ラムの大通り

愛猫フォーンを相手に映画のお話。
主に劇場公開前の新作映画についておしゃべりしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『スタンドアップ』

2005-12-15 20:15:38 | 新作映画
----「立て!」って、これまたスゴいタイトルだね。
「うん。でも正確には『立ち上がれ!』という意味。
この映画は一言で言えば、
鉱山という“男の社会”で働き始めた女性ジョージーが、
度を越えた嫌がらせや耐え難い屈辱の中、
ついに“立ち上がる”ことを決意するという話。
いわゆるセクシャルハラスメントとの闘いを描いた映画なんだ」

----さっきプレスを見せてもらったけど、
そのビジュアルだけでも
この映画がいかにヘビーかが窺い知れるよね。
「ヒロインのジョージーを演じているのはシャーリーズ・セロン。
オスカーを受賞した『モンスター』に続く大熱演!」

----もっと詳しく説明して。
「夫の暴力に耐えかねたジョージー。
彼女は故郷・北ミネソタの町へ戻り、
女手一つで二人の子供を育てるべく、
男たちに交じって鉱山で働こうとする。
ところが周囲からは<男の仕事を奪う>と冷たい視線を浴び、
さらには子供の父親が違うことから
ふしだらな女と見られてしまうんだ」

----ふうん。最初の夫とは別れたの?
それとも死んでいるの?
「実はこれが大きなポイントとなってくる。
と言っても回想の中で徐々に観客にも分かってくるから、
話してもいいと思うけど、
彼女は10代で教師にレイプされている過去を持つ」

----うわあ~っ、ほんとにヘビーだ。
「シャーリーズ・セロン自身の不幸な生い立ちはよく知られているよね。
15歳の時、父親が酔って妻と娘に暴力を振るおうとしたため、
母親が正当防衛で射殺してしまう。
こういう役を演るのは彼女も辛かっただろうな。
でもその怒りがそのまま表れたような力強い演技だったよ」

----共演の顔ぶれもスゴいね。
アカデミー賞受賞経験者がずらり並んでる。
「旧友グローリーにフランシス・マクドーマンド。
母親にシシー・スペイセク。
スペイセクって『キャリー』のイメージが強く
エキセントリックなイメージが勝っていたけど、
こんなナイーブな役もできるんだなって改めて感心。
あと弁護士役のウディ・ハレルソンも
彼が性格俳優として一皮剥けたことを感じさせる」

----えっ、弁護士?この物語、もしかして裁判までいくの?
「そう。後半は法廷ドラマの様相を深めてゆく。
周囲がすべて彼女の敵に回る中、
どのようにして勝利を掴むか…?
監督は『クジラの島の少女』のニキ・カーロ。
ニュージーランド出身ながら
ハリウッド伝統のこの法廷ドラマを完全にモノにしていた。
舞台は北ミネソタ。雪深い<North Country(原題)>。
『キリング・フィールド』『ミッション』など
風景をドラマに溶け込ませることでは右に出る者のない
クリス・メンゲスの撮影が秀逸。
そうそう、ボブ・ディランの音楽が多用されているのも、
男性優位社会にプロテストするこの映画に合っていたと思うよ」

          (byえいwithフォーン)

※怒りを胸に立ち上がる度
人気blogランキングもよろしく

☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)index orange
猫ニュー


※画像はアメリカ・オフィシャルサイトの壁紙です。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (83)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪質な「引っかけ」にご注意! | トップ | 『PROMISE』 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
骨太な女優さん (駒吉)
2006-01-13 19:47:43
こんにちは、TBさせて下さい。

公開直前で行くかどうか迷ったのですが、行ってよかったです。

お父さんには思いっきり泣かされました。。。

そしてシャーリーズ・セロンさんスレンダーなのにホント骨太な女優さんで、これからが楽しみになりました。
■駒吉さん (えい)
2006-01-13 21:37:42
こんばんは。



コメント&TBありがとうございました。



あのお父さんのシーンは背筋ゾクゾクものでした。

シャーリーズ・セロン、

ここにきて賞レースに浮上してきましたね。



これからもよろしくお願いします。

シャーリーズ最高の演技でした! (ルーシー)
2006-01-17 20:40:11
どうも、TBさせていただきました。

あんなに素晴らしい映画を見れてよかったです!!

レイプ事件に始まり、誰にも頼らず、一人で苦しみを抱えて生きてきたジョージーが、勇気を持って立ち上がったことで、大きく世界が変わったんですよね。

誰にでも出来ることじゃないけど、本当は誰にでもできること、でもあったんですね。

■ルーシーさん (えい)
2006-01-17 23:05:18
こんばんは。



コメント&TBありがとうございました。

この映画、シャーリーズ・セロンもですが、

周囲も実力派で固めていましたね。

個人的には『キャリー』のシシー・スペイセクが

お母さんになっていたのが感慨深かったです。



あとフランシス・マクドーマンドも

オスカーを取った『ファーゴ』を思い出しました。
また今年も続々と・・・ (ココ)
2006-01-18 18:41:49
今年初めてのTB頂きました

ご挨拶が遅くなってしまってごめんなさい

今年もどうぞよろしくお願いします m(__)m



ボブ・ディランの曲、効果的に使われていましたね

さすがニキ・カーロだと思いました

前作の「クジラの島の少女」でも泣かされ、また今回も泣かされ・・・

次回作も楽しみです!タオルの用意しておかないとね(笑)

今年もいい映画に沢山出会いたいですね♪
■ココさん (えい)
2006-01-18 23:44:48
こんばんは。



こちらこそ。

ことしもよろしくお願いします。



ニキ・カーロ、

『クジラの島の少女』に比べて

こちらは正統派の作りでしたね。

次回はどう出てくるんだろう?

映画は楽しみがつきません。
涙が~♪ (はっち)
2006-01-19 07:48:19
お邪魔します~♪



組合の会合のシーンくらいから、ずっと涙が止まりませんでした。セロンちゃんも綺麗だったし、脇役陣の演技も満足!イイ映画でした~♪
■はっちさん (えい)
2006-01-19 18:36:55
組合の会合シーン、

これはお父さんが出てくるな……の想像はつきましたが、

さすがにあのセリフは想定外。

胸に深く響きました。

親子の絆、これが取り戻されないままだと、

セクハラ裁判に勝利してもどこかすっきりしません。

とても感動的な瞬間でした。
こんにちわ (ななな)
2006-01-22 15:36:06
シャーリーズって過去が過去だけにこういう役をやるのは辛いだろうけどでも確実にそれをプラスって言うと変だけど演技に生かしていますよね。

彼女にしかあぁいうものは出せないんじゃないでしょうか。

それほど素敵でした。
■なななさん (えい)
2006-01-23 00:41:52
こんばんは。

なななさんのブログ寄らせていただきました。



>うちのクラスの男子以下

なるほどです。



>やっぱり男性は弱虫的なことを人に言われると嫌なんでしょうか?



これもいいところついていますね。



まさに全男性が観るべき映画だと思います。
北国の男は熱い心を持っていた(笑) (にゃんこ)
2006-01-29 22:23:42
観たのはほんとは、公開直後だったのですが

なかなか、まとまらなくって今頃アップしました^^;;;

ほんっとに身近な彼が、最初に立ち上がってくれたから・・・

だからこそ、あの法廷でのスタンドアップだったんじゃないかなぁ~と

父が封印した娘への愛情があふれた瞬間から、ラストまでは

涙が止まりませんでした(笑)

久しぶりに、エンドロール退場者がいなかった映画でしたよー
■にゃんこさん (えい)
2006-01-30 01:02:14
こんばんは。



最近、よく行く映画館がシネコンということに関係あるのかどうか、

エンドロールで席を立たない人は確かに増えた気がします。

でもこの映画は、そういう<環境>とは別に

やはり映画の持つ力が、

最後まで観客を椅子に座らせたのでしょうね。
TBありがとうございました (Gachami)
2006-02-08 01:44:53
シャーリーズ・セロンの過去も、映画顔負けの波瀾万丈物でしたね!

すごく綺麗な女優さんなのに「綺麗なだけじゃなくて、自分にしかできない役をやりたい」という女優魂が感じられる人ですね。

これからも目が離せません!

アカデミー賞も取れると良いな~
■Gachamiさん (えい)
2006-02-08 18:05:19
コメントありがとうございます。



シャーリーズ・セロンの次回作は

SFアクション『イーオン・フラックス』。

「黒髪のセロン」------

けっこう話題になるかもしれません。

出演作が問題作ばかりでないところも

彼女のいいところですよね。
モンスター後 (とらねこ)
2006-07-17 00:41:07
これって、モンスターの後の公開でしたが、撮影っていつでしたっけ?

すごく痩せてて、顔も普通に戻り・・・それが自分には一番衝撃でした。

80年代 (kimion20002000)
2006-07-17 12:10:56
TBありがという。

音楽とか、話題とか、服装に、80年代的アメリカが見えましたね。いい映画でした。
■コメントありがとうございました。 (えい)
2006-07-17 23:16:22
■とらねこさん



こんばんは。

シャーリーズ・セロン、

詳しい撮影の時までは調べませんでしたが、

『モンスター』が2003年。

『スタンドアップ』が2005年の作品。

間に『ミニミニ大作戦』『トリコロールに燃えて』

『ライフ・イズ・コメディ ピーター・セラーズの愛し方』などがあります。



『イーオン・フラックス』では

もっとシャープ(?)ですよ。





■kimion20002000さん



80年代ですか?

それは気づかなかったです。

でもぼくが映画にすんなり入っていけたのは、

そういう時代的背景があったのかもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

83 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「スタンドアップ」 ゴールデングローブ賞ノミネート! (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ☆)
ゴールデングローブ賞にノミネートされた 映画「スタンドアップ」の試写会に行ってきました。 佳境にもめげない強い女性の物語と 思いきや「セクハラ訴訟」の 始まりの話でした。 今の時代「セクハラ」という言葉に 慣れてしまい、簡単に口にする女性も多いですが 始まりは
「スタンドアップ」(2005) 試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
\"NORTHCOUNTRY\"監督・・・ニキ・カーロ原作・・・クララ・ビンガム、ローラ・リーディ「集団訴訟」出演・・・シャーリーズ・セロン、エル・ピーターソン、トーマス・カーティス、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、ジェレミー・レナー、.
スタンドアップ (CINEMAチラシーズ)
<チラシ> <映画情報> Internet Movie Database allcinema ONLINE 楽しんでいただけたら・・・
スタンドアップ (Rohi-ta_site.com)
試写会で、出演:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン/原作:クララ・ビンガム/ローラ・リーディー・ガンスラー/脚本:マイケル・サイツマン/監督:ニキ・カーロ/作品『スタンドアップ』を観ました。
感動実話対決新年参戦!『スタンドアップ』速報 (Dead Movie Society★映画三昧★)
「子供が仕事をもってきてくれる」…… 不思議なんだけど、実際よくある現象なんだよねえ。 子供がいない人には実感が湧かないだろうとは思うけど、 例えば『シンデレラマン』が、そうだったでしょ? 『ハリー・ポッター』の原作者J・K・ローリングスも、 生活保
『スタンドアップ』 (異国映画館)
2005年 アメリカ 公開日:2006/01/14 劇場鑑賞06/01/01           スタンドアップ   監 督 :
もしかしたら『北の国から』だった?『スタンドアップ』 (映画はトモダチ)
向こうでは『North country』というタイトルだったのに、よくぞこの邦題を思いついてくれた!そう思いますね。 そんなことより、これはとんでもなくハードなセクハラ問題を描いた映画でした。 【作品紹介】 『スタンドアップ』 監督 : ニキ・カーロ 出演 : シャーリー.
スタンドアップ(立ち上がれ) (あなたの子どもを加害者にしないために)
友人よりお誘いがあり、何十年ぶりかで試写会なるものに出かけた。 開場時刻に着いたが、会場の日比谷公会堂はぐるりと一周最後尾。 「スタンドアップ」 不覚にも涙が出た。
スタンドアップ (色即是空日記+α)
原題 「North Country」   邦題 「スタンドアップ」  最初、仮題となっていたのに結局そのまんまらしい。でも最後にこれが効いてくる! 鉱山で働くシングルマザーが、アメリカ初の集団セクハラ訴訟を起こす実話に基づいた作品。   2人の子供を.
スタンドアップ/NORTH COUNTRY (我想一個人映画美的女人blog)
社長のタコオヤジを後ろからハンマーで殴りたくなった。 もちろん、炭坑現場の幼稚で下品な男どもも、、、。 またまた2005年度アカデミー賞最有力作品の登場☆ そして、真実のドラマ。 最近のシャーリーズセロンは、ただのキレイなだけの役はやらず、 「モンスター」にして
「スタンドアップ」試写会 (ミチミチ)
「スタンドアップ」 原題 NORTH COUNTRY 監督 ニキ・カーロ CAST シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディー・ハレルソン・・・story 暴力夫に悩まされていたジョージー。彼女はある日決心をして故郷に子供をつれて帰る。自立と自活をするために、.
試写会『スタンドアップ』 (Miru\'s Diary)
スタンドアップの試写会が当たったので、観に行ってきました。シャーリーズ・セロンのきりっとしたいでたちと、「私なんか、と何度も思った。お前なんか、と何度も言われた。それでも立ち上がってみようと思った。」というコピーにかなり重い話と覚悟して観に行った。予想通
スタンドアップ (ネタバレ映画館)
 悪○じゃないショーン○ー○が○ても○かった。フランシス○ク○ーマン○もオスカー助演女優賞ノミニーがかなり○○だ!  伏字がいっぱい必要なほど露骨なセクシャル・ハラスメント。ここまでくると、男どもに同情の余地はない。女性の多い試写会での鑑賞だったから、「
スタンドアップ!シスター (めそのたわごと)
立て続けにふたつ試写会が当たりました{/choki/} しかもふたつとも観たかったやつです どちらも内容や描き方は全然違うけど \"生き方\"についていろいろ考えさせられました ひとつ目は昨日の博士の愛した数式 あらすじは  数学教師のルート先生は、新しく受け持ったクラスで
映画:スタンドアップ 試写会 (駒吉の日記)
映画:スタンドアップ 試写会@中野サンプラザ 「THE 有頂天ホテル 」が初笑いな作品ならこちらは初泣き(号泣に近いかも)作品でした。 シャーリーズ・セロン、モンスターでも「すごい!あの美人が!」でしたがこちらでも女優魂で魅せてくれ、ジョディ・フォスターの「
「 スタンドアップ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ニキ・カーロ主演 : シャーリーズ・セロン / ウディ・ハレルソン /原作 : 集団訴訟 (ClassAction)    公式HP:http://wwws.warnerbros.co.jp/standup/ この映画は実際に起こったセクハラ訴訟を基に作られた作品です。 原作は2002年に出版され...
イジメかっこ悪い 「スタンドアップ」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_love/} スタンドアップ 中々すごい映画でした。 ストーリーは、実話を元にした、鉱山で働く女性へのセクハラの話なんですが、これがすごい。 ストーリーにはなんのひねりもありません、というか、 「ひねりなど不要!!」 って感じの、セクハラの描
「スタンドアップ」 (るるる的雑記帳)
「スタンドアップ」を観ました。 10代でシングルマザーとなっているジョージー。結婚後また出産したものの夫の暴力が酷く、2人の子供を抱えて実家に舞い戻った。しかしそんな彼女に故郷ミネソタでは周囲はおろか実の父親でさえも冷たい視線を投げる。1人で子供を育て上.
スタンドアップ (Alice in Wonderland)
今年初の1日3本映画DAYです。一本目は最近のハリウッドでこの人以上の演技が出来る女優さんはいないのでは?というシャーリーズ・セロンの映画です。すごく期待している映画です。 夫からの暴力から逃れるため、帰郷したジャージー。彼女は、2人の子供を養うため...
スタンドアップ (だらだら映画・和日和)
満足度★★★★☆ 良かったです。本当に。 泣きましたよ~ わたし。今まぶた重いですから。眠いってのもありますが。 あらすじ 暴力夫から逃げ出し故郷に子ども2人と戻ってきた
スタンドアップ NORTH COUNTRY (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
シャーリーズ・セロン主演 ジョージ(シャーリーズ・セロン)は法廷で戦う この後、多くのセクハラ裁判で女性が勝つようになった実話だそうです ジョージは着のみ着のまま 北に向かいます NORTH COUNTRY 家庭内暴力から逃げミネソタ田舎町の両親の元へ帰って来ました
スタンドアップ (シネマ日記)
ネタバレ注意試写会に行ってまいりました。みなさん、この映画のテレビコマーシャルを見たことがありますか?あのコマーシャルから得る印象ってどんなんでしょう?ワタクシが受けた印象は「若い女性が主人公の爽やかなサクセスストーリー」って感じでした。けど、本当はこの
ひとりでも立ち上がれ『スタンドアップ』 (再出発日記)
(まずは映画と関係ない話から)皆さんはご存知でしたか?正規もパートも突然の一方的解雇なんて出来ないことを。残業が出来るのは36協定を結んでいる場合だけだということを。しかもその場合は25%以上、22時以降の場合は50%以上の割増賃金を払わなくてはならな...
『スタンドアップ』 (京の昼寝~♪)
力もない。自信もない。味方もいない。それでも、立ち上がってみようと思った。   ■監督 ニキ・カーロ■脚本 マイケル・サイツマン■キャスト シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ウディ・ハレルソン、ショーン・ビーン、シシー・スペイセク、リ
スタンドアップ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  あたしはうつむかない。一人でも立ち上がる。    
スタンドアップ(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ニキ・カーロ 【出演】シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーナンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 【公開日】2006/1.14 【製作】
セクハラ訴訟、立ち上がれたのは愛情の力 (Spotlight 英語で歩く、噂の現場-Scanworld-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し)
映画『スタンドアップ』。そのオリジナル版のタイトルは『North Country』。彼女はその、北の故郷に戻ってきました。愛する子供たちをともなって、炭鉱のある町へと戻ってきたのです。母の手ひとつで、彼らを育てようと決意する彼女ですが、今日で言えば到底理不尽なことが、
『スタンド・アップ』★★★★★95点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
『スタンド・アップ』公式サイト 制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン               配給;WB  上映時間;124分 R-15 監督;ニキ・カーロ 出演;シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン観賞劇場..
スタンドアップ (お熱いのがお好き)
「スタンドアップ」 タイトル考 (アタマにシャンプー、ココロにシネマ。)
☆☆☆ 原題を「North Country」といいます。なのに、日本題名は「スタンドアップ」。最近英語題名みたいな日本語題名が増えてきていて、この映画も苦肉の策でこんなタイトルにしたのか、と映画会社の
スタンドアップ (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
2006年最初の傑作。とにかくシャーリーズ・セロンに尽きる。彼女の恐ろしいほどの存在感と見事な演技力には誰もが胸を打たれるはず。
スタンドアップ (たにぐちまさひろWEBLOG)
“力のある者たちが弱き者を傷つけていたら、まず立ち上がれ。たとえたった一人であったとしても。” シャーリーズ・セロン主演の“スタンドアップ”を観てきました。 夫の執拗なDVから逃れ生まれ故郷に帰ってきたジョージーは、街の人々の冷たい視線の中、自分の力
スタンドアップ (シャーロットの涙)
立ち上がる・・・裁判を勝ち取る為というより、自分の中にあった男性への恐怖と偏見から立ち上がり再生していく物語 この物語は実話を元にしているだけあって非常に女性には共感しやすい作品かな。現在の男性でここまでセクハラすると、逆に立場が悪く肩身の狭い思いを強い
映画:スタンドアップ (Pocket Warmer)
邦題:スタンドアップ 原題:North Country 監督:ニキ・カーロ 出演
さあ立ち上がろう!「スタンドアップ」 ((T_T)☆ルーツを探せ☆(T_T))
シャーリーズ・セロン、10キロも太らなくたって主演女優賞取れるじゃない、この演技なら!! なんといっても私が始めてシャーリーズを見たのは「ディアボロス」でのキアヌとの共演、この世にこんなに可愛らしい人がいるのか!!と驚嘆したものでした。 それからというも
「スタンドアップ」素顔のままで (soramove)
「スタンドアップ」★★★☆ シャーリーズ・セロン主演 ニキ・カーロ監督、2005年アメリカ 炭鉱で働く 女性達の働く平等を 勝ち取るというテーマ。 映画はていねいに 主人公の心の内面に焦点をあて、 差別だけでない、 人間として生きることの苦難さも見せ、...
スタンドアップ (八ちゃんの日常空間)
イーオン・フラックスが控えているオスカー女優、シャーリーズ・セロン主演の感動ドラマ。世界中の企業にセクハラ問題の波紋を投げかけた実際にあった話の映画化。 テーマ自体は重いが「親子の物語」として観れば非常に心温まるストーリーに出来上がっている。
スタンド・アップ (Aloha Days)
やってくれましたね、ニキ・カーロ! 「クジラの島の少女」に続いてまた目が痛くなっちゃったよ この監督さんの作品は要注意です(笑) この作品、何が一番嬉しかったって・・・・・そりゃぁあーた! ショーン様を起用していただけたことでしょう! イギリス生まれ、生粋の
スタンドアップ (It\'s a Wonderful Life)
北米の炭鉱業がメインの街であった実話を基にした映画です。 前に炭鉱が出てくる映画って何となくタイプが似てると書きましたけど (「リトル・ダンサー」「遠い空の向こうに」「ブラス!」等など) どの作品も仕事がどんどん無くなっていくネガティブな炭鉱町の生...
North Country/スタンドアップ(2005,U.S.) (The Final Frontier)
スタンドアップ 暴力夫と別れ、2人の子どもを連れて故郷の北ミネソタの町に戻ってきたジョージー・エイムズ(Charlize Theron)。シングルマザーでなおかつ2人の子どもの父親が違うということで周囲は彼女に冷たい視線を投げかける。そんなジョージーが自分1人の手で子どもた
映画のご紹介(83) スタンドアップ (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(83) スタンドアップ 今年初めて映画館へ行った。 観た映画は、 「スタンドアップ」! 「スタンドアップ」は、アメリカ初のセクハラ訴訟を提起した女性の話だ。
[ スタンドアップ ]今、そこにある勇気 (アロハ坊主の日がな一日)
[ スタンドアップ ]@吉祥寺バウスシアターで鑑賞。 10代でシングルマザーになった主人公ジョージーは、結婚 した夫には暴力を振るわれ、田舎に戻る。戻った先では、 周囲から冷たい視線。そして、父親からも信用されず、母 親は「夫とやり直すために辛抱しろ」とい
スタンドアップ / シャーリーズ・セロン (シネマ パラダイス♪)
本日、レディースデーだと思い出し、 映画館へ飛び込んで、時間がちょうどよかった 「スタンドアップ」を観て来ました。 あのシャーリーズ・セロン主演。 「モンスター」とはほ
映画:「スタンドアップ」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: ニキ・カーロ 出演: シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、ウディ・ハレルソン、シシー・スペイセク 原題: NORTH COUNTRY 制作
映画感想「スタンドアップ」 (三匹の迷える羊たち)
映画感想「スタンドアップ」 【評価】★★★★ 【笑い】★ 【エロ】★★ 【感動】★★★ 【役者】★★★ 【社会派】★★★ 【女性解放】★★★★ 良い映画でしたね。フェミニストは絶賛でしょう。 今現在の日本で流通している「フェミニズム」は「男女共生の論理.
【劇場映画】 スタンドアップ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 子供を連れて故郷に帰ってきたジョージー。鉱山の町としての伝統を育んできた町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親のちがう娘を連れて、戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージーは子
大切なものを守るために立ち上がった女性◆『スタンドアップ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
1月16日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 暴力の耐えない夫のもとから、二人の子供を連れて実家へ向かって飛び出したジョージー(シャーリーズ・セロン)。しかし、実家の父親は彼女を暖かく迎えてはくれなかった。早く自分の家を手に入れ、子供たちと三人の暮らしをしたいと
「スタンドアップ」 North Country (俺の明日はどっちだ)
夫の家庭内暴力から逃れるため子供を連れて故郷に帰ってきた主人公ジョージー。鉱山の町である保守的な町の住人たちは、10代で息子を産んでシングルマザーとなり、父親の違う娘を連れて戻ってきたジョージーに“身持ちの悪い女”と冷たい視線を向ける。そんな中、ジョージー
スタンドアップ (映画を観たよ)
これって宣伝間違ってません? すっごい爽やかなCM流してますけど・・・ これを見た男性は少し肩身の狭い思いをしたんじゃないでしょうか? あれじゃ立場も何も無くて完全に女性目線で描かれていましたからね。 裁判シーンを所々に入れつつストーリーは進んでいくわけです。
スタンドアップ (メルブロ)
スタンドアップ 上映時間 2時間4分 監督 ニキ・カーロ 出演 シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド ショーン・ビーン リチャード・ジェンキンス  女優陣にアカデミー賞受賞者が3人もいる。  実話が元になっているので女性、特に働く女性が見るべ
スタンドアップ(映画館) (ひるめし。)
私なんか、と何度も思った。お前なんかと、と何度も言われた。 それでも、立ち上がってみようと思った。 CAST:シャーリーズ・セロン/フランシス・マクドーマンド/シシー・スペイセク/ウディ・ハレルソン/ショーン・ビーン 他 ■アメリカ産 124分 いや~またシャーリ
スタンドアップ 評価額・1200円 (Blog・キネマ文化論)
●スタンドアップをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 子供を連れて故郷に帰ってきたジョ
映画館「スタンドアップ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
暴力夫から逃げ出し、子供を育てるために鉱山で働くことになったジョージー。しかし鉱山の世界は男の世界。そこに女が入ることによって男達の卑劣な嫌がらせが始まる。。。 性別差別のような気もしますがこういう世界って男女問わず虐めってありそう。小さな世界で作ら...
FUN … 『スタンドアップ』 (FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~)
「立ち上がる勇気、そして…」
骨太アメリカンムービー(2006年2本目) (ON THE ROAD)
私なんかと何度も思った。 おまえなんかと何度も言われた。 それでも立ち上がってみようと思った。 いかにもアメリカンムービーらしい愛と正義と友情の映画だ。 スタンドアップ({/arrow_l/}クリックすると公式HPへ) アメリカ北部の町の鉱山会社の女性作業員が職場のセ
スタンドアップ (ハイジのシネマパラダイス)
スタンドアップ   NORTH COUNTRY 監督:ニキ・カーロ 出演:シャーリーズ・セロン フランシス・マクドーマンド シシー・スペイセク ウディ・ハレルソン ショーン・ビーン ストーリー 夫の暴力から、二人の子供をつれ、故郷に返ってきたジョージー。鉱
5 スタンドアップ (毎週水曜日にMOVIE!)
14日からはじまった映画ラッシュ。「プライドと偏見」からすっかり更新できなかったのは・・娘が高熱で倒れていたからです。まいった。映画がたまってしまいました。本日より3本連続で観る予定です。 まず「スタントアップ」。 シングルマザーのジョージー(シャーリー
『スタンドアップ』 (flicks review blog II)
 80年代の半ば ミネソタ州の鉱山に採用された女性労働者たちが労働状況の改善を巡って会社を相手取り訴えを起こす物語。みてから読む?映画の原作さんによれば原作の「集団訴訟(Cl
スタンドアップ (まつさんの映画伝道師)
第337回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  かつてアメリカに「ピンクレディー」と呼ばれる女性たちがいた。  正確には今でもその「通称」を変えて存在するのだが、彼女たちは男女雇用機会均等法がもたらした歪のような存在.
スタンドアップ 「モンスター」に続く大当たりのシャーリズ・セロン 新年からいい涙を流しました。 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:スタンドアップ(原題:NORTH_COUNTRY) ジャンル:社会派ヒューマンドラマ/2005年/124分 映画館:MOVIX京都2(180席) 鑑賞日時:2006年1月15日(日),13:10~ 60人初日 私の満足度:80%(新年いきなり高得点)  オススメ度:80% この映画、予告編があまりによかっ
スタンドアップ(North Country) (わかりやすさとストーリー)
●人生を描く硬派作品●父と娘。母と息子。シングルマザーがけっしてめずらしくないコミュニティにあって、主人公ジョージーが10代でシングルマザーとして子供を産んで育てる決心した真の意味を知ったとき「感動」という波が押し寄せる。
「スタンドアップ」■立ち上がるべきは? (映画と出会う・世界が変わる)
原題は「NORTH COUNTRY」。「ノーマ・レイ」が南部の物語であったが、これは北部の物語。この場合の「NORTH」には、別の意味があるのではないだろうか。法治国家と言われる国においても、未だに法の光が当たらないものが労働現場(=企業)ではなかろう...
「スタンドアップ」が問うもの (映画と出会う・世界が変わる)
「スタンドアップ」を見た翌日に「SAYURI」を見たのであるが、その差に異様な気持ちになった。あまりにも対照的で落差が大きい。28日の日記に対してゲストの明彦さんから次のようなコメントをいただいた。改めてそのコメントの一部を紹介しておく。--------------...
◆映画・スタンド・アップ (映画大好き☆)
スタンド・アップ 観てきました。どんなストーリーかあんまり知らなかったので宣伝だけで、仕事やっても上手くいかず、子供ともわかりあえず、ブリジットジョーンズの日記のもう少し、たくましい版かなぁ~?って思ってたのですが、全然違いますっ原作はコチラ
スタンドアップ (利用価値のない日々の雑学)
この作品のレビューに関して言えば、多分、男性と女性では随分感想や作品の見方が違う筈だと思う。予め申し上げておくが、もし何か女性方に失礼な表現があったとしたらお許しを願いたい。この作品に限って言えば、男性では全く気づかなかったり、普通に使ってしまう言葉で
『スタンドアップ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某テレビ局で当選した 『スタンドアップ』の試写会に行ってきた。 《私のお気に入り度:★★★★
映画:「スタンドアップ」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。 予告品を劇場で一度だけ観たのですが、その時は女性の自立がテーマ
「スタンドアップ」@一ツ橋ホール (ワンダーあーちゃん(*´∇`*))
今日は今年初めてこまったちゃんと試写会に行ってきました。実はこの映画、色んな日程の試写状を手元に持っていたのに、どんどん色んな予定で試写日が変更していき、遂に自力当選の試写状は全てさようなら~☆彡となり、こまったちゃんに連れて行っていただきました。ありが
スタンドアップ (toe@cinematiclife)
アカデミー賞 主演女優賞(シャーリーズ・セロン)          助演女優賞(フランシス・マクドーマンド) ノミネート作品 アメリカではじめて行われたセクハラの集団訴訟を描いたこの映画は、シャーリーズ・セロンの熱演もあって、賞レースで話題になっている作品の
スタンド・アップ  ★★★★★ (Gachami の映画と日記のページ)
漠然と、カトリック信者らしい人生哲学を感じたのだけど、どうなんだろう?作者や制作者は、カトリック信者なのかな。確信はありません。 調べてみたら、舞台となったミネソタ州は、人口の6割近くがプロテスタントなのだそうだ。 でも、主人公が高校生の時、父親が誰だか分
スタンドアップ (映画通の部屋)
「スタンドアップ」NORTH COUNTRY / 製作:2005年、アメリカ  
スタンドアップ/北への挑戦 (マダム・クニコの映画解体新書)
 原題は「 North Country 」。北の帝国(家父長制資本主義)に対する、南の国から来た移民(弱者=女性)の異議申し立てがテーマ。  原作はノンフィクションの「集団訴訟」。米国で1984年に訴えを起こし98年に結審、「セクシャル・ハラスメント法」制定のルーツとな
スタンドアップ (North Country) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニキ・カーロ 主演 シャーリーズ・セロン 2005年 アメリカ映画 124分 ドラマ 採点★★★ キレイゴトの大嫌いなたおです。綺麗事ばかり言う人に限って、平気で嘘を付いて人を裏切るし。解決策が“臭いモノに蓋”で終了なんて、もってのほかで。でも、綺麗な人 ...
B3:スタンド・アップ (~勝手に映画評価~)
暴力夫から逃れるために2人の子供たちと共に実家に帰ってきたジョージーは、シングルマザーとして子供たちを養っていくために友人の紹介で鉱山で働くことにした。今よりも男女差別のひどかった時代であったために、鉱山で働く女性たちは性的迫害を何度もうけること ...
スタンドアップ (M's daily life)
「スタンドアップ」  原題 : NORTH COUNTRY (2005年 米 126分) 監督 : ニキ・カーロ 出演 : シャリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン、
スタンドアップ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) え~っと・・・ 正直、アドレナリンが出まくっててこーゆー言い方しか出来ません。 え~、ワタクシ今から汚い言葉を使いますのでお気を悪くされた方には 先に謝っておきますね。 申し訳御座いませ ...
NO.159「スタンドアップ」(アメリカ/ニキ・カーロ監督) (サーカスな日々)
シャーリーズ・セロンはハリウッドの、 ゴシップや乱痴気騒ぎや虚飾には染まらない。 シャーリーズ・セロンという女優は、僕たちが漠然と想像する、ハリウッド・スターという枠組みから、はみ出している。 美貌に関しては文句のつけようがない。初期の作品では、 ...
59.スタンドアップ (レザボアCATs)
「クジラの島の少女」のニュージーランド人監督、ニキ・カーロの、シャーリーズ・セロン主演による社会派ドラマ。セクハラに対して敢然と立ち向かうというテーマが、見る気になれなくて、DVDになってようやく手を出してみた・・・
『スタンドアップ』 (**Sweet Days**)
スタンドアップ 特別版 CAST:シャーリーズ・セロン、フランシス・マグドーマン、ショーン・ビーン 他 アカデミー主演女優賞、助演女優賞ノミネート 暴力を振るう夫に耐えかね、二人の子供を連れて故郷の北ミネソタに戻ってきたジョージー(シャーリー ...
スタンドアップ (cinema note+)
スタンドアップ 特別版NORTH COUNTRY 2005年 アメリカ 工場の女性達が数々の嫌がらせを受けてるの見ると、こっちまでムカムカしてしょうがなかった。 トイレごと倒すのなんか許せん所業だ。  「アリ-my l
「スタンドアップ」 (ひらりん的映画ブログ)
シャーリーズ・セロン主演。 どうも、炭鉱労働者の話らしく、寒いところで過酷な・・・みたい。
スタンドアップ (Yuhiの読書日記+α)
 シャーリーズ・セロン主演の実話を元にした社会派ドラマ。 夫のDVに耐えかねて、子供2人を連れて家を飛び出したジョージーは、実家のあるミネソタに戻ってきたが、実は実家の父親と折り合いが悪く、なんとか子供達のために独り立ちしようと、旧友に紹介された給料の...
スタンドアップ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 昨日も書いたように、3日連続試写会の中日です♪3連チャンなんだけど、それぞれジャンルも雰囲気も違いますし、コチラも楽しみにしていた映画なんです。  実を言うと昨日の「レジェンド・オブ・ゾロ」同様、コチラも計3通の試写状が届きました。  さらに、ゾロは...