ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『シン・シティ』

2005-08-24 21:53:19 | 新作映画
----この映画、いつも試写室が超満員なんだって?
確か一度行ったらダメだったって、暑い中、ふうふう言ってたよね。
どこがそんなに人気があるの?
「まず出演者の顔ぶれがスゴい。
ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、
ジェシカ・アルパ、ベニチオ・デル・トロ、イライジャ・ウッド、
ジョシュ・ハートネット、ブリタニー・マーフィ。
渋いところでニック・スタール、マイケル・クラーク・ダンカン、
ルトガー・ハウアー、マイケル・マドセン…。
映画何本分かのキャスティングだ」

----スゴい!どうやったら、
そんなにたくさんのスターを集めることができたんだろう?
「原作がグラフィック・ノベル界の鬼才フランク・ミラーの金字塔的作品『シン・シティ』。
監督が常にアグレッシブな映画を世に送り出しているロバート・ロドリゲス。
その彼が、これまで映画化の話をことごとく断ってきた
フランク・ミラーを口説き落としたばかりか、
共同監督に迎えたと言うんだから、
これは多くの俳優の心を動かしたことは想像に難くない。
しかもおまけとして、クエンティン・タランティーノが
ワンシーンのゲスト監督をしたなどと言うエピソードまであるんだ」

----うわあ、それまたスゴいや。クレジットとしては超強力だ。
でも、そのコミック知らないニャ。どういうお話なの。
「舞台は、哀しみと裏切りが支配する“罪の街=シン・シティ”。
映画は、オープニング・エピソード
(これもロドリゲスがフランク・ミラーを口説き落とすために作ったらしい)の後、
3つのエピソードが語られていく。
EPISODE1:仮出所中のマーヴ(ミッキー・ローク)は
高級娼婦のゴールディと一夜を過ごし、
初めて愛を知るが、彼女は何者かに殺されてしまう。
殺人の罪を着せられたマーヴは必ず敵を討つと心に誓う。
EPISODE2:ドワイト(クライヴ・オーウェン)は
ストリップ・バー“ケイティ”でウェイトレスをしている
恋人のシェリー(ブリタニー・マーフィ)につきまとう男、
ジャッキー・ボーイを痛めつけ、その後を追うが、
娼婦たちの自治区オールド・タウンで思わぬ事態に遭遇してしまう。
EPISODE3:ハーティガン刑事は、
ロアーク上院議員の息子ジュニア(ニック・スタ-ル)の魔の手から
11歳のナンシーを救出。
しかし、相棒ボブ(マイケル・マドセン)の裏切りの銃弾に倒れ、
ロアーク議員に罪を着せられてしまう。
8年後、出所した彼は“ケイティ”でナンシー(ジェシカ・アルバ)と再会するが…」

----ニャんだか、登場人物が多くてややこしそう。観ていて頭が混乱しなかった?
「そこがロドリゲスの巧さだろうね。
各エピソードを横断するキャラもいるにも拘らず、
見事に交通整理されていている」

----この映画って、映像の方も話題になってるよね。
バックはほとんどCGなんでしょ?
「そういう意味では『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』と同じだね。
グリーンバックの前で演技。車に乗っているシーン一つとっても
実はグリーンの箱に座っているということらしい。
ただ、あの映画が全編セピア調だったのに対して、こちらは白黒。
ドレスの赤などところどころ色がついていているのが特徴。
原作コミックの味をそのまま生かそうとしているわけだ。
この『原作に忠実に』のスピリッツが一番生かされているのが特殊メイク」

----そう言えば、あのマーヴがミッキー・ロークなんて、
言われてみるまで分からなかった。
まるで『ファンタスティック・フォー』のシングみたいだ。
「たとえばブルース・ウィリス演じるハーティガン。
彼のトレードマークは傷なんだけど、
傷の上に蛍光を発するメイクを施して白く光らせている。
影を多用して白黒のコントラストを際立たせたその映像は一見の価値あり。
映画は何よりも視覚による芸術だということを改めて知らしめてくれる。
しかも、そこにコミックの大胆な構図を
<動画>として見せる技術を併せ持っている。
う~ん、ぼくとしては大満足だったね」

(byえいwithフォーン)

※パート2も観たい度人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (118)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『この胸いっぱいの愛を』 | トップ | 『ヴェニスの商人』 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
めずらしく (あかん隊)
2005-09-17 01:57:50
友人が、そのまた友人から譲り受けたという「試写会チケット」で、初めてGAGAの試写室へ行ってきました。素晴らしい映像とスピード感、雰囲気を持った映画でした。「芸術」ですね!(もっとも、友人は呆気にとられていたようでしたが…)

試写会観ても、公開されるまでレビューは控えようと思っています。
けっこう楽しいでしょ? (えい)
2005-09-17 18:16:30
>あかん隊さん。



こんにちは。

この映画、

周囲は「あまりヒットしないのでは?」と言うのですが、

ぼくは化ける可能性もあると思います。

いろいろ言う以前に、単純に楽しめました。

公開後の本格レビュー、楽しみにしています。
TBありがとうございました! (honu)
2005-09-23 22:16:27
映像はとてもキレイだったけど、私は残念ながら、この映画は楽しめなかった・・・(-_-;)



パート2、パート3が決定しているようだけど、次作は観るかどうか???です。
何となく (bakabros)
2005-09-24 05:54:35
TBさせて頂きました。

えいさんはお嫌いかも?と思いましたがお好きなようでホッとしました。

私は大好きな世界でしたが、賛否両論、否定的な意見の方が多いみたいですね。

思ったよりもストーリーもあったように感じました。

ちょっとナレーションの字幕を読むのが辛かったので、全体を把握した二回目の方がもっと楽しめそうな気がします。
コメントありがとうございました。 (えい)
2005-09-26 20:53:11
honuさん。



この映画、楽しめませんでしたか?

おそらく好き嫌いが激しく分かれる作品とは思いますが、

う~ん、残念です。



bakabrosさん。



そうですか、ぼくの嫌いそうな作品に見えましたか?

実際に面と向かってそう言われたこともありますし、

そんなイメージなのかな。

実は、こういう劇画チックな<画作り>って、

昔から好きなんです。
Unknown (ヒロ斎藤)
2005-10-02 01:25:04
楽しく拝見しました。私のブログでもシンシティ取り上げてます。是非遊びに来て下さい。
TBありがとうございます。 (あかん隊)
2005-10-02 15:50:12
時間が経ってしまったら、ん?

抽象的なことになってしまいました。

だけど、気に入ったことは確かで、どこかでもう一度観てくるつもりでいます。
コメントありがとうございます。 (えい)
2005-10-02 20:46:21
■ヒロ斎藤さん



こんばんは。

さっそくうかがわせていただきました。

これからもよろしくお願いします。



■あかん隊さん



もう一回、行かれるのですか?

この作品、ここまで賛否両論になるとは思いませんでした。

一般には残酷描写が、そうとうに敬遠されているようですね。

ぼくは劇画っぽくなっていたので、

それほど感じなかったのですが…。
イライジャ・ウッドが・・・ (にゃんこ)
2005-10-03 00:41:52
どこで出てたのか記憶がありません(爆)

サイトで見て、逃したエピソードはでかいーー;っと寝子になったこと

深く反省しております。。。



残酷描写と言われてますが、色のトーンがモノクロだから

そんなにきついものではなかったと猫も思います(笑)

うーーん、、、やっぱりもう一回行こうかなぁ~

と大きく悩み中(笑)
■にゃんこさん (えい)
2005-10-03 18:41:18
こんばんは。



イライジャ・ウッドの件、

冗談で書いたつもりだったのですが

ほんとうだったとは。

ちょっと失礼なことをしてしまったかも。

しかも、二重投稿しちゃったし、

こちらこそ反省です。

でもイライジャ観るためにも

もう一回観た方がいいかも…。

それくらいインパクト強いですよ。
^^;;; (にゃんこ)
2005-10-03 19:49:39
失礼なことではないですから、ご安心を(笑)

猫はほんっと、よく寝てますから(爆)

でも、サイトで見ると、あのイライジャ・・・本人だとは

わかりにくいですよねぇ・・・ミッキーロークもそうですが^^;;;

どちらにしても、公開終了までにもう一度行きそうです(笑)

タダ券も入手できそうですし♪

Unknown (メビウス)
2005-10-04 01:16:23
こんばんわでっす♪



特別監督として、タランティーノが手掛けたジャッキー・ボーイとドワイトのドライブシーンは自分もかなり気に入ってます♪

彼が受け取ったギャラが1ドルだけというのも面白いですね♪
■メビウスさん (えい)
2005-10-05 01:31:36
こんばんは。



タランティーノが手がけたシーン、

話題になってますね。

ブラックさ加減がさらに上を行っているところが、

受けている要因かな。

『2』では関わらないのでしょうか?
特殊メイク!? (はっち)
2005-10-05 07:04:18
お邪魔します~♪



僕は、ミッキー・ロークが特殊メイクしてるって気が付かなかった人です。スッピンだと思った(^_^;)
こんにちわ! (nicoco)
2005-10-05 16:55:52
食欲はなくしましたが!COOLでした。ミホが

良かったです。勿論ジェシカも!女性が皆、セクシーで綺麗で良かったです♪
『シン・シティ』の男と女 (えい)
2005-10-05 19:24:17
■はっちさん。



白状します。

ぼくも観終わって、プレスを見るまで、

「あれっ、ミッキー・ロークどこにいたの?」でした。

あまりにも、がっちりしてましたもんね。



■nicocoさん



どなたかが書いてられましたが

寺沢武一のコミックに出てくる女性みたいでした。

あれにクラクラしない男はいません(笑)。
こんばんは (瞳香)
2005-10-06 00:21:33
私のほうにもTB&コメントありがとうございました★



私のダジャレより、えいさんの方が一枚上手だったのでちょっと悔しいです(笑

■瞳香さん。 (えい)
2005-10-06 22:47:35
こんばんは。



「イライジャのこんな役は『エターナル・サンシャイン』以来じゃ(イライジャ)?」ですね。



実は、もう一つその続きを思いついていて、

それは



「でも、それって監督ロドリゲスの依頼じゃ(イライジャ)?」



ちょっとやりすぎかも・・・。
TBありがとうございます! (あおちゃん)
2005-10-06 23:03:08
ミッキー・ロークは姿、形は変わってもセクシーだなと思います!イライジャ・ウッドは放送禁止寸前では?頭からあの顔が頭から離れません!(T T)
モノクローム (現象)
2005-10-07 20:01:40
コメント&TB失礼します。

これだけの登場人物と尺の長さを、

ロバート・ロドリゲスはうまく処理していたと感じました。

僕もこんがらがることはありませんでした。

あの傷はやはり蛍光塗料だったんですか。

マーヴの絆創膏もそうですよね?

コントラストが絶妙ですね。
コメントありがとうございます。 (えい)
2005-10-07 23:58:54
■あおちゃんさん



ミッキー・ローク、

『ファンタスティック・フォー』の岩男を

スリムにしたような・・・と言ったらファンに怒られちゃうかな。



イライジャ・ウッドはフロドのイメージを

きれいさっぱり拭いさりましたね。

本物の俳優だと思います。

『危険な遊び』で共演したマコーレー・カルキンの例を

横目で見て考えたのかも。





■現象さん



賛同していただけて嬉しいです。

この交通整理の巧さが、

ロバート・ロドリゲスが

単なる<新しがり屋さん>になっていないところだと思います。
初めまして (睦月)
2005-10-10 10:09:10
こんにちわ。『カリスマ映画論』管理人の睦月です。

えいさんのブログはすごく面白い形式でやっていてステキですね。

私のブログは立ち上げたばかりなんですが、これからどんどん活気付けていきますので、よかったらのぞいてみてください。



TB、送信ミスで2回送っちゃいました・・すみません。削除してくださいね。



では。また遊びにきます♪
■睦月さん (えい)
2005-10-10 18:01:42
はじめまして。



楽しんでいただけたようで嬉しいです。

睦月さんのブログ、楽しみにしています。

ブックマークに入れておこうと思いますが、

新しい記事を書かれたときは教えていただけると幸いです。



TBの件、了解しました。

これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

118 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シン・シティ SIN CITY (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
アニメの映画化らしい・・・・ 普通の人には お勧めできません こんな映画を本当に良いと思い観ている人がいるのでしょうか? ブルースウィルス ミッキーローク ジェシカアルバ クライブオーエン イライジャウッド 等‥ 凄い俳優が名をつなれてますが 中身はドロド
■Sin City / シン・シティ 急遽アップ (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
            ジュード・ロウのファンの方には申し訳ない! 急遽、新しいTRAILERがアップしたので『シン・シティ』、長いけど、参ります! ●シン・シティとは、犯罪の町、歓楽悪徳都市・・・などラスベガスを形容する時などに用いられるよう
ジェシカ・アルバ (「USAのんびり亭」映画情報)
のんびり亭から分離独立してから1ヶ月、お蔭様でこの「のんびり亭」映画情報もアクセ
「シン・シティ」Sin City (「USAのんびり亭」映画情報)
アメリカにはグラフィック・ノベルとよばれる書籍ジャンルがあります。これはコミック
『sin city ~シン・シティ』タランティーノも (コウの鑑賞人blog)
シン・シティとは、犯罪都市(ラスベガスを指す事が多い)を表す英語。この映画でのシン・シティはアメコミの『sin city』。 全米では結構な興収をあげてブルース・ウィリスの復活作なんて言われてるようですが、アメコミが原作の映画って日本ではイチかバチか的なところ
「シン・シティ」(2005) 試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
10/1(土)より全国ロードショーです。\"SINCITY\"監督・・・フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ(スペシャルゲスト監督)原作・・・フランク・ミラー出演・・・ジェシカ・アルバ、ロザリオ・ドーソン、イライジャ・ウッド、ブルース..
ジェシカ・アルバ 投げ輪の練習中!@Sin City (ジェシカ・アルバ News!~毎日最新画像をUPするブログ~)
「Sin City」の撮影中のジェシカショットです。 「Sin City」といえば・・・ナンシーの投げ輪ですよねぇーー!! 練習中です!!  がんばってまわします。 ちなみに 本番の投げ輪ショットはこちら
シン・シティ (メルブロ)
シンシティ 上映時間 2時間4分 監督 ロバート・ロドリゲス クエンティン・タランティーノ 出演 ブルース・ウィルス べネチオ・デル・トロ ジェシカ・アルバ イライジャ・ウッド ミッキー・ローク マイケル・クラーク・ダンカン  上記に書ききれないほどのオ.
#33:シン・シティ (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価  “前代未聞の刺激世界”との触れ込みで、全米No.1ヒットを記録したクライム・アクション超大作 とっても癖のある映画で楽しめました これもまた好き嫌いが非常に出る映画 英語版で、中国語字幕だったので意味を取り違えてるところが...
『シン・シティ』 (honu☆のつぶやき)
『シン・シティ』 製作:2005年米 監督:フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ 出演:ブルース・ウィリス/ジェシカ・アルバ/ベニチオ・デル・トロ/ミッキー・ローク 憎しみと裏切りが支配するこの“罪の街=シン・シティ”で、己
シン・シティ ~ ジェシカ・アルバ 主演決定?ブルース・ウィルス主演。。 (話題のナレッジベース)
“シン・シティ”の住人マーヴ(ミッキー・ローク)は、夢のような美女ゴールディ(ジェイミー・キング)と一夜を共にする。しかし朝目覚めるとゴールディは冷たくなっていた。  ...
「シン・シティ」試写会 (ミチミチ)
「シン・シティ」 監督 ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー 特別監督 クエンティン・タランティーノ CAST ブルース・ウィリス/ミッキー・ローク・・・ story シン・シティ・・・そこは憎しみ、ねたみ、快楽・・それらがうごめく街。この街の三人の男が、それぞ
「シン・シティ」 (試写会帰りに)
Frank Miller\'s Sin City: The Making Of The Movie 一ツ橋ホール「シン・シティ」試写会。 予告編映像を見かけた時からずっと楽しみに待っていた作品!  グラフィック・ノベルズという新しいジャンルを作ったフランク・ミラー原作。 原作匁は読んでいないけれど、ロバー
シン・シティー (Oooops!!)
あらすじ 犯罪以外は何もない“罪の街=シン・シティ”。救いなどなかったはずのシティで、その夜、3人の男が絶滅したはずの愛と出会う。屈強な肉体と醜い傷跡のせいで、誰もそばに近づこうとしない前科者マーヴ。過去を捨て、娼婦街の自警者となって夜をさまようドワイト
シン・シティ (おすすめ映画レビュー)
Sin・Cityも続編に? 続きを読む前にランキング
【Check it!】 新時代アクション超大作「シン・シティ」公開迫る! (ベストヒット.jp!!)
 全米№1ヒットを記録したアクション・エンターテイメント超大作「シン・シティ」が10月1日公開となります。“罪の街=シン・シティ”での命懸...
シン・シティ (エンタメ!ブレイク?)
本屋の片隅にある、凶悪犯罪のコーナーで、 衝撃の一冊を手にしたガクブル感覚。 大
■シン・シティ祭り!いよいよ明日日本公開! (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
                                   ▲Slide Show ▲Sin City / シン・シティ 急遽アップ 2004-12-21 ▲コミックから映画へ バットマン~シン・シティ フランク・ミラー 2005-02-13
「 シン・シティ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ロバート・ロドリゲス / フランク・ミラー /     ゲスト監督 :クエンティン・タランティーノ主演 : ブルース・ウィリス / ミッキー・ローク /      クライブ・オーウェン / ジェシカ・アルバ /公式HP:http://www.sincity.jp/main.html...
シン・シティ (ネタバレ映画館)
 髪の毛フサフサのブルース・ウィリス。彼が68歳になるというのに、別れた妻には子供ができる。若い嫁さんだったのね・・・  全編モノクロをベースにパートカラーを加えた映画。トレイラーやカンヌレポートなどによって、ヴェールはかなり剥がされていたが、大スクリーン
SIN CITY (まぁず、なにやってんだか)
夫が「SIN CITY」の映画鑑賞券を1枚もらってきました。 「ブログ書くんでしょ」と快く(いや、相当未練ありそうだったけど)くれたので、ありがたく頂戴し、初日に観に行ってきました。 R-15だから相当怖い、恐い、グロい映画なんだろうと覚悟していました
『シン・シティー』 (映像と音は言葉にできないけれど)
 コミックを読んでから見たほうがいいのかもしれませんが....。コミックのイメージを殺さぬようにしたモノトーンのハイコントラストが売りの映画です。別の言い方でいえば、ニュークラシック・バイオレンス映画でしょうか?。
シン・シティ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 10月1日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(10:45~)   ここまでカッコ良い映画はそうそうないと思う。これほどシビれた作品は今年初めてかな。登場人物が皆カッコ良く、一人一人の存在感が抜群。でもなぁ~、正直面白さは期待してたほどで.
シン・シティ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 10月1日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(10:45~)   ここまでカッコ良い映画はそうそうないと思う。これほどシビれた作品は今年初めてかな。登場人物が皆カッコ良く、一人一人の存在感が抜群。でもなぁ~、正直面白さは期待してたほどで.
シン・シティ (Saturday In The Park)
1950年 アメリカ 124分 監督:ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 出演:ブルース・ウィリス     ミッキー・ローク     クライヴ・オーウェン     ジェシカ・アルバ 罪の街=シン・シティで繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐劇をモノク.
「シン・シティ」 Sin City (俺の明日はどっちだ)
全米公開から遅れること6ヶ月。実はさほど期待はしていなかった。というか、期待するのが怖かった。 しかし、だ。オープニングのサブ・エピソードのあと、カメラが俯瞰で引いていって高層ビルの姿がやがてタイトルになる映像処理、たったそれだけで思わず仰け反ってしまうほ
『SIN CITY』見てきました (Whaddya say?)
今日が初日のSIN CITY見てきました。今年の1月からの御無沙汰だった友達がおごってくれました♪ありがとぅ~♪ヾ(^Д^*)ゞ 超豪華俳優陣、スペシャルゲストディレクターにタランティーノ。 まずこの映画、映画であってコミックという感じです。 原作のコミックス(グラ
シン・シティ (シカゴ発 映画の精神医学)
3月1日アメリカ公開   英語版オフィシャルページ 「シン・シティ」公開1週目の週末興行収入ランキングは堂々一位。アクション映画が1位になったのは、久しぶりである。  激しいアクションとバイオレンス。相次ぐ、銃撃シーン。その迫力に圧倒される。映像はスタ
シン・シティ (まつさんの映画伝道師)
第227回 ★★★★(劇場)  ピーター・アンドリュースという名前をご存知だろうか?  これは「オーシャンズ12」(2005)や「エリン・ブロコビッチ」(2000)の監督であるスティーブン・ソダーバーグがカメラマンとして撮影を行うときの名前だ。な.
SIN CITY (シン・シティ) (ダラックマ日記)
? Sin City [Original Motion Picture Soundtrack] 映画の日だった昨日、FRANK MILLER\'S SIN CITY (シン・シティ) を観てきました。 原作を読んだことがあるわけでもなく、予備知識は全くないまま ロバート・ロドリゲスにタランティーノだぜ・・・・
シン・シティ (映画を観たよ)
劇場窓口で16歳以上ですか?と聞かれた。 この作品R指定だったんですね。 何だか漫画を見ているような感じでした。 モノクロの中に所々カラーを使った印象的な映像はかっこよくてものすごく印象に残りました。 その映像だけでシン・シティという映画の世界観がめちゃ出てた
「SIN CITY」 (世界一読みたい!読書日記)
  最初はもちろんこの映画のお目当ては、ジェシカ・アルバだった。 TVシリーズ「ダークエンジェル」で世界的に有名となり、「ファンタスティック・フォー」そして「SIN CITY」で映画女優としてもブレイクしたジェシカ・アルバを見るために映画館に足を運んだ。
「KILL CITY」イギー・ポップ&ジェームス・ウィリ (君、ちょっとCD棚の整理を手伝ってくれないか。(仮))
俺の家から西へ数百メートル進むと色街へ出る。 そこでは毎夜毎夜、 疲れた男達はきらびやかなネオンに誘われ、 艶やかな娼婦はその男達を身体で迎えている。 勿論、そこには闇でしか生きられない男も大勢蠢いており、 また、夢に破れ人の生活を捨てた男が路上で眠
シン・シティ (cococo)
新発売の期間限定「ビタースイート」。赤や黄色の色のついたチョコを包む銀紙。甘さを
シン・シティ (It\'s a Wonderful Life)
予想以上にCooooool!な映画でした! この映画、かなり結構好き嫌いが分かれる作品なのではないかと思います。 自分は勿論「好き」! このブログを始めて初めてロバート・ロドリゲス監督作について 書くような気がしますが、作品にバラツキはあるものの、 彼の...
シン・シティ   SIN CITY (たにぐちまさひろWEBLOG)
シン・シティは、ロアーク兄弟(兄:枢機卿、弟:上院議員)によって支配され、無法都市と化している。ロアーク上院議員の一人息子ジュニアは連続殺人犯であるが誰もとがめる者はいない。一方、定年目前のハーディガン刑事は11歳の少女ナンシーを拉致したジュニアを追い詰
シン・シティ (Happyboyの★インジョイムービー★)
いやあ・・・、すごいです。何がって?イライジャ・ウッドが・・・。セリフ一言もなかったと思います。たぶん・・・。ひどい、ひどすぎますよ。演技がひどいという意味じゃありませんよ。その役所、存在自体がひどいヤツなので・・。やたら強いし、ピョンピョン跳ね回って身
シン・シティ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
TVで予告はばんばん出てますけど、猫の地元での公開はありません(爆) 煽るだけ煽るCMってキライだわーーん。。。 ってことで豊橋のユナイテッドシネマ(AMCから10/1に社名変更)までいってきました 今日の映画は『シン・シティ』 出演者が・・・なんて豪...
映画のご紹介(62) シン・シティ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(62) シン・シティ 何だ、この映画は、 「シン・シティ」だ。 まずは、1勝1敗の1勝の方からご紹介。 久しぶりにシネコンプレックスへ行った。 こちらの地元では3年
シン・シティ (KINOKANAL)
監督:ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 出演:ブルース・ウィリス,ミッキー・ローク,クライヴ・オーウェン,ジェシカ・アルバ,ベニチオ・デル・トロ 他 犯罪以外は何もない“罪の街=シン・シティ”。救いなどなかったはずのシティで、その夜、3人の男が絶滅し.
シン・シティ (花ごよみ)
シン・シティ それは、娼婦たちが支配する、無法の街で  掟を守る人には極楽、 そうで無い人には地獄となる。 警察と娼婦のグループには暗黙の掟があり、  街の治安は彼女達が守っている。 彼女達は機関銃や刀を持つことにより  武装軍団にもなる。    あの衣装に機関
シン・シティ (よっしーの脳内世界)
【データ】 2005年米。124分。 ロバート・ロドリゲス監督、フランク・ミラー...
映画館「シン・シティ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
面白かった!カッコよかった!!また観たい! 殺しのシーンでは結構グロイシーンがあるので苦手な人はダメかも!アメコミ映画大好き!カッコいいの大好き!!な私には、かなりはまれる映画でした!白黒の全体に一部分だけのカラーが本当に印象的でした。 ブルース・ウ...
『シン・シティ』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
凶悪警報発令!!! 驚いたよ! 空から舞い降りてくるデヴォン青木が、つのだじろうの漫画に出てくる女にソックリで!(笑) いや、そうじゃなかった。 観る前は「またアメコミの映画化かよ~。正直もう飽きた」とか思ってた本作。 予告でも「ちょっとダークなノワール・ムー
『シン・シティ』 (個人趣味日記)
昨日はシン・シティを見てきました。 この映画はホント出演者が豪華である。ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、ぺニチオ・デル・トロ、イライジャ・ウッドなどなどの豪華キャスト。この映画はフランク・ミラーの原作のアメ.
「シン・シティ」@九段会館 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は秀君が休み、あーちゃんは仕事だったので秀君が先に行って席取りしてくれていたので通路に面した席で足が伸ばせてラッキーと思ったら。通路を挟んだ前の男性がめっちゃ座高の高い人。隣の女性と頭のてっぺんがあごの辺りに…おかげで字幕が読めない部分多発でちょっと
シン・シティ (アキラの映画評論)
エロくバイオレンスな映画。 アメコミ原作で、3つのエピソードをオムニバス形式で展開させていく映画。 マーヴ、パワフル! ケビン、怖い! 殺人兵器ミホ、かっこいい! ベッキー、かわいい! ナンシー、踊りがエロい! イエロー・バスタード、きしょい! ハーティガン、し
シン・シティ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 【出演】ブルース・ウィルス/ミッキー・ローク/クライヴ・オーウェン/ジェシカ・アルバ/ベニチオ
SINCITY・・・と言う名のトーキョーN◎VA? (QooChan’s Net Blog)
さてさて。久々の映画レビュー。 今日はかねてより見にいこうと思っていたSINCITYですw で、感想をヲタっぽく一言で言いましょう。 ・・・N◎VAです!(ぉぃ) トーキョーN◎VAそのまんま! さすがに未来武器みたいなのは出てこないけど、雰囲気はそのまんまでし
シン・シティ (lip)
グレースケールというよりモノクロ。そして一部カラー(笑)。 原作のコミックを読んでいないので、もしかしたらすっごく良いのかも知れないけれど…。まぁアメコミものとしてはこんなもんかな、というのが正直な感想。作品中、時間軸の流れが複雑なのにいつ気がつくかで評
ハードボイルド・エンターテインメント (妄想摩天楼)
 シン・シティ観ました。    前情報がほとんど無い状態で、CMのインパクトの勢いで映画館に駆けつけた始末です。    白黒と赤、劇中で使っている色数がかなり少ないです。 それでも古臭さを感じさせないこの感じはいたってなんなのだろう? &nb
「シン・シティ」を観ました。 (GoodNews)
10月1日公開の映画「シン・シティ」を観ました。ハリウッドはアメコミからの映画化が盛んですが、この映画も人気のアメコミを映画化したものです。私はアメコミの世界は殆ど知りません。映画化される毎に、こう言うアメコミが人気なんだと知る訳ですが、この映画は他とは...
SIN CITY ~シン・シティ~ (日々映画三昧)
オフィシャルサイト → SIN CITY ~シン・シティ~仮出所中のマーヴ(ミッキー・ローク)は、生まれて初めて、“天使”を抱いた。屈強な肉体と醜い傷跡が走る顔のせいでプロの女も近づかないマーヴに愛をくれたのは、高級娼婦のゴールディ(ジェイミー・キング)だった。しか
シン・シティ (壺のある生活)
シン・シティ Sin City (2005/アメリカ)
シン・シティ (Akira\'s VOICE)
いぶし銀のクライムドラマ。 アウトロー総出演。 面白かった!
[movie]シン・シティ (時計仕掛けの日々)
 白黒の背景、人物。赤い唇、ドレス。美しいコントラスト。最初からマジぶっ飛んだ! 監督にロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー。特別監督にクエンティン・タランティーノ。出演者はミッキー・ローク、ブルース・ウィルス、クライヴ・オーウェン、ジェシカ・アルバ、
シン・シティ (Cinema-Absolutism)
シン・シティ  2005/アメリカ  ★★★★ 監督 ロバート・ロドリゲス / フランク・ミラー 出演 ブルース・ウィリス / ジェシカ・アルバ / ベニチオ・デル・トロ / ミッキー・ローク / マイケル・マドセン / クライブ・オーウェン / その他豪華キャス
映画を見たで-シン・シティ- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ 出演:ジェシカ・アルバ、ロザリオ・ドーソン、イライジャ・ウッド、ブルース・ウィリス、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ハートネット、ジェイミー・キング、クライヴ・オ.
シン・シティ (季節が無い毎日 ~映画の影をめざして~)
初日に見てきました。 前情報をほとんど持たずに見に行ったので変な期待もなく、純粋に鑑賞できたと思います。 で、感想をおもしろいとか、つまらないとかの表現ではダメなような映画でした。 スタイリッシュ感や、バイオレンス感なども人それぞれ思いがあると思いますが
シン・シティ (toe@cinematiclife)
どうも、ロバート・ロドリゲスが苦手でして・・、『エル・マリアッチ』の時から、『スパイ・キッズ』の続編を除いてほとんど見ているけど、どうも気が合わないというか・・、肌が合わないというか・・と思っていたので今回もかなり不安だったんだけど、映像を見た感じ、どう
Sin City★★★★☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:シン・シティ 『 “シン・シティ”の住人マーヴは、夢のような美女ゴールディと一夜を共にする。しかし朝目覚めるとゴールディは冷たくなっていた。』 director ...Frank Miller/Robert Rodriguez/Quentin Tarantino Nancy ...Jessica Alba(Into the Blue) ...
シン・シティ*SIN CITY (CinemaCoconut)
男達の愛が熱かった・・この街では、愛さえも闘い・・・
イライジャ、いないじゃ。 (だってスキなんだもん。)
{/kaeru_wel/} 昨日、シン・シティを観ました。 瞳香は元々、『安心して観ていられない』系(例えばホラーとかヴァイオレンスとか)は苦手なのですが、彼氏さんがロドリゲス監督とタランティーノ監督が大好きなので、付き合わされて渋々と{/hiyo_shock2/} しかーし。
「シン・シティ」みた (たいむのひとりごと)
観てきました 「シン・シティ」  何と言うか・・どうしましょう?(笑)なんの知
★「シン・シティ」 (ひらりん的映画ブログ)
ブルース・ウィリスをはじめとしてひらりんが知ってる俳優が多数出演。 こりゃ楽しみだぞっ・・ということでチネチッタ川崎の無料券使ってタダ観してきました。 205年製作のクライム・アクション、124分もの。 あらすじ 罪と悪と裏切りの街=シン・シティ。 悪人は警
10/4 村上ファンドは何を企んでるんだ? (あおちゃん気まぐれ日記 !!)
村上のおっさん!阪神をお前の好きにはさせんぞ!{/hiyoko_thunder/} 10/4映画鑑賞 「シン・シティ」・・・・ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー監督  ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク出演 R15指定、白黒映像ということで覚悟はしていたが残酷シーンも数多
シン・シティ (空想俳人日記)
権力は いつも悪と 取引する -ちょっとちょっとクエンちゃん。この間の「キル・ビル」で懲りたかなあ、思たら、今度は、二人も悪がき仲間集めて。分かってますってば、あなたが誘ったんじゃなく、誘われたんでしょ。はいはい。  もう何年なるやろねえ、あなたが映
シン・シティー (レンタルだけど映画好き morey’s room(別館))
2005年 アメリカ 監督 フランク・ミラー/ロバート・ロドリゲス/クエンティン・タランティーノ (ゲスト監督) 出演 ブルース・ウィリス/ミッキー・ローク /クライヴ・オーウェン/ジェシカ・アルバ /ベニチオ・デル・トロ /イライジャ・ウッド/ブリタニー・マーフィ/
「SINCITYーシン・シティ」見てきました。 (lifeisjourney.)
今年春からずーっと見たかったのでさっそく映画館へ行って来ました。でも、普段行き慣れてないところだったので、道に迷いそうでちょっとドキドキでした。「SINCITY-シンシティ」公式サイト監督・脚本:ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー 特別監督:クエンティン・...
シン・シティ@新宿ミラノ座 (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
アメリカンコミックを読むことはないが、悪役も含めてキャラクター設定に惹かれたりする。これだけの大御所キャストを集めながら、皆が原作に忠実なフィギュアを再現させる。構図もコミックの要素が強かった。モノクロの中でシーンに一つ原色を混ぜて、それが効果的である。
闇の中の光 (下弦の憂鬱)
 汚れた街に炸裂する暴力と愛。鈴木清順を想起する、モノクロの中で輝く色彩を描いた最新のテクノロジーとクールな演出が産んだ極上のフィルム・ノワール。  自分の中で、アメコミ原作ものでは「ディック・トレイシー」、「バットマン リターンズ」 以来のヒット。
シン・シティ (Marさんは○○好き)
渋ーい、スプラッターアクションムービー(こんな分野あったっけ)ですね。なかなかこ
シン・シティ(SIN CITY) (ブログ:映画ネット☆ログシアター)
R15なのも納得できる内容でした。本当に人が次から次へと死ぬ。また、死ぬ瞬間がエグイ。 まだ、よかったのが全編がモノクロトーンなのでいくぶん和らいだが、子供には見せられるものじゃないです。 この映画では、色が黒・白・赤・青・黄とかなり限られた色で表現されていま
『シン・シティ』 (Rabiovsky計画)
『シン・シティ』公式サイト goo映画 『シン・シティ』 特集 原作:フランク・ミラー 監督:フランク・ミラー 、ロバート・ロドリゲス 、 脚本:フランク・ミラー 、ロバート・ロドリゲス 出演:ブルース・ウィリス 、ミッキー・ローク 、クライヴ・オー
映画「シン・シティ」を見ました (>>>>> > > 探査衛星アメーバ2号 < < <<<<<<)
見たかった映画「シン・シティ」を見てきました。 アメコミ原作で、原作者フランク・ミラーと ロバート・ロドリゲスの協同監督で、 ゲスト監督としてタランティーノも一部のシーンを 担当しています。 モノトーンの画面に、所々赤く色がついてたり、 背景はすべてCG
Movie:SIN CITY (サッチモ 週末日記)
製作年度 2005年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 124分 監督 フランク・ミラー 、ロバート・ロドリゲス 、クエンティン・タランティーノ 製作総指揮 ボブ・ワインスタイン 、ハーヴェイ・ワインスタイン 原作 フランク・ミラー 脚本 ロバート・ロドリゲス 、
シン・シティ(SIN CITY) (わかりやすさとストーリー)
●原作の世界観を損なわないためという意味のある特殊映像を施した、悪の中でこそ光る善を描く作品●コミックの映画化の手法としては斬新で、映像によって世界観を描く際のひとつの答えを見事に披露している。「愛、情熱、忠誠、栄誉」の描き方という名の周波数がかすりもし
愛と狂気のエクスタシー! (ひたすら映画を観まくる日記アルティメット・エディション)
三連休の初日という事で、当然の如く映画館へ。本日は『シン・シティ』です。お目当てはもちろんジェシカ・アルバですよ
「シン・シティ」斬新さはこんなところに無い (soramove)
「シン・シティ」★★★ ブルース・ウィリス、ジェシカ・アルバ主演 合成着色された画面、 そしてカット割りの嵐。 連写しているカメラの映像みたいだ。 中心となるのは、 ブルース・ウィリスのストーリーだが、 他にも場面は様々な方向に飛んで、 プロモー...
Sin City (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆   これぞまさしく「ラブバイオレンス」
『シン・シティ』 (ねこのひたい~絵日記室)
『シン・シティ』の「シン」は、罪の「SIN」で、瘠せてる「THIN」でもなく、市町村合併でできた『新・シティ』でもないので、パート2は『続・シティ』でもなければ『続・新シティ』にもなりませんので『悪名』ファンの期待に添えず申し訳ありません。
輝きのある白とスーパーデフォルメ[ シン・シティ/Sin City ] (アロハ坊主の日がな一日)
この映画も吉祥寺で観る。ちょっと早めに入ってがやる ことないので小説でも読んでいると、待ち時間にサント ラが流れている。アップテンポでのってしまう。思わず、 足と手で不自然なリズムを刻んでいた。観る前から、気 分は“心優しきモンスター”ミッキー・ロークだ
シン・シティ<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
まずグロイです、とっても恐ろしいところがありあり。ドロドロ系が苦手な方にはお勧め出来ません(^_^;;)全編にわたって色がついてません。赤と黄色は色がありますが 他はありません。それも納得です、アレがカラーだったら ちょっと耐えられないかも。3つの話からなっ...
シンシティ  -劇場- (坂部千尋のsparrow diary)
 ”コミックは子供の娯楽”というアメコミの常識を破った大人向けコミック”シンシティ”の映画を観てきました{/kaeru_en2/}  この映画を千尋的にひと言で表すと{/kirakira/}男のロマン{/kirakira/}な映画{/hiyo_en2/}とびきりセクシーな女達と危険な街そして戦う理由と
Sin City (リンリン映画倶楽部)
タイトル:Sin City 製作  :2005 監督  :Robert Rodriguez、Frank Miller 出演  :Bruce Willis、Jessica Alba、benecio Del Toro、Micky Rourke 飛び出す絵巻。めくるめく欲望。間抜けな顔。 が、ゴタゴターと1つの鍋に入れられたら、好みが分かれるだろうなぁ.
SIN CITY ~シン・シティ~ (Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』)
SIN CITY ~シン・シティ~ http://www.sincity.jp/index2.html ★★★☆☆ 映画 FLASH 新時代アクション 黒バック 赤 リボルバーの弾倉を回転させてカチャリと装填するローディングモーションが気...
シン・シティ (毎週水曜日にMOVIE!)
けっこう期待して観にいきました。勇んだ感じ。 ・・・年取ったのかなあ。つらかったです。 3つのオムニバスになってて、一流どころの俳優がかっこいいんだけどわくわくしないんだよね。「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のがっくり感とにています。 私には向いて
☆★★ 『シン・シティ』観ました ★★☆(画像あり) (★SASASAWAのよくばり日記★★☆)
   またまたマイカルシネマズにて。   ヒルズでは上映してません。。   マイカルのまずいポップコーンにはもういりません。。   (文句を言いつつも食べないのは物足りないので    毎回チーズ味を食べてました)   今回は何も食べずに鑑賞。   食べ...
シン・シティ (Imagination From The Other Side)
DC、マーベルなどの作品を手掛け、「バットマン:ダークナイト・リターンズ」などで知られるフランク・ミラーの異色コミックを映像化した作品。 主演は「隣のヒットマン」「ホステージ」のブルース・ウィリス、「ナインハーフ」「マイ・ボディガード」のミッキー・ローク...
シン・シティ(映画館) (ひるめし。)
この街では、愛さえも闘い CAST:ブルース・ウイリス/ミッキー・ローク/クライヴ・オーウェン/ジェシカ・アルバ/ベニチオ・デル・トロ/イライジャ・ウッド/ジョシュ・ハートネット/ブリタニー・マーフィ 他 アメコミの実写化ということで映像もモノクロでキャラの心
シ・ンシティ観賞 (Cafeアリス)
久しぶりに、映画館で映画を観てきました。 普通の月曜日だったので、空いてましたね~。 今週の金曜日で、終っちゃうので「シン・シティ」にしようかと。 でも、「ルパン」も観たかったから、悩みましたよ。 「ルパン」は、交通費がかかるシアターなので、却下しま...
「シン・シティ」パート2はジェシカ・アルバが! (新作映画ピンポイント情報)
 「シン・シティ」(ギャガ)は、シャープなモノクロ映像がまぶしい、新感覚のバイオレンス・アクション! 全体的なストーリー
存外イケる「罪の街」 (映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●)
ンマー、全然期待してなかったんですけど、メチャメチャ良かった! 『SIN・CITY』 /2005 アメリカ っつーか、日本向け・予告編失敗だろ、コレ。 あまりの内容不明、陳腐な画面っポイ宣伝に、全然観る気はなかったんだけど、 タランティーノが絡んでるとあ
『シン・シティ』 ★★★★☆ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『シン・シティ』公式サイトマメ情報 ジャンル;アクション 制作年度/国;\'05/米                  配給;GAGA  上映時間;134分      監督;・ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー      出演;ブルース・ウィリス/ミッキー・ローク...
「シン・シティ」 女祭り! (『パパ、だ~いスキ』と言われたコトを忘れない日記)
「フランク・ミラーのシン・シティ」。 またアメコミの映画化。 しかも今度は漫画家自ら監督。 海の向こうの漫画家も大ヒット作を抱えると、ホームランボールを落札(トッド・マクファーレン)できるだけでなく、映画も監督できる
シンシティ (モルダーの独り言)
2005年 監督 フランク・ミラー    ロバート・ロドリゲス    クエンティン・タランティーノ(スペシャル・ゲスト監督) 出演 ブルース・ウィリス(ハーティガン)    ミッキー・ローク(マーヴ)    クライヴ・オーウェン(ドワイト)
「シン・シティ」 (ハッピーエンド)
アメコミ実写版がさらに進化した! 『いかにリアルに見せるか』ではなく『いかにマンガに近づけるか』に挑んだ斬新な映像と展開に度肝を抜かれること間違いなし!
シン・シティ (映画INDEX)
シン・シティ
10/9のMOVIE TRAP:シン・シティ (ELM & ELMa)
ロバート・ロドリゲスには、 主演級の役者が複数いると 癖の強い方に引き寄せられる 傾向があるのでは? おまけに今回は、 原作のフランク・ミラー、 特別監督タランティーノ、という 三人体制の監督で、 そのため全体のバランスが 役者的にも演出的にも、 危うい。 ブラ
★★★★「シン・シティ」ミッキー・ローク、ブルース・ウィリス... (こぶたのベイブウ映画日記)
今まで観たアメコミ映画の中で、一番、ツボを突かれてしまった。クールな映像、斬新な世界観、マンガ的描写の面白さと最高だ。勢いあるキャラから目が離せない!みな個性的で忘れ難い魅力があった。罪の街の住民たちの生き様、死に様、根底に流れるものを想像したり・・。...
シン・シティ (いつか深夜特急に乗って)
「シン・シティ」★★★★(盛岡フォーラム1) 2005年アメ
「シン・シティ」 (映画通の部屋)
「シン・シティ」 製作:2005年、アメリカ SIN CITY 2005.10.
シン・シティ (ぶっちゃけ…独り言?)
4点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ワタクシの苦手なアメコミ映画ではありますが、監督がロバート・ロドリゲスで ゲスト監督(?)としてタランティーノも参加してるとあって、普通のアメコミ 映画にはしてこないだろーと期待しながら観 ...
シン・シティ (映画鑑賞★日記・・・)
『SIN CITY』公開:2005/10/01監督:フランク・ミラー、ロバート・ロドリゲス、クエンティン・タランティーノ原作:フランク・ミラー出演:ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライヴ・オーウェン、ジェシカ・アルバ... <EPISODE 1>――その屈強 ...
シン・シティ (東京ミュービー日記)
シン・シティ 監督:ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 出演:ブルース・ウィリス/ミッキー・ローク/ジェシカ・アルバ/ブリタニー・マーフィほか 別れとはしんどいもんで。 3年間が終了。 空気のようにいるのが当たり前。 それではダメなこと ...
シンシティ(SIN CITY) レビュー (タイトルが決まらないブログ        (そろそろ決まりそう))
シン・シティ監督:フランク・ミラー , ロバート・ロドリゲス , クエンティン・タランティーノ出演:ブルース・ウィリス , ミッキー・ローク , クライヴ・オーウェン , ジェシカ・アルバStoryアメコミ界の鬼才 ...
シン・シティ (Sin City) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー 主演 ミッキー・ローク 2005年 アメリカ映画 124分 アクション 採点★★★★ “泣ける映画がいい映画”とばかりに純愛映画の大安売りが続く昨今。ヤサオトコが愛する者の為に自らの命を捨てる姿に、「犠牲の心よねー ...
シン・シティ (まいにちおきらく!)
私は、ドラマは良く見ていますが、実は映画の類をあまり見ません。これではいかん、と言うことで…レンタル
【洋画】シン・シティ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A (演技4/演出4/脚本4/撮影5/音響4/音楽3/配役5/魅力4/テンポ4/合計37) 『評論』 かなりの話題作で
シンシティ (土曜の夜は・・・)
story “罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクション。原作者のフランク・ミラーが自らメガフォンをとり、ロバート・ロドリゲスと共に
罪の街に棲むの人間の、光と影の叙事詩・・・。「シン・シティ」 (取手物語~取手より愛をこめて)
「シン・シティ」   2005年 アメリカ
シン・シティ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
先日『300』の映像美と世界観を堪能したので、こちらも鑑賞しなくっちゃね同じくフランク・ミラーのアメコミを原作とした『シン・シティ』―【内容】裏切りと憎しみが渦巻く『罪の街シン・シティ』で、3人の男たちが復讐劇を繰り広げる―     監督・脚本 : ロバー...
「シン・シティ SIN CITY」 映画 DVD 感想 (Wilderlandwandar)
この映画ブログ開設前に劇場でも見たし、DVDも買って持ってるのに感想書いていない
『シン・シティ』'05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ“シン・シティ”の住人マーヴ(ミッキー・ローク)は夢のような美女ゴールディ(ジェイミー・キング)と一夜を共にする。しかし、朝目覚めるとゴールディは冷たくなっていた・・・。感想モノクロの中に一部、色を加えた独特な映像でグロでハードボイルドなストー...
シン・シティ (Blossom Blog)
シン・シティ SIN CITY 監督 フランク・ミラー ロバート・ロドリゲス クエンティン・タランティーノ 出演 ブルース・ウィリス ミッキ...
映画評「シン・シティ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ロバート・ロドリゲス、フランク・ミラー ネタバレあり
シン・シティ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この街では、愛さえも闘い』  コチラの「シン・シティ」は、フランク・ミラー原作のコミックをロバート・ロドリゲス監督とフランク・ミラー自らが共同監督を務めたR-15指定のスタイリッシュなクライム・アクションです。  フランク・ミラーと言えば現在公開中の...
映画評:シン・シティ (映画と写真のブログ)
女は、小刻みに体を震わせていた。足音を立てて近付く。女は一瞬、身をこわばらす。 「吸うかい?」 「ええ。あなたも退屈なの?」 「パーティーじゃなくて、君が目当てさ」 女は、タバコを口にくわえる。俺は、女のタバコに火を点ける。 「何を語っているの?」 女...