ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『必死剣 鳥刺し』

2010-05-26 23:58:07 | 新作映画
----また藤沢周平
ほんと人気だね。
「うん。でも、その理由は分かる気もするな。
原作こそ読んでいないけれど、
『たそがれ清兵衛』に始まり、
最近の『花のあと』に至るまで、映画化された作品を観る限り、
そこに貫かれていているのは“ある運命”。
それもその多くは権力者によって弄ばれることが多い。
つまりは、
自分の人生を自分で決めることができない。
そのことへの静かな怒り。
我慢に我慢を重ね、
やがてそれが沸点に達し爆発を見せるんだ。
今回のこの映画にしてもそう。
『隠し剣 鬼の爪』も映画化された“隠し剣”シリーズの中でも、
傑作との誉れ高いい一編だけど、観てみて納得。
これは“死ぬことさえ、許されない”男の話なんだ」

----死ぬことさえ許されない?
よく意味分からないニャあ…。
「じゃあ。
ストーリーをかいつまんで…。
話は、主人公の兼見三佐ェ門(豊川悦司)が、
藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾・連子(関めぐみ)を殺すところから始まる。
以後、映画は回想シーンを交えつつ、
連子の口出しにより藩が窮状に陥っているさまを映し出していく。
最愛の妻・睦江(戸田菜穂)を病で失った三佐ェ門にとって、
連子刺殺は自らの死に場所を求めての、覚悟の刀傷沙汰であったわけだ。
ところが、意外にも彼には寛大な処分が下される。
それどころか、一年の閉門後、
彼は藩主の近くに仕えることになる。しかし…」

----へぇ~っ。そのお殿様も分からないニャあ。
権力者であり、しかも愛人を殺されながら、
なぜ、彼を斬首しなかったんだろう?
「斬首か…。
難しい言葉を使ってきたね。
もちろん、これには裏がある。
そこが、いまの現代社会とも通じていて、空恐ろしい。
人というのは、自分の身や地位を守るためには、
平気で他の人を踏み台にする。
それどころか、その命など虫けら程度にしか考えていない…。
なんて、これ以上内容を話すと、
ネタバレになるので、映像の方に話を移そう。
実はこの映画、始終空気が重い。
それもそのはず、主人公の三佐ェ門にしてみれば、
今回の自分への処分は納得いかないことばかり。
もとより死を覚悟の振る舞いなのだから…。
心は半分死んだようなもの。
さて、その生と死のはざまを描く手法として
監督・平山秀幸が選んだのはフィルムでの撮影。
しかも、50~60年代の東映時代劇を思わせる濃青を基調とした映像。
これは、ぼくには懐かしかったね。
子供のころ、映画館にもぐりこんで観た時代劇の記憶を掻き立てられた。
そして訪れる、ラスト15分の壮絶な殺陣。
雨の中で繰り広げられるこの大立ち回りには息を飲んだね。
斬られても斬られても、また斬りかかる。
実際にはありえない」

----ということはリアルな映画じゃないということだニャ?
「血しぶきとかはリアルなんだけどね。
でも、それは鮮血の美学というのとはまた違う。
それどころかもしかして、このシーン、笑う人もいるんじゃないかと、
実はそれをぼくは危惧しているんだ。
というのも、髷を切り落とされた満身創痍の三佐ェ門が、
じりじりとにじり寄る姿は、
誤解を承知で言えば、一種のホラー。
ぼくなんかは一瞬、貞子の姿がダブったもんね」

----それ、言いすぎ(笑)。
「でも、実際にはありえないはずのそのシーンを観て、
ぼくは、平山監督は“伝説を作ろう”としているんだなと確信。
どうせ、映画を作るなら、
そういう“伝説を作る”気構えでやってほしい。
この映画の、壮絶なラスト。
これさえあれば、もう多少のことには目をつむってもいい。
そういう気持ちにさせてくれる、
これは稀有な、いや貴重な映画だったね」



         (byえいwithフォーン)

フォーンの一言「その必殺剣はどういう剣なのニャ?」おっ、これは

※それは、必死必勝の剣だ度


コトリ・ロゴ父の日には、こちらのお花屋さんもよろしく。

噂のtwitterを始めてみました。
ツイッター
「ラムの大通り」のツイッター



blogram投票ボタン

ranking.gif人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ペルシャ猫を誰も知らない』 | トップ | 『セックス・アンド・ザ・シ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い作品でした! (ひきばっち)
2010-07-15 13:40:37
お邪魔します~。
いや~エンドロールで思わず拍手したくなりました(^^♪!私の拙い映画鑑賞人生に残る快作です。
>この映画の、壮絶なラスト。
>これさえあれば、もう多少のことには目をつむってもいい

まさに仰る通りです!
隼人正と三左ェ門との「一騎打ち」から、「鳥刺し」までのラスト・・これを見せられたら、枝葉末節は吹き飛んでしまいました・・!
日本映画に残る「斬り合い」そして「鳥刺し」だと思います。

>監督・平山秀幸が選んだのはフィルムでの撮影
私は映画の撮影は門外漢なのでよくわからないのですが、最近の映画(日本映画も洋画も)の撮影はフィルムを使わないのでしょうか??
私はてっきり「劇場映画」はいまだにフィルムだと思っているのですが・・?
お教えいただけたら幸いです。
■ひきばっちさん (えい)
2010-07-16 19:14:49
こんにちは。

おおっ、高評価ですね。
あの、殺陣は、もう思い出すだけで背筋ぞくぞく。

最近の映画の件です。
ご指摘のように、フィルム撮影は少なくなっています。
やはり、ポストプロダクションも含め、コスト面での理由が大きいようです。
そのため、映画によっては
あえてフィルム撮影のような色合いにするなど、
不思議な現象が起きてきています。

これは、近々、リメイク版『死刑台のエレベーター』で喋ろうかな。
乞うご期待!
こんにちは♪ (ひきばっち)
2010-07-17 07:00:37
>フィルム撮影は少なくなっています
なるほど~・・。ちょっとショックですね~。
「映画だけは!」という思いがあったので・・。
自分も高校生の頃は、「映画産業に関わる仕事につながる学部を・・」と思ったこともあったので(1984年頃、日本映画は斜陽の一途を辿っていましたが・・)。

>近々、リメイク版『死刑台のエレベーター』で喋ろうかな。

是非、お願いいたしますm(__)m。
ここのところ日本映画が元気なので、その辺も教えていただけたら幸いです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「必死剣鳥刺し」 (今日の素敵さがし)
 こう見えても(どう見えてるか?ですけどね)、時々、「あー、ドキドキするよなチャンバラやってくれる時代劇みたーい!」と思う。
「必死剣 鳥刺し」 (俺の明日はどっちだ)
・ うひょー! そのまるで焼き鳥屋みたいな題名に惑わされることなかれ! 久々に時代劇をちゃんと堪能することが出来、「これぞ、映画!」と言いたくなる「しゃれども、しゃべれども」の平山秀幸監督の手によるお馴染み藤沢周平原作の映画化作品。 現代の中間管理職と...
「必死剣 鳥刺し」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「必死剣 鳥刺し」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・藤沢周平 監督・平山秀幸 わたしも歳なのでしょう。こういう作品を観るといいな~・・!としみじみ思うようになりました。 本作は藤沢周平原作...
「必死剣鳥刺し」 現代のサラリーマンの姿とかぶる (はらやんの映画徒然草)
「たそがれ清兵衛」以来、藤沢周平作品が数多く映画化されるようになりました。 小説
『必死剣鳥刺し』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し」□監督 平山秀幸 □脚本 伊藤秀裕、江良至□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳■鑑賞日 7月10日(土)■劇場...
必死剣鳥刺し (ダイターンクラッシュ!!)
2010年7月5日(月) 19:30~ 丸の内TOEI1 料金:0円(完成披露試写会) パンフレット:0円(売値不明。豪華なプレスかもしれない。) 『必死剣鳥刺し』公式サイト 初めて試写会に行きましたよ。しかも舞台挨拶付き。家に招待状が来ていて、どこで当たったんだろうと...
『必死剣 鳥刺し』の作法とは? (映画のブログ)
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと...
「必死剣鳥刺し」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 藤沢周平「隠し剣」シリーズの中でも、現代に通じる傑作と名高い同名作を、平山秀幸監督、豊川悦司主演で映画化。 すごく日本的な見せ方をする映画だと思う。 もちろん時代劇だ...
「必死剣 鳥刺し」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:平山秀幸原作:藤沢周平脚本:伊藤秀裕、江良至 藤沢周平の短編時代小説「隠し剣」シリーズの一編を、「今度は愛妻家」の豊川悦司主演で映画化。監督は「愛を乞うひと」、「しゃべ
必死剣 鳥刺し (だらだら無気力ブログ)
藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども ...
必死剣 鳥刺し (シネマ大好き)
海坂藩の物頭・兼見三左エ門(豊川悦司)は、能の見物のあと、藩主・右京太夫(村上淳)の側室・連子(関めぐみ)を衆目のなかで刺し殺す。斬首を覚悟していた彼に下った判決は、意外にも、役を解いた上の一年の閉門だった。妻を失くしていた彼は、妻の姪の里尾(池脇千...
「必死剣鳥刺し」真の敵を見定めて (再出発日記)
監督:平山秀幸原作:藤沢周平出演:豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳なんともやり切れない男の話である。冒頭から兼見三左ェ門に...
「必死剣鳥刺し」死に場所を決めて必死剣を繰り広げた先にみた殿様と妾の悪政に翻弄された武士の生涯 (オールマイティにコメンテート)
7月9日公開の映画「必死剣鳥刺し」を鑑賞した。 この映画は藤沢周平隠し剣シリーズの一遍を映画化した作品で、 藩政が乱れた原因が殿の妾にあると察して自らを犠牲に妾を刺すが、 斬首にならず生かされ、自らの死に場所を探していくストーリーである。 剣の剣客でも...
必死剣鳥刺し (映画的・絵画的・音楽的)
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出され...
必死剣 鳥刺し (WEBLOG:e97h0017)
「藤沢周平秀異の作」を映画化したという本作、確かに原作における「必死剣」とは、主人公が我流で編み出した剣技であり、「隠し剣」シリーズでは異色の作品となるでしょう。原作では主人公がなぜそんな技を生み出さなければならなかったのか
必死剣 鳥刺し (to Heart)
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤...
映画評「必死剣 鳥刺し」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・平山秀幸 重要なネタバレあり