ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ザ・スピリット』

2009-04-18 16:17:11 | 新作映画
(原題:The Spirit)

----このチラシの雰囲気、どこかで観たことがあるニャあ。
ほとんど色がなくってノスタルジックな感じ。
『スカイキャプテン - ワールド・オブ・トゥモロー』にも似ているけど、
赤だけが際立って、ちょっとハードボイルド。
あっ、思い出した。『シン・シティ』だ。
「そう。こういうことをやれるのは
その『シン・シティ』を手掛けたフランク・ミラー
彼をおいてほかにはいない。
プレスの表現がまたいい。
『闇が溶け出す!赤がうごめく』
『「赤」がバトルにはじけ、エロスになびき、バイオレンスに染まり、
ミステリーにからみつく』。
この映画の特徴は、ここにすべて言い尽くされている」

----へぇ~っ。でも他にも何かあるでしょ。
ほら、出ている女優が豪華だとか…。
「そうか。じゃあ、そこを説明するために
まずは簡単な設定から。
この映画の主人公スピリットは、街(セントラル・シティ)を守るヒーロー。
とはいえ、よくあるアメコミヒーローのように
特別な能力を持っているわけじゃない。
ただ、彼は決して死ぬことはないんだ」

----それって、最大の能力じゃニャい(笑)。
「確かに(笑)。
で、このスピリットは
自分が、なぜ墓の中から甦ったのかは分からない。
しかしいつも、このセントラル・シティを守るため、
マッドな犯罪者オクトパスと原始的な殴り合いから、
最新スペックの武器までを総動員したバトルを繰り広げている。
そんな彼の前にあらゆるタイプの女性が現れる。
スピリットの少年時代の初恋の相手で
いまは宝石泥棒の女サンド・サレフ(エヴァ・メンデス)、
オクトパスの右腕の冷血な副官シルケン・フロス(スカーレット・ヨハンソン)
生前の婚約者でスピリットの怪我を治す美しき外科医エレン・ドーラン(サラ・ポールソン)、
後輩の新米刑事モーゲンスターン(スタナ・カティック)、
ナイフを振り回す妖艶なダンサー、ブラスター・オブ・パリス(パス・ベガ
そして、水中の死の天使ローレライ(ジェイミー・キング)」

----そんなにたくさんいると、目移りしちゃうニャあ。
「そうでしょ。
しかもこのスピリットが女好きな上にジェントルマン(紳士)。
というわけで、次々と女性がまいっちゃう。
果たして誰が本命なのか、こっちも観ていて分からなくなってくる」

----ところで、男の方についてはまだ聞いてないんだけど?
「ごめんごめん。
ずっとマスクなので、
あまり気にしていなかったもので…(汗)。
主人公のスピリットを演じているのはガブリエル・マクト
『グッド・シェパード』とかにも出ていたらしいけど、どの役だろう?
それよりも注目はオクトパスを演じるこの人、
サミュエル・L・ジャクソン
部下のシルケンを演じるスカーレット・ヨハンソンとともに、
シーンごとに、
エキゾチック・ジャポンだったり、ナチスだったり。
なにせ切腹まで出てくるんだから驚いちゃう」

----えっ。サミュエルが切腹?
「いや、そうじゃなくて、
彼が作った“フォボス”と呼ばれるクローン集団のひとりが
切腹させられちゃう。
これが、あの『チャーリーとチョコレート工場』
を思い出すおかしさ。
頭が悪く、すぐ裏切り、すぐ殺される。
作る方も作る方で、
足のすぐ上に顔があったり。
これはルイス・ロンバルディが演じているけど、
ちょっとした見モノだよ。
そういえば、猫が薬で目玉だけになったりという
えぐい描写もあったなあ」

----そ、それはヒドすぎる。
て言うかそれ以前に、
えいって、こういう作り込んだ映画あまり好きじゃなくなかった?
もはや映画とは思えないって…。
「普通はそうなんだけどね。
この映画の場合、
監督のフランク・ミラーが映画上がりじゃないところが功を奏している気がする。
つまり映画という枠組みにとらわれず、
自分の表現したい手段でそれを映像化したって感じ。
それには、このCGIの手法があっていたってことだろうね。
本人も『このテクノロジーは未来を語るというものだけでなく、
過去に大切にされたものも蘇らせることができる。
奇妙な街の光景やド派手なネオンというコミック的なものだけでなく、
昔ながらのフィルム・ノワールの雰囲気というものも創りだせるんだ』と語っている。
『マックス・ペイン』
でも使われたハイスピード・デジタル・カメラ、
“ファントム”を使用しての冒頭の水中描写、
シルエットだけで表現した屋根の上を走るヒーローなど、
好き嫌いは別として、こういう映画もありかもと納得。
まあ、物語がヒーローの秘密を解き明かしてゆくという形だったことも
ポイントが高い部分かな。
今日から公開されている『パニッシャー:ウォーゾーン』
これもヒーローの誕生が描かれた前作の方が遥かにオモシロかったものなあ」


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「映画も変わってきたニャあ」身を乗り出す

※こういう映画もたまにはいい度

コトリ・ロゴお花屋さん ブーケ、アレンジメントetc…

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

画像はフランス・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『映画 クレヨンしんちゃん... | トップ | 『ブッシュ』 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
落ちてしまうのを楽しみにしていたヤジウマの表情が・・・ (亜蘭真 主美士)
2009-04-29 23:31:46
主役のマスクがめがねだったら、もし髭があったなら・ネコにが真っ黒なら・・・。えいさんだ!とさけんでたのに???
まるで、えいさんが夜中に街の屋根の上をとびまわっているみたくな映像も想像出来。
女好きなところも、えいさんと????
いえ。ゴホンゴホン・・・・

ちなみに、スレちがいですが、グラン・トリノだめとは、いってません。ただノレなかったと。。。。理由は僕が変な解釈をしたためでして・・・・。
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2009-04-30 21:34:38
こんばんは。
結局、それってぼくと全く似ていないということじゃないですか(汗)。

それとごめんなさい。
ぼくは「ノレなかった」という意味で、
「あれ(ぼくは)ダメだった」と使うことが
しばしばあるんです。

いやあ、言葉には気をつけなくてはなりませんね。(反省)
ネコのでてる作品ばかり (亜蘭真 主美士)
2009-05-01 00:11:33
結局、それってぼくと全く似ていないということじゃないですかって・・・バレたか!!
でも主役の方の行動って随分ネコみたいじゃなかったですか?
で、ここのところこの作品も含めて猫のでている作品ばかりみてるような・・・
劇場では犬の映画が多いのに?
で、ネコがでているやつで、(ワンシーンだけですが・・・)
Let The Right One Inというヴァンパイアと人間の恋を描いた(トワイライトはティーンムヴィー
だけど・・・こちらは女の子がヴァンパイア)スカンジナビア半島だったかフィンランドだったかの映画で、これ凄くよかったです。多分いつか公開になるとおもいます。じゃなきゃもったいない!!
うつくしい作品です超オススメ。そのなかでのネコさん達は凄く怒ってます。にゃあにゃあと・・・フォーンに何いってるか(セリフ)聞きたいくらいです。それからネコさんでていた作品もうじき公開のスパイク・リーの新作Miracle At St.Anna(クリントに対する返事のような作品)でも、ちらりと映ってます。
ちなみにグラン・トリノ、最後まで予想通りにすすんで、(ただあの選択するのを、途中出てきた黒人グループとヤンキーイエロー軍団とを戦わすのか?とまよったんだけど・・・あの選択によるクリントのキリストの用な格好まで予測でき、あまりノレなかったんです想定内すぎて。ただエンディングのイーストウッドの唄は予測できませんでした。お隣のアジアの家族たぶん日本人をえがいているんですよ。だったら、痛烈な東アジア外交批判だと(アメリカに対する批判もふくめて)・・・・政治家の撮る映画って・・・ねえ・・・
先程挙げたスパイク・リーとの一悶着があったせいで、変な解釈してしまいました・・・おっとまたスレちがいでした。
でも、いろいろ考えれるという事は、良い作品なのかな??
■亜蘭真 主美士さん (えい)
2009-05-02 17:29:30
こんにちは。

またまた知らない映画の紹介、ありがとうございます。
猫の映画は、もうすぐ『私は猫ストーカー』なるものが公開されるようです。
おっと、その前に犬の映画を紹介しなくては。
これは後ほど…。

スパイク・リー、『セントアンナの奇跡』ですね。
これはまだ観ていません。

『グラン・トリノ』、
そう、スパイク・リーとのひと悶着は、
『硫黄島からの手紙』ですね。
亜蘭真さん、落とし込みがうまい。
えいさん☆ (mig)
2009-05-27 10:42:31
連日お邪魔です。

これ、楽しみにしてましたけど それほどでもなかったかなぁ、、、
ビジュアルはいいんですが、もうちょっとキャラに面白味が欲しかったです。
あのクローンはコミカルで良かったですね
■migさん (えい)
2009-05-27 12:35:33
こんにちは。

これ、原作を知っている人にはもっと楽しめるのかもしれないですね、
最初の水中での戦いは、
いったい何が起こっているのやらという感じでした。
こんばんは★ (dai)
2009-06-06 01:38:27
冒頭はなにかやってくれそうな映画だと思っていたんですが、時間の経過とともに”あ~ぁ”という感じでイマイチでした。キャラクターが際立っているだけに勿体ないです。
■daiさん (えい)
2009-06-06 22:05:12
ところどころ、ユニークな映像が見受けられはしましたが、
それで全編通すというのは、なかなか大変な作業。
ちょっと肩こりのする映画でした。
う~ん (miyu)
2009-06-08 20:47:31
確かに映画上がりじゃないフランク・ミラーだからこそ
こうゆう映画になったのでしょうが、
映画のツボは抑えられてなかったように感じましたね~(;・∀・)
■miyuさん (えい)
2009-06-09 11:03:50
こんにちは。

映画がこういうのばかりになったらつまらないですよね。
CGは空気まではまだ描けないという
『重力ピエロ』の森淳一監督の意見にぼくも賛成です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ザ・スピリット/ THE SPIRIT (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 『シンシティ』『300』のフランク・ミラーが今作で単独監督デビュー{/ee_3/} 巨匠ウィル・アイズナーによるアメコミの映画化{/m_0158/} 『シンシティ』大好...
ザ・スピリット (Memoirs_of_dai)
敵キャラ濃過ぎてヒーロー目立たん 【Story】 殺害されるも奇跡的に甦った刑事デニー・コルト(ガブリエル・マクト)は、以来マスクで顔を隠...
「THE SPIRIT」を観る (紫@試写会マニア)
奇才・フランク・ミラーの最新作で、古今東西の美女の大集合と聞いて、期待満面で出向いた「THE SPIRIT」の試写会。 なんか・・・ちょっと激しく、○っかりな感情が。 で、久しぶりに“このパターン”で^^; スタイリッシュ度 ≒ 「シン・シティ」 ←...
ザ・スピリット (そーれりぽーと)
フランク・ミラー自身による映画化は『シン・シティ』から2作目の『ザ・スピリット』を観てきました。 ★★★★ どのカットを取ってもコミックの一コマになりそうな、アメコミがリアルな実写と融合して動いている感覚。 フランク・ミラー自身による実写化は2作目とは言え...
ザ・スピリット (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『最大の敵こそ、真実。』  コチラの「ザ・スピリット」は、ウィル・アイズナーの傑作コミックを「シン・シティ」や「300 スリーハンドレッド」の原作者フランク・ミラーが「シン・シティ」に続いて、脚本と監督を手掛けた6/6公開のアメコミ・ヒーローものなのです...
レビュー:ザ・スピリット (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[殴り合いアクション][シュールコメディ][プチダーク][乱射][白黒赤基調][アメコミ][実写][洋画][スコープ] プチシュール度:★★★★☆ 色調いじり度:★★★★☆ 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、エヴァ・メンデス、サラ・ポールソン、ダン...
★「ザ・スピリット」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で。 キムタクの出てる「アイ・カム~」でも良かったんだけど、 やっぱりスカちゃんモノが優先なひらりん。
ザ・スピリット (だらだら無気力ブログ)
『シン・シティ』の原作・監督を務めたフランク・ミラーが同名アメコミを 実写映画化。一度死んだ男が蘇り、仮面のヒーロー・スピリットとして 愛する街を犯罪から守るさまを描く。 主演のスピリットを『グッド・シェパード』や『ママの遺したラヴソング』の ガブリエル...
ザ・スピリット (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <シネマスクエアとうきゅう> 監督:フランク・ミラー 原作:ウィル・アイズナー 脚本:フランク・ミラー シンシティの映像美がお気に入りのワタクシ。 この映画に、観る前から期待していたのは、 1.モノトーンを基本とした映像美。 2.せくし...
「ザ・スピリット」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ザ・スピリット」 (原題:THE SPIRIT) 監督:フランク・ミラー 出演:ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン、ダン・ローリア、パス・ベガ、ルイス・ロンバルディ、...
『ザ・スピリット』2.64点で面白いか? (映画のブログ)
 「みんなの意見」は案外正しいという考え方がある。  だからというわけではないが、観る映画を選ぶのにネット上のレビューを参考にする...
mini review 09416「ザ・スピリット」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
アメコミ界の巨匠ウィル・アイズナー原作の同名グラフィック・ノベルを『シン・シティ』『300 <スリーハンドレッド>』の原作者フランク・ミラーが実写映画化。死からよみがえり、愛する街を守るために犯罪組織と戦う仮面のヒーローを『グッド・シェパード』のガブリエル...
ザ・スピリット [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE SPIRIT公開:2009/06/06製作国:アメリカ上映時間:103分監督:フランク・ミラー出演:ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・メンデス、スカーレット・ヨハンソン、ジェイミー・キング、サラ・ポールソン最大の敵こそ、真実。+あらすじ+殺...
「ザ・スピリット」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
この映像の色合いと、雰囲気は良かったんですが・・
【映画】ザ・スピリット…映像は上出来。次は脚本強化に努めてね。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
連休も最終日に突入しちゃいました{/down/}{/face_hekomu/} すでに昨日{/kaeru_fine/}の事ですが、2010年5月4日(火曜日・祝日)は息子が関東に戻る日。 お昼の新幹線{/m_0032/}に乗るという事なので小倉駅まで送り&見送りに行きました。 …なだけの1日だったんですよ...
映画評「ザ・スピリット」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督フランク・ミラー ネタバレあり
『ザ・スピリット』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 ザ・スピリット 』 (2008)  監  督 :フランク・ミラーキャ スト :ガブリエル・マクト、サミュエル・L・ジャクソン、スカーレット・ヨハンソン、 エヴァ・メンデス、ジェイミー・キング、サラ・...