ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『イン・ハー・シューズ』

2005-10-20 22:29:41 | 新作映画
----この映画、キャメロン・ディアスの演技が話題になっているようだね? 
「うん。
どちらかと言うとコメディエンヌのイメージが強い彼女だけど、
久しぶりに内的苦悩を見せる演技で勝負に出ている。
セクシーであることに疲れた表情がとてもいい」

----でもスチールとか見ると、着ている服とか、
相変わらずそのグラマラスなボディを強調しているようだけど?
「そうだね。この映画ではおそらく多くの、
特に男性ファンが彼女に抱くであろうイメージを生かした
キャラクター設定となっている。
彼女が演じるマギーは恵まれたルックスを持ち
一夜の相手を務めるレベルの男には全く不自由しない。
しかし難読症を患っていることから自分に自信を持てないでいる。
そのためまともな定職に就かず姉のローズの手を煩わせてばかり。
一方のローズは、弁護士として成功を収めたものの
実は外見にコンプレックスを持っている。
ふたりの母親は交通事故で亡くなり、父親は再婚。
ある日、マギーがローズの恋人と関係を持ったことから
ふたりは完全に対立してしまう。
そんなマギーが向かった先は、
最近まで存在さえ知らなかった祖母の住むフロリダだった…」

----フロリダ?じゃあ最初はどこから始まるの?
「フィラデルフィア。
この二つの土地の空気感の違いも映画を特色づける大きな要素かな。
このフロリダで彼女は祖母の教育(?)により、
初めて仕事らしい仕事をするんだけど、
その祖母に扮しているのがなんと大女優シャーリー・マクレーン。
映画は、この離れていた祖母と孫の再会、
そして決別した姉妹の和解といった家族のドラマを感動的に紡ぎあげていく。
で、ぼくがうまいなあと思ったのは、
いくつかの<秘密>を、映画のスパイスとしたこと」

----<秘密>って?
「なぜ祖母が孫たちの前から姿を消していたか?
そしてなぜ父親は祖母が孫に送っていたカードを封印していたか?
このことへの興味が最後まで観る者を引きつけ、
正反対の姉妹の葛藤といった、いわばどこにでもありそうな設定を
幾層ものドラマを持つ深みのあるものへと変えている。
ベストセラーの原作にもその設定はあるんだろうけど、
スザンナ・グラントの脚色による部分も大きいんじゃないかな」

----スザンナ・グラント。
確か彼女は『エリン・ブロコビッチ』でも自立を目指す女性を描いてたよね。
「うん。あの映画はひとりのヒロイン、
エリン・ブロコビッチにスポットを当てていたけど、
この映画で描かれるのは姉妹、ふたりの女性だ。
彼女らは仲違いをして独り立ちをせざるを得なくなる。
でも、それによって明らかになるのは、
ふたりが本心では、お互いをとても必要としていたということ。
愛ゆえの感情爆発。このあたりの愛と憎悪のサジ加減が実に巧い」

----他の俳優たちはどうだったの?
「『ミュリエルの結婚』の19.5kgに続き
またまた11.3kgも体重を増加させてローズ役に挑んだトニ・コレット。
ローズが子供の頃からいかに妹マギーを大切にしていたかが分かるシーンは、
この映画の白眉だね。
ロースを食事に誘うことでアプローチを続ける
サイモン役マーク・フォイアスタインもいい。
スマートな男の優しさというものを見せながらも
そこに猜疑と嫉妬心が潜んでいるいるところもきちんと押さえてある。
そしてもちろん主演のキャメロン・ディアスと、大御所シャーリー・マクレーン。
彼ら全員に演技のアンサンブル賞をあげたいくらい。
監督は『L.A.コンフィデンシャル』のカーティス・ハンソン。
3人の個性ある男たちを描き分けたあの映画と同じく、
ここでも俳優たちの手綱さばきはさすがというしかないね」


      (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「フォーンも妹に会いたくなったニャ」ぱっちり

※ほんとは仲いいんだ度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

※画像はアメリカのオフィシャル・サイトの壁紙です。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ポビーとディンガン』 | トップ | 『変身』 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり、良さそうですね。 (あかん隊)
2005-10-21 00:29:27
TBありがとうございます。公開を楽しみにしているところです。えいさんのお勧め(だったと思う)の『L.A.コンフィデンシャル』は、とても気に入りました。DVDを探したのですが、廃盤に。再リリースされるかなぁ。観賞後、きっとまたお邪魔すると思います。よろしくデス。
期待しすぎちゃった。。。★ (mig)
2005-10-21 02:22:35
海外に住んでいる妹が先に観ていて、泣いた~

というのでハンカチ握って

なく準備してたくらいだったので、

逆にそれほどでもなく、、、となっちゃいました。

でも、三人の演技、とくにキャメロンの成長ぶりもうかがえて良かったデスファンとしては。 (笑
姉妹関係の描き方が (bakabros)
2005-10-21 02:48:09
とても丁寧で、ついつい感情移入して観てしまいました。キャメロン・ディアスのファッションや役柄には女でもドキッとしてしまいます。そしてトニ・コレットの姉役にも。それぞれに共感し反発する部分があるので、色んな見方が出来る映画だと思いました。
コメントありがとうございます。 (えい)
2005-10-21 18:37:03
■あかん隊さん



はい。『L.A.コンフィデンシャル』の推薦は確か、

この『イン・ハー・シューズ』で、あかん隊さんが

『エリン・ブロコビッチ』と共に

そのタイトルを出してられたことに端を発していたと思います。

ぼくはこの映画が、そのふたりの監督と脚本によるコラボとは

そのときまで知らなかったのでした。

情報、ありがとうございました。

観られたら、こちらこそよろしくお願いします。





■migさん



それは残念。

ぼくは逆にほとんど期待しないで行ったので、

巧くのせられてしまいました。

ただ、この手の生真面目な映画って、

観ている時は感動するのですが、

何度も観ようとは思わないのが難点かな。



■bakabrosさん



ブログ拝読しました。

とても気に入られたようですね。

感動のほどがひしひしと伝わってきます。

キャメロン・ディアスの、あの緑の服はヤバすぎ(笑)。

ぼくはシャーリー・マックレーンの復活と、

マーク・フォイアスタインの演技に魅せられました。
サイモン最高! (ココ)
2005-10-22 16:21:48
えいさん、こんにちは♪

久しぶりに試写会に行ってご満悦です(笑)

TB頂きますね

トニ・コレット好きにもキャメロン好きにも(もちろんシャーリー好きにも)十分納得&満足の行く作品でした

感動して泣く、ということはなかったのですが、心がほんわりと温まるような感じでした

あ、でも大学教授とキャメロンのやりとりはウルウルしました

周りのおばあちゃん、おじいちゃん達がよかったですね!

アメリカ映画ってこういう描き方が上手いなぁ
■ココさん (えい)
2005-10-23 00:09:56
いいですよねサイモン。

こういう男のよさがもっと広く認められてほしいもの。

あのお寿司を注文するところなんて

思わずにやにやしてしまいました。

自分はちょっと大人なんぞって態度(笑)。

それでいて、彼女が昔の男を見つめる目の意味を

考えて落ち込んでいる。

分かるなあって感じ…。



あっ、先ほどココさんのところおうかがいしました。

いろいろ書いちゃいました。

また、よろしくお願いします。
TBありがとうございました。 (ルーシー)
2005-11-15 01:16:06
自分が年寄りになったら、できればあんなところに住みたいな~なんて本気で思いました!!

キャメロン・ディアスが、センスの良さを発揮しておばあちゃんたちを素敵に装わせてあげるところなんて、すごく好きだった!!

何より教授とのふれあいはジーンときました。

トニ・コレットもよかった!!

本物の恋を見つけられたことが、

自分の姉のことのように嬉しかったです。

私はこの作品、とってもお気に入りです☆

TBありがとうございました! (ma)
2005-11-15 17:47:31
個人的にサイモンとローズの恋が生まれるシーンが気に入ってます。

スクリーンの前でドキドキしてました



久々心がじーんと温まって、改めて姉妹って良いな~と思いました。



私からもTBお返しさせてくださいませ。
コメントありがとうございました。 (えい)
2005-11-15 20:13:08
■ルーシーさん



こんにちは。

キャメロン・ディアスの本のエピソードは、

結果が分かっていてもやはりグッとくるものがありますね。

美しいと言う言葉があうエピソードでした。



■maさん



ぼくもそうです。

あのふたりの<恋>の誕生は素敵でした。

サイモンみたいな男に自分もなれたらいいのですが、

それはまず無理でしょう。

度量がないですから(笑)。



こんばんわ (八ちゃん)
2005-11-17 00:50:39
返しトラバありがとうございます。

自分もあまり期待しないでいったクチです。見事に裏切られました。

ただ、こういうのが好きなので、もう1回観に行くと思います。

また覗きに来ます!
■八ちゃんさん (えい)
2005-11-17 17:58:24
こんにちは。



この映画キャメロンのいいところが巧く引き出されていたと

思います。

これからもコメディエンヌの部分も残しつつ、

さらなるチャレンジを続けてほしいです。
こんばんわ。 (minori)
2005-11-18 17:21:45
えいさんこんばんわ。

TBさせていただきましたので報告にきましたー。

姉の妹を思う気持ちがよかったですねー。

サイモンもちゃんと人として嫉妬したりして

ただのいい人にならなかったところが

すごくよかったですよねー。



なんだかとってもあったかくなれる

映画でした。

ではではまたきますー。

やっと観ました! (あかん隊)
2005-11-22 03:14:02
忙殺されて時間がなくて…。劇場にいけなくて、死にそうでした(爆)。隙間を縫って、出かけたら、やっぱり「映画が大好き」なのが、よーくわかりました。何本でも掛け持ちできそうな気分です。

この映画、気に入りました。お話は、ともかくとしても気になる台詞が満載で、ぜひとも確認したくって。

シャーリー・マクレーンのようなおばあちゃんを目指そうかな?(核爆)TBを送ります。
■minoriさん (えい)
2005-11-22 10:22:56
うわあ、亀レスになってしまいました。

私もこの映画はサイモンがお気に入りです。

主人公は妹なのでしょうけども、

それ以外の人たちもとても魅力的。

監督の視線が全ての人に暖かい映画というのはやはり素敵です。
■あかん隊さん (えい)
2005-11-22 10:27:42
こんにちは。



お仕事たいへんそうですね。

ちょくちょくうかがっていますので、

状況は把握しているつもりです(笑)。

というわけで、当然、あかん隊さんがこの作品について

異例の長文を書かれているのも拝見しました。



確かにこの映画のキャメラワークは映画的快感に満ちていました。

そしてあの珠玉のようなセリフの数々。

実生活でも使えそうですね(笑)。

シャーリー・マクレーンまでは

あとン10年あると思いますが、ぜひ。
やっとアップ^^; (にゃんこ)
2005-12-08 06:40:24
実は2週間ほど前に鑑賞してたのに、今頃アップになったのは

サーバーとの相性が悪かったせい(爆)

実は、猫は意外にノーチェックな映画でした^^;;;

キャメロン・ディアス好きなんだけど、コメディもの観るほうが多かったし

レオさまとの共演映画がいまいちだったせいか(ぉ

真面目路線にそそられなくなっちゃってたせいか

姉妹同士なんだけど、親友のような悪友のような関係

最後までほのぼの楽しく観られたし

笑いのエッセンスもなかなかだったので、うわっ めっけもの♪

って

雑食であるべきだと・・・後になってこっそり(笑)思ったいい映画だと実感してたりいたします。

キャメロンの朗読した詩が どこかで全部読めないかなぁ~?っと

ちょっと探し中ですが、まだみつかっておりません、、、残念

TB、いただいていきまーす♪

■にゃんこさん (えい)
2005-12-08 23:10:38
ディカプリオとキャメロン・ディアス、

一瞬、あれっなんだっけ?と思いました。

そうそう『ギャング・オブ・ニューヨーク』でしたね。

このキャメロンは影が薄かったです。

合っていないと言えば、これほど合っていない役もありませんよね。



この詩について私も調べてみることにします。

ご報告までしばし時間を。
土地柄の違い (パフィン)
2005-12-10 16:05:02
えいさま、こんにちわ。

フィラデルフィアとフロリダの空気の

違いを述べていらしたので、激しく共感です。



背伸びしなくてはいけない都市では、

自分を見失いがち。時がゆったり流れるフロリダで、自分の潜在能力を活かす機会をもてたマギー。



同じく「秘密」を後半にまで持ち越して

姉妹愛のみならず、家族の再生の物語にした点

監督と脚本の手腕に感心。TBいただきます。
■パフィンさん (えい)
2005-12-11 00:40:23
こんばんは。



コメントありがとうございます。

この映画、実に丁寧な作りだったと思います。

そのランニングタイムと内容に、

最初は少し敬遠していたのですが、

いつしか引きずり込まれていました。

やはり監督の巧さですね。
TBありがとうございましたー (harv-ganbare)
2006-03-23 00:28:38
いい映画でしたね

久しぶりにおもいきり泣けました。

しかもハッピーエンドで良かった。

次回作も期待です。
■harv-ganbareさん (えい)
2006-03-23 19:21:05
こんばんは。



「イン・ハー・シューズで学ぶシニアマーケティング」

これまでどこでも読んだことのない視点だっただけに、

興味深く拝見させていただきました。



これからもよろしくお願いします。
自分勝手なマギー、人生の大切さを学んだマギー どっちもマギー(^^) (zebra)
2012-01-06 19:32:45
 あけまして おめでとうございます。

 インハーシューズ・・・年末年始の休みにレンタルVDでみました。


キャメロン演じた マギー 最初 いらつきっぱなしでした。

 姉さんの家に居候させてもらっていて 姉さんの恋人を留守をいいことに 寝取る(怒り)(`Щ´)
  マギー・・・ てめえ~ ふざけんな(爆発!)

 姉さん「今なんて言った?(悲)・・・あんた 妹よね・・・(悲) 言えることは そんなこと・・・(悲)(怒り)・・・・・メス○・・わたしの家から出てってぇ~(激怒)(TдT)」

 姉さんに対して 大暴言!!! あまりに 身勝手!!! 姉さんの 女友達も
「その涙は 誰のせいで泣いてるの? 下半身に節操のない彼氏のため?それとも 男なら誰でもいい妹のため?? どっちもどっちよ ふたりとも 何の価値もなかったのよ・・・」←う~ん あまりに 的確すぎる・・・


 けれど、祖母の 老人ホームでの入居している老人たちとのふれあいで改心していくマギーは 見直しました(゜〇゜)

  目の見えない教授に詩を朗読するマギーは 自分の人生を真剣に見つめなおし 姉さんと和解。教授は亡くなっけどマギーに 人生の大切さを 教えたことに 感動しましたよ(^ー^)

 "靴"と"朗読"を通して 姉さんと姉さんのフィアンセとの結婚を盛り上げ、一世一代のイベントの立役者になったマギー・・・りっぱでした(涙)



■zebraさん (えい)
2012-01-09 18:31:27
あけましておめでとうございます。

この映画は、
キャメロン・ディアスの演技の幅を観られた映画でした。
尻は軽いし、あまりいい役とは言えないけど、
後半、引き付けられるように観ていた記憶があります。
「自分勝手なマギー、人生の大切さを学んだマギー どっちもマギー(^^)」
というのは、まさにその通りでしたね。

今年もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

75 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「イン・ハー・シューズ」 (試写会帰りに)
In Her Shoes九段会館「イン・ハー・シューズ」試写会。 原作はJennifer Weiner ジェニファー・ウェイナー2冊目のベストセラー小説「In Her Shoes」。 キャメロン・ディアス主演、「L.A.コンフィデンシャル」のカーティス・ハンソン監督ということよりも、“悩みを抱えた姉.
イン・ハー・シューズ / IN HER SHOES (我想一個人映画美的女人blog)
監督は『L.A.コンフィデンシャル』『8Mile』の、カーティスハンソン。 脚本家に、『エリンブロコビッチ』のスザンナグラント、 製作・リドリースコット/製作総指揮にトニースコットと聞くだけで秀逸作の匂いがするのに加えて、 こないだトロント映画祭で一足先に観てきたyue
イン・ハー・シューズ (Rohi-ta_site.com)
試写会で、キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン 出演の「イン・ハー・シューズ」を観ました。 ●ストーリー マギー(キャメロン・ディアス)は、キュートなルックスとスレンダーなナイスボディを武器に、今日も高校の同窓会で男友達と盛り上が
「イン・ハー・シューズ」(2005)試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
11/12(土)より全国ロードショーです。\"INHERSHOES\"監督・・・カーティス・ハンソン原作・・・ジェニファー・ウェイナー『イン・ハー・シューズ』(アーティストハウス刊)出演・・・キャメロン・ディアス、トニー・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイ.
In Her SHOES (Aloha Days)
ものすご~く久しぶりに試写会に行ってきました と言っても私が当たったわけじゃなくて誘っていただいて♪ いつもありがとう>L嬢 大好きなトニ・コレットが準主役ってことで楽しみにしてたんだ 共演はキャメロン・ディアス、シャーリー・マクレーン他 あらすじ等はオフィ
イン・ハー・シューズ (vivalaVirgen)
イン・ハー・シューズを見に行きました。女の子が頑張ってるぞ翻訳本にハマっている時にチェックを入れていたものの映画化です。ちなみに本は在庫切れだったので、予約受付中の新たにでた本を紹介。グラマラスでそれを武器に男をとっかえひっかえするが読書障害をコンプレ...
「イン・ハー・シューズ」試写会 ( poco a poco)
「イン・ハー・シューズ」、試写会で観てきました。 マギー(キャメロン・ディアス)
「イン・ハー・シューズ」@ユナイテッドシネマ豊島園 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
映画の最中に地震が!!!ちょっと長めの地震だったために、最初はわりと静かだった会場がだんだんザワザワと!!!でも、別に映画がSTOPすることはなく無事続いたのですが、これが大地震だったら!って考えてちょっと怖くなっちゃった。会場の中はもちろん真っ暗なので
インハーシューズ (***えぇぇぇぇイイ画***)
????? インハーシューズ 昨日試写会で見てきましたよ~♪ 私は結構好きかなぁ(・c_,・`☆(‐c_,‐`★(・c_,・`☆(‐c_,‐`★ゥンゥン  まっでも、映画館でみなきゃダメってな映画でもないかも・・・・(((((( ̄□ ̄;)  クスクス笑えるシーンもあった
「イン・ハー・シューズ」 (みずのシネマ食いしん坊)
********************** ○作品名:IN HER SHOES ○監督:カーティス・ハンソン ○製作:リドリー・スコットほか ○出演:キャメロン・ディアス トニ・コレット シャーリー・マクレーン マーク・フォイアスタインほか ○上映時間:131分
【試写会】イン・ハー・シューズ【2005・アメリカ】 (Happyになれる映画を観よう♪)
★★★★★☆彡 試写会(大阪・御堂会館)に行ってきました。 公開前なので、公式サイトに載ってる程度のあらすじと、ネタバレのない程度の感想を書きたいと思います。 マギー(キャメロン・ディアス)は、ルックスは、イケてるけど、学歴も資格もキャリアもなく、
IN HER SHOES (step by step )
10月28日(金) ~私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける~ 『IN HER SHOES』 試写会で観てきました! 靴の映画ではありません。 靴に見立てた、人生のお話。 主人
【試写会】イン・ハー・シューズ(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】カーティス・ハンソン 【出演】キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン 【公開日】2005/11.12
イン・ハー・シューズ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
心に響くシーン、笑える楽しいシーンはたくさんありますが、期待には応えてくれなかったです。132分という上映時間は良いけど、時間の配分がマイナスでした。中盤以降にもっと時間を割いてほしかったです。
in her SHOES(2005,U.S.) (The Final Frontier)
In Her Shoes 対照的な2人の姉妹が恋に仕事に、それぞれが人生の転機を迎える姿を描く。 周りが羨むスタイルと美貌を持ちながら、難読症というハンディキャップがコンプレックスとなっているマギー(Cameron Diaz)。マギーは定職にも就かず、ブラブラと周りにたかりながら
イン・ハー・シューズ (Alice in Wonderland)
しっとりとした涙が溢れたいい映画でした。人間関係について再度考えさせられました。お年寄りとの繋がりって大切ですね。それに家族って大切だな。  ベストセラー作家、ジェニファー・ウェイナーの第二作を映画化した爽やかな人間ドラマ。キャリアはあるが、自分を抑...
映画館「イン・ハー・シューズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
なんか、久しぶりに感情移入して見ることの出来た作品でした。というのも、私には姉が1人いて2人姉妹だからなのかもしれません。 弁護士で外見的にコンプレックスを持つ姉ローズ(トニ・コレット)と難読症で自分に自身が持てず自堕落な生活をしている妹マギー(キャメ...
『イン・ハー・シューズ』 (京の昼寝~♪)
■監督 カーティス・ハンソン ■脚本 スザンナ・グラント ■原作 ジェニファー・ウェイナー ■キャスト キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン、リチャード・バージ、ブルック・スミス、ノーマン・ロイド  弁護
イン・ハー・シューズ☆試写会 ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
複雑な環境に育った二人の姉妹。 姉は勉強し、弁護士という職業につき、仕事に没頭することで不安を隠そうとし、妹はその容姿を武器に、男たちと遊んだり、自由奔放な生き方をすることで不安を隠す。 全く正反対の姉妹が、お互い傷つけあい、喧嘩別れしてしまうんだけど、
『 IN HER SHOES 』 (My Style)
~私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。~ 昨日は半日出勤で帰りにふらっと 『イン・ハー・シューズ』 を観た。 みんな、笑顔の奥に、悩みや苦しみを抱えてる。 あんなにキレイなマギーでも、あんなに仕事の出来るローズでも そして悠々自適な優雅な
In Her Shoes(イン・ハー・シューズ) (lunatic\'s 映画評)
話は、弁護士でしっかり者だけど容姿にちょっと太めで容姿に自信がない姉ローズとスタイルは抜群だけど、自由奔放に生き、定職に就か(け)ずその日暮らし的に過ごす妹マギー、そして亡くなった母への接し方でボタンを掛け違えた父と祖母エラ、意地悪な継母などを中心に人間模
『イン・ハー・シューズ』 (フツーオンナの徒然日記)
昨日はラッキーにも試写会に当選して、この映画を観て来ました~{/star/} うん、この映画かなり個人的にお気に入りの作品です{/hearts_pink/} 上映時間が2時間11分なので、飽きないかなってちょっと心配になったのですが、 始まった途端、ぐぐぐっと引き込まれたのであっと
イン・ハー・シューズ 評価額・850円 (Blog・キネマ文化論)
●イン・ハー・シューズをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 弁護士のローズは、義理の母
2005/11/15 (m\'s box)
映画『イン・ハー・シューズ』を観た。キャメロン・ディアスを観たくて・・・。単純(笑)キャメロン・ディアスが、祖母を訪ねるところから、どんどん面白くなり、『エリザベスタウン』より、よかった。でも、姉役のトニ・コレットは、(太ったらしいけど)デブには見えなか...
イン・ハー・シューズ (八ちゃんの日常空間)
IN HER SHOSE [池袋HUMAXシネマズ4/SC4] 公式サイト 「私たちは何度もすりむいて、自分だけの”靴”をみつける。」 キャメロン・ディアスが本物の女優になった - ってオイ、それじゃ今までは偽者だったんかよ!ってな訳で20世紀フォックスが送る本年度最高のヒューマ.
理解しがたい姉と妹の関係◆『イン・ハー・シューズ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月14日(月)TOHOシネマズ木曽川にて フィラデルフィアで弁護士をしているローズ(トニ・コレット)は、容姿に自信はないが、職場の同僚が新しい恋人となり、幸せな日々を送っていた。そこへ、義理の母親に家を追い出され、行き場を失った妹のマギー(キャメロン・ディ.
イン・ハー・シューズ (まぁず、なにやってんだか)
姉妹が主人公の話でキャッチコピー「私たちは何度もすりむいて自分だけの靴を見つける」というのも良さそう。レディースディにぴったりの作品を観に行ってきました。これは予想以上のいい映画でした。感動して泣けるし、笑えるところもありの、大満足映画です。 姉のロー
★「イン ハー シューズ」 (ひらりん的映画ブログ)
11/12初日の数ある公開作品の中からひらりんがチョイスいたのはこちら。 こないだ見たDVD「普通じゃない」にも出てたキャメロン・ディアスが主演。 共演は「コニー&カーラ」が面白かった、トニー・コレット。 2005年製作のコメディ・ドラマ、131分もの。 あ
イン・ハー・シューズ (Enjoy Life♪)
学歴もなく自分の美貌だけに自信を持っているマギー。 それとは対照的に、学歴、仕事とも優秀な姉ローズ。 マギーは履く予定もなく買っているローズの靴を 勝手に夜ごと履きまくっている。 姉のローズは、日々のストレス解消の為に 買っている靴・・・ 父の家庭...
イン・ハー・シューズ (ネタバレ映画館)
 老人ホーム内に弁護士のグループができるほど、アメリカでは弁護士が多いんだなぁ~とつくづく思う。アメリカの弁護士数は80万以上。日本のニート人口もそのくらいだ・・・  マギー(キャメロン・ディアス)は厳密にいえばニートではない。働く意志はあるものの、就職し
『イン・ハー・シューズ』 自分にあった靴を探せ。 (キマグレなヒトリゴト)
私たちは何度もすりむいて、自分だけの“靴”をみつける。 というキャッチコピーのこの映画、 二人の姉妹が少しずつ、何かを変える。見た後に幸せになれる 映画でした。 実は女同士の友情やら愛情やらに弱い私。きっとココロの中は 松○修○ばりに熱いヤツなんだ。と自分で.
「イン・ハー・シューズ」 まぁ一口食ってみろや! (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
姉妹っていいですね! 密かに、二人目も女の子で、姉妹を育てたいなぁ~という若干の夢を持ってたのですが、男の子でした。 そんなことも忘れるくらいボクちゃんを溺愛してますけど、一瞬思い出しました。 三十路近い姉妹、一人は美人でアホ、もう一人は弁護士でムーミンみ
姉妹っていいよね「イン・ハーシューズ」 (今日はどこへ行きましょうか)
キャメロン・ディアス トニ・コレット 『イン・ハーシューズ』観て来ました。 私にも姉妹がいるけど、こんなに近い存在ではないので、ちょっとうらやましかったです ストーリー「ルックスは抜群だが、難読症で計算に弱い妹のマギー と、容姿に全く自信がなく、頭のい...
イン・ハー・シューズ (Diarydiary!)
《イン・ハー・シューズ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - IN HER
映画『イン・ハー・シューズ』 (Cyoco Box)
お勧め度 ★★★★★ とってもいい映画でした!!!お勧めですよーー。 最初はわがままな妹にムカムカしつつも、だんだんそのストーリーに引きずり込まれました。。女性なら、誰もが持っている自分なりのコンプレックスや、思い通りにならない心の憤りを、すーっと溶解.
○イン・ハー・シューズ/姉妹の絆 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
マギー(キャメンロン・ディアス)とローズ(トニ・コレット)2人は仲良しの姉妹、幼い時にはそれだけでよかった、でも大人になったらそれだけでうまくいかない。 マギーはボディは最高だけど、キャリアも資格も学歴もない自分にコンプレックスを感じていた。そして姉ローズ
イン・ハー・シューズ(映画館) (ひるめし。)
私たちは何度もすりむいて、自分だけの\"靴\"をみつける。 CAST:キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン 他 ■アメリカ産 131分 容姿端麗なんだけど働かないグータラな妹、バリバリのキャリアウーマンなんだけど容姿に自信がない姉のまったく正反
「イン・ハー・シューズ」は、ヒールが折れても大丈夫! (cococo)
好き! スザンナ・グランドの脚本、バンザイ! カーティス・ハンソンの監督、サイコ
☆★★ 『イン・ハー・シューズ』観ました ★★☆(画像あり) (★SASASAWAのよくばり日記★★☆)
   お仕事の後『イン・ハー・シューズ』を   観に行きました。   もちろんヒルズの映画館です♪   仕事が終了してから急いで予約して   劇場へはギリギリ到着。   それでも予約していたので   よいお席で観ることが出来ました。   映画は・・  ...
イン・ハー・シューズ (mo-KAOフラペチーノ)
今日はいきなり叫んじゃいます。いいかも?いいかも!ワタシKAO~~~! とにかく見る前からこの映画のプロットがとても気に入っていました。そして監督はあのカーティス・ハンソン!期待するなってゆー方が無理ってもんでしょ(笑)。 見事“KAOが今年見た良い映画ト.
イン・ハー・シューズ (まつさんの映画伝道師)
第277回 ★★★☆(劇場) 「80年代の女性は男の靴を見る」  これは「ブラック・レイン」(1989)で主人公の同僚を演じたアンディ・ガルシアの台詞。「靴」はその人の何らかを表しているので、「靴」を見れば相手のことがわかるということだ。  もち.
イン・ハー・シューズ (It\'s a Wonderful Life)
実はあまり期待せずに観に行ったんですけど、 映画が始まるとDirected by Curtis Hansonのクレジット。 「LAコンフィデンシャル」や「8Mile」のカーティス・ハンソン監督作品 だったのか~知らなかった!そこで一気に期待が高まりました。 この監督、ハリウッ...
イン・ハー・シューズ☆ (☆INTERIM~まだ夢の途中~☆)
祝日&レディースデーだったので、映画館は大賑わいでした♪ 観たいなぁ~っと思っていたんです『IN HER SHOES』 靴のサイズ・DNA・子供の頃の悲しい思い出以外に全く共通点のない姉妹の話 私にも2つ下の妹がいます この映画の姉妹程ではないけど、選んだ仕事も生き方も違.
イン・ハー・シューズ (lip)
ブロンドおバカ女がウロウロする作品かと思ったら大違い。 予告編を観る限り、ブロンド女が職にも就かず(就けず)姉に世話になったがそっちも限界で、老人ホームに入り込んで…という図を描いていたんだけれど、コレ、結構しっかりしたヒューマン・ドラマに仕上がっていて
「イン・ハー・シューズ」 (映画通の部屋)
「イン・ハー・シューズ」 製作:2005年、アメリカ IN HER SHOES
イン・ハー・シューズ (マシュマロまったり日記)
本日、今週末から上映開始の『イン・ハー・シューズ』の試写会に行ってきました。主演キャメロン・ディアス、監督カーティス・ハンソン。 マギー(キャメロン・ディアス)は、美人でスタイル抜群だけど無職。姉ローズ(トニ・コレット)は弁護士だけど恋は苦手。そん...
イン・ハー・シューズ (壺のある生活)
イン・ハー・シューズ In Her Shoes (2005/アメリカ) ナイス・バディ! 監督 カーティス・ハンソン Curtis Hanson 脚本 スザンナ・グラント Susannah Grant 出演 キャメロン・ディアス Camer
『イン・ハー・シューズ』のハリウッド度 (Days of Books, Films)
カーティス・ハンソンは、クリント・イーストウッドを別格とすれば、ハリウッドの良質
イン・ハー・シューズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆    あたしじゃなきゃ履けない靴  あなたとじゃなきゃ揃わない靴
イン・ハー・シューズ (お気楽日記♪)
        青山界隈をお散歩しながら向かったのは六本木ヒルズ。         実は、この映画を観るのが本日の大目的。          そして、一人映画初体験♪ ちょっとドキドキ? この位置から昼間の東京タワー。 青い空に赤と白が綺麗!! ところで
キュートな女優達に感謝(映画「イン・ハー・シューズ」を観て) (とりあえず俺って何様?)
観る予定がなかったのだが、急に「イン・ハー・シューズ」を観ることになった。 なにせタイトルもよく確認せずに観たので、事前情報としては「キャメロン・ディアスが主演で、シャーリー・マクレーンが出てるらしい」という程度だった。 *  *  *  *  *  *
イン・ハー・シューズ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ねねね♪『イン・ハー・シューズ』って観た? 友人のくまちゃんからのメールに、まだだけど観に行く?と即答して 水曜日に予定してたんだけど、彼女の仕事の都合でドタキャン^^; 先日やっとふたりで観に行ってきました(笑) ローズ(トニ・コレット)とマギ...
イン・ハー・シューズ (パフィンの生態)
キュートなだけじゃなく演技派女優キャメロン・ディアスに会える! 彼女の代表作となるだろう。 弁護士として活躍するローズ(トニ・コレット)は、定職につかず 男癖の悪い妹マギー(キャメロン・ディアス)に振り回され、大喧嘩に。 行くあてがないマギーは祖母が生きてい
イン・ハー・シューズ (勝手にアカデミー賞&ゴールデン・ラズベリー賞)
評価(10/10) 上映時間:131分 監督:カーティス・ハンソン 出演:キャメロン・ディアス 、トニ・コレット 、シャーリー・マクレーン etc. 好きな映画ベスト10に入る 『L.A.コンフィデンシャル』のカーティス・ハンソン監督が、 キャメロン・ディアスとトニ...
『イン・ハー・シューズ』 (CouchCinema*カウチシネマ / b)
やっと観ました。久々に映画館で涙してしまいました。 題名の\" In her shoes \" は、「彼女(相手)の立場になって」という意味の慣用句。 「相手の立場になる=相手の思いを理解する」ことによって 自分が愛されていたこと、守られていたことに気付き、 立場が微妙に変わる
イン・ハー・シューズ (toe@cinematiclife)
これ好きだわ~。 この姉妹って私と同世代。 痛いな~と思いつつ、そんな都合良い話無いでしょ~と突っ込みを入れつつ、やっぱり泣いちゃった。 <STORY> フィラデルフィアの大手法律事務所で働く弁護士・ローズ(トニ・コレット)は、憧れの同僚・ジムと良い関係になりつつ
映画:「イン・ハー・シューズ」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。「しっかり者の姉」:ローズと「わがままな妹」:マギーの姉妹喧嘩
負け犬的観点から。「イン・ハー・シューズ」再び。 (負け犬ちあぼんの恋せよ乙女?!)
そうそう。 「イン・ハー・シューズ」の姉妹って、負け犬世代よね~。 (一応、書いておきますが、ネタバレ満載です) 姉のローズは、結婚するんだけどね。 キャメロンの役のマギーも30歳って設定だし、彼氏なしだし。 その姉ローズの結婚する相手が、何故か、「日本
『IN HER SHOES』 (BEAUX JOURS)
『IN HER SHOES ~イン・ハー・シューズ~』を観て参りました ストーリー・・・ 弁護士として活躍する姉のローズとは反対に、キャリアも資格も学歴もないマギーがたったひとつ人に誇れるのは、グラマラスなルックスだけ。 とはいえ、若さの賞味期限はそれほど長...
イン・ハー・シューズ (物欲エントロピー)
今年最初の劇場鑑賞は、愛しのキャメロンの「イン・ハー・シューズ」 「L.Aコンフ
In Her Shoes (Butterfly Stroke)
まずは、移動中のお楽しみのインフライト・ムーヴィーの感想から始めますかぁ。 一本目はキャメロン・ディアス主演も話題だった、ベストセラーの映画化作品「In Her SHOES」
イン・ハー・シューズ (いつか深夜特急に乗って)
「イン・ハー・シューズ」★★★★★ (盛岡フォーラム3) 2
「イン・ハー・シューズ」 In Her Shoes やっとレビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
やっとDVDで観ました「イン・ハー・シューズ」(昨年9月に記事を書いて見ていませ
イン・ハー・シューズで学ぶシニアマーケティング (ハーバード流鬼ヨメ日記☆ これからも二人三脚留学準備中)
イン・ハー・シューズで学ぶシニアマーケティングの未来♪ 「In Her Shoes」懐かしのフィラデルフィアが舞台なんだよねー♪ なんていうところから選んでわざわざサンフランシスコで買ってきた本。 ちゃんと洋書で読みました。 去年の秋、映画化されたこの作品。 もう
イン・ハー・シューズ (ぶっちゃけ…独り言?)
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 心地良い映画でした~。 実はキャメお得意のラブコメかと思ってたんですけどね。 いつもよりも大人向けな。 そーゆー映画じゃなかったけど、これはこれで凄く良かったです。 前半はやや微妙。 姉妹二人を同格
世界に1つだけの靴?!~イン・ハー・シューズ~ (ペパーミントの魔術師)
すいません、SMAPちゃいますね。(笑) 昔百貨店の子供靴売り場におった時代がありまして(遠い目) 大人の外見重視、おしゃれ目的とちがって 骨の成長に土踏まずの形成にと最初はそれなりに 注意を払って選んだげないとあかんのよと教えられても いや~すぐ大きくなるし
イン・ハー・シューズ (とんとん亭)
「イン・ハー・シューズ」 2005年 米 ★★★★★ DVDを3本借りて来ていて、この前「私の頭の中の消しゴム」で号泣しちゃったので 趣向の違う物を・・・と思って観たのですが これもまた、泣けました・・・ああ 最近の私は 前にも増して涙脆くなってい...
イン・ハー・シューズ-(映画:今年54本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:カーティス・ハンソン 出演:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン 公式サイト 評価:91点(100点満点) (ネタバレあります) キャメロン・ディアス主演なんだから、どうせ中身のないラ
DVD/イン・ハー・シューズ (ip-network.org)
最近、感動ものにハマっているので見てみました。 どうしようもない女性が改心してい...
「イン・ハー・シューズ」 (シネマ・ワンダーランド)
キャメロン・ディアス主演のヒューマン・ドラマ「イン・ハー・シューズ」(2005年、米、カーティス・ハンソン監督、20世紀フォックス配給)。ディアス主演の作品といえば、あの愛すべきおバカ映画「メリーに首ったけ」(98年)をイメージしてしまう。しか ...
『イン・ハー・シューズ』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
イン・ハー・シューズ 監督:カーティス・ハンソン CAST:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン 他 容姿にコンプレックスを持つ弁護士のローズ(トニ・コレット)と、美人だが学習障害を持つローズの妹マギー(キャメロン ...
イン・ハー・シューズ (日々エンタメざんまい!)
イン・ハー・シューズposted with amazlet on 06.11.2520世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン売り上げランキング: 1362Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★★★★【STORY】 弁護士のローズは
イン・ハー・シューズ (純情ちらり。)
イン・ハー・シューズ キャメロン・ディアス 昨日ビデオショップでこのDVDを借りて、帰ってから即3時間ぶっ続けで観ました。 2人の姉妹の愛情を描いた話です。 顔とスタイル以外とりえの無いマギー(キャメロン・ディアズ)が有能な弁護士の姉ローズ ...
イン・ハー・シューズ (琴線~心のメロディ)
【2005年11月12日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★★ ソフトバンクのCMで見事なプリ{/hearts_pink/}ケツを披露してくれているキャメロン・ディアス。 そ ...
イン・ハー・シューズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私たちは何度もすりむいて、自分だけの”靴”をみつける。』  靴のサイズ24.5cm、DNA、子供時代の悲しい思い出  それ以外に全く共通点のない姉妹  この姉妹に自分を重ねられない人は、いないだろうと観ていて思いました。  キャメロン・ディアスが演じる妹...