仲間が増えるといいなぁ・・・

写真付きでゴスペルサークルの事を中心に地元のお店や話題を書きます。

『ウルフ オブ ウォールストリート/The Wolf Of Wall Street』

2014-03-08 00:00:05 | 映画2014

実話と聞くと観たくなりますよね。

大成功そして破滅へ

学歴、ノウハウ、人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。

誰にも思いつかないような巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出して業績を上げていく。

26歳で証券会社を設立し、資金0円から49億円もの年収を得るまでになる。

ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった。

彼のお金の使い方は激しく世間の話題を集める。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

お金の使い方もすごいけれど、麻薬が・・・アメリカだからなの?かなり激しくないですかね。 

体を壊さなかったなぁ。ハイテンションは麻薬のせい?

1990年代に投資家から数百万ドルをだまし取った疑いで証券取引委員会が捜査に乗り出した。

彼が罪を認めるまでに7年近くかかったそうですよ。

賠償額約100億円?????

今は、講習会の講師もしているのかしら、それから自身の回顧録として本を出版し、映画にも

なったのですから収入はあるわけです。稼ぎますね~

収入がある限り、一生賠償金を払い続けるのでしょうね。

 

想像もつかない世界のお話です。

『華麗なるギャッツビー』の時は、日本のバブル期のようだと思って、華やかな世界に

ちょっぴり素敵なんて思ったけれど、これにはそういう感情はありませんでした。

 

レオ様は、どんな役もこなしてしまうのですね。

 

映画館で私の隣に2人の若い女性が座っていて、映画が終わって館内が明るくなってから

二人が話していたのですが、

「莫大なお金を稼いだ男の人ってみんな、あーなのかなぁ・・・」

「みんなってこともないかもしれないけれど・・・」

 

みんなってこともないと思いますが・・・

強烈に印象が残った映画でした。だから、写真もいっぱい。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丸の内☆BAR de ESPANA MUY... | トップ | 『アメリカン・ハッスル』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2014-03-08 12:07:08
俺も観ました~。
もうあのテンションを3時間も観ていると、お隣の女性じゃないけど、感覚が麻痺して「こんな感じなの?」って思っちゃいました(汗
でも普通じゃないから映画になるんですもんね。
ディカプリオはホント巧いです。
しばらく役者さん休養ってもったいない。
麻痺~ (デイジー)
2014-03-08 15:56:21
けんさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうですよね。麻痺しました。
レオ様は、役者休業なのですか?
ほんとにお疲れ様ですって感じの映画でしたね。

これからも楽しみだなぁ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」□監督 マーティン・スコセッシ□脚本 テレンス・ウィンター□原作 ジョーダン・ベルフォート□キャスト レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、 ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ウォール街で悪名を轟かせた実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートのお話です。ボロ株を扱う店頭業者にいた頃の経験と巧みな話術で業績を上げ、26歳で名門まがいな証券会社を設立。その後標的を素人から富裕層に変え大企業へと発展させ、若...
劇場鑑賞「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (日々“是”精進! ver.F)
金稼ぎに人生を懸けた男… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402040001/ 【送料無料】キネマ旬報 2014年 1/15号 [雑誌]価格:890円(税込、送料込) 【送料無料】ウルフ・オブ・ウォールストリート(上) [ ジョ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート  監督/マーティン・スコセッシ (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ジョナ・ヒル  マーゴット・ロビー 【ストーリー】 学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (佐藤秀の徒然幻視録)
シャッターアイランド+華麗なるギャツビー 公式サイト。原題:The Wolf of Wall Street。ジョーダン・ベルフォート原作、 レオナルド・ディカプリオ製作・主演、マーティン・スコセッシ ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画的・絵画的・音楽的)
 『ウルフ・オブ・ウォールストリート』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作は、レオナルド・ディカプリオが主演で、さらに今度のアカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞など5部門にノミネートされているとのことなので、映画館に出かけてみました(注1....
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 2014年1月28日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 を鑑賞しました。 上映前に、レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル・マーティン・スコセッシ監督の挨拶がありました。 舞台挨拶後はスクリーン7にはバルコニーみたいなところがあって そこにも現れて客席をレオ様が撮ってまし...
ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street (勝手に映画評)
実話を下にした作品。 演技の一線から(一旦?)退くレオナルド・ディカプリオ。その最後の作品に選んだのが、この作品です。監督は、5度目のタッグとなるマーティン・スコセッシ。 そりゃぁ、R18+指定になりますよねぇ。クスリに、セックスに、やり過ぎです。実話を下...
ウルフ・オブ・ウォールストリート/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
レオナルド・ディカプリオとマーティン・スコセッシ監督の5度目のコンビとなる今作は実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した経済ヒューマンドラマで ...
ウルフ・オブ・ウォールストリート (そーれりぽーと)
レオちん遂にアカデミー賞受賞なるか?!『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観てきました。 ★★★★ 長いしクドいけど癖になる映画。 良い映画なんですよ、映画は。 問題はレオナルド・ディカプリオの事が大好き過ぎるマーティン・スコセッシ監督の推し過ぎっぷり...
ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street (映画の話でコーヒーブレイク)
レオナルド・デカプリオ主演、マーティン・スコセッシ監督の注目作品ですが、何と!179分の長さです。 インド映画もだいたい3時間ですが、本作には歌も踊りもありません。 あるのは酒池肉林。金をばら撒き、酒と女と麻薬に溺れ倒す姿を大スクリーンで2時間半ほど見せられ....
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/d25ab4f4987b19a8e80b6df223aa822b/5dウルフ・オブ・ウォールストリート (風に吹かれて)
電話しまくれ~~[E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E:dollar][E
お金で買えないモノ。『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (水曜日のシネマ日記)
実在の株式ブローカー、ジョーダン・ベルフォートの回想録を映画化した実録ドラマです。
ウルフ・オブ・ウォールストリート ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
巨匠マーティン・スコセッシと、ディカプリオが5度目のコンビを組んだ、ヤバネタ満載の伝記ドラマである。デカプリオが演じるのは、ジョーダン・ベルフォートなる実在の人物で、ウォール街での証券詐欺で若くして巨万の富を築いた、最低にして最高のカリスマ。現代の下克....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(AF) “このペンを私に売ってみせろ”
ウルフ・オブ・ウォールストリート (心のままに映画の風景)
80年代後半のウォール街。 学歴や人脈もない証券マンのジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、26歳で ドニー・アゾフ(ジョナ・ヒル)らと会社を設立すると、富裕層をカモに巧みなセールストークで瞬く間に大企業へと成長させ、自らも年収49億円の...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 狂乱の日々 (はらやんの映画徒然草)
レオナルド・ディカプリオが演じるジョーダン・ベルフォートは株式ブローカーとしてキ
[映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆う~む、面白かった。  三時間の上映があっという間。  私たちが、ホリエモンによるフジテレビ買収の時に感じた悪徳を、200倍の規模、魅力的な主人公で楽しませてくれた。  まず、スコセッシがすごい。  『シャッター・アイランド』が厳しい作品だったので、...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」☆狼の周りにはハイエナ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
レオ様の百面相を満喫! ここまで頑張るとは思わなかったわ。 YDK(やれば できる こ)だね~~
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ここなつ映画レビュー)
レオナルド・ディカプリオ、あっぱれ。ずっと思ってたけどたいした役者だ。私はこの作品、好き。大好き。究極、一人の男の栄光と転落の人生を描いたものなのだけれど、なんというパワフルな作りだろうか。特殊な状況下のパワフルというだけでなく、全ての面でパワフル&ゴ...
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」 (ゆっくり歩こ。)
こんな人イヤだ~~(~_~;) あの会社で働いている人全部イヤだ~ これは実話でしたっけか うーん・・・・・ 巨額な富を稼ぐジョーダンはすごいっちゃすごいんだろうけど・・・ あのダメダメぶりは  社員とバカ騒ぎしているシーンがものすごくたくさん出てくるけ....
ウルフ・オブ・ウォールストリート (こんな映画見ました~)
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』---THE WOLF OF WALL STREET---2013年(アメリカ )監督: マーティン・スコセッシ出演: レオナルド・ディカプリオ 、 ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー 、マシュー・マコノヒー 80年代から90年代のウォール街で&amp...