ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アンストッパブル』

2010-12-14 23:13:46 | 新作映画
(原題:Unstoppable)



----トニー・スコット監督で列車が暴走。
しかも、主演がデンゼル・ワシントン
これって、最近ほかにもなかった?
『サブウェイ123 激突』のことだね。
ただ、個人的にはあの映画よりも
こちらの方が格段に楽しめたね。
物語は、これ以上ないほどシンプル。
大量の有毒化学物質と19万リットルのディーゼル燃料を搭載した
無人の貨物列車777号が加速しながら暴走。
そのルート上、接触するありとあらゆる障害物を粉砕し、
ヘリコプターから列車に乗り移ろうとする人間も軽々と吹っ飛ばしてしまう。
行く手には人口密集地帯。
果たして、この悪夢を止めることができるのはだれなのか?
ちゃんちゃん」



----ニャに。そのふざけた言い方。
どうせ、“アンストッパブル=止めることができない”なんて言いながら、
最後は、ちゃんと止めるんでしょ?
それもデンゼル・ワシントンが…。

「さあ、どうでしょう(笑)。
これまで、この手の暴走映画で駅を木っ端みじんにしたのは、
ジーン・ワイルダー『大陸横断超特急』くらいだものなあ。
でも、助かると分かっていてもこの映画は、
なかなか見ごたえがあったね。
そのワケは簡単。
トニー・スコットが変な色気を出さなかったから」

----変な色気?
「うん。
一言で言えば、
人間心理を深く掘り下げようとは、
端から思っていなかったってこと。
ポイントを、
列車と人間との戦いに絞っているんだ。
もちろん、たとえば列車指令室と上層部という、
現場と経営サイドとの意見の食い違いなんかも出てくるけど、
それもこれも全て、
サスペンスを盛り上げるための1ファクター。
間違っても、それによって
硬直化した指揮系統や
経営者のもうけ第一主義を非難告発しようというような
色気は出していない。
これは、そういった意味では
純粋培養化されたサスペンス・アクション。
ちょっと70年代チックではあるけどね」

----ニャるほど。
無駄がそぎ落とされているってわけだニャ。
「そういうこと。
トニー・スコットはこれからもこの路線を突き進んでほしいな」


           (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「クリス・パインのこと喋ってないのニャ」
ちょっと怒るニャ



※でも、きっとだれか喋ってくれる度


blogram投票ボタン

人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー

コトリ・ロゴお花屋さんもよろしく。


画像はアメリカ・オフィシャル(壁紙ダウンロードサイト)より。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『きみがくれた未来』(ザッ... | トップ | 『エリックを探して』(ケン... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
00年代映画ベストテンが講談社のムック「映画のセオリー」に掲載されました (しん)
2010-12-17 22:22:25
えい様

ご無沙汰しておりましたが、面白い映画を沢山ご覧になっておいででしょうか
「自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ」の管理人しんです。
約一年前に当ブログで企画しました「ブロガーによる00年代映画ベストテン」にご協力いただきありがとうございました。

その「ブロガーによる00年代映画ベストテン」が、このたび講談社のセオリームックシリーズ「映画のセオリー」という本で取り上げられました。
大きな扱いではなく色々な映画ランキングに混じって私たちのランキングが紹介されているだけではありますが、それでもこうして世に出ることができましたのも、ご協力頂いた えい様をはじめとしたブロガーの皆さんのおかげと感謝しております。
件の本につきましては当ブログに紹介記事を書きましたので、そちらを参照してください。

年末年始という我ら映画ファンには個人ベスト選出であれやこれやと悩ましくも楽しい時期を迎えようとしております。えい様のベスト、楽しみにしています。またよろしくお願いします。
Unknown (風子)
2010-12-21 20:40:03
サブウェイ123が思ったほど稼げなかったので、の映画の資金集めも苦労したみたいですが、こっちはずっと楽しめる作品でしたね。
まあ、製作費もサブウェイを上回っているらしいですが。

夫にも勧めちゃいました。
■風子さん (えい)
2010-12-30 23:48:40
こんばんは。
『サブウェイ123』のような
人間の心理、またその駆け引きを描く映画は、
トニー・スコットには不向きな気がしまうs。
やはり彼は、アクション。
それも無機質なものがピッタリです。
今年の一本目です。 (たいむ)
2011-01-08 14:39:20
こんにちはー。今年もお邪魔します!

衝突していたベテラン機関士と新米車掌が危機を乗り越えるために団結し、最後にはすっかり仲間、しかもおかげで家庭不和解の消付きってテイストは昔懐かしありがちな展開だったけれど、そこでお涙ちょうだいとかが無かったのは、暴走列車のスピード感が削がれることがなくって私も良かったと思います。

テロリストの暴走も怖いけど、無人も怖いですねー(^^;
こんばんは。 (オリーブリー)
2011-01-08 17:46:10
私も「サブウェイ~」よりは、こちらの方が面白かったです!
このシンプルさが逆に良かったですよね。
新年の幕開け、順調な滑り出しでした(笑)
こんばんは (ノラネコ)
2011-01-08 22:43:48
予想外に面白かったですねえ。
仰る様に余計な色気を出さずに、サスペンスに徹したのが良かったのでしょう。
98分という短めの上映時間も正月明けの眠気覚ましに見るにはちょうど良かったです。
Unknown (cochi)
2011-01-09 08:53:16
あけましておめでとうございます
今年も宜しくおねがいします。
新年早々、すかっと爽快感を味わわせていただきました。
映像のストレイトな美しさに魅入り、完全に自分を失った感覚です。
■たいむさん (えい)
2011-01-09 17:28:11
こんにちは。
無駄をそぎ落とした剛速球の映画でしたね。
脇のエピソードも
“暴走列車”という主たる物語を膨らませるためにのみ作用する。
これぞ正真正銘のエンターテイメント・ムービー!
■オリーブリーさん (えい)
2011-01-09 17:29:38
こんにちは。
そう。このシンプルさが功を奏していた。
グダグダ言わず、その一点で勝負するアクションというものを
久しぶりに堪能した気がします。
■ノラネコさん (えい)
2011-01-09 17:31:01
こんにちは。
昔は、こういう100分以内の映画が多かったですよね。
短いからってだれも「金返せ」とは言わない。
充実した時間が味わえた映画でした。
■cochiさん (えい)
2011-01-09 17:32:40
あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。
トニー・スコットは、
もとより映像の美しさには定評がありました。
それが、こういうアクションで生かされるというのは、
観ていて気持ちよかったです。
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2011-01-12 00:35:03
今年もよろしくお願い致します♪
アクション、エンタメ大好きなので、かなり
楽しめました!あくまでも暴走列車がメインで
人間模様はスパイスと言う感じでしたので
緊張感が途切れず、手に汗握って最後まで
観れたのだと思います(^_-)-☆
ラストの成功がわかっていながらもこれだけ
ドキドキハラハラさせるって凄いですよね^^
ヒルズの大スクリーンで観て大正解
でした\(^O^)/
こんにちは。 (ミスト (MOVIE レビュー))
2011-01-12 15:47:33
あけましておめでとうございます。初コメでございます。(^_^;)
私の2011年の1作目の映画鑑賞がコレでした。
久しぶりに演技とスリルを味わえたパニック映画でした。
あまりくどくない人間描写が良かったですね!
ラストの女性たち・・・現金やなぁ!って思いましたわ!(苦笑)

今年もよろしくお願いします。
■ひろちゃんさん (えい)
2011-01-16 23:36:27
うわあ。ごあいさついただきながら、
お返事が遅くなってしまった。

新年明けましておめでとうございます。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

そう、この映画、
結末があらかじめ分かっていながらも楽しめる。
それができる監督って、
やっぱりスゴイですよね。

年の初めに、こういう作品が出てくると、嬉しいです。
■ミスト (MOVIE レビュー))さん (えい)
2011-01-16 23:38:34
あけましておめでとうございます。

この映画が今年の一本目とか。
いい出だしですね。
後に続く映画が大変かも(汗)。

こちらこそ、
今年もよろしくお願いいたします。
ん~ (miyu)
2011-02-13 19:11:34
やっぱりパニック映画って言うと
70年代なんでしょうかね^^
今見ると、しょぼくともやっぱり面白かったりしますね。
そうゆう雰囲気は確かにあったのかもしれませんね♪
■miyuさん (えい)
2011-02-16 01:02:25
こんばんは。
そうですね。
70年代は、パニック映画、ディザスター映画が
わんさか押し寄せました。
でも、これは
パニックというよりも
ストレートなアクションという気がしました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「アンストッパブル」燃えるぜ~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[トニー・スコット] ブログ村キーワード  デンゼル・ワシントン×トニー・スコット5作目のタッグ!「アンストッパブル」(20世紀フォックス映画)。この前のコラボ作「サブウェイ123 激突」に続いて、“燃える男の鉄ちゃん魂ムービー”でございます。  その日、職務...
アンストッパブル (試写会) (風に吹かれて)
28年の経験をなめるなよ 公式サイト http://movies.foxjapan.com/unstoppable1月7日公開監督: トニー・スコット2001年5月、オハイオ州で実際にあった事件をヒン
アンストッパブル☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2011年1月7日公開の『アンストッパブル』一足お先に試写会に同行させていただいて鑑賞できました。アメリカのオハイオ州で2時間無人の列車が暴走した事件があったそうで、その実話を元に製作された作品だそうです。予告も結構ドキドキしちゃうけど、列車が暴走始めてから...
アンストッパブル (LOVE Cinemas 調布)
危険な薬物を大量に積んだ貨物列車が、人為的ミスによって暴走を始める。大惨事を防ぐためにベテラン機関士と新米車掌のコンビが大奮闘する姿を描いたパニックアクションムービーだ。『サブウェイ123 激突』でもコンビを組んだトニー・スコット監督とデンゼル・ワシン...
アンストッパブル (うろうろ日記)
試写会で見ました。無人で走る暴走列車を年寄り&ヤングの2人組でなんとか止めちゃお
アンストッパブル / Unstoppable (うだるありぞな)
ランキ...
映画:アンストッパブル Unstoppable エンディングまで一気通貫!のアクション大作。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
確かに、タイトル通り。 重さ190トンの鉄のカダマリ、超重量の貨物列車777号が 無人の状態のまま4461馬力で駆け抜け、誰も停められない。 しかも、この貨物列車777号には危険物な化学物質が満載されていたのだ! たまたま、そこに居合わせた2人(その日...
劇場鑑賞「アンストッパブル」 (日々“是”精進!)
「アンストッパブル」を鑑賞してきました2011年1作目!無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・サスペンス・アクション。ベテラン機...
アンストッパブル (心のままに映画の風景)
ペンシルヴェニア州フラー操車場。 危険性の高い化学物質を大量に積んだ最新鋭の貨物列車が、運転士のミスで無人のまま走り出してしまう。 その頃、同州にあるミンゴ操車場では、ベテラン機関士フランク(...
「アンストッパブル」みた。 (たいむのひとりごと)
今年の一本目はコレ[E:shine]事故というものは概ね人間が引き起こすもので、その内で大惨事に発展するのは人的な迂闊やミスが引き金となり、更に人間が作り管理している機器等の動作不良が幾つも重なりあい
アンストッパブル やっべぇぇぇ!すっげぇぇぇっ! (労組書記長社労士のブログ)
【=3 -0-】 予告編を初めて見た瞬間に「絶対に観るt!!」って思ったこの映画、ようやく封切りを迎えたよ!o(@^◇^@)oワクワク  ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって...
アンストッパブル (映画鑑賞★日記・・・)
【UNSTOPPABLE】 2011/01/07公開 アメリカ 99分監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン生きて帰れ ...
アンストッパブル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
全長800メートル、有毒物質を満載し巨大なミサイルと化した暴走列車を止めろ――! トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンの5度目のコンビ作は、前作「サブウェイ123 激突」につ続いてまたも列車物。 未曾...
アンストッパブル (Art-Millー2)
アンストッパブル 英題:UNSTOPPABLE 監督:トニー・スコット 音楽: ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ キャスト: デンゼル・ワシントン クリス・パイン ロザリオ・ドーソン 他 2010/アメリカ オフィシャルサイト これぞ、シンプル・アメリカン・ヒ...
アンストッパブル (voy's room)
  操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備ミスによって走り出す。大量の化学薬品とディーゼル燃料を搭載した777号を止めるべく、鉄道会社と警察は手を尽くすが、列車はさらに加速していく。事態を察知したベテラン機関士フランク(デンゼル・ワシントン)...
アンストッパブル / Unstoppable (勝手に映画評)
2001年、オハイオ州で発生したCSX8888号暴走事故が下敷きになっている映画です。ですが、発生した場所がペンシルバニア州になるなどの変更が加えられていますので、冒頭のキャプションは「事実に基づいた」ではなく、「事実に着想を得た」となっています。 デン...
映画「アンストッパブル」 (FREE TIME)
映画「アンストッパブル」を鑑賞。
「アンストッパブル」愛する人たちを守るため暴走列車に立ち向かった勇敢な2人の機関士 (オールマイティにコメンテート)
1月7日公開の映画「アンストッパブル」を鑑賞した。 この映画は人為的ミスから暴走した貨物列車を止めようと 立ち上がった機関士2人が暴走する列車を止めるために 奮闘する姿 ...
2011-01『アンストッパブル』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2011-01『アンストッパブル』(更新:2011/01/08) 評価:★★★★☆(★★★★★との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の2本目。 南大沢のTOHOシネマズで鑑賞です。 これは素直な物語だけど面...
映画『アンストッパブル』 (闘争と逃走の道程)
 新年一発目の映画観賞。気がつくと外国映画を長いこと観ていなかったので、久しぶりに。  ペンシルバニア州のフラー操車場。大量の可燃性化学物質を積んだ39両編成の大型貨物列車777号が、ブレーキ操作...
「アンストッパブル」 手に汗握ります (はらやんの映画徒然草)
デンゼル・ワシントンとトニー・スコットの黄金コンビによる新作「アンストッパブル」
アンストッパブル (ハクナマタタ)
一言で言うと、暴走機関車を停めろ! そういう物語 実話をもとに着想したというこの映画 とにかく手に汗握る 顔の筋肉の運動によい ラストまで一気にひっぱる迫力の映像と緊迫感 終わったあと、やったぜ!という気分になる映画 実話をもとにした暴走列車...
『アンストッパブル』 45年前の日本人は正しかった! (映画のブログ)
 『アンストッパブル』の冒頭のカットに、ピンと来た人も多いだろう。  朝の操車場。  仕分線に並んだ多くの列車。  ガタタン、ガタタンと、貨車の触れ合う音が響く。  これは、黒澤明監督が撮ろ...
アンストッパブル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2001年にオハイオ州で発生した列車暴走事故を、「サブウェイ123 激突」のトニー・スコットが映画化したアクション巨編。危険物質を積んだまま暴走する貨物列車を止めるために、ベテ ...
★アンストッパブル(2010)★ (CinemaCollection)
UNSTOPPABL生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。この映画は、<事実>から生まれた。【解説】無人貨物列車が突然暴走を始め、人々を未曾有の恐怖に陥れる戦慄のタイムリミット・...
アンストッパブル (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  いくつかのミスが重なって暴走してしまった無人列車。しかも貨物には大量の危険物が搭載されている。このまま暴走を続ければ、やがては市街地に入り、急カーブのある高架で脱線し墜落することになるだろう。そしてその墜落先には多くの燃料タンクが設置されて...
映画「アンストッパブル」の感想です。 (MOVIE レビュー)
今年1本目の映画「アンスト...
アンストッパブル (だらだら無気力ブログ)
実際に起きた列車暴走事故を基に、大量の化学物質を積んだまま暴走を 始めてしまった貨物列車を、解雇予定のベテラン機関士と新米車掌が、 大惨事を防ぐべく命がけで貨物列車を止めようと奮闘する様をスリリングに 描いたサスペンスアクション。 主演は『サブウェイ123 ...
【アンストッパブル】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン  生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ。 「貨物列車777が整備員のミスにより無人で走り出してしまった。加速して走り続ける列車、会社の上層部は何とか最小限の損失...
『アンストッパブル』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「アンストッパブル」□監督・製作 トニー・スコット □脚本 マーク・ボンバック □キャスト デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン■鑑賞日 1月10日(月)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度...
『アンストッパブル』 労働者階級の英雄 (Days of Books, Films )
Unstoppable(Film review) 列車が暴走する。2人の男がそれ
「アンストッパブル」 UNSTOPPABLE (俺の明日はどっちだ)
・ 最近再び始めてしまったツイッターで「余計な物を限りなく削ぎ落とした見事なハラハラ・ドキドキムーヴィー。トニー・スコット監督、兄貴にも劣らぬ好演出で思わず拍手!」と思わずつぶやいてしまった良い意味で70年代パニック映画を想起させるタイムリミット・サスペ....
トニー・スコット監督 「アンストッパブル」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
今年最初のCinemaレビューになりますが… 劇場で観た映画は実はこれが今年2本目 1本目は昨年暮に観た「相棒‐劇場版2‐」の再鑑賞 だって今年最初の公休日(6日)に、私が観たいと思える作品がまだ上映されてなかったンだもん 2回目の公休の今日(13日)...
[映画『アンストッパブル』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆トニー・スコット監督は、先にもトレイン・パニック物『サブウェイ123/激突』を撮っているが、それは残念ながら、駄作だった。  しかし、今回の作品は、私、公開前から設定に胸を踊らせていた。  やっぱり、機関車にしても特急にしても、暴走したものを停める、...
アンストッパブル (Recommend Movies)
列車を止める使命を託された、二人の男の物語 予告編を観てテンションが上がったので勇んで劇場へ♪ デンゼル・ワシントンって運行司令部勤務じゃなかったっけー ペンシルベニア州にある操車場で最...
映画「アンストッパブル」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
2011年映画観賞のトップバッターを飾る最初の映画は「アンストッパブル」。 新米機関士扮するクリス・パインと勤続29年のベテラン機関士役であるデンゼル・ワシントンが主役を演じる、トニー・スコット監督作品です。 映画「アンストッパブル」のストーリーは、2...
[映画][2011年]アンストッパブル(監督トニー・スコット) (タニプロダクション)
TOHOシネマズ日劇 前方左側 出演:デンゼル・ワシントン クリス・パイン他 評点=☆☆☆★★(70点) 男気! フーターズ! アンストッパボー!
暴走列車を止めよ (笑う学生の生活)
9日のことだが、映画「アンストッパブル」を鑑賞しました。 無人列車が暴走 それを止めようとする機関士2人の奮闘 ストーリーはシンプル 暴走列車を止める パニックアクション なんか ありがちというか 一昔前の作品ぽいですが・・・ 単純明快に面白い ハラハラドキ....
アンストッパブル (ダイターンクラッシュ!!)
2011年1月15日(土) 21:40~ TOHOシネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『アンストッパブル』公式サイト 硬質な映像を見せることでカッコいいと勘違いしているようなトニー・スコットだが、「サブウェイ123 激突」に続き、デンゼ...
『アンストッパブル』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『クリムゾン・タイド』『マイ・ボディガード』『デジャヴ』『サブウェイ123 激突』と、これまで4度コンビを組んできたトニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが再びタッグを組んだ『アンストッパブル』。
『アンストッパブル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アンストッパブル 』 (2010)  監  督 :トニー・スコットキャスト :デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィン・ダン、イーサン・サプリー、ケヴィン・チャップマン...
暴走無人列車~『アンストッパブル』 (真紅のthinkingdays)
 UNSTOPPABLE  ペンシルバニア州の操車場で、危険な化学物質を搭載した無人貨車が暴走 を始めた。ベテラン機関士のフランク(デンゼル・ワシントン)と新米車掌のウィ ル(クリス・パイン...
アンストッパブル/Unstoppable (いい加減社長の日記)
またも更新が遅いけど^^; 去年の予告編を観てから、楽しみにしていた作品。 公開日に、「アンストッパブル 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通かな。 「アンストッパブル 」は、中くらいのスクリーンで、3~4割程度。 (C) 2010 TWENTIETH CE...
「アンストッパブル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 トニー・スコット×デンゼル・ワシントンの名コンビ最新作は、2001年5月、オハイオ州で起きた貨物列車暴走事故を元にしたアクション大作。  毎回、この手の映画やニュース...
No.005 「アンストッパブル」(2010年 99分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン    クリス・パイン    ロザリオ・ドーソン この日2本目の作品は同じく布施ラインシネマでの鑑賞。 なんとポイントカードのハンコが溜まりに溜まって押す所が無くカードが2枚目になった 3本ほど無料で見れ...
失うモノがない男、取り戻したいモノがある男。『アンストッパブル』 (水曜日のシネマ日記)
実際に起こった列車暴走事故をモデルに作られた映画です。
アンストッパブル <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いや~ 予想以上に面白かった~ 迫力満点やし ハラハラドキドキさせられるしほっとんど 電車で走ってるシーンばっかしやねんけど ひき込まれるで~コネで入ってきたウィルと ...
「アンストッパブル」は清涼飲料水的娯楽映... (映画と出会う・世界が変わる)
この作品、娯楽映画としては実に巧妙な出来である。物語は、危険物を満載して暴走した列車をいかに止めるか、ただそれだけである。冒頭から事故の発生、登場人物たちと彼らが置かれ...
アンストッパブル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンストッパブル'10:米◆原題:UNSTOPPABLE◆監督:トニー・スコット「サブウェイ123激突」「デジャヴ」◆主演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、ケヴィ ...
映画「アンストッパブル」 (itchy1976の日記)
アンストッパブル 映画 - goo 映画 アンストッパブル(映画.com) アンストッパブル@ぴあ映画生活 「アンストッパブル」オフィシャルサイト アンストッパブル (映画) - Wikipedia ○作品データ(映画.com) キャスト:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ド...
アンストッパブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンストッパブル』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)こうした作品なら、何はともあれ大画面で音響の素晴らしいところと思って有楽町まで出かけましたが、期待どおりでした。何しろ、運転手なしに暴走し続ける貨物列車をストップさせなければ、市街地に突っ込....
アンストッパブル (メルブロ)
アンストッパブル(原題: UNSTOPPABLE) 342本目 2011-02 上映時間 1時間39分 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン(フランク・バーンズ) 、 クリス・パイン(ウィル ...
アンストッパブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『生きて帰れたら、 言いたいことがあるんだ。』  コチラの「アンストッパブル」は、2001年5月15日にオハイオ州で発生した実際の鉄道事故をベースに、2009年の「サブウェイ123 激 ...
アンストッパブル (みるき~うぇい)
原題:UNSTOPPABLE 2010年度作品/アメリカ <監督> トニー・スコット <出演> デンゼル・ワシントン(「アメリカン・ギャングスター」など) クリス・パイン ロザリオ・ドーソン イーサン・サプリー ケヴィン・ダン(「トランスフォーマー」) ケヴィン・...
アンストッパブル (Unstoppable) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 99分 パニック 採点★★★ “その土地はもう危険だから、引っ越した方が良い”といった意見や、“過去の教訓を忘れてしまう住人”みたいな論調をこの震災以降耳にすることがありますが、そ...
アンストッパブル (銀幕大帝α)
UNSTOPPABLE/10年/米/99分/パニック・アクション/劇場公開 監督:トニー・スコット 製作:トニー・スコット、ミミ・ロジャース 出演:デンゼル・ワシントン、クリス・パイン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー <ストーリー> 整備員のミスが原因で大量...
「アンストッパブル」(UNSTPPABLE) (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「デジャヴ」「サブウェイ123激突」などの作品で知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコットがメガホンを執ったデンゼル・ワシントン主演のパニック・アクション・ムービー「アンストッパブル」(2010年、米、99分。FOX映画配給)。...
アンストッパブル (RISING STEEL)
アンストッパブル / UNSTOPPABLE 2010年 アメリカ映画 20世紀フォックス製作 監督:トニー・スコット 脚本:マーク・ボンバック 撮影:ベン・セレシン プロダクションデザイン:クリス・...
映画評「アンストッパブル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督トニー・スコット ネタバレあり
アンストッパブル (mama)
UNSTOPPABLE 2011年:アメリカ 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ロザリオ・ドーソン、イーサン・サプリー、ケヴィン・ダン、ケヴィン・コーリガン、クリス・パ ...
映画 アンストッパブル (VAIOちゃんのよもやまブログ)
実話を元にした映画ということでTVで何度か紹介されていたのが記憶に残っていた映画「アンストッパブル」。実際には海外のTVを紹介するような番組でこの話自体は多分複数回目にした ...