Crows Zero』 クローズ ZERO - goo 映画 不良たちが集まり、最強・最凶の高校として知られる鈴蘭男子高校。 芹沢多摩雄が率いる“芹沢軍団”を筆頭に、 いくつもの不良グル
クローズ ZERO (It's a Wonderful Life)
やばいよ、めちゃアツい映画で面白かった。 「ジャンゴ」が公開されたばかりの三池崇史監督最新作。 ひょっとしたら自分、全部観てる訳じゃないですが、 観た三池監督作の中で一番気に入ったかもしれません。 なんとなくシャレで作ってそうで、オールスターごっ...
『クローズZERO』 (ねこのひたい~絵日記室)
案の定、やべきょうすけに、ヤクザの幹部は無理でした。 (執筆完了により、男は黙ってサッポロビール)
【2007-155】クローズ ZERO (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 『テッペン目指して  跳んでやるよ!』 今に生きるお前ぇら バカなままでいい 熱く生きろ。
映画「クローズ ZERO」 (FREE TIME)
映画「クローズ ZERO」を鑑賞して来ました。
「クローズZERO」★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
監督三池崇史  原作 高橋ヒロシ 主演小栗旬  共演やべきょうすけ、 黒木メイサ、山田孝之、岸谷五朗 、 高岡蒼甫他(敬称略)による大人気漫画の映画化。 不良の巣窟・鈴蘭高校に、ある日ひとりの転校生が現れる。悪名高き学校にわざわざ編入した滝谷(小栗さん...
クローズZERO☆独り言 (黒猫のうたた寝)
最近メキメキとイケメン注目度が上昇中の小栗旬くん主演の『クローズZERO』観てきました。たまたまFM聴いてたら、キムタクも中居くんも大好きなコミックらしく・・・原作漫画なんだ~と改めて認識するという猫なのですが(爆)鈴蘭高校の頂点を極めれば・・・源治は...
「クローズ ZERO」DVD とにかくカッコイイ! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
最近どういうわけか、学園不良ものがブームだ。 ‘ごくせん‘ と‘ROOKIES‘が同じ曜日にやっているのも、どうかと思うが・・・ 試写会に行って、「良かったよかった。」を連発のねえねに薦められて、ようやく「クローズ ZERO」をDVD鑑賞した。
『クローズ ZERO』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ不良たちが集まり、最強・最凶の高校として知られる鈴蘭男子高校。芹沢多摩雄が率いる“芹沢軍団”を筆頭にいくつもの不良グループが抗争を繰り広げるこの学校に1人の転校生がやって来た。その名は滝谷源治。不可能と言われる鈴蘭制覇を本気で狙う彼は、ふとした...
クローズZERO (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:クローズZERO 制作:2007年・日本 監督:三池崇史 出演:小栗旬、やべきょうすけ、黒木メイサ、桐谷健太、高橋努、鈴之助、遠藤要、上地雄輔、高岡蒼甫、山田孝之 あらすじ:偏差値最低、品性最悪の不良学生が集まる鈴蘭高校では、多数の派閥が覇...