仲間が増えるといいなぁ・・・

写真付きでゴスペルサークルの事を中心に地元のお店や話題を書きます。

『ジャージー・ボーイズ』

2014-10-03 00:24:07 | 映画2014
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、
1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の
結成、成功、解散、リードボーカルを務めたフランキー・バリの代表曲として知られる
「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕生秘話を描いたドキュメンタリー・
スタイルになっている。

ドキュメンタリー・スタイルだと知らなかったので、いきなりこちらに向かって話している
シーンがあったので最初はちょっとびっくりしていました。だんだん、慣れてきたけれどね。


2005年、ブロードウェイで開幕し、2度の全米ツアーを行なった他、イギリス、オーストラリア、
シンガポール、南アフリカ、オランダでも上演された。
2006年、トニー賞でミュージカル作品賞を含む4部門を受賞。
2009年、ローレンス・オリヴィエ賞においてミュージカル作品賞を受賞。

全然知らなかったなぁ。昨年、日比谷公会堂でフランキー・ヴァリのライヴが
あるのは知っていたけれど、チケットを買わなかったの。
延期になって、2014年1月になったようですよ。私の友達数名はそのライヴに
行ったの。行けばよかったかなぁ。と今頃思っています。


アメリカ東部ニュージャージー州の貧しい町に生まれた4人の若者たち。
金もコネもない者が町から逃げ出すには、軍隊に入るか、ギャングになるか、歌で有名になるか。
彼らには類まれな美声と曲作りの才能があった。4人は息の合った完璧なハーモニーを武器に、
スターダムを駆けあがっていく。


ミュージカル版にも主演し、トニー賞でミュージカル男優賞を受賞したジョン・ロイド・ヤングが、
映画版でも主演。


どこかにジュークボックス ミュージカル(jukebox musical)とあったので、調べてみました。
ジュークボックスってレコードがたくさん入っていてコインを入れてボタンを押すとレコードが
かかる。あれでしょ?

ジュークボックス ミュージカル(jukebox musical)とは、ミュージカル用に書き下ろされた
新曲ではなく既存の楽曲を使ったミュージカルまたはミュージカル映画のことをいう。
一般に、楽曲は、特定のミュージシャンかグループに関連した(その人が作ったか、
その人のために作られたか、アーティスト当人か、その人がカバーしたか)ものが使われる。
楽曲は劇的な筋にはめこまれ、その筋は多くはフィーチャーされるアーティストの伝記で
あることが多い。

だそうです。
なるほど。
この映画はお芝居をしているけれどいきなり歌いながら心情を表現するような曲を
歌うことはなかったので、私が思っているようなミュージカルではありませんでした。
よかったわ



『恋のヤセがまん(Big Girls Don't Cry )』1962
『シェリー (Sherry )』1962
『Stay 』1964
『君のもとへ帰りたい(Working My Way Back to You )』1966
『君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You )』1967
『悲しきラグ・ドール(Rag Doll )』1964
『瞳の面影(My Eyes Adored You )』1974
『1963年12月(あのすばらしき夜)(December, 1963 (Oh, What A Night) )』1975

年代を調べたのですが・・・どうかなぁ。



フランキー・ヴァリは1951年からプロして歌っているという事は、1934年生まれだから
17歳ですね。1960年にThe 4 Seasons が結成されたのですね。26歳。
1962年に『シェリー (Sherry)』がヒットしたのですね~
私は、その時代に聞いていないと思います。たぶん。




お嬢さんとの話は、悲しかったね。歌手になることを目指していたそうですよ。
麻薬はいけませんよ。

その後、歌った歌『君の瞳に恋してる』が大ヒットしただなんて知らなかったわ。

久しぶりにパンフレットを買おうと思ったら、完売でした。
もう一回、観よう。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『猿の惑星・新世紀(ライジング... | トップ | 抽選結果待ち »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽天地で見ました (なべ)
2014-10-03 12:40:24
パンフは売り切れではなく、最初からおいていなかったのでは?と思いました。
下町で~ (デイジー)
2014-10-03 13:51:32
なべさん、こんにちは。
最初からおいてなかったのですか。
あまり売れないからかしらね。
楽天地では日曜日には入るようなことを言っていましたよ。
パンフレット、CDともに売れそうですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ジャージー・ボーイズ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠クリント・イーストウッド監督が、1960年代に世界的な人気を誇った伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」と、その代表曲として知られる「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」の誕....
ジャージー・ボーイズ (試写会) (風に吹かれて)
契約書は握手 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/jerseyboys9月27日公開ブロードウェイミュージカルを基にした映画 製作・監督: クリント・イーストウッド
ジャージー・ボーイズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 「シェリー」と「君の瞳に恋してる」しか聴いたことがない^^;
映画「ジャージー・ボーイズ」@ワーナーブラザース試写室 (新・辛口映画館)
 映画.comさん主催「イーストウッドファン限定試写会」に参加した。客入りは9割くらいだ。
ジャージーボーイズ 君の瞳に恋してる (まぜごはん)
昨日は無事「ジャージーボーイズ」を観に行くことができました。 公式HP ミュージカルの舞台をクリント・イーストウッド監督が映画化したものだそうです。 舞台の公式Hp 1951年。町を出るには入隊するか、ギャングになるか、有名になるかしかないニュージャ...
ジャージー・ボーイズ~裏声と裏社会 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Jersey Boys。クリント・イーストウッド監督、ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウ ...
『ジャージー・ボーイズ』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Jersey Boys 監督: クリント・イーストウッド 出演: ジョン・ロイド・ヤング 、エリック・バーゲン 、マイケル・ロメンダ 、ビンセント・ピアッツァ 、クリストファー・ウォーケン 試写会場: 一ツ橋ホール (2014年9月27日公開) 公式サイトはこちら...
ジャージー・ボーイズ/ジョン・ロイド・ヤング (カノンな日々)
60年代に数々のヒットを生んだ4人組グループ、ザ・フォー・シーズンズの栄光と挫折描いてトニー賞に輝いた大ヒットミュージカルを基にクリント・イーストウッド監督が映画化した音 ...
『ジャージー・ボーイズ』 2014年9月22日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ジャージー・ボーイズ』 を試写会で鑑賞しました。 ミュージカルっぽいけど、ドラマな映画。 この作品は良かった 今週末には劇場公開されますので是非 【ストーリー】  ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃...
ジャージー・ボーイズ (to Heart)
原題 Jersey Boys 上映時間 134分 監督/製作 クリント・イーストウッド 脚本/ミュージカル版脚本 リック・エリス 出演 ジョン・ロイド・ヤング/エリック・バーゲン/マイケル・ロメンダ/ヴィンセント・ピアッツァ/クリストファー・ウォーケン/マイク・ドイル/レネー・マリ...
ジャージー・ボーイズ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。[あらすじ]ベルヴィル。そこは犯罪が日常茶飯事というニュージャージーの最貧地区。1951年、イタリア系移民が多く住むこの街で、しがないチンピラ暮らしをしているバンドマンのトミー・デヴィートは、美しいファルセットを響かせる少年フランキー・カ...
[映画『ジャージー・ボーイズ』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・ミュージカルでロングランを続けている、フォー・シーズンズの伝記をクリント・イーストウッドがきっちりと撮りあげた良作。  二時間強、その時代を、世界を堪能しました^^  サザン(てゆーか、桑田佳祐)やユーミンなどにも同様に思うのだが、今、クリント...
ジャージー・ボーイズ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JERSEY BOYS】 2014/09/27公開 アメリカ 134分監督:クリント・イーストウッド出演:ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニー....
『ジャージー・ボーイズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャージー・ボーイズ」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 マーシャル・ブリックマン、リック・エリス□キャスト ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ        ビンセント・ピアッツァ、クリ...
『ジャージー・ボーイズ』 (時間の無駄と言わないで)
80過ぎのおじいちゃんが撮った、爆発もアクションもない映画がこんなに面白いなんて。 ストーリー自体は割とベタだし地味な展開だし。 そもそもフォー・シーズンズってのが地味だ ...
「ジャージー・ボーイズ」 (或る日の出来事)
あ、そうだった! この曲は彼が歌ってたんだ!!
『ジャージー・ボーイズ』はミュージカルじゃない (映画のブログ)
 ひどくチグハグな取り合わせに思えた。  『ジャージー・ボーイズ』は1960年代に数々のヒットを飛ばした伝説のグループ、ザ・フォー・シーズンズをモデルにしながら、虚構を交えた実録物だ。しかも原作はトニー賞受賞のブロードウェイ・ミュージカル。華やかなステージ...
「ジャージー・ボーイズ」  音楽の神が再び微笑むとき (はらやんの映画徒然草)
以前、クリント・イーストウッドがミュージカルを撮るって聞いて驚いたのですが、こち
『ジャージー・ボーイズ』 (キュートなバアサンになるために)
          公式サイト  予告編を観て興味を持った作品です。 映画館に行ってみたら かなり年齢層が高かったです。 私には団塊の世代のイトコがいて 子どもの頃、彼女の家に泊まりに行くと 彼女は私には縁のなかった歌番組をテレビで見たり、当時のアイド...
ジャージー・ボーイズ (映画の話でコーヒーブレイク)
恥ずかしながら音楽に合わせて身体を動かすのが苦手なわたくし。 学生の頃、地区センターのジャズダンス教室の人数が少ないからと駆り出され、数回体験参加 した際に使われていた曲が「君の瞳に恋してる」でした。 この楽曲誕生の裏にこんなドラマが…というか、この曲が...
「ジャージーボーイズ」 (ここなつ映画レビュー)
クリント・イーストウッドの作品だからといって、そう簡単にはヤラレないぞ、単純に心をノックアウトされたりしないぞ、と決意を持って鑑賞。結果は…又してもノックアウトされてしまいました。決して贔屓目なく。これまでのノックアウトとは違ってじわじわとくる…。青春...
映画『ジャージー・ボーイズ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-78.ジャージー・ボーイズ■原題:Jersey Boys■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:134分■料金:1,800円■鑑賞日:10月4日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木) □監督・製作:クリント・イーストウッド◆ジョン・ロイド・ヤング◆エリック・...
Blu-ray :ジャージー・ボーイズ イーストウッドの手腕に凄みが増していることを 2度目の鑑賞で実感。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
先日「アメリカン・スナイパー」でドギュンと心臓打ち抜かれたばかりのイーストウッド作品がBlu-rayに。 で、さっそく拝見してみたら… 「アメリカン・スナイパー」で感じたことがここでも! <これまでのイーストウッドで唯一、止めて~と叫びたい不満があった。 ...